FC2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

奇貨可居~Tamron SP28-80mm3.5-4.2 FC Macro~

Tam2880_000.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、予告通り、OMマウント繋がりという安直な選択で申し訳なくはありますが、たまたま、物故マウントであるOMマウントだったというだけで、そこそこキレイで内部も異常ない販価44000円のズームがちょっと豪華なランチ一回分で買えてしまったので、ちょい汚れが付いていた1、2群のみ開けてクリーニングし、あとは殆ど買ったままでの試写です。
このレンズ、1983年発売、1987年終売のアダプトール2というユニバーサルマウント付のもので、今や、その交換マウントの方が健全なものを探すと高くつくような代物となっていて、レンズ構成は8群9枚で最短距離は80mmで36cmまでのかなり意欲的な仕様でした。
実は、何かの時のために、とアダプトールはニコンFとキャノンFDとペンタックスKまでは揃えてあるので、今回の試写が上手く行けば、色々使い道はあるな、という下心も有って、買ったのでした。
では、さっそく実写結果を眺めて参りましょう
ロケ地は深川森下、カメラは、このところ、真面目な働きぶりが評価され、すっかりお散歩カメラの位置をゲットしているSONYα7RIIによる全コマ開放での絞り優先AE撮影となります。

Tam2880_001.jpg
まず一枚目のカットですが、深川森下は「深川せいろ飯」で名高い「割烹みや古」さんで珠玉の「深川せいろ飯御膳」を戴き、それから近傍で試写スタート、ということで、まずは清澄白河駅から歩いてお店に来る途中に見つけた面白そうなシーンということで、緑のトタン外壁のイイ案配のやれたカンジの飲食店を撮ろうとしたら、来る時にはいなかったミニクーパー氏が路駐していたので、有難く借景で一枚戴いてみたもの。

Tam2880_002.jpg
二枚目のカットですが、清澄通りを南に向かって歩けば、10分もしないうちに清澄白河の交差点に出て、そこを渡ってから門前仲町方面に向かって1~2分も歩けば、この近辺の定点観測スポットである、関東大震災後に造られた、通称モダン長屋商店街に行き着き、さっそく、手前の音楽教室前に陣取り、後から追い越していったママチャリにご出演願って一枚撮ってみたもの。

Tam2880_003.jpg
三枚目のカットですが、ここもモダン長屋の一角で定点観測スポットとなっている、パステルトーンの自転車がガラス張りの店頭にさりげなく置かれている美容室なのですが、これもよくよく冷静に観察してみれば、ガラスにメタリック塗装の車体ということで、高反射率の被写体の複合パターンで、内面反射の高いレンズでは大フレア大会となり、著しくコントラストは低下してしまうはずなのですが、ピーカンで激暑の下町の午後でも、不思議と涼し気な風合いとなったもの。

Tam2880_004.jpg
四枚目のカットですが、ここも躯体がコンクリート製のこの長屋の中では異彩を放つ、札幌時計台の如き、白塗り板張りのグラスエリアを店頭に据えた個人経営のブティックなのですが、いつもは、グラスエリアを主体に、人や自転車が通り過ぎるところを画面目いっぱいで切り取っている構図に対し、今回は28mmの画角をフルに使えるので、長屋の屋根まで入れるべく縦位置で全体像を捉えてみたもの。

Tam2880_005.jpg
五枚目のカットですがこれも、同じくモダン長屋のもうちょい清澄白河交差点寄り、次の目的地である「江戸深川資料館通り」への交差点手前の辺りまで歩いて行ったら、ちょうど、横断歩道を渡ってきた、レトロなカンジの麦わら帽の小姐が交差点方面に向かって力強く歩き始めたので、28mm域でその後ろ姿を捉えてみたもの。

Tam2880_006.jpg
六枚目のカットですが、ホントは18時過ぎくらいになって、陽が暮れ出してから、「BEER」の武骨な白い看板の下に吊るされた精巧な白熱電灯型LEDの灯が目を惹く時刻の方が、画的には数倍魅力的なのですが、そこまでこの灼熱の深川の下町で時間を潰すのも勿体ないですし、撮った結果を即見たい!ということで、まさに昼行燈を地で行く状態で一枚撮ってみたもの。

Tam2880_007.jpg
七枚目のカットですが、実は試写の前の晩にも、テレワーク体制下での運動不足解消のための毎日の就業時間後の近所の一万歩ウォークにて、ここ清澄白河付近を散策した時、帰りにたまたま資料館通りに足を踏み入れ、と或る居酒屋の店頭に「今日から俺は!」劇場版と思しき、気合いの入った人形が置かれていたので、それを撮ろうと思い、ランチを「みや古」さんにして、てくてくと撮りながら歩いてきたのですが、途中から資料館通りに入ったため、清澄通りから展示されていた「案山子フェスティバル」の一環とはつゆ知らず、趣向の凝らされた案山子に目を奪われ、まずお出迎えの一号機を挨拶代わりに一枚撮ってみたもの。

Tam2880_008.jpg
八枚目のカットですが、ここ「江戸深川資料館」通りは良く云えば、再開発の波に呑まれず、比較的、昭和の建物がそこかしこに保存されている、悪く云えば、流行から取り残され、ディープな観光客しか寄り付かないエリアとなっていて、あまり新型コロナ流行前後で人通りが変わったような印象も無いのですが、それでも、不動心の象徴の如く、群馬や栃木辺りの都市部でも消滅してしまったかの如き下町の総菜屋さんが健気に営業を続けていることに敬意を表し、一枚戴いてみたもの。

Tam2880_009.jpg
九枚目のカットですが、ここ資料館通りの「案山子フェスティバル」はどうやらコンテスト形式らしく、それぞれ、時事ネタを巧みに取り入れた上で趣向を凝らした造形で以て、それなりに耐候性もある案山子に仕上げて来ているのですが、まさか!?と思うようなものが視界に入り、なんと、新型コロナこと「COVID19」の病原体であるコロナウィルスの顕微鏡写真を擬人化して、「コロナ星人」として地球を侵略中・・・と展示していたので、子供達も尖鋭化してるなぁと独りごちながら熱々カポーがその前を通るのを待って一枚戴いてみたもの。

Tam2880_010.jpg
十枚目のカットですが、新型コロナみたいな殺伐とした時事ネタもありますが、展示物の製造元が周囲の児童会みたいな団体で、指導者には閑なご老人も居るようで、普遍的な、観る人の心を和ませるような造形のものも勿論有り、こんな和やかな案山子で果たして腹を空かせたカラスやら雀が恐れおののいて畑から遠ざかってくれるだろうか?という風情で孫をあやすお爺さんといったテーマのものを見つけたので、ほっこり一枚戴いてみたもの。

Tam2880_011.jpg
十一枚目のカットですが、趣向を凝らした様々な案山子を眺め、また商店街のそこここに点在する、昭和の名残を留めた店舗兼住宅など眺めていたら、あっと云う間に資料館通りの商店街のアーケードのどん詰まりが見える辺りまで来てしまい、そろそろ、本日のメインディッシュである「今日から俺は!」の剣山頭の不良高校生の案山子の写真でも撮ろうかいなと思った矢先、ふと脇道に目を向けたら、古風な工場風の建物の前にメテオグレーのRX-8が・・・ということで嬉しくなって一枚戴いてみたもの。

Tam2880_012.jpg
十二枚目のカットですが、思わずきれいなRX-8の写真が撮れたことが嬉しくなって、足取りも軽く、もうすぐどん詰まりも近い資料館通りの商店街を歩いていたら、妙に店先が賑わってる、土産物屋のような和装屋のような不可思議な商店があり、近寄ってみたら、インスタ友の「田巻屋」さんで、前から何度も前を通っていたのに気づかなかったとはいやはや不覚、と思った矢先、補助輪付自転車の童子とその若いヲヤヂが傍らを通り過ぎていったので、店頭写真に入って貰ったもの。

Tam2880_013.jpg
十三枚目のカットですが、深川東橋から冬木町経由、工房前の東富橋まで続く道である墨田区役所通りとの交差点近くに辿り着き、やっとのことで、昨晩、仄暗い居酒屋の灯りに照らされた「今日から俺は!」の剣山頭の不良高校生とその同僚のとうもろこし頭の二体のかかしがちょうど資料館通りに平行し、向き合う形で設置されていたので、個々に撮るより、一緒の方が、とのことで逆光もののかわ、一枚撮ってみたもの。

Tam2880_014.jpg
十四枚目のカットですが、資料館通りの商店街から表通りに相当する清州橋通りを通って、再び、地下鉄駅の有る清澄交差点方面へ戻らねばならないので、墨田区役所通りを北に曲がったら、なんと、その側道では、ワーゲンの古いバンがちょこんと鼻先だけ出して停まっていたので、閑静な住宅街をバックに一枚戴いてみたもの。

Tam2880015.jpg
十五枚目のカットですが、ここ清澄白河エリアのモダン長屋と並ぶ、昭和の建築遺構、いや、まだまだ十分に現役なので、遺構といっては申し訳ないレトロ建造物の雄、同潤会アパートが次々取り壊されてもう地上には残っていないのに、ほぼ同時期の建造物として、表通りに威容を誇る「清州寮」の姿を28mmで捉えてみたもの。

今回の感想ですが、安物のOM-NEXアダプタで内面反射対策をしないまま試写に出てしまったので、ハイライトではフレアっぽくなってしまいましたが、周辺まで破廉恥な像面湾曲や光量落ち、妙なマゼンタ、シアン転びもなく、中心付近では素晴らしく解像力も高く、なんでこんなお値段で叩き売られていたのか不可思議でたまりませんでしたが、こんどSONYから出るレンジファインダ型のコンパクトフルサイズ機α7Cにつけて小旅行など持ち出したら、GALAXY S9の出番が減ってしまうのではないか、との印象です。いやはや80年台後半の日本のレンズ専業メーカーの高級機の性能は侮り難し。

さて来週は久々に友と旅に出ますので、一週スキップ、その翌週から二週くらいで旅写真レポートしたいと思います、乞うご期待!!
  1. 2020/09/13(日) 21:03:03|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Unexpected reborn of ordinery optics~OM F.Zuiko 50mmf1.8 Auto-S~

OM_Zuiko5018_000.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、予告通り、有り合わせの材料で美味しく料理する・・・まさに使い勝手の良い下町の大衆食堂の如く、工房のパーツ取りの過程で発生したパーツの組み合わせによるリビルト品の試写結果をレポート致したいと思います。
今回のクランケ(患者さん)はOLYMPUS OM Zuiko50mmf1.8、既に銀塩カメラの終焉と共にシリーズも命脈を終えたOLYMPUSの小型軽量アマチュア用一眼レフOMシリーズ用の最廉価標準レンズです。
当工房では、先のDallmeyerのOscilloやら、General Scientific社製のものやら、プロジェクタ用のバレル
レンズに至るまで、口径が太すぎて、ライカマウントのヘリコイドに収まり切れない光学系の改造には、主にOMのヘリコイドを使って、ライカMマウント金物を付けたり、フジのXマウント金物を付けたりと便利に使わせて貰っているのですが、そうすると当然のことながら、ZUIKOの元の光学系のエレメントは失業してしまい、かなりの頻度で貼り合わせ部が白濁しかけている後群はともかくとして、まだ使えそうなエレメントがパーツとしてストックされていて、今回、前玉は傷、中玉はカビながら奇跡的に後群は白濁も傷もコーティング剥がれもなく、健全な状態だったので、当面、ヘリコイドを使う改造は無い見通しなので、いっちょう、手持ちパーツでいまだ人気の根強いOM Zuikoをリビルトしてみようと思い立った次第。
このレンズは4群6枚のオーソドックスなWガウスタイプで、1971年にOM-1(発売当時はM-1なるもL社からのクレームで改名)の普及判標準レンズとして発売され、細かい改良は受けながらも2000年頃にOM2000を最終モデルとして銀塩一眼レフ撤退と共に生産・販売中止となりましたが、普及品であったが故、かなりの数がジャンク市場に出回っているため、パーツ取り用ドナーとして重宝されるのです。
ではさっそく実写結果を逐一眺めて参りましょう。
カメラはX-Pro2、全コマ絞り開放による絞り優先AE撮影となります。

OM_Zuiko5018_001.jpg
まず一枚目のカットですが、試写当日はお昼は上野駅のレカンで食べてしまったので、浅草は試写するだけの目的につき、上野からは銀座線の地下鉄で移動し、雷門近くの出口から上がって、まずは至近距離でのシャープネスと逆光を見たいと思い、ちょうど空いていた雷門のアイデンティティである巨大赤提灯下に滑り込み、底部の金物に施された逆ハーケンクロイツのメタリックな輝きを北側の空を入れて撮ってみたもの。

OM_Zuiko5018_002.jpg
二枚目のカットですが、お江戸随一の観光名所のランドマークをあまり一人で占拠すると、遠路遥々訪れた観光客各位を熱いさなかお待たせしてしまうことになるので、そこそこに場所を空けたら、待ってましたといわんばかりに入れ替わり立ち替わりにいたいけな着物姿の小姐二名組が邪魔者の居なくなった赤提灯の雄姿を上から下まで収めんと、かなりムリして二人でのけ反って撮ってる姿が面白く、後ろから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_003.jpg
三枚目のカットですが、本来であれば、雷門の次の定点観測スポットである「美人茶屋あづま」さんの店頭で実演販中のお仕着せ和服の健気な女給さんの精勤するお姿でも物陰から仮借ない観光客各位に混じって、さっと撮ってしまいたいところですが、そもそもお客も居なけりゃ、女給さんもおらず、お店番は仏頂面の中年男一名では寄り付く気持ちも失せ、ちょうどその先の角の舟和の仲見世支店前に若いカポーが和服姿で得も言われぬ雰囲気を醸し出していたので、傍らから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_004.jpg
四枚目のカットですが、やはり鎖国モードだと、写真撮らせてと声かけると一緒になってはしゃいでポーズなんか決めてくれる世界各国からの陽気なノリの観光客各位が皆無につき、そもそも人出が昨年レベルには戻っていない上に仲見世路上には和装の若い人々が極めて少ないかったので、早々に歩き通して宝蔵門前でも同様にシャッターチャンスなさそうなのでパスし、手漕ぎポンプの近くに行ってみれば、居ました、居ました子供会みたいなのがプチ遠足みたいな行事で出っ張ってきていて、盛大に写真なんか撮ってるので、ちょうどセミシルエットで手を洗っている小々姐が居たので、父兄に混じって有難く一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_005.jpg
五枚目のカットですが、境内でも、これまでの経験則からして撮らせて貰えそうな雰囲気の和装グループは皆無につき、仕方なく物撮りモードに入ることとし、まずはいつも通り手っ取り早く、本堂向かって左側の天水桶の上縁に陽刻された謎の赤い象形文字みたいなのをモチーフに青空に映える東京スカイツリーを無限の背景に入れて撮ってみたもの。

OM_Zuiko5018_006.jpg
六枚目のカットですが、こういう時はだいたい奥山方面に行くと何かしら被写体は有るものと相場は決まっているので、西参道方面に歩いて行くと、このところの浅草寺西方面での定点観測スポットである常盤おこしが設けたという無数の風車の壁まで歩いて行く途中、影向堂のちょい先の西側広場脇に二階家ほどの高さの樹があり、その下の方の枝の先に可憐な藤色の花が咲いているのが目に留まったので、足を留めて、最短距離で一枚試し撮りしてみたもの。

OM_Zuiko5018_007.jpg
七枚目のカットですが、このところ不調の「美人茶屋あづま」さんやその裏の扇屋さん店頭の大和絵団扇のデスプレイに代わり、新たな定点観測スポットとなった西参道そばの常盤堂おこしプレゼンツのインスタスポットである風車の弥七モニュメントも、同じようでいて、時折、風車を総入れ替えしているらしく、今回立ち寄ってみた時は、夏の猛暑に対する一抹の清涼剤を意図したかの如き、涼やかな水色メインにところどころアクセントとして、どことなくピカチュウめいたレモンイエローの羽根に赤い留めピンという仕様のものも混ぜていたので、記念撮影する小姐各位に邪魔にならぬよう真横から一枚撮ってみたもの。

OM_Zuiko5018_008.jpg
八枚目のカットですが、無事、風車の弥七モニュメントを撮り終え、無謀にもインスタ小姐各位に無理くりモデルさんをお願いしようとした巨大デジ一眼レフヲヤヂが、大丈夫です、大丈夫です、あ、これは結構ですって意味ですから・・・とか解説付きのお断りモードを発揮され、ほうぼうの呈で逃げ出したのを尻目に見てから本堂方面に向かったら、影向堂前で記念撮影結果を見てる小姐が居たので、スマホ覗き込んでいるとこを撮らして、と頼んで一枚撮らせて貰ったもの。

OM_Zuiko5018_009.jpg
九枚目のカットですが、実は本堂前の石畳を全面張替え工事していて、そもそも人通りが生じないような動線となっていて、お御籤売り場にも人気は無し、手水場も同様ということだったので、宝蔵門そばで張ってみようかと思った矢先、偽金髪も午後の傾き出した陽光に煌めく、如何にもレンタル浴衣という風情の小姐二名様が傍らを通り過ぎて行ったので、振り返りざまに一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_010.jpg
十枚目のカットですが、昨年の今頃でも、休日はその石畳さえ見えることのなかった仲見世ですが、意識せずともソーシャルデスタンスが保てるくらいの閑古鳥状態にも拘わらず、OZとか大人の週末系のお手軽グルメ特集記事紹介型の雑誌メディアで取り上げられたお店はそこそこ人を集めており、宝蔵門から程近いこの揚げ饅頭だかの店頭では、糖質制限ダイエット何するものぞ!?という気概の小姐が列をなしており、ちょうどそのうちの一名、大人になった"偽赤毛のアンアン"みたいな小姐の髪が午後の陽光に煌めいて見事だったため、通りざまに一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_011.jpg
十一枚目のカットですが、シャッターチャンスを物色しながら仲見世を雷門方面目指して歩いていくと程なく伝法院通りとの交差点に到達しますが、この日も屋台を曳いたラムネ売りのヲヂサンが居て、背景にスカイツリーが丸見えのロケーションも功を奏して、インスタ映え目的の自撮り用小道具として、そこそこレトロで涼やかなイメージのビン入りラムネがいたいけな浴衣姿の小姐には売れているらしく、先に買い求めたカポーに引き続き、小姐二名様も買い求めようとしていたところを斜め後ろから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_012.jpg
十二枚目のカットですが、仲見世を歩きながら、確かに、背中で語るカットで統一しても面白いな☆とか思いついた矢先、手前のお店から出て来たカンカン帽に麦わら手提げバッグの、郊外へハイキングでも出かけるかの如きいで立ちの小姐と、一見お揃いの黒系装束のようでありながら、Guessのロゴをサークル状に大きく配した派手なTシャツの兄ちゃんが手に手を取ってしっぽりと歩き始めたので、これ幸いと有難く後ろから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_013.jpg
十三枚目のカットですが、目の前の雷門が大きくなってきた頃、前方の定点観測スポット、「美人茶屋あづま」さんの店頭に目線を走らせたら、もう食べちゃってお替りを買おうかどうしようか逡巡しているのか、或いは近所の鍵っこで、別のことにお小遣いを使ってしまって、好物の黍団子を買えず、仕方なく店頭の賑わいでも眺めようかと時の移ろいに身を任せたままにしているのか、独りぼっちの極小姐がかいがいしく働くお店のカウンターの横から中を覗き込んでいたので、後ろから一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_014.jpg
十四枚目のカットですが、夏季限定の定点観測スポットとなった雷門東側、天婦羅の「三定」裏の土産物屋さん店頭に吊るされた、如何にも涼し気なギヤマン製風鈴が一列に勢揃いし、極僅かなクルマの通り過ぎる風に揺れて、晩夏の夕方の陽光を煌めかせながら、微かな音を奏でる様子を至近距離に陣取って一枚戴いてみたもの。

OM_Zuiko5018_015.jpg
十五枚目のカットですが、さぁて、何処かでお茶でもしてから帰ろうかなと雷門前まで歩いて行ったら、ちょうど良いことに結婚式か何かの記念撮影のリハーサルか何かで、如何にもその業界の人ですよ、と云わんばかりの黒づくめのパンツ姿のウェディングコーディネータの小姐他スタッフと金襴緞子の帯締めながら♪みたいな和装のカポーが緊張しながらも真面目に段取りの打ち合わせなんかやってたので、横から、多幸を祈りつつ、他の観光客に混じって一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、実はアダプタなのか、組み合わせたエレメントの相性の問題なのか、精密調査をしていないのですが、無限が4m程度になってしまっていたので、近~至近距離のカット尽くめになってしまいましたが、それを覗けば、オール開放でここまで撮れれば十分及第点ではないでしょうか。

さて、次回ですが、実はこの試写の帰りにSONYのEマウント用アダプタを買い求めたので、これは点検後、再試験するとして、家に有った分解清掃済のOMマウントのズームレンズを実験台に試写しましたのでご紹介します、乞うご期待!!
  1. 2020/09/06(日) 21:31:15|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Challenge to impossbility in restoration~Jupitar8L39~

Jupitar8_L39.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、先週水曜くらいまでは、従来のレンズ改造10本分の手間をかけて実写可能にした超希少レンズのレポートをお送りしようと思っていたのですが、実は先週の金曜日に四谷三丁目の良心的なジャンク屋さんから破格値で買い受けてきたロシアレンズのレストアが予想以上に上手くいったので、これを放っておくわけにも行かず、急遽デビューさせることとしたものです。
どんな状態だったかと云うと、レジから店内に向き直って、真っ先に目に留まる箱の中に一本だけ銀色の小さなライカマウントレンズと思しきものが転がっていたので、手に取ってみると、かたかたと僅かに音がして、店主曰く、たぶん直らないと思いますので、部品取り用でしょうね・・・と。
半信半疑、もう一台の獲物である某マミヤの独自バヨネットマウントの不可思議一眼レフと一緒に持ち帰ってから、状態を確かめると、確かに内部で固定されていないエレメントがあるらしく、振ってみるとかたかた音がする。
で、早速分解してみると、このゾナー型の三群のうち、前から二つ目の三枚貼り合わせ、即ち凸凸凹の二枚目が無いらしく薄いため、G2を固定する全周ネジのアルミリングを奥まで締めても、すきまが残るため、かたかたと音がする、という状態でした。
また、ずっとこんな状態でかたかたと内鏡胴の金物にガラスがぶつかっていたたけ、周囲には数か所貝殻割れの小さなものがあちこちに見られ、工房の診断では、すり傷とコーティング傷みが目立つ、前玉とセットで交換、ということになりました。奇跡的に後玉は擦り傷もなければ、Jupitar8系統には持病の如きバル剥がれもなく健全な状態だったので、このまま使うこととしました。
早速、工房にストックしてある、数十本分にも及ぶJupitar8系列のスペアパーツから、まず傷が少ない前玉を選び、USSRレンズ固有の赤いコーティングの関係上、透過光が青色がかることを確認し、第二群では比較的透過光がアンバーがかり、ガラスの状態の健全なものをルーペでチェックし選び出し、組み合わせを選び出しました。
前のものとは硝材とカーブが少し異なるので実焦点距離は誤差の範囲内でも、内鏡胴の固定位置は少なからず変わってくるので、まず光学系を組んで、ヘリコイドに仮固定してから、コリメータで根気よく無限位置を割り出し、しかるのち、絞り指標を距離計指標の基準点に合わせました。
やっと出来た臓器移植2/3の重症患者はコリメータとテストパタンで見る限りでは、オリジナルゾナーにも負けない解像力、画像の均質性が得られていたようだったので、、昨日、浅草に至高のランチを食べに行くついでに試写を行ってみたもの。
ではさっそく、当日の行程に沿って、実写結果を眺めて参りましょう。
カメラはSONYα7RIIでの全コマ開放絞り優先AE撮影となります。

Jupitar8_L39_01.jpg
まず一枚目のカットですが、今回の試写も深川から江戸表の浅草まで試写だけのために出てくるのも何なので、前々から限界にチャレンジしようと思っていた浅草観音裏の豚肉料理専門の名店「グロワグロワ」さんで至極の四元豚ローストポークランチなどを戴いて、幸福に浸りお店を出てから、さて、何から撮り始めようかなと我に返ってすぐに目に留まった並びの提灯屋さん店頭の赤提灯を撮ってみたもの。

Jupitar8_L39_02.jpg
二枚目のカットですが、実は田原町で降りて、お店に移動する途中でも、撮影スポットの見当を付けながら歩いていたわけで、すき焼き今半さんの一本南の裏通りが路地裏の焼肉タウンみたいになってて、なかなかイイ雰囲気だったので、足早にそちらに向かい、白提灯をターゲットに路地全景を撮ろうと構えたら、いたいけな極小姐二名が出て来て遊び始めたので、有難くエキストラ出演願ったもの。

Jupitar8_L39_03.jpg
三枚目のカットですが、「グロワグロワ」さんの位置するひさご通りから、まずは定点観測スポットが数多く存在する浅草寺境内へ向かうべく、奥山経由、本堂へ最短ルートである、花やしき通りを通るべく、ゲートの手前まで辿り着いたら、如何にも雨の日のお出かけ然とした長靴履いて傘を握りしめたいたいけな極小姐がオモニに手を引かれて横切ろうとしていたので、とっさに一枚撮ってみたもの。

Jupitar8_L39_04.jpg
四枚目のカットですが、花やしき通りに入ってすぐ、細い路地から、人の気配と話声が聞こえてきたので、目を向けてみたら、どうやら、正真正銘の路地裏の人気店がその奥にあるらしく、大勢の老若男女がおとなしく列をなしていたので、列最後尾の小姐のいかにも夏らしい麻のアッパッパの風合いを捉えるべく、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Jupitar8_L39_05.jpg
五枚目のカットですが、花やしき通りを奥山方面に向かいながら、途中にも何か面白い被写体はないものかきょろきょろと物色していたら、観音裏の初音通りの一角の涼をとるべく設けられた藤棚の手前に新しく出来たたこ焼き居酒屋の赤地白く擬人化したタコの図を染め抜いた幟が面白かったのでお店の出入口手前から一枚戴いてみたもの。

Jupitar8_L39_06.jpg
六枚目のカットですが、花やしき通りをどん詰まりまで歩き通すと西参道のゲートに辿り着きますが、このところの新しい定点観測スポットとなった常盤堂プレゼンツの風車の弥七メモリアルモニュメントともいえる千成風車の壁面でも撮ろうと思い、足を運んでみたら、嬉しいことに先週とは全て取り換えられて、青一色の基調となっており、さっそく有難く斜め横から一枚戴いてみたもの。

Jupitar8_L39_07.jpg
七枚目のカットですが、壁面を斜めから撮って、背面LCDモニタで確認していたら、済みません、スマホで一枚撮って貰えませんか、いちおう拭いてお渡ししますので、とかいう今風のお申し入れをしてきた小姐二名組が居たので、イイよ♪と二つ返事で撮って上げたあと、ではモデルさんになってよ、と申し入れたら、えーセンパイ、顔出しはマズイすよ!ということで特徴的なツインテを撮らせてもらうことで妥結したもの。

Jupitar8_L39_08.jpg
八枚目のカットですが、奥山を経て本堂方面へ向かうべく影向堂前まで歩いてきたら、一心不乱にスマホンの画面なんざ二人で覗き込みながら、関西弁で西方面に抜けたら仲見世へ戻るのが大回りになるし、昼間から酔っ払いが歩き回る西成みたいなところ通らなあかんで、とかけちょんけちょんに浅草をコケにしまくってくれていたお登りさんにつき、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Jupitar8_L39_09.jpg
九枚目のカットですが、そうこうするうちにあっという間に目の前の本堂まで辿り着いたら、珍しいことにこの時期、絶滅危惧種に等しい、海外からのゲストの集団が、青息吐息の観光産業の典型、レンタル着物を一個小隊借りてのコスプレ撮影に勤しんでいたので、いちばん、器量の良さげな小姐の番になった時、リーダーと思しき平服の兄ちゃんにタイ語で話し掛けたら英語でオーケー貰って撮らせて貰ったもの。

Jupitar8_L39_10.jpg
十枚目のカットですが、今回も従前の第一の定点観測スポットである扇屋さん店頭の大和絵団扇が展示枠ごと店内に仕舞われていて、撮影どころではないし、「美人茶屋あづま」さんも小姐がビニールシート越しにフェイスシールド+マスクということで、到底撮影しようという気など起きない状況だったのでスルーし、前回、結構イイ感じだった、雷門横、三定裏の土産物屋店頭のギヤマン風鈴群を撮ってみたもの。

Jupitar8_L39_11.jpg
十一枚目のカットですが、ここもいつもながらちょい安直ではありますが、レンズのシャープスやら逆光耐性を見るのにはちょうどいい、仲見世のどん詰まりに位置する雷門直下、パナソニックプレゼンツの大赤提灯の底部金具のメッキしたての金物の叩き出し逆ハーケンクロイツ文様の輝きを今回も最短距離で撮ってみたもの。

Jupitar8_L39_12.jpg
十二枚目のカットですが、次なる目的地、ジョナサン田原町店に向かおうといったん北へ向かうべく、仲見世の東側側道を歩いていたら、たまに試写に利用させて貰っている製造直販のお煎餅屋さんの店頭のガラス開口瓶に入った各種あられ類が、表面に塗られた醤油とみりんの混合液の焼きあがったイイ照りを見せていたので、比較的好みな「げんこつ」の札にピンを合わせて撮ってみたもの。

Jupitar8_L39_13.jpg
十三枚目のカットですが、仲見世側道と仲見世を東西に貫き、東端が東武浅草駅に繋がる新仲見世通りとの交差点に位置する「美人茶屋あづま」さん母体の「味処あづま」の店頭で、如何にも昼から飲酒しそうな人種が徘徊する浅草ならでは集客方法と感心しましたが、氷水の張られた透明なボウルに「貉祭」だのスーパードライだのが漬けられて汗をかいていたので、その涼し気な様子を一枚戴いてみたもの。

Jupitar8_L39_14.jpg
十四枚目のカットですが、その交差点に付近で果たしてどのルートで田原町まで歩こうか、いや、せっかく上野・浅草まで出て来たのに、近所にもあるようなファミレスで時間潰すのが時間の使い方として妥当なのか、或いはインスタ映えする写真撮れるのか、自問自答している傍らを浴衣に身を固めたいたいけな小姐二名組が通り過ぎていったので、とっさに後姿を一枚戴いてみたもの。

Jupitar8_L39_15.jpg
十五枚目のカットですが、結局、先週、豪奢なランチを戴いたレカンでスィーツを戴きながらティータイムを楽しめることを思い出し、ファミレスで小さなパフェとドリンクバーで800円以上もすることから、寧ろ割安感すら感じられることから、いつもとは違う、本願寺の裏の道を上野駅まで歩くこととし、偶然、和風旅館を改装したゲストハウスの格子窓に咲いていた昼顔を至近距離で一枚撮ってみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、やっぱり、四谷三丁目の写真機商親子のカメラ、写真に賭ける思いの熱さをまた感じさせられる結果となりました。
たぶん、パーツと測定器具無いとここまで復活させることは出来なかったでしょうが、直せないものを直せないとお金を払う前にビジネスライクに言い放つ。売らんかなという意欲が溢れるのもいけないですが、それ以上に商品に対し良しあしを正確に見極めた上でそれに見合った値札をつけ、買おうとする人間には正直にその値段の理由を告げる・・・まだまだ長い付き合いになりそうです。
さて、次回は旅行に出掛けたら一週スキップ、行ってなければ同日に別のお店にて買い求めたもう一本のレンズの実力をお披露目しましょう、乞うご期待!!
  1. 2020/07/19(日) 19:17:59|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ordinary but exciting~Minolta Rokkor PF 45mmf1.8~

Rokkor4520_00.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、期せずして二週スキップ゚となってしまいましたが、この梅雨時、週末が雨になってしまうと、せっかく試写に出掛けようとしても叶わず、人間の無力さを感じざるを得ず、忸怩たる思いで気まぐれな天気の微笑みを乞い願い、やっと今週は梅雨の晴れ間が顔を出してくれ、やっと更新に漕ぎつけられた次第。
そこで、満を持しての今週のご紹介は、ですが、済みません、地味なレンズで・・・。
ドナーさんはシャッターもファインダ連動もガタガタで再起不能の1963年発売Minolta Himatic7の光学系、Rokkor PF45mm f1.8の前後光学系を工房特製の汎用テストベッドに取り付けてのテストとなります。
このRokkor PF45mmf1.8とは、即ち5群6枚という凝った構成で全群を分解したわけではないので、どこが空気界面になっているのかは、一眼レフ用のPFレンズを開けてみたら、2群と3群間が空気ギャップになっていたので、おそらくは同じ構成になっていると思われます。

では、早速、今週末の実写結果を逐次眺めて参りましょう。
撮影条件は全コマ開放絞り優先AE、ボディは1~9枚目がX-Pro1、10~15枚目がX-Pro2となります。

Rokkor4520_01.jpg
まず一枚目のカットですが浅草といえば、伝統と実績と不愛想?な店主有名な某カメラ店がありますが、そこに久々の挨拶がてら顔出した通り道にある、凝灰岩製のシーサーないしは狛犬の彫像がなかなかイイ味を出していたので、最短距離のシャープネスを確認するために行き交う通行人の怪訝そうな目線もものかわ、しゃがみ込んで慎重にピンを合わせて撮ってみたもの。

Rokkor4520_02.jpg
二枚目のカットですが、凝灰岩の彫像が置かれている伝法院通りと仲見世通りの交差点をそのまま宝蔵門方面に歩き、門の近くで記念撮影している観光客各位にでも声掛けて撮らせて貰おうとしましたが、さすが金曜日の午後は全く閑散としていて無駄な努力であることが一瞬にして判りましたので、そそくさと次なる定点観測スポットである御籤売場に向かうと、ここも人気が無かったのですが、こういう時こそ撮れるカットもあろうかと、手前の御籤筒にピンを合わせ、売場全景を撮ってみたもの。

Rokkor4520_03.jpg
三枚目のカットですが、境内はやはり人もまばらで、声掛ければ気前良くモデルさんになってくれそうな国内外の見目麗しいゲストは皆無、そこで仕方なく、個人的な案件で観音様本堂にお礼参りをした後、本堂向かって左側の天水桶の謎の象形文字にピンを合わせ、無限のスカイツリーがどのように写り込むかテストしてみたもの。

Rokkor4520_04.jpg
四枚目のカットですが、演歌「岸壁の母」ではないですが、奥山から西参道にかけてはインスタやら記念撮影に向いていると思われる建物やオブヂェが点在しているので、もしやもしや♪に曳かされて速足で移動してみれば、やはり梅雨の合間の平日の午後という厳然たる事実は変えようもなく、ヂモティの方々すら姿が見えず、仕方なく、常盤堂が観光用に寄贈したという風車の弥七オブヂェを1mほど先の1枚にピンを合わせ、ほぼ真横から撮ってみたもの。

Rokkor4520_05.jpg
五枚目のカットですが、境内での撮影はほどほどに見切りつけ、このご時世、真昼間から、酒なんかかっ喰らっている、理解不能な人種各位が跳梁跋扈する通称「ホッピー通り」へと足を向けたら、居ました居ました、客引きがそれこそ2~3mおきに立ち並び、幾らオープンとはいえ、店頭のテーブルではビニールシートなどの飛沫伝播防止対策も皆無で高歌放吟のご様子なので、お裾分けとばかり有難く一枚戴いてみたもの。

Rokkor4520_06.jpg
六枚目のカットですが、通称「ホッピー通り」でうろうろしているところを会社の同僚やら知り合いに見られるのもこっ恥ずかしいので、何枚か撮ったら早々に退散し、再び伝法院通りとの交差点を東に進み、何も撮れそうにない伝法院通りは足早にスルーして再び仲見世通りに戻り、被写体を探しながら歩いていたら、如何にも夏のリゾート行きそびれました・・・という風情の小姐二名が無為に宝蔵門方向に歩き去っていったので、その後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Rokkor4520_07.jpg
七枚目のカットですが、仲見世通りの二大定点観測スポットである「美人茶屋あづまさん」は小姐スタッフ不在、扇子屋さん店頭の大和絵団扇は見本の方向がみんな店の出入口方向に向けられていたので何れも撮影不能、仕方なく、前回も富岡製リケノン43mmf1.7でテストした雷門直下のニュー提灯の金物のハーケンクロイツ似のエンボスを至近距離で一枚撮ってみたもの。

Rokkor4520_08.jpg
八枚目のカットですが、人も居らず、また今年はほうずき市も行われなかったようで、どの店頭にも色鮮やかな鉢植えのほうずきが吊るしておらず、困った時のほうずき頼みも出来ず、雷門前ではてさてどうしようかと思い巡らせていたら、いつもより少ないお賽銭にも関わらず、聖観音様のご加護の賜物なのか、風に弄ばれる風鈴の音が聞こえてきたので向き直ってみたら、三定奥の土産物屋さんの店頭に可憐な風鈴が沢山吊るしてあり、涼し気なガラス細工の煌めきを放っていたので、至近距離で一枚戴いてみたもの。

Rokkor4520_09.jpg
九枚目のカットですが、風鈴を撮ってから背面液晶で眺め、なかなかイイんぢゃない♪とひとりごちて居たら、来ました、来ました観光客が!ということで、海外から直送ということはこの時期有り得ないので、民間の在留者か進駐軍、大使館関係者の類いでしょうが、雷門を前にして、夏っぽい衣装のパンチパーマの大男が恰幅イイ小姐連れで記念撮影の仕方をディスカッションしてたので、有難く一枚戴いてみたもの。

Rokkor4520_10.jpg
十枚目のカットですが、一夜開けて土曜日の朝、不意に築地ランチが食べたくなり、起床時間も遅かったので重いものを食べてしまうと、せっかくのランチが台無しとなってしまうため、軽く紅茶とワッフルだけ摂って、シャワー浴びてから築地に出掛け、お目当ての「ととや」さんで久々の「サービス丼」など戴いてから、さては人気の少ない、ここ築地でどうやって撮ろうかと悩み、まずはヲーミングアップとばかり、波除神社の提灯群を一枚撮ってみたもの。

Rokkor4520_11.jpg
十一枚目のカットですが、波除神社に一礼してから場外市場西端に面した道路を歩いていたら、来ました、来ました、マスクもせずにスィングしながらファンキーなフランス人の兄ちゃんが、ということで、ダッシュで近寄り、ちょっとイイか?ということでレンズと撮影の趣旨を等々と説明し、面白そうだね♪ということで、撮った写真送って上げる約束でモデルさんになって貰ったもの。

Rokkor4520_12.jpg
十二枚目のカットですが、幸先のイイ出足に気分もうきうき、場外市場を東西に走る通路の北から二本目の通りに面した斉藤水産さんの前を通り掛かってみたら、遠目で紐で括った仔豚が路上に打ち棄てられている、幾ら鮮魚商とは言え、家畜をぞんざいに扱うとは!?と義憤に駆られて速足で店の前に来てみれば、さにあらず、コロコロ太ったブルが飼い主のお買い物を邪魔しないよう、路上で寝そべっていただけでした、ということで、記念に一枚戴いてみたもの。

Rokkor4520_13.jpg
十三枚目のカットですが、その齋藤水産さんよりちょい東にある南北通路との交差点をこのピーカンというのに、真っ黒い武骨なこうもり傘のあいあい傘状態で、嬉々として歩き去っていく、20代後半のカポーの姿が目に留まったので、追い縋って後ろから一枚戴いてみたもの。

Rokkor4520_14.jpg
十四枚目のカットですが、前のカットを注意深く検分すると判るのですが、このこうもり相合傘カポーが通り過ぎた後、工房主の目に留まったのは、乾物商の店頭に掲げられた「COFFEE」の文字が刻まれた丸い浮動看板・・・この日は風が少々あって左右に揺れていたのでなかなかイイ位置でシャッター押すのに苦労したという知られざる苦労を秘めた一枚。

Rokkor4520_15.jpg
十五枚目のカットですが、左右に揺れるコーヒー印の丸看板をほぼドンピシャ一発で思った位置で止められ、おっしゃ!と背面液晶を検分していたら、これまた築地場外市場には似つかわしくない雰囲気のリゾート行きそびれ系ファッションの20代後半OLみたいな小姐二名組がいかにも食べない、買わないつもりで散歩だけしに来ましたオーラ放ちながら傍ら通り過ぎていったので、有難く後ろから一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、今回のMinolta Himatic7用の前後光学系はクリアランスもバッチシだったようで、前回の富岡光学製リケノンではかなり気になった周辺の像の乱れ、像面湾曲と外コマが少なくとも、PCの15.6インチ高精細液晶でも判らないくらいなので、非常によくできたのではないかと思いました。今度、機会あれば、是非とも、ズミクロンの肩書も持つ、CLE用のRokkor40mmf2.0と白昼の決闘をさせてみたいとも思いました。

さて、次回は、長い間時間と手間をかけて、ほぼゼロから作り上げた幻のレンズの驚愕の試写結果をお送りしたいと思います、乞うご期待!!
  1. 2020/07/12(日) 19:58:24|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nostalgic views in 21st. century ~ Yashinon45mmf1.8~

Yashinon4518_00.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、こちらお江戸は相も変わらず外出自粛中ではありますが、家の中に籠ってばかりいるのも気が滅入るので、やむなく、先週土曜日に工房から徒歩で回れる範囲、即ち、”三密”状態に陥るリスクを排除し得ない公共交通機関の利用無しでロケハンし、他人様との会話は勿論のこと、距離も3m以内には立ち入らないよう、最新の知見かつ細心の注意を駆使し、試写を行って参りました。
今回は、キャノンのライカマウントヘリコイドで距離計連動式新レンズを生み出すためのテストベンチである、セイコーSVシャッターユニットのどんがらにボーグヘリコイド経由Xマウントを装着した、云わば可動式テストベンチに、バックフォーカスの関係で今回はテストを断念せざるを得なかったCanon45mmf1.9に代わり、ヤシカ製レンズ固定式RF機のレンズの前後玉を装着し、実写を行ったもので、ドナーさんはヤシカカメラから1959年発売のYashica 35YLという機種のYashinon45mmf1.8です。
この玉は、可能な限り、エレメントを分解清掃し、内部反射軽減策を取った段階で確認した限りでは、4群6枚のガウス型でセイコーSVシャッターを挟み、きれいに前後群の3枚ずつが分かれるので、それをそのままテストベンチに捻じ込んで撮影に持ち出したもの。
では、さっそく当日の行程に沿って、実写結果を逐次眺めて参りましょう。
カメラはFuji X-Pro2による全コマ開放、絞り優先AE撮影となります。

Yashinon4518_001.jpg
まず一枚目のカットですが、今回は豊洲でランチを摂ろうと考えてコース選定をしたので、永代通り経由の遠回りはパスし、木場と越中島の境界辺りから福山通運の巨大な物流基地を右手に見て、豊洲に入り、そのままトステムビバホームへ移動するコースを撮ったのですが、越中島の船溜まりの手前の木陰に黄色い花が健気に咲いていたので最短距離で一枚撮ってみたもの。

Yashinon4518_002.jpg
二枚目のカットですが、越中島から都立三商の南の運河にかかる橋を渡れば、あっという間に豊洲エリアに入るほど、工房所在地と豊洲は近いのですが、運河にかかる長い橋に差しかかった辺りでエンジン音が聞こえてきたので小走りに橋の真ん中を目指したら、まだシーズン前というのに、モーターボートが東に向けて疾走し、そのあとを水柱上げたジェットスキーが追いかけていたので、ちょうど画面の真ん中に来るのを見計らって、背後のツインタワァー西館共々、ミニチュアっぽく一枚撮ってみたもの。

Yashinon4518_003.jpg
三枚目のカットですが、運河にかかる橋を渡り切ると、まず豊洲の新ランドマークである芝浦工大の豊洲新キャンパスが目に留まり、駅やビバホーム方面に向かうにはその前を通り、すぐに左手に折れなければならないのですが、その曲がり角の歩道上にもかつてIHIの造船工場の街の名残を留めるオブヂェが置かれており、アングルと陽の射し加減を工夫して撮ってみたもの。

Yashinon4518_004.jpg
四枚目のカットですが、芝浦工大のキャンパスからビバホームに向かうには、駅前から東雲方面、そして湾岸線へと続くメインストリートの一本東の通りを通るのですが、普段なら、職住接近のオフィス街ということもあって、休みの日ともなると、そこここに親子連れが溢れ返っている様子を目にするのですが、時期も時期だけなのか、もっと他に行きたい場所がたまたま有ったからなのか判りませんが、かなり閑散としていて、たまたまビル手前の共有緑地の石のベンチに腰掛けて語らい合った親子連れが目に留まったので、その後ろ姿を有難く一枚戴いてみたもの。

Yashinon4518_005.jpg
五枚目のカットですが、ここ豊洲は都内、或いは周辺に円高不況後、バブルを挟んで次々と造られた新都心に属するエリアでも最後発の組に属し、かつまた最も本物の都心に近いということから、かなりお金をかけて練りに練った都市計画をもとに整備されていて、ビルとビルの間の公開緑地も通路も無計画に継ぎはぎで造られた新宿副都心やら六本木、青山、西麻布界隈とは異なり、あちこちにゆとりが有って、散策も楽しめ、運動場手前の騎楼形式の一階廊下状通路のベンチみたいなところで、愛犬と寛いでいたゲントルマンが居たので、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Yashinon4518_006.jpg
六枚目のカットですが、ビバホーム二階の回転しない回転寿司店では想定外の混雑ぶりで、到着時には40組近く前が居たのですが、棄権やら、人数やら席タイプ指定のノウハウのおかげで、30分ちょいで席に案内され、キブン良く食事を終えて、次なる撮影地、ららぽーと豊洲裏の運河付近での撮影を行うため、いつもとは違う、駅から西に向かう道路伝いに運河脇の通路に出る際、公園でいたいけな童子達がひなたぼっこがてら元気に遊んでいたので、通りざまに一枚戴いてみたもの。

Yashinon4518_007.jpg
七枚目のカットですが、道路脇のちょっとした遊具の置かれた公園みたいなところを通り過ぎたら、すぐ目の前に運河というか湾奥というか水面の煌めきが目に入り、いつも陰気な運河横の工房に寝起きし、この頃は在宅勤務とやらで、奉公先から出社するに及ばずと禁則を喰らってる身でもあって、自ずとテンションが上がるのですが、目を足元に転じれば、陽光燦々と降り注ぐ階段上でシャボン玉アワーを繰り広げる親子連れが居たので、バリバリ逆光もものかわ、上から目線で一枚戴いてみたもの。

Yashinon4518_008.jpg
八枚目のカットですが、水面に沿った通路を北に向かって歩くと、程なく、ららぽーと豊洲のシンボルである、旧IHI豊洲造船工場の遺構である造船用クレーンの鋼構造が目に入るので、画面に収まりきるぎりぎりまですり足で近寄りファインダ覗いてはまた三歩進んで二歩下がるという何処かの物故演歌歌手のヒット曲みたいな位置決めの上、ちょうど通行人が差しかかった瞬間にシャッター切ってみたもの。

Yashinon4518_009.jpg
九枚目のカットですが、はてさて、シンボルの造船用クレーンの近くまで来てはみたものの、今回のパートナーは45mmの1.5乗数ですから、68mmという風景撮るには一番中途半端に近い画角のため万事休す、何を撮ろうかいなと思い巡らせていた横を親子連れがジョギングして通り過ぎていったので、EVF覗きながら丁度いい辺りに来るのを待ってシャッター切ってみたもの。

Yashinon4518_010.jpg
十枚目のカットですが、ここ豊洲一帯は、大学近くのオレンジの鋳鋼製車輪のみならず、至る所に街の記憶というテーマでかつての造船上に縁のある、錨やら歯車やら車輪やらがオブジェとして配置されているのですが、ここららぽーと豊洲裏の船溜まりはかつての造船所の中心部だっただけあって、その記憶の残滓たる鋼製オブジェの展示にも念が入れられており、中でもいつも錆止めの白ペンキを厚塗りされた歯車の群れが陽光を浴びて印象的なので、停止線の鎖から乗り出して一枚撮ってみたもの。

Yashinon4518_011.jpg
十一枚目のカットですが、クレーン下のウッドデッキの広場で、先の陽光燦々と降り注ぐ下での白ペンキ厚塗りのオブジェ撮影が奇しくも逆光に対するこのレンズの強さを立証する結果となったため、より近くで陽光を照り返し光っている、おそらくは仮係留用の鋼製重しのような物体表面に鋳込みで表された文字がどの程度表現できるのか試しに一枚撮ってみたもの。

Yashinon4518_012.jpg
十二枚目のカットですが、次なる目的地、晴海橋梁の雄姿を撮るべく、ララポートを右手に見ながら水面沿いの通路を北にずっと歩いていくと晴海橋梁の袂に繋がるルートに出るため、わざと遠回りし、いったん、ドックの上を渡された人道橋ではなく、馬蹄状ドックの奥部を回る際、ドックであった船溜まりの岸辺に残されたポラードという船係留に使う鋼製の遺構をオブジェとして再利用したものがあったため、嬉しくなって一枚撮ってみたもの。

Yashinon4518_013.jpg
十三枚目のカットですが、この元ドックだった小さい馬蹄状の入り江は現在は都営連絡船の船着き場に利用されており、いつもは、松本零士デザインの「Himiko」とその2番艦「Hotaruna」が入港するのですが、今般の新型コロナ騒動で都営の水上バス系は皆運休とのことで、ヒミコ姉妹の留守を守る都所有のパーティクルーザーに代役出演願ったもの。

Yashinon4518_014.jpg
十四枚目のカットですが、元ドックの船溜まりの底部はかつての造船所の構造にならい、水面から高く作られていて、眼下の水面は言うまでもなく、その間をつなぐ、芝生、合間に立つ木々や根本のコンクリート製ベンチも一望に見渡せるのですが、この日も三密もものかわ、二密なら文句有るかぁとばかり木陰で密着攻撃を楽しむいたいけな若いカポー達が大量発生していたので、上から目線で有難く一枚戴いてみたもの。

Yashinon4518_015.jpg
十五枚目のカットですが、いつもはストレートにその雄姿を捉えている晴海橋梁ですが、今回はシーズンのおかげもあって、武骨な高度成長期の働き手への長年の精勤に応えるためにか、袂に設けられたささやかな花壇付ミニ公園でバラが真っ盛りでイイ香りを発散していたので、花を主役に鋼製橋をセミシルエット的に捉えてみたもの。

今回の感想ですが、うーん、なかなか宜しいですね。さすがに開放だと周辺が大甘になりますが、それでも、普段使ってる、オールドレンズと比べれば、逆光に異様に強く、プロジェクタレンズだったら、画面の中に虹のオンパレードでオズの魔法使いが東京物語の予告編でも演じそうな勢いですが、これはフレア、ゴースト、コントラストの低下もなく、使い方によっちゃ素晴らしいレンズだなと思いました。

さて、次回は、生まれ変わった沈胴ユピテル8Mの試写結果でもレポートしましょうかね・・・早く戒厳令が開ければ良いですが・・・乞うご期待!!
  1. 2020/05/17(日) 23:25:51|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Return from junk box~Jupitar8M rebuilt No.01~

JP8M_RE01_00.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、予告通り、GW中の禁足令下での手持無沙汰に沈胴JUPITAR8M50mmf2の製造段階で、元々、Nikon Sマウントレンズ製造用パーツとして3ダースほど買い求めたキエフ用JUPITAR8MのCXマウントレンズ難有り詰め合わせから、マウント金物はNikon Sに合ったので利用したが、光学系は汚れが酷い、或いはカビているなどの理由で内鏡胴ごとジャンク箱に放置されていたパーツの中から、前玉では汚れたり、カビのようなものが覆っているが、キズが無さそうなものを選ってクリーニングし、第二群の三枚貼り合わせはバル剥がれと傷がなく、そして黄変色の少ないものを選って、後群の二枚貼り合わせは最後面によく有りがちな分解用レンチによる引っ掛け傷、バル剥がれが無く、黄変色の少ないものを選って、結像性能に大きく影響する1群と3群の組み合わせをメインに試し、三枚貼り合わせは外観による官能検査しかしようがないので、状態の良さそうなものを適当に選って、マウント金物の数である3つの良品光学系を作り出しました。
今回のものはRE01、即ち製造番号1号で性能的には前回アップした沈胴タイプの暫定組み上げモデルを超えていると思います。
では、5/9(土)の徒歩による森下~清澄白河~福住~深川の撮り歩き結果を逐次眺めて参りましょう。
カメラはSONYα7RII、全コマ開放による絞り優先AEでの撮影となります。

JP8M_RE01_001.jpg
まず一枚目のカットですが、今回はランチに明確な目的があり、起床した時間でシャワー浴びてから身支度していたら、お店の開いている時間に間に合わなくなるおそれが有ったので、往きはズルして木場から東西線、門前仲町駅で都営大江戸線に乗り継ぎ、13:30よりも前にお店に入って、葦簀張りの大広間を一人で使わせて貰い、豪華な深川飯を戴き、しかるのち、近傍を撮り歩こうと、大川端の芭蕉像の飾られている小高い塚に赴いたところ、自粛延長に伴い、芭蕉記念館本館同様、閉鎖が続くとのことで、仕方なく、その隣の特徴ある避難階段を撮ってみたもの。

JP8M_RE01_002.jpg
二枚目のカットですが、こんなご時世、通りがかりの人に声掛けるのも憚られますし、そもそも、足を留めて貰ったところで、マスクをしている人物を至近距離で撮ってもあまりキブンの良いものでもないので、昔の五輪真弓の「恋人よ♪」のカラオケの画面を思い出し、「マラソン人が行き過ぎる」ということで、河岸遊歩道をヂョギングする人の後ろ姿を一枚撮ってみたもの。

JP8M_RE01_003.jpg
三枚目のカットですが、今回の組み立てでは金物のクリアランス上、全く問題なく、無限が取れたので、こういう眺めの良いところで、風景を撮るのも悪くはないと思い、日本のヒンデンブル橋の異名を持ち、しかも、戦前のハイテク鋼材ハイマンガン低燐鋼材で作られて、鋼材をほっそりとした造りとしたという逸話が益々写欲をそそるので、一枚撮ろうかと思いきや、ちょうど、視界に日向ぼっこがてら散策に来た母娘が入ったので、急遽、そちらを被写体としたもの。

JP8M_RE01_004.jpg
四枚目のカットですが、河岸遊歩道にそれほど長時間留まっても、それほど被写体はなさそうな上、同じような背景になってしまうので、早々に退散し、都内のフォトヂェニックな橋の中でも、5本の指に入りそうな、由緒も正しい萬年橋の優美な鋼のお姿でも撮りましょうかと遊歩道から上に上がって暫くしたら、ちょうど、鼻歌交じりの自転車の兄ちゃんが通りがかったので、EVFで追い縋って一枚撮ってみたもの。

JP8M_RE01_005.jpg
五枚目のカットですが、萬年橋の優美な姿を捉えたのちは、本来であれば清澄庭園に移動し、池の周辺でシャッターチャンスを狙いたいところですが、あいにく、ここも自粛期間延長ということで、とりあえず月内は閉園ということでやむなく離脱、再び清州橋通りに戻って蛙が軒天井からぶら下がっている青銅製オブヂェが印象的な浄土宗のお寺にお邪魔し、その軒天蛙の洒脱な姿を下から捉えてみたもの。

JP8M_RE01_006.jpg
六枚目のカットですが、軒天蛙の青銅製の青ざめた姿を後にし、すぐ東隣りの細い通りを南に抜けると、清澄白河の震災長屋ストリートに出るので、清州橋通りから南に曲がって歩き出してすぐ、両脇の寺院の敷地から覆いかぶさった木々の枝による日陰で、芙蓉のような薄紫のグラデーションの美しい花が咲いているのが目に留まったので、細い通路を背景として、最短距離で一枚撮ってみたもの。

JP8M_RE01_007.jpg
七枚目のカットですが、昨年、確か、花祭りの期間に入って、甘茶掛けの話を聞かせて貰ったお寺だったので、今年は何かやっていないものかと、正門から中を覗き込んでみれば、立て看板に、三密を避けるべく、墓地での墓参りすら禁止、方向参りという本堂の中の祭壇から墓地の方向に向かって焼香、念仏が出来るという趣旨の話が記されていたのですが、納所前のちょっとした庭の石灯篭の前で何とレモンがなっていたので、これも最短距離で一枚撮ってみたもの。

JP8M_RE01_008.jpg
八枚目のカットですが、お寺を後にし、清澄通りを南に1分も歩けば、すぐに関東大震災後に内外各地からの支援により建てられたというレトロモダンな雰囲気の震災長屋ストリートに出ますが、いたいけな童子が自転車で暴走してきたので、ちょうど良い頃合いを見計らって、エキストラ出演願ったもの。

JP8M_RE01_009.jpg
九枚目のカットですが、同じく清澄白河の清澄通り沿いの震災長屋ストリートの清澄白河駅に近い辺り、丁度、反対側に深川資料館へ続く道への横断歩道の在る辺りの植栽で、そこそこ背が高い白い花を付けた植物が目に留まったので、長屋の店舗をバックに撮ろうかとEVF覗いていたら、白いフレアスカートを風になびかせた、今や絶滅危惧種の聖子ちゃんカットの小姐が通りがかったので印象派絵画的後ボケとして出演願ったもの。

JP8M_RE01_010.jpg
十枚目のカットですが、同じくここも震災長屋ストリートの定点観測スポットである白い木枠の独立系ブティック店舗なのですが、このところの自粛の流れを受けて、閉店こそしていますが、それでも店内のデスプレィは、小姐各位には魅力的に映るのでしょうか、通り過ぎる小姐は皆、中を窓越しに覗き込んでいくので、その様子を傍らから一枚戴いてみたもの。

JP8M_RE01_011.jpg
十一枚目のカットですが、白い木枠のブティックから南方向に歩き、交差点の手前辺りにあるのが、震災長屋ストリートの人気店のひとつ、クラフトビールを心尽くしのおつまみとともに楽しめる、パブのような業態のお店で、ここの軒先に掲げられた水道管を繋いで作った看板と真昼間から煌々と照らされた白熱電球型LED電灯がなかなか面白いので背景のメニューやらお店の紹介みたいな掲示物の後ボケも楽しめるため、一枚戴いてみたもの。

JP8M_RE01_012.jpg
十二枚目のカットですが、ここも清澄白河の震災長屋ストリートの南の端、目の前の仙台堀川を渡ってしまえば、住み慣れた門前仲町エリアに足を踏み入れることになるくらいの清澄白河の外れですが、震災長屋ストリートの人間以外の被写体として判り易くて手っ取り早いサトちゃん象の電動遊具が置いてある薬局があるので、足を伸ばす価値あり、当日も店番の女将さんに目礼してから一枚戴いてみたもの。

JP8M_RE01_013.jpg
十三枚目のカットですが、いつもは森下ないし清澄白河から徒歩で清澄通り経由、工房に戻る時は門仲交差点まで真っ直ぐ歩いていって、そのまま木場方面に永代通りないし、その側道を通っていくのですが、このところのテレワーク後の散策で、だいぶ佐賀、福住辺りの様子が判ってきたので、西葛西橋通りを茅場町方面に曲がり、被写体としてはボツにしましたが、緑色に塗られたアールデコ調の曲線が魅力的な橋の姿を撮ろうとした時、偶然、河の下流に見つけた5月の風物詩の姿を撮ってみたもの。

JP8M_RE01_014.jpg
十四枚目のカットですが、ここは今回の大発見、何と、東向島や曳舟、或いは本郷菊坂町の裏通り辺りにひっそりと残っていそうな戦前から戦後すぐにかけての木造モルタル造住宅が路地に建ち並び、何とその一角には手漕ぎポンプさえ残っていたので、狂喜乱舞し、一枚戴いてみたもの。

JP8M_RE01_015.jpg
十五枚目のカットですが、今回の思わぬ、近所での大発見に気を良くして、出がけの駄賃に同じく昭和の残滓が色濃く残るエリアを撮って帰ろうと思い直し、門仲交差点手前、赤札堂南の通りと交差する、辰巳新道という新宿ゴールデン街の劣化コピーみたいな通りに足を踏み入れ、丁度良い至近距離向けの被写体を見つけて撮ってみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、それなりに丁寧に組み上げれば、ゾナーはなかなか面白い写りをするレンズだということは再確認出来ましたが、室内での検査機器から、やっとスナップの相棒として首掛けストラップを与えたα7RIIもクロップ拡大の仕方を手が覚え、M(TIPO240)同等の速写が出来るようになったので、たとえ、レンズのテスト撮影途上でも決定的瞬間をモノに出来る可能性が高まったということです。

さて、次回はJupitar8Mリビルトシリーズはお休みにして、キャノネット用キャノン45mmf1.9の実力とやらを見せて貰おうか・・・ということで、乞うご期待!!
  1. 2020/05/10(日) 19:21:40|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nostalgic scenes brought by an optic of a company lost~Taronar45mmf2.8~

Taronar45_000.jpg
さて、今宵のご紹介ですが、引き続き外出自粛中ではありますが、家の中に籠ってばかりいるのも気が滅入るので、やむなく、徒歩で回れる範囲、即ち、”三密”状態に陥るリスクを排除し得ない公共交通機関の利用無しでロケハンし、他人様との会話は勿論のこと、距離も3m以内には立ち入らないよう、最新の知見かつ細心の注意を駆使し、今回も試写を行って参りました。
今回は、キャノンのライカマウントヘリコイドで距離計連動式新レンズを生み出すためのテストベンチである、セイコーSVシャッターユニットのどんがらにボーグヘリコイド経由Xマウントを装着した、云わば可動式テストベンチに、これまでデジタルで試写が行われたことはまず無いであろう、国産絶版のレンズ固定式RF機のレンズの前後玉を装着し、実写を行ったもので、ドナーさんは日本光測機工業株式会社製の1964年発売のTARON VLという機種のTARONAR45mmf2.8です。
この玉は、奇しくも、かつて後玉をインダスター22のものに替えて、奇跡の復活を果たしたペトリオリコール45mmf2.8と同じく3群4枚のテッサ型でセイコーSVシャッターを挟み、前群が凸の前玉と後群が貼り合わせの凹凸と分かれるので、それをそのままテストベンチに捻じ込んで撮影に持ち出したもの。
ただ、このレンズの名誉のために申し上げておくと、個体の状態はあまり宜しくなく、前玉にはかなり大きめの磨き傷、中玉には小クモリと被写体側のコーティング劣化、後玉は最後面にやはり目立つ磨き傷が有るという満身創痍の状態を極力クリーニングし、コバ塗り直し、鏡胴内部の反射防止強化のみで試写に臨んだものです。
では、さっそく当日の行程に沿って、実写結果を逐次眺めて参りましょう。
カメラはFuji X-Pro1による全コマ開放、絞り優先AE撮影となります。

Taronar45_001.jpg
まず一枚目のカットですが、またランチ含みでお昼過ぎに門前仲町方面へそぞろ歩きしながら、ランチスポットと被写体を探していたのですが、いつも贔屓のしている中国人店員のやってる豚骨醤油ラーメンのお店の手前の裏通りへ曲がる角の元和菓子屋の古風な木枠窓が今日は開かれていて、空を写してイイ案配だったので、通行人各位の視線もものかわ中腰で気合入れて撮ってみたもの。

Taronar45_002.jpg
二枚目のカットですが、何処をどう歩いて遭遇したのか、正確には覚えて居ないため、再現性に不安有りではありますが、結構なお味の焼鳥&唐揚げ定食を駅近くの居酒屋ランチで戴き、相生橋経由、月島を徒歩で撮り歩こうと移動した途上で、あまりの手作り感というか、こんなのを勝手に作ってお店の宣伝マスコットに使うと、世界的ねずみ講ことD社が黙ってないんぢゃまいか?とか色々考えながら、でもまぁ、被写体としては面白いからイイんぢゃね?と一枚撮ってみたもの。

Taronar45_003.jpg
三枚目のカットですが、門前仲町の交差点を清澄通りに曲がり、西側を歩いて相生橋を目指すと、区立越中島プールが見えてきますが、その敷地の入り口付近の対岸の石川島造船所を記憶すりためのオブヂェなのか、巨大な鋼鉄製の錨と鎖の実物が数十本のステンレス製の細い柱に裏側から支持されて屹立しており、良く見れば、その二又に分かれた先端がダイオウイカの耳みたいなカンジで面白かったので、至近距離で一枚撮ってみたもの。

Taronar45_004.jpg
四枚目のカットですが、越中島プールの先はすぐ、大川端の河岸公園で、この日も天気バツグンであったため、三密を裂けるべく、各組、十分なソーシャルデスタンスをとってのハイキング気分、ちょうど、相生橋の全景が撮れるアングルの被写界下部に、いたいけな男女の童子を連れた逞し気なオモニが居たので、一家でエキストラ出演して貰ったもの。

Taronar45_005.jpg
五枚目のカットですが、相生橋の全景を撮ってしまえば、さきいかの一本も貰えないような他人様のハイキング日和など、元より興味もないので、そうそうに河岸公園を後にし、相生橋を渡ろうとしたら、後ろから、今風の母娘が姦しく語らいながらやってきたので、後ろ姿でエキストラ出演願おうとやり過ごし、追い越しざまに風が小姐のポニーテールの髪を弄んだ瞬間をえいやっと一枚撮ってみたもの。

Taronar45_006.jpg
六枚目のカットですが、相生橋を渡り切ると、江東区の古都門前仲町から、中央区に属する帝都最古の下町、佃・月島に入るのですが、前回発見した、歩道上のあちこちに設けられた花壇に町会ごと飾り付けを行った縁起物オブヂェの一番手、招き猫ご一統様の福々しいお姿を至近距離から一枚戴いてみたもの。

Taronar45_007.jpg
七枚目のカットですが、招き猫ご一統様のすぐ先に、何とこのご時世に不埒なことに、屋外とは言え、1mも空けずに長々と行列を作り、人々はのろのろと前進していたのですが、何の配給かと先頭まで歩いて正体を確かめてみれば、「肉のたかさご」のご自慢の又焼を買い求めるための整理券配布だったらしく、納得、ふと横に目を転じれば、たかさご店舗裏の工場脇路地がとてもアーティスティックに錆びたトタン壁だったので、一枚撮ってみたもの。

Taronar45_008.jpg
八枚目のカットですが、これもたかさごの工場の横の路地を奥まで歩いて行って、偶然発見したのですが、既に廃業したと思しき、店舗兼住宅の入り口横の木製の飾り窓のペンキが数十年もの直射日光やら、潮風に晒されて、ひび割れ、木製の下地から剥がれて浮き上がった様子が半分だけ陽が射していて、とてもイイ雰囲気だったので、通りから一枚撮ってみたもの。

Taronar45_009.jpg
九枚目のカットですが、かなり面白い発見をして気分上々となり、清澄通りの一本北の裏通りを暫く西方面に向かって歩くこととして、結局は佃の住吉神社裏手の船溜まり北側の佃小橋辺りまで歩いて行ったのですが、その途上、家の横の花壇にバラを丹精されているのが目に留まったため、裏通りをバックに至近距離で一枚戴いてみたもの。

Taronar45_010.jpg
十枚目のカットですが、佃小橋の手前の船溜まり東側の低層住宅が立ち並ぶエリアの一角で、最新型と思しきイタリアの悍馬、フェラ-リを日光浴させているご家庭が目に留まったので、さっそくダッシュで近寄り、アルフィの高見沢某っぽい方(実は妙齢の女性!)が横で小物整理なんかしていたので、挨拶がてら声掛けて一枚戴いてみたもの。

Taronar45_011.jpg
十一枚目のカットですが、佃小橋まで到達し、はてさて、いつもは広角レンズの独壇場の佃界隈で、焦点距離換算68mm弱のレンズでどうやって景色なりを切り取ろうかと橋の欄干の表札と睨めっこなんかしてたら、ぐっすり眠りこけたいたいけな同時を肩に担いだ若いヲヤヂさんがのしのしと通り過ぎていったので、即座に一枚戴いてみたもの。

Taronar45_012.jpg
十二枚目のカットですが、佃小橋を渡ってすぐ、佃島での定点観測スポットである、銭湯一階に位置する中華の隠れ名店「麗江」さん店頭の甕出し紹興酒の空になった甕が並ぶ様を手前から三つ目の甕の素焼の蓋にピンを合わせて撮ってみたもの。

Taronar45_013.jpg
十三枚目のカットですが、紹興酒の甕のカットが背面液晶で見た限りは望外の出来だったのに気を良くして、15時のお茶の時間の前にもう一仕事とばかり、同じく佃・月島の定点観測スポットであるレトロ交番のある月島商店街まで歩いて行って、いつもとは逆に、望遠側になっているので、画面に交番を程よい大きさに収めるために道の真ん中に陣取らなくても良いので、気軽にアーケード下で待っていたら、ちょうどイイ案配に自転車のカポーが仲睦まじくやってきたので、有難く一枚戴いてみたもの。

Taronar45_014.jpg
十四枚目のカットですが、月島レトロ交番も撮ってしまうと、後はもう消化試合みたいなキブンなので、適当に商店街のアーケードを西の果てまで流して、再びメインストリートである清澄通りに戻り、門前仲町方面へ500mも戻るとコンビニ二階に素敵なファミレスが在るので、そこでお茶とスィーツを楽しんでから門前仲町方面へ戻る途中、朝潮運河沿いの公園を通りがかった際、木陰で外メシを愉しむ母娘の姿を認めて、通りから一枚戴いてみたもの。

Taronar45_015.jpg
十五枚目のカットですが、これぞ、このレンズの真骨頂!とも言えそうなカットですが、無事、佃・月島でのミッションを終えて、越中島の調練橋経由、木場方面へ戻る途中、いつもの通勤路とは違う径路を通ってみたら、木造の店舗兼住宅の鉄製外階段に夕陽がイイ案配に当たって輝いていたので、矢も楯もたまらず、一枚撮ってみたもの。

今回の感想ですが、いやはや、絶版メーカーのレンズ、しかも状態がベストではなくても、油断出来ないですね。このレンズ好きか嫌いかと聞かれれば、確かに68mm相当の中途半端な単玉一本では、街撮りでは、ずいぶんとあきらめなければならないシーンが出て来そうですが、これと同じ機種でずっと状態の良い個体を入手出来、それを当工房のCANON50mmライカマウントの鏡胴使って距離計連動化出来たら・・・考えただけでワクワクしてきました。是非とも、新型コロナ後の香港かハノイ辺りでスナップに連れ出してみたいですね。

さて次回は分解してクリーニグ終えたばかりのCANON45mmf1.9か、再リビルト後、無限調整したユピテル8か適当に気が向いた方を自粛ブームが吹き荒れる無人の街に連れ出しますので、乞うご期待!!
  1. 2020/05/03(日) 23:23:46|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nostalgic hero is comming up!!~Carl Zess Opton Sonnar 5cmf1.5CX~

Sonnar5cmf15AL.jpg
て、今宵のご紹介ですが、不本意ながら、新型コロナ騒動にかまけて、確定申告の仕上げも有ったため、先週は自宅兼工場から殆ど一歩も出ず、あたかも核戦争後のシェルター内のサバイバルの演習みたいな週末となってしまいせっかくの秘宝館の出待ちのトップバッターに出番を与えて上げられず、今週も待ちに待った土曜日が、東京では天変地異に等しいこの時期の大雪で外出出来ず、やっと好天に恵まれた日曜日の今日、勘を働かせて、写真撮らせてくれそうな、本当に日本のことが好きな海外からのゲストが遊弋していそうな原宿~表参道へと出かけたのでありました。
で、今回のご紹介は云わずとしれたCarlZess社のSonnar5cmf1.5、東西分裂後、西側の会社で作られた、いわゆるOpton Sonnarという代物です。
構成は3群7枚という、凡そ空気面を減らすためにはコスト増も厭わないという方針で作られた特異な構成であるため、メーカーから出たあと、修理が入っちゃったりしたものは、貼り合わせの芯出しやエレメント間のクリアランス、平行度等々、出荷基準からはかけ離れた粗悪な仕上げのものもたまに見かけたので、実際に撮ってみないと、その出来栄えは判らないのです。
では、さっそく実写結果を逐次眺めて参りましょう。
カメラはα7RⅡ、全コマ開放による絞り優先AE撮影。ロケ地は原宿~表参道~渋谷となります。

Sonnar5cmf15AL_001.jpg
まず一枚目のカットですが、地下鉄を乗り継ぎ、深川から原宿駅に出たのは15時過ぎで、さっそく一番シーンが転がっていそうな竹下通を目指し、入口付近の人物を物色していたら、マスクを買えないのか、或いは信条的、宗教的理由で装けないのか判りませんが、オーストラリア訛りの英語を話す男女が傍らで地図なんか拡げてくれたので、さっそく話し掛け、幾つか撮影スポットを教えて上げた代わりにモデルさんになって貰ったもの。

Sonnar5cmf15AL_002.jpg
二枚目のカットですが、暫く、白人二人組と一緒に竹下通を歩き、赤毛の小姐がちょっと買いたいものがあるらしく、店に入りたいというので、そこで別れ、ふと店の前の裏通りへの入り口付近に視線を走らせたら、なかなか春っぽい佇まいの小姐2名がショッピンの戦果を背中向けてレヴューしていたので、有難く一枚戴いてみたもの。

Sonnar5cmf15AL_005.jpg
三枚目のカットですが、如何にも不審人物然とした様子でストラップに繋げた真っ黒いカメラに銀色の怪しげなレンズを付けて竹下通を東に向かって歩いていたら、突如、人混みをかき分け、ライオンが二頭躍り出てきて、しかもあろうことかそのうち一頭が、格好の得物を見つけたとばかり凄い勢いで工房主向かってずんずん歩み寄ってきて、すわっ!儚かった人生もこんな路上で猛獣の餌となってオシマイ!?と思いきや、その正体はカツラを被ったゴールデンレトリバーの兄弟で、連れてたヲッサンと妙に話が合ったので、即席路上撮影会となったもの。

Sonnar5cmf15AL_003.jpg
四枚目のカットですが、後で写真送る約束してファンキーな"ライオン遣い"のヲッサンに別れを告げ、また竹下通りを歩き出したら南側に如何にも高そうなレストランのエントランスへ続く小径が目に留まり、これがなかなか手の込んだ造作だったので、路上の3mほど先のダイヤ形タイルにピンを合わせて一枚撮ってみたもの。

Sonnar5cmf15AL_004.jpg
五枚目のカットですが、竹下通りもそろそろどん詰まりに近い辺りまで来たら、地下のお店というハンデを抱えたがため、安くて美味しい中国スィーツが売り物のカフェも今回の新型コロナ騒動で全然お客が寄り付かないということで、いたいけなマスク姿の中国人小姐が懸命に店先で呼び込み行っていたので、商売の邪魔にならないよう、ちょっと避けて貰って、苺飴のオブヂェの写真だけ撮らせて貰ったもの。

Sonnar5cmf15AL_006.jpg
六枚目のカットですが、くだんの苺飴のオブジェの反対側の店舗では地上1階というアドヴァンティッヂを活かし、七色の食品添加物満載の綿飴を道行くいたいけな通行人の小姐各に言葉巧みに売り捌いていたので、国防色のフリースの小姐とその連れの黒色ダウンというユニクロ、ないしGUコンビの小姐が店頭のオブヂェの前に立ちはだかった頃合いを見てシャタ-切ってみたもの。

Sonnar5cmf15AL_007.jpg
七枚目のカットですが、その竹下通のどん詰まり手前に位置するボロい儲けの七色綿飴屋の店頭で、ハワイからという日系人中心の女系一家が一本の綿飴をつましく分け合って賞味していたので、さっそく声掛けて、スマホンで何カットか撮って上げる代わりにモデルさんになって貰ったもの。

Sonnar5cmf15AL_008.jpg
八枚目のカットですが、そろそろ、竹下通りの終焉を意味する、大通りとの交差点が見えてきた辺りのファストファッション系のお店の店頭で、これまた女系家族?という佇まいの婆ちゃん、ママ、そしていたいけな小姐の計三名が店頭の布製品を物色していたので、声掛けてモデルさんになって貰ったもの。

Sonnar5cmf15AL_009.jpg
九枚目のカットですが、竹下通りのどん詰まりまで歩いて、そのまま明治通りにかかる信号を渡って、向こう側の裏道、確か原宿通りという名前に代わっていたと思いますが、そこを暫く歩くと、人の出は落ちますが、なかなか店頭のオブヂェに秀逸なものが目に留まるようになり、まずは南側の側道に抜ける角の店頭に飾られた大文字付のジャケットのデスプレイを一枚戴いてみたもの。

Sonnar5cmf15AL_010.jpg
十枚目のカットですが、ここも原宿通りのどん詰まり、南へ抜ければ表参道へ抜ける、通称キャットストリートとの交差点北西に建つビルの地下店舗への階段入り口にいつも置かれている、古びた木製のロッキンチャアのオブヂェを撮ってみたもの。

Sonnar5cmf15AL_011.jpg
十一枚目のカットですが、これも原宿通りどん詰まりのロッキンチェアの至近距離の店舗入り口付近公道上に飾られた、季節のファッションと黒地の看板を組み合わせた、なかなか秀逸なオブジェでしたが、そのまま撮っても面白くないので、ちょうど、後ろの住宅街方向へと歩き去って行く人が入った辺りでシャッター切ってみたもの。

Sonnar5cmF15AL_012.jpg
十二枚目のカットですが、原宿通りを奥まで歩き通してしまったので、いったん、ロッキンチェアの有る交差点まで戻り、キャットストリートを表参道方向に向けて歩き出すと、有りました、有りました、ストリートスナップの華とも云うべき、面白いオブヂェが、ということで、親亀の上に子亀ではなく、ピューマだか豹の上に可愛い茶トラの仔猫がいまにも鳴き出しそうな雰囲気で乗せられている様子が微笑ましかったので、一枚戴いてみたもの。

Sonnar5cmf15AL_013.jpg
十三枚目のカットですが、キャットストリートを歩いていて、予想外の嬉しい発見が、群馬県の老母の隠居所の狭い庭にも植えてある、路上あちこちの陽光桜が6~8分咲きとなっていたことで、思わず、最短距離で路上の様子をバックにその愛くるしいピンクの花々を一枚撮ってみたもの。

Sonnar5cmf15AL_014.jpg
十四枚目のカットですが、ここ原宿に来ても、たまたま新宿、銀座で遭遇しても、いつも混んでいるか、或いは他で食事を済ませて戦意喪失しているかで、日本進出からもはや5~6年は経っていようというのに、意識高い?米東海岸系ロブスターサンドのお店Dukes Lobster Sandwichをまたしても見掛けて、今日は門仲でラーメンを食べてから出掛けてしまったことを悔やみながら、店頭で美味しそうに食べている人々の様子を一枚撮ってみたもの。

Sonnar5cmf15AL_015.jpg
十五枚目のカットですが、キャットストリートをひたすら歩いていたら、いつの間にか渋谷のスクランブル交差点前に出て、ええぃ面倒だ、ということで新宿ハンズへ行く予定を変更し、渋谷ハンズまで歩いて行ってしまい、そこで一通りの必要なものを買い求め、さて、どこでお茶して帰ろうかいな?とかルンルン気分でセンター街を歩いていたら、兄ちゃん、おもろいカメラとレンズ持っとるやないけ?とか声掛けてきた外国人カポーの写真を撮って差し上げたもの。

今回の感想ですが、いやはや、お店から買った状態から前後面をクリーニングした程度でこれだけ写れば、上出来だと思います、ニッコール5cmf1.4を買ったままで同じ条件で撮ったら、フレアというかハロがもっと出て、コントラストもずっと低くて、途中で撮影切り上げにしてしまったかもしれないくらいですから・・・

さて、次回は、恒例の3月連休の旅行で留守にしますから、コロナに斃れなければ、月末にそのレポートを上げたいと思います。もちろん、金を出せば買える普通のレンズだけではなく、秘宝館の出待ちレンズなども持ち出す予定です、乞うご期待!!
  1. 2020/03/15(日) 19:58:37|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gorgeous,flamboyant but well perform~Gold Sonnar 52mmf2.8~

Fake_sonnar50mm_00.jpg
さて、今週のご紹介は予告通り、まさに秘宝館ノコレクションの名に相応しい、ロシアから愛を込めてならぬ、疑惑を込めて、という風情のゴーヂャス感とパチモン感満載の黄金色レンズ"Sonnar 52mmf2.8"となります。
このレンズ、偽物、ブランド侵害にはこと厳格な管理をしているはずの電子湾で釣り上げたもので、釣ったつもりが、まんまと釣られた感ありありの謎のレンズでしたが、届いてから仔細に検分してみれば、中身はロシアの中堅レンジファインダ用L39レンズ、インダスターL61L/Dと思われます。
何とならば、絞り羽根がフラット形状ののものが第一群の凸レンズと二群の凸の間に位置しており、ゾナーでその構成上、一群と三枚貼り合わせ形状の二群とのギャップは極めて狭く、きつめのカーブの円弧状の断面ですから物理的に配置出来ないし、そもそもゾナーは二群と三群の間に置くのがビネッティングも起こりづらいし、そもそも絞り機構が小径に出来るので、どう考えてもエルマー型と思いました、しかもバックフォーカス短いゾナーだとこんな長い鏡胴にはなりませんし・・・
ま、何かの縁でせっかく極東の地の江戸は深川に届いたこのパチモン感満載の金色の玉、今回はなんとLeica M(TIPO240)で以て試写したので、その結果を逐次眺めて参りましょう。
全コマ開放による絞り優先AE撮影、ロケ地は9/7(土)夕刻の浅草です。

Gold_industar_001.jpg
まず一枚目のカットですが、いつもの浅草テスト同様、まず一枚目のカットは被写体うようよの雷門前広場から始めますが、当日は曇り加減の午後遅くの時間だったためか、また台風接近のためか、名物の松下電器寄贈の巨大赤提灯も畳みかけていたこともあって、遥か彼方の宝蔵門の屋根がくっきりと見えたので、その荘厳なチタン屋根の姿でも撮ろうとしたら、お手々繋いだ仲睦まじいカポーがやってきたので、特別出演して貰ったもの。

Gold_industar_002.jpg
二枚目のカットですが、雷門前広場を過ぎ、仲見世通りをに入ってすぐの、第二の定点観測スポットである、「美人茶屋あづま」さんの店頭で、当日は比較的空いていて、製造販売を手掛ける、工房主の奉公先の用語で云えば、多能工の小姐が健気に働いていたので、その精勤ぶりを斜め前から一枚戴いてみたもの。

Gold_industar_003.jpg
三枚目のカットですが、第三の定点観測スポットである仲見世通り一本西の道路との交差点に建つ扇屋さんの店頭の大和絵団扇を撮りに行こうと店頭を後にし、店の横を通ったら、海外からのゲストが仲睦まじく、きび団子とアイス緑茶などを堪能していたので、その後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Gold_industar_004.jpg
四枚目のカットですが、途中、ちょっとばかし寄り道はしたものの、殆どレギュラー化している、ほぼ最短距離での店頭の大和絵団扇の撮影を行うため、裏通りの扇屋さんの店頭に立ち寄り、素材としては秀逸なのですが、盛りを過ぎ、艶やかなオrンヂ色がしぼみつつあるほうづきの植木鉢が吊るしてあるのは今回も見送って、いつも通り、団扇上のひょっとこの目にピンを合わせて撮ってみたもの。

Gold_industar_005.jpg
五枚目のカットですが、無事、三番目の札所を過ぎ、宝蔵門方面を目指し、再び仲見世通りに戻って、歩き出して程なく、横を通り過ぎたなかなかカッケェ雰囲気のアメリカからのゲストが目に留まったので、小走りに追い縋り、趣旨を説明したら、おぃおぃライカに黄金レンズか?インドのマハラヂャか、それともタイの王族か?とか冗談で切替され、交渉成立、写真を送って上げる条件でモデルさんになって貰ったもの。

Gold_industar_006.jpg
六枚目のカットですが、無事、一発目の声かけ撮影に成功し、やっといつものリズムを取り戻し、大船に乗った気持ちで仲見世通りを再び歩き出すと、アイスクリンを売ってる店の横の側道上で、如何にもアメコミから抜け出て来ましたよ♪感ありありの髭もぢゃの偉丈夫がきな粉入りのアイスクリンの舌鼓を打って、目を白黒させていたので、思わず声かけ、モデルさんになって貰ったもの。

Gold_industar_007.jpg
七枚目のカットですが、気のいいヒゲの大男とアイスクリン舐めながら、ライカについての使い心地やら、フジのX系列とどっちがイイとか、やれ今回の金のレンズはホント電子湾でこんなの売ってんのか?とか一通り雑談してから、また歩き出して数秒、可愛いシバを抱えたお兄さんがやって来たので、声かけたら快諾してくれたので、シャッター切った瞬間にワン公があくびしたもの。

Gold_industar_008.jpg
八枚目のカットですが、仲見世通りを歩いていて、伝法院通りとの交差点手前の梅園の本店がある通りの入り口の日本料理屋の佇まいをかなり本格的な装備のα7で撮ろうとしていた、中国からのスタイル抜群の小姐の後ろ姿が目に留まったので、お店もろとも一緒に撮らせて貰ったもの。

Gold_industar_009.jpg
九枚目のカットですが、このところ、伝法院通りとの交差点を六区方面に道草することが多く、なかなか良い画も撮れることがあるので、曲がろうと思った刹那、左を振り返ってみれば、仲見世通りの暗めの朱色に統一された棟割長屋みたいな建物の裏側の通りが午後の傾きかけた陽射しを浴びて、得も言われぬ質感を醸し出していたので、ノー天気にアニメ主題歌かなんかを歌いながらやってくる小姐一個分隊にエキストラ出演して貰って、一枚撮ってみたもの。

Gold_industar_010.jpg
十枚目のカットですが、伝法院通りを六区というか浅草ビューホテル方面に向けて流しながら、モデルさんになってくれそうな、気のいい外国人、ないし日本人の浴衣姿の小姐グループを物色していたら、麦わら帽子にブロンズ編み下げポニテがバッチシのカノジョを連れた、ちょいヲタクっぽい兄さんがやってきたので、声かけて趣旨を説明し、面白そうだ!ということでモデルさんになって貰ったもの

Gold_industar_011.jpg
十一枚目のカットですが、真っ黒い天丼で名高い大黒屋さん向かいの店舗前で、いたいけな小姐二人組がアイスか何かを旨そうに食べながら器用に手自撮りなんかやってたので、真後ろからだと警戒されることが多いので、一回、前に出て、換わったレンズの試写やってるんで人柱になってよ、と冗談交じりに交渉したら、斜め後ろからなら喜んで協力しましょう、ということで、条件付きながらモデルさんになって貰ったもの

Gold_industar_012.jpg
十二枚目のカットですが、真っ直ぐ脇目も振らずに歩けば、5分足らずの雷門、宝蔵門間をゆに30分以上もかけて撮り歩き、やっと宝蔵門前のちょっとした広場に辿り着けば、居ました、居ました、お口の上手なカメ爺と気のイイ浴衣小姐の組み合わせが・・・ということで、注文の多い料理店ならぬ注文と撮影枚数の多いアマチュアカメラマンの撮影が一段落したのを待ち構え、こちらも出演交渉、一発で決めてみたもの。

Gold_industar_013.jpg
十三枚目のカットですが、宝蔵門下をくぐらず、境内に入ってすぐの定点観測スポット、手漕ぎポンプのところにいたいけな童子と明らかに中華圏かとおぼしきゲストの親御さんが、御幼少のみぎりから衛生観念を徹底させるためか、厳しく手洗い励行をしつけていたので、その鬼気迫るシーンを横から一枚戴いてみたもの。

Gold_industar_014.jpg
十四枚目のカットですが、境内第二の定点観測スポットであるお御籤売場は浴衣の参拝客もなく、珍しく閑散としていたので、往きはパスし、次のスポットである手水場へ足を運べば、ちょっと時間が遅かったのか、或いは、いつものX-Pro2のようにリアルタイムの露出補正が出来ないためか、東側から西方向に何枚か撮ってはみたものの、シルエットロマンスになってしまい、これがまともなうちの一枚。

Gold_industar_015.jpg
十五枚目のカットですが、今回も本堂にお参りすることとし、手水場で手、口を清め、チタン屋根、チタン手摺を装備した本堂の階段を上がって、無事お参りを済ませ、さて、戻ろうかと思った矢先、なんと本堂軒下テラスで、m3/4のミラーレスなんか使って記念撮影の撮りっこしてる小姐二人組が居るぢゃあーりませんか!?ということで、この天祐を活かし、声かけたら、えぇ!?ライカで撮ってくれるんですか?見たい見たい♪ということで、ノリノリでモデルさんになって貰ったもの。

Gold_industar_016.jpg
十六枚目のカットですが、結局、小姐達のカメラでも何枚か撮って上げて、しっかり、ライカで撮ったという証拠写真もスマホンで撮られ、別れを告げて、階段降りる際、参拝する世界各国からの善男善女のお姿を傍らから一枚戴いてみたもの。

Gold_industar_017.jpg
十七枚目のカットですが、また浅草で寄る所があったので、あまり遅くなるのもなんなので仲見世に比べ、遥かに空いている、東側の側道を南に向けて歩き、程なく、伝法院通りとの交差点、早田カメラ店の並びの著名洋食屋のミラー仕上げのガラスにおぼろげに書かれた当日のスペシャルメヌーのすき間の鏡面に道行く人々の姿が映って面白いので、いたいけな小姐二名組がやってくるのを待ち構えてシャッター切ったもの。

今回の感想ですが、いやはや、見た目のドぎつさとパチモン感とは裏腹にエレメント自体はとてもきれいな状態だし、バラしてこそは検分しませんでしたが、前後の開口部から眺めた限りでは内面反射対策も、当工房と同等レベルの加工を施していたので、もしや、と思い、撮影のスムーズさも考え、M(TIPO240)で試写に連れ出したのですが、予想以上の素晴らしい結果で単なるドレスアップレンズではなく、写りの性能にも十分心を配った、真面目な製品だと思いました。

さて次回は久々の旅写真、進駐軍横田基地他へ神出鬼没のレポートをお送りします、乞うご期待!!
  1. 2019/09/08(日) 19:16:05|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Excellent wide view for onlooker of a festival~W-Nikkor35mmf2.5S~

W_Nikkor3525_000.jpg
さて、今週のご紹介、予告通り、工房附設秘宝館に先のLeonon5cmf2.0と同時に入庫していた、黒の美品W-Nikkor35mmf2.5Sのご紹介となります。
実は、このレンズ、改造用の母体として買ったもので、先に買っていた銀鏡胴のものは、試写もせず、すぐに分解清掃したニコノス用Nikkor35mf2.5に前後のエレメント群を換装してしまったので、オリヂナルのものの写りがどんな案配かは試したことがなかったので、広角レンズの独壇場である山車系のお祭りである成田山新勝寺の祇園祭りに持ち出して試写を行ったという次第。
レンズ自体の氏素性は、あちこちで紹介されまくれりなので、あまり詳しくは述べませんが、4群6枚の極普通のWガウスタイプ、ちょうど、ライツのズマロン35mmf3.5のそれに似ているカンジです。
これが、改良型であるニコノス用ともなると、コマ収差低減用にキャノンの伊藤理論を参考にしたのか、微妙に前後のバランスを変えてあり、後群の絞り直前の凹は対面のものと大きさ、曲率を変えています。
では、さっそく、当日の行動に沿って、実写結果を逐一、眺めて参りましょう。
カメラはX-Pro2、全コマ開放による絞り優先AE撮影となります。

W_Nikkor3525_001.jpg
まず一枚目のカットですが、この日はいにくの曇天から小雨模様で撮っては軒下に避難、山車が近づいてくるとレンズをかばいながら路上にさっと出て撮ってからまた退避、という行動の繰り返しだったのですが、京成駅前のロ-タリーから山門へと続く参道を最小限の雨除けだけ施した山車が、町会の方々に曳かれて、お囃子も賑やかに近づいてきたので、小雨もものかわ、沿道の人垣のすき間から、その雄姿を一枚戴いてみたもの。

W_Nikkor3525_002.jpg
二枚目のカットですが、ここ成田のお祭りも、高齢化社会に突入した日本の現状に抗うかの如く、明るい表情の若人たちが、演者として各町会に参加し、山車に繋がる綱を曳きながら、にこやかな表情で歩いて行くのですが、ぱらつく雨にも負けず、遠くからでも一目で判る素晴らしい笑顔の演者の小姐が至近距離まで近づいてきたので、路傍からその笑顔を一枚戴いてみたもの。

W_Nikkor3525_003.jpg
三枚目のカットですが、そういうわけか、成田山の祇園祭りは他の山車系のお祭りよりは、地域というか町会の縛りが緩いらしく、結構、別の町会の法被を着込んだ演者が、山車に連なる曳き綱行列の中で談笑いながら歩いていたりするのですが、仲之町町内会の社中でも、金棒曳き予備軍と思しき、極小姐が繋がって歩いてきた中に何故か別の町会の母娘を発見したので、面白半分に一枚戴いてみたもの。

W_Nikkor3525_004.jpg
四枚目のカットですが、この仲之町の山車行列の社中はかなりの大所帯で、老若男女が次々と曳き綱につかまって歩いて来るのですが、あまりの見物人の多さに戦意消失したのか、或いは朝からだらだら坂を何往復もして疲労困憊になっちゃったのか、やや不機嫌そうな表情で、法被を着こなしたヤンママに抱えられて、山車の行列を歩んでくる母娘が目に留まったので、これも通りざまに路傍から一枚戴いてみたもの。

W_Nikkor3525_005.jpg
五枚目のカットですが、だらだら坂の参道の下から上を見上げるアングルで仲之町社中ご一行様を撮影していたのですが、そうそう、この参道の高い辺りから、山門方面を広角レンズで撮り下ろすと、結構、ダイナミックな景色が撮れるんだわな、とか思い出して、180°向き直って、通り過ぎつつある社中ご一行様を入れて山門方向の参道の店舗街を撮ってみたもの。

W_Nikkor3525_006.jpg
六枚目のカットですが、仲之町社中のご一行さまの行列道中の最後尾が見えてきたので、その後ろに別の町会社中も来ていないこともあり、いったん追い越して山門方面へ急ごうとして行列の横を速足で通り過ぎようとしていたら、ちょうど、実写版チコちゃんの如く、不機嫌そうな表情だった極小姐とそのオモニのところまで辿り着いたので、通り過ぎざまに置きピン、背面LCDの画を見てシャッター切ってみたもの。

W_Nikkor3525_007.jpg
七枚目のカットですが、この日は天気予報では結構な雨降りになると朝の時点では云われていたため、いつもより、だいぶ人出が少ないカンヂで、そのおかげで山車と並走しての移動も結構ラクであっという間に仲之町社中の最前列付近まで到達し、遥か前方に別の町会の山車とご一行様が見えてきた辺りで、前も詰まってきたこともあり、暫し伴走していたら、前を歩く町会の世話役のヲヂサンが沿道の知り合いから声でも掛けられたのか、振り返りざまに帽子を取って挨拶など始めたので、その様子を有難く一枚戴いてみたもの。

W_Nikkor3525_008.jpg
八枚目のカットですが、同じく仲之町社中のご一行様と伴走していたら、雨模様を吹き飛ばせとばかり、いつも以上に声を上げ、子供たちのやる気を鼓舞しながら行列を進めていくような風情で、世話役数名の行進のすぐ後ろのいたいけな童子達のパートで、若いちゃきちゃき系の小姐が頭陀袋の中に隠し持った秘蔵のお菓子を上げるの上げないので、屯所を前に小腹をすかせた一人の男の童子をからかっていたので、その他愛無い平和なやりとりを後ろから一枚戴いてみたもの。

W_Nikkor3525_009.jpg
九枚目のカットですが、ほどなく、だらだら坂中腹、鰻屋ストリート手前の仲之町社中の屯所へ到着、こういうシチュエーションが一番、オフショットを拾い易いと長年の経験がささやきますので、辺りを徘徊していたら、先ほど、行列を撮っていたら何回か目が合った小姐二人組が楽しそうに歓談に耽っていたので、かくかくしかじかと声かけて、イイっすよ♪と快諾して戴き、モデルさんになって貰ったもの。

W_Nikkor3525_010.jpg
十枚目のカットですが、仲之町社中の世話役の方に撮影協力のお礼を述べに伺ったら、お神酒を戴いてしまい、恥ずかしげもなく、お替りはいかが?のお申し出に有難く頂戴し、ほうぼうの呈で屯所を後にし、山門方面へだらだら坂を下っていくとすぐに鰻屋ストリートと呼ばれる、常に鰻を焼く煙がたなびく、京の鳥辺野か、或いは江戸の代々幡かという風情で、その特徴ある元旅館の三階建て木造建築の全景を撮ってみたもの。

W_Nikkor3525_011.jpg
十一枚目のカットですが、鰻屋ストリートを、なるべく匂いをかがないようにして足早に通り過ぎると、すぐに成田山新勝寺の本堂の在るお山に繋がる石段の根元にある立派な山門が見えてくるのですが、その先の辺りで、山車の休憩時間にビールと露天商各位から買い求めた、いわゆる屋台メシを肴に一杯ひっかけようとしていたレディース連の小姐達を見かけたので、小走りに近寄り、モデルさんになって貰ったもの。

W_Nikkor3525_012.jpg
十二枚目のカットですが、山門傍で、一杯ひっかけ始めたレディース連と立ち話していたら、別の町会の山車社中のご一行がやってくるようすだったので、別れを惜しみつつ離脱、まずは先導役の金棒曳の小姐をローアングルから狙おうと、路傍にしゃがみ込んで待ってたら、よほどその恰好が年寄りじみていたのか、明らかに吹き出しそうな表情でこっちを向いて歩いていったので、すかさず一枚戴いてみたもの。

W_Nikkor3525_013.jpg
十三枚目のカットですが、金棒曳の小姐達の率いる幸町の山車の本体がほどなくやってきて、山門下で、町会総出の手踊りを披露する準備のため小休止していたので、屋根の上から降りてきて、他の演者と歓談していた大工方各位の楽しげな表情を山車をバックに一枚戴いてみたもの。

W_Nikkor3525_014.jpg
十四枚目のカットですが、幸町各位は山門真下で栄えある総踊りのお披露目を終え、しっかり千葉テレビだかが録画したのを確認してから、いったん散開したので、時間も時間のため、駅方面へ戻りながら試写を続けようと、、再びだらだら坂を駅に向かって登り始めたら、鰻屋ストリートを過ぎ、仲之町社中の屯所も過ぎた店舗街の辺りでまた別の町会ご一行様と遭遇、その中に一段と人目を引く、今は亡き東京凡太か或いは一人獅子舞かという風情の唐草模様の祭り装束のエキゾチックな顔立ちの小姐がやって来たので、声援掛けがてら一枚戴いてみたもの。

W_Nikkor3525_015.jpg
十五枚目のカットですが、そろそろ駅まで数分という参道の入り口付近辺りまで戻ってきたら、何と、最初に遭遇した仲之町ご一行の山車が休憩のためか停車しており、動いている時はなかなか細部のパーツなど仔細に検分出来ないのが、どうぞどうぞということで、かなり近くまで寄せて貰ったので、このレンズの最短距離で、金属製の被写体の試写を仕上げに行うべく、撮らせて貰ったもの。

今回の感想ですが、良く写ることは間違いないのですが、いやはや、被写界深度が結構広いのか、或いは寄る年波は勝てず、目の解像度が落ちてきたのか、X-Pro2のEVFでは、このレンズ、クロップ拡大してもピントの山というか、芯がなかなか掴みづらく、こういう動きの早いお祭りスナップではヘリコイドも行ったり来たりで、おそらくウルトロンの35mmf1.7とか、ノクトンの35mmf1.4なら間違いなく速写し、モノにしていたろうな、というシーンを幾つか撮り逃しましたが・・・ま、釣りそこなった魚は大きいというのが常ですから(笑)

さて、次週から、今、地上で最もホットな観光地、韓国は釜山での撮影ツアーの結果を二週に亘ってお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2019/07/21(日) 22:29:16|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tragedic but impressive optics~LeononS 5cmf2.0~

Leonon_2.jpg
さて、今週のご紹介は久々のノンライツレンズ、秘宝館の新入り、LeononS 5cmf2.0となります。
このレンズ、タイトルにもある通り、かなり気の毒な生い立ちを背負った悲劇の玉で、これまで自社製造のレオタックスカメラ向けとして東京光学等からレンズのOEMを受けていた昭和光機がレオタックスになぞらえてレオノン銘で複数の光学機器メーカーにOEMで製造させていて、この5cmf2.0は1959年に発売されたとのことですが、この年に昭和光機は哀れ倒産の憂き目に遭い、倒産後も開発中だったレオタックスGなるボディにも付けられて売られていたようなのです。
構成はオーソドックスな4群6枚のWガウスタイプ、同時期にレオタックス用として併売されていたトプコールSの新種ガラスやら空気レンズを積極的に取り入れた豪華な設計、製品仕様とは比べるべくもありません。
ただ、写りはどうかと云えば、普通は仕様、中古価格でも良いとこ無しな機種ではありますが、キタムラさんのご厚意で奇跡的に状態の良い個体が入手出来たので、実写結果を見た限りでは個人的には、かなり好みの玉であることが判りました。
旅に出る時、ズミクロン、プラナー或いはシネクセノンとコレのどれを選ぶかと云われれば、少なくともアジアの旅ならこれを選ぶと思います。
ではさっそく実写結果を逐次眺めて参りましょう。ロケ地はツアイス兄弟との並走で潮来あやめ祭り'19となります。
カメラは富士X-Pro2、全コマ開放によう絞り優先AE撮影となります。

Leonon50mmf2_001.jpg
まず一枚目のカットですが、あやめ祭り会場について早々、寸暇を惜しみ、嫁入り船前にこの玉のテストからやってしまわねばならず、しかもあやめ祭りといいながら、いつも長い玉を先に装着してしまい、花は二の次になってしまうので、今回は会場入りしてすぐのあやめ畑に通路近くに咲く、明け方までの雨の雫を滴らせた白い菖蒲の花を撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_002.jpg
二枚目のカットですが、モニターで見ると、背景が前評判通りのユニークなボケ方ではなく、あまりにノーマル過ぎて、なんぢゃ、これぢゃ、Gyalaxyで撮ったのと変わんなくね?と考え、もうちょいダイナミックに写りそうな背景を園内のあやめ畑を徘徊しながら、ここぞと思った辺りでライブビューのモニタを見て探していたのですが、ちょうどイイ、紫の菖蒲の花の配置が目に付いたので最短付近で一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_003.jpg
三枚目のカットですが、難しい顔で屈みこんで花などを撮っていたら、周囲に華やかな雰囲気が満ちてきたので、何事かと顔を上げ向き直っててみれば、何と、白い巨塔の院長先生の回診ならぬ、お祭り期間中のあやめ娘各位による園内循環のお時間になったようで、ちょうど北側のあやめ畑付近に巡って来られたとのことで、お願いしてモデルさんになって貰ったもの。

Leonon50mmf2_004.jpg
四枚目のカットですが、撮った画を背面LCDでご覧いただきながら、60以上年前の国産レンズてこんなファンキーな描写なんですぜ、とか調子こいて宣伝していたら、年金シスターズによる恒例の高齢あやめ手踊りが南半分のあやめ畑の中で始まったらしく、是非撮って行って下さいとかあやめ娘各位に云われてしまった手前、仕方なく向き直って一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_005.jpg
五枚目のカットですが至近距離だけではなく、或る程度の距離、広さの被写界でもなかなかイイカンジのシャープネスとコントラストを発揮することが、なんとなく背面LCDの画でも把握出来たので、先ほどは最短とは言え、アプローチできる最短、すなわち、土手からあやめ畑に転落しない最短で撮ったのですが、あやめ畑北半分の北端へ目を転じてみれば、手の届きそうな距離に見事な紫の四輪が寄り添うように咲いていたので、ちゃちゃっと一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_006.jpg
六枚目のカットですがいつも嫁入り舟お出航前に係留してある船着き場に足を運び、出航前のゴーヂヤスな船内の様子でも撮ろうかいなとか思っていたのですが、何と、着いて早々の時間には船はまだ到着していないとのことで、それでも、菅笠被っていながら、真っ黒く精悍に日焼けした船頭の爺さまが黙々とザッパ舟の手入れなんかしていたので、一枚撮らせて貰いますよと声かけ、雑談しながら一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_007.jpg
七枚目のカットですが、今回は電車で潮来入りして、バスより小一時間早く着いてしまったので、午後の嫁入り船はもちろん、まだランチにも少々早い時間だったため、とにかく、このレオノンの実力とやらを見せて貰おうか、とばかり、あやめ園内を徘徊して被写体を探していたら、遠景に園内を跨ぐ橋と複数の色の菖蒲の群生をバックに一枚だけ可憐に咲く薄紫色の菖蒲が目に付いたので、これも何かの縁と思い一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_008.jpg
八枚目のカットですが、ここまで来て、重要な被写体を撮ることをすっかり忘れていたことに気付き、足早にザッパ舟の船着き場、嫁入り船の出航する小屋の前に屹立する、故橋幸夫をモデルとしたという「潮来の伊太郎」像を撮るべく、あやめ娘各位と思い思いの記念撮影に余念が無い観光客各位の行列が途絶えるまで小休止し、あやめ娘各位のお待ちどうさまでした、の声を合図に橋をバックに像を捉えてみたもの。

Leonon50mmf2_009.jpg
九枚目のカットですが、嫁入り船本番でのインターセプトポイントの確認がてら、観光協会のスタッフの方と園内の巡行ルートなど確認していたら、傍らを新手のあやめ娘の小姐が通り過ぎようとしたので、会話は暫し中断、普段からは予想もつかないようなダッシュで追い縋り、声を掛けて、配置、ポーズ指定でモデルさんになって貰ったもの。

Leonon50mmf2_010.jpg
十枚目のカットですが、そういや、無限での撮影やってなかったことをまたしても急に思いだして、それなら園内をくまなく見渡せる橋の上が良いだろうと思い、先ほど、下から、潮来の伊太郎像越しに背景として撮った、園内を跨ぎ、前川も跨いでしまう、大きな太鼓橋の上に登って、そこから北半分のあやめ畑の全景を捉えてみたもの。

Leonon50mmf2_011.jpg
十一枚目のカットですが、遠景を撮ると白っぽいものがやや滲む程度でそんなに面白くもない普通の画なので、やっぱ至近距離で背景には植栽入れるっきゃないでしょう、と頭の中でいきなり十勝弁モードになり、橋を降りて南半分のあやめ畑から橋をバックに至近距離で撮れる花はないか探していたら、ありました、ありましたということで、かなり無理して見上げるアングルから一枚撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_012.jpg
十二枚目のカットですが、10枚以上も色々撮って、それを適宜、背面LCDで確認していると、だいぶクセが掴めてくるのですが、無限だと、平行光が苦手なのか、或いは中心部の解像力稼ぐため、像面湾曲には目を瞑ったのか、周囲が相当流れ、甘くなる傾向があるような気がしたので、あやめ畑南半分の南端付近から巨大たいこ橋全景を入れて撮ってみたもの。

Leonon50mmf2_013.jpg
十三枚目のカットですが、そろそろ腹時計もアラームが鳴り出し、午後からの嫁入り船での最低三か所のインターセプトポイントおダッシュで移動しなければならないハードタスクを考え、ランチにでもすっぺか、とまた常陸弁モードに戻り、このところ、毎回、お邪魔している駅前食堂「長崎屋」さんで近海物のマグロをふんだんに使った鮪づけ丼を戴こうと、園内から幹線道路に抜ける辺りにちょうど鮎を炭火で炙って売っていたお店があったので、買わないけど撮らして、と頼んで一枚撮らせて貰ったもの。

今回の感想ですが、これが20000円しないで買えた、ホントのジャパニーズクラシックレンズの醍醐味と思いました。中心部のシャープネス、そしてシーンよっては激しく自己主張するゴッホの油彩の如き、大胆な後ボケ・・・今日び、普通に良く写るキャノンのL50mf1.8だって、このくらいの程度のものであれば、20000円を下ることはまずないし、不人気では双璧のロッコール5cmf2だって、やっぱり20000円以上は出さないとまともな写りのものは買えないと思います。正直、おっかなびっくりで買い求めましたが、久々の良い買い物だったと思います。

さて、次回は潮来といったら佐原、いやもうちょい戻って成田の祭り撮影に行きますので、天気にもよりますが、面白いレンズで何か撮ってきましょう、乞うご期待!!
  1. 2019/06/30(日) 22:32:41|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

An amazing optics we've never experienced ~Voigtlaender VM Nokton50mmf1.2asph. ~

Nokton50mmf12_000.jpg
さて、今週のご紹介は予告通り、9か月もの間、待ちに待ったスーパーレンズをボウナス払いという禁じ手を使い、遂に入手出来たので、栃木祭りに持ち出し、シェイクダウンテストを行った結果をレポート致します。

まずは、この"Voigtlaender VM Nokton50mmf1.2"のあらましを簡単にご説明したいと思います。
発表は今年年初のCP+2018のコシナブースにて、突如、彗星の如く現れ、現状でも評価の高い、50mmf1.1と35mmf1.2、そして前年の11月に発表された40mmf1.2をも脇役と化し、非球面を採用した50mmf1.2という、いわばヴィンテーヂレンズのどストライクゾーン目がけて100マイル超の剛速球を投げて来たかの如き、鮮烈なお披露目となりました。
ただ、その時点では発売時期未定の参考品扱い、やっと今年の夏も過ぎようとした9月中旬に発売となり、ここで6群8枚のWガウスとも言えない奇怪な構成のスーパーレンズが市販されたわけです。

当工房ではこれまで、海外遠征を中心に不動の4番打者として、CanonL50mmf1.2改が必ず登場し、こと、LeicaのMデヂタルとのコンビでは傑作をモノにしてきたのですが、現在は、神奈川県内某所でOH中につき、比較が出来ないのが極めて惜しまれるところであります。

では、当日の行動に沿って、さっそく、実写結果を見て参りましょう。
カメラはLeica M(TIPO240)、全コマ開放による絞り優先AE撮影となります。

Nokton50mmf12_001.jpg
まず一枚目のカットですが、栃木祭りのメイン会場である大通りの会所に設けられた架台の上には、毎回恒例の金漆塗りの対の獅子頭が置かれていて、それが当日、天気も良かったので、結構、盛大に照り返していたのですが、新品レンズの特権として、中の汚れや曇りもなく、かつ今回は深いフードをかけていたので、あえて、この難題にチャレンヂしてみたもの。

Nokton50mmf12_002.jpg
二枚目のカットですが、お昼前後の時間は演者である各町会の社中各位も観客もそれほどの出ではななかったのですが、それでも控えめながら運行している各町会の山車には、その先達を務め、華を添える、金棒曳きの小姐各位が務められているわけで、獅子頭を撮り終えた時、背後をちょうど通り過ぎようとしていたので急遽、向き直って一閃浴びせたもの。

Nokton50mmf12_003.jpg
三枚目のカットですが、今回、三回目の登場ではありますが、それぞれの最近接域でのクセを見るべく、大通りの会場入り口に近い辺りに位置する、元肥料商の店頭に置かれた黒塗り人力車の車輪とその荷台に置かれた、おそらくはかすみ草と思しき鉢植えをモチーフとして撮ってみたもの

Nokton50mmf12_004.jpg
四枚目のカットですが、大通りのそこかしこに点在する明治期から昭和初期にかけての店舗兼住宅の街並みの前を、何組かの町会の社中がそのご自慢の山車と共に通り過ぎて行きましたが、どの町会の組みでもやはり、見どころは先達の小姐各位のカラフルな衣装と、一糸乱れぬチームワークで振り下ろし、シャラーン♪と鳴らす金杖の音ですが、ちょうどやって来た町会の先達組をモデルにその様子を一枚戴いてみたもの

Nokton50mmf12_005.jpg
五枚目のカットですが、大通り上で、たまたま、目の前の町会の社中が一時休止し、いたいけな童子達からなる先達や山車の綱曳きも小休止、周囲の友垣と他愛もない歓談にうち興じたり、伴走するお親御さんからおやつや湯茶の補給を受けたりしていましたが、ちょうど上空に報道機関のものと思しい取材用のヘリコが飛来して、それを眺める先達の小々姐の姿が目に留まったので、これ幸いにとい一枚戴いてみたもの。

Nokton50mmf12_006.jpg
六枚目のカットですが、町会の山車の周りを写真撮って歩いていたら、カメラに興味を持ったのか、或いはひとかどの写真家、或いは報道機関の取材とばかり思ったのか、如何にも減れの姿を撮って欲しそうに、つかず離れず、いたいけな童子がこっちを見ながらうろうろしていたので、声を掛けてみたら、嬉々としてモデルさんになってくれたもの。

Nokton50mmf12_007.jpg
七枚目のカットですが、あちこちに小休止中の山車が停車している大通り上は、まさにこの種のレンズテストには格好のシチュエーションではあったのですが、何せ1/4000までしかシャッター速度が無いM(TIPO240)には、まれにみる好天の陽射しはなかなかツライものがあって、ちょっとでも日向で反射率や白色度の高いオブヂェが被写界に入ってしまうと、飛び飛び大会になってしまうので、慎重に探していたのですが、たまたま停車中の山車の中はそれほど明るくもなかったので、演者の小ど々姐に声かけて一枚撮らせて貰ったもの。

Nokton50mmf12_008.jpg
八枚目のカットですが、ここまでで、なかなか至近距離で人物のポートレを路上で撮る機会が巡って来ず、そこはかとなく焦り出してはきたのですが、辺りを見回してみれば、自分の町会の山車が小休止中でヒマこいて、姉妹でダベっていた先達の金棒曳きの小々姐と極小姐の二人組が目に留まったので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。

Nokton50mmf12_009.jpg
九枚目のカットですが、そうこうするうちに、少しずつではありますが、山車も運行を始めたようなので、当然のことながら、路上の床几なんかにどっかと腰を据えて、化粧直しなんかしていた先達の金棒曳きの小姐各位にも出動命令が下るわけで、先に別のレンズで撮らせて貰った小姐ではありますが、一枚撮られるのも、二枚撮られるのも同じとばかり、再び横顔を一枚撮らせて貰ったもの。

Nokton50mmf12_010.jpg
十枚目のカットですが、町会社中の山車の先達にはそこそこ美形の小姐を揃えたがるのが、適材適所の原則にも敵い、また専門性の高い演奏技能を求められる山車上の下座連には、ヴェテランのヲッサン、ヲヴァハンが据え付けられるというのが、佐原、鹿沼、そして川越と転戦してきて、自明の理の如く理解していた話ではあるのですが、ここ栃木では、AKB某の「木崎ゆりあ」を彷彿とさせるが如き美形が登場していたので、工房主のみなず、同行の他二名も狙って撮ろうとしていた事実に笑ってしまったもの。

Nokton50mmf12_011.jpg
十一枚目のカットですが、大通りの一番奥のどん詰まりの辺りでは、何故かテープが道幅一杯に広げられ、その向こう側には、色鮮やかなお揃いの法被を着た、女性らしき存在が大勢、出待ちをしていいたのですが、或る程度、近寄ってみれば、普段はお掃除とか、仕出屋の調理、或いは薄暗い夜のスナックのカウンター奥で神秘的に棲息している女性店主のような雰囲気の、要は顔のシワをパテならぬおしろいで塗り埋めた上、下塗り、中塗り、上塗りの輪島塗の漆器もかくやあらんばかりの厚塗り大姐軍団勢揃いだったので、そのマネーヂングをしていた、いなせな法被の爺様の後ろ姿だけ撮らせて貰ってほうぼうの呈で逃げ出す前の一枚。

Nokton50mmf12_012.jpg
十二枚目のカットですが、お揃いの極めて派手な法被に、高田馬場の仇討ちに加勢しに行く堀部安兵衛か、はたまた赤城の山も今宵限りと手下に大見得切って別れを告げる国定忠治か、と見まがうが如き襷掛けに、著しく堅そうなカツラなど被った老婆軍団を撮るのも、撮った後の写真に使い道が無いので眺めるだけにしておいて、その先達を務める、如何にも気立ての良さそうなスキンヘッドの爺ちゃんの笑顔が素晴らしかったので、モデルさんになって貰ったもの。

Nokton50mmf12_013.jpg
十三枚目のカットですが、昼飯場所を探すため、また元来た道を辿っていたら、スタンプラリーみたいなものの世話役兼、進行係みたいなお役目を担う、時代劇衣装、カツラに身を固めた男女が目に留まったのですが、この瓦版屋に扮した兄ちゃん、先輩格?の浅草のデブの草餅売りの桜金造もどきななんかと比べれば、極めて自然な振る舞いと何よりも笑顔が良かったので、傍らから何枚か撮らせて貰ったうちのベストショット。

今回の感想ですが、うーん・・・やっぱ新しい超高性能レンズはイイですね。クラシックな佇まい、そう、姿恰好はベンチマークとしたらしいCanonL50mmf1.2に何処となく似通っていますが、この開放からすっきりシャープでコントラストも発色もまさにデヂタル時代の作品造りにも十分耐えうる高性能さ加減で、先に期待満々で買い求めたUltron35mmf1.7asph.にも一歩もひけを取らない21世紀の銘器と思いました。

さて、次回は11月の連休を利用して訪れた鞆の浦~尾道、姫路の街の様子を二回に亘ってお送りししたいと思います、乞うご期待!!
  1. 2018/12/02(日) 20:47:36|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

High performance but less fame~Leitz Vario-Elmar21-35mmf3.5-4.0asph.

さて、今週のご紹介は予告通り、Leica M(TIPO240)によるLeitz R lens再評価第三弾行ってみます。
今回の患者さんはVarioElmar21-35mmf3.5-4.0asph.というRシリーズ最終機に出たズームレンズですですが、肝心のR8、R9がウルトラセブンに出て来た宇宙怪獣ジャミラみたいな異様なデザインとむ無意味に大きくて重かったことから全く売れず、従って発売期間、販売数の両面から見て、かなりレアな玉の筈なのですが、不気味なまでにプレミアが付くM用の玉に比べれば、まさに鳴かず飛ばず、先のICS世界の中古カメラ市@銀座松屋でも会場で未使用品を見かけましたが、それでも税込み30万円と新品の正規価格からすれば、信じられないような安価でした。
発売は2002年、構成は8群9枚で、この画角、開放値は当時としても、日本産では何の変哲もないスペックで、実際、画角的にはバッティングするCanon N-FD20-35mmf3.5Lなど1984年には発売されていましたし、トキナー辺りからも似たようなスペックのものは各マウントで発売されていたと記憶されています。そんなところからも、Mレンズと比べると気の毒なほど、お安い価格的評価に甘んじなければならなかったのかも知れません。
では、さっそく、実写結果を見て参りましょう。
ロケ地は本所から浅草、カメラはLeica M(TIPO240)による絞り優先AEモードでの全コマ開放撮影となります。

V_ELMAR1835_001.jpg
まず一枚目のカットですが、折角の超広角ズームをフルサイズで使えるのですから、M(TIPO240)を買った当初から是非とも試したい被写体が幾つか有ったのですが、そのうちのひとつが、スカイツリーとさ逆さスカイツリーを同一画面で写し込める横十間川の十間橋からの構図で、やはり21mmでも両方の頭を縦位置に収めるのは難しく、水面の方はちょっとズルして切って何とか収めたもの。周辺がやや光量落ち+色シフトしてます。

V_ELMAR1835_002.jpg
二枚目のカットですが、くだんの橋からは横十間川を西方向、即ちスカイツリータウンに向かって5~6分も歩けば、もうスカイツリーの真下に着くのですが、ちょうど時刻的には早春の陽光が西に沈みかけた頃なので、川面に向かって浅い角度で低い色温度の光線が射すタイミングで、まだ冷たそうな水面と手前の歩道の手摺の金属感とまだ蕾も膨らまない桜の樹の枝のシルエットの構図がなかなか良いカンジとなった一枚。

V_ELMAR1835_003.jpg
三枚目のカットですが、横十間川の夕暮れに見とれていたら、その傍らを賑やかに家族連れが童子は小走りに、まだ若い親御さん達は大股に歩きながら語らい合い、楽しげに通り過ぎていったので、光線の回り具合を見計らって、童子達のシルエットに光の縁取りが出来た一瞬を見計らってシャッター切ったもの。

V_ELMAR1835_004.jpg
四枚目のカットですが、スカイツリータウン一階の広場に着いたら、フランス語でキャァキャァとはしゃぎながら、傘を斜めにさしたり、回したりして、おそらくは今流行り物のインスタ向けの写真なんか撮っていた白人のカポーが居たため、しめしめとばかり、写真が凄く上手なヲヂサンがシャッター切って上げるからとか甘い声を掛けてモデルさんになって貰ったもの。

V_ELMAR1835_005.jpg
五枚目のカットですが、一階からエスカレータに乗って、スカイツリーへのエレベータへの乗り換えロビーのある4階屋上に移動し、さっそく、西側の広場でスカイツリーをシンメトリカルに収められるひ秘密の位置に立ち、最短焦点距離の21mm側でツリーの威容を下から見上げる格好で撮ってみたもの。ここでも空側に減光+色シフトが認められます。

V_ELMAR1835_006.jpg
六枚目のカットですが、スカイツリー下での撮影もほどほどに切り上げ、まだ陽光が残るうちに東武電車で浅草に移動、雷門まで戻らず、浅草駅北口から出て、伝法院通りからいつものフランチャイズである仲見世にアプローチしモデルさんを探そうとしたら、いきなり着物着たアジア人と白人の二名組の小姐に声かけられて、シャッター切って上げた代わりにモデルさんになって貰ったもの。

V_ELMAR1835_007.jpg
七枚目のカットですが、先の二人組と別れてから、そのまま仲見世通りを浅草寺方面へと歩き、程なく宝蔵門前まで来たら、結構、着物が似合うネシアの小姐がお友達と写真撮りっこしていたので、一枚撮らせてよ、と頼んだら、着物着てない友人は他人のフリして逃げ出し、逃げ遅れた着物の小姐が快くもモデルさんになってくれたもの。

V_ELMAR1835_008.jpg
八枚目のカットですが、ここもいつもの定点観測スポットのうちの一つですが、宝蔵門を潜って、そのまま本堂に至る道を辿らず、横東側の休憩スペースとの間に在る手漕ぎ井戸の方面に目をやったら、い居ました居ました、冬の間は水が冷たいため、どうしても敬遠される井戸に中国人親子がやって来て、童子が水汲んで手を洗いながら、親御さん達が写真なんか撮っていたので、声かけて撮影人に混ぜて貰ったもの。

V_ELMAR1835_009.jpg
九枚目のカットですが、周囲もだいぶ暗くなって来ての屋根の下なので、開放値の明るくない玉ではどうかな、とは思ったのですが、ここ手水場もなかなか秀逸なカットが撮れることがままあるため、暫し張って居たら、来ました、来ました、久々の日本人で豪快に童子を肩に抱えた若いオモニが笑顔でお清めを始めたので、待ってましたとばかりに一枚戴いてみたもの。

V_ELMAR1835_010.jpg
十枚目のカットですが、巨大香炉の在る焼香場の傍ら、線香売り場と手水場が一体化した建物の南側、ちょうど御神籤売り場との間のちょっとした広場からはスカイツリーの勇姿が望めるのですが、同時に空いた場所でもあるので、メールやラインしたりする息抜きの場としていつも、何がしかの観光客がたむろしているので、ツリーを背景にその様子を捉えてみたもの。

V_ELMAR1835_011.jpg
十一枚目のカットですが、境内での撮影が一段落し、今度は雷門方面へと仲見世を歩いて被写体を探してみようかと歩き出した刹那、またしても着物姿のアガシ二名に英語で声かけられて、五重塔を背景にシャッター切って欲しいというので、このタイからのアガシ二名の願いを聞き届け、代わりにモデルさんになって貰ったもの。

V_ELMAR1835_012.jpg
十二枚目のカットですが、宝蔵門をくぐり、仲見世に入るとすぐに、糖質制限ダイエット中の自分は絶対に買わないでしょうが、結構な数の観光客が群がる揚げ饅頭屋さんの店頭で、これまた中国人の小集団が自分達の買う品物の上がりを待っていたのですが、その中でも極小姐が待ちきれないとばかりに実演のヲヂサンの目の前に進み出て無言でプレッシャ掛けてるその姿が面白くて、傍らから一枚戴いてみたもの。

V_ELMAR1835_013.jpg
十三枚目のカットですが、仲見世を雷門方面に歩いてすぐに伝法院通りとの交差点に出ますが、ここの位置的にスカイツリーの全貌が見易くなっていて、先ほどの着物小姐二名組ではないですが、インスタ映えを狙い、キャァキャァ云いながらシャッター切っている観光客が多いのですが、あにはからんや、また居たので、その後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

V_ELMAR1835_014.jpg
十四枚目のカットですが、人混みの仲見世を歩き通し、やっと雷門の手前、美人茶屋あづまさんの位置する交差点まで辿り着き、そこを西に曲がり、ここも定点観測スポットである、側道との角に位置する扇子屋さん店頭の大和絵団扇をモチーフに店頭の様子を撮ってみたもの。ここでも空は入っていますが、35mmサイドでの撮影なので、光量落ち+色シフトは全くと云って良いほど認められません。

V_ELMAR1835_015.jpg
十五枚目のカットですが、この日は、結構な数の観光客、それこそ多国籍軍と云ってもイイほどの多種多様な人々が、和風テイストのインスタ映えを狙い、雷門周辺で自撮り、ないしカポーの交替撮りをか敢行していたのですが、特に何処の焼鳥レストランにも無いような巨大赤提灯が大人気らしく、下にた立ち止まっては代わる代わる記念撮影している中国人グループが居たので、傍らから一枚戴いてみたもの。

V_ELMAR1835_016.jpg
十六枚目のカットですが、同じく雷門付近での撮影で、今度は正面南から宝蔵門方面に向かい、やはり、巨大赤提灯とツーショット撮影を決め込もうとする若い小姐と、それを横目に見つつ冷淡な表情で傍らを足早に通り過ぎて行く年配のアガシとの対比を捉えてみたもの。

V_ELMAR1835_017.jpg
十七枚目のカットですが、すっかり陽が落ち、人工光によるライトアップ時刻になった雷門前の広場で、思い思いのスタイルでパートナーとツーショット記念撮影を愉しむカポーや、人待ち顔でスマホン画面なんか覗き込む兄ちゃんなんかが散らばっていて面白いので、広角を活かし、一枚撮ってみたもの。

今回の感想ですが、やはりフィルム時代の広角はデヂタルのフルサイズだと、CMOSの構造上、どうしても周辺が甘くなって、光量落ちと色シフトが起こるのですが、広角Mレンズに比べ、テレセントリック性は良い筈のRレンズでも少なくとも21mmサイドで空を入れた構図では光量落ちと色シフトは顕著に認められ、なるほどと納得した次第。
さて次回は確定申告も終わったし、何か工房製レンズのテストでもしようかな、乞うご期待!!
  1. 2018/03/11(日) 20:45:39|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Classic but most advanced ~Voigtlaender Ultron35mmf1.7asph.~

Ultron35mmf17.jpg
さて、今週のご紹介は予告通り、横浜はパシフィコで今週末に開催されていたCP+2018にて、導入したてのVoigtlaender Ultron35mmf1.7asph.試写した結果をお送り致します。
実は50mmは純正、改造を含め潤沢に在庫有り、よりどりみどりなのですが、いざM(Tipo240)をスナップに連れ出そうとすると、一番機動性が高い35mmのf2クラスのレンズが手薄で、何とド定番のズミクロン35mmf2すらなく、選択肢はVoigtlaenderのC.Nokton35mmf1.4かCanonL35mmf1.5、同f2しかなく、Canonのf1.5は独特の形状の連動カムのため、ライカM系列では距離計連動が危うく、f2は開放ではシャープとは言えないし、ボケも?ということなので、薄暮用に買ったC.Nokton一択の状態が続いていたので、年明けから35mmf2クラスの開放からシャープな玉の導入を検討していたのですが、価格が高騰している割には状態の良いものが少ないズミクロンは除外し、コシナのラインナップから買うか、或いは程度の良い中古のG.Planar35mmf2.0を買って台湾辺りのキット使って距離計連動改造しようか、色々考えていたのですが、結局、Biogon35mmf2.0かUltron35mmf1.7asph.、KM Hexanon35mmf2.0のいずれかから選ぶことに決めて、色々調べて、お店で現物見た結果、一番高い、Ultron35mmf1.7asph.を買うこととしたのです。
このレンズは2015年8月発売の、云わずと知れたコシナのVoigtlaenderのVMマウントシリーズの最新鋭の製品で、7群9枚で一番最後の凹レンズに非球面を採用しています。なお、意匠性の好みに合わせ、アルミ製で黒塗りのモデルと真鍮削り出しにクロムメッキを施したシルバーの二つがラインアップされていますが、素材の堅牢さ、そして仕上げの美しさを考慮し、定価が二万円高いシルバーを選んだ次第。
では、さっそく会場での試写結果を逐次見て参りましょう。
カメラはLeica M(TIPO240)による全コマ絞り優先AE撮影です。

Ultron35mmf17_001.jpg
まず一枚目のカットですが、JCIIのブースで集合し、I大先生に遅まきながら新年のご挨拶などさせて戴いてから、仲間と再集合時間を確認し、そのうち一名と会場内を徘徊することととして、JCIIぶブースを出てから真っ先に目に付いたメーカーブースの軒先に佇んでいた、白いコスチュームも眩しい山口美枝似のコンパニオンの小姐にお願いしてモデルさんになって頂いたもの。

Ultron35mmf17_002.jpg
二枚目のカットですが、いつもは必ず同伴している旧一号機X-Pro2の実家、富士フのブースにもしかして、また開発途上のハラショーな製品の痕跡でもないかと訪問したのですが、なかなか希望に沿うよようなものはなく、去年の中判に代わって、今年はアマチュア向けとしては???と思うX-H1の大々的なお披露目をやっていたのですが、その会場で結構ゆるめにモデルさんを撮らせていたので、いつもはPro2使ってるんだけを、今日は忘れたゴメン、ということで、苦笑する係員の黙認を良いことにステージ脇からミニショーを撮らせて貰ったもの。

Ultron35mmf17_003.jpg
三枚目のカットですが、なかなか幸先良いスタートに気を良くして、次なる獲物を虎視眈々と探しながら、お仲間と話しながら歩いても、目だけキョロキョロと辺りに視線を走らせ、ハクバのブースで結構気前よく撮影に応じていたのが目に留まったので、小走りに近寄り、コンパニオン小姐を撮ろうと行列している後ろについて、順番来てから一枚撮らせて貰ったもの。

Ultron35mmf17_004.jpg
四枚目のカットですが、同じく会場を鵜の目鷹の目歩いていたら、東芝のブースで大々的にFlash Airのプロモーションのためのステージショーなど行われており、華やかなモデルの小姐達が、軽快なBGMに合わせ、ステージの左右を行き来し、ところどころで決めポーズなんか撮るので、ステージの脇にい入れて貰って、その全景図を1枚戴いてみたもの。

Ultron35mmf17_005.jpg
五枚目のカットですが、会場内にはこれまで以上に海外、とりわけ中国籍の企業からの出展が目に付いたのですが、レンズフィルター会社のブース軒先で、製品を眺めていたら、いたいけな小姐が近づいてきて、相当流暢ですが、中国人特有の僅かななまりがあったので、話の途中に不意に北京語で、小姐、写真撮っても良いか?と切り出したら、一瞬驚いた表情ですがオケー、オケーということで、本人による背面液晶モニタでの画像チェックでオケー貰うまで3枚撮ったうちのベストショット。

Ultron35mmf17_006.jpg
六枚目のカットですが、いたいけなコンパニオン各位の写真を撮るのみならず、飛ぶ鳥をも落とさんばばかりのSONYには色々と意見を述べ、聞きたいこともあったので、ブース位置を確認するとすぐさま向かったのですが、なかなかエンヂニアと話しをするのはハードル高そうで、まずは軒先で不織布のバッグなんか配っているコンパニオン小姐の写真なんか撮らせて貰い、一回りしてから再訪しようということでモデルさんになって頂いたもの。

Ultron35mmf17_007.jpg
七枚目のカットですが、SONYのブースを出て、またしても、気立ての良さそうなコンパニオン小姐さ居ねぇだか?のノリで会場を徘徊していたら、タムロンのブースの入り口付近で、笑顔でカメコの撮影りリクにも気軽に応じていた小姐が居たので、声かけ、M(TIPO240)の原因不明のスタックにも関わらず、快く付き合って貰ったもの。

Ultron35mmf17_008.jpg
八枚目のカットですが、会場を徘徊していると、いつの間にか同じブースを再訪し、知らないまま、ままた同じコンパニオンの小姐に声を掛けてしまうというのは、いつもよりテンションが高い、こういうイベントでは致し方ないことではありますが、ステージは撮らせて貰ったものの、ブース軒先で案内ししているコンパニオン小姐はまだ撮らせて貰っていないことを思い出し、声かけてモデルさんになって頂いたもの。

Ultron35mmf17_009.jpg
九枚目のカットですが、毎年、結構気前良くポートレに応じてくれるコンパニオンの小姐を揃えていたことを思い出し、オリムパスのブースが目に留まるや否や速足で訪問し、周りのカメコがみんなOMととか、PENシリーズでお世辞交じりに小姐達を撮っているのに若干気まずい思いもしたので、EVFだけオリムパス製品なんで勘弁してね、とかヘンな言い訳しながらモデルさんになって貰った第一弾。

Ultron35mmf17_010.jpg
十枚目のカットですが、モデルになってくれたコンパニオンの小姐が怪訝そうな表情ながらも、ライカにオリムパスのEVFが使えて、愛用者は結構多いという説明にいちおう感心したようで、これに気をよ良くし、同じブースの隣の組の小姐にも同様に声かけてモデルさんになって貰ったオリムパス編第二弾。

Ultron35mmf17_011.jpg
十一枚目のカットですが、オリムパスブースでの想定外の厚遇に気を良くして、次なる獲物は?と再び会場徘徊を始めようとしたら、すぐ近くのブースでヘソ出し小姐が笑顔で次々訪れるカメコ、カメ爺の相手なんかしているのが目に留まってので、頼もう!ということで声かけたら、あらライカですね、可愛い!とか訳判らんノリだったので一枚撮らせて貰ったもの。

Ultron35mmf17_012.jpg
十二枚目のカットですが、大変申し訳ないことにブースの主の会社の名前はすっかり失念してしまったのですが、ストラップ関係の大手メーカーというブースの前で、グラマラスな小姐がカメコも声かけないのか、ヒマそうに男性スタッフとお茶挽いていたので、必殺ポーズお願い!と声かけてモデルさんになって貰ったもの。

Ultron35mmf17_013.jpg
十三枚目のカットですが、同じストラップ関連のメーカーブースでモデルさんになって貰った小姐と不意にカメラ談義になったら、ちょうど、持ち場交代の小姐も中から出て来たので、では二人並んではハィポーズということで、唐突なお願いにカメラを反対に構えたのはご愛敬とばかり一枚撮らせて貰ったもの。

Ultron35mmf17_014.jpg
十四枚目のカットですが、再びタムロンのブースを訪問すると、時間による交代なのか、さっきとはべ別の白いコスチュームのコンパニオンの小姐が出て来ていて、先に撮っカメコとの雑談タイムでは、おオートサロンなどにも出ていたらしくなかなか忙しいなどということだったので、ではぜひともそんな人気のコンパニオン様なら一枚お願い、ということでモデルさんになって貰ったもの。

Ultron35mmf17_015.jpg
十五枚目のカットですが、意外にガードが高そうで実はそうでもないのが、業界の一方の雄、Canonのブースで、何とブースの総合受付の小姐がカタログ貰うでなし、モデルのリクだけに立ち寄るカメコ、カメ爺の類いにも快く応じてくれていたのを通り掛かって見ていたので、一日の仕舞いに眉目秀麗な小姐が佇んでいるのを確認し、大胆にもお願いしてもの。

今回の感想ですが、いやはや、クラシック然としたルックスはもちろん、操作感、そしてライティングが不随意で光線状態が必ずしもベストとは言えない条件下の開放での描写といい、最新のコシナのレンズは素晴らしい、仲間内の夜の飲み会でも、コシナの躍進ぶりは話題にななっていましたし。会場で目にした50mmf1.2asph.は是非とも手に入れたいと思いました。
さて、次回は再びLeica M(TIPO240)によるLeica Rレンズ再評価いきます、乞うご期待!!

  1. 2018/03/04(日) 23:02:04|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Truth of Japanese Noctilux~Canon FL58mmf1.2~

FL5812.jpg
て、先週は工房主が不運にもインフルエンザA,B両タイプ制覇という人並み外れた偉業を達成してしまったが故に臨時休業、確定申告真っ盛りのシーズンにも関わらず、春の陽気に誘われて、昨日のど土曜日に葛飾柴又は帝釈天まで撮影に出掛けた結果をもとにレポートお送り致します。
今回ご紹介のレンズは既出ですが、フルサイズでの初テストということで、再度おさらいをしますと、CanonFL58mmf1.2で1964年発売の5群7枚、ちょうど最後群が分割されているズマリットタイプの変形プラナー型の光学系になります。
結論を申せば、フルサイズでエクステンションアダプタ経由の大口径レンズを使うことは、やはりビネッティングの心配があり、実際、空が入るシーンではやはり顕著に認められましたが、それ以外の暗所を撮るシーンではノクチルックスもかくやあらんばかりの高性能ぶりを発揮してくれたので、シーンを選んで使えば、今でも十分作品造りにも使えそうなレンズということです。
では、さっそく当日の行程に沿って実写結果を逐次見て参りましょう。

FL5812_001.jpg
まず一枚目のカットですが、葛飾柴又といえば、まずは映画「男はつらいよ」の主人公フーテンの寅さんということで、駅前の広場には立派なブロンズの銅像が建立され、ここに降り立つ観光客は例外なく、この銅像を単体で撮影したり、或いは一緒に記念撮影したりと大忙しで地域のランドマークになっているので、敬意を表して一枚戴いてみたもの。

FL5812_002.jpg
二枚目のカットですが、駅前のちょっとした広場を抜けると、帝釈天に続く参道があるのですが、この参道は柴又街道で二分されていて、手前の駅に近い方はどちらかというと昔からのせんべいやら漬物、或いは映画でも有名な草団子などのお店よりはもうちょい一般的なお店が並んでおり、その中のやきとん屋の店構えがなかなか良かったので焼き方の兄ちゃんに声かけて一枚撮らせて貰ったもの。

FL5812_003.jpg
三枚目のカットですが、柴又街道のすぐ手前の有名店、鰻及び川魚料理を売り物とするゑびす屋さんの昼なお薄暗い店頭で時代がかった黄色い御用提灯みたいなのが軒下に並べられて、なかなかイイ風情を醸し出していたのでいたので、ちょいと失礼とお客でもないのに軒下に入り込んで一枚撮らせて貰ったもの。

FL5812_004.jpg
四枚目のカットですが、柴又街道を渡ってすぐの参道向かって右側に、映画「男はつらいよ」で主人公の実家の草団子屋という設定で世界中の映画ファンには知れ渡っている「とらや」こと「高木屋」の店構えが目に入るので、ただ撮るのも面白くないので、前を親子連れが通りがかった瞬間を狙ってシャッター切ってみたもの。

FL5812_005.jpg
五枚目のカットですが、同じく帝釈天参道の「高木屋」の反対側、いつの間にか同業者の店舗を買収したのか、道の両側に「高木屋」のお店があり、その店先に据え付けられたベンチ上で、いたいけな関西からと思しき観光女子の小姐二名が美味しそうに名代の草団子なんか頬張っていたので、横から一枚戴いてみたもの。

FL5812_006.jpg
六枚目のカットですが、ここ帝釈天の参道は浅草寺の仲見世と比べるべくもなく、短く、また人通りも比べるべくもないこじんまりとした通りですが、それでも写真の題材になりそうなシーンは結構あちらこちらに点在しており、また仲見世では時折「撮影禁止」の無粋な札が店頭に貼られたりしていますが、ここではどうぞどうぞお撮り下さい、という極めて嬉しい心使いで、お言葉に甘え、古めかしいせせんべいを収納したガラス容器群をお店の軒下で撮らせて貰ったもの。

FL5812_007.jpg
七枚目のカットですが、ここ帝釈天の参道は、短い上に見どころが結構あるので、あっと云う間に山門前に着いてしまうため、標準レンズで全景が入る辺りの店先に佇んで、これは、と思うモデルさんがあ歩いてくるのを見計らってシャッター切ろうとしたら、派手な赤いヤッケで犬の散歩しているヲヂサンがややって来たので、これ幸いにと1枚戴いてみたもの。

FL5812_008.jpg
八枚目のカットですが、帝釈天の山門をくぐるとまず目につくのが、都内の寺院では珍しい端正な姿の石造りの仏像に水をかけて苔や水垢を擦り落とすという供養の場なのですが、ちょうど陽光の射し込み角度、色温度がベストに近い時刻に着けたので、山門の屋根の下を潜って射し込む夕陽に照らされた石仏の柔和な横顔を1枚戴いてみたもの。

FL5812_009.jpg
九枚目のカットですが、モニターで見た石仏の表情に満足し、もう一か所の仏像というか、護法童子の銅像が巨大な香炉を支えている造形の焼香場があるので、その軒下に潜り込み、人の流れが途切れたせ刹那を狙って、愛くるしい造形の護法童子の銅像の表情を捉えてみたもの。

FL5812_010.jpg
十枚目のカットですが、帝釈天の境内をあとにして、敷地東側の道路を歩くこと5分弱、ここも葛飾し柴又の著名な観光名所になっている「山本亭」を訪問し、お金を払って中に上がり込むほどのこともなないので、いつも庭園を素通りしながら写真を撮らせて貰うのですが、ふと目に留まったエントランスのランプシェードの造形が美しかったので1枚戴いてみたもの。

FL5812_011.jpg
十一枚目のカットですが、庭園を素通りしながらも、塀のすき間から、敷地内の贅を凝らした建物のよ様子を垣間見ることは可能で、たまたま午後の遅い陽光を浴びた無人の茶室の佇まいがとても心惹かれるものがあったので、塀のすき間から1枚戴いてみたもの。

FL5812_012.jpg
十二枚目のカットですが、敷地の中を素通りすると云っても、建物の外装にも相当なお金を掛けているらしく、そこここに手の込んだ造形物が目に留まり、本館北側の窓の防犯用と思しき金属製の格子も和洋折衷のとても凝った造りで、持ち主の美意識を垣間見るような思いだったので、1枚戴いてみたもの。

FL5812_013.jpg
十三枚目のカットですが、庭の通路伝いに設けられた掘り込み井戸風の蹲でこれも、おそらくは水道水でしょうが、流れ、滴り落ちる水と時代掛かった自然石の表情とが、午後の陽光に煌めいて、得も云われぬ美を作り出していたので、これも至近距離から1枚戴いてみたもの。

FL5812_014.jpg
十四枚目のカットですが、さすが往年のお大尽が贅を凝らして作った庭園だけあって、庭木も銘木と云われるものが多いらしく、中でも一番大きく背の高い樹には、金沢は兼六園で有名な雪吊りが施されて、行き交う観光客の関心を惹いていたので、それでは、とアングルを工夫して一枚撮ってみたもの。

FL5812_015.jpg
十五枚目のカットですが、そろそろ次なる目的地、横十間川エリアに移動したかったので、山本亭周辺での撮影もそこそこに切り上げ、帝釈天の参道をまた辿って駅に向かおうとしていたら、「高木屋」の手前辺りで優しげな表情の白人男性がしゃがんでいたいけな童子と会話を交わしていたので、お邪魔しては申し訳ないとか思いつつ、声を掛けてモデルさんになって貰ったもの。

FL5812_016.jpg
十六枚目のカットですが、「高木屋」二号店のベンチには往きとは異なり、いたいけな童子を交えた家族連れが陣取って、買った草団子の賞味もそこそこにやれ、あの店に行きたいの、ちょっと歩いてくる、などなど腰を据えたい親の意向とは裏腹に極小姐達は落ち着かない雰囲気だったので、その様子がお面白く、通りざまに1枚戴いてみたもの。

FL5812_017.jpg
十七枚目のカットですが、柴又街道をまた渡って、駅側の参道に足を踏み入れると、往きは人だかりの無かった「ハイカラ横丁」なる川越の駄菓子屋横丁の店舗を丸々一戸切り取って置いたような駄菓子屋というか小物雑貨屋というかそういう類いのお店の前でいたいけなカメラ腐女子が撮った画像の確認なんかやっていたので、借景とばかり1枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、冒頭述べた通り、やはりAPS-Cサイズのデヂカメでは判らないことがまだまだあるので、この新しい相棒 Leica M(TIPO240)を駆使し、これからも再評価を続けて行きたいと思った次第。
さて、次回は横浜はCP+2018にこのTIPO240他と乗り込み、いたいけなコンパニオンの小姐、アガシの類いでも撮りまくって参りましょうかね、乞うご期待!!
  1. 2018/02/25(日) 21:55:49|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる