深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

知音之隣国~台湾拍照旅行2017.3①~

さて今宵のご紹介は一週スキップしてののち、春の台湾撮影ツアーの結果を二週に亘ってお送り致します。
まず、今回の旅行の行程を簡単に述べておきますと、17日の土曜日の11時15分成田発の日航機で、一路、桃園国際机場に飛び、そこからは今回の旅行の目的の一つでもあったのですが、新規オープンの机場快速即ち、桃園空港から台北駅北門エリアを最速35分で結ぶという新交通で台北駅まで移動し、常宿に荷物を預けてまずは久々の故宮博物館訪問、しかるのち、帰り道に位置する士林の夜市に寄ってスナップ撮影し、晩飯はここも毎回寄っている好記担仔麺店でローカルのごちそうを戴き、11時近くに宿に戻り、翌日は宿を10時出発で金瓜石経由水南洞エリアの撮影でしたが、当日の夕方から夜は雨のため、晩飯をいつもの小籠包レストランで食べて速攻、宿に戻り、そのまた翌日も10時出発で台北駅から新幹線乗って高鐡台中駅へ移動し、そこから路線バスに乗り換え、鹿港へ向かい、夕方17時過ぎまで飯食って、地元民各位に声かけたりして写真撮ってから、またバスで高鐡台中駅に戻って、そこから19時過ぎの新幹線で台北に戻り、駅中で香港オリヂンの飲茶レストランで晩飯食べてから、松山駅前の饒河観光夜市に向かい、そこで鬼のようにスナップをし、宿には11時過ぎに戻り、翌朝10時桃園国際机場発の便で日本に戻ったという次第。
では、前半、到着日の士林夜市の様子から翌18日の水南洞~金瓜石のスナップを逐次見て参りましょう。

Taipei173_001.jpg
まず一枚目のカットですが、故宮博物館からバスで士林のMRT駅まで戻り、そこから一駅戻る恰好で士林の夜市に向かい、10分弱ほど歩いたところ、夜市が開かれているエリアに到達し、まず手始めに入り口付近でゴマ団子みたいな揚げ物スィーツを製造直売していた20代後半と思しき小姐の横顔を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_002.jpg
二枚目のカットですが、夜市の開かれている通りを士林駅からひとつ手前の剣潬駅方面に向かって進んでいたら、灯りを煌々と照らしながら、いかにも南洋のフルーツでございといった商品を商っていた露店前で、スマホンを一心不乱に操作していた20代前半の小姐の横顔を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_003.jpg
三枚目のカットですが、ヤクルトジョアみたいなカンジのローカル乳酸菌飲料みたいなものを小さな紙コップに小分けして、道行く人々に味見を勧めているのですが、なかなか相手にして貰えないようで、意気消沈状態の小姐に一杯頂戴と声かけ、呑んでからあー美味しかったとお世辞云ったら、嬉しそうな表情を見せてくれたので、おもむろに写真撮らせてよ、と声かけてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_004.jpg
四枚目のカットですが、行き交う人でごった返す夜市の通りのあちこちでテーブルを囲んで、屋台の味を堪能している、いたいけな地元民の若者各位の姿が目に付いたので、人垣の隙間から、楽しそうに食事をしているちょっと大人めのカポーの様子を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_005.jpg
五枚目のカットですが、これも当夜市のあちこちにテーブルを置いて回転している青空レストランでの一コマで、いたいけな地元の小姐二名組が肩まで届きそうなご自慢の茶髪をせっかくの屋台の味である中華麺のトッピングにしないよう、気にしぃしぃ、時折、手で押さえながら食べていた姿が、世界共通っぽくて面白いので傍らから堂々と一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_006.jpg
六枚目のカットですが、夜市の中で食べ物を商っている店も人気による賑わい具合いにかなりの差があるようで、人気のお店の前には、常にお客が列をなしていて、その様子もなかなか恰好の撮影スポットなので、コバンザメよろしく、いたいけな若い小姐に人気のローカルスィーツの屋台に並んで仲良さそうにスマホンなんか覗き込む小姐二名のお姿を傍らから一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_007.jpg
七枚目のカットですが、やはり甘いもの系の屋台には、甘いものに惹かれるアリの如く、いたいけなローカルの小姐各位が列をなしており、この店の前では、いかにも日本風の赤ちょうちんが飾られていて、その儚げな赤い光に横顔を照らされながら、順番を待ついたいけなローカル小姐の姿を傍らから一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_008.jpg
八枚目のカットですが、ここ士林の夜市に限らず、夜市は飲食店のみならず、衣服やアクセサリ、小物類、そして子供のおもちゃからちゃちなバラマキ用土産物に至るまで、何でもござれの様相を呈しており、たぶん廉価なアクセサリを盤上に並べている露店だったと思いますが、かつての白熱灯にすっかりとって変わったLEDランプに煌々と照らされた盤上を熱心に物色している、おくれ毛が可憐なローカル小姐の横顔を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_009.jpg
九枚目のカットですが、これも士林の夜市で出口付近に近い飲食物の屋台前で順番を待ちながら、一心不乱にスマホンを覗き込み、メールだかラインのメッセをチェックしていた、国防色のジャンパーを羽織り、煌々と光る屋台の灯りを透かした栗色のポニーテールが可憐なローカル小姐の横顔をかなり至近距離まで近寄って一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_010C.jpg
十枚目のカットですが、翌18日は結局12時過ぎに、水南洞観光のスタート地点でもあり、各観光スポットに続く道の分岐点でもあり、それ自体が主要な観光スポットでもある黄金瀑布前広場に金瓜石で乗り換えたバスで到着し、そこでちょいと失礼と運転手に断ってから何枚か撮って車中に戻り、精錬所遺構が一望に見渡せる秘密の展望台に近いバスの折り返し点で下車、10分弱歩いて展望台に到達し、そこから、かつて日本統治時代に建設した東洋最大の金、銅精錬工場遺構の偉容を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL28mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_011z.jpg
十一枚目のカットですが、精錬所遺構の全貌を展望台からレンズを換え何カットか撮ったのち、また元来た道を引き返し、精錬所遺構の設備の上部構造を埋めて作った広場であるバスの折り返し点まで戻って、そこの海側の断崖絶壁から、先ほど展望台の上から眺めた一番上のコンクリート造の構造物超しに東シナ海を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_012z.jpg
十二枚目のカットですが、バスの折り返し点から海岸前の駐車場までは黄金瀑布前広場経由、15分もかからない距離で、次のバスを待っているよりは風景でも撮りながら歩いた方が健康にも、時間の使い方的にも遥かに有用なので、バスで登ってきた道を歩きで辿りながら目に入った景色を撮っていたのですが、これは精錬所の排煙を山の頂上付近の煙突に送るための巨大なコンクリート造の煙道の遺構を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_013z.jpg
十三枚目のカットですが、精錬所の西側の河沿いの道を海岸線に向かって下って行く途上、廃墟と化したかつての精錬所の建物の至近距離まで寄れるところが何か所かありますが、中でも、元工場の事務所のひとつと思しき、サイケデリックな緑青色のペイントが至る所で剥げ落ちて、それこそ廃墟系マニアが目にしたら、ハラショ~!叫んだ次の瞬間、アイゴーx2と感涙に噎び泣き、そのまま白目を向いて悶絶してしまいそうなカンジの建物があったので軒下方向から一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_014s.jpg
十四枚目のカットですが、実は前回、二年ちょい前に訪れた時もこの付近では結構な枚数を撮っていたとは思うのですが、この殆ど丈夫な煉瓦造りの外壁のみを残して崩れ落ちてしまった、かつての屋根を支え、今は赤く錆び付いた軽量鉄骨も痛々しい廃墟は全く記憶になく、今回、金網越しにレンズやらスマホンを山方面に向け、この壮大なる以降の姿を記憶と記録にとどめたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Sonnar50mmf1.5による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_015s.jpg
十五枚目のカットですが、水南洞下の駐車場にある基隆市営バスのターミナルから路線バスに乗って、金瓜石まで戻ることとし、山を越え峠を超え、金瓜石エリアの観光のキーステーションである黄金博物館エリアまで辿り着き、今までは観光客の多い、山の東斜面上の再開発エリアを避け、寧ろ、道路を挟んだ西側斜面の地元民生活圏の方でスナップをやっていたのですが、今回はほんの気まぐれで、博物館エリアにあるレストランで食事後、上の皇太子来臨用施設周辺を探検してみようと思い、登ってみたところ、ベトナム、韓国とこのところ縁がある、旧大日本帝国時代に敷設された古い線路が残されており、その上に置かれたトロッコで観光客が思い思いに記念撮影をしていたので、いたいけな極小姐の写真を撮っていた若いヲヤヂさんに声かけて、娘姉妹をモデルさんとして供出して貰ったもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Sonnar50mmf1.5による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_016.jpg
十六枚目のカットですが、今まで在るのは知っていたのですが、本殿は取り壊され、しかも結構な険しい石段を登らねばならないので、無意識に避けていた「金瓜石神社」遺構に今回はどうしても登ってみたいキブンになり、途中から立ち込めてきた濃霧もものかわ、急な石段を10分近くも登って、尾根の高いところにある、神社遺構にお参りをしようと平らになった参道を歩いていると、本殿手前の石柱群の間をいたいけなカポ-が俯き加減で霧の中から現れたので、ナイスシャッターチャンス!と心の中でご本尊様に手を合わせて撮った必殺ショット。
カメラはLeica M8、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8による開放での絞り優先AE撮影です。

Taipei173_017s.jpg
十七枚目のカットですが、神社遺構にお参りをしてからまた下に降りて来て、かつての採掘坑のひとつである本山五坑前の観光広場に残されている鉱山用トロッコの線路の上を、ところどころで記念撮影しながら仲睦まじく歩く親子の姿を濃霧超しに撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Sonnar50mmf1.5による開放での絞り優先AE撮影です。

さて次回は3/19昼から夕方にかけての鹿港老街、そして夜に台北戻って、駅二階食堂街で晩飯食べた後、鉄道で松山駅まで移動し、死力を振り絞ってスナップを敢行した饒河観光夜市の様子をお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/03/26(日) 21:00:00|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

An astounding eye with the saint's name~Petri CC Auto 55mmf1.4~

Petri55mmf14.jpg
さて今宵のご紹介は、先週の予告通り、工房附設秘宝館から、今や稀少レンズの部類に入ってしまった感もある、PETRI CC Auto 55mmf1.4いきます。
このレンズ、実は二年近く前には工房に有り、座間基地の開放デーなんかにも持ち出していたのですが、開放での滲みがあまり好みでなかったので、そのまま防湿庫の奥底に仕舞われたままになっていたのですが昨年、ふと思い出し、前群、後群とも取り外して徹底的にクリーニングとコバ塗り等を強化、更に内鏡胴のツボにも反射防止対策を施し、不必要な開放時のフレアを劇的に減少させることが出来たため、出待ちとなったまま、再び忘れられていたもの。
構成は5群7枚のいわゆるズマリット型、発売は1970年台初めで、おそらくは1/1000の最高速を持ったフラグシップ機FTの登場とともにラインナップに加えられたものと思います。
では、土曜日の世界各国からの観光客で賑わう築地界隈での実写結果を逐次見て参りましょう。
カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Petri5514_001.jpg
まず一枚目のカットですが、工房の在るマンション内に築地勤務者が多く、不用意にカメラなんか提げて場内で遭遇すると、「仕事場にノコノコカメラなんか提げて遊びに来やがって!」とか後で云われるのもイヤなので、なかなか場内へは足が向かなかったのですが、当の親分格にたまには場内も撮りたいですなぁ・・・とか切り出したら、あぁ、観光客がたむろしている東から北の食堂棟の辺りなら面白いんぢゃないの(≒邪魔にならない)とのご託宣を戴いたので、場外で絶品焼き鳥丼の味見後、まずは場内へ足を踏み入れ、団子屋茂助の店頭でいたいけな女給さんが団子を商っていたので、横から数枚戴いたうちのベストショット。

Petri5514_002.jpg
二枚目のカットですが、確かに北の食堂棟の界隈は海外からの観光客で賑わっていて、お互い知らない同志で記念撮影のシャッターの押しっこなんかして、なかなか良い雰囲気だったので、それに乗じて、今週初めにポーランドからやって来たと云う美男美女のカポーに声かけて、食堂棟前でモデルさんになって貰ったもの。

Petri5514_003.jpg
三枚目のカットですが、観光客でごった返す食堂棟をシャッターチャンスの宝庫と呼んだのは、何も工房主だけではなかったようで、中国ないし台湾からの鋭い目つきをした小姐が時折、携帯で怒鳴りながら、愛機EOSで食堂棟の合間を縫って、市場の美味にありつこうと行列を為す世界各国の観光客の喜怒哀楽の表情を撮っていたので、当の本人が油断した隙に一枚戴いてみたもの。

Petri5514_004.jpg
四枚目のカットですが、同じく場内北エリアの食堂棟の間で、行列に恐れをなしたか、並ぶでなし、立ち去るでなし、ガイド本とスマホンからの情報を併用して、何とかして世界に冠たる築地の美味を堪能しようと試行錯誤をしていた白人の老夫婦の哀愁に満ちた姿を人垣の陰から一枚戴いてみたもの。

Petri5514_005.jpg
五枚目のカットですが、ここ場内食堂棟の中に建つ店の中にも人気不人気の格差は結構あって、真ん中くらいの入り口に一番近いところの海鮮丼専門店は、高額な寿司屋が多い築地界隈に在って、比較的庶民価格で様々な種類の海の幸を愉しめるとあって、店の前の行列はまさに長蛇の列で、店の人に何分ぐらい待つのかと聞いた人が居ましたが、だいたい1時間は覚悟して貰わないと、ということで、カーカー云いながらひたすら忍の一字で耐え忍ぶタイ小姐観光客ご一行様の姿を頂戴したもの。

Petri5514_006.jpg
六枚目のカットですが、場内食堂棟の南側、遠くに晴海方向の高層ビル群が見える辺りの通路際の壁面に可憐な小さい黄色の花を生けたプランターが置かれているのが目に留まったので、最短距離の描写を見るため、しゃがんで一枚撮ってみたもの。

Petri5514_007.jpg
七枚目のカットですが、人気の行列店ひしめく場内食堂棟では、他の客とのトラブルを避けるため、全員が揃ってからでないと列に並ぶことを認めない店もあるようで、食堂棟の南側の通路で、先に到着したメンバーが首を伸ばし、スマホンの画面を睨みつけ、次第に人が集まり、長くなる一方の行列を横目に眺めあぁ遅い、何やってんだろうとやきもきする後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Petri5514_008.jpg
八枚目のカットですが、人気の鮨、海鮮丼のお店がひしめき合う場内食堂棟に在って、この天婦羅屋さんもなかなかの人気店のようで、店先には目の子で7~8m程度の行列が出来ていて、土曜当日はそこそこ気温も低かったため、防寒着もしっかり着込みながら、足踏みなどしながら店の前で自分達のために引き戸が開けられるのをひたすら待っていた中国ないし台湾からの若いカポーの後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Petri5514_009.jpg
九枚目のカットですが、食堂棟の人気店前で順番待ちの行列の人々を撮るのも飽きて来たので、僅かに開いている一般人にも商いをしている場内の商店でも見回ろうと思い、食堂棟の一番西の棟間通路から北の水産品梱包場エリアに抜ける辺りで開いていたおそらくは練り物屋さんと思しき店頭で物色していた母娘のシルエットを一枚戴いてみたもの。

Petri5514_010.jpg
十枚目のカットですが、場内食堂棟北側の水産加工品梱包場エリアを抜け、また水神様のお社や吉野家一号店などが在る東店舗棟方面に歩いていたら、自転車に乗った初老のヲヂサンが上機嫌でよろよろと走って来て、ちょうど良い画面構成上のアクセントとなったため、すかさず一枚撮ってみたもの。

Petri5514_011.jpg
十一枚目のカットですが、前々から場内のターレット整備場に面したゲートに繋がる通路を歩く度に目を惹かれるのですが、普通、フォークリフトと云えば、その動力源はガソリンかディーゼル、最近は電動も増えて来たようですが、ここ築地には、個人タクシーぢゃあるまいし、なんとプロパン燃料のフォークリフトが有って、その後ろから見たデザインがコミカルなロボットの顔みたいでとても面白く、今回も思わず一枚撮った次第。

Petri5514_012.jpg
十二枚目のカットですが、そろそろ場内を後にして、場外の買い物客でも撮りましょうかとか思い、出口に向かって歩いていたら、そうそう、忘れ物があるでしょ♪とばかり、燦々と陽光を浴びながら運転手は背筋をピンと伸ばし凛々しい表情で電動ターレットが疾走して来たので、とっさにカメラを構え、一枚ものにしたもの。

Petri5514_013.jpg
十三枚目のカットですが、ここも場内の外れ、東店舗棟の西側に位置する水産品の宅配便仕分・梱包場で二人の若い衆が息を合わせ、ちゃっちゃっと手際良く次々と荷物を捌いていたので、そのシルエットを外から一枚戴いてみたもの。

Petri5514_014.jpg
十四枚目のカットですが、波除神社前の出入り口から外に出て、場外市場一番西側の市場の東フェンスに沿った通りを歩いて一番賑わうエリアへ向かう途中、店舗の前にさりげなく色違いのターレットが停められていたので、一番北側に位置する、他の黄色のものとは違い、白地に青の塗り分けもスタイリッシュな一台のハンドルにピンを合わせて撮ってみたもの。

Petri5514_015.jpg
十五枚目のカットですが、同じく場外で一番西側の通りに面した乾物屋の店先で、おそらくは知り合いか親戚が子供連れで訪れたのでしょうか、いつもは苦み走った総白髪の初老の店主がいかにも嬉しそうな表情で赤子を背負った母親に話し掛けている様子がとても微笑ましかったので、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Petri5514_016.jpg
十六枚目のカットですが、同じく場外市場で一番西側の通りの東面で昔からやっている瀬戸物屋さんの店頭で、黒い革ジャンを決めた年配の白人女性がかなり真剣な眼差しで、ご奉仕品の箱の中から自分だけのお宝を発掘しようとでもしているのか、次々と取り上げてはためつ眺めつしている様子が面白かったので通りざまに一枚戴いてみたもの。

Petri5514_017.jpg
十七枚目のカットですが、同じく場外市場一番西の通りの路上で、上海からおととい到着して、居ても立っても居られず、築地は初めての奥方とまだ幼い愛娘を連れ、学生時代良く通ったという築地市場にやって来たという、中国人の一家の記念撮影のお礼にモデルさんになって貰ったもの。

今回の感想ですが、やはり50mmクラスのf1.4は各社、実質上のレンズのフラグシップですから、力を入れていることが判ります。
おそらく、55mmf2.0はOEM品を含め3~4本は当工房に有りますが、そのどれよりもこの55mmf1.4は開放での滲みが少なく、コントラストも高く、単純に比較は出来ませんが、工房主の好みを熟知している川崎の協力工場でOH時に味付けされたLeitz Summarit50mmf1.4よりソリッドな写りかも知れません。
ただ残念なのは後ボケがやや硬く二線気味なのと前ボケはぐずぐず気味で構図上苦しいものがあることです。

それでも、悲運に泣き、日本の光学史上から早々に撤退せざるを得なかった物故メーカーの主力レンズがここまでの性能を発揮してくれたことはとても嬉しく思いました。

さて来週は海外遠征で一週スキップ、下旬の更新でその成果をアップしようと思います、乞うご期待!!


  1. 2017/03/12(日) 19:59:25|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Birth of ultimate optics in F.G.W.G.~Fukagawa 7th Anastigmat45mmf1.7~ 

Fukagawa Anastigmat7-1
さて、今週のご紹介は、確定申告のペーパーワークが何とか夕方までに目鼻ついたので、なんとかブログの更新に辿り着き、前回、覆面レンズとして登場した、当工房オリヂナル設計、製造の標準レンズのご紹介いきます。

このレンズは元々、前にご紹介したOlimpus PenF等を遺してくれた近所の遠縁のをぢさんの持ち物で、本家の収納庫に30年以上もしまわれていて、工房主へ譲るという直筆の手紙とともに発掘されたため、元より古いカメラなどに興味など全くない、当主の従弟からやっと本来の相続人の元へやって来た中の一台のコンパクトカメラのレンズで、その時点検したら、何故か後玉にひどい引っかき傷があったのとシャッターが粘り、二重像も薄くなっていたので、何とか役に立てたいという思いはあったものの、具体的なアイデアが湧かないまま更に防湿庫の中で2年ほど眠っていて、突如閃き、工房に蓄えられていた、別のレンズの後群と組み合わされて新たな内鏡胴、そしてヘリコイドを得て、さすがに回転ヘリコイドではなかったので、ミラーレス用の標準域レンズとして生を受けたものです。
構成は4群6枚の標準的なプラナータイプです。
では、さっそく、この奇跡のレンズの実力を見て参りましょう。カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Fukagawa7th_001.jpg
まず一枚目のカットですが、先にご紹介したヤシカ製ズーム35-70mmf4の試写を終え、表参道に面したちょっとした広場でこのレンズに換装し、まずは目の前のタブレットで一心不乱に地図の確認をしていた、中国からの二人組の小姐の後ろ姿を拝借して試し撮りを行ってみたもの。

Fukagawa7th_002.jpg
二枚目のカットですが、中国からの小姐の隣には、タイから来たと思われる若いカポーが居て、この人達も、周囲はそっちのけで、男性の撮ったEOSの背面LCDモニタを一心不乱に覗き込んだまま、何とはなし盛り上がっていたので、至近距離まで近寄り、その熱心なお二方の横顔を一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_003.jpg
三枚目のカットですが、表参道に面した広場からまた元来た原宿通り、竹下通り経由、明治神宮前駅まで戻ることとして、歩き出してすぐ、一段高いところに位置するガラス張りの瀟洒なブティックみたいな店舗脇の道をいたいけな若者各位が次々と絶え間なく通り過ぎて行くのが目に留まったので、その様子がなかなか画になると思い、狙い定めて一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_004.jpg
四枚目のカットですが、ここも原宿通りの観光スポットのひとつらしく、店舗にロボット犬が置いてあり、その犬が常にドッグフードを食べるしぐさをしているのがなかなかユーモラスでいたいけな若者のハートを鷲掴みにするのか、常に誰かしらが横に立って記念撮影などやっているので、中国人一家が小々姐に頭を撫でさせているところを記念撮影している斜め横から一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_005.jpg
五枚目のカットですが、ここ原宿通りは目抜き通りの表参道や、ドル箱の竹下通りから比べれば、人通りこそ少ないですが、それでも都内のファッションの最先端エリアの一部であることは疑いようもなく、洒脱なデスプレイを誇る、若者や外国人観光客向けの店舗が軒を並べており、その中でもオッサレ~な帽子をラックに掛けて飾っていたお店があったので、これ幸いにと一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_006.jpg
六枚目のカットですが、同じ原宿通りの途上、地図持参で道を聞いてきた、いたいけな米国人の小姐二名が居たので、聞かれたことにはちゃっちゃとお答えし、ついでに手製のレンズのテストやってる最中なんで、せっかくの美人揃いなんだから協力して行ってよと頼んだら、まぁ面白い♪ということでモデルさんになって貰ったもの。

Fukagawa7th_007.jpg
七枚目のカットですが、ここも原宿通りで、先のヤシカ製ズームでテストを行った、地下にあるレストランだかカフェの看板代わりのオブヂェである階段横の木製ロッキンチェアにランタンみたいなものを乗っけて、まだ陽のあるうちから光らせていたのを一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_008.jpg
八枚目のカットですが、竹下通りとここ原宿通りを隔てる大きな通りの手前まで戻って来たら、いたいけな小姐のグループがいわゆるナンパを待っているのか、或いは所持金が底を尽き、他に行くところもないのでただたむろしているだけなのか判りませんが、とにかくスマホンなどいじりながら漫然と立ち尽くしていたので、その様子を背景の通りと合わせて一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_009.jpg
九枚目のカットですが、竹下通りに再び戻って、シャッターチャンスを探しながら歩いていたら、とあるクレープ店で、季節外れのサンタクロースみたいな赤いモコモコのお揃いの衣装でクレープを贖っているいたいけな小姐二名組が居たので、音もなく近寄り、シャッターを切ったところ、妙に感が良く、振り返ってカメラ目線となったもの、でもシャッター切ったあと横ピースされても遅い・・・

Fukagawa7th_010.jpg
十枚目のカットですが、これも竹下通りで、お揃いファッション、イメージ的にはヤクルトスワローズの巨大な九官鳥かなんかのマスコットを彷彿とさせるような光沢のある長めのジャンパーに背負い紐が何となく長めでルーズなカンジのピンクのリュックを背負い、白いミニのフレアスカート履いた山出しっぽい小姐二名組がショップ店頭のバーゲン品を一心不乱に物色していたので、2mくらいの距離から一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_011.jpg
十一枚目のカットですが、竹下通りも原宿駅に近いところまで戻ってきたところ、ふと通り横の側道入り口の脇にしゃがみ込んでいた、優しい目をしたテンガロンハットの美青年?と目が合ったので、これも何かのご縁、と思い、やぁ、とってもクールに決めてるねぇ、ところで手製のレンズのテストやってるんだけど、どう写るか興味無い?とか一気に話し掛けたら、実は女性・・・面白そう、ぢゃ、撮ってみて、ということでモデルさんになって貰ったもの。

Fukagawa7th_012.jpg
十二枚目のカットですが、竹下通りの中ほどを過ぎた辺りで、スキンヘッドのヲヤヂさんを頭領としたなかなかファンキーな一家が居たので、手製のレンズのテストしてるんだけど、協力してくれる?と聞いたら、おもむろに「TV局のイタズラ番組か何かか?」とか真顔で聞いて来て、いや違う、趣味で遊んでいるだけだけど、と返したら、判った、じゃ四人でちょっとパフォーマンスするからその瞬間撮ってみろ、と云われて撮ってみたもの。

Fukagawa7th_013.jpg
十三枚目のカットですが、来る時もシャッターチャンス満載だった、七色綿菓子を商う店の前までやって来て、さて何か面白いものはないかと物色していたら、インドネシア人っぽいエキゾチックな顔立ちの極小姐がもう七色綿菓子を食べ終えようとしているのか、その巻き芯材である竹のひごみたいなのから手でむしっては口に運んでバクバク食べていたので、その対比が面白く人垣越しに一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_014.jpg
十四枚目のカットですが、ここも七色綿菓子のお店の店頭のちょっとした広場で、いたいけなOL風の若い小姐グループが脇目も振らず、本来ならダイエットの大敵であるはずのザラメ糖の化身である綿菓子片手に恋バナだか、余暇の過ごし方に関する突拍子もない話を仲間としながらうんうん頷いたり、ケタケタ大声で笑い出したりと傍弱無人の盛り上がりぶりだったので、斜め後ろからそっと一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_015.jpg
十五枚目のカットですが、竹下通りもどん詰まり、山手線と並行して走る大きな幹線道路から通りに下る、ちょっとした坂道の上から、通りの賑わいを写し取るべく、ただ漫然と何処にピンがあるのか判らない写真では意味がないので、手前の小姐グループの比較的美形の、黒キャップのアガシにピンを合わせて撮ってみたもの。

今回の感想ですが、うーん、やっぱり、国産の高級コンパクトカメラはイイレンズ使ってたんですね。何処のメーカーを使ったか明かしてしまうとヂャンクの程度の良いものが払底し、ロクなことにならないので、ここでは伏せますが、加工さえきちんと行えば、違う会社同士のエレメントでもここまでパフォーマンス発揮してくれるのですから・・・

さて、次回は秘宝館から何か紹介しましょうかね、乞うご期待!!
  1. 2017/03/05(日) 22:19:57|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Road to the greatest festival of optics in Yokohama 2016.

さて先週の予告通り、今週はそこはかとなく異国情緒の漂う港町横浜はみなとみらい地区にあるパシフィコにて一年に一度開催されているカメラと写真と映像の総合展示会CP+2017への道すがら、いつもの愉快なお仲間各位と山手の洋館街から元町の中華街をそぞろ歩きしましたので、道中撮ったスナップと会場内のいたいけなコンパニオン各位のスナップをお送り致します。
カメラはX-Pro2、レンズは開発中の試作45mmf1.7プラナータイプです。

CP_17_001.jpg
まず一枚目のカットですが、午前中は別行動だったため、一行とは14時前にエリスマン邸で落ち合うことになっていて、集合後、メンバーがぬいぐるみとアマチュア写真を展示しているという洋館に居るとのことなので、そこに向かい、一階の窓際に置かれていた、宮沢賢治の童話の世界にありがちな典型的なネコ目の猫のぬいぐるみを他の見物客に倣い、至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_002.jpg
二枚目のカットですが、洋館での写真展の見物後、さぁてどうやってみなとみらいさ出っぺか?ということで路上で思案しながら、近所の洋館の生垣の千両だか南天だかに赤い実がびっしりとなっていたので、レンズの性能チェックの目的で、他のメンバー同様至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_003.jpg
三枚目のカットですが、結局は港の見える丘方面と元町へ降りるルートの分岐点まで歩いていって、そこで雰囲気で決めましょうというような成り行きになって歩き出し、外人墓地手前の灯台みたいなデザインの真っ白い電話ボックスの反対側に建つ洋館レストランの二階から蒼い空に翻るフランスの国旗トリコロールをモチーフにした旗を撮ってみたもの。

CP_17_004.jpg
四枚目のカットですが、外人墓地を過ぎ、元町方面へ下るルートを撮ることとし、分岐点を少し過ぎた辺りで横浜管区気象台があり、その入り口に、使っているのか、或いは湘南に有りがちなオシャレな表札替わりのオブヂェなのか判らないですが、潮風にやれたカンヂのヂュラルミンのプロペラも渋い雰囲気の風向/風速計が置かれていたので、これも至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_005.jpg
五枚目のカットですが石川町駅まで降りて元町方面を目指して歩いていたら、洋館街でも何組か目にしましたが、当日は天気も良く、六曜もたぶん仏滅以外だったのか、結婚式場らしき建物の前で木遣りを披露すると思しき鳶の装束の中年男数名を目にして、程なく、なんと神輿まで出て来たので、これ幸いと通りざまに一枚戴いてみたもの。

CP_17_006.jpg
六枚目のカットですが、暫く歩くと、すぐに中華街のランドマークのひとつである嗎祖廟前に出て、その門前に対で置かれていた大理石製の狛犬とシーサーの中間形態みたいな巨大な魔除けのオブヂェを至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_007.jpg
七枚目のカットですが、この日の中華街は相変わらず日本人家族連ればかりでなかなか撮影に協力してくれそうな手頃なモデルさんが見当たらなかったので、路上で盛大に湯煙を立ち昇らせ中華スィーツを商っているいたいけな小姐二名のうち奥の方を撮ってみたもの。

CP_17_008.jpg
八枚目のカットですが、嗎祖廟から、昔何回か顔を出したことがある中古カメラ屋が関帝廟の裏の方に在るというので、とりあえずそこに立ち寄ってみませうということで、通りを歩きながら被写体を物色していたら、関帝廟の程近くの路地で仲睦まじく、大雨後の用水路の中のカエルの卵みたいで不気味な雰囲気の黒タピオカミルクティなんかとっかえひっかえ飲んでいるカポーが居たので、「油断大敵火事ぼうぼう」と心の中かで呟きながら傍らから一枚戴いてみたもの。

CP_17_009.jpg
九枚目のカットですが、これも関帝廟近くの路上の点心か何かを商う物販店の店先で、女友達同士で並んで買い求めた獲物についての相互論評に余念がなく、せっかくの点心が冷めるに任せていたので、店頭の賑わいを背景として、その様子をつぶさに捉えてみたもの。

CP_17_010.jpg
十枚目のカットですが、人混みを縫って歩き、やっと関帝廟前まで辿り着いたところ、少々高い階段を上りきったところで、視線も鋭く、眼下の通りを行き交う人々を睥睨する国籍不明の母娘の姿が目に留まったので、これ幸いにと階段の途中から見上げる格好で一枚戴いてみたもの。

CP_17_011.jpg
十一枚目のカットですが、同じく関帝廟へ登る階段の上、反対側に向きを転じてみれば、防寒着完全武装の小姐二名組のうち一名が昔懐かしいディビークロケットを彷彿とさせるアライグマかなんかの毛皮の帽子を被っていて、相方の小姐と大声で歓談に打ち興じていたので、またしても心の中で「油断大敵火事ぼうぼう」とか呟きながら関帝廟の荘厳な屋根をバックに一枚戴いてみたもの。

CP_17_012.jpg
十二枚目のカットですが、関帝廟を後にして歩き出して直後、近くの路上で果物を商う露天商を取り囲む人々の中にいたいけな幼子を連れた若い夫婦者が混じっているのが目に留まり、品定めをしていたにも関わらず結局、値段が折り合わなかったのか、立ち去ろうとする刹那、午後遅くの斜めの陽光に幼子達の柔らかな髪の毛が輝いたところを捉えたもの。

CP_17_013.jpg
十三枚目のカットですが、元町駅方面への中華街の出口付近に昔懐かしい雰囲気のイラストが描かれた看板を入り口に立て掛けていた喫茶店が在ったので、店頭を背景として午後の斜めの陽光を照り返すその看板を撮ってみたもの。

CP_17_014.jpg
十四枚目のカットですが、元町駅まで辿り着き、駅前でタクシーを拾い、CP+2017の会場であるパシフィコ横浜に入ったのはほぼ予定通り15時半、暫く併設の中古カメラ市を冷やかしてから、メインの展示会場に入ろうぢゃまいかということになって、会場見物を始めたのがおおよそ16時半前、真っ先に綺麗どころを撮ろうということで、いったん散開後、カシオ計算機さんのブースで太っ腹にもコンパニオンの撮影を自由にさせていたので、一枚撮らせて貰ったもの。

CP_17_015.jpg
十五枚目のカットですが、たぶんアクセサリー系の会社のブースだと思われるのですが、東京オートサロンからそのまま転戦してきましたと云わんばかりの露出オーバーのいたけな小姐二名がガンガンにスポットライトで照らし、肉眼で見てもハレーション起こす寸前のコンディションでカメ爺、カメ兄が撮るのに任せていたので、ではご厚意に甘えまして、ということで傍から一枚戴いたもの。

CP_17_016.jpg
十六枚目のカットですが、パシフィコ会場内サンディスクさんのブースでは蒼いスカーフを首に巻き、白基調のスーツに身を固めた清楚で知的な雰囲気の小姐が、これも太っ腹にポートレを許していたので、ぢゃここでもご厚意に甘えましてとモデルさんになって貰ったもの。

CP_17_017.jpg
十七枚目のカットですが、今回のベストカットではないかと思っていますが、会場閉場寸前に歩いていたら、キャノンさんのブース、他社とは異なり、自社製のカメラ以外ではダメとか、並んで所定の位置からではなければダメ、とか小うるさいことを言わず、動線の邪魔にさえならなければご自由にどうぞ、ということだったので何枚か撮らせて貰ったうちの一枚。

今回の感想ですが、うーん、まだ試作段階すが、このレンズ、X-Pro2のEVFのデシタルスプリットイメーヂも良く効くし、そこそこ立体感ある写りだし、面白そう、今度はもうちょい広角側で設計してみましょうかね。 

さて次回は何が出てくるか?確定申告の書類準備の進捗次第です・・・乞うご期待!!
  1. 2017/02/26(日) 22:31:07|
  2. イベント写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A hawk with aggressiveness could hide its nails~Yashica ML35-70mmf4~

Yashinon3570.jpg
さて、今宵のご紹介は予告通り、新春川越ツアーの最中にたまたま立ち寄ったカメラ屋さんの店頭でお茶を挽いていたかつての銘レンズ、Yashica ML35-70mmf4の実写結果をレポート致します。
まずこのレンズですが、1978年に旧ヤシカが独カールツァイス財団との協業で始めたコンタックスシリーズの廉価版という位置づけで同じYCマウントを使ったFR、FXシリーズの交換レンズとして1980年台初めに発売されたもので、7群7枚の構成、当然のことながら、コーティングにはT*は奢られておらず、富岡光学の普通のマルチコートが施されています。
ただ、廉価版と云いながら、鏡胴の材質は総金属製でずっしりと重く、刻印も深くしっかりと刻まれており、やはりコンタックスの兄弟分であるというアイデンテテーは十分に主張しています。
では、土曜日の原宿竹下通りでの撮影により、実写結果を眺めて参りましょう。
カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Yashinon3570_001.jpg
まず一枚目のカットですが、まずは腹ごしらえをしてから腰を据えて撮影、と思い、前々から来よう来ようと思いながらなかなか機会の無かった、原宿の伝説のカレー「Ghee」へ立ち寄るべく、副都心線「北参道駅」で降りてからお店に向かう途中に小学校の門の脇の梅が満開状態だったので、思わず足を止め、見上げる格好で一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_002.jpg
二枚目のカットですが、「伝説のカレー」を美味しく戴いてから、原宿方面を目指し、西に向かって歩いて行ったら、某宗教団体の建物が開放しているミニ庭園のようなスペースへの門扉から見えたので、中に入って、その不可思議な造形を曇り空をバックに一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_003.jpg
三枚目のカットですが、程なく原宿の線路伝いの道路に出て、竹下通りを目指して南下しようとしていたら、いかにもアーリーアメリカンテイストをプンプン匂わせたカンジの陽気な飲食店が在って、その店頭で、陽気なヤンキー娘がお尻フリフリ、真っ赤なスーモ君みたいな着ぐるみと販促活動をやっていたので、拙者かくかくしかじかの者であーる、ついては一枚撮らして欲しいと声を掛け、ノープロブレム♪てなことで手慣れたカンジでモデルさんやってくれたもの。

Yashinon3570_004.jpg
四枚目のカットですが、竹下通りの入り口のゲートのところまでやって来たら、如何にもアメリカから観光に来てやったぜベイビィ♪てな家族連れがヲヤヂさんの腕伸ばしの秘技で竹下通りの雑踏をバックにスマホンで記念撮影しようとしたものの、なかなか得心行くカットが撮れないのか、何度も首を傾げて撮り直ししていたので、声かけて記念撮影して上げたお礼にモデルさんになってくれたもの。

Yashinon3570_005.jpg
五枚目のカットですが、竹下通り入ってすぐ左側のマクドの出入り口付近で、如何にも地方から出て来て、東京小姐風の装束してますよと云わんばかりの気立ての良さそうな小姐二名が顔を寄せ合って、スマホンの画面を覗き込み、楽し気に盛り上がっていたので、その様子を70mm域の威力を発揮して通りから一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_006.jpg
六枚目のカットですが、同じく竹下通を100m程度中に入った辺りの交差点南角にある、かなりシュールというかグロ系の看板を掲げたハイファッション系のクツ、カバン店をバックに雑踏を行き交ういたいけな若者各位の様子を一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_007.jpg
七枚目のカットですが、竹下通り中ほど南側にある、建物の間の通路みたいなところ奥まったところに在る、レストランだかカフェへのエントランスの造作が、ここ人で溢れ返った原宿のど真ん中に在りながら、まったく人の気配すら感じさせない佇まいを見せているので、その対比が面白く、一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_008.jpg
八枚目のカットですが、竹下通りの真ん中をちょい過ぎた辺りで、七色?の綿あめを商うお店が在り、それが意外なことに外国人観光客のみならず、いたいけな国産小姐からその保護者たる親御さん達各位にも人気のようで、建物のエントラス前のちょっとしたスペース一面に七色のとぐろを巻いた綿あめを持った若者がたむろしている様子を一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_009.jpg
九枚目のカットですが、これも通りの真ん中を過ぎてからすぐの南側に在るクレープ屋さんの店頭ですが、なかなか優しげな佇まいの金髪兄ちゃん店員に人気が有るのか、明らかに他のお店とは違って、いたいけな若い小姐のお客が並び、或る者は照れくさそうに、或る者は如何にも嬉し気にお金を払い、金髪兄ちゃんからクレープを受け取る様子が面白かったので傍らから一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_010.jpg
十枚目のカットですが、もう明治通りとの交差点が見え掛けて来た、竹下通りもどんづまりの辺りでいったん立ち止まり、元来た方向の人の賑わいを撮ってみようとふと考え、カメラを構え、EVFを覗いたところ、足早に物憂げなやや年配の小姐が通り過ぎようとしていたので反射的にシャッター切ったもの。

Yashinon3570_011.jpg
十一枚目のカットですが、明治通りを挟んで反対側にも、この竹下通りの延長戦みたいなストリートが有って、竹下通りほどではないのですが、それなりに賑わっているようなので、引き続き、そちらへ進み撮ってみようと思い、道路を渡ってすぐの辺りで通りの様子を撮ってみたもの。

Yashinon3570_012.jpg
十二枚目のカットですが、明治通りを挟んだ竹下通りの延長はどうやら原宿通りと云うらしいのですが、ここでもやはり通りに面したクレープ屋さんやアクセサリ屋さん等々が主流らしく、いたいけな年端もいかぬ若者でごった返すあちらでは落ち着いて買い物もできないのか、或る店頭に白人観光客が鈴なりになって、真剣に商品の物色しているところが面白かったので一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_013.jpg
十三枚目のカットですが、住宅街との境目に位置する商業ビルの地下に位置するカフェへの看板代わりの骨董ものの木製の椅子に白熱灯ランプを乗っけたオブジェが如何にも場違い感を漂わせながらイイ雰囲気を醸し出していたので一枚撮ってみたもの。

Yashinon3570_014.jpg
十四枚目のカットですが、この原宿通りはどこまでも真っすぐに続くわけでもなく、どん詰まりはコンクリートの壁伝いの左手方向へ登る緩い坂のようになっていて、そのコンクリート壁面にさすが若者とファッションの街だけあって、韓国は釜山の甘川洞文化村を彷彿とさせるような壁画が描かれており、その手前でどこに行くか楽し気に相談していた母娘の姿を認めたので70mm域で一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_015.jpg
十五枚目のカットですが、どん詰まりの手前に南北へ走る通りとの交差点があり、ここは前回撮影に訪れたことが有って、南へ抜ければ、表参道方面へ抜けられ、その手前にもなかなか撮影に宜しいエリアがあるので、迷うことなくそちらに進む途中で南方向を撮ってみたもの。

Yashinon3570_016.jpg
十六枚目のカットですが、原宿通りから南へ抜ける道の途上も元は閑静な住宅街であったにも関わらず、今や小粋なカンジのファッションストリートと化しており、ここも背後は普通の民家やアパートというロケーションにも関わらず、ラッパーっぽいファッションアイテムを商っていて、店頭に趣向を凝らしたマネキンが置いてあったので店のエントランスをバックに一枚戴いてみたもの。

Yashinon3570_017.jpg
十七枚目のカットですが、もう表参道とは目と鼻の先に位置するラルフローレンの重厚な佇まいの店舗ビルの傍らを行き交う様々な年齢、国の人々の姿を広角端である35mmで撮ってみたもの。

今回の感想ですが、うーん、なかなか難しいレンズでした。この後に換装してテストした単焦点f1.7クラスのものと比べると、コントラストが不十分なのか、デヂタルスプリットイメージの効きが今一つで、しかも、この日は朝からスマホンで目を酷使し過ぎて本調子ではなかったようなので、果たしてこのレンズの真価を引き出すことが出来たかどうか・・・

さて、次回はCP+2017に乗り込んでのレポートです、乞うご期待!!
  1. 2017/02/19(日) 21:00:00|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Return of the silver chevalier~Primoplan58mmf1.9 tuned by F.G.W.G~

さて、今宵のご紹介は予告通り、かつて、目測に近い距離目盛りを使ったR-D1sでの実写結果をアップしたPrimoplan58mmf1.9を堅くて指紋が取れそうなくらいヘリコイドのグリスが固まってしまったのを機会に全部バラバラにして、グリス入れ替えのみならず、エレメントの清掃から内面反射対策までやって組み直したPrimoplan58mmf1.9を同じドイツの玉の試運転の伴走機としてテストしたので、その結果を見て参りましょう。
レンズの詳しい解説は、かつて鎌倉での試写の際、書いていますので、そちらをご参照下さい。
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/blog-entry-192.html

Primo_001.jpg
まず一枚目のカットですが、一本目の試写を終え、再び浅草寺に舞い戻ろうとしたら、何と宝蔵門前で韓国人小姐集団が見るも愛くるしいお揃いの着物着て、ひょうきんなポーズ決め、一人をカメラマンにして撮っていたんで、一番左の小姐に韓国語で話し掛け、日本語も判るとのことだったので、撮って上げるからモデルさんになってよ、とお願いして一枚撮らせて貰ったもの。

Primo_002.jpg
二枚目のカットですが、韓国人小姐との約束通り、彼女達のスマホンで縦横2カットほど撮って上げ、ずいぶん喜んで貰えたのを確かめてから、いとまを請い、次に向かったのが伝法院通りでさっそく遭遇したアメリカからの学生さんというカポーに通りの風景をバックにモデルさんになって貰ったもの。

Primo_003.jpg
三枚目のカットですが、この伝法院通りはホンマは国際通りなんのんちゃうか?と錯覚を覚えるくらい、色々な肌の色、装束の老若男女が行き交い、その中でもちょうどごついディープサウス辺りから出て来た元ロードウォリアーかプロレスラー上がりみたいな中年パパがいたいけな双子ちゃんの乳母車を押して破顔しながら歩いてきたので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。

Primo_005.jpg
四枚目のカットですが、伝法院通りから飲み屋の有る通り、そして花やしき遊園地前経由、また浅草寺境内に戻り、先ほどはスルーしてしまった手水場へ足を向けてみたら、ちょうど、お揃いのレンタル着物に身を固めた中国人親子が律儀にも参拝前の禊を見様見真似で行おうとしていたので、反対側からその様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_006.jpg
五枚目のカットですが、次に境内での定点観測スポットであるお神籤売り場に移動してみると、居ました居ました、中国人のレンタル着物軍団が、あたかも秦の始皇帝の兵馬俑の如く似たようなカッコで群れをなしていて、そのうち数名がお御籤にチャレンジし、中をろくすっぽ読まないカンジで、むしろ柵に結ぶところを撮りっこすることに注力していたので、大胆にも至近距離に紛れ込み、その様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_007.jpg
六枚目のカットですが、ふと宝蔵門のふもとに目をやれば、かなりの数の着物小姐、アガシの類いが判で押したようにお互いに撮りっこしていたので、その中でたまには国産も良いなと思い、声高に関西弁で撮った写真をネタにボケと突っ込みで勝手に盛り上がっていた小姐二名が居たので、よし、写真が得意なヲヂサンがお二方の美しいお姿をタダで撮って上げよう、馬子にも衣装云うし♪とか云ったら、もぅイケスカンなぁ、でもホンマ?とか乗ってきたのでポーズ付けて貰ったもの。

Primo_008.jpg
七枚目のカットですが、宝蔵門からまた仲見世をてくてくと歩いて雷門方面に歩き、雷門手前まで来たところで、ここもいつもの定点観測スポットである「美人茶屋あずま」さん裏の扇屋さん店頭の団扇のうち、ひょっとこの眼にピンを合わせて撮ってみたもの。

Primo_009.jpg
八枚目のカットですが、あずまさん近傍の商店の周りには、いつでも観光客がたむろしていて、それが全員が全員買い物するわけでもなく、乗り気でなくとも観光につき合わされ、相方が店内を物色している間、外で待っている人間も居るわけで、如何にも退屈そうに店の前でスマホンに熱中していた、遠方からの観光客の片割れみたいな兄ちゃんの姿に悲哀を感じたので一枚戴いてみたもの。

Primo_010.jpg
九枚目のカットですが、仕上げたレンズの描写を見るのに、反射の強いガラス水槽に収められた細かい豆粒の類いほどもってこいの被写体もないと常々から思ってはいたのですが、この豆屋さん、亀戸の交差点の、豆を売るのが商売なのか、或いは野生の鳥類に餌付けをするボランテアの為に店を開いているのか判らないお店と比べて、殺人的に賑わっていて、なかなか店員さんが接客している横からちょいと失礼、と撮る根性も度胸も無かったのですが、この日は奇跡的に真空状態だったので、これ幸いと一枚戴いてみたもの。

Primo_011.jpg
十枚目のカットですが、一本目のレンズは到着時に雷門前でテストしましたが、このレンズは行程上、雷門前では一枚も撮ってはいなかったので、また雷門の前までやって来て、面白そうなモデルさんを物色していたら、インドから出て来たと思しき家族連れが、手慣れた様子で自撮り棒を駆使して雷門下で提灯をバックの家族写真なんか撮っていたので、そのトライ&エラーの様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_012.jpg
十一枚目のカットですが、雷門周辺での試写御すぐに雷門至近の某ファミレスにてティータイムとしゃれ込み、小一時間寛いでから再び撮影に出た時、辺りはとっぷりと暮れ、仲見世の宵の口の様子を撮ろうと徘徊し始めたら、あずまさんよりちょい奥の人形焼きの実演販売やってるお店の職人さんの姿が珍しく店頭から丸見えだったので、ちょいと失礼!と店先から一枚戴いてみたもの。

Primo_013.jpg
十二枚目のカットですが、仲見世の真ん中より少し雷門寄りのスキンヘッドの店員さんが人形焼だか瓦煎餅を商うお店が有って、そこの店頭は国内外の観光客で賑わっているのですが、この日は珍しく、日本人の着物姿の小姐数名が店頭に並び、行儀よく商品の包装を待っていたのでその様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_014.jpg
十三枚目のカットですが、陽もすっかり落ち、電灯の暖かげな光が恋しくなる時間帯でしたが、それでも滞在時間という制約の有る、或る意味、21世紀のシンデレラというかウルトラマンみたいな観光客各位は陽が暮れたのも構わず、自分の持ち時間の中で目一杯、見て食べて楽しんで帰ろうとしていたので、その健気なバイタリティに打たれ、その様子を一枚戴いてみたもの。

Primo_015.jpg
十四枚目のカットですが、陽の落ちた仲見世では店頭の明かりも勿論賑やかではありますが、それ以上に、そのどんづまりに聳え立つ宝蔵門もライトアップした偉容が目を惹くので、時折ファインダを覗きながら、仲見世を前進し、画面目一杯に写る辺りでそのハイテクの象徴たるチタン瓦を纏った荘厳な姿を捉えてみたもの。

Primo_016.jpg
十五枚目のカットですが、宝蔵門手前のちょっとした広場に面した揚げ饅頭屋さんの店頭で、いかにも青春を謳歌してますが何か?という雰囲気を纏った初々しい日本人カポーが、小姐各位のダイエットの大敵である揚げ饅頭なんざ旨そうに頬張っていたので、そのいたいけな横顔を一枚戴いてみたもの。

Primo_017.jpg
十六枚目のカットですが、そろそろ帰りたいと思い、宝蔵門の手前から再び踵を返し、雷門経由、地下鉄駅に向かう途中、
いたいけな小姐相手に言葉巧みに観光乗車の勧誘などを行っている、ちょいと渋みばしったカンジの車夫の兄ちゃんのお姿を一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、ヘリコが軽くスムーズになり、実像見てピンを合わせられるようになると、APS-Cの焦点換算では87mm相当の中望遠ではありますが、X-Pro2のデヂスプリットも良く効き、なかなかスナップには面白いレンズだなぁと思いました。

さて次回はまだ決めてませんが、たぶん新年の川越で買った京セラの珍品ズームの試写結果でもご紹介しましょうかね、乞うご期待!!
  1. 2017/02/12(日) 19:46:57|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Another guest from Wetzler Germany~Leidorf Lordon50mmf2.8mod.M uncoupled~

Lordon50mm_00.jpg
さて今宵のご紹介は今年初の工房作品、ドイツはウエツラーのもうひとつのカメラメーカー、Leidorf社のLordmatというレンズ交換式のレンジファインダーカメラ向けにミュンヘンの隠れた銘光学機器製造メーカーEnna社が供給した標準レンズで、製造はおそらく1950年代初め頃のものと思われる、3群4枚のテッサータイプの重厚な真鍮鏡胴も美しいクラシックレンズです。
このレンズ、昨年冬の初め頃、新宿某所の中古カメラ店で見かけて買い込んでおいたのですが、あいにく、経年劣化による工房の主力設備、プロクソン社の小型旋盤の動力伝達系統の不調で操業が停止状態だったのが、やっと暮前にドイツからUボートで交換部品が届いたので年末の旋盤OHと一緒に交換して年明けに操業開始し、ボディの無い状態で外れないスピゴットマウントのスクリュー径、深さをレンズ後端から割り出すリバースエンジニアリングやって、艱難辛苦の果て作り出したものです。
では、能書きはここまでにしておいて、さっそく、今週末の浅草での試写結果を見て参りましょう。

Lordon50mm_001.jpg
まず一枚目のカットですが、深川を15時過ぎに出て、浅草には15時半過ぎに着いたのですが、最初の定番撮影スポットである雷門付近で被写体を探していたところ、有名な雷おこしのお店の横に観光客向けに設置された記念撮影ボードでお互いに撮りっこして遊んでいる中国ないし、台湾からの小姐二名が居たので横からお裾分け的に一枚戴いてみたもの。

Lordon50mm_002.jpg
二枚目のカットですが、雷門を後にして、仲見世通りを宝蔵門方向に歩き出してすぐ、例の「美人茶屋あずま」さんの手前で、その角を曲がって出て来た、キャメロンディアスちょい似のカノジョを連れたオーストリア人の兄ちゃんと遭遇したので声かけてモデルさんになって貰ったもの。

Lordon50mm_003.jpg
三枚目のカットですが、ここもいつもの定番試写スポット、仲見世通りの「美人茶屋あずま」さんの角を左に入ってすぐ右角の扇屋さんの店先に並べてある、やまと絵、浮世絵混成軍の団扇のうち、ひょっとこの眼にピンを合わせて撮ってみたもの。

Lordon50mm_004.jpg
四枚目のカットですが、扇屋さん前での試写を終え、また仲見世を歩き出したら、妙に日本人的な、しゃらりしゃらりとした歩き方で着物を着こなす、聡明そうな黒人女性とすれ違ったので、即座に踵を返し追いすがって、一枚撮らせてね、とお願いしたところ、ハィどーぞ♪とのことだったので遠慮なく一枚戴いたもの。

Lordon50mm_005.jpg
五枚目のカットですが、ここも仲見世のまだ半分より遥か手前の辺り、商店の店先で祭り装束に身を固め、煎餅焼きの実演なんかやってる爺さまが居て、外人観光客やら、PENを下げた写真女子みたいなのが周りにたかってミニ撮影会の様相を呈していたので、遠慮なく混ぜて貰って一枚戴いたもの。

Lordon50mm_006.jpg
六枚目のカットですが、粋でいなせな爺さまが元気よく煎餅を焼きながら商うお店の斜め前の土産物屋の店頭に目を凝らしてみれば、言葉が通じないことを気に病んでいるのか、或いは財布でも落としたのか、店頭の商品を眺めては、手に取るでもなく、都度俯き加減になる若い白人観光客が居たので、その物憂げな横顔を一枚戴いたもの。

Lordon50mm_007.jpg
七枚目のカットですが、なかなか面白い被写体に巡り合う日だったので、キブンも上々、鼻歌でも歌いたいカンジで仲見世を歩いていくと、また美人の中国人の小姐とすれ違いざまに目が合い、モノは試しにと声かけてみたら、快くOK、お姉さんとオモニも入ってくれて家族三名での記念撮影的カットになってしまったもの。

Lordon50mm_008.jpg
八枚目のカットですが、仲見世には色々な商店が軒を並べて、朝そこそこ早くからそれこそ宵の口まで観光客相手に営業に励んでいますが、ちょうど、この時間の陽光の射し加減で初めて発見した赤い看板と提灯の並んだ陰影のカンジがなかなか官能的に思えたので、行き交う観光客を尻目に通りに佇み一枚撮ってみたもの。

Lordon50mm_009.jpg
九枚目のカットですが、仲見世を抜け、宝蔵門から境内に入ってすぐの定番撮影スポット、手漕ぎ井戸まで来てみたら、春節の影響でしょうか、中国からの観光客の親子連れがすぐ横のベンチで休んでおり、いたいけな極小姐一名が、せっかく日本に来たのだから、日本のハイテクを体験しなければ・・・とばかり真顔で水を汲んでいたところを一枚戴いてみたもの。

Lordon50mm_010.jpg
十枚目のカットですが、井戸端から再び宝蔵門方向に目を転じてみれば、1/28付近が旧正月、春節なのは中国、台湾のみならず東南アジアの華僑、そして奇しくも1/31を旧正月とする韓国からのゲストも混じっており、まさに多国籍軍の様相を呈しており、その中の韓国人アガシ二名が宝蔵門にぶら下げられた大草鞋を背景にお互いに撮りっこしていた結果を眺め、お互いに感想を述べ合っていたところを斜め前から一枚戴いてみたもの。

Lordon50mm_011.jpg
十一枚目のカットですが、境内に入って次なる定番撮影スポット、参道入り口付近東側のお御籤売り場でモデルさんを探していたら、何やら低い声で呪文のようなものを唱えながら、目を閉じ一心不乱にお御籤入れの六角柱を振る謎の東洋人の女性の横顔が夕陽に照らされ、とても不可思議な魅力を感じたので、抜き撃ち的に一枚戴いてみたもの。

Lordon50mm_012.jpg
十二枚目のカットですが、この日は天気も良く、気温も比較的高かったので、いつもの週末に増して、国籍の如何を問わず、着物姿の小姐、アガシの類いが多く、この日本人小姐のグループもなかなか着こなしが決まっていたこともあり、撮らせてくれ!一緒に記念撮影して!の類いの観光客からのリクエストが多く、笑顔で対応していたので、つい甘えて一枚お願いしたもの。

Lordon50mm_013.jpg
十三枚目のカットですが、ここも入り口付近のお御籤売り場の前、香港から来たという若いカポーがお御籤を抽いたがイイが、日本語版を抽いてしまったらしく、意味が判らず右往左往していたので、声かけて意味を教えて上げた代わりにお二方にモデルさんになって貰ったもの。

Lordon50mm_014.jpg
十四枚目のカットですが、本堂面前の焼香炉では、この日も善男善女で溢れ返っていましたが、その中で、おそらく、ベトナム辺りからの留学生?と思しきたどたどしい日本語を話すいたいけな着物姿の小姐と今風の髪型した日本人の兄ちゃんのカポーが仲睦まじく煙の浴びせっこなどやっていたので、すかさず煙越しに一枚戴いてみたもの。

Lordon50mm_015.jpg
十五枚目のカットですが、本堂の前まで歩いて行ったら、やはり、中国から初めて来たと云う着物姿のいたいけな小姐二名組が居て、スマホンで本堂をバックの二人の晴れ姿を撮ってくれそうな親切な日本人を探していたらしく、これみよがしに他人とは違うカメラを提げてキョロキョロしていた工房主を眼ざとく見つけ、写真撮って!と流暢な英語で頼んできたので、中国語で話し掛け、写真撮って上げる代わりにモデルさんになって貰ったもの。

Lordon50mm_016.jpg
十六枚目のカットですが、そろそろお茶したいキブンにもなって来たので、また井戸経由、宝蔵門方面に歩くこととして、井戸の手前まで来たら、着物姿の中国人の小姐二名が夕陽を斜めから浴びて、えもいわれぬ佳き雰囲気を醸し出していたので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。

Lordon50mm_017.jpg
十七枚目のカットですが、宝蔵門の下で大提灯のディテールでも至近距離から撮ろうかいなとカメラを構えていたら、目の前でなかなか美形の日本人小姐二名が相互撮影会なんか初めてくれたので、おぃおぃ、楽しそうだね、二人まとめて撮って上げるから、モデルさんになってね、と頼んだら、普段はコスプレ系小姐らしく、ストーリー性あるポージングを決めてくれたもの。

今回の感想ですが、やっぱり、旋盤元気だと週末楽しい、眠っていたレンズに21世紀の国際化した日本の今を見せて上げられたのはとても僥倖でした。

さて、次回はこのWetzlerからのお客のホスト役となった同じドイツ生まれの銘玉、フーゴメイヤの標準レンズのOH上がりの描写テスト結果ご紹介します、乞うご期待!!


  1. 2017/02/05(日) 20:00:51|
  2. Mマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

New year's exploretion in down town of Tokyo.

さて、今宵のご紹介は予告通り、川越ツアーの翌週、愉快なお仲間各位と大久保のレンズ再生名人の元を訪れた後、ちょいと撮影でも、ということで転戦先に選んだのが、国内外の観光客で溢れ返り、モデルさん探しにも苦労しない浅草周辺の下町エリアへと出掛けることになったため、その行程で撮ったものをお送り致します。
実は、今回の撮影には、もう一つ大事な目的があって、それは先の代々木エリアでの試写では殆どのカットで四隅と云わず、上下左右、中心以外の周辺が流れてしまったBiogon21mmf2.8G改FXのマウント装着部を少し加工して、確実に規定位置でレンズが固定出来るように改良したため、その効果を確認するとともに名誉挽回をしたかったからです。
では、さっそく当日の行程に沿って実写結果を逐次眺めて参りましょう。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはContax G Biogon21mmf2.8 mod.FXによる絞り優先AEでの全コマ開放撮影です。

downtown17_001.jpg
まず一枚目のカットですが、大久保駅前でお気に入りのオマール海老スープのラーメンを食してから、最初に向かった先は東向島の玉ノ井いろは商店街なのですが、このメインストリートから一本南に入ったところにある、マンションの谷間となってしまった狭い土地にひっそりと建つ元ろうそく工場だったというトタン張りの小屋をバックに今を旬とばかりに咲き誇る椿の花々を撮ってみたもの。

downtown17_002.jpg
二枚目のカットですが、同じく玉ノ井いろは通り商店街沿いの景色ですが、ここは昨年、偶然発見したいわゆる青線遺構とおもわれる、置屋のような造りの古民家が商店街の一本南の通りに面して残っていたので、お仲間の超広角レンズを装備した大判カメラの試写も兼ねて訪問し、東南方向から全景を撮ってみたもの。

downtown17_003.jpg
三枚目のカットですが、玉ノ井いろは通りを後にして、東武電車に乗って次に向かった先が、徒歩でも移動できそうな距離ではありますが、スカイツリーを下から見上げられる格好のスポットである、スカイツリータウンのビル屋上、エレベータ乗り換え広場から、ほぼ真上にスカイツリーを見上げたもの。

downtown17_004.jpg
四枚目のカットですが、スカイツリータウンの踊り場的屋上広場はそこそこの広さがあるため、季節ごとに様々なイベントを行っおり、冬のシーズンは毎年恒例の即席アイスリンクが登場、今年もその周りをスケート靴を履いたままのお客がスタッフ?による見本演技を柵越しに眺めている後ろ姿を撮ってみたもの。

downtown17_005.jpg
五枚目のカットですが、同じくスカイツリータウン屋上のスケートリンク北側のベンチで靴やヘルメットといった滑走の準備をする人々やここで撮ったと思しきスマホンの動画をきゃぁきゃぁ云いながら肩を寄せ合って眺めているいたいけな小姐二人組の姿を捉えてみたもの。

downtown17_006.jpg
六枚目のカットですが、スカイツリー駅から再び東武線に乗って、浅草に移動、まずは雷門で21mmの威力をテスト、とばかり、雷門の真下にぶら下がる松下電器殿ご提供の真っ赤っかの巨大提灯の雄姿を捉えるべく、ひっきりなしに行き交う観光客の通行の妨げにならないようややオフセットした位置から見上げて撮ってみたもの。

downtown17_007-1.jpg
七枚目のカットですが、仲見世の一番最初の定点観測スポットである「美人茶屋あづま」さんの店頭にいたいけな着物(季節外れの浴衣?)姿の中国産のリアル小姐が居て、店員さんからお定まりのきび団子と甘酒のセットを買い求めようとしていたところを斜め後ろ方向から一枚戴いてみたもの。

downtown17_008.jpg
八枚目のカットですが、この前訪れた奥山の先、花やしき遊園地手前の、相当濃いめの飲み屋街である初音小路に回ってみようと云う話しになって、徒歩で移動して着いてみたら、可愛い先客さんが居て、このディープな飲み屋街の真ん中で、とんがりコーンだかのヂェスチャなどして交代ばんこに写真撮ってたので、卒爾ながらと声かけてモデルさんになって貰い、お仲間各位とプチ撮影会状態になった時のもの。

downtown17_009.jpg
九枚目のカットですが、せっかくこの花やしき遊園地の近くまで来たので、その裏手の混沌としたエリアが今はどうなっているのか眺めたいキブンになって、お仲間を誘い、昼なお眠気を催しそうなこの一帯で、その澱の如く、時代から取り残された一軒家を見つけたので記念に一枚撮ってみたもの。

downtown17_010.jpg
十枚目のカットですが、その花やしき遊園地裏の異界の象徴的な家屋の前で、この平和な日本国でいつも進駐軍払下げみたいな軍装を身に纏って、実際のところ、もう10年以上の付き合いですが、今一つその生態が良く分からない、謎の仲間の一人が、渋い顔して花やしき遊園地内の絶叫たなびく鉄塔の方向を撮っていたので、その姿を撮ってみたもの。

downtown17_011.jpg
十一枚目のカットですが、浅草寺エリアに足を踏み入れたからには、たとえ一人でも必ず綺麗どころに声をお掛けして、その優美なお姿を捉えて来なければならない、といったような不問律が仲間内には有るようなので、本堂西側のお御籤売り場でお互いに記念撮影をしようとしていた、いたいけな着物姿の国産小姐各位に、卒爾ながら!と声をお掛けし、一列に並んでモデルさんになって貰ったもの。

downtown17_012.jpg
十二枚目のカットですが、ここも近接が得意なレンズの場合、無限位置のオブヂェのボケを試す目的で撮影を行うのですが、本堂前面両脇に置かれた天水桶の奥山側のものの側面の朱文字にピンを合わせ、遥か彼方に見えるスカイツリーを背景に入れた構図で一枚撮ってみたもの。

downtown17_013.jpg
十三枚目のカットですが、健気な軍装男が本堂に何らかの願掛けでしょうか、熱心にもお参りにイッテキマスというので、もう一名の同行者の方と本堂下で待っていた時、重装備の防寒着姿の白人女性が俯き加減に立ち読書などしていたので、その冬らしい姿を一枚戴いてみたもの。

downtown17_014.jpg
十四枚目のカットですが、本堂南側、宝蔵門寄りのお御籤売り場で、これから間もなく始まる受験シーズンの運試しでしょうか、いたいけな女学生二名がそれぞれのお御籤を読み比べて喚声上げたり、肩を叩き合ったりして、結構な盛り上がりを見せていたので、傍からその様子を一枚戴いてみたもの。

downtown17_015.jpg
十五枚目のカットですが、我々一行が宝蔵門に差し掛かろうとした時、素晴らしく美形の小姐二名とすれ違おうとしていたので、これは撮るっきゃないよな!と一行のうち一名を除き合意形成し、声を掛け、本堂をバックに小姐達のスマホンでも撮って上げることを条件にモデルさんになって貰ったもの。

downtown17_016.jpg
十六枚目のカットですが、宝蔵門を出てすぐの仲見世のどんづまりにある人形焼屋さんの店頭付近に、修学旅行生でしょうか、人形焼自体が相当モノ珍しいらしく、買い求めるために列を為し、更に手渡されるまでにも好奇心に任せてガラス張りの焼き方さんの作業風景なんか覗き込んでいたので、今時珍しいものだと却って感心してその様子を一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、Biogonの周辺の崩れが前回に比べれば、だいぶマシにはなりましたが、それでもオリヂナルのCXマウントのf4.5のものには今一歩届かなかったようです。
それでもAPS-Cの画角換算で32mmという焦点域はスナップではゴールデンゾーンですから、またちょくちょく使って上げたいと思いました。

さて次回は年明け早々の工房作品、ドイツ玉のシェイクダウンテストからお送りする予定です、乞うご期待!!
  1. 2017/01/29(日) 19:12:59|
  2. 街撮り写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Happy new year in Kawagoe, historic city 2017

さて、今宵のご紹介は予告通り、年明けてすぐの週末、1/7に愉快なお仲間各位と出掛けた、恒例の新春川越ツアー2017からお送り致します。
この新春川越ツアーは、もう10年以上前からの恒例行事となっており、この川越を年中行事のトップバッターとして、以降、二月は水戸の梅まつり、三月は古河のもも祭り、四月は甲府の信玄公祭り・・・と関東近郊の季節の祭りに浮かれて、流れるように無為に年を取っていくという、傍目から見れば痛々しい、自分自身にとっては幸せな浮世の渡り方なのであります(笑)
閑話休題、当日のコースをざっとご説明しておきますと、10時半過ぎに本川越駅をスタート、まずは喜多院で約一時間撮影し、しかるのち、大正浪漫通りから蔵造通りを撮りながら移動し、13時に「幸すし」で豪華ランチ、しかるのち、本の丸跡経由、氷川神社へ移動、ここでも約一時間撮って、蔵造通りから駄菓子屋横丁へ向かい、そこで30分弱程度撮って、また蔵造通り経由、駅方面へ向かいながら撮影、そして、途中の和菓子屋兼茶店「あかりや」であわ餅ぜんざいを堪能し、そのまま本川越駅へ向かい、帰京というルートでした。
では、当日の行動に沿って、実写結果を見て参りましょう。
機材はカメラがすべてX-Pro2、レンズが1~7枚目がMiranda Soligor35mmf.2.8改M距離計非連動、8~17枚目がCanon N-FD85mmf1.2Lによる全コマ開放、絞り優先AE撮影です。

Kawagoe16_001m.jpg
まず一枚目のカットですが、駅からてくてく歩いて移動して一番最初の撮影スポットである、喜多院のランドマーク、朱塗りの三重塔と雲一つない青空を背景にか、なりカラフルな店構えのたこやき屋の露店とその周囲を行き交う善男善女のお姿を一枚戴いてみたもの。

Kawagoe16_002.jpg
二枚目のカットですが、喜多院の境内には名物、五百羅漢の入場切符改めを兼ねた寺院経営の売店があり、そこには、何の理由か判りませんが、天井から赤い提灯が屋根の天井の梁に沿って複数個ぶら下げられており、しかも、それが、昼の日なか、点いているのかいないのか判らないような、まさに昼行燈状態で点されているのが面白いので一枚撮ってみたもの。

Kawagoe16_003.jpg
三枚目のカットですが、境内では例年より人出が少ないためか、声を掛けてモデルさんになってくれそうな、着物姿のいたいけな小姐やファンキーな外国人グループなど望み薄で、士気がくじけそうになるのをこらえ、何とか面白そうな被写体を探して徘徊していたのですが、このミランダのレンズ、何と最短30cmまで寄れるので、春日局ゆかりの庫裏?を背景にいつもスマホンで撮っているように千両の実をほぼ最短域で撮ってみたもの。

Kawagoe16_004.jpg
四枚目のカットですが、ここ喜多院の数少ない定点観測スポット、泥棒橋近くの御籤結わえ処で、いたいけなヂモテー小姐二名が今にも結ばんとしていたので、声かけて、斜め後ろから、二人して思い思いに御籤をワイヤに結んでいるところを撮らせて貰ったもの。

Kawagoe16_005.jpg
五枚目のカットですが、喜多院を後にして、ランチ会場である「幸すし」への移動がてら街の面白いところを撮っていたのですが、去年は無かった、ちょっと地中海の白い家の街並みっぽいテイストの再開発アパートがあったので、面白半分に一枚撮ってみたもの。

Kawagoe16_006.jpg
六枚目のカットですが、ランチ前に蔵造通りから時の鐘周辺にかけて撮り歩いていたのですが、さすがこの辺りの目抜き通りともなると、翌日が成人式ということもあってか、着物姿の小姐の姿をちらほら見掛け、中でも、ヲタク系カメラマン同伴の雇われ和装ではない、オモニ同伴の純正着物小姐に遭遇したので、是非とも、とお願いして蔵造通りで時の鐘に曲がる手前のお店の前で一枚撮らせて貰ったもの。

Kawagoe16_007.jpg
七枚目のカットですが、蔵造通りから時の鐘の通りに入ってすぐの鐘搗き堂の手前の焼鳥居酒屋店頭の物販コーナーで合鴨のつくねかなんかを買い求めようとしていた、気立ての良さそうな小姐二人組を発見したので、ここでも声を掛け、買ってるところを一枚撮らせて貰ったもの。

Kawagoe16_008C.jpg
八枚目のカットですが、ランチから合流することになっているメンバー一名と無事「幸すし」にて落ち合い、お座敷にて、豪華な海鮮丼系統のランチをゆったり戴いたのち、レンズを交換し、氷川神社方面へ出かけ、途中、本丸御殿など立ち寄ったのですが、氷川神社はさすが武蔵之国一宮だけあって、この日も大繁盛していて、境内へ一歩足を踏み入れると、溢れかえった善男善女のおかげ様をもちまして、シャッターチャンス満載、さっそく入ってすぐの鯛釣り神籤かなんかで盛り上がるいたいけな童子達のお姿を望遠の利を生かし一枚戴いてみたもの。

Kawagoe16_009.jpg
九枚目のカットですが、同じく氷川神社境内で、さすが縁結びの御利益も前面に打ち出しているだけあってか、いたいけな若い小姐の姿も数多く、当日は相当冷え込みがきつかったこともあり、巫女さん達の潔い白装束とは裏腹に南極探検でも行くような重装備の防寒具姿の小姐がメールチェックなんかしていたので、隙を見て一枚戴いてみたもの。

Kawagoe16_010.jpg
十枚目のカットですが、江戸時代ならまだ鉄漿も初々しいご新造さん、ってな雰囲気の結婚指輪に和装の小姐が本殿横で、スマホンで撮った女友達の画をチェックなんかして、隙だらけだったので、これまた望遠の利を生かして遠くから一枚戴いてみたもの。

Kawagoe16_011.jpg
十一枚目のカットですが、やっと巫女さん写真のご登場、ということで、一見普通の白装束のようでありながら、望遠でEVF覗いてみれば、実は同色の綿入れを羽織って居たりと、実は結構な厚着に手袋と完全武装していることが判り、それでも、寒空の下、健気にも参拝客の落としていったゴミや木の葉などを丁寧に掃き清めている姿が印象的だったので、距離を置いて一枚戴いてみたもの。

Kawagoe16_012.jpg
十二枚目のカットですが、境内でおそらく定時のお祓いかなんかを待つ行列に、和装に髪のアレンヂもバッチシ決まった小姐が居て、よほど退屈なのか、或いは単なるスマホンゲーム中毒だったのか、今になっては知る由もないですが、ゲームに打ち興じる姿を斜め後ろから一枚戴いてみたもの。

Kawagoe16_013.jpg
十三枚目のカットですが、これも本殿付近でお祓いかなんかを待つ親子が居て、よほどパパッ娘なのか、何かと云うと、若いヲヤヂの胴回りに抱き着いたり、手を引っ張ったりする、まだまだ可愛い盛りのいたいけな小姐の姿が何となく目に留まったので、望遠の利を生かし、離れたところから一枚戴いてみたもの。

Kawagoe16_014.jpg
十四枚目のカットですが、ここ氷川神社のお御籤結わい処は、閑散とした先の喜多院とはうって変わって大盛況、あたかも白い枝葉の新種の植物であるかの如く、これでもか?と読み終えた御籤が結ばれており、普通、結ぶのは悪い目が出た時だけだから、相当、悪い目が多いのか、それとも絶対数自体が多いのか、とか悩みながら、手頃な小姐二名がやって来て結わえ始めたのでここぞとばかり一枚戴いてみたもの。

Kawagoe16_015.jpg
十五枚目のカットですが、本殿向かって左の敷地の隅の方に、定時のお祓いだかを受ける善男善女のための暖房完備の待合室のような部屋があり、さすがに客でごった返す室内で込み入った電話を長々と話すのは気が引けたのでしょうか、何故か小々姐同伴で電話に打ち興じるオモニの前で、退屈そうにスマホンゲームで時間潰しをするいたいけな小姐の横顔を撮ってみたもの。

Kawagoe16_016.jpg
十六枚目のカットですが、これも境内で定時のお祓いを待つと思われる、お揃いの黒尽め防寒着姿で完全武装のいたいけな若いカポーのお姿を望遠の利を生かし離れたところから一枚戴いてみたもの。

Kawagoe16_017.jpg
十七枚目のカットですが、だいぶ陽は傾いてきた時刻ではあったのですが、境内でシャッターチャンスを探して、歩き回ったり、はたまた赤い毛氈敷き詰めた箱状の腰掛けに腰を下して、遠くに目を凝らしてみたりしていたのですが、そろそろ、神社を後にして、次なる目的地へ移動、という頃になって、白装束の巫女さんが湧いたように出て来たので、シャッターチャンスとばかり、一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、初め良ければすべて佳し、一年の計は川越に在り、ということで、今年の撮影活動も、何とはなしに、二死満塁ホームラン的にイイシャッタ-チャンスに恵まれるような気がしてきました。

さて次回は、川越の翌週も愉快なお仲間各位とお江戸下町を撮り歩いたので、そこからレポート致します、乞うご期待!!
  1. 2017/01/22(日) 19:16:56|
  2. 街撮り写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I don't know why but it's Shanghai 2016②

さて、お待たせ致しました。
今週のアップは前回からの続きで、昨年12月の22~25日まで滞在した上海ツアーの三日目、市内准海中路を散策しながら撮影したカットとなります。
先週述べた通り、スタートは市内中心部西寄りの交通大学駅ですから、最終目的地の外灘までは、上海市内の中心部、しかも目抜き通りを東西に延々と徒歩で歩き抜いたことになります。
しかしながら、当日は、天気もすこぶる良い上、このシーズンの中国大陸にしては例外的な温かさで、ほぼ東京都同じくらい、下に薄手のカーディガンを羽織れば、ジャケットだけで快適に行動出来たのが有り難かったです。
では、当日朝からの行動に沿って、逐次、実写結果を見て参りましょう。

Shanghai16_018f.jpg
まず一枚目のカットですが、交通大学駅から出て、東に向かって歩いて行くと、ここ准海中路伝いがかつてのフランス租界で、今も在外公館も多くある、ちょうど、東京の青山通りと山手通りを足して割ったようなエリアであることから、欧州風の建物や店構えの商店も多く、白人観光客が白い息を吐きながら足早に通り過ぎて行く様は、あたかもヨーロッパの何処かの都市に佇んでいるかの如き錯覚を覚えたので、一旦立ち止まり辺りを一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはVoigtlaender Ultron28mmf2.8による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_019.jpg
二枚目のカットですが、同じく上海中心部を東西に走る准海中路上のショッピングエリアで、おそらくはクリスマスセールか何かの催事で、落穂拾いを目論でいると思しき、険しい表情で店舗に入らんとする白人小姐の横顔を路上から、傍観者視線で戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_020.jpg
三枚目のカットですが、准海中路伝いには、撮影スポットでもある観光スポットがそこここに点在しており、まず一発目の著名観光スポットである「新天地」に立ち寄り、レストアされたという石造りの租界的な建造物の間の通路を嬉々として今風のファッションに身を固め歩いてくるいたいけな小姐二人組が至近距離まで寄るのを待ってシャッター切ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_021.jpg
四枚目のカットですが、ここ「新天地」は上海市内に点在する人気スポットの中でも、最も新しい部類に属することもあり、古くからの豫園とか、上海老街などと比べると、訪れる人々も、何処となくファッショナブルで、まさに代官山辺りの洒脱なショッピングエリアを散策する人種と似通っていて、そんなオシャレな若い夫婦者が、自撮り棒で記念撮影なんかするアンマッチ感が面白く、斜め前から一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_022.jpg
五枚目のカットですが、ランチも戴いたので、そろそろ「新天地」から次の撮影エリアへ移動しようかと出口方面に向かって歩いていたら、ベトナムからの観光客という子連れの若い夫婦者に首から下げているM8とSummaritを目ざとく見つけられ、話掛けられたのですが、要は、自分達のアイポンで記念撮影して欲しいということで、ライカ下げてる人間なら、アイポン7+渡しても、ダッシュで持ち逃げされないだろうと値踏みしてのことと聞いて、苦笑しながら記念撮影を行い、こちらもモデルさんをお願いしたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_023.jpg
六枚目のカットですが、「新天地」を後にして、中心部に近づくにつれ、小綺麗な新しい建物ばかりになってきた准海中路から進路を変え、一ブロック南の幹線道を東に向かうことにして、急ぐ旅でなし、「豫園」に行く前に「上海老街」を通るという大まかなコースだけ決めておいて、あとは、その通りを歩きながら、面白そうな横道があれば、入り込んだりして、とにかく街の生き様を撮ろうと心掛け、南北を貫く大通りに出たのをきっかけとして更に一本南の生活感の濃いローカル商店街に足を踏み入れ、その半ば辺りで周囲を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_024.jpg
七枚目のカットですが、生活感濃い地元民しか居なそうな商店街を後にして、更に浦東地区の超高層タワーをランドマークとして東方向に大き目の通りを歩いていたら、やはり、旧租界に縁がありそうなゲート付の路地が有ったので、恐る恐る足を踏み入れ、中ほどに暫し佇んで、居住者と思しき親子がやって来たのを見計らってシャッター切ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_025F.jpg
八枚目のカットですが、これも東に向かう准海南路より2本かそこら南の通りの裏道で、元は倉庫街だったような、店舗兼住宅が立ち並ぶ、おそらく観光客など年に数人くらいしか迷い込んで来ないようなエリアに足を踏み入れ、そこを東方向に歩きながら、辺りのうらぶれた様子を「裏上海」の記録として残すべく、一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_026.jpg
九枚目のカットですが、ところどころ、大きな道との交差点に突き当たったタイミングで中国語と英語の地図を確認し、無事、「上海老街」に到達、そしてそこと地繋がりの「豫園」に足を運び、中を散策していたら、清朝時代と思しき池に浮かぶ楼閣の彼方に、最新の建造物である浦東の超高層ビルが顔を覗かせるという非現実的な場所があり、池の柵の前に佇み、疲れ果てて眠ってしまった我が子を人混みの外へ連れ出そうとしていた若い父親の姿を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_027.jpg
十枚目のカットですが、これも「豫園」の同じ池の畔で、こちらは好奇心に爛々と目を輝かせる、未来志向の極々小姐の頼もしさに思わず感極まって目を閉じ頬ずりをして、愛おしさを伝えようとする、すぐ真横の若い父親の姿を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_028.jpg
十一枚目のカットですが、「豫園」の中庭というか、四方を物販店に囲まれた少し広めの広場みたいなところで、ドローンの実演販売をやっており、なかなかの美形の極小姐がアヂュモニと一緒に見物していたので、如何にも理工系大学生のバイト然とした店員の兄ちゃんが、イイところを見せようと、コントローラーのスマホンを駆使して、極小姐の目の前を暫しホバリングしてから、一気に天空へロケットダッシュして行ったのを見る・・・ところだったのが、このおませな極小姐、必死に操作している店員の様子の方が面白かったのか、その様子を見届けてから悠然と顔を上げていったところを一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_029.jpg
十二枚目のカットですが、そろそろ腰を下して、優雅なテータイムと決め込み、スィーツなどを愉しみたいキブンになって来たので、前の晩に蘇州からの帰りに寄った日系デパである大丸新世界百貨店二階のイタリアンカフェ経由、最終目的地の外灘へ出ようと思い、「豫園」から南京東路へ抜ける道の途中のちょっとした路上マーケットみたいなところで、日本のあんず飴を更に発展させたようなフルーツ封入型の飴菓子の串が売られていたので、店主に声かけて一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_030.jpg
十三枚目のカットですが、同じ路上マーケットの外れ、南京東路へ繋がる南北の道との交差点付近の店舗前で姉と云っても、疑われないような若いオモニが「ママ、ママ」と手を引かれるいたいけな極々小姐とその父親と一緒に仲睦まじく階段を上り、店舗に入って行こうとしていたので、即座に一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_031.jpg
十四枚目のカットですが、南京東路へ繋がる南北の道の途中に、朝歩いた准海中路で見られるような、ちょっとパリの下町のエスプリが漂うカンジのセンスの良い店舗兼アパートの前のマロニエの道を颯爽とスクータ二人乗りの兄ちゃん、姉ちゃんがやって来たので、ここぞとばかりに一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_032.jpg
十五枚目のカットですが、南京東路上の大丸新世界百貨店二階のイタリアンカフェで気に入ったスウィーツがこの日は無かったので、日本ならグランデサイズはゆうにありそうなLサイズのストレートテーだけ飲んで温まり、お腹がタポタポした状態で再び南京東路に出て、浦東地区の高層ビル群を一望に出来る外灘へ向かい、真っ先に目に付いた、娘を放って置いてスマホンに打ち興じる若いヲヤヂの姿を外灘南部の岸の風景をバックに一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_033F.jpg
十六枚目のカットですが、外灘の河岸遊歩道をゆったりと散策するフリをしながら、その実、かなり気合い入れて被写体を物色していて、そこで目に留まった、やたら大きな目をキラキラと輝かせた、「少女時代」のヴィジュアル担当のイム・ユナ似の美女と一緒に自撮り棒で記念撮影する上海風味のヤサ男の姿を一枚戴きました。
カメラはX-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Nokton35mf1.4SCによる絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_034F.jpg
十七枚目のカットですが、やはり人出で賑わっている外灘の河岸遊歩道に同郷の仲間と休日の楽しいひとときを過ごすためでしょうか、おそらくインドネシア人と思しきいたいけな小姐数名が居て、そのうち一名、遊歩道の陸側に設けられたベンチに腰掛けた小姐にも浦東の高層建築群を背景として記念撮影に加わるよう説得しに来たらしく、自撮り棒を鼻先で振り回されても笑顔でいなし、別の友に異口同音で勧誘されても、拙者遠慮でござるよ、ってカンジのやりとりしていたので、油断に乗じ、真横から一枚戴いたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Nokton35mf1.4SCによる絞り優先AEでの開放撮影です。

今回の感想ですが、10数年ぶりの上海訪問ですが、やはり想像以上に街は発展し、大通りに高級店が軒を並べる様や、或いは浦東地区の東京も及びもつかない高層建築群の偉容などは、もはや失われた20年に打ちひしがれ、自信喪失した東京、そして大阪など日本の大都市を軒並み凌駕するような有様でした。
また、古いヨーロッパの香りがそこここに漂う街並みを、欧米人が闊歩する姿はまさにこの都市が過去と未来、そして西洋と東洋を繋ぐ、時空の交差点にようにも思えました。
その一方、地下鉄等公共交通機関での乗車時の割り込み、路上での信号無視の常態化は、まだまだこの国は物質的には豊かになっても、精神的な成熟にはまだ時間が必要で、日本でも電車の割り込みや信号無視などルール違反が大手を振って、政府もマスコミも一丸となって、国民のマナー向上を訴え始めた昭和50年代頃を思い出させてくれました。
それでも、この都市のダイナミックさ、懐の深さには心惹かれるものが大いにあり、これからも機会あるごとに訪れてみたいと思いました。

さて、次週は遅ればせながら、愉快なお仲間達と訪れた川越ツアー2017の様子をお送りいたします、乞うご期待!!
  1. 2017/01/15(日) 19:06:07|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I don't know why but it's Shanghai 2016①

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。
さて、今年一発目の更新はさっそく予定変更、昨年末の毎年恒例、避寒旅行ならぬ、避クリスマス旅行に出掛けた先、長年の宿願である中国メインランド復帰初の渡航地、上海の旅三泊四日のうち、撮影を行った中二日から二回に分けてお送り致します。
まず簡単に今回の旅の行程を説明致しますと、12/22の午後の便で成田から上海浦東空港に入り、その日は宿に着いて、翌日の中国高鐡「和楷号」の蘇州までの往復切符を手配して、近所の華北料理屋で晩飯を大喰らいしておしまい。
翌23日は朝10時40分の高鐡に乗るべく、宿のフロントの兄ちゃんの指示に従い、9時に宿を出発して、上海火站に向かい、そこから初の高鐡乗車で蘇州へGo!
当日は17時9分発の高鐡でまた上海へ戻り、駅に着き次第、そのまま、浦東を望む外灘へ夜景を見に直行、途中、新世界大丸デパートでお茶とスィーツを愉しみ、小一時間、外灘の河岸エリアを撮って、また地下鉄で宿のある東安路駅へ戻り、また大飯喰らって、その晩はお休み。
そして滞在三日目の24日は市内探索に当てるべく、10時に宿を出て、まずはかつてのフランス租界であった、准海中路を散策すべく、交通大学駅をスタート点として、途中、観光スポットによりながら、延々と外灘まで撮り歩いたのでした。
かくして25日の午後の便で上海は浦東空港からまた成田に戻ったという次第。
では、まず蘇州での一日の行動に沿って、逐次実写結果を見て参りましょう。

Shanghai16_001L.jpg
まず一枚目のカットですが、蘇州には有名な観光エリアが二か所あって、どのどちらも高鐡の着く蘇州火站からは地下鉄で30分以内の距離なので、まずは蘇州火站隣駅の「山塘街」(シャンタンヂャイ)へ向かい、駅から有名な水路のある老街へ向かったのですが、イブも近いこともあって、民族衣装に身を固めて、プロのカメラマンに景観地区の中で記念撮影をして貰おうというカポーが多く、入り口で遭遇した一組目にお願いして混ぜて貰ったもの。
カメラはLeicaM8、レンズはHeliar75mmf1.8による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_002L.jpg
二枚目のカットですが、幸先の良いカットに気分も高揚したのですが、暫くして呼吸を落ち着けると周囲を俯瞰する余裕も出来て来たので、絵葉書でもあまた撮られている水路の東方面を眺め、高台である幹線道路の橋の上から一枚撮ってみたもの。
カメラはLeicaM8、レンズはHeliar75mmf1.8による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_003F.jpg
三枚目のカットですが、先ほどの友好的かつ協力的なカポーにお礼を云って別れてから、振り返ってみれば、よほど興が乗っているのか、今度は河岸から幹線道路の橋の上に上がって来て、セリフ付きでなんかのシーンを真似て下から望遠レンズで撮って貰っていたようなので、それを橋の形が入るところまでバックして広角で撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Biogon21mmf4.5による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_004L.jpg
四枚目のカットですが、水路沿いの道から老街へ足を踏み入れ、だいぶ前に訪れたことのある「周荘」に比べ、意外と観光地、観光地していない雰囲気にやや面食らいつつ、まずは、商店などが軒を連ね、賑やかそうな東方面に向かってみることにして、周囲の様子を撮ってみたもの。
カメラはLeicaM8、レンズはHeliar75mmf1.8による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_005F.jpg
五枚目のカットですが、老街を歩いていたら、水路方向に交差する道から、先ほど遠くに見えた、街のランドマーク的太鼓橋への登り口が見えたので、さっそく、登ってみて、水路を行き交う観光船も入れて、水路沿いの古い町並みを撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Biogon21mmf4.5による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_006F.jpg
六枚目のカットですが、太鼓橋の上から見たら、生活感溢れる西方面の方が何となく面白そうだったので、東方面の探索は後回しにして、いったん、老街の道へ降りて、来た方向とは反対に歩き、さっそく地元民で賑わう食料品店の傍らでオモニの買い出しを待つ、いたいけな極小姐を連れた親子に声掛けて一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Biogon21mmf4.5による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_007F.jpg
七枚目のカットですが、老街を西方面にそぞろ歩きしていると、色々な人とすれ違うのですが、天気も良く、よほど気分も良いのか、すれ違いざまに笑顔で挨拶して来た爺様とその孫娘である極々小姐が居たので、声かけて一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Biogon21mmf4.5による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_008L.jpg
八枚目のカットですが、更に西に向かって歩いて行ったら、いつしか商店街も途切れ、全くの地元民各位がつましく暮らしているような住宅街になってしまい、その石畳の道を防寒具に身を固めた爺さまと孫と老犬がとぼとぼと歩いていたのでしめしめと思い、中望遠を持っていたことの僥倖に感謝しつつ、可能な限りのローアングルで撮ったら、勘の鋭い童子に気付かれ、期せずしてカメラ目線でのカットになってしまったもの。
カメラはLeicaM8、レンズはHeliar75mmf1.8による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_009L.jpg
九枚目のカットですが、西方向への道をひたすら歩いていたら、ところどころ、小規模の商店の集まったところとか市場みたいなところが在ったのですが、カラフルな色使いの衣料品を商う店頭で童子を抱きかかえながら油売ってたアヂュモニ達に陽が射していたので、これ幸いにと中望遠を活かし一枚戴いてみたもの。
カメラはLeicaM8、レンズはHeliar75mmf1.8による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_010F.jpg
十枚目のカットですが、西の端の橋の下まで辿り着き、そろそろ腹も減って来たので、また元来た道を辿りながら、適当に横道にそれ、裏通り、路地などに迷い込みながら撮っていたら、ちょうど、小規模な地元民向けの市場の裏手から中に入れたようで、入り口付近で寝そべっていた犬を撮ろうとしたら、ハィハィごめんね、横通るよ、的なことを云いながら爺さまが通り過ぎて行ったので、これ幸いにと一枚戴いたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはZeiss Biogon21mmf4.5による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_011L.jpg
十一枚目のカットですが、山塘街では一番有名らしいレストラン「松鶴楼」にて、豚の脛肉の冷製と鮑載せ餡かけ茶飯みたいなものを戴き、気力満々食後の撮影に入ったのですが、次の予定地も有るので、商業地区である東方向への散策は程々にすべく、歩きながら老街の様子を撮ってみたもの。
カメラはLeicaM8、レンズはUltron28mmf2.0による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_012L.jpg
十二枚目のカットですが、老街を東にそぞろ歩きしていたら、先ほどの太鼓橋より一本東の太鼓橋の通りに出たので、その上に登って、かのトムクルーズ主演の映画「Mi-2」だったかでロケを行ったという水路沿いの街並みを撮ってみたもの。
カメラはLeicaM8、レンズはUltron28mmf2.0による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_013F.jpg
十三枚目のカットですが、山塘街を後にして、再び地下鉄に乗って、次の目的地「平江路」(ピンヂャンルゥ)に向かい、最寄駅である「相門駅」から地上に出て歩くこと約5分、「平江路歴史地区」の石碑の建つ通りに辿り着き、その入口付近で客と料金の交渉していたらしき輪タクの周囲が陽の当たり加減により絶妙な陰影を映し出していたので、さっそく一枚戴いてみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはLeicaSummarit50mmf1.5による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_014F.jpg
十四枚目のカットですが、ここ平江路も先ほどの山塘街同様、古えの水路を中心とした景観地区なのですが、やはり、ロケなどには格好のエリアと見えて、水路伝いの道を歩いていたら、学生映画を撮っていたグループに遭遇して、そのリーダー格と思しき兄ちゃんが一丁前にニコンFのアイレベルファインダにGNニッコールなんかくっつけてたんで、気安く声かけて、撮影に混ぜて貰ったもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはLeicaSummarit50mmf1.5による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_015F.jpg
十五枚目のカットですが、学生達のグループに上から目線で「頑張れよ!」とか声かけて別れてから、更に水路伝いの道を奥に進んで行くと、柳の下で、並んで一心不乱にメールだかをスマホンで打ってる、いたいけな小姐二人組が居たので、シャッター音が静かなのを良いことにかなり接近し、その横顔を一枚戴いてみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはLeicaSummarit50mmf1.5による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_016F.jpg
十六枚目のカットですが、ここ平江路でもかつては移動や輸送のメインは船だったので、水路を跨ぐ橋は全て太鼓橋になっており、中ほどのひときわ高い太鼓橋の上から、水路両側に立ち並ぶ古色蒼然とした街並みを撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはLeicaSummarit50mmf1.5による絞り優先AE、開放撮影です。

Shanghai16_017F.jpg
十七枚目のカットですが、帰りの高鐡の時間を気にしつつ、とにかく水路の奥、行けるところまで行ってみようと思い、時計と睨めっこしながら水路伝いの道を散策しながら、しっとりとしたウェット気味の描写を身上とする大口径単玉の威力に任せ撮り歩き、やや開けた広場みたいなところで、客待ちしていた子連れ狼的車夫の息子を一枚撮ってみたもの。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはLeicaSummarit50mmf1.5による絞り優先AE、開放撮影です。

次回は、滞在三日目、上海市内の准海中路横断の旅からお送り致します、乞うご期待!!

  1. 2017/01/09(月) 22:18:35|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展写真 2016 Dec.

さて、いよいよ、今年最後の本ブログ更新となりました。
今回のアップは予告通り、遠く離れても目指すは同じ美の追求、それを写真というひとつの登り口から高みを目指そうとしている同志への、変わらぬ友情の証として、都内某所で30日まで開催されている拙個展の作品12点を一挙にアップ致します。
お題は会社の永年勤続褒賞で貰ったスペイン旅行で出会った地元の人々の惜しみない笑顔と彼らとの交歓で、コルドバ、マラガで10月の中旬に撮影したものです。
ではさっそく、追って作品を見て参りましょう。
_DSF1725-01.jpg
まず一枚目のカットですが、到着三日目の9時間に及ぶ鉄道の長旅を経てやっと到着したコルドバ滞在一日目の午前、愛機2台に必殺レンズを装着してコルドバの旧市街の城壁界隈を「闘牛士の唄」など鼻歌で歌いながら歩いていたら、城壁の下に座っていたタバコ工場に勤めるという女工さん達が口笛吹いたり、ウインクしたりして手招きしてくれたので、日本からバルセロナ経由鉄道で来たんだと話したら、アタシ達の写真撮って!ということだったので、この若くて美しい21世紀のカルメン達を闘牛士エスカミリオ宜しくウインクして一枚戴いたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8初代による絞り開放AE撮影です。 

_DSF1760-01.jpg
二枚目のカットですが、カルメン達に別れを告げ、ひたすら旧市街の中を進み、大きな河の近くの城塞まで来て、河を挟んだ橋の向こう側の塔まで行ってみようと思い、石造りの荘厳な橋を渡りかけて暫くしたら、いたいけな極小姐が走ってきてぶつかりがてら、左脚に取りすがって立ち上がったところ、そのオモニとやはり健気な幼い姉が走り寄ってきて、苦笑して謝りながら、怪我は無かったの的なことを聞いていたので、これも何かの縁なので、日本から来たんだけど、記念に写真撮らせてね、と声かけたら、即OK、三人揃って、旧城塞をバックにモデルさんになってくれたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8初代による絞り開放AE撮影です。 

_DSF1779-01.jpg
三枚目のカットですが、母娘に協力の礼を云って別れ、橋を渡り切ったところに聳え立つ、魔法使いがお姫様を閉じ込めておくのに専ら使いそうな石造りの頑丈な塔の根元で、親子三人、娘である小姐のアイポンで腕を伸ばし切って三名一緒に記念撮影をしようとしていたのですが、傍目に見ても全然上手く行っていないようだったので、卒爾ながら、と声かけて、シャッター押して上げたら相当喜んでくれたので、じゃその代わりに娘さんをモデルとして供出してくれい!と要求したもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8初代による絞り開放AE撮影です。 

_DSF1861-01.jpg
四枚目のカットですが、城塞近傍でのなかなかの戦果に満足し、旧ユダヤ人街を撮ってから、ローカル名物のランチにでもしようと思い、城塞裏の旧市街の道を歩いていたら、やたら視線を飛ばしながら、ヒラリヒラリと軽快に歩く、如何にもスパニッシュキャリアガール、という雰囲気を漂わせた小姐が向こうからやって来たので、これも声かけたら、あらま日本から? シーズンオフにようこそ☆てなカンジで即決、街頭モデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8初代による絞り開放AE撮影です。 

_DSF2021-01.jpg
五枚目のカットですが、食事してから夕方までちょいと休もうと思い、駅前のホテルに引っ込んで、シエスタ宜しく一時間半ばかりも午眠し、陽もだいぶ西に傾きかけた19時前に得物をM8に持ち替えて、晩飯前の腹ごなしとばかり、再度、旧市街に出撃、駅前から続く公園通りから旧市街に入った辺りでバレーの練習から戻って来たと云う、婆ちゃんと孫娘に遭遇したので声かけてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

_DSF2025-01.jpg
六枚目のカットですが、いつかは日本に行きたいというまだ幼いものの、美しさが光る将来のプリマドンナとその保護者の婆ちゃんに礼を述べ、旧市街の城壁方向に進んで行ったら、特徴的な顔立ちの三人連れに出会ったので、婆ちゃんに声かけて、お孫さん二人とともに古い街並みをバックにモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

_DSF2037-01.jpg
七枚目のカットですが、旧市街のランドマークのひとつ、城壁遺構の南側、午前中にタバコ工場の女工さん達と出会った辺りより若干南側の壁の切れ目から旧市街へ入ろうと通り掛かったら、「ハィ! ハポネ?」とか声かけてくる少年達が居たので、その通りだけどどうしたの?と聞いてみたら、イイカメラ下げてるんで、オレ達を記念に撮ってよ、ということだったので、一列に並んで貰い、ハイポーズ!とやったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011207-01.jpg
八枚目のカットですが、旧市街の宵の口の様子を一時間強に渡り存分に撮影し、そろそろおなかも空いてきたので、公園の中にある、ちょっと小粋なフードコートみたいなところで、到着した晩にたまたま寄ったバレンシア料理のコーナーが値段もリーズナブルだし、小姐もカンジイイし、何よりも料理が旨いので、そこを目指して気もそぞろに歩いていたら、道の向こうから、如何にも撮って頂戴オーラを発しているロコガール二名がやって来たので声かけて新市街との境界辺りで一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011191-01.jpg
九枚目のカットですが、コルドバに二泊の後、今回の旅のメインステージであるマラガまで電車で一時間強かけて移動し、到着したその日の夕方の市内の宵の口の様子を日本最強のハイスピードスナップレンズの威力で以て切り取ろうと、M8一台身に着け、旧市街に入ってすぐ、イカした兄ちゃん、姐ちゃんと遭遇したので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。
この中国人3世の兄ちゃん、英国人2世の姐ちゃんのカット、とても傑出した出来に思えたので今回の写真展のコンセプトを表す案内DMの図柄にも使ったくらいです。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011220-01.jpg
十枚目のカットですが、ちょっと見はおっかなげながら、実に気のイイ、兄ちゃん、姐ちゃんに心から協力の礼を述べ、また旧市街を徘徊していたら、とあるカフェの横に佇む、遠い目をした爺さんと、実にやんちゃそうな目がクリクリした女の赤ん坊のコンビが居たので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011234-01.jpg
十一枚目のカットですが、旧市街の中心部、すっかり陽も落ちて、これからバールやリストランテなどの営業が本格化する時分に、だいぶ客が入って来て、慌ただしくウェイターが仄暗い客席の中を飛び回るカフェの出入り口横に佇み、一心不乱にスマホンでメールなんかしながら、何かしらぶつぶつ言ってるんで、妙に日本の若いもんを思い出し、その様子を賑やかなカフェの店内を背景に1枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011445-01.jpg
十二枚目のカットですが、出発当日の午前、フライトは15時台で市内から30分もあれば簡単に着けるマラガの空港へ移動する前に時間を12時半まで、と決めて、カメラはM8一台に絞り、旧市街地を徹底的に歩き回り、それこそ3分に一回はシャッター切ってるくらいのピッチでとにかく目に付くものを撮りまくり、カフェで優雅なブランチを撮ろうとしていた親子の息子さんと目が合ったのをイイことに挨拶がてらモデルさんになって貰ったもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放AE撮影です。

今回の感想ですが、初の個展、だいぶ仕事が忙しい時期と準備期間が重なってしまったのですが、やって良かった、ホント、誰がではなく、ギャラリーの壁一面に飾られた自分のまだ新鮮な記憶と改めて向かい合うことで、かなり難度は高いですが、それが故、達成出来た満足度もこれまでになく高い独り旅への感慨がこみ上げてきたのです。

今年も拙ブログご愛顧、有難うございました。

新年は愉快な仲間たちとの撮り初めを1/7に行いますので、1/8を初アップと致します。

では、どちらさまも佳きお年をお迎え下さい。
  1. 2016/12/26(月) 23:25:10|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Snap around the downtown of Tokyo'16.Dec.

さて、今週のご紹介は、予告通り、年末の撮り納めイベントを兼ね、写真のお仲間2名と連れ立って、土曜日に清澄白河から森下、浅草周辺と巡ってスナップを行った結果をアップ致します。
この日は、メンバーの日頃の行いに於ける功徳の積み重ねの賜物か、天気も良く、かといって、真冬の晴天の朝に有りがちな、放射冷却による厳しい冷え込みも皆無で、このところでは珍しい撮影日和の休日となりました。
では、さっそく、当日の行動に沿って実写結果を眺めて参りましょう。

下町ツアー’16E_001
まず一枚目のカットですが、清澄白河駅で11時かっきりに待ち合わせし、集まったところで、地上に上がり、まずはこの周辺名物である、長屋商店街の撮影を行おうと、工房主も今回持参したテストしたいレンズのトップバッターを愛機に装着し、あえて逆光に挑むべく、どこか懐かしい建物を背景に通り過ぎるカポーの後ろ姿を狙ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎のトリプレット75mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー’16E_002
二枚目のカットですが、同じく清澄白河駅前の長屋商店街で、半ば打ち捨てられた自転車のフレームの間から、顔を覗かせた可憐な真紅のバラの花がこれもまたドライフラワー化しているという、時の流れの岸辺に打ち上げられたオブヂェのような雰囲気をぷんぷん漂わせていたので、最短域で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎のトリプレット75mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー’16E_003
三枚目のカットですが、同じく清澄白河の長屋商店街の建物の途切れた空き地の中に住民が設けたと思しきミニ花壇が有り、建物や、隣接する清澄庭園の木立によって日陰になっていたにも関わらず、そこに白い可憐な花が健気に咲いていたので、これも最短距離で撮影してみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎のトリプレット75mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー’16E_004
四枚目のカットですが、スケジュールをガチガチに決めた撮影ツアーということでもなく、また同行者各位が清澄庭園に足を踏み入れたことが無かったので、今回の中望遠をテストするのに格好のフィールドでもあるので、急遽、庭園に入場し、入り口付近の岸辺に腰掛けて、庭園の池を眺めながら、互いの来し方行く末を語らい合っているかの如きカポーのお姿を斜め後ろから戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎のトリプレット75mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー’16E_005
五枚目のカットですが、当日は、ボランテア説明員がフル稼働状態のようで、順路では前が渋滞していて、余計な時間を食ってしまうのももどかしく、付近の住民であり、この中を熟知している工房主がモグリのガイドとなって逆方向から庭園内をアバウトな説明とともに一周しながら、ちょうど時計で云えば8時辺りの方向から池の畔の紅葉をシルエットで撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎のトリプレット75mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー’16E_006
六枚目のカットですが、同じく庭園内の池の畔を逆方向に巡りながら、5時くらいの位置に「ツワブキ」の可憐な黄色い花が池の畔に咲いていたのが目に留まったので、ひっきりなしに通り過ぎる観光客を気にしぃしぃ、しゃがみ込んで最短距離で撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎のトリプレット75mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_007
七枚目のカットですが、同じく庭園の池の畔、4時くらいの位置に池を眺めて何かしらを語らい合う中国人小姐2名組が居たので、
池を挟んで対角線、ほぼ10時辺りの方向にある紫宸殿みたいなカンジの貸座敷をバックとして、シルエットで一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎のトリプレット75mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_008
八枚目のカットですが、清澄庭園を後にして、昼食会場である森下の老舗料亭「みや古」への道すがら、深川名所にも何度か登場する「萬年橋」に立ち寄り、メンバー思い思いのカットを何枚ずつか撮りましたが、これは北側から南方向に向け、ちょうど、一度に多くの人間が通り過ぎる頃合いを見計らってシャッター切ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎の広角21mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_009
九枚目のカットですが、萬年橋を後にして、ここもいつもの撮影スポット、大川端の芭蕉座像がある芭蕉公園へ上がる手前のカラフルでファッショナブルな貸自転車屋さんの店頭の様子を一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎の広角21mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_010
十枚目のカットですが、ここも芭蕉公園のある突堤下の半年前くらいまでは、お世辞にも綺麗とは言えないトタン造りの旧家屋が建っていた場所がキレイさっぱりリニュアルして、斜め前の貸自転車屋さんと競うが如く、如何にも若手の新進気鋭の建築家がデザインしました、といわんばかりに建て替えられていたので、その特徴的な屋外階段を一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎の広角21mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_011
十一枚目のカットですが、突堤上の高台に在る芭蕉公園からは、大川端の景色が存分の見渡せるので、晴れた日には欠かすべからざる観光スポットなのですが、半ば冗談で「HimikoかHotarunaでも来ないかな?」とか云いながら川面を眺めていたら、あろうことか、噂をすれば何とやら、「Himiko」型二番艦「Hotaruna」がちょうど遡上して来たので、その優雅な姿を収めてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎の広角21mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。


下町ツアー16E_012
十二枚目のカットですが、森下「みや古」での深川せいろ飯御膳の豪華なランチを摂った後、次なる撮影エリアせある浅草に移動すべく、地下鉄森下駅に向かって歩いていたら、清澄通りに面して、レトロな雰囲気の古着屋兼カフェの店舗が目に留まり、更にその前を喚声を上げて、いたいけな地元の童子達が風の如く自転車で通り過ぎて行ったので、頃合いを見計らってシャッター切ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズは謎の広角21mmf4.5での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_013
十三枚目のカットですが、蔵前駅からそぞろ歩きして浅草まで辿り着き、そして浅草寺より西の伝法院通りと公園通りが交差する
辺りから花やしき方面に向けて撮りながら歩いていたら、ビル全体で日本全国の物産を展示即売している観光スポット手前で、白人女性が同行のカポーの記念撮影をしようとカメラを構え、何枚か撮り始めたので、隙有り!とばかり通りがかりの一閃、一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCOSINA55mmf1.2での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_014
十四枚目のカットですが、同じく浅草は花やしきの手前、ちょうど傍らを人力車が追い超して行き、そのお客は?とみれば、今風のトウモロコシの髭みたいな茶色い髪の日本人小姐のようだったので、花やしきを背景に、すかさずその後ろ姿を一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCOSINA55mmf1.2での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_015
十五枚目のカットですが、花やしきの通りから、奥山を経て浅草寺境内に入り、本堂脇まで来てみれば、なんと、本堂横の雨水受けの上から身を乗り出して、中を覗き込むという、大胆な行動を見せている中国人小姐が居たので、反対側からその勇姿を一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCOSINA55mmf1.2での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_016
十六枚目のカットですが、ここも浅草寺でのテスト撮影に於ける定点観測スポットであるお御籤授け場で、国産小姐二名が夕陽を浴びつつ、何か楽し気に語らい合いながら、御籤結び用のワイヤ棚に自分達の御籤を結んでいるところを横から一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCOSINA55mmf1.2での絞り優先開放AE撮影です。

下町ツアー16E_017
十七枚目のカットですが、浅草寺境内での撮影を上がって、ハヤタカメラボへ用足しに回ろうとした時、夕陽を浴びて、とても美しい横顔の白人小姐が通り過ぎようととしていたので、思わず、そのパートナーと思しき男性ともども呼び止め、趣旨を説明し、モデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCOSINA55mmf1.2での絞り優先開放AE撮影です。

今回の感想ですが、いやはや、一日、しかも連続した行程内で三本のレンズを使い分けるって結構大変、でも、皆、個性的なレンズだったのでとても楽しめました。

さて、今回が今年最後の更新の予定でしたが、都内某所で開催中の工房主の写真個展の作品を、遠方に居て、訪ねられない友の為にアップすることと致します、乞うご期待!!
  1. 2016/12/18(日) 22:13:24|
  2. 街撮り写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Shake down of neo-old lens contained for 17years~Tamron Macro-Tele Zoom28-70mmf3.5-4.5

Tamzoom28703545.jpg
さて、先週は実家の用事がことのほか長引き、夕方の帰京した時はぐたっとしてしまい、結局ブログの更新をサボってしまったのですが、今週はキブン一新、数か月前に防湿庫の奥底から発掘された、未使用のTamron Macro-Tele Zoom28-70mmf3.5-4.5のご紹介いきます。

このレンズはタイから復員してすぐに、Canon FDマウントのカメラ群の常用レンズとして、もはや新品で交換レンズが入手できなくなっていた純正の代わりとして買い求め、常用機として使うはずだったEFにつけておくはずだったのですが、何回修理をやっても、低速域の電子シャッターが不安定でとても安心して使えないため、ボディの方は捨て値で叩き売って、パートナーを失ったレンズの方は哀れ、防湿庫の底で永い眠りに就いたまま、持ち主の忘却の彼方に置き去りにされてしまったのでした。

ということで、何せ買われたのが今から17年近く昔のことですから、当時の資料など残っていよう筈もなく、ただ判っているのが8群8枚の構成で非球面や特殊ガラスは全く使われていないということ。
この当時、例のライカ社のヴァリオエルマー28-70mmf3.5-4.5にOEM供給されたという某Σ社の同スペックのズームをはじめとして、各メーカー純正を含めて、この焦点域/開放値はかなり多く、一般的なものだったと云えそうです。
今回はFDマウントのデヂタルボディなどないので、X-Pro2にアダプタ経由はめて、土曜日の午後遅くの浅草で試写してみました。
全コマ開放での絞り開放AE撮影となります。

Tamzoom2870_001.jpg
まず一枚目のカットですが、メトロの浅草駅から地上に上がってすぐの定点撮影スポット、雷門前広場ですが、いつも元気な薄着の兄ちゃん、姐ちゃん車夫・車婦各位がたむろしているので、極力、普通の会話をしていそうなところを狙って、シーンを探していたら、ちょうど、車夫の兄ちゃん同志がじゃれ合って楽し気にはしゃいでいたので、雷門を背景に一枚戴いてみたもの。

Tamzoom2870_002.jpg
二枚目のカットですが、同じく雷門の名物、松下電器の名入りの大提灯下での記念撮影を楽しそうに行っている、中国人グループの側面に回り込み、背景を通る他の通行人各位も入れたカットにチャレンジしてみたのですが、何せF値の暗めのレンズでISOAUTO/Lowモードで撮ってしまったために後ろを通る黒人の女性のご尊顔が流れ、ピカソの「泣く女」そっくりになってしまったという奇遇の画。

Tamzoom2870_003.jpg
三枚目のカットですが、雷門を後にし、仲見世を歩くこと30秒程度、次なる撮影スポット、仲見世西側の側道に面した扇子屋さん店頭の図柄団扇を、いつものように上から二段めのひょっとこの目にピンを合わせ、背景に藍染の暖簾なども入るように構図を決めて撮ってみたもの。

Tamzoom2870_004.jpg
四枚目のカットですが、ここも仲見世上の貴重な定点観測スポット、美人茶屋「あずま」さん店頭で、いたいけな女給さんが、もうもうと湯気を上げる大釜から、おそらく冬仕様の熱い黍団子か何かを引き上げるところを、ズームの特典である、望遠域を活かし、店先の外国人中心のお客さんの頭の隙間から一枚撮ってみたもの。

Tamzoom2870_005.jpg
五枚目のカットですが、同じく仲見世を宝蔵門方向に歩くこと、更に30秒程度で次なる定点観測スポット、メロンパンの販売店の店頭に到着、折よく、着物姿のタイ人小姐2名がそのメロンパンを発注し、包装して貰うのを待つ間、手持無沙汰のご様子だったので、側面に回り込んで、横顔を一枚戴いてみたもの。

Tamzoom2870_006.jpg
六枚目のカットですが、更に仲見世を宝蔵門方向に歩いて行くと、伝法院通りと交差する手前辺りで、急に視界が開け、宝蔵門の偉容が目の前に広がるので、年末年始のお定まりのの宙に浮かされた縁起物の吊り看板にピンを合わせ、午後の陽光を鈍く照り返すチタン屋根も美しい宝蔵門を背景として一枚撮ってみたもの。

Tamzoom2870_007.jpg
七枚目のカットですが、人混みでごったがえす仲見世で、ふと横に目を転じてみれば、如何にも中南米から観光に参りました、との雰囲気を色濃く漂うわせるダウン姿の若い父親が、向こうのお国の子守歌でしょうか、スペインやポルトガルのそれとは明らかに違うメロディを低く口ずさんで、いたいけな乳児をあやしている姿が目に留まったので側面から一枚戴いてみたもの。

Tamzoom2870_008.jpg
八枚目のカットですが、伝法院通りとの交差点で、東方向に目を転じれば、天気がとても良い上、冬特有の湿気が少ない大気のおかげで、スカイツリーのテクスチャが肉眼でもくっきりと認められる状態だったので、望遠端の無限でちょうど上ったばかりの月も入れて一枚撮ってみたもの。

Tamzoom2870_009.jpg
九枚目のカットですが、仲見世の商店街もそろそろ途切れ、宝蔵門前の広場に出ようという辺りで、スペイン語を話す小姐が明らかに別の国の小姐二名を案内し、結構似合った着物なんか着こなし、仲見世をそぞろ歩きしてきたので、覚えたてのスペイン語で声かけて、モデルさんになって貰ったもの。

Tamzoom2870_010.jpg
十枚目のカットですが、ムチャスグラシャスとか声かけて、いたいけな小姐三名組と別れようとしたら、ふと袖を引いて、プリーズ、プリーズとか声かけてくる者がいて、恐る恐る振り返ってみれば、テリー伊藤みたいな雰囲気の男の外国人観光客がオレも撮ってと、自らの顔面を指差し、プリーズプリーズ、フォトミー、プリーズとか言ってるんで、OK,OKと云ってカメラ構えたら、こんなおどけたポーズしてくれたもの。

Tamzoom2870_011.jpg
十一枚目のカットですが、仲見世のエンド、宝蔵門前広場まで歩き切ると、そこでは、いつもの通り、いたいけな国内外のグループやら、カポーが道端のフェンス沿いに佇み、スマホンなんか二人で覗き込んだり、デヂカメの撮影結果の相互確認なんかやっていたので、これも定点観測のひとつと割り切って、望遠端で一枚撮ってみたもの。

Tamzoom2870_012.jpg
十二枚目のカットですが、宝蔵門下を潜り抜ける人物でも望遠端で狙おうと思い、通り過ぎる人々の姿をファインダを覗いていたら、程なく中国からと思しき若いカポーが現れ、ちょうど、その小綺麗な小姐の方が満面の笑顔でこちらを一瞬向いたのでその瞬間を狙って一枚撮ってみたもの。

Tamzoom2870_013.jpg
十三枚目のカットですが、当日は写真展案内DMハガキのデリバリがメインで撮影は従であったため、境内での撮影も程々に切り上げ、ハヤタカメラボに向かう途中、小粋な江戸文化の発信源である、旧「暮六」という小割烹のお店の店先の小さな庭園のもみじがイイ案配に赤くなっていたので、庭を背景に一枚撮ってみたもの。

Tamzoom2870_014.jpg
十四枚目のカットですが、無事、案内DMハガキをお届けして次なる目的地に向かう途中、すっかり陽も落ちた観音通りを歩いていたら、灯の点った煎餅屋さんの店先の雰囲気が得も言われぬ佳き雰囲気を醸し出していたので、ちょうどお客が入って来たのをチャンスとして一枚撮ってみたもの。

今回の感想ですが、うーん、なかなかイイぢゃないですか・・・デッドストックとは言え、約17年前の普及品のズームが最新最強のミラーレスと組むと、ここまで働けるとは。

そうそう、まだシグマの同じようなスペックのKマウントのヤツも埋蔵されてったっけな・・・新年にかけて発掘してみようかな。

さて、次回は年内最後のアップとなろうかと思いますが、暮の浅草寺周辺から今戸、花川戸にかけての風景・人物を古レンズで撮ってお送り致しましょう、乞うご期待!!
  1. 2016/12/11(日) 22:00:21|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Marriage beyound difference of time~Contax G Biogon21mmf2.8~

Biogon21mmf28.jpg
さて、今宵のご紹介は予告通り、秘宝館から、殆ど、館の収蔵庫の肥やしと化してしまったかの感も少なからずある、Contax G Biogon21mmf2.8の登場となります。
このレンズ、云わずと知れた、今は亡き京セラ社のContax Gシリ-ズの交換レンズで、二番目に画角が広いものですが、カールツァイスがかつて製造していたコンタックスマウントやコンタレックスのものとは、構成が全く異なった準対称型の7群9枚のかなり後玉が飛び出した構造となっています。
蛇足ながら、今だに12万円以上の値段がついて、流通量も少ないHologon16mmf8に比べれば、比べ物にならないくらい流通量も多く、お値段も外観が並みクラスであれば5万円程度で容易に入手出来るお手軽T*付広角となっています。

今回は、レンズ本体の後玉ガード周辺を掃除機かけながらゴリゴリと加工して、普通のGレンズと少々違う装着法を使って、何とか無理やりくっつけたので、このページをご覧になったよゐこは絶対にマネしないで下さい(笑)

では、さっそく、実写結果を逐次見て参りましょう。
ロケ地は代々木公園から原宿、新宿となります。
カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影となります。

Biogon28mmf28_001.jpg
まず一枚目のカットですが、実は当日は「スペインフェスティバル」という一見、そそられるイベントをやっているとの情報を得ていたので、代々木公園まで出かけて、園内を徘徊しながら会場を探していたのですが、突如、神代植物園の中央広場の2倍はあろうかと云う巨大な広場が目の前に開けたので、広角レンズの視界の広がり具合いと、準対称系になり周辺落ちが改善された筈の描写を見たかったので中央付近から新宿"エンパイアステート"方向にシャッター切ってみたもの。

Biogon28mmf28_002.jpg
二枚目のカットですが、風に乗って微かなオリーブ油とニンニクの匂いのする方向を目指して歩いて行ったら、あちこちに紅葉が見事な楓の樹が植えられており、葉の見事さに見とれていたら、いたいけな通りがかりの童子達があろうことか枝が低い位置で別れているのを良いことに木登りなんか始めたので、これ幸いにとそのまま丸ごと一枚戴いてみたもの。

Biogon28mmf28_003.jpg
三枚目のカットですが、これも公園の広場から南方向を目指して歩いて行ったら、植樹エリアにかなりの樹齢と思しき桜の古木が植えられていて、その根元でいたいけな小姐二名がピクニックの真似事なんかしていたので、樹の大きさの比較対象として、そのままエキストラ出演願い、樹ごと一枚撮ってみたもの。

Biogon28mmf28_004.jpg
四枚目のカットですが、これもやはり広場の南側の植樹エリアを徘徊していたら、アート写真系小姐コンビと思しき二人組が公園内の紅葉を背景として、モデル役はいろいろなポーズ、カメラマン役はいろいろなアングルを工夫して代わり番こに撮りっこしていたので、通りすがりのフリして一枚お裾分けを戴いたもの。

Biogon28mmf28_005.jpg
五枚目のカットですが、植樹帯のど真ん中、赤や茶色の落ち葉がそれこそ毛氈のごとく、地面を覆い尽くしている辺りを、天気が良いのがよほど嬉しいのか、いたいけな極小姐が奇声を上げて走り回っていたので、最接近ポイントを予測し、置きピンで紅葉の樹々を背景として一枚撮ってみたもの。

Biogon28mmf28_006.jpg
六枚目のカットですが、植樹帯では背の高い木々に覆われ、日陰の身となってしまうため、広葉樹はなかなか紅葉が派手な色合いを見せてくれませんでしたが、珍しく、空が開けた地点で、日光を受けてかなり綺麗に赤い透過色を見せている樹が有ったので、ちょうど、その下に親子連れが通りがかった頃合いを見計らって一枚戴いたもの。

Biogon28mmf28_007.jpg
七枚目のカットですが、結局、公園本体の外、渋谷区神南のNHKに隣接したゾーンで行われていたスペインフェスティバルを発見したのですが、予想したのとは全く違い、タダのパエリア屋台村みたいな雰囲気で、全然、写真なんか撮れる雰囲気でもなかったので、会場を一回りして、原宿・表参道エリアに移動しようと思い、余命幾ばくもない?国立競技場の横を通りながら前を行く、すっかり冬装束の小姐各位の後ろ姿を撮ってみたもの。

Biogon28mmf28_008.jpg
八枚目のカットですが、実はこのエリア、普段、あまり来ることがなく、従って、この国立競技場第一体育館もまじまじと至近距離で観察したことはなかったのですが、ほぼ同じ年生まれのこの前衛的なデザイン、今でも十分、造形的には美しく、世界的にも誇り得るとは思うのですが、建物の寿命や機能面での不足もあるらしく建て替えせざるを得ないようなので、ふと通りがかりに目に付いたとてもセクシーな造形部を切り取ってみたもの。

Biogon28mmf28_009.jpg
九枚目のカットですが、同じく国立競技場第一体育館の敷地に入って、南西の空を入れて撮ろうとした矢先、わぁ~遅刻しちゃうよ~ゲートから入り口までこんな遠いなんて、有り得なくね???とか息も絶え絶えに絶叫しながら、見るからに、地方から何らかの競技の全国大会にでも出るためにやって来たのか、いたいけな小姐各位がスポーツバッグを提げて、ダッシュしていく後ろ姿を偶然捉えられたもの。

Biogon28mmf28_010.jpg
十枚目のカットですが、第一体育館を後にして、原宿駅前交差点を過ぎると、表参道に出るので、さっそく、そのランドマークのひとつ、駅前からかなり幅広く通りに面しているコープオリンピア一階のショーウィンドを入れて、今でも斬新な造形を広角のパースを活かし切り取ってみたもの。

Biogon28mmf28_011.jpg
十一枚目のカットですが、実は前回、このエリアにはJLCの写真展を拝見するために初めて足を踏み入れ、何となく、ソウルの北村韓屋村下の若者向けのブティックやアクセ店、或いはファストフードが立ち並ぶエリアに雰囲気が酷似していて、撮り易そうだと思っていたので、近いうちにスナップに立ち寄りたいと思っていたので、道すがら寄ってみたら、案の定、中国人カポーがスマホンで地図なんか確認していたので、後ろ姿エキストラをお願いしたもの。

Biogon28mmf28_012.jpg
十二枚目のカットですが、その原宿はKiddyランド脇の道を南に折れた裏通りなのですが、なかなかどうして、表通りにも勝るとも劣らない活況ぶりで、その理由は自動車進入禁止になっている瀟洒なエリアにセンスの良いお店が軒を連ねて、連日、若い人民が常に行き来しているので、雰囲気が明るく、またそれに惹き付けられて若い人民が集まってくる、という正のループを描いているようなので、その雰囲気を道の中心付近から一枚撮ってみたもの。

Biogon28mmf28_013.jpg
十三枚目のカットですが、同じく若者各位で賑わう裏通りで、木造一軒家を改造したと思しき、アウトドア系のお店の手前で、韓国人小姐二名が、ここでもスマホンの画面をのぞき込んで、次なるショップ、或いは、何故かカフェが大好きな民族なので、時間的には優雅なテータイムを何処で過ごそうかなどという相談をしていたのかも知れませんが、建物の引き立て役として背中エキストラに入ってもらって一枚撮ってみたもの。

Biogon28mmf28_014.jpg
十四枚目のカットですが、通りを少々奥に進んだところにある、世界各国のB級グルメが集う?たこ焼き屋さんの裏手に回ってみれば、ここも、戦後の場当たり的な道路整備の餌食になったか、それこそ本郷菊坂町の下道辺りに残っているような奥行きの無い、薄っぺら建造物で、それが午後遅くの陽光を受けサイケデリックなオレンジのカラーを照り返していて、ちょうど、その前を物見高いカポーが通り過ぎようとた刹那、一枚撮ってみたもの。

Biogon28mmf28_015.jpg
十五枚目のカットですが、この活気ある裏通りも店舗がそろそろまばらになってくる辺りでひときわ大きなガラスのショーウィンドとその下の斜め板張りのウッドデッキがなかなか洒脱な雰囲気を醸し出しているブティックがあったので、その入り口脇から、ショーウィンドそばを通行人が通りがかるのを待って一枚撮ってみたもの。

Biogon28mmf28_016.jpg
十六枚目のカットですが、こんな活気ある裏通りの奥の方、さぞや固定資産税なども法外に高そうなエリアで極普通の八百屋さんが営業しているのを発見、さて、どうやったら面白く描写出来るのかいなと思案する間もなく、目の前に、休日を楽しむ風情のビジネスマン風の着る物のセンスの良さが光る白人男性が立って、スマホンで電話など掛け始めたので、これ幸いにとエキストラ出演して戴いたもの。

Biogon28mmf28_017.jpg
十七枚目のカットですが、今回の外出のメインの目的は写真展のDMハガキを新宿地区の中古カメラ店に置いて貰うことだったので、渋谷まで歩き、そこから山手線に乗って、新宿に出て、西口の何軒かに頼み、無事、ミッションを終え、三丁目のビックロでも寄ってから帰ろうと、例の「悪魔の卵」ビルの真下を通り掛かりさまに下から全容を撮ってみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、発色は良いし、シャープなんですが、周辺の放射状の流れがいかんともし難く、21mm対決では不動の四番打者かつエースピッチャーのElmarit21mmf2.8に総合的な描写という観点、特に安心して作品作りをさせてくれるという懐の広さでは完敗という気がしました。でも、使い方によっちゃ、最後のカットみたいに面白いカットも撮れるので、適材適所で使おうと思います。

さて、次回も工房附設秘宝館から何か引っ張り出しましょうかね、乞うご期待!!

  1. 2016/11/27(日) 23:32:23|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる