深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Road to the greatest festival of optics in Yokohama 2016.

さて先週の予告通り、今週はそこはかとなく異国情緒の漂う港町横浜はみなとみらい地区にあるパシフィコにて一年に一度開催されているカメラと写真と映像の総合展示会CP+2017への道すがら、いつもの愉快なお仲間各位と山手の洋館街から元町の中華街をそぞろ歩きしましたので、道中撮ったスナップと会場内のいたいけなコンパニオン各位のスナップをお送り致します。
カメラはX-Pro2、レンズは開発中の試作45mmf1.7プラナータイプです。

CP_17_001.jpg
まず一枚目のカットですが、午前中は別行動だったため、一行とは14時前にエリスマン邸で落ち合うことになっていて、集合後、メンバーがぬいぐるみとアマチュア写真を展示しているという洋館に居るとのことなので、そこに向かい、一階の窓際に置かれていた、宮沢賢治の童話の世界にありがちな典型的なネコ目の猫のぬいぐるみを他の見物客に倣い、至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_002.jpg
二枚目のカットですが、洋館での写真展の見物後、さぁてどうやってみなとみらいさ出っぺか?ということで路上で思案しながら、近所の洋館の生垣の千両だか南天だかに赤い実がびっしりとなっていたので、レンズの性能チェックの目的で、他のメンバー同様至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_003.jpg
三枚目のカットですが、結局は港の見える丘方面と元町へ降りるルートの分岐点まで歩いていって、そこで雰囲気で決めましょうというような成り行きになって歩き出し、外人墓地手前の灯台みたいなデザインの真っ白い電話ボックスの反対側に建つ洋館レストランの二階から蒼い空に翻るフランスの国旗トリコロールをモチーフにした旗を撮ってみたもの。

CP_17_004.jpg
四枚目のカットですが、外人墓地を過ぎ、元町方面へ下るルートを撮ることとし、分岐点を少し過ぎた辺りで横浜管区気象台があり、その入り口に、使っているのか、或いは湘南に有りがちなオシャレな表札替わりのオブヂェなのか判らないですが、潮風にやれたカンヂのヂュラルミンのプロペラも渋い雰囲気の風向/風速計が置かれていたので、これも至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_005.jpg
五枚目のカットですが石川町駅まで降りて元町方面を目指して歩いていたら、洋館街でも何組か目にしましたが、当日は天気も良く、六曜もたぶん仏滅以外だったのか、結婚式場らしき建物の前で木遣りを披露すると思しき鳶の装束の中年男数名を目にして、程なく、なんと神輿まで出て来たので、これ幸いと通りざまに一枚戴いてみたもの。

CP_17_006.jpg
六枚目のカットですが、暫く歩くと、すぐに中華街のランドマークのひとつである嗎祖廟前に出て、その門前に対で置かれていた大理石製の狛犬とシーサーの中間形態みたいな巨大な魔除けのオブヂェを至近距離で撮ってみたもの。

CP_17_007.jpg
七枚目のカットですが、この日の中華街は相変わらず日本人家族連ればかりでなかなか撮影に協力してくれそうな手頃なモデルさんが見当たらなかったので、路上で盛大に湯煙を立ち昇らせ中華スィーツを商っているいたいけな小姐二名のうち奥の方を撮ってみたもの。

CP_17_008.jpg
八枚目のカットですが、嗎祖廟から、昔何回か顔を出したことがある中古カメラ屋が関帝廟の裏の方に在るというので、とりあえずそこに立ち寄ってみませうということで、通りを歩きながら被写体を物色していたら、関帝廟の程近くの路地で仲睦まじく、大雨後の用水路の中のカエルの卵みたいで不気味な雰囲気の黒タピオカミルクティなんかとっかえひっかえ飲んでいるカポーが居たので、「油断大敵火事ぼうぼう」と心の中かで呟きながら傍らから一枚戴いてみたもの。

CP_17_009.jpg
九枚目のカットですが、これも関帝廟近くの路上の点心か何かを商う物販店の店先で、女友達同士で並んで買い求めた獲物についての相互論評に余念がなく、せっかくの点心が冷めるに任せていたので、店頭の賑わいを背景として、その様子をつぶさに捉えてみたもの。

CP_17_010.jpg
十枚目のカットですが、人混みを縫って歩き、やっと関帝廟前まで辿り着いたところ、少々高い階段を上りきったところで、視線も鋭く、眼下の通りを行き交う人々を睥睨する国籍不明の母娘の姿が目に留まったので、これ幸いにと階段の途中から見上げる格好で一枚戴いてみたもの。

CP_17_011.jpg
十一枚目のカットですが、同じく関帝廟へ登る階段の上、反対側に向きを転じてみれば、防寒着完全武装の小姐二名組のうち一名が昔懐かしいディビークロケットを彷彿とさせるアライグマかなんかの毛皮の帽子を被っていて、相方の小姐と大声で歓談に打ち興じていたので、またしても心の中で「油断大敵火事ぼうぼう」とか呟きながら関帝廟の荘厳な屋根をバックに一枚戴いてみたもの。

CP_17_012.jpg
十二枚目のカットですが、関帝廟を後にして歩き出して直後、近くの路上で果物を商う露天商を取り囲む人々の中にいたいけな幼子を連れた若い夫婦者が混じっているのが目に留まり、品定めをしていたにも関わらず結局、値段が折り合わなかったのか、立ち去ろうとする刹那、午後遅くの斜めの陽光に幼子達の柔らかな髪の毛が輝いたところを捉えたもの。

CP_17_013.jpg
十三枚目のカットですが、元町駅方面への中華街の出口付近に昔懐かしい雰囲気のイラストが描かれた看板を入り口に立て掛けていた喫茶店が在ったので、店頭を背景として午後の斜めの陽光を照り返すその看板を撮ってみたもの。

CP_17_014.jpg
十四枚目のカットですが、元町駅まで辿り着き、駅前でタクシーを拾い、CP+2017の会場であるパシフィコ横浜に入ったのはほぼ予定通り15時半、暫く併設の中古カメラ市を冷やかしてから、メインの展示会場に入ろうぢゃまいかということになって、会場見物を始めたのがおおよそ16時半前、真っ先に綺麗どころを撮ろうということで、いったん散開後、カシオ計算機さんのブースで太っ腹にもコンパニオンの撮影を自由にさせていたので、一枚撮らせて貰ったもの。

CP_17_015.jpg
十五枚目のカットですが、たぶんアクセサリー系の会社のブースだと思われるのですが、東京オートサロンからそのまま転戦してきましたと云わんばかりの露出オーバーのいたけな小姐二名がガンガンにスポットライトで照らし、肉眼で見てもハレーション起こす寸前のコンディションでカメ爺、カメ兄が撮るのに任せていたので、ではご厚意に甘えまして、ということで傍から一枚戴いたもの。

CP_17_016.jpg
十六枚目のカットですが、パシフィコ会場内サンディスクさんのブースでは蒼いスカーフを首に巻き、白基調のスーツに身を固めた清楚で知的な雰囲気の小姐が、これも太っ腹にポートレを許していたので、ぢゃここでもご厚意に甘えましてとモデルさんになって貰ったもの。

CP_17_017.jpg
十七枚目のカットですが、今回のベストカットではないかと思っていますが、会場閉場寸前に歩いていたら、キャノンさんのブース、他社とは異なり、自社製のカメラ以外ではダメとか、並んで所定の位置からではなければダメ、とか小うるさいことを言わず、動線の邪魔にさえならなければご自由にどうぞ、ということだったので何枚か撮らせて貰ったうちの一枚。

今回の感想ですが、うーん、まだ試作段階すが、このレンズ、X-Pro2のEVFのデシタルスプリットイメーヂも良く効くし、そこそこ立体感ある写りだし、面白そう、今度はもうちょい広角側で設計してみましょうかね。 

さて次回は何が出てくるか?確定申告の書類準備の進捗次第です・・・乞うご期待!!
  1. 2017/02/26(日) 22:31:07|
  2. イベント写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の日本三大祭り?~古河桃祭り'14~

さて、今宵のご紹介は、香港・マカオから帰国したまさにその次の週末、有り余る体力にモノ言わせ乗り込んだ、恒例の古河桃祭り2014です。

古河は都心から1時間半弱で来られる割には、なかなか鄙びた牧歌的な街で、人々も大らかで、親切という印象を持っています。

そんな都会的田舎、古河の一大イベント、毎年、春の極短いシーズンのみ、古河公方館跡の公園で繰り広げられる桃祭り、今年はどんな出会いが有るのでしょうか?工房主の行動に沿って見て参りましょう。

カメラとレンズは11枚目を除き全てEOS50D+Leitz Vario-Elmar21-35mmf3.5-4ASPH、11枚目のみR-D1s+Fastax Raptar50mmf2、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

kogaL_001.jpg
まず一枚目のカットですが、駅からのシャトルバスを降り、会場に足を踏み入れると、目の前のステージの更に先の屋台広場で、いたいけな踊り子極小姐達が、いかせんみたいなものをオモニに買って貰うところを目ざとく見つけたので、ダッシュで近寄り、親御さんにお願いして一枚撮らせて貰ったもの。

KogaL_002.jpg
二枚目のカットですが、古河桃祭り名物の熱気球体験搭乗コーナー付近、それを羨ましげに眺める爺ちゃんと、いたいけなお孫さんの図です。

KogaL_003.jpg
三枚目のカットですが、これも毎年恒例という、人力車とミス桃娘の取り合わせ、たまたま会場に入ってすぐ、力車屯所に赴いたら、これから出ますので、追っかけるか、先回りして撮ればどーでしょう?と云う観光協会スタッフのノー天気なアドバイスを真に受け、かなりのハイペースで走る人力車を横を並走し、声掛けながら撮った一枚。

KogaL_004.jpg
四枚目のカットですが、この公方館跡の総合公園には、かなりの童子達向けの遊び場が設けてあり、そのひとつである、人力井戸の前で、水汲む小々姐達に声掛けたら、横のオモニ達から、ほら撮ってくれるってんだから、笑顔で水汲みなさいよ!とかハッパかけられて、気合い入る小々姐達のお姿を一枚撮ったもの

kogaL_005.jpg
五枚目のカットですが、人力井戸近くの人工小川で、お孫さんを冷たいせせらぎの中で歩かせながら手を引く、悠々自適風の爺サマの姿が目に留まったので、お孫さんと一緒のところを一枚撮らせてね♪とお願いして撮ったもの。

KogaL_006.jpg
六枚目のカットですが、藤の樹なんかも有る遊具エリアを色々眺めたり撮ったりしながら歩いていたら、藤の枝に捉って奇声を上げて手を振り、おらさ撮ってけろ!と全身のゼスチャでモデル志願してきた健気な童子を一枚撮ってみたもの。

kogaL_007.jpg
七枚目のカットですが、この公園内で一番の高所、富士を模したと思われる比較的大きな築山の斜面を元気良く雄叫び上げながら駆け下りてくる、いたいけな童子達の溌溂とした姿を捉えてみたもの。

KogaL_008.jpg
八枚目のカットですが、会場本部テントのすぐ横手で、大道芸のお兄さんがパフォーマンスなんかやってて、工房主がその口上に釣られてやって来た時にはすでに横に囚われ、ワケも判らないまま即席アシスタントにされていた哀れな極小姐と、したり顔の大道芸人の姿を撮ってみたもの。

KogaL_009.jpg
九枚目のカットですが、せっかくの梅祭りなのに、主役の写真が無いのもまた本末転倒主従逆転の極みと思い、公園の人工的農村風景をバックに可憐な桃の花を撮ってみたもの。

KogaL_010.jpg
十枚目のカットですが、そろそろ陽も傾いて来たので帰り支度しませうか、ということで、会場内広場の特設ステージ付近までやって来たら、どうやら、ベンチヲーマーにされてしまったと思しき極小姐2名が並んで、自分達の社中を羨ましげに観てる姿が愛くるしかったので後ろから一枚戴いたもの。

KogaL_011.jpg
十一枚目のカットですが、会場内で仲良さそうに肩車なんかして、楽しくお話しなんかしながらにこやかに歩いてくる若いお父さんとその極小姐のお姿が目に留まったので、卒爾ながら!と声掛けて、即席モデルさんになって貰ったもの。

KogaL_012.jpg
十二枚目のカットですが、何故か、また昨年のミス桃娘の方に会場でばったりと遭遇、去年も人力車を追っ掛けたけど、今年も全力疾走で追い縋りましたわ、とか話したら思い出してくれ、ハイ、ポーズ!ってことでまたしてもモデルさんになって貰った一枚。

今回の感想としては、やっぱり、古河の桃祭りは規模はそれほど大きくないし、イベントもそんなに目白押しってことでもないですが、みんな気持ち良く撮影に応じてくれて、スナップ愛好者冥利に尽きるイベントです・・・しかも会場入り前には安くて旨い鰻重定食も戴いたし・・・また来年もお邪魔しま~す♪

でも、なんかヘンだぞ、春の日本三大祭りって、古河入ってたかなぁ・・・ヤマザキ春のパン祭り、花王ヘアケア祭り、う~ん、なんか違和感が(爆)

とつまらん冗談はさておき、次回も出張イベント、これも恒例、甲府信玄公祭り2014からハイライト編をお送り致します。乞うご期待。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/04/13(日) 21:00:00|
  2. イベント写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

臨時更新~CP+の美女達~

今宵は、写友Sundayphotograperさんからの誘い水に応じ、お蔵入り予定だった、CP+での数カットです。
一枚目から七枚目までは、X-Pro1+Porst50mmf1.2による絞り優先AEでの開放撮影、八枚目のみ、EOS50D+Kowa Prominar50mmf2による絞り優先AEでの開放撮影です。

F1.2とF2の競演ですが、その差がちょっとやそこらでは判らないくらい、Porst50mmf1.2ことAX Fujinon50mmf1.2の描写性能は本来高く、それが今まで喧伝されてこなかったというのは、X-Pro1の極めて優れたEVFによる10倍クロップ拡大機能で絶対焦点面での撮影が可能になったからではないかと思いました。

DSCF9068-01.jpg

DSCF9070.jpg

DSCF9069.jpg

DSCF9073.jpg

DSCF9072.jpg

DSCF9074.jpg

DSCF9075.jpg

EPSON by KOWA

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/02/18(火) 21:51:33|
  2. イベント写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる