FC2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Pleasant guest from France~Boyer Saphir5cmf3.5 mod.L39 by F.G.W.G.

Saphier5cmII_2019101322200594e.jpg
さて、今宵のご紹介は夏休みの工作?の一環で、このところ中華圏からの買いが一段落し、電子湾でモノが刷けなくなってきた欧州の業者からOffer有って、お値段も手頃なレヴェルで折り合えたので、さっそく買い求めたBoyer Saphir弐号機の改造結果でをご紹介致します。
このレンズ、50mmf3.5にしては相当贅沢な4群6枚構成になっていて、左右完全対象の、ちょうどライツのズマロン3.5cmf3.5と似通った構成になっているとのことで、内面反射の制御の問題か、或るいはコーティングの経年劣化によるものかは明確には判りませんが、コントラストは低めながら、恐ろしくシャープで、フランスレンズは眠い、という前評判を払拭するに相応しい性能と思いました。
では、9月の第2週に出掛けた石岡祭りでの撮影結果を逐次眺めて参りましょう。

Saphier5cm_001_201910132214541a7.jpg
まず一枚目のカットですが、石岡市には14時前には入れたのですが、初日は昼よりもむしろ夜のライトアップしての山車運行がメインになっているようなカンジで、メイン会場の大通りではあちこちで山車を停めて、その傍らで、いたいけな小姐各位がお揃いの祭り装束に身を固め、自分たちの町会をPRする文句を入れたお囃子で扇子を使って演舞を見せてくれていて、手近で数の揃った町会を見つけたので、世話役に挨拶して最フロントローに通して貰い撮ってみたもの。

Saphier5cm_002_20191013221455601.jpg
二枚目のカットですが、幸先の良い出だしに感謝しながら、メイン会場である大通りを祭神であらせられる石岡神社を目指して歩いていたら、ちょうど山車の前でスマホンなんかで食後の記念撮影なんかしていた、お年頃の小姐.3名組のお姿が目に留まったので、さっそく小走りに近寄って出演交渉、山車の前で町会の提灯掲げて仲良し三人娘の記念撮影となったもの。

Saphier5cm_003_20191013221456b9c.jpg
三枚目のカットですが、青木町の山車の前でいたいけな三人娘の記念撮影して、お礼奉公とばかりに三人のスマホンで順繰りに記念撮影なんかして上げて、その後、雑談なんかしていたら、たまたま通り掛かった隣の町会の山車の兄ちゃんと一人が知り合いだったらしく、撮って貰いなよ!と嬉しい口利き、さっそく移動して勢揃いして貰って記念撮影となって、その後、またお約束の各人のスマホンでの撮影に応じて上げたもの。

Saphier5cm_004_20191013221458802.jpg
四枚目のカットですが、普段のフランチャイズの都内での撮影ではまず考えられないような僥倖の連続に気を良くして、大通りを西方向に歩いて行ったら、山車の周りに小姐軍団は居なかったのですが、山車の上に、本番では面をかぶり、おかめを舞う役の小姐二名が腰かけて、楽し気に談笑していたので、下から声かけたら、快諾して、モデルさんになって貰ったもの。

Saphier5cm_005_20191013221459103.jpg
五枚目のカットですが、おかめが休憩中の山車の西隣の山車では、ご苦労様なことに昼の日なかの見物客もそれほど居ない時刻にお囃子に合わせて陽気に元気に舞う太郎冠者の演者が目に留まったので、どうせ夜の本番は拝見出来ないこともあり、しばし、山車の真下に陣取って、舞を眺め、ハイライトと思しき箇所で一枚戴いて、手を振って別れたもの。

Saphier5cm_006_20191013221501786.jpg
六枚目のカットですが、再び大通りを西を目指して歩いていたら、先ほど太郎冠者の踊りを眺めていた傍らを談笑しながら数名で通り過ぎていった”狐面”の小姐が二つ先の山車の町会に居たことを発見し、声かけて、お囃子に熱が入る町会の山車をバックに後ろからお面だけ撮らせて貰ったもの。

Saphier5cm_007_20191013221502470.jpg
七枚目のカットですが、”狐面”の小姐軍団の町会の山車では、ちょうど金棒曳きの極小姐も、午後の運行のために食事休憩から戻ってきたらしく、それでも、金棒曳OGの姉ちゃんが買ってきた駄菓子でモグモグタイム、その様子がとても幸せそうに見えたので、傍らで親同志の娘自慢に余念が無いオモニに恐る恐る声を掛けてみれば、あーら気が付きませんで!ということで、気の毒なことに「お客さんがk撮ってくれるっていうんだからしゃきっとしなさい」とねことでモグモグタイム中断でモデルさんになって貰ったもの。

Saphier5cm_008_20191013221504b88.jpg
八枚目のカットですが、ステージママまがいの親切なオモニと話を中断してしまったお友達にもお詫びと御礼を申し上げ、再び大通りを西に向かい、南北を走る大通りが見えてきた辺りで、お囃子も中断し、小休止中と思しき山車の上で、これまたおかめの舞を演じると思しきいたいけな小姐が山車の上にちょこんと腰掛け、所在無さげに遠い目をしていたので、音もなく近寄り、下からその佇まいを一枚戴いてみたもの。

Saphier5cm_009_20191013221505f23.jpg
九枚目のカットですが、道草しながら東西を走る大通りを歩き通し、やっと南北を走る大通りに出たところで、金棒曳の小姐が出待ちの様子でベイビィチェアカーに腰掛けて、寛いでいたので、傍らのオモニに声かけたところ、またしてもサービス精神旺盛で、満面の笑顔を浮かべるよう演技指導の上、一枚戴いたもの。

Saphier5cm_010_20191013221507726.jpg
十枚目のカットですが、南北を走る大通りを200mも南に歩くと、神社へつながる西方面への通路が見えてくるのですが、その通りの両側には、モルタルや漆喰で意匠を凝らしたレトロな佇まいの店舗兼住宅があちこちに建ち並んでおり、その前を祭り装束の人々が行き交っていたので、西側に立ってその様子を一枚撮ってみたもの。

Saphier5cm_011_20191013221508882.jpg
十一枚目のカットですが、南北を走る大通りから、目的地である神社の森に続く通りに曲がってすぐ、次々と幌付き獅子舞が出てきたので、通りの傍らに佇み、見送りがてら、獅子頭の舞うさまを一枚撮ってみたもの。

Saphier5cm_012_20191013221510244.jpg
十二枚目のカットですが、どういう運行スケジュールとなっていたかは、ガイドブックを貰っていなかったので、いまひとつ掴み切っていなかったのですが、どうやら、午前中に山車と神輿の方は、一足先に神社でのお祓いを終えて、大通りに出たらしく、神社の方向、あとで判ったのですが、集結地であるその手前の小学校の校庭から出て来るのは幌付き獅子舞ばかりでしたが、なかなか清楚な女性が先導役として曳き綱を曳いていたりしたので、傍らから一枚戴いてみたもの。

Saphier5cm_013_20191013221511d8d.jpg
十三枚目のカットですが、幌付き獅子舞ばかりが延々と続く行列ではありましたが、これも詳細に検分していると、老若男女、様々な演者の様子がなかなか面白く、台車が通り過ぎる際、幌の横のすき間から見える幼い演者のきょとんとした様子でも撮ろうと思い、カメラを構えて待ち構えていたら、鋭い目線を浴びせて来た童子が居たので、一枚戴いてみたもの。

Saphier5cm_014_2019101322151309c.jpg
十四枚目のカットですが、山車やお神輿と同様、本隊の傍らを多くの町会の面々が幌付き獅子舞の横を同伴して歩いていたのですが、その一行の中で、菅笠をかぶって、鼻歌キブンでご自慢の幼い娘を傍らに歩いていくヲッサンの姿が妙に印象的だったので、通り過ぎざまに一枚戴いてみたもの。

Saphier5cm_015_20191013221514b50.jpg
十五枚目のカットですが、まもなく、もう一回南に折れて神社へと続く鬱蒼とした森の小径へ入る手前の煉瓦塀の屋敷の前で、お揃いの紫色のTシャツに小さなおかめの髪飾りがいかにもおしゃれな小姐の一団が通り過ぎようとしていたので、前が詰まって、小休止したタイミングを見計らって、傍らから一枚戴いてみたもの。

Saphier5cm_016_20191013221516b93.jpg
十六枚目のカットですが、神社への森の小径の手前、小学校の校庭で集結していた幌付き獅子舞の最後の数組が出陣前の準備をしていて、その随伴の子供獅子舞の演者が出発前にかぶり物の点検というか調子を確かめている様子だったので、傍らから一枚戴いてみたもの。

Saphier5cm_017_201910132215177cf.jpg
十七枚目のカットですが、小学校の校庭から出発した最後から二番目の幌付き獅子舞の一群に台車の傍らを随伴している、比嘉愛未ばりの美形の小姐の姿を認め、さっそく傍らに駆け寄り出演交渉、OKは貰ったのですが、恥かしかったのか、アップでは撮らせてくれたのですが、まともに目線が貰えなかった残念な一枚。

今回の感想ですが、実はレンズ後端の内面反射処理が少々甘く、構造材の真鍮の地肌が剥き出しで黒染めしてなかったのと、フードも付けていない条件でのピーカン撮影となってしまい、フレア大会となりましたが、ご覧の通りシャープな光学系なので、もう少し暗めの、たとえば夕刻とか曇天であれば、だいぶ良いところが引き出せる面白い使い方が出来るのではないかと思いました。

さて次回は10/13に佐原祭りに行けなかった代わりに森下~清澄白河、そして秋葉原で出会った海外の人達との出会いをお送りしたいと思います、乞うご期待!!
  1. 2019/10/13(日) 22:18:38|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Progressive but authentic~Dallmeyer DX 2"f3.5 mod.L39 by F.G.W.G.~

Dallmeyer_DX_00.jpg
さて、今宵のご紹介は予告通り、夏休みの工作よろしく、お盆休み前後にどどど~と海外から入着したレンズをその勢いに勝るとも劣らない加工のインスピレーションの沸き起こるまま、立て続けに改造したうちの二番手いきます。
まずはこのレンズのご紹介ですが、かつての国産の8mmとか16mmフィルムのムービーカメラ用レンズの如き鏡胴のデザインですが、用途は複写用ないし引き延ばし用とのことで、鏡胴上の刻印も絞りの数字も皆、対物レンズ方向を向いて作られています。
そして構成ですが、工房に何本かあった、Dallmac50mmf3.5と同じ構成で3群4枚のテッサータイプのようですが、外装の素材からして、製造はもう少し後の時代のようです。
従って、産まれはだいたい60年代終わりから70年代はじめくらいとみればよいのではないでしょうか。
では、さっそく実写結果を逐次眺めて参りましょう。
ロケ地は今日の午後の浅草、カメラはFuji X-Pro2、全コマ開放による絞り優先AEモードでの撮影となります。

Dallmeyer_DX_01.jpg
まず一枚目のカットですが、深川から浅草に東京メトロ線経由到着してからのまず第一の定点観測スポットである雷門前には、今日も天気が良い週末ということもあり、いつも通りの賑わい、世界各国からの老若男女で賑わってましたが、大提灯前で中国ないし台湾からのいたいけな若者達のグループが交代番こで記念撮影なんかしてたので、きれいどころの小姐の番になった時、おすそ分けとばかり横からさっと一枚戴いてみたもの。

Dallmeyer_DX_02.jpg
二枚目のカットですが、同じく雷門前で大提灯の「松下電産」の文字を発見し、「え~もうあらへん会社銘やん」とか、素っ頓狂な関西弁を上げ、「マヂ、受けるやん、帰ったら、家族やら、友達に見せたろか~」てなノリで東京随一の観光名所のランドマークのシンボルが関西経済の重鎮によって寄贈されたことを発見し、ブラタモリ的な知的好奇心を刺激された喜びの表情で刻印を撮ってるところを通りざまに横から一枚戴いてみたもの。

Dallmeyer_DX_03.jpg
三枚目のカットですが、肝心要の巨大赤提灯の下では、また別のグループの浴衣に身を固めた小姐が腕を広げたり、首を傾げてみたりと、仲見世通り方向から提灯とのツーショットを如何に面白く演出するか腐心しており、これもなかなかみどころだったので、先の関西小姐二名も前ボケに入れて画面に収めてみたもの。

dallmeyer_DX_04.jpg
四枚目のカットですが、雷門付近での撮影を程々に切り上げ、続いては第二の定点観測スポットである「美人茶屋あづま」さんの多能工女子従業員のご尊顔でも拝そうかと思いきや、今日は、美人茶屋???という体たらくだったので諦めて、次なる定点観測スポットの扇屋さん店頭に向かおうとした時、店の横で順番待ってる小姐がなかなか美人さんだったので、今日はお客さんが代役ね♪と勝手に納得して、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Dallmeyer_DX_05.jpg
五枚目のカットですが、「美人茶屋あづま」さんの角を曲がって、扇屋さんの建つ交差点に向き直った時、ぽっくりもカランコロンと軽やかな音を建て、けたたましく嬌声を上げ、お互いに肩なんか叩き合いながら、殆ど、日没後の新橋のSL前広場の酔いどれリーマンのノリで通り過ぎていく小姐の一個分隊が居たので、夕陽に溶け込もうとする後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Dallmeyer_DX_06.jpg
六枚目のカットですが、やっと到着した第三の定点観測スポット、「美人茶屋あづま」さん裏の扇屋さん店頭の大和画モチーフの団扇ですが、今回も上から二段目のひょっとこの面が描かれた団扇のひょっとこの目にピンを合わせて、店頭の藍染めの暖簾をバックに入れて一枚撮ってみたもの。

Dallmeyer_DX_07.jpg
八枚目のカットですが、団扇屋さんの店頭での借景団扇撮影を無事終え、再び仲見世通りを宝蔵門方面に進むべく、踵を返した刹那、ふと気配を感じて左手を振り向けば、いたいけな浴衣姿の国産小姐が、大声で談笑しながら接近してきたので、歩きスマホンを戒める意味もあって、向こう正面から抜き打ち的に一枚戴いてみたもの。

Dallmeyer_DX_08.jpg
八枚目のカットですが、再び仲見世通りに戻り、宝蔵門を目指して歩き出してすぐ、舟和の仲見世通りの出店の店頭で髪の毛をボルゾイ犬っぽく脱色して染め直したちょっと二次元系の小姐二名が、いかにも人の良さげなアヂュモニ店員から、買い求めた品物の袋をカウンター越しに渡して貰う時、「有難うございまーす♪」とかハモってたので、アヂュモニも思わず笑みがこぼれた瞬間を一枚戴いてみたもの。

Dallmeyer_DX_09.jpg
九枚目のカットですが、仲見世通りを歩き出して3分もしないうちに伝法院通りとの交差点に到達、このまま宝蔵門経由、浅草寺境内に進んでしまうのも枚数稼ぐには勿体ないので、またしても伝法院通りを六区方面に道草しようとした矢先、タイ産小姐二名が天丼で有名な「大黒屋」さん店頭の長床几に腰掛け、写真撮影なんか始めたので、声かけて混ぜて貰ったもの。

Dallmeyer_DX_10.jpg
十枚目のカットですが、天丼屋さんの店頭で思いがけず佳き人物カットが出来たので、やっとリズムを取り戻し、再び仲見世通りに戻り、目と鼻の先の宝蔵門を目指して歩き出そうとした矢先、スキンヘッドにサングラスの大男と、赤紫の髪の毛をツインテールにした小姐というおっかなげな男女が前を歩いていたので、運試しとばかりに声をかけてみたところ、説明を聞いて、面白そうだ、是非とも一枚撮って見せてくれ!ということで快諾してモデルさんになって貰ったもの。

Dallmeyer_DX_11.jpg
十一枚目のカットですが、仲見世通りを歩き切り、ほどなく宝蔵門前のちょっとした広場に到着したのですが、キツネの面とも、かのヴェネチアの仮面祭りのマスクとも見えるような不可思議なお面を頭にちょこんと乗っけた小姐二名が、ただでさえ自撮り棒に比べれば短い腕を慣れない浴衣の袖で伸ばし切れず、なかなか宝蔵門をバックにした自撮りが上手くいかなかったようなので、声かけて、芸術的に撮って上げる買わりにモデルさんになって貰ったもの。

Dallmeyer_DX_12.jpg
十二枚目のカットですが、いつものパターン通り、往きは宝蔵門の下を潜らず、横の定点観測スポット、手漕ぎポンプを目指して歩いていたら、いつもの子供のお仕事に代わって、妙齢のいたいけな小姐が渾身の力で水を酌み、海外からの観光客の撮影リクエストに応えていたので、おすそ分けとばかり、横から一枚戴いてみたもの。

Dallmeyer_DX_13.jpg
十三枚目のカットですが、手漕ぎポンプを後にして、境内第二の定点観測スポットである御籤売り場へ向かうと、その前で、おそらく日本人と思しき、妙齢の女性二名と還暦過ぎのスキンヘッドのご老人に年齢不詳の中年男一名という不思議な集団がお御籤の引き当てた中身に関して、様々な解釈を試み、横で聞いてた爺ちゃんは退屈して若い子を探しに一人で離れて行きました・・・という風情だったので、傍らから一枚戴いてみたもの。

Dallmeyer_DX_14.jpg
十四枚目のカットですが、肝心要の御神籤売り場の中に向き直ってみれば、まだ小学校に上がる前くらいのまさに文字通り、いたいけな極小姐が、もうこの年で将来への不安???と思わせぶりで、一人では抱えきれないほどの重さのステンレス製筮竹入れをシェゲナベイビィ♪とばかりに揺さぶり始めたので、その様子を横から一枚戴いてみたもの。

Dallmeyer_DX_15.jpg
十五枚目のカットですが、浅草寺境内の一番の難関撮影スポット、手水場の逆光での撮影シーンを試すべく、建物東側から、西方面の水面が空くのをじっと我慢強く待っていたら、小グループが二つ去り、ちょうど反対側で手水を使おうとする孫?の様子を仏頂面でスマホン使って撮ろうとしていた爺様の様子が見えたので一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、古くても、キチンと設計、製造されたレンズは良く写りますね、シャープだし、ボケもきれいだし、少なくともAPS-Cフォルマットであれば、画面の四隅迄アラは出ないし・・・ホント、中華勢が眺め模様?の電子湾はイイ玉がお手頃価格でポンポン釣り上げられるから、感謝、感謝です・・・尤も7~8年前に戻っただけなんですけどね。

さて、次回jは、まだ改造したのは2~3本残ってるんですが、勢いで買っちゃった面白、ずっこけレンズがありますので、それを使ってのレポートいきましょう、乞うご期待!!
  1. 2019/09/01(日) 22:24:37|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A tiny but funky jewely from Paris~Boyer Topaz2"f3.5 mod.L39 by F.G.W.G.~

Boyer_Topaz_b.jpg
さて、一週飛ばしての今週の更新は、またしても工房謹製の改造レンズのご紹介となります。
というのも、7月に入って以降、どうも電子湾の漁場に異変が起こったらしく、これまでは眺めるだけだった、中くらいの珍品レンズが想定外のお手頃価格で面白いように釣り上げられ、しかもそれがすぐに届いてしまうので、先にご紹介したダルマヤのペツバー
ルレンズ以降、実は3本も改造してあり、まだ未改造のレンズヘッドも3本ほどあるという状態なのです。
思うに、これまでトロール漁船よろしく、まさに電子湾を底引き網で根こそぎ浚っていった中国勢が、トランプ爺の関税攻勢により輸出がままらず、輸出で大儲けし、更に趣味と実益を兼ねてビンテーヂレンズを買い漁っていた中富裕層が青息吐息で、レンズどころではなくなっているのかも知れません(笑)
とヨタ話はさておき、このレンズの氏素性ですが、生まれは1939年のフランスで、このBoyer社の数学者上がりの女性設計士の趣味なのか、全てのラインナップに宝石の名称がつけられたうちの、このトパーズシリーズは撮影、引伸ばし兼用の万能レンズとして設計されたトリプレットとのことで、何故か当時としては最新のテクノロジーであるコーティングが施されています。
ではさっそくこの令和の世にライカマウントとして蘇った、昭和初期の舶来玉の写りを逐次眺めて参りましょう。
ロケーションは今日の夕方の浅草、カメラはX-Pro2、全コマ開放での絞り優先AE撮影となります。

topaz_01.jpg
まず一枚目のカットですが、木場から浅草に地下鉄経由移動する際、必ずその前を通ることになる雷門は、ここでの第一定点観測スポットでもあるのですが、今日も、世界各国から老若男女のゲストが所せましと記念撮影を繰り広げていたので、さっそく目に付いた手近かな小姐二名組の撮影を目の前から一枚戴いてみたもの。

topaz_02.jpg
二枚目のカットですが、同じく雷門前、もう少し大提灯の方へ歩いて行ってみれば、中国人グループのうち、小姐がよほど浴衣が気に入ったのか、同行の男女に色々と注文付けながら自分でも様々なポーズ付けて、赤提灯の親玉とのツーショット写真を楽しんでおられるご様子だったので、男性カメラマンの横に並んで一枚戴いてみたもの。

topaz_03.jpg
三枚目のカットですが、そろそろ陽が傾いてくる前に境内で何枚か撮りたいと思い、雷門を後にして次なる撮影スポットである、美人茶屋あづまさん、そして扇屋さん店頭の大和画団扇と撮り歩きに向かおうとした刹那、金髪ベリーショートながら、なかなか小粋に浴衣を着崩した小姐がその友人らしき小姐と共に横をスタスタと通り過ぎようとしていたので、ただちに追い縋って、暮れかかる仲見世通りをバックに一枚撮ってみたもの。

topaz_04.jpg
四枚目のカットですが、無事、金髪小姐の小粋な後ろ姿の撮影に成功し、次なる定点観測スポットである、美人茶屋あづまさんの店頭に向かうと、今日も観光客相手に、着物姿のいたいけな女給さん各位が八面六臂の大活躍ぶりで、100円、200円の小商いにも拘わらず、笑顔でハキハキと商売に励んでおられたので、少しでも宣伝の足しになれば、との思いを込めて、店頭から、その精勤ぶりを一枚戴いてみたもの。

topaz_05.jpg
五枚目のカットですが、美人茶屋あづまさんの店頭でかいがいしく働く小姐各位に心の中でお礼と声援を送りつつ、店頭を後にし、距離にすれば10mも離れていない裏通りの角に佇む、扇屋さん店頭に飾られている、大和画の団扇の群れの前に立ち、今日も、ちらっと店内から目線を走らせた女将さんと思しき妙齢のアヂョシに目礼し、ひょっとこの鼻先にピンを合わせて背景に暖簾を入れて一枚撮らせて貰ったもの。

topaz_06.jpg
六枚目のカットですが、所定のルーチンにも近い、団扇撮影を終え、再び、美人茶屋あづまさんの横を通って、仲見世通りい出たら、今日も、浴衣姿の日本勢が数の上では健闘していて、あづまさんのすぐ斜め前のアイス屋さんの店頭でも、大阪弁か京言葉なのか、ちょっと判別つかないような関西言葉でけたたましく会話しながら、順番を待つ、金髪、カラコンの小姐とその愉快な仲間たちの姿が目に付いたので、通りざまに一枚戴いてみたもの。

topaz_07.jpg
七枚目のカットですが、仲見世通りを被写体探しながら宝蔵門方面を目指して歩くと、雷門からでも5分かそこらで伝法院通りに到達してしまうので、ちょいと横道にそれることとして、伝法院通りを西に向かって少し歩き、良いモデルさんでも来ないものかと手薬煉引いてお待ち申し上げていたら、ほどなく、お揃いの花の髪飾りも艶やかな浴衣姿の小姐二名組が夕陽に向かってそろりそろりと歩いて来たので、数メーター追い縋って、後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

topaz_08.jpg
八枚目のカットですが、今度は同じ伝法院通りでもスカイツリーをバックに浴衣姿の小姐でも撮りたいと思い、仲見世通りとの交差点まで戻ってみたら、中国人のヲタクっぽい兄ちゃんがα7系列のハンドグリップくっつけたごついカメラでいかにも日本人の浴衣姿の小姐に頼み込んで撮らせて貰っているようなシーンに遭遇したので、終わり次第声かけてモデルさんになって貰ったもの。

topaz_09.jpg
九枚目のカットですが、撮影に協力して貰った国産小姐二名に撮影結果をお見せし、後でメールでお送りする約束してから、再び仲見世通りを宝蔵門目指して歩き出したら、ほどなく、人形焼きの店頭実演販売やってるお店の店頭で、かぶり付いて、その作業風景をじっと見入っている、いたいけな肥満児の姿が目に留まったので、食に対する探究心に敬服し、横から一枚戴いてみたもの。

topaz_10.jpg
十枚目のカットですが、人形焼のお店の店頭から宝蔵門の下までは1分もかからない距離なので、その門の手前のちょっとした広場で被写体を待ち構えていたら、中国人小姐が相棒が携帯でがなり出し、記念撮影タイムが中絶し、無聊を託ちながらスマホンなんかいじっていたので、哀愁帯びたその後ろ姿を有り難く一枚戴いてみたもの。

topaz_11.jpg
十一枚目のカットですが、宝蔵門をくぐらず、まずは境内一番目の定点観測スポットである手漕ぎポンプのところに向かってみれば、たかっている童子の姿もなく、それどころか周囲の地面が濡れた後すら見えなかったので、仕方なく諦め、第二の定点観測スポットであるお御籤売り場に向かおうと歩き出した刹那、境内に立って、マニアックなカメラを下げた人間を眼で追っている浴衣姿の小姐二名組が目に留まったので、こちらから歩み寄り、シャッター押そうか?と聞いたら、顔に困惑の色が浮かんだので、中国語、英語で話しかけてみたら、やっと通じて、X-T2のシャッター押してくれる人を探していたのだけど、フジを使っている人がなかなか来なくて・・・ということで、まさにビンゴ!!交渉成立で、何枚か撮って上げる代わりにモデルさんになって貰ったもの。

topaz_12.jpg
十二枚目のカットですが、境内での幸先良いスタートを観音様に心の中で手を合わせて感謝し、次なる定点観測スポットである手水場に向かう途中、もう時間で売り場を締めていた線香売場のカウンタの片隅で、スマホンでお土産の戦利品を撮影していた中国産小姐二名組の姿が目に留まったので、手水場の入り口、線香売場カウンタの反対側から一枚戴いてみたもの。

topaz_13.jpg
十三枚目のカットですが、やっと打率の高い定点観測スポット、手水場の屋根の下まで来て、被写体を物色していたら、建物丑寅の方角、ちょうど、本堂サイドに涼し気な浴衣を小粋に着こなした色白の小姐が慣れた手つきで手水を使いこなしていたので、反対側から人垣超しにその優雅なお姿を一枚戴いてみたもの。

topaz_14.jpg
十四枚目のカットですが、同じく本堂前の手水場の屋根の下、東側に移動し、ちょうど逆光に近い撮影ポジションで、人物の輪郭が光って浮かび上がる効果を狙い、ちょうど良い被写体がやって来るのを待ち構えていたら、金髪でお団子を結った妙齢の白人小姐がやってきて、如何にも米国からの裕福な観光客ですよ感を発散する相方に右手方面からの撮影を頼んで、ちょっと緊張している面持ちを、傾いた夕方の陽射しを背景に一枚戴いてみたもの。

topaz_15.jpg
十五枚目のカットですが、久しぶりにお参りでもして行こうと思い、自分も手水を使って、本堂に参拝したのち、お茶とスイーツでも楽しんでから深川に戻ろうと考え、それでも先ほど、混み合っていた割にはそれほど良い画が撮れそうになかったため、パスしたお御籤売り場を覗いてみたら、ちょうど欧米からの観光客ご一行様が籤引き体験を楽しまれていたので、黒い瞳が魅力的な小姐の斜め後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

topaz_16.jpg
十六枚目のカットですが、宝蔵門をくぐって、再び仲見世通りに繋がる広場に出てみれば、何組か海外からのゲストと思しき小集団が記念撮影などしていたので、ちょうどハローキティのショルダ-バックをいとおしそうに抱えて宝蔵門をバックに記念撮影していた小姐二名組が居たので、その会話からタイ語と見当付け、話し掛けてモデルさんになって貰ったもの。

topaz_17.jpg
十七枚目のカットですが、前回のダルマヤのペツバールのテストの際、弁天堂前の道を雷門方面に歩き出したとたん、石段に座る、ファンキーなカポ-に遭遇、快くモデルさんになって貰った経緯もあるため、柳の下の泥鰌宜しく、またもこのルートを選択してみれば、さすがに今日は石段に腰掛けてオヤツを愉しむ海外からのカポーは見当たらなかったのですが、伝法院通りとの交差点の手前のコアラか何かの人形焼きのタレ幕広告の前のベンチに腰掛けていた曰くありげなカポーと目が合ったため、声かけてみたら、古いレンズのッテストか、面白い!ということで快くモデルさんになって貰ったもの。

今回の感想ですが、いやはや、今は2019年ですから、御年80歳ちょうどの古玉、しかもコンピュータもない時代の3枚玉が、当時では想定もしなかったデジタルカメラで撮ってもこんなに良く写るのですから、ホントビックリしました。
こういう感動があるからこそ、家の台所を工作機械が占拠していても満足できるのでしょう(笑)

さて、次回も立て続けに加工を行った工房製の改造レンズのレポートいきましょかね、乞うご期待!!
  1. 2019/08/25(日) 19:56:57|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stable Color Ultranit50mmf2.8 mod. L39 uncoupled

Ultrarit50mmf28.jpg
まず、先週は、天気の良い土曜日にふと降りてきたものがあったため、終日、レンズ加工に入ってしまい、翌日曜日には結構な雨が降って、その前の週に完成していたハラショーなレンズの試写に出掛けることが出来ず、不本意ながらスキップしてしまいました。
そこで、今週のご紹介は、先週レポート予定だったハラショーなレンズを無謀にも二年に一回の開催という絢爛豪華な栃木祭りの場でテストすることとし、他の二本とともに11時過ぎから昼食挟みで14時半という短い時間で試写をした次第。

まずは恒例のレンズ紹介ですが、このStable Braun Color Ultranit50mmf2.8は云わずと知れた、1950年代に流行った、レンズシャッター式の距離計連動機構付きレンズ交換レンジファインダ機Braun Paxette2型以降のモデル向けとして、Stable社がブラウン向けに供給した、L39ネジを持った交換レンズなのですが、径、ピッチともライカのL39と全く同一なのに、フランヂバックがライカの28.8mmに対し、44mmという一眼レフ並みの長さで、Paxette用レンズはそのままではライカには使えないので、あちこちでスペーサというかカプラを作って、何とか使われていたようです。
実を云うと、色々改造し、それこそレイドルフなどというマニアックなものまでライカマウントに改造していたのに、それよりもずっとポピュラーなPaxette用は今回が初の加工で、それは、レンズ単体ではなかなか程度の良いものが出てこなかったからでもあります。
ところが今回は新宿某所で、ヘイコイドが固くて動かないという状態で、光学系はピッカピカの個体が素晴らしいお値段で出ていたので、買ってきて分解、整備し、マウント改造を行ったもの。
構成は3群4枚のオーソドックスなテッサー型、この時代は50mmのテッサーはf3.5がスタンダードだったはずなので、無理しているのかと思いきや、実写ではその性能を如何なく発揮してくれました。
では、さっそく実写結果を見て参りましょう。
機材はFuji X-Pro2、全コマ、絞り開放による絞り優先AE撮影となります。

Ultrarit50mmf28_001.jpg
まず一枚目のカットですが、11時10分過ぎに当日のメンバー3名が栃木駅で全員集合し、そこから祭りの会場である旧市街へと歩いて行ったのですが、大通りを通行止めにして仕切ったお祭りエリアのあちらこちらには絢爛豪華な山車が停められ、お囃子などを奏で、その周辺には出待ちの金棒曳の小姐各位も居たので、さっそく一番最寄りの社中の先達の極小姐に声かけて山車をバックにモデルさんになって貰ったもの。

Ultrarit50mmf28_002.jpg
二枚目のカットですが、お祭りメイン会場である大通りを奥へと歩いていくと、次々と豪華な山車、そしてその周囲を取り巻く、町会の社中の人々に遭遇するのですが、目にも鮮やかな赤を基調とした衣装の金棒曳小姐軍団が完全にお茶挽き状態でヒマそうにしていたので、二年ぶりに江戸から撮りにやって来た旨伝えて、ご自ご自慢の町会の山車をバックにモデルさんになって貰ったもの。

Ultrarit50mmf28_003.jpg
三枚目のカットですが、どんどん大通りを進んでいくと、見覚えのある山車に次々と遭遇し、頭の中で、鹿沼、川越とこちらの山車の上のお人形さんキャラが混乱しそうになっていたのがだんだん思い出して来て、そうそう、いたいけな童子が弁慶のお人形さんの下でバリバリのカツラかぶって、素通しの竹笛みたいなのを吹くま真似してたっけかな♪とか思い出して、目の前の武蔵坊弁慶の山車の主従をモチーフとして撮ってみたもの。

Ultrarit50mmf28_004.jpg
四枚目のカットですが、そもそものそもお祭り撮影と云うものは、とにかく会場の隅である大通りの一番奥まで行ってみないと埒が明かないので、どんどん撮りながら歩いていたら、或る町会の社中とふとすれ違った時、一人の小々姐がなかなか粋でいなせな組み紐の髪飾りなんかして、祭り半纏なんかもバシっと決めこんでいたので、踵を返し、斜め後ろから一枚戴いてみたもの。

Ultrarit50mmf28_005.jpg
五枚目のカットですが、同じくお祭りメイン会場の大通りの半分以上過ぎた辺りで、市長を始めとした主催者、及び来賓の挨拶の終わるのを待って、出発の用意をしていた山車の前でなかなか良い、不敵な表情を浮かべて山車が不意に動きだすのを抑えていたおとっつぁん二人の姿が目に入ったので、立ち止まって一枚撮ってみたもの。

Ultrarit50mmf28_006.jpg
六枚目のカットですが、途中、ランチを挟んで、また撮影を再開したのですが、確か夜だけだとばかり思っていいた、山車どうしのお囃子合戦、いわゆる”ぶっつけ”の現場にたまたま遭遇し、ちょっとイイですか、とか町会の役付きの半纏来た方に声かけたら、中へ中へと押し込まれ、気が付いたら、社中どうしが手に手に提灯ややら扇子を振り上げて相手を圧倒しようとしている最前線にまで来てしまい、凄まじい臨場感で撮ったうちの一枚。

Ultrarit50mmf28_007.jpg
七枚目のカットですが、大通り上の、同じく”ぶっつけ"合戦の最前線では、通してくれた町会と相手方の町会の演者も手が届くくらいの近さで見られるわけで、向きを変えてみたら、いたいけな小々姐の演者が山車のさ最先端のお立ち台みたいなところに立っていて、声を限りに自分の属する町会の名を叫び、渾身の力を込めたかの如き力強さで提灯を振り上げていたので、目が合った時にカメラ持ち上げ、指で"1"と示したら、暫くこっちを向いてくれたので、有難く一枚撮らせて貰ったもの。

Ultrarit50mmf28_008.jpg
八枚目のカットですが、この”ぶっつけ”というものは、相手のお囃子のリズムに引き込まれるか、或いはお囃子担当の下座連の演者が力尽きて、スローダウンするかしないまで決着がつかないワケで、最前線で、声を張り上げ、腕を振り上げる担当は何回も交代することになるので、見ていた間に何回か入れ替わって、通してくれた町会の方で、世話役の爺さまに抱えられたいたいけな極小姐が力強く応援するのを見届けて、その場を後にする直前のカット。

Ultrarit50mmf28_009.jpg
九枚目のカットですが、サンルートホテルの前も過ぎ、大通りも奥まって、そろそろ通行止めの金物も見えてこようという辺りで、栃木祭りの山車の中では一番の大細工である「諫鼓鶏」という伝説上の鶏を載っけた山車に遭遇したので、その絢爛豪華な太鼓のオブジェの上にとまる巨大鶏を正面から撮ってみたもの。

Ultrarit50mmf28_010.jpg
十枚目のカットですが、会場の端までいったん歩いて行って、また集合時間までの間、大通りで色々なシーンを撮ろうと、辺りを見回しながら歩いていたら、南の方向に向かっているので、基本的に前方の人物は全部、逆光ないし、それに準じた光線状態となるのですが、それでも祭り装束に纏め髪の小々姐の頭のてっぺんのお団子が陽に透けてとても美しく見えたので、コントラスト低下具合いも確かめるため、斜め後ろから追いつきざまに一枚撮ってみたもの。

Ultrarit50mmf28_011.jpg
十一枚目のカットですが、今回の栃木祭りではどうやら新しい試みとして、ガイドパンフでスタンプラリーみたいなことを愉しむような趣向となっていたらしく、大通りのあちらこちらに瓦版屋とか、町娘風の江戸時代のコスプレをえ演じていた人々が居て、なかなか自然な振る舞いが目を惹いたので、そのまま接客するところを撮らして貰うね、とお願いしたもの。

Ultrarit50mmf28_012.jpg
十二枚目のカットですが、これも大通りを南から北の方向に進んで来た山車の先達を務める金棒曳のご一行様で、朝からこのピンク基調の清楚なカンジの衣装の社中は初めて目にしたのと、演者の小姐達自体も他の町会よりやや上で、なかなか堂に入ったカンジの行進だったので暫く並走し、横から一枚撮らせて貰ったもの。

Ultrarit50mmf28_013.jpg
十三枚目のカットですが、メイン会場の大通りはやはり蔵造の街並みを売り物とする佐原、川越と同じように厳密には江戸時代の蔵造りの店舗兼住宅もあれば、大正、昭和初期、戦前の建築様式も混じっているワケで、街並みをバックに山車の雄姿を撮るといっても、背景が昭和初期ではやはりアンマッチ感は拭えないので、おのずと山車を撮影しようとしたら、インターセプトポイントは決まってきてしまうため、セオリー通り、そこでま待ち構え、横顔が吉田沙保里選手とよく似た演者の奏でる山車を撮ってみたもの。

Ultrarit50mmf28_014.jpg
十四枚目のカットですが、今回持参した3本のレンズ全部で撮ってみた、元肥料店、今は確か和菓子店か何かの店舗の前にさりげなく置かれた大八車とその上の野草を手前の車輪のエッヂにピンを合わせて、背後の白い小さな花のボケ具合いを確かめてみたもの。

Ultrarit50mmf28_015.jpg
十五枚目のカットですが、再集合場所の近くまで戻ってきた時、と或る町会の山車が別の町会の山車と仲良く並んで、"ぶっつけ"のリハーサルを行っていたようで、先の向かい合って、町会総出で声を張り上げ、腕を振り上げ渾身で競い合う雰囲気ではなく、何となくまったりしたカンジで周囲の社中もお互いに歓談しているような雰囲気だったのですが、その中でショートカットで日焼けも初々しい小姐が健気に動き回っていたので、そその様子を一枚戴いてみたもの。

Ultrarit50mmf28_016.jpg
十六枚目のカットですが、同じく、"ぶっつけ"のリハーサル中の二台の山車のうち、反対側の町会の方の山車の前の方で、いたいけな金棒曳の小姐三人娘が所在無さげに本番到来を待っていた様子を横から一枚撮ってみたもの。

Ultrarit50mmf28_017.jpg
十七枚目のカットですが、再集合迄はまだ時間が少々有ったので、ゆっくりと大通りを行進していく山車とその社中の様子でも撮ろうかと待ち構えていたら、まだお若いのに、一般的に山車祭りでは灯りが点って本番じ状況になる夕暮れを前にお疲れモードのいたいけな童子達がやってきたので、すかさず一枚撮ってみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、ツァイスやスナイデル、ローデンストックという一流レンズメーカーは云うに及ばず、イスコやスタインハイルと比べても二流どころとまで酷評されることもあるステーブルのテッサー型、しかもこのタイプでは限界に近いf2.8でここまでの描写が出来るとは正直驚いてしまいました。これだからレンズ遊びはやめられないのです。

さて、次回は、またしても生まれてしまった閃きの一本、これを同じく栃木祭りでの撮影でお送りしたいと思います、乞うご期待!!
  1. 2018/11/11(日) 21:42:40|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cheap but working precisely~Schneider Xenar50mmf2.8 mod.L39 by F.G.W.G~

Xenar50mmf28.jpg
さて、今週のご紹介は、予告通り、先の横田基地で試写した、久々の当工房製改造レンズのレポートいきます。
今回改造したのは、前にもフィルムで試写結果を挙げたことのあるAkalele、Akaletteシリーズ用AKAスピゴットマウントの独Schneider社のXenar50mmf2.8(3群4枚テッサー型)に工房特製L39距離計非連動アダプタを付け、更にそれにLMリングを装着し、Mマウントで使えるようにしたものです。
今回はX-Pro2で試写してますから、3つのアダプタ経由の撮影となります。
今回も全コマ開放、絞り優先AEでの撮影となります。
では、当日の行動に沿って、実写結果を見て参りましょう。

Xenar50mm_001.jpg
まず一枚目のカットですが、基地に入って会場である、滑走路南の誘導路上の一番近いところには対潜哨戒機と思しき、大型のターボプロップ4発機が駐機し、そのコックピット下辺りでは、サービス精神旺盛な基地関係者が、9月とはいえ、日中の暑さもひとしおだったにも関わらず、アメコミやらハリウッド映画の話題作のキャラに扮し、かぶり物装けて、来客サービスに励んでいたのですが、その中でも一番不気味なプレデターがいたいけな国内外の若者に人気で、ベトナムからのご一行様をおもてなししているところを後ろから覗いていたら、気づいた仲間が前を開けて押し出して最前列で撮らせてくれたもの。

Xenar50mm_002.jpg
二枚目のカットですが、同じく対潜哨戒機下のキャラクターとのプチふれあい広場?でベトナム人ご一行様の後に家族連れが蛮勇を奮い起こし、実は気の良い狂暴宇宙人キャラに手招きされるまま,その前に立ち、如何にも勇気有るんだぞとか言いたげに目いっぱい笑い、剽軽なポーズなぞしている様子が面白かったので、横から一枚戴いてみたもの。

Xenar50mm_003.jpg
三枚目のカットですが、対潜哨戒機を後にして、会場奥へと歩いて行くと、ピーカンではなかったものの、まだ残暑がきつい時期にも関わらず、アスファルト敷きの会場地面にはレジャーシート状の敷物を敷いて、まさにプチハイキングのノリで大入り満員状態で、その中で背筋を伸ばし、遠い目線で携帯で文字を打つ黒装束の小姐が目に付いたので、カメラ目線の立ち食いヲバサマは度外視し、一枚戴いてみたもの。

Xenar50mm_004.jpg
四枚目のカットですが、この二日間の基地開放フェスティバルの目玉、というかマスコミ等も注目し、喧しく報道していたため、観客動員数増加に役立ったと思われる、オスプレイ、複数機体の地上、飛行展示が当日もちょうど開始され、アナウンスに従って滑走路から垂直離陸したあと、ターボプロップの軸を水平飛行に移行するデモンストレーションをしていたので、無限の描写を見るのにちょうど良いため、当日のメインレンズであるG-Biogon21mmf2.8付のX-E1に換え、このXenarで撮ってみたもの。

Xenar50mm_005.jpg
五枚目のカットですが、観客の多くが注視する滑走路のちょうど反対側、輸送機やヘリコプタ類が展示されていた誘導路南側スペースにも地上展示されている機が有ったのですが、この機は来場客に内部を見学させるのみならず、α9を抱えた女子報道員の小姐のための展望スペースにもなっていたようで、髪の毛をお団子にした、愛想の無い女性兵士が一心に最新鋭機オスプレィの雄姿を撮るのに余念がなかったので、その様子を真下に行って黒人のノリの良さげな番兵に話をつけ、撮らせて貰ったもの。

Xenar50mm_006.jpg
六枚目のカットですが、女子報道員の小姐はカメラを構えている合間に手など振って笑顔を見せても、全然、関心ななく、不愛想な状態ままで、そのうち、オスプレイが会場の観客の皆様にお集まり頂いたお礼のお辞儀をしますとか云うので、また滑走路方面に向き直ると、機種をこちらに向けて角度を下げだしたので、熱演?に見入る観客越しに一枚撮ってみたもの。

Xenar50mm_007.jpg
七枚目のカットですが、デモ飛行も一段落し、オスプレイも何処かに飛んで行ってしまったので、再び地上展示のスペースに戻ってくると、一仕事終えたのか、先ほどの女子報道員の小姐が地上展示機の後ろ側に移動し、そそくさと機材を仕舞い出したので、また、下の黒人番兵に断って、そのお仕事ぶりを見上げる格好で一枚撮らせて貰ったもの。

Xenar50mm_008.jpg
八枚目のカットですが、今回の見せ場も終わってしまったので、誘導路北側、ちょうど滑走路を背負う形で、せ戦闘機、攻撃機の類いが複数展示されているエリア迄歩いて移動、もう殆ど常連と化し、しかもその特徴的な武装であるA-10フェアチャイルド機首の30mmモータードガトリンガンに野次馬がみんな指突っ込んで記念撮影していたので、その合間を縫って雄姿をほぼ最短で撮影してみたもの。

Xenar50mm_009.jpg
九枚目のカットですが、その地上展示スペース人気者機体、A10フェアチャイルドの番兵兼エスコートをしていたのが、これまた、かつての英国のチャールズ皇太子を思わせる長身でハンサムな渋い兵隊さんだったので、客の合間の手持ち無沙汰に下をぼぉっと眺めていた時、手を挙げてカメラ向けたら、渋い表情作ってくれたので、ここぞとばかりに有難く一枚戴いてみたもの。

Xenar50mm_010.jpg
十枚目のカットですが、機体展示の間には、抜け目なく、アメ横の中田商店の上前撥ねるみたいなサープラスの売店が出ており、その中で、長いブロンズヘアにアポロキャップみたいなものをかぶって、文字通りエビス顔で売り上げを数えていた美小姐が居たので、音もなく気配消して近寄ってから、遠慮がちに一枚撮らせて頂けると大変有難いとか声掛けたら、金勘定の現場を押さえられた気恥ずかしさからか、目いっぱい笑顔浮かべてピース迄しししてくれちゃったので、大変良い気分で撮らせて貰ったもの。

Xenar50mm_011.jpg
十一枚目のカットですが、会場の地上展示では、国内外の様々な基地から看板機体を持ち込んだため、結果的にF16及びその派生機種が一番多くなってしまったのですが、その中でも、韓国は烏山(オサン)基地かからのエースパイロットが乗っているという機体は観客への見学はさせておらず、キャノピーのみ開けて、外観写真撮影用に特化していたのですが、正面から見た照準器のガラスの反射光が美しいため、それを活かす構図で撮ってみたもの。

Xenar50mm_012.jpg
十二枚目のカットですが、こちらも地上展示スペースに駐機していた、先ほどのキャノピー開けていたF16の傍らには見慣れない複座型の機体が展示されていて、さっそく、その場で調べてみたら、F16Dという派生機種のようで、この機体も外観撮影のみオケーの展示ということだったので、近くのデッキに登る順番が来たので、ほぼコクピットと同じ高さから撮ってみたもの。

今回の感想ですが、久々のAKA-L39のアダプタ作成、AKALELEの前板を外し、ボディ側の全周スレッドの採寸から始め、金物を削り出してから、フランジバック補正兼マウント部のパーツに捻じ込み、コリメータ見ながら無限を追い込んでいって仕上げたのですが、手間かけた甲斐あって、なかなか良く写るし、また手持ちの別のレンズにも幸いにして互換性ありそうなので、また試してレポートしたいと思います。

さて、次回はこの週末に満を持して出掛けた久々の佐原秋の大祭からレポートしたいと思います、乞うご期待!!
  1. 2018/10/14(日) 18:45:20|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Failure in production but something attractive~Fukagawa Experimental Optics 001~

Experinemtal18_8_00.jpg
さて、今週のご紹介は、微妙に予告とはズレますが、簡易版の工房製造、脱力系レンズのご紹介行きます。
これは何で簡易版なのかと云えば、決まったサイズの内鏡胴というか、エレメントハウジング、スペーサ、そして外形は全て同一、度数の異なる凹凸を組み合わせて、とりあへず、無限で結像することを確認し、ヘリコイドに固定してでっち上げた、まさに真面目な光学設計者の方が見たら、赤面して激怒しそうなお遊びなのですが、なかなかどうして、条件さえ合えば、そこそこ面白いソフトフォーカスレンズにはなるので、また分解してべ別の構成に作り変える前にいちおう、実写結果だけでも上げとこうかな、と思った次第。
今回の構成はドアスコープの使えそうな度の強い凹に対し、一枚当たりの曲面を緩めるべく三枚の度数の異なる凸を合わせて、凹を一群にしてしまうと、一眼レフのレンズ並みにバックフォーカスが長くなってしまい、かカッコ良くないので、リバースして、当初考えた構成と180度引っくり返して、凸(強)、凸(中)、凸(弱)、凹(激強)の構成として、ハウジングに収め、ヘリコイドに固定したもの。
焦点距離は、だいたい45mm程度に仕上がりました。
従って、今回テストのX-E1だと、68mm程度の中望遠くらいの画角になるワケです。
絞りは入れていないので、全コマ、開放になります。
では、さっそく土曜の浅草での実写結果を見て参りましょう。

FEL18_8_01.jpg
まず一枚目のカットですが、この日は出来上がったばかりの拙写真展のハガキをハヤタカメラボに届けたかったので、その前に辺りを撮り歩こうと思い、まず仲見世の東側側道付近を物色していたら、少々時期は外れましたが、ほうずきの鉢植えが店頭に吊るしているお店が有ったので、至近距離に接近し、売り物のせんべいを背景に一枚撮ってみたもの。

FEL18_8_02.jpg
二枚目のカットですが、同じく、仲見世の東側側道の商店街のとある店頭にて、ひょうたんを吊るしていて、そそれが背景の藍染の暖簾と朝顔の花の造り物との配置がなかなか洒脱だったので、これまた近寄って、周りで物珍しげに見守る外国人観光客もものかわ、一枚撮ってみたもの。

FEL18_8_03.jpg
三枚目のカットですが、ここも仲見世の東側側道でちょうど伝法院通りとの交差する辺り、ちょうど、ハヤタカメラボの親会社?である早田カメラ並びにある某有名洋食店の飾り窓兼、季節、ないし、手書きでお勧めメニューを記した鏡状のサインボードに記された文字を撮ってみたもの。

FEL18_8_04.jpg
四枚目のカットですが、早田カメラの面した伝法院通りの仲見世を挟んだ東側すぐの辺りに白波五人男のシーンだったかを模した、大見得を切っている石川五右衛門のプラ製オブジェが置かれており、中東辺りの外人観光客のグループが興味深げに代わる代わる記念撮影を愉しむのを待ってから、そのご尊顔を撮ってみたもの。

FEL18_8_05.jpg
五枚目のカットですが、ハヤタカメラボで用を済ませた帰り、伝法院通りの頭上に高く掲げられた門の如き通り名称の看板の真下付近で、白人か観光客のカポーがスマホンと紙ベースのガイドブックを見比べ、あーだら、うーだら行先を議論していたので、その様子が面白く、通りざまに一閃浴びせてみたもの。
FEL18_8_06.jpg
六枚目のカットですが、伝法院通りとの交差点から仲見世に入り、目の前に見える宝蔵門までやって来たら、既に17時を回っていたので、秘仏ご本尊様を安置しているという本堂の扉は固く閉ざされてしまったものの、境内は既にライトアップが始まって、門下に吊るされているメガ赤提灯も様々な角度かからスポットライトを浴びせられ、煌々と輝いていたので、その威容を一枚撮ってみたもの。

FEL18_8_07.jpg
七枚目のカットですが、宝蔵門をくぐって、境内に進むと、主である本堂が店仕舞いしてしまっているというのに、五重塔をはじめ建物や境内の主要施設は煌々と照らされ、真夏の昼間の熱気を避けたかの如く、日没後もなかなか人通りは多く、定点観測スポットである御籤売場でも国内外の善男善女が、自らの運命を知るべく、真摯に籤の解読に努めていたので、その様子を横から1枚戴いてみたもの。

FEL18_8_08.jpg
八枚目のカットですが、同じく浅草寺境内は御籤売場にて、レンタルの浴衣に身を固めた、おそらくはマレーシアかインドネシア辺りの言語を話す東南アジアからの観光客の小姐グループが、籤の内容はそっちのけで、浴衣装束と境内の風景との組み合わせが相当気に入ったらしく、交代で色々なポーズなどつけて、インスタ用か何かの写真をスマホンやらタブレで撮っていたので、その様子を横から1枚戴いてみたもの。

FEL18_8_09.jpg
九枚目のカットですが、これも境内は宝蔵門周辺でのカットですが、独り旅と思しき、白人小姐が自撮り棒を色々いじくって、セルフポートレを撮ろうと試みていたらしいのですが、暗い中、色々な角度からスポットライトが当てられていて、なかなか上手く撮れないのか、撮っては険しい顔でモニタを確かめ、また試すという動作を繰り返していたので、普通のレンズなら、声かけて一枚撮って、メアド聞いて後で送って上げるね♪が出来るのですが、さすがにこのレンズでは、背面モニタ見た途端、困惑した顔でノーサンキュ!とか云われるのが怖くて、声を掛ける着になれず、遠巻きに一枚撮るに留めたもの。

FEL18_8_010.jpg
十枚目のカットですが、使っていて、だんだん特性が判ってきたのですが、このレンズ、フレアは物凄いですが、意外や意外、中心部分の解像力はそれほど悪くはなさそうなので、それを簡単に確認するため、スポットライトを浴びた宝蔵門下のメガ赤提灯に記された墨書の芳名を撮ってみたもの。

FEL18_8_011.jpg
十一枚目のカットですが、同じく宝蔵門下のメガ赤提灯と並んで吊るされている、黒地に金泥で花びらか何かの散らし模様に同じく金泥で描かれた芳名を撮ってみたのですが、これも意外や意外、文字自体がかなりは反射率が高くスポットライトの光を弾いているのにも関わらず、ピンを合わせたところは、それほどフレアには覆われず、個々の文字が読めることが判ったもの。

FEL18_8_012.jpg
十二枚目のカットですが、宝蔵門から少し離れたところから宝蔵門下の煌々と照らされた二つの提灯とその下で記念撮影を楽しむ外国人観光客のグループとその横を通り抜け、こちら方面に歩いてくる東洋人の小姐2名の姿がなかなか面白いモチーフになったので、物は試しに一枚撮ってみたもの。

FEL18_8_013.jpg
十三枚目のカットですが、ここも日没後も国内外からの観光客で賑わう宝蔵門付近で、ライトアップされた浅草寺の五重塔、宝蔵門、そして少し遠方に花やしきのフリーフォール系アトラクションの鉄塔の姿が見える辺りで中南米からのカポーが撮影結果をデヂカメの背面モニタで確認しながら、早口のスペイン語で何かを議論していたので、横からその様子を一枚戴いてみたもの。

FEL18_8_014.jpg
十四枚目のカットですが、宝蔵門を後にし、そろそろお茶とスィーツでも楽しもうかいな、と思い、仲見世を通って、雷門前のデニーズにでも行こうかいなとか思って歩き出したところ、軒先を煌々と照らした店舗が雷門迄真っ直ぐ続く、夜の仲見世の風景も、昼とはまた異なって趣きあると思い、強力な光源が真っ正面に入っていいるのもものかわ、一枚撮ってみたもの。

FEL18_8_015.jpg
十五枚目のカットですが、歩くこと、3分程度で、あっと云う間に目の前の雷門に到達、ここでも門全体は云わずもがな、スポンサーであるパナソニック殿の前社名「松下電器」のご尊名が記されたメガ赤提灯一号も同様に四方八方からスポットライトで煌々と照らされ、福々しく照り返していたので、その一部を切り取って解像感を確かめてみたもの。

FEL18_8_016.jpg
十六枚目のカットですが、同じく雷門下のメガ赤提灯一号付近ですが、四六時中見かける、提灯の真下に立ち止まり、或る者は、提灯の真下から金物に手を伸ばす同行者の姿を、また或る者は真下から提灯自体のい威容を捉えようとシャッターを切るのですが、これもEVF越しに眺めれば、そこそこ人物の姿は良く判別出来たのでシャッター切ってみたもの。

FEL18_8_017.jpg
十七枚目のカットですが、浅草寺近傍から、隅田川の対岸に聳え立つ東京スカイツリーの雄姿でも捉えようかと思い、雷門前広場を後にして、神谷バーの前を通って、浅草一丁目の交差点を渡り、水上バス乗り場に面したテラス迄やってきて、趣向を凝らしたというLED照明に照らされたその姿を一枚撮ってみたもの。

今回の感想ですが、当工房のコンセプトですと、即不合格、解体処分という出来ですが、もしかすると、「蓼食う虫も好き好き」とも言いますから、今度の写真展の会期中までは保存して、仲間内の反響を窺ってみたいと思います。

さて、次回は何か国産の陽の当たらなかったレンズでも発掘して夏休み時期の東京でも撮りましょうか、乞うご期待!!
  1. 2018/08/05(日) 20:57:46|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The true charm of handmade optics~Fukagawa 9th Anastigmat 45mmf1.8~

FA_009.jpg
さて、今週のご紹介は、予定変更、金曜日の晩に軽く飲んで帰ってきてから、手元のジャンク機を分解して取り出した国産コンパクトカメラの前後アッセンブリをいじくり回していたら、突如、インスピレーションが降りてきてしまったので、土曜の朝から旋盤回してぐりぐりと加工し、コリメータ見ては修正し、ということででっち上げたオリヂナル光学系のご紹介となります。
メインパーツはCanonL50mmf1.8Iを使用し、その中の光学エレメントを一切取り払ったどんがらとし、そこに、jかねてからジャンク機を分解して取り出してストックしていたエレメントを組み合わせて標準域の焦点距離をも持つ光学系を作り出したということです。
何故、土曜の朝からちゃっちゃっとやって、日曜には試写出来るくらいのスピードで開発、製造出来たかというと、実は元々、HEXANON45mmf2.0のコンプリートが一式揃っていて、そのリマウントを行おうとパーツを作り込んでいたのですが、最後群、即ちL6にカビ跡やコーティングムラこそあれ、キャノンの内鏡胴に無加工で押し込める後群アッセンブリを発見し、それがCOLOR YASHINON DX45mmf1.7で、せっかくなので、L6はまマミヤかリコーから取り出したちょうど寸法の合う凸玉に入れ替えて三社連合の光学系とした次第。
しかも、今回のチャレンジは光学系をでっち上げたことよりも、今までは薄塗りと白文字入れが困難だったので、絞り環の黒塗り化は諦めていたのですが、今回、たまたまペイントブラシ並みに吐出量コントロール出来るスプレーを発見し、それを使い塗装後、焼付けし、水性リキテックス使って文字入れした次第。
では、さっそく、その実力のほどを確かめて参りましょう。
ロケ地は原宿から表参道、カメラはFuji X-Pro2、全コマ絞り開放によるAE撮影となります。

FA_009_001.jpg
まず一枚目のカットですが、木場から地下鉄に乗り、移動した先は明治神宮前/原宿の駅でそこから竹下通りに向かうと、浅草の仲見世や新宿歌舞伎町の目抜き通りをも凌ぐ雑踏で、しかもその中ほどに立ち止まって、自撮りなんか敢行する外国人観光客が後を絶ちませんから、シャッターチャンスがあちこちに落ちているのも同様、有難く中国産小姐の自撮り模範演技を横から1枚戴いてみたもの。

FA_009_002.jpg
二枚目のカットですが、行き交う人の間を縫って、被写体探しながら竹下通の中を進んでいくと、結構、カメラやレンズには興味を持つ人も居るようなので、すれ違いざま、工房主のカメラとレンズに一瞥をくれた中東系の殿方と白人のご婦人のかカポーに声を掛け、趣旨を説明の上、栄えある本日第一号のモデルさんになってもらったもの。

FA_009_003.jpg
三枚目のカットですが、竹下通りの原宿側入口から200mかそこら中に入ったところにある、七色のウンコ型綿菓子を商う店の二階店舗への階段踊り場で、赤い髪の毛の白人小姐が流暢な日本語でテキパキと客をさ捌いていたので、下から撮ってイイ?と声掛けたら、うんうんと不承不承頷いてくれたので、有難く1枚戴いてみたもの。

FA_009_004.jpg
四枚目のカットですが、階段上の赤毛の小姐にお礼を述べて、また竹下通りを表参道方面に進んで行くと、ままたしても、撮らせてくれそうオーラを発しているハーフの殿方と白人小姐のカポーに遭遇、さっそく、出演交交渉し、竹下通りの雑踏を背景に二人揃って一枚撮らせて貰ったもの。

FA_009_005.jpg
五枚目のカットですが、二人組を撮り終え、例を云って、歩き出して直後、MARVELLとDCの映画キャラのコスプレ混成軍みたいな白人男女の集団が歩いて来て、これはしめしめ、とか思い、たまたま目が合った、スーサイドスクワットに出て来た「ハーレィクィン」のカッコしてる小姐に「Buenasu Tardes,Harey Queen!」とか声掛けたら、如何にも判って貰えて嬉しいとばかり破顔したので、モデルさんになって貰ったもの。

FA_009_006.jpg
六枚目のカットですが、ここ竹下通りは人通りもお店も多いですが、長さ自体は大したことないので、写真撮りながらでも15分も歩けば、表参道側の出口に到達してしまい、ただ、この出口の門の辺りからは比較的見晴らしが良いので、後から後から歩い来る人間を撮るのには好都合なので、ゲート下に佇み、個性的な白人小姐が来たのを見計らってシャッター切ってみたもの。

FA_009_007.jpg
七枚目のカットですが、竹下通りを出て、反対側の原宿通り経由、表参道まで移動しようと、明治通りに面した交差点で信号待ちしていたら、赤い大柄チェックの長袖シャツを粋に着こなしたザンギリ頭の東南アジア系小姐が、おもむろに自撮りなんか始めたので、その様子を通りざまに1枚戴いてみたもの。

FA_009_008.jpg
八枚目のカットですが、同じ明治通り沿いの交差点で、右手方向を向けば、これまた若い外国人観光客が、マドリッドやパリぢゃあるまいし、真昼間から背中に手なんか回しちゃって、仲睦まじさを最大限発信しちゃってくれてましたから、それぢゃ遠慮なく、と有難く後ろから一枚戴いてみたもの。

FA_009_009.jpg
九枚目のカットですが、明治通りを横断し、原宿通りに入って100mも行かないうちに浴衣の小姐発見、何処か適当なところで追い縋って出演交渉しようと思い、まずは風情有る通りの中で後ろ姿でも、とか歩きながら撮っていたら、あらら、店舗の中に入っちゃって、これきりのカットになってしまったという残念なもの。

FA_009_010.jpg
十枚目のカットですが、ここも浅草仲見世の扇屋さん店頭の大和絵団扇同様、定点観測スポット化しつつありますが、一階がファミマ、地下が確か美容室とかなっている店舗兼住宅の地下に降りる階段入り口になかなかイイ経年変化した木の椅子とその上にランプ風オブジェが置かれていたので、背景に適度に観光客も入れて撮ってみたもの。

FA_009_011.jpg
十一枚目のカットですが、ここ原宿通りも竹下通り以上に短い通りで、すぐどん詰まりに行き当たってしまい、奥のコンクリート防護壁伝いに北へ曲がるか、手前を南へ曲がって表参道のメインストリートに出るよりないので、その手前の南へ曲がる角にあった時計屋さんのセール看板にピンを置き、背景に観光客を入れて撮ってみたもの。

FA_009_012.jpg
十二枚目のカットですが、原宿通りから表参道へ抜ける道の途中にもアパレルから小物の物販店、そしてび美容室等々、なかなか趣向を凝らした店舗等が立ち並んでいますが、その中でも配色やモチーフが秀逸とお思った店舗側面の壁画の前を、今風の装束に身を包んだいたいけな小姐二人組が過ぎて行こうとしたので、とっさに一枚戴いてみたもの。

FA_009_013.jpg
十三枚目のカットですが、同じく表参道へ抜ける裏通りに面した半地下店舗の店頭に、紫の色も鮮やかな、このシーズンの象徴の如き、紫陽花の株が植えられていたので、店頭壁面に描かれたお店のロゴをバックに最短距離で一枚撮ってみたもの。

FA_009_014.jpg
十四枚目のカットですが、そろそろ表参道との境界であるPolo by Ralph Laurenの重厚なビルが見えてきそうな辺りの店舗の店先でタンクにCFRPのテクスチャのシールを貼り付けた黒い大型バイクが停められていたので、華やかなこの通りにはやや異質な存在が却って作画的には面白く、ローアングルから一枚撮ってみたもの。

FA_009_015.jpg
十五枚目のカットですが、被写体を物色しながら歩いていくと、程なく、Polo by Ralph Laurenの煉瓦張りの、大学と見まがうが如き重厚な建物の近くまで到達し、今回の標準域の焦点距離では、ポジション的に建物の全体像は獲れないので、適当な通行人を入れて、特徴的な部分のみ撮ってみたもの。

FA_009_016.jpg
十六枚目のカットですが、表参道へ上がるスロープ状の通路上にはちょっとした広場のようなところがあって、いつも国内外の観光客がたむろして賑わっていますが、今回もタイ人と思しき若いカポーが、もぐもぐタイムで一休みしているところを戴こうかと思ったら、子連れ狼拝一刀宜しく、険しい目つきの白人男性が携帯で話しながら乳母車を押してきたので、役者揃ったところでシャッター切ったもの。

FA_009_017.jpg
十七枚目のカットですが、表参道に出たらもうそんなに被写体はないだろうなぁとか逡巡しながら、青山通りこ交差点目指して出してすぐ、この産まれたばかりのレンズの初陣を祝福するが如き珍客が路上に現れたので、すかさず人混みを縫って車道際まで撮って、その光輝く黒い車体を撮らせて頂いたもの。

今回の感想ですが、うーん、こういうレンズが好みという人が居る話を聞いていなかったら、作り直しをしていいそう(笑)
但し、絞り環の黒塗り焼き付け+白文字入れの技術をほぼ確立したので、次回以降の製造技術アップにはお大幅に役立ったようです。

さて次回は田舎に帰省予定につき一週スキップ、今度こそLeica M(TIPO240)による古玉再発見でもやりましょう、乞うご期待!!
  1. 2018/06/24(日) 22:23:29|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The 8th optics from F.G.W.G.~Fukagawa Anastigmat 45mmf1.6L

FA000.jpg
て、今週のご紹介は予告通りに久々の工房製オリヂナル標準レンズ八号機のご紹介を致したいと思います。

一件、えっ何の変哲も無いCanonL50mmf1.8ぢゃね!?とか思って、すぐにページ閉じようとした、そこのお兄さん、カメ小姐さん、ちょっと待った(笑)

確かに工作精度や、加工効率からキャノン50mmf1.8の前後光学エレメントアッセンブリ以外、すべて流用してますが、中の光学系は真っさらの新設計、新規製造であります。

ネタを明かしますと、前群、即ち絞りユニットより前の凸+凸/凹の漏斗型のモジュールはほぼ新品同様無傷のものが手元にあったため、ヤシカエレクトロ35のカラーヤシノンDX45mmf1.7をそのまま使っていますが、後群は絞り直後の凹/凸の径がより大きいヘキサノン45mmf1.6のものを使い、一番後ろの緩い凸はちょっとコートムラが気になったので、ほぼ同じサイズの予備パーツ、おそらくオリンパスのコンパクト機かOMズイコー辺りから外したと思しき、殆ど度数が同じものがあったので、コーティングの色調がちょっと違うのに目をつぶって押し込み、前後モヂュールのクリアランスを確認するため、仮鏡胴に装着し、捻じ込みの深さを加減しながら、ひたすらコリメータで周辺のシャープさと周辺の歪み、そして色収差を見ながら位置決めし、それを計測し、図面におとして、キャノン50mmf1.8の内鏡胴の内部を切削して前後のモヂュールを新たに真鍮無垢から削り出したインナージョイントを介して固定し、光学ブロックを完成させ、そしてそれをヘリコイドに無限位置を割り出してスペーサをこれも超ヂュラルミン2024から削り出したスペーサを咬ませて固定したという次第です。

ではさっそくその労作?の実力を見て参りましょう。カメラはX-Pro2、ロケーションは1~11枚目までが浅草、12枚目が渋谷、13枚目は永代橋上となります。もちろん、全コマ開放での絞り優先AEさ撮影となります。

FA001.jpg
まず一枚目のカットですが、組み上げたばかりのレンズを持って向かった先は浅草、浅草寺への仲見世の起点である雷門に向かうと、いつでも浴衣みたいなデザインの着物みたいなコスチューム着ている若い男女がたむろしてますから、被写体には事欠かず、大赤提灯をバックに自撮り結果を確認している中国産小姐二人組が居たので、さっそく、通りざまに1枚戴いてみたもの。

FA002.jpg
二枚目のカットですが、この日は結構天気も良く、午後13時前だったので、この大赤提灯も陽光にて照らされ、片や門の中の仁王像の辺りは昼なお暗い状態ですから、これを一枚の画面内に収めれば、な内面反射の具合いとコントラスト、階調再現性が判るということで、赤提灯の入る割合をよく考えて撮ってみたもの。

FA003.jpg
三枚目のカットですが、雷門を過ぎ、仲見世に足を踏み入れるとすぐに、第一の定点観測スポットであある美人茶屋あづまさんの店頭に到達しますが、あいにくこの日は美人店員さんが品切れだったようで、仕方なく、店頭に居合せた清楚なカンヂの仔馬髪的中国小姐の後ろ姿を撮ってみたもの。

FA004.jpg
四枚目のカットですが、美人店員さんが品切れ状態の美人茶屋には用が無いわけで、次なる定点観測すスポットである仲見世西側側道との交差点に位置する扇屋さん店頭の大和絵団扇を被写体にしてのてテスト撮影ということで、前回は何故か全て東側に向けられていて、撮るのに苦労しましたが、今回はまた店の出入口と平行して南向きだったので、風神画のでべそにピンを合わせて一枚撮ってみたもの。

FA005.jpg
五枚目のカットですが、また仲見世に戻ろうと踵を返したら、さきほどの中国人小姐が妹と思しき極小姐を傍らに従え、伝説上の英雄、桃太郎も彷彿させる有様で、手を伸ばす妹に適宜きび団子を渡してああやしながら、結構、豪快に団子を串から頬張っていたので、有難く横から1枚戴いてみたもの。

FA006.jpg
六枚目のカットですが、宝蔵門を目指し、仲見世を歩きながら被写体を探していたら、明らかに自分でデザインし、染めたと思しき、大胆な図柄の着物風のコスチュームを纏った茶髪の日本人小姐二人組が傍らを肩で風切って追い越して行ったので、声かけて前からだと背中の図柄撮れないので、しばし後をついて歩き、周囲が開けたところで、一枚撮ってみたもの。

FA007.jpg
七枚目のカットですが、仲見世の真ん中をちょっと過ぎた辺りの繁盛店、実演販売人形焼のお店の軒下の焼き方さん達がガラス越しに見える位置で、凄まじく真剣な眼差しで職人の仕事ぶりを凝視するフィリッピン人の小姐の姿が目に留まったので、傍らから一枚撮ってみたもの。

FA008.jpg
八枚目のカットですが、これも仲見世の伝法院通りとの交差点近くの東側側道に面した、人気店の軒下で確かメロンパンかなんかではなかったかと思いますが、並んで買う順番を待っていた白人カポー観光客の小姐側にピンを合わせて撮ってみたもの。

FA009.jpg
九枚目のカットですが、再び仲見世を歩きながら撮ろうと思い、伝法院方向に向き直った途端、またしても浴衣のようなデザインの着物みたいなコスチュームをまとい、日本人では絶対にやらない、ラムネにストローを突っ込んで呑みながら、きょとんとした表情で歩いている中国人小姐のお姿をとっさに1枚戴いてみたもの。

FA010.jpg
十枚目のカットですが、伝法院通りをかの早田カメラ方向に歩くとすぐ目に入るのが、洋食屋オウミのミラー状の窓ガラスに白ペンキで書き出されたお勧めメヌーで、これは白ペンキと鏡面という、日中の撮影ではかなりシビアな被写体ですが、あえて、フレアの出具合を確かめたくて撮ってみたもの。

FA011.jpg
十一枚目のカットですが、浅草での用事も済ませ、次なる目的地、原宿へ向かう際、神谷バー前の浅草一丁目交差点に差し掛かったら、珍しく、若くて美形の着物風コスチュームに身を包んだ小姐二名がごゴキゲンで人力車に乗ってこちらにやってくるのが見えたので、EVFのピーキング機能を信じ撮ってみた必殺の一枚。

FA012.jpg
十二枚目のカットですが、場所は変わって渋谷の夜、裏原宿でのクラシックカメラフェア、そして東急本店での中古カメラ市と連戦の後、センター街中ほどの馴染みの沖縄料理屋で楽しく飲み食いした後、店の向かいのクレープ屋か何かの前にいたいけな若者各位がたむろしていたので、これ幸いにと人工光下での試写を行ってみたもの。

FA013.jpg
十三枚目のカットですが、当日は、お開きの時間が9時前とかなり早めだったので、茅場町から門前仲町までの区間は歩きながら何か撮ろうかと思い、残念ながら、このところ、永代橋自体のブルーライトアップは行っていないようでしたが、それでも、月島マンハッタンの夜景はいつもになく蠱惑的で美しかったので、橋の上に三脚立てて並んでいるカメラマン諸氏の間から一枚撮ってみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、測定機器をちゃんと使って、きっちりこんと組み上げると、ここまで良く写るんですねぇ・・・しかも、同行のOさんにお願いしてM(TIPO240)でも試写して戴いた結果、フルサイズでも、Wガウスの失敗レンズではありがちな像面湾曲も殆ど無かったとか・・・よし、次回以降もこうやってきちんと製造しよう(笑)

さて次回ですが、翌週は週末帰省の関係上、一週スキップ、翌々週は本日製造を始めた工房製カスタムレンズの試写結果、ご紹介出来ると思います、乞うご期待!!
  1. 2018/05/27(日) 22:13:29|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Birth of ultimate optics in F.G.W.G.~Fukagawa 7th Anastigmat45mmf1.7~ 

Fukagawa Anastigmat7-1
さて、今週のご紹介は、確定申告のペーパーワークが何とか夕方までに目鼻ついたので、なんとかブログの更新に辿り着き、前回、覆面レンズとして登場した、当工房オリヂナル設計、製造の標準レンズのご紹介いきます。

このレンズは元々、前にご紹介したOlimpus PenF等を遺してくれた近所の遠縁のをぢさんの持ち物で、本家の収納庫に30年以上もしまわれていて、工房主へ譲るという直筆の手紙とともに発掘されたため、元より古いカメラなどに興味など全くない、当主の従弟からやっと本来の相続人の元へやって来た中の一台のコンパクトカメラのレンズで、その時点検したら、何故か後玉にひどい引っかき傷があったのとシャッターが粘り、二重像も薄くなっていたので、何とか役に立てたいという思いはあったものの、具体的なアイデアが湧かないまま更に防湿庫の中で2年ほど眠っていて、突如閃き、工房に蓄えられていた、別のレンズの後群と組み合わされて新たな内鏡胴、そしてヘリコイドを得て、さすがに回転ヘリコイドではなかったので、ミラーレス用の標準域レンズとして生を受けたものです。
構成は4群6枚の標準的なプラナータイプです。
では、さっそく、この奇跡のレンズの実力を見て参りましょう。カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Fukagawa7th_001.jpg
まず一枚目のカットですが、先にご紹介したヤシカ製ズーム35-70mmf4の試写を終え、表参道に面したちょっとした広場でこのレンズに換装し、まずは目の前のタブレットで一心不乱に地図の確認をしていた、中国からの二人組の小姐の後ろ姿を拝借して試し撮りを行ってみたもの。

Fukagawa7th_002.jpg
二枚目のカットですが、中国からの小姐の隣には、タイから来たと思われる若いカポーが居て、この人達も、周囲はそっちのけで、男性の撮ったEOSの背面LCDモニタを一心不乱に覗き込んだまま、何とはなし盛り上がっていたので、至近距離まで近寄り、その熱心なお二方の横顔を一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_003.jpg
三枚目のカットですが、表参道に面した広場からまた元来た原宿通り、竹下通り経由、明治神宮前駅まで戻ることとして、歩き出してすぐ、一段高いところに位置するガラス張りの瀟洒なブティックみたいな店舗脇の道をいたいけな若者各位が次々と絶え間なく通り過ぎて行くのが目に留まったので、その様子がなかなか画になると思い、狙い定めて一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_004.jpg
四枚目のカットですが、ここも原宿通りの観光スポットのひとつらしく、店舗にロボット犬が置いてあり、その犬が常にドッグフードを食べるしぐさをしているのがなかなかユーモラスでいたいけな若者のハートを鷲掴みにするのか、常に誰かしらが横に立って記念撮影などやっているので、中国人一家が小々姐に頭を撫でさせているところを記念撮影している斜め横から一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_005.jpg
五枚目のカットですが、ここ原宿通りは目抜き通りの表参道や、ドル箱の竹下通りから比べれば、人通りこそ少ないですが、それでも都内のファッションの最先端エリアの一部であることは疑いようもなく、洒脱なデスプレイを誇る、若者や外国人観光客向けの店舗が軒を並べており、その中でもオッサレ~な帽子をラックに掛けて飾っていたお店があったので、これ幸いにと一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_006.jpg
六枚目のカットですが、同じ原宿通りの途上、地図持参で道を聞いてきた、いたいけな米国人の小姐二名が居たので、聞かれたことにはちゃっちゃとお答えし、ついでに手製のレンズのテストやってる最中なんで、せっかくの美人揃いなんだから協力して行ってよと頼んだら、まぁ面白い♪ということでモデルさんになって貰ったもの。

Fukagawa7th_007.jpg
七枚目のカットですが、ここも原宿通りで、先のヤシカ製ズームでテストを行った、地下にあるレストランだかカフェの看板代わりのオブヂェである階段横の木製ロッキンチェアにランタンみたいなものを乗っけて、まだ陽のあるうちから光らせていたのを一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_008.jpg
八枚目のカットですが、竹下通りとここ原宿通りを隔てる大きな通りの手前まで戻って来たら、いたいけな小姐のグループがいわゆるナンパを待っているのか、或いは所持金が底を尽き、他に行くところもないのでただたむろしているだけなのか判りませんが、とにかくスマホンなどいじりながら漫然と立ち尽くしていたので、その様子を背景の通りと合わせて一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_009.jpg
九枚目のカットですが、竹下通りに再び戻って、シャッターチャンスを探しながら歩いていたら、とあるクレープ店で、季節外れのサンタクロースみたいな赤いモコモコのお揃いの衣装でクレープを贖っているいたいけな小姐二名組が居たので、音もなく近寄り、シャッターを切ったところ、妙に感が良く、振り返ってカメラ目線となったもの、でもシャッター切ったあと横ピースされても遅い・・・

Fukagawa7th_010.jpg
十枚目のカットですが、これも竹下通りで、お揃いファッション、イメージ的にはヤクルトスワローズの巨大な九官鳥かなんかのマスコットを彷彿とさせるような光沢のある長めのジャンパーに背負い紐が何となく長めでルーズなカンジのピンクのリュックを背負い、白いミニのフレアスカート履いた山出しっぽい小姐二名組がショップ店頭のバーゲン品を一心不乱に物色していたので、2mくらいの距離から一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_011.jpg
十一枚目のカットですが、竹下通りも原宿駅に近いところまで戻ってきたところ、ふと通り横の側道入り口の脇にしゃがみ込んでいた、優しい目をしたテンガロンハットの美青年?と目が合ったので、これも何かのご縁、と思い、やぁ、とってもクールに決めてるねぇ、ところで手製のレンズのテストやってるんだけど、どう写るか興味無い?とか一気に話し掛けたら、実は女性・・・面白そう、ぢゃ、撮ってみて、ということでモデルさんになって貰ったもの。

Fukagawa7th_012.jpg
十二枚目のカットですが、竹下通りの中ほどを過ぎた辺りで、スキンヘッドのヲヤヂさんを頭領としたなかなかファンキーな一家が居たので、手製のレンズのテストしてるんだけど、協力してくれる?と聞いたら、おもむろに「TV局のイタズラ番組か何かか?」とか真顔で聞いて来て、いや違う、趣味で遊んでいるだけだけど、と返したら、判った、じゃ四人でちょっとパフォーマンスするからその瞬間撮ってみろ、と云われて撮ってみたもの。

Fukagawa7th_013.jpg
十三枚目のカットですが、来る時もシャッターチャンス満載だった、七色綿菓子を商う店の前までやって来て、さて何か面白いものはないかと物色していたら、インドネシア人っぽいエキゾチックな顔立ちの極小姐がもう七色綿菓子を食べ終えようとしているのか、その巻き芯材である竹のひごみたいなのから手でむしっては口に運んでバクバク食べていたので、その対比が面白く人垣越しに一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_014.jpg
十四枚目のカットですが、ここも七色綿菓子のお店の店頭のちょっとした広場で、いたいけなOL風の若い小姐グループが脇目も振らず、本来ならダイエットの大敵であるはずのザラメ糖の化身である綿菓子片手に恋バナだか、余暇の過ごし方に関する突拍子もない話を仲間としながらうんうん頷いたり、ケタケタ大声で笑い出したりと傍弱無人の盛り上がりぶりだったので、斜め後ろからそっと一枚戴いてみたもの。

Fukagawa7th_015.jpg
十五枚目のカットですが、竹下通りもどん詰まり、山手線と並行して走る大きな幹線道路から通りに下る、ちょっとした坂道の上から、通りの賑わいを写し取るべく、ただ漫然と何処にピンがあるのか判らない写真では意味がないので、手前の小姐グループの比較的美形の、黒キャップのアガシにピンを合わせて撮ってみたもの。

今回の感想ですが、うーん、やっぱり、国産の高級コンパクトカメラはイイレンズ使ってたんですね。何処のメーカーを使ったか明かしてしまうとヂャンクの程度の良いものが払底し、ロクなことにならないので、ここでは伏せますが、加工さえきちんと行えば、違う会社同士のエレメントでもここまでパフォーマンス発揮してくれるのですから・・・

さて、次回は秘宝館から何か紹介しましょうかね、乞うご期待!!
  1. 2017/03/05(日) 22:19:57|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Minor but incredibly capable~Staeble Lineogon 35mmf3.5 mod.L39 uncoupled by F.G.W.G.~

20160821_124326-1.jpg
さて今宵のご紹介は久々の工房製品、とは言ってもオリヂナルのAKAマウントでは、Akaletteに装着しての目測フィルム撮影での作例を挙げたことはあったので、改造後初のデジタルでのお披露目となります。
まずはこのレンズの氏素性のおさらいですが、Staebleというミュンヘン郊外のレンズ専業メーカーが送り出した汎用?の広角レンズで一番有名なのは、Paxetteというブラウン社のレンズ交換式のレンジファインダ機の交換レンズで、この個体はAkaletteとその後継機のAkalele用のスピゴットマウントとなっています。
構成はおそらく貼り合わせ無のし4群4枚、製造年は1950年代の初めから中頃と思われます。
では、さっそくL39仕様に生まれ変わっての工房新主力機X-Pro2とのコラボをご覧あれ。
ロケ地は浅草浅草寺界隈、全コマ開放による絞り優先AEモード撮影です。

Lineo_001.jpg
まず一枚目のカットですが、地下鉄の駅から地上に上がって一番最初の定点観測スポット、雷門前の車夫溜まりで、年端もいかぬいたいけな小姐二名が海千山千の車夫軍団オッパーの果敢なセールスマシンガントークに陥落寸前、まぁ、これだけ熱心に説明してくれるのだから、悪いから乗っちゃおっか?てな心の揺らぎを見せたかの一瞬を通りざまにX-Pro2のデヂタルスプリットイメーヂを使い捉えたもの。

Lineo_002.jpg
二枚目のカットですが、ここ浅草は、江戸情緒をイメーヂさせる都内屈指の観光地ですから、浴衣で訪れる若い人々、しかも国籍を問わずで、あちこちでお互いに記念撮影しまくったり、或いは着慣れない浴衣の服装チェックをし合ったりと、そんな楽し気な小グループが雷門から本堂周辺に至るまで無数に出会ったうちの一組目をぱっと戴いたもの。

Lineo_003.jpg
三枚目のカットですが、雷門を抜け遥か彼方に見える宝蔵門を目指して仲見世を歩き出すと十数メートル先に在る定点観測スポット第二号、「美人茶屋 あづま」さんの、お腰に付けた黍団子、ひとつ私に下さいな♪と店頭で黍団子を売る様子を撮るところなのですが、当日は、男性店員メインかつ、紅一点のはずの売り子さんの顔色と表情、機嫌みたいな雰囲気がいまいち?だったので、店舗横で賞味中のいたいけな観光客の小姐に代打をお願いしたもの。

Lineo_004.jpg
四枚目のカットですが、仲見世を更に進んで行くと、今流行りという何とか云う、ちょっと市中のもののとは違うメロンパンだかを商うお店が有って、その周辺で並んで買ったり、賞味したり或いは食べ終えて身づくろいをしたりと、色々な楽しみ方をしている観光客各位の姿が目に留まったので、横から、その様子を一枚戴いてみたもの。

Lineo_005.jpg
五枚目のカットですが、仲見世も宝蔵門の近く、伝法院通りとの交差点のちょっとした広場みたいになっているところでは、東に視界が開けていて、天気が良ければ、スカイツリーの偉容が間近に見えますが、この夏はちょうどその手前で夏の風物詩、ラムネの屋台が出ていたので、その手前で記念撮影している小姐二人の様子をその前からラムネの幟、スカイツリーの遠景も入れて一枚戴いてみたもの。

Lineo_006.jpg
六枚目のカットですが、仲見世のどんづまり、宝蔵門の手前辺りで、かなり上手に浴衣を着こなしている風情の小姐二名組を発見し、追いついたら声かけて撮らせて貰おうと思い、その後ろ姿もなかなか艶やかだったので、追尾しながら、宝蔵門をバックに一枚戴いてみたもの。

Lineo_007.jpg
七枚目のカットですが、先の浴衣二名組が途中の店舗に入って、キッチュな小物の物色モードに入ってしまったため、追尾は暫し中断、別のターゲットを探すべく、周囲をスキャンしたら、居ました居ました、韓国人小姐グループが伝法院通りとその遠方の花やしきの塔かなんかをバックに記念撮影している姿が目に留まったのですが、後ろから見ても、古めの木造店舗兼住宅がバックに控えており、これはこれで面白い画になるな、と思って、そのまま後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Lineo_008.jpg
八枚目のカットですが、宝蔵門の手前まで歩いてみたら、なんと、先に見失った筈の浴衣着こなし上級者と思しき小姐二名が揚げ饅などを旨そうにバクバクとやってる姿が目に留まったので、ダッシュで駆け寄り、声かけて、お世辞の二つ三つも並べてモデルさんになって貰ったもの。

Lineo_009.jpg
九枚目のカットですが、宝蔵門を潜って境内最初の定点観測スポット、手漕ぎ井戸の前に大勢の観光客が集まって、何かしら歓声を上げていたので、速足で駆け寄って、人の輪の隙間から覗いてみれば、何とインド人の幼い兄妹が額に汗して健気に水を汲んでいるその先には地元の悪ガキどもが、あぁうめぇとかもたらされた真水を代わる代わる飲んだり、顔を洗ったりと上機嫌、その周りを中国人観光客が面白がって写真撮っている、という何やら怪しげな国際分業が繰り広げられていたので、では拙者も、と批判もせず一枚戴いてきたもの。

Lineo_010.jpg
十枚目のカットですが、せっかく浅草寺に来たのだから、本堂に寄って開運祈願のお参りでもして行こうと、手水場へ向かう途上、背の高い髭づらの白人男性が、同行と思しきいたいけなやまと撫子二名に向かって、宜しくなさそうな冗談かワガママでも云って困らせてる雰囲気のシチュエーションに遭遇したので、通りがけざまに本堂撮るフリして一枚戴いたもの。

Lineo_011.jpg
十一枚目のカットですが、手水場の手前、焼香用の屋根付き巨大香炉の傍らで線香を頒布している窓口が有って、その前で、点火した線香の火がなかなか消えず、困った表情でシェゲナベイベー♪とばかりに振り回していた、清楚な雰囲気の服装の小姐の様子をさっと一枚戴いてみたもの。

Lineo_012.jpg
十二枚目のカットですが、境内の屋根付き巨大香炉の傍らで親切なことに親子連れの中国人の記念撮影ノシャッター推して上げたり、自らも一緒に入って、連れの仲間にシャッター押させたりと八面六臂の活躍ぶりの浴衣姿の茶髪小姐軍団のリーダー各の小姐の写真を傍らから一枚戴いてみたもの。

Lineo_013.jpg
十三枚目のカットですが、本堂に無事お参りし、いつもの通り、西側出口、そう奥山の方面の階段から降りようとして、ひどい巻き舌の英語が聞こえて来たので、振り返ってみると、おぉ、モーフィアス船長、娘さんとアサクサ見物か!?とすっかりマトリックスの世界を思い出しそうなコワモテの黒人パパさんが居たので、すかさず声かけて、いたいけな娘さんと一緒に撮らせて貰ったもの。

Lineo_014.jpg
十四枚目のカットですが、再び宝蔵門方面に歩き出したら、白人の小姐三名様が腕を伸ばし切っても、宝蔵門の全景と自分達が上手く収まらないらしく、撮っては首傾げていたので、話し掛けて記念撮影して上げたら、かなり喜び、しかも首から下げたX-Pro2とレンズを目ざとく見つけ、こりゃ何ぢゃいとか聞いて来たので、まず話は撮ってからだ!と上から目線でモデルを要求し、宝蔵門をバックに一枚撮ったもの。

Lineo_015.jpg
十五枚目のカットですが、白人三人娘にしてみれば、英語も満足に話せない、話しても通じる人が少ない浅草の観光地で佳きタダガイドを捕まえたようなもんですからなかなか釈放して貰えず、やれオールドスタイルの日本レストランの前で写真撮りたいの、ハリウッドみたいにスターの手形が並んだところが有るはずだが、そこは近いのか、とか、やれ、オーセンティックな日本のラーメンを安く食べられるところへ連れてってくれ、とかまさに注文の多い料理店状態で、オールドスタイルの日本レストランである今半別館の前でもう一枚撮らせて貰った一枚。

今回の感想ですが、各サイトでこのレンズの評判を調べましたが、経年変化に対する適切な手当が行われていないものが殆どらしく、またアダプタというか、フランジバックが44mmもあるため、咬ませたスペーサ内の反射防止が適切に行われていなかったりと、必ずしも、このレンズの実力が正しく評価されていないのではと思った次第。

さて次回はうまく行けば、都下某所から再び異国情緒溢るる写真のオンパレードをお送り出来る・・・かもです、好天を祈りつつ、乞うご期待。
  1. 2016/09/11(日) 19:59:56|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Lens aus Frankreich einen Schlummer zu bringen~Boyer Paris Saphir≪B≫2"f3.5 modL39 uncoupled~

Saphiar-1.jpg
さて、今宵のご紹介は予告通り、工房製の改造レンズ、Boyer Paris Saphir≪B≫2"f3.5の登場となります。
このレンズ、言わずと知れた往年のフランス製で、超ブランド品?のKinoptikeやAngenieux、そしてSom-Betiotなどの陰に隠れ、地味で電子湾でのお値段的にも決して正当な評価が付けられているとは思えませんが、さる通人のお勧めに従い、電子湾の夜釣りで釣り上げ、入手したものです。
ただ、着いた当初は前後の玉とも埃や脂、そして煙草のヤニと思われるような汚れ、そして中の絞り前後のエレメントも絞り機構のオイルの揮発ないし撥ねと思しき汚れの膜が覆っており、全分解してエレメントのクリーニングと内面反射防止対策を行いました。
そういった手当の甲斐あってか、かなりコントラストも改善され、フレアも少なくはなったのですが、それでも、長年の酷使によるものか、最後面のコーティングもずるずる状態で光に透かすと、前玉にも薄っすらと磨き傷が認められるので、とりあえず現況でマウントをつけて試写し、しかるのち、光学系再生のプロの手に委ねようと考えた次第。
ところで、この玉の出自と仕様ですが、生まれはフランスで1950年半ばから後半、自社では製造出来なかったようで、Som-Bertiot社での委託生産とのことで、構成は4群6枚で両外群が貼り合わせのいわゆるオルソメタータイプの対称系です。
では、4月のストックフォトで入院前の実力?を見て参りましょう。
カメラはX-E1により絞り優先AE、全コマ開放撮影です。

Saphiar_001-01.jpg
まず一枚目のカットですが、古河のもも祭りに撮りに出掛ける前に、まずは腹ごしらえとばかりに、駅からゆっくり歩いて15分弱の鰻&川魚料理の名店「たたみ家」さんに歩きながら色々と寄り道しているうちに桜の樹が立派なお寺のすぐ近くの飲食店の店先に咲く花々がきれいだったので、試写してみたもの。

saphiar_002-01.jpg
二枚目のカットですが、駅からの道中、道から見て境内の桜がちらほらと咲きかけていた名刹にお邪魔し、本堂裏の墓地界隈の桜の樹の下まで辿り着き、見上げる格好で、薄ピンクの桜の花を空を背景として数枚撮ったうちの一枚。

Saphiar_003-01.jpg
三枚目のカットですが、お寺での桜撮影を終え、再び、「たたみ家」さんへの道を辿り、駅から続く広い幹線道路伝いに歩いていると、祭り用を中心とした提灯、雪洞の類いを商うお店が目に留まったので、最短距離付近での試写の目的も兼ねて、店先の商売物の提灯を撮らせて頂いたもの。

Saphiar_004-01.jpg
四枚目のカットですが、同じく「たたみ家」さんへの移動の道すがら、通りまらちょっと入ったところに、いつものメンバーならおのずと好みそうな昭和40年以前系のトタン外装のアパートが小奇麗な表通りの繁栄から取り残された、それこそ、そこだけが異界の如く佇んでいたので、デテールの再現性なども見たかったため、フレーム一杯に入る前提で試写してみたもの。

Saphiar_005-01.jpg
五枚目のカットですが、無事、「たたみ家」さんでふっくらとした旨い鰻重をご馳走になり、身も心も充実したキブンで駅前のシャトルバス乗り場に歩いて戻る道すがら、街の様子など撮っていたのですが、ちょうど、黒尽くめの土蔵の背景に現代的な超高層マンションが聳えているアングルが有ったのですかさず一枚撮ってみたもの。

Saphiar_006-01.jpg
六枚目のカットですが、会場に着いて、時間まで自由行動で撮りましょう、ということで、会場内を徘徊しながら、桃の花のみならず、来訪者などで面白そうな被写体などないか鵜の目鷹の目、探していたら、陽光を燦然と照り返している、白毛犬ことピレネー犬と、その大きな肢体の横では小型犬にも見えてしまいそうなゴールデンレトリバーが日向ぼっこしていたので、何枚か撮らせて貰ったうちの一枚。

Saphiar_007-01.jpg
七枚目のカットですが、同じくもも祭りの会場である古河総合公園では、利根川のすぐそばの湿地帯エリアというロケーションもあって、園内には大小の池沼やクリークなどが配されており、いつもの撮影スポットである手動ポンプのところで、おそらくは地元のよゐこが水をくみ上げる肉体労働に勤しんでいたので、輝く水面を背景に一枚頂いたもの。

Saphiar_008-01.jpg
八枚目のカットですが、最短距離での試写として、園内の池沼を背景として、今を盛りとして咲き誇る桃の花のクローズアップを撮ってみたもの。

Saphiar_009-01.jpg
九枚目のカットですが、やはりおフランス製のレンズですから、おフランスと云えば印象派の絵画、そんなモチーフで田園地帯を撮ったらどうなるか、無限付近での結像と画面全体の画質の均質性も確かめたかったので、もも祭り会場奥の、毎年、熱気球試乗コーナーが設けられていた辺りから南東方向の一番大きな池沼の岸辺と池沼にかかる橋を撮ってみたもの。

Saphiar_010-01.jpg
十枚目のカットですが、公園南方面の最大の池沼の畔を一人散策しながら、おフランスのレンズの得意とする?風景を撮り歩いていたのですが、公園内最大の池沼の東の果てまで辿り着いてしまったので、池沼の中の浮島のようなところに建てられた東屋のような建物と、護岸の岩石などを水面の反射なども入れて撮ってみたもの。

Saphiar_011-01.jpg
十一枚目のカットですが、もう4~5年は通っていた古河もも祭りではありましたが、公園南側の古民家園には訪れたことがなかったので、何か面白い画でも撮れるかと、同行の愉快な仲間達を誘って古民家園に来てみれば、ちょうど、もも娘の小姐達が、観光協会の指示により団体見学客の供応に出て来ていて、記念撮影なんかも一緒にやっていたので、相乗りとばかり後ろから一枚頂いたもの。

Saphiar_012-01.jpg
十二枚目のカットですが、同じく公園内の古民家園にて、前ボケの具合いも見たかったので、古民家の茅葺屋根を柴垣超しに撮ってみたもの。

今回の感想ですが、まぁ、可能な限りクリーニングして、コバ塗りや内面の反射防止をやったとしても、後玉や前玉の研磨再コートをして乱反射対策を徹底しないと、こんなもんでしょう・・・というカンジで、数か月後に光学系の再生が出来たら、再びビフォー&アフターとばかり、改善結果をご紹介したいと思います。

さて次回は久々に工房付設秘宝館から、国産の古い玉の描写でも紹介しましょうかね、乞うご期待!!
  1. 2016/06/19(日) 17:31:09|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Amazing rebirth of Japanese enthusiastic optics~Aires Coral 4.5cmf1.9 mod.M uncoupled~

Airescoral45mmf19-1.jpg
さて、今週のご紹介は予告通り、工房製品行きます。
このレンズ、フィルタを嵌めているため、ちょいと見ずらいかも知れませんが、銘板には「Aires Coral 4.5cmf1.9」と刻印されています。
少しでも、国産カメラにお詳しい方であれば、え、Airesって、ライカマウントの玉って出してたっけ???とその異常さに驚かれると思います。

それもその筈、元々はレンズシャッター付きのヂャンクから、ほぼ新品を作る手間を掛けて再生したのですから。

元々、新宿東口駅前の山岳系の店名のお店を毎回覗くと、結構な珍品を信じられないような値段で買えることが年に数回あるのですが、このAiresの玉も前玉には擦り傷、無可動のレンズシャッターに前後のブロックが付いた状態でヂャンク箱の中に誰にも省みられることなく転がっていたのを、最初は前にKodakのシグネットでやったことがある、絞り機構以外のレンズシャッター内部部品を外してしまい、云わばどんがら状態のレンズヘッドにヘリコイドをつけてしまえば良いだろうと思い買って帰り、その週末には大久保の名人の元に持ち込み、エレメントの修復を依頼したのでした。
ところが磨き&再コーティングから上がってきて、首下のネジに合わせて、削りだしたシャフトを合わせようとしたのですが、これがなかなか上手くいかない上、絞り機構も妙に引っ掛かり感があって、得心出来なかったので、他にも魅力的なレンズヘッドの在庫が複数有ったため、数年間、防湿庫の中で眠りについていたのでした。
そして、この工房主に有りがちな、”降りて来た系”の閃きがあり、前後の光学アッセンブリを別の鏡胴に嵌めて、その間に絞りを入れれば良いと、まさに深川アナスティグマットシリーズ1~6号機までの開発ノウハウを活かした加工法で再生すれば良いと気付いたのですが、はてさて、それは削り出して、絞りを入れた上で前後にネジ切って光学アッセンブリを装着するのか、或いは何か既存のものを使って、径の違いをネジ付きスペーサ削り出して、それを噛まして装着するのか?・・・結局、基本構想から工作着手まで更に数週間を要し、既存の有りふれたヂャンクの鏡胴を使って再生すると決めてから、また前後のクリアランスを割り出すのにも手間取り、結局、通常の改造の3本分以上の手間隙を掛けた挙句、この稀有なレンズが甦ったということです。

このAires Coral4.5cmf1.9というレンズ、1957年にアイレス写真機製作所から発売されたアイレス35IIILというレンズシャッタ-式レンジファインダカメラのレンズで、4群6枚、素人眼には当時のキャノン、ニコンとも遜色のない良い硝材が採用されているように見えます。

では、約58年ぶりに甦り、21世紀の景色を撮ることになった、当時の外貨獲得の担い手、Aires Coral 4.5cmf1.9の写りを夏の浅草の景色とともに逐次追って参りましょう。

カメラはFuji X-E1、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Aires45mmf19_001-1.jpg
まず一枚目のカットですが、浅草寺境内は本堂前のご焼香を行う、屋根付き巨大線香立て付近、手水場をバックに何がしか語らい合う、異国のいたいけな若者達のグループの様子を捉えてみたもの。

Aires45mmf19_002-1.jpg
二枚目のカットですが、浅草寺本堂を背にして、宝蔵門に向った方向で、自らのスマートホンで精一杯腕を伸ばして晴れ姿を撮ろうとしていた関西からの健気な小姐二人組に声を掛けて、シャッター押して上げる代わりにモデルさんになって貰ったもの。

Aires45mmf19_004-1.jpg
三枚目のカットですが、浅草寺境内から南南東の方向に位置する弁天堂の前の道、仲見世の東側側道に面した店舗前で、お堂の階段での童子達の追いかけっこに疲れたのか、軒先で、息も荒く、一休止している、いたいけな地元民の極小姐の後ろ姿を捉えてみたもの。

Aires45mmf19_005-1.jpg
四枚目のカットですが、同じく仲見世の東側側道では、観光客を載せた人力車がバンバン通るのですが、たまたま、この通りに面した何箇所かの説明スポットである旧「暮れ六つ」の前で、ここで行われる料理と江戸演芸について、若い車夫さんがたどたどしいカタカナ英語で一生懸命説明したあと、それヨイショ!と走り出す刹那を捉えたもの。

Aires45mmf19_006-1.jpg
五枚目のカットですが、途中から仲見世に戻り、雷門方面に歩くと、いつもの撮影スポット、美人茶屋「あづま」さんが道の向って右側に在り、店頭では年端も行かない小姐各位がかいがいしくきび団子やら、甘酒やら、青汁、もとい冷やし抹茶を観光客相手にひさいでおり、今回はその裏手のイートインスペースで、幸せ一杯オーラを放ちながら、冷やし抹茶ときび団子を堪能するカポーの様子を一枚戴いたもの。

Aires45mmf19_007-1.jpg
六枚目のカットですが、同じく美人茶屋「あづま」さんの店頭、仲見世に面したきび団子売場で、中国から来た健気な小姐が飲みかけのペットボトルの緑茶も放っぽり出して、カウンター越しの和装のギャルソン小姐から、きび団子と冷やし緑茶を買い求めようと、財布から慣れない異国の小銭を取り出して支払っている様子を一枚戴いたもの。

Aires45mmf19_008-1.jpg
七枚目のカットですが、雷門前で暫し佇み、画になりそうな被写体の登場を待っていたら、渋めの柄の浴衣にアップの髪型もバッチシ決まった、小柄でイケてる小姐が独りで、下駄の音もカランコロンと、ゲゲゲの鬼太郎か、牡丹灯篭のお露さんかとばかり軽快に響かせ通り過ぎて行ったので、追い縋りざまにその粋な後ろ姿を一枚戴いたもの。

Aires45mmf19_010-1.jpg
八枚目のカットですが、もう陽も傾き掛けて、人工光が目立ち始めた時分、雷門周辺にたむろする商売熱心な車夫諸兄は、スマホンやら、コンパデヂで記念撮影をせんと欲する、いたいけな小姐達を目ざとく見つけては、ビヂネスチャンス到来とばかり、まず、無償でシャッタ-押して上げて、しかるのち、思い出作りと云えば、人力車みたいな非日常体験がもってこいですよ♪などとセールストークも巧みに乗車へと勧誘していくのですが、雷門提灯真下で行われていた、その勧誘の様子をちゃっかりと一枚戴いたもの。

Aires45mmf19_011-1.jpg
九枚目のカットですが、陽も暮れて、辺りもとっぷりと暗くなりかけてきた、雷門の全景を道の反対側の歩道の上から捉えてみたもの。

Aires45mmf19_012-1.jpg
十枚目のカットですが、深川への帰り道、営団地下鉄銀座線の乗り場へと繋がる、日本最古の地下商店街のひとつ、浅草駅地下街の様子をノーファインダで捉えてみたもの。

今回の感想ですが、実は、オリヂナルの状態での写りを見たことがないので、周辺がちょい甘いとか、ハイライトが若干滲むという、今回の試運転で出た特徴が、果たしてクリアランスの違いによるものなのか、或いは、もともと開放では撮らない前提でこんなものなのか、いまひとつ判りかねますが、何れにせよ、この加工法、即ち、リハウズィングが、死にかけたレンズシャッター機の希少レンズ復活の有効な治療法であることは判りました。

さて次回は秘宝館から何か紹介しましょうかね、乞うご期待!!
  1. 2016/01/31(日) 17:34:44|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

I'm back~Fukagawa Anastigmat IIIa 50mmf2~

F_anastigmat2_1-1.jpg
さて、今宵のご紹介は、旅写真が入ったりで延びてしまいましたが、先に工房導入初の富士フのAE/AF純正レンズSuper EBC XF Fujinon23mmf1.4Rと伴走して改善結果をテストした、Fukagawa Extra AnastigmatIIIの改良版IIIaの実写結果をお送り致します。

このレンズ、今を去ること2013年の11月に産声を上げ、ほぼ同時にレストアから上がったPetri55mmf1.8と浅草で並行テストを行ったのですが、さすがメーカー純正レンズに、画質の均質性という、当工房では一番大事な評点でボロ負けで、暫くお蔵入りになっていました。

ところが、何かの弾みで当時の実写結果を見てみると、色収差と画質の均質性から見れば、箸にも棒にも掛からないダメダメガラクタレンズだったのですが、ただ、中央部の解像度が素晴らしく高かったので、何とかしようと考え、そして、一番最後の緩めの凸レンズを別のものに交換してクリアランスなども変更し、何とか、マイルドな描写特性に治せたのかな・・・というところです。

したがって、構成はオリジナルの設計、製造時と同じ4群7枚の、絞りから前がゾナータイプ、絞りより後ろがオーピックタイプという変則光学系のままです。

ではさっそく実写結果、見て参りましょう。カメラはX-E1、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

F_Anastigmat2_1_001-1.jpg
まず一枚目のカットですが、いつも展示作品よりも目を奪われてしまう、乃木坂は新国立美術館の内部の構造を逆光でシルエット気味に撮ってみたもの。
こういう構図だと、周辺の崩れは目立たないのであまりテストにはならないですね。

F_Anastigmat2_1_002-1.jpg
二枚目のカットですが、富士フの本社ギャルリとXシリーズのショールームの在る、ミッドタウン前のちょっとした広場の孔の開いた大きなオブヂェ越しに通行人各位が孔の真ん中に来た頃を見計らって撮ってみたもの。
前の仕様ではこういうハイライト部の周辺には、色滲みが出て、ちょいと幻滅しましたが、この仕様に変えて、だいぶ緩和されたようです。
ただ、周辺は外方向へ相当流れるような結像の崩れが認められます。

F_Anastigmat2_1_003-1.jpg
三枚目のカットですが、場所を日比谷公園に移してに試写ですが、真っ先に目に付いた、愛くるしい武人埴輪氏にモデルになって貰いましたが、ここでも、周辺が流れに流れてはいますが、破廉恥な色滲みなどはだいぶ改善が認められます。

F_Anastigmat2_1_004-1.jpg
四枚目のカットですが、最短撮影距離付近で公園内の馬酔木みたいな花を撮ってみたのですが、ちょいピンが甘いこともあり、結像自体が緩いですが、それでも、背景の点光源のボケ方の面白さは良く判るサンプルになったのではないかと思います。

F_Anastigmat2_1_005-1.jpg
五枚目のカットですが、これも同じく公園内のスズランみたいな花を公園内の松本楼と苔むした古木を背景に撮ってみたものですが、風があって被写体ぶれが起こってはいますが、それでもヘンなフレアとかゴーストもなく、それなりに雰囲気の有る描写にはなっていると思います。

F_Anastigmat2_1_006-1.jpg
六枚目のカットですが、広場を抜け、木立の中の小径を歩いていたら、突如視界が開け、池と、その中央の鶴舞う形の噴水が見えたので、これも格好のテストパターンと思い、木陰から一枚撮ってみたもの。
さすがに木漏れ日は盛大なフレアとなって、シルエットとなるべき木の葉を食ってますが、この構図であれば、周辺の流れはそれほど気にならないと思いました。

F_Anastigmat2_1_007-1.jpg
七枚目のカットですが、池の周りを通り、野外公会堂でのイベントを横目に見ながら再び、広場迄で出たら、公園名物のベンチに様々な人々が腰掛け思い思いの時を過ごしていたのですが、就活が思うように捗らないのでしょうか、ポニーテールの白皙の若いアガシが放心状態でベンチに座っていたので、心の中で応援しながら、背景から一枚戴いたもの。
ピンを合わせた耳の周りはクリアで素晴らしい解像力を発揮してくれていますが、ほぼ同一焦点面に近いベンチの下半分はぐずぐずに崩れてしまっています。

F_Anastigmat2_1_008-1.jpg
八枚目のカットですが、日比谷公園から帝国ホテル前を通り、日比谷シャンテ前まで歩いて来たら、いつものゴジラ像が珍しく観光客に取り囲まれていなかったので、XFフジノンでキチンとしたカットを撮って、こちらでは、画面の流れを逆手に撮って、怪獣映画風に演出しようと考え、遠方のクレーン先端にピンを合わせ、アンダー目の露光でゴジラをシルエット風に撮ってみたもの。
こういう使い方だと前ボケがとても柔らかく均質で、面白い使い方が出来るのではと思いました。

F_Anastigmat2_1_009-1.jpg
九枚目のカットですが、日比谷から有楽町に抜け、ここも銀座界隈ではプロ、アマとも有名な撮影スポットとなっている、ガード下のレトロ居酒屋ホールの中を狙い、真ん中のスキンヘッドの怖そうなヲヂさまに心の中で手を合わせて、EVFの中でピンも合わせて一枚戴いたもの。
ホントは低めのコントラストのモノクロでの表示が良かったかも知れませんが、こういうシーンというか構図だと周辺崩れても、前ボケがマイルドで同一焦点面の被写体が中央付近に寄っているので、演出的にはアリかなと思いました。

F_Anastigmat2_1_010-1.jpg
十枚目のカットですが、さすがに有楽町駅前も電気ビル前までくれば、フランチァイズも同様ですから、観光客にも余裕で声掛けられますから、さっそく、電気ビル前の花壇に腰掛けて観光地図なんか読んでいた外国人一家の、なかなか洒脱なカンジのヲヤヂさんにハンドメイドのレンズのチューニングのテストにお子さんを一枚撮らしておくんなさいと声掛けたら、ノープロブレム!ということで、一枚撮らして貰ったもの。
真ん中の極小姐の目にピンを合わせて撮りましたが、ほぼ同一焦点面に居た、兄ちゃんの顔がやや流れ気味なのが残念でした。
発色はだいぶ良くなっていると思います。

F_Anastigmat2_1_011-1.jpg
十一枚目のカットですが、これが今回の最大の謎なのですが、信号待ちの白いサマーレ-スの清楚な小姐の後ろ姿を狙って撮ったのですが、その甲斐あって、頭からベルトくらいまでは満足行く解像力を発揮してくれていますが、そこから下はお約束通りのぐずぐず、しかし、遥か彼方のビックカメラ前の交差点で待つ人々はかろうじて顔の造作が見分けられるくらいに解像されているのです。
もしかして、ピンが合う位置が複数あるのかな、とか不思議な感覚を覚えたカットでした。

F_Anastigmat2_1_012-1.jpg
十二枚目のカットですが丸の内仲通りを大手町方面に歩いていたら、オフィスビルの1階部分で営業しているカフェレストで、随分とシュールで洒脱なオブヂェをテーブル上にデスプレイしていたので、傍らのギャルソン氏に声掛けて一枚撮らして貰ったもの。
このカットでは、滲みも周辺の流れも全くと云って良いほど気にならず、ふつうに使えるレンズぢゃね?とか思ってしまいそうです。

今回の感想ですが、まだまだ改善の余地有り、構成的にはIV号の前後別の用途のレンズのエレメントを組み合わせたオーピック形式が一番性能良く出来たのは検証済みなのですが、ただ、こういう面白い形式は改良の楽しみがあるので、ヒマ見つけては直して、経過報告していきたいと思いました。

さて次回のご紹介は、先般、四万温泉のお供に行った、あの子はもう16年近く付き合ってるのに、まだ1回もここで紹介してなかったぁ・・・ということで、近場でフルサイズ機で以てロケしてご紹介します、乞うご期待!!
  1. 2015/06/28(日) 19:58:57|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

One of the strongest triplet in the world~Astro-Berlin Kino-Hyper5cmf3 mod.L~

Kino_Hyper50mmf3-1.jpg
さて、今宵のご紹介は、何回かイベント撮影での非正規登場はあったものの、その姿が公開されずにきた、Goertz Kino-Hyper5cmf3改Lいきます。

このレンズ、産まれは1939年、Bolex用の望遠レンズとして、かつてドイツに存在した、ゲルツ社がリリースしたトリプレットタイプの光学系です。

エナメルの黒塗りも美しいこの小ぶりなレンズヘッドは、来日当時は経年劣化による硝材の酸化のためか、表面がごく僅かに白濁していたので、大久保の名人にお願いして研磨、最コートしてもらい、このような宝玉の如き美しい佇まいに戻ったものです。

で、その写りや如何に?・・・昨年の成田祇園祭りのストックフォトから、実写結果を追っていくことと致しましょう。
カメラはR-D1s、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Kino_Hyper50mmf3_001-1.jpg
まず一枚目のカットですが、成田山新勝寺へは結構アップダウンのある参道を辿って向うことになるのですが、その途上、ちょうど、木造の元宿屋、今は川魚料理屋になっている店舗が立ち並ぶ辺りの手前で通りの様子を撮ってみたもの。

Kino_Hyper50mmf3_002-1.jpg
二枚目のカットですが、参道を暫く歩いていたら、如何にもキャンペンガールっぽい風情の小姐2名が佇んでいたのが目に留まったので、もしや何かお役に立てることでも、とか声掛けて、ぢゃ一本呑んで感想聞かせて!ということで、レッドブルなる精力飲料を馳走になり、お近づきの印に、とか一枚、正確には、ヘキサノン35mmf2.8+X-Pro1でも撮っていたので、二枚撮らせて貰ったもの。

Kino_Hyper50mmf3_003-1.jpg
三枚目のカットですが、参道沿いの店舗兼住宅前でいたいけな童子3人が祭り装束の写真をデヂカメで撮るのに、一人がシャッター押そうとすると、三人揃って撮れないので、どうしようと困っていたので、シャッター押して上げたついでに、おぢさんにも一枚レンズテストで撮らしてね、と云って協力して貰ったもの。

Kino_Hyper50mmf3_004-1.jpg
四枚目のカットですが、声掛けて正面からのポートレートだけでも面白くないないので、歩きながら、露店に集う人々の横顔とか、後姿なんかも遠慮がちにバシバシ撮っていたのですが、ちょうど日なたの位置に出ていたラムネ等清涼飲料水販売業者さんの露店に集う兄ちゃんと極小姐達が陽光に燦々と照らされ、イイ雰囲気だったので、横顔を一枚戴いたもの。

Kino_Hyper50mmf3_005-1.jpg
五枚目のカットですが、また参道を山門方面に向かって歩いていると、お揃いの祭り装束のいたいけな姉妹が目に留まったので、すたすたと歩み寄り、74年前のレンズをテストしているのだけど、モデルさんになってくんない?とか単刀直入に勧誘したら、マヂ~?面白そう!とかノリノリでモデルさんになってくれたもの。

Kino_Hyper50mmf3_006-1.jpg
六枚目のカットですが、参道の途中で、焼き鳥なんか焼きながら売っていて、結構若いお客さんで繁盛していたので、その様子を一枚戴こうと音も無く車道から歩み寄り、渾身のシャッター切ったら、只ならぬ雰囲気を察知した、いかにも千葉辺りによく居る、気の良さそうな小姐がレリーズの瞬間にこっちを向いて、撮り終えた頃にピースなんかしてくれちゃった、という惜しい一枚でした。

Kino_Hyper50mmf3_007-1.jpg
七枚目のカットですが、参道の途上の露店でテントの下で、かき氷なんか商っていて、シロップ掛け放題!といういかにも太っ腹なお店があり、そこに浴衣の極小姐が、削って貰った氷にシロップなんか掛けようとしていたので、傍らの若い親御さんにお願いして至近距離で一枚撮らせて貰ったもの。

Kino_Hyper50mmf3_008-1.jpg
八枚目のカットですが、山門付近まで来たら、木彫りの彫刻も眼に鮮やかな山車が停車していたので、至近距離まで歩み寄り、燦々と降り注ぐ陽光に照らされ登り龍の彫り物と町会の提灯をモチーフに一枚戴いたもの。

Kino_Hyper50mmf3_009-1.jpg
九枚目のカットですが、新勝寺境内にもかなりの数の露店が出ていて、そのうちの赤いテントの中では、昔懐かしい、コルク栓の射的なんかやってて、しかも、いたいけな童子達が集い、結構熱くなって遊んでいたので、端から一枚戴いたもの。

Kino_Hyper50mmf3_010-1.jpg
十枚目のカットですが、本堂まで登って集結した山車の写真なんか撮って、また参道を戻る途中、とある店舗店頭の太鼓叩き体験コーナーみたいなところで、太鼓を叩く演技をしながら、健気にも道行く観光客に自らの姿を撮って貰いたいがため、キョロキョロと挙動不審な童子の姿を一枚戴いてみたもの。

Kino_Hyper50mmf3_011-1.jpg
十一枚目のカットですが、お団子髪から足袋までバシッと祭り装束に身を固めた、まだ若いオモニが、まだ幼い我が子を背に担ぎながら、咽喉が渇いて仕方なかったのでしょう、冷水に清涼飲料水を浸して商っていた露店の店頭で物欲しげに眺めていたところを一枚戴いたもの。

Kino_Hyper50mmf3_012-1.jpg
十二枚目のカットですが、作戦行動も終わり、京成成田駅前のドトールで茶などしばいて、さぁ、電車に乗って、お江戸さ戻っぺかと再び歩き始めら、思い思いの浴衣に身を包み、エステの客引きなんかしていたちょっと派手目ないかにも千葉小姐ってカンジの二人組が目に留まったので、かくかくしかじかでモデルさんになってよ!とかうどん県副知事ばりの特殊交渉術で交渉し、このように仲良くツーショットとなったもの。

今回の感想としては、いやはや、トリプレット恐るべし、トリプレットでここまで写るなら、ガウス、ゾナーは勿論、テッサーである必要すら疑いたくなってしまいます。そういう枚数多い光学系の唯一のアドバンテージは、CanonL50MMF1.2とか、NOKTON35mmf1.4SCが示すように、背景から浮き立ったような輪郭の描写くらいなのでしょう。記録用途として写実的な描写が求められるのであれば、この玉のような描写で十分かも知れません。

さて、来週は、再び、工房附設秘宝館から何かご紹介致しましょう。何が出るかはお楽しみ、乞うご期待!!
  1. 2014/10/26(日) 23:10:05|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Born for military but loving peace for ever~Fastax Raptar2"f2 mod.L39 by F.G.W.G.~

FASTAX_RAPTAR.jpg
さて、今宵のご紹介は、久々に工房作品の紹介です。
このレンズ、加工自体は3年以上前に上がっていたのですが、何せ、競合ひしめく50mmクラスでは、出番が少ない上、どうしても国内外の出張撮影だと、広角主体になってしまっていたので、なかなか登場の出番が回って来なかったというのが実情です。

米国Wollensak社製のレンズは過去にも、Oscillo Raptar51.6mmf1.5、Enlarging Velostigmat2"f2.8、Duplication Velostigmat2"f2と数回ご紹介しましたが、個人的には、同じ米国でも、限りなくドイツ製に近いテイストを持つ、Bausch & Lomb社発売の米国Goertz製のBaltar系列の方がどちらかと云えば好みなので、どうしてもそちらを持ち出してしまう、という傾向もありました。

この軍用グレーも精悍なごつい鏡胴のレンズ、既に色々な文献やサイトで紹介されているので、ここでくづくど氏素性を書き連ねることはしませんが、生まれは1950年代の米国はロチェスター、目的は、16mmの超高速撮影カメラであるFastaxの交換レンズです。

そのFastaxというのは、終戦間際から、弾道やら、爆発物の挙動等を調べるために開発された軍用品らしく、戦後は日本にも入って来て、昭和30年代初頭の故糸川博士のペンシルロケット以降のロケット研究にもBell&Hawell社のカメラ共々お役に立ったことが知られています。

構成は4群6枚のプラナータイプ、ただ、分解、清掃し、また山崎名人のエレメントの再生をお願いした後、深川基準の反射防止塗料塗布のため、中を開けましたが、4群め、即ち最終エレメントがやけに厚かったと記憶しています。

では、早速実写結果を見て参りましょう、本日は天気が大荒れに荒れるとの予報もあったため、レンズ加工に勤しみ、ブログでの写真は、今年3月の古河桃祭りのストックフォトです。

カメラはR-D1s、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

Fastax_R_001.jpg
まず一枚目のカットですが、古河桃祭りの会場は湖沼地帯だけあって、そこここにクリークが流れており、その浅瀬近傍には、手汲み井戸が有って、オモニ達が、文字通り井戸端会議している近傍でいたいけな童子達がヒマを持て余して遊んでいたので、オモニ達に声掛けて、どうぞご自由に、ということで、カメラの前に童子達を残し、横に引いたので、では遠慮なく、と一枚戴いたもの。

Fastax_R_002.jpg
二枚目のカットですが、色んな人間がクリークの浅瀬伝いに歩いてくるので、暫く、そこで被写体を張っていたら、来ました、来ました、いたいけな乳児の片手を岸から引いて、中腰でお散歩してくる初老のご老人が目に留まり、一枚撮らせてね、と声掛けて、微笑ましい光景を撮らせて戴いたもの。

Fastax_R_003.jpg
三枚目のカットですが、この玉は元々、ストロボとシンクロして至近距離の被写体を捉えるのがお仕事ですから、ピーカンの桃の花を最短距離で撮ったら、どうなるか試してみたもの。レンズはそこそこまともに捉えましたが、R-D1sのISO最低感度200とシャッター速度1/2000ではやはり露出オーバーでサチュレートしてしまったようです。

Fastax_R_004.jpg
四枚目のカットですが、池のほとりで桃の花そっちのけでスマホンでメールだのゲームだのに打ち興じる、いたいけなローカル小姐2名組が目に留まったので、せめて横顔なぞ、と借景モデルさんになって戴いたもの。

Fastax_R_005.jpg
五枚目のカットですが、桃祭り会場は元々自然を最大限生かした公園なので、当然のことながら、木製の遊具などが設置されており、まだ風雅を解するお年頃になっていない童子達は、近場とは云え、日頃、家に寄り付かないヲヤヂさんと遊べてご満悦状態のようで、このいたいけな小々姐も傍らのヲヤヂさんに声掛けたら、一人でも大丈夫だよな、とか手を離し、さぁどうぞ!と云うことなので、将来の親離れを支援する気持ちも込め、一枚戴いたもの。

Fastax_R_007.jpg
七枚目のカットですが、桃祭り会場本部テントそばのイベント広場で、大道芸みたいなのをやっていると聞き、何か面白い画が拾えれば、と思い直行したら、案の定、重ね台乗りの軽業師の兄ちゃんがちょいと可愛い極小姐が最前列に居たのを目ざとく見つけ、即席アシスタントに仕立て上げ、パフォーマンスの傍らに引っ張り出したのはイイのですが、緊張と、そもそも何やったらイイのか判らず戸惑っている姿を観客席から一枚戴いたもの。

Fastax_R_008.jpg
八枚目のカットですが、大道芸会場を後にし、またしても公園内を徘徊していたら、池の方面にヲヤヂさんの手を引き、嬉々として駆けて行こうとする、健気な童子とヲヤヂさんの微笑ましい姿が目に留まったので、自然を背景に一枚戴いたもの。

Fastax_R_009.jpg
九枚目のカットですが、祭り会場である公園の中央部にはかなり大きな築山?があり、そこには大人の膝よりちょい高い程度の植栽が植えられ、その植栽の間に上下左右のけもの道みたいなものがあり、下で見ていると、時折、追いかけっこでもしているのでしょうか、いたいけな童子達が喚声を上げ駆け下りてくるので、その様子が面白げだったため、下で待ち構えて一枚戴いたもの。

Fastax_R_010.jpg
十枚目のカットですが、築山の西側斜面にはかなり切り立った岸のクリークがありますが、そこを挟んで追いかけっこをしていた、いたいけな童子達が居たので、クリークを跳躍するところでも捉えてやろうと、張ってたら、案の定、大声ではしゃぎながら走って来て軽々と飛び越えるいたいけな小々姐が居たので、一枚戴いたもの。

Fastax_R_011.jpg
十一枚目のカットですが、西側出入り口、即ち、シャトルバス発着場所近くのステージでは、よさこいパフォーマンスみたいなものをずっとやっていたのですが、応援隊と思しき、お揃いのコスチュームに身を固めたけなげな極小姐2名の姿が目に留まったので、横顔を一枚戴いたもの。

Fastax_R_012.jpg
十二枚目のカットですが、お祭り会場からバス発着場に歩いて行く途中に田園風景のような景色があったので、これもまた一興ということで、近接撮影用と云われて来たこのFastaxの無限域での性能を見るため、一枚シャッター切ってみたもの。

今回の感想は、コマ収差なのか、内面反射がまだ残っているからなのか、厳密には断定出来ませんが、50mmf2クラスではちょいと甘めの結像で、カリカリの手が切れるような輪郭描写が大好物の工房主の趣味では、なかなか出番が回ってきそうにないですが、使い方によっちゃ面白い玉かも知れません。例えば、台湾の古建築巡りにR-D1sのモノクロモードでお供したら、とか。

さて、次回は攻守交替、工房附設秘宝館から何かご紹介します、乞うご期待!!
  1. 2014/08/31(日) 19:59:42|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる