FC2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Shining spirit of ancient grat Samurai~Majesty Shingen's Festivai'19 ①~

さて、今週のご紹介は、予告通り、今年初のお祭り系イベントへの遠征、甲府は「信玄公祭り2019」に泊りがけで出掛けた撮影結果を2回に分けたうちの前編をお送り致します。

まずは恒例の行程の説明ですが、そもそも信玄公祭りは甲府市最大のイベントとして年一回、4月の第一週の週末の金、土、日を利用して行われ、今年は4/5~7の三日間にわたって開催されたうち、さすがに金曜日の晩から泊まり込みというのも10時始まりのお祭りを見物するには贅沢過ぎるので、4/6(土)のいつもより早めの9時台、新宿はバスタ発甲府行の高速バスで現地に向かい、途中若干の渋滞のため、11時35分着のところが12時をちょいと回った頃に終点甲府駅前に到着、まずは荷物を預けてしまいたかったので、駅北口目の前に建っている「ニューステーション」さんに向かい、一年ぶりの来意を告げ、荷物を預かって貰ってから、いつも到着次第昼飯を戴く、奥藤駅前店が鬼の棲家の如く行列で混み合っていたので潔くギブアップ、晩飯と順番入れ替えて、並びの小作駅前店に向かい、そこで待たされることもなく、無事、かぼちゃほうとうを戴き、しかるのち、甲府舞鶴城址に向かい、撮影をスタートし、武者行列がメインストリートを通り過ぎる宵の口迄撮り続けたという次第。
では、さっそく当日の行動に沿って、実写結果逐次を眺めて参りましょう。
カメラはLeica M8、レンズはVoigtlaender Ultron35mmf1.7asph.による全コマ開放絞り優先AE撮影となります。

Kofu19_001.jpg
まず一枚目のカットですが、毎年来ているので、演じ物も、その合間に演者各位がどの辺りでたむろしているの手に取るように判るので、天守台迄登って、目の前の富士山に撮影の無事と佳き出会いを祈願したのち、まずは廓南側の飲食屋台と物販店が軒を並べるイベントストリートみたいなところに移動したら、居ました居ました、フランクフルトだったかを買い求め、焼き上がるのを待っていた、創作よさこい社中の小姐二名組が・・・さっそくお声がけしてモデルさんになって貰ったもの。

Kofu19_002.jpg
二枚目のカットですが、本丸下の広場ではよさこいコンテストだとか、色々な演舞の類いが行われていて出演団体の小姐達があちこちで輪になってくっちゃべったり、記念撮影したり、思い思いにイベントの合間を過ごしていたので、その間を歩きながら、気立てとノリが良さそうな年頃の小姐グループが目に付いたら声かけ、モデルさんになって貰ったうちの一組。

kofu19_003.jpg
三枚目のカットですが、よさこいイベントが一段落し、社中各位が昼飯なのか、或いはイベントが一段落した心の余裕による昼呑みなのか、芝敷きの広場からは雲の子を散らすが如く見る見るうちに過疎化が進んで来たので、次なる撮影スポット、城址から堀を渡って県庁方面に向かう南北の通りも盛大な屋台・露店ストリートになっている辺りに移動し、モデルさんになってくれそうな良い子を探しながら歩いていたら、道路との交差点でお店が途切れる辺りの居酒屋の軒下で、るろうに剣心をイメージしたという侍コスプレ小姐が美味しそうにスプマンテなんか細いグラスで飲んでたので、唾をのみ込み、声かけてモデルさんになって貰ったもの。

kofu19_004.jpg
四枚目のカットですが、屋台・露店ストリートと交差した通りを西に向かうと県庁前の大通りにぶつかり、ここでも幾つかの武者行列のチームが屯所を設けており、その中でも毎年お邪魔して、振る舞い酒戴いたり、一昨年はLEDで栽培したというレタスを戴いたりした山梨富士通さんが今年も美形の小姐侍勢揃いだったので、世話役に来意を告げ、きれいどころにモデルさんになって貰ったもの。

kofu19_005.jpg
五枚目のカットですが、山梨富士通さんで多少世間話なんかしたあと、着いてすぐに「湖衣姫」役の小姐の集合時間を聞いていたので、宝石会館一階ピロテーに設けられた湖衣姫屯所で姫様に拝謁し、何枚か撮らせて貰おうとしたら、予定がやや早まって、県庁裏の一次集合場所に歩いて移動しなければならないというので、一緒に歩きながら撮っても良いか市の観光課の担当に聞いたら、全然問題ないとのことなので、一緒に歩きながら撮って、交差点で止まった時、満面の笑顔をプレゼントしてくれたもの。

kofu19_006.jpg
六枚目のカットですが、結局、湖衣姫さまと一緒に歩いて、武者行列の舞台裏、一時集合場所の武者溜まりの舞台裏まで入れて貰い、観光課の別の担当者から、行列が出発する迄なら好きに声かけて撮って構わないとの、報道関係者並みの待遇を示されたので、嬉しくなって、それではと市の観光課が組織した「おもてなし隊」の女子職員さん各位にモデルさんになって貰ったもの。

kofu19_007.jpg
七枚目のカットですが、この県庁裏の東側に開けた普段は駐車場に使われている広場では、武者行列のお侍様のみならず、お姫様から菅笠姿の女官、そして巫女さんみたいな恰好の腰元衆まで様々なや役回りの演者各位でごった返していて、それが、仲間内で記念撮影したり、別のグループの知り合いとジョインして撮ったりしていましたが、菅笠に薄衣の女官各位はなかなか画になるので、斜め後ろから一枚戴いてみたもの。

kofu19_008_20190421200452ad7.jpg
八枚目のカットですが、こちらは湖衣姫コンテストの際に併せて選ばれる、準ミス湖衣姫のお二方で、確か向かって左の小姐は、行列本番の演者紹介アナウンスによれば、現役女子東大生とのことで、声かけて撮らせて貰ったあと、少々立ち話もしましたが、全然、そういった学識の高さをひけらかさせることもなく、なかなか素敵な小姐だったイメージを感じさせる一枚。

kofu19_009_2019042120045308b.jpg
九枚目のカットですが、こちらも県庁裏の広場にたむろしていた出待ちのお侍さんのうち、甲府市は世界中の幾つかの都市と姉妹都市提携しているとのことで、何でも、米国はデモイン市、ロダイ市という聞いたこともない都市と提携しているとのことで、その市の観光関連のお偉いさんが視察を兼ねてやって来て武者行列に出ると云うことで、挨拶がてら一枚撮らせて貰ったもの。

kofu19_010_2019042120045531a.jpg
十枚目のカットですが、同じく県庁裏の広場で、何故か翌日の「子供武者行列」の演者になっていてもおかしくはないのに、大人主体の土曜日の部で、大井夫人という信玄公の生母の行列に参加するという地元の女子中学生の仲良し三人組が親御さんに記念撮影して貰っていたので、親御さんもろともい一緒に撮って上げる代わりにモデルさんになって貰ったもの。

kofu19_011.jpg
十一枚目のカットですが、これも同じく、県庁裏の出待ち広場にて、何故か翌日の子供武者行列ではなく、勝頼隊の腰元として参加するという、地元の女子中学生が喧しく、隠し持ったお互いのスマホンで記念撮影なんかしても盛り上がっていたので、混ぜてもらおうと声かけて一枚撮らせて貰ったもの。

kofu19_012.jpg
十二枚目のカットですが、こちらも武者行列出待ちの海外勢ですが、姉妹都市からの派遣ではなく、何でも山梨学院大の留学生さん達が、観光協会のあっせんで、三条夫人隊等にジョインして一緒に行列するとのことで、NHK等の取材が一通り済むのを待ってから一枚撮らせて貰ったもの。

kofu19_013.jpg
十三枚目のカットですが、出待ちの演者でごった返す県庁裏の広場で、一段と目を惹くのが、やはり信玄公に対するもう一方の主役、前夜祭ともいえる、金曜晩のミス湖衣姫コンテストで選出されたみミス湖衣姫、及び準ミス二名の小姐の一行ですが、その構成はむくつけき侍装束は一名も付き従わず、菅笠にヴェールといういで立ちの大姐から小々姐の女官からなる華やかな一行なのですが、その最年少メンバーがやや遅れて到着したので、待ってました!とばかりモデルさんになって貰ったもの。

kofu19_014.jpg
十四枚目のカットですが、出待ち広場の中でけたたましく笑い声を上げる、幟を背負った侍装束の小姐が目に留まったので、音もなく近寄り、仲間内の楽しい会話の途切れた間合いを待って、幟を背負ったお侍姿の小姐は珍しいから一枚撮らせてよ、と頼んだら、とりまきが、酒の入った勢いとノリも有ってか、「ほら、おまけ程度の顔写るからあっち向いて!」とか囃し立てるものですから、「ぢゃ、向こう向いてるから幟だけご自由に!」とかへそ曲げかけたところを何とか煽て上げて満面の笑顔でモデルさんになって貰ったもの。

Kofu19_015.jpg
十五枚目のカットですが、人通り、出待ちの演者各位は撮り終えてしまったので、とりあへずはテータイムとばかり甲府駅南口西にある、某かもめみたいな名前のファミレスに向かうべく、県庁から一旦城郭のエリアに入って本丸下の石垣の下を歩いていたら、目立たないのを旨とする忍びの者のコスプレというのに、辺り一面からまさに浮いて見え、戦場なら鉄砲隊の恰好の的になって即座に蜂の巣になってしまうが如き、イタリアンレッドの忍者衣装のイタリア人の兄ちゃんが地味な恰好の仲間と歩いていたので、声かけて一枚撮らせて貰ったもの。

kofu19_016.jpg
十六枚目のカットですが、はじめは本丸下南側の鉄門下の辺りで駅前の出陣控え場所に移動する各隊の様子を撮ろうとしていたのですが、どうやら、いつも通り、北側の線路を挟んで山手門の反対側の辺りの斜面で出待ちした方が良さそうなので、稲荷櫓へ通じる道の途中に待ち構えていたら、いたいけな外国産小姐を連れた観光客のパパが来たので、挨拶がてら一枚撮らせて貰ったもの。

kofu19_017.jpg
十七枚目のカットですが、歩兵である徒歩隊が北側の斜面から稲荷櫓下の広場へ移動する中、騎馬隊は出演中の不意の落馬事故や馬の暴走などを避けるべく、乗馬の練習と馬との信頼関係醸成に可能な限り時間をかけるべく、線路に面した城郭下北側広場で公開練習に励んでいたのですが、ここも毎年通っているので、スタッフに話をしたら中に入れてくれたので、暮行く空をバックに騎馬武者の凛とした姿を何枚か頂いたうちの一枚。

さて次週は甲府信玄公祭り'19後編、難度の高い、夜の武者行列本番をアベイラブルライトで撮影成功した何カットから、翌日の子供武者行列の様子までをお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2019/04/21(日) 20:08:39|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Amazing restoration of lost optics ~Petri AC Oricor 45mmf2.8 mod. by F.G.W.G.~

Petri_orikor45mmf28.jpg
まずは、本日、無事千秋楽を迎えた拙写真個展、ご来場の皆さまには心より御礼を申し上げます。
さて、今週のご紹介は、予告通り、想定外の革新レストア技術を織り込んだ、工房新作レンズのお披露目行きたいと思います。
肝心のブツというか、修理不能ということで、あちこちの中古カメラ屋のジャンクコーナー、或いはヤオフクなどで叩き売られていて、誰も一顧だにしないPETRIの中級レンジファインダ機PETRI 35F2.8 の目、PETRI AC ORICOR45mmf2.8をレストアし、フジFXマウント化したものを今回はご紹介致します。
まずこのレンズの氏素性ですが、1954年にペトリカメラ株式会社から発売されたPETRI35の後継機、というかマイナーチェンジ版である翌1955年発売のPETRI35F2.8に装備された固定式レンズであるテッサータイプの3群4枚構成の光学系で、入手した個体を始め、ニコイチ用に幾つか物色したり、サイトでも調べたところ、最後群の凹凸貼り合わせの凹が風化により、白濁、或いは発粉してしまうような状態で撮影に供せられなくなったケースが殆どで、個体差はあれ、ニコイチは不可能と考えていたのですが、それでもボディから簡単に外れる鏡胴をいじくっていたら、或る早朝、ふと降りてきたモノがあり、テッサータイプであれば、系と度数さえだいたい合えば何とでも結像は可能、というものでした。
そこで、某インダスタの修理用のエレメントはそれこそ何十個も在庫ありますから、一番新しい、70年代終わりの、傷、カビなく、エレメント透過光に色がついて見えないものを選って、採寸の上、内外面ネジのインタープラグを削り出して製造し、それを介して某インダスタの最後群を装着し、何とか光学系をでっち上げ、試写に出て、その性能にぶったまげた・・・という次第です。
では、さっそく、実写結果を逐次眺めて参りましょう。
ロケ地は浅草寺周辺、カメラはX-PRO2による絞り開放、絞り優先AE撮影となります。

Petri4528_001.jpg
まず一枚目のカットですが、深川から浅草へ地下鉄経由到着すると真っ先に足を運ぶ定点観測スポット其の壱が、雷門前広場となりますが、この時は、休日で天気もそこそこ、気温もそれほど冷え込みがきつくなかったので、いつもの海外勢に加え、国産小姐各位も浴衣みたいな着物に身を包み、雷門をバックに記念撮影していたので、遠慮がちに後ろ姿でも戴こうと思ったら、シャッター切った瞬間、こちらを向いて出演頂いたもの。

Petri4528_002.jpg
二枚目のカットですが、中国からの観光客一家が童子達を交代で持ち上げ、何の御利益があると伝えられているのか知るすべもありませんが、何故か、雷門下に吊るされた大提灯に触りたがり、またそれを記念撮影しては盛り上がっていたので、カメラマン役の若いヲヤヂに声かけて、一緒に撮らせて貰ったもの。

Petri4528_003.jpg
三枚目のカットですが、ここも浅草エリアでの試写、或いは仲間内の撮影ツアーでは必ず立ち寄るこことになっている定点観測スポット、仲見世通り始点から目と鼻の先に位置する「美人茶屋 あづま」さんの店頭で、きび団子やら甘酒の実演販売をしている小姐の精勤するお姿を撮らせて頂こうと、東南アジアの観光客各位に紛れ、最前列でちゃっかり一枚撮らせて貰ったもの。

Petri4528_004.jpg
四枚目のカットですが、仲見世通りは「美人茶屋あづま」さんの位置する角を西に曲がれば、側道との交差点に建つ扇屋さんの店が目に入り、そこの店先に飾られた大和絵の手作り団扇がやはり定点観測スポットになっているので、今回もひょっとこの鼻先にピンを合わせ、通りまで背景に入れて一枚撮ってみたもの。

Petri4528_005.jpg
五枚目のカットですが、扇屋さん店頭での、半ばルーチンと化した団扇撮影を終え、再び観光客でごごった返した仲見世通りに戻ってすぐの土産物屋さんの店頭では、またしても中国からの観光客一家が、浴衣みたいな着物に身を包み、髪の毛までそれらしく拵えて、付近の散策途中でしょうか、土産物屋のちょいと愛くるしいキャラクター商品の展示に張り付きで、同じ人民公社の童子達への土産ででも物色しているのでしょうか、真剣な眼差しで商品の品定めしている姿を一枚撮ってみたもの。

Petri4528_006.jpg
六枚目のカットですが、同じく仲見世通りはお隣りの土産物屋さんの店頭では、東南アジア、或いは中国でも稀有のハローキティの真正品の愛くるしいグッズ類が所せましと陳列されており、やはりご御幼少のみぎりから英才教育を受けておられるのか、親から与えられたオヤツ頬張りながら、汚れた手でいじられるのを極度に警戒している店側の人間の目もものかわ、好奇心と物欲に突き動かされた極小姐がハローキティグッズを我が物にせんと親に自己主張を始めるまさにその習慣を一枚戴いてみたもの。

Petri4528_007.jpg
七枚目のカットですが、同じく仲見世通り上の東南アジア、中華圏からの観光客で賑わう、ファンシーな土産物屋さんの対角線上には、大人好みでどちらかといへば、実用に振った路線の箸だとか、手ぬぐいだとか渋めの江戸小物系を商う店が位置しており、そちらには自分で使うのか、或いは日本人をはじめ、東洋人はナイフ&フォークが上手く使えないので、木の棒2本で何でも挟んで食べるという奇妙な風習がある、とかインスタに上げるためなのか、いたいけなうら若い西洋の小姐が何かぶつぶつ言いながら箸を物色していたので、通りざまに外から一枚戴いてみたもの。

Petri4528_008.jpg
八枚目のカットですが、仲見世通りをこれはと思うシーンを撮りながらそぞろ歩きしても、あっと云う間に伝法院通りとの交差点、宝蔵門が大きく見える辺りに着いてしまいますが、ふと目の前をこれまた浴衣みたいな着物に身を包み、六区方面にしゃらんしゃらんとそぞろ歩きしていた国産小姐二人組みが歩いて行ったので、追いすがりざまに後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Petri4528_09.jpg
九枚目のカットですが、伝法院通りにも物販店のみならず、食べ歩き出来るような小吃のお店が複数商っていて、その店頭で、なかなかイケてるファッションの中国人小姐のグループが目に付いたので、至近距離までアプローチして後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Petri4528_010.jpg
十枚目のカットですが、伝法院通りとホッピー通りの交差点南西には、そこそこ有名なみたらし団子を商うお店が有り、そこがいつもいたいけなうら若い小姐各位が行列して贖っていたので、今回もs写真写りとノリが良さそうな小姐二人組が買い終えるの待ち構えて、至近距離撮影したかったので、横顔入りで買ったばかりの団子5兄弟を撮らせて貰ったもの。

Petri4528_011.jpg
十一枚目のカットですが、伝法院通りから仲見世通りには戻らず、そのまま花やしき通り経由、奥山から浅草寺境内に戻ろうと考え、ホッピー通りを北上したら、まだ陽が残っているのに、あちこちの居酒屋のオープンテラスというか路上不法占拠の屋外席で一杯ひっかけ、オダなんか上げてる兄ちゃん達が目についたので、モノは試しにとカメラを向けたら、ワケ判らん英語で写真撮ってケロみたいなことをピースしながら愛敬振りまいていたので、お言葉に甘えて一枚戴いてみたもの。

Petri4528_012.jpg
十二枚目のカットですが、花やしき通りの花やしきゲート手前で、スマホン片手に自撮り二人前を試みていた、オランダからという小姐二人組に声かけたら、まさに渡りに船、とばかりに背景替えたりして何カットか頼まれたので、そのお礼にとモデルさんになって貰ったもの。

Petri4528_013.jpg
十三枚目のカットですが、奥山エリアから浅草寺境内は本堂西側エリアにアプローチしてすぐ、今度は日本人小姐二名がちょい似合わない大き目のキャノン製一眼レフで、シャッター切ってくれる人を探していて、カメラ提げて如何にも写真撮りに来てますよ系のオーラを漂わせる工房主を観音さまのお導きと考えたのか、目が合ったら、あのぉ、一枚お願い出来ますか?ピントとか面倒なことはなないですから・・・とか云ったので、はいはいと三脚とレリーズ代わりを務めたお礼に一枚モデルさんになって貰ったもの。

Petri4528_014.jpg
十四枚目のカットですが、これも浅草寺境内の本堂西の石造りの橋のたもとで、ヘッドホンから流れる歌舞音曲の類いに合わせて目を閉じ、指を弾きながら体をスイングしてリズムを取ってる、70年代のソウル系RB兄ちゃんみたいな白人バックパッカーが居たので、曲の合間を見計らって声かけて一枚撮らして貰ったもの。

Petri4528_015.jpg
十五枚目のカットですが、ここもレンズ性能評価のベンチマーク化しつつある、本堂向かって左手に建つ、巨大雨水桶の上縁の外周に刻印された緑地に赤の文字にピンを合わせて、ほぼ無限の位置に立つ、スカイツリーを背後に撮ってみたもの。

今回の感想ですが、若干、像面湾曲が距離によっては目立つのと最後のカットでもはっきりと認められるように撮影条件によっては、非点収差が大暴れし、背景が野分の如くぐるぐる渦巻くので、レンズのクリアランス等、改善の余地は残っているのかもしれません。
さて、次回は今年初のお祭り系イベントへの遠征、甲府は「信玄公祭り2019」に泊りがけで出掛けた撮影結果を2回に分けてお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2019/04/14(日) 16:59:05|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MONOCHROME FAREAST ’17~’18

さて、顔本では予告済みの拙写真個展の実況中継(笑)
4/14(日)の夕刻19時迄「カメラのキタムラ秋葉原中古買取センター4階特設ギャラリ」にて開催中の「Monochrome Fareast’17-’19」に展示中の作品12点を一挙ご紹介!!

kitamura19_002-1-01.jpg
①'18.Seoul Girl in tradition costume
Camera:Leica M (TIPO240)
Lens: Voigtlaender Ultron28mmf2.0
Condition:Apature Full opened AE
ソウルの北大門近くの常宿から程近い光化門前前で出会った日本人のアガシ二人組、後で写真送って上げました。

kitamura19_004-1-01.jpg
②’18.Gunsang Girls in school costume
Camera:Leica M (TIPO240)
Lens: Voigtlaender Ultron35mmf1.7asph.
Condition:Apature Full opened AE
ソウルからバスで3時間弱の日本統治時代の線路遺構を利用した群山線路村で出会った中国人一家の極小姐姉妹

Kitamura19_010a-1-01.jpg
③’17.Singapore Girl in summer mode
Camera:Leica M8
Lens: Rodenstock Heligon35mmf2.8
Condition:Apature Full opened AE
シンガポール一の繁華街、オーチャード通りで一人ベンチに座って細身のタバコをくゆらせて目を細めていた現地小姐

kitamura19_017-1-01.jpg
④’17.Singapore Girls in muslim fashon
Camera:Leica M8
Lens: Rodenstock Heligon35mmf2.8
Condition:Apature Full opened AE
シンガポーtル市内のインド人街であるブルガスのマーケットの中庭で出会ったムスリムの仲良し小姐トリオ

kitamura19_022-1-1-01.jpg
⑤’17.Pusan Girl on a beach
Camera:Leica M8
Lens: Leica Elmarit28mmf2.8
Condition:Apature Full opened AE
夏の終わりの釜山は海雲台のビーチで失恋でもしたのか、独り浜辺に佇み遠い目で日本海を眺めていたローカルアガシ

Kitamura19_026-1-01.jpg
⑥’17.Pusan Girls in traditional dress
Camera:Leica M8
Lens: Leica Elmarit28mmf2.8
Condition:Apature Full opened AE
釜山随一のインスタスポット甘川洞文化村で純白のシルクのチマチョゴリに身を包み、自撮りを試みていたロコガール二名

kitamura19_031-1-01.jpg
⑦’17.Shanghai Girls in front of ancient canal
Camera:Leica M8
Lens: Rodenstock Heligon35mmf2.8
Condition:Apature Full opened AE
上海市内の有名な古鎮水郷七宝の運河に掛かる橋の上で記念撮影を撮りっこしていた上海っこの小姐二人組

kitamura19_034-1-01.jpg
⑧’17.Beiging Boy & Girl in old fashon
Camera:Leica M8
Lens: Leica Elmarit28mmf2.8
Condition:Apature Full opened AE
北京市内きっての観光地である故宮内のビジター対応施設で働いている時代服に身を包んだ若い兄ちゃん、姉ちゃん

kitamura19_035-1-01.jpg
⑨’18.Macau Girl in companion costume
Camera:Fuji X-Pro2
Lens: Kowa Prominar 45mmf2.0 mod.M by F.G.W.
Condition:Apature Full opened AE
マカオの旧市街、無料バスターミナルの有るグランリスボアのスタッフの小姐が一人ヒマそうに佇んでいたのでモデルをお願い

kitamura19_036-1-01.jpg
⑩’18.Hongkong little girl on a back of papa
Camera:Fuji X-Pro2
Lens: Leica Elmarit28mmf2.8
Condition:Apature Full opened AE
マカオ旧市街随一の観光名所であるセントポール大聖堂へ続く目抜き通りの傍らで、シャイな小姐がヲヤヂの背中で狸寝入り

kitamura19_039-1-01.jpg
⑪’19.Tainan Boy in old China fashon
Camera:Leica M (TIPO240)
Lens: Voigtlaender Ultron35mmf1.7asph.
Condition:Apature Full opened AE
台南市内随一の観光名所である神農街奥を撮っていたら、突如遭遇した清の時代の正装に身を包んだお祭りの年男

kitamura19_041-1-01.jpg
⑫’19.Tailpei Bayby with granma
Camera:Leica M (TIPO240)
Lens: Voigtlaender Nokton50mmf1.2asph.
Condition:Apature Full opened AE
台北での常宿から徒歩15分弱の迪化街の夕暮れ時、宿に戻る途中に通りがかった薬局の前で婆ちゃんに抱かれた孫の姿

ということで、興行敵には殆ど不振ではありましたが、作品自体には思い入れと自信があります。
次回の写真展はまた千代田区いきいきプラザ一番町の一階区民ギャリリを借り切って、先般のハノイで撮りためた出会いの思い出をお披露目しようかな、乞うご期待!!
  1. 2019/04/10(水) 23:25:41|
  2. CMタイム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Fantastic southern paradise!! ~Hanoi Photographic tour'19②~

さて、今週のご紹介は、予告通り、ハイフォンからまた15時ちょうど発の列車に乗ってハノイに17時20分に戻り、日暮れ迄、旧市街でスナップし、翌日は0時55分の夜行便で帰国する深夜迄の滞在時間、初訪問のタンロン遺跡訪問を含め旧市街周を撮りまくった中から厳選カットをお送りしたいと思います。

では、さっそくその二日間の行程に沿って、実写結果を逐次眺めて参りましょう。

Hanoi19_018.jpg
まず一枚目のカットですが、ハイフォンからハノイ、正確には一つ手前の旧市街北端に位置するロンビエン駅には17時20分の定刻かっきりに到着し、下手したら、在来線は必ず遅れる台湾国鉄やことによればドイツ国鉄よりも運行管理能力は高いのではないかと期待させてしまうような列車旅の後、旧市街を晩飯迄撮ろうと思っていたので、ドンスアン市場方面に歩き出したら、フランスパンにサテーという不可思議な組み合わせの屋台やってるアヂュモニが居たので、一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはNokton50mmf1.2asph.での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_019.jpg
二枚目のカットですが、同じくドンスアン市場の場外市場?に当たる北側のスパイスマーケットの店頭でししとうがらしみたいなものがカラフルに色づいていたので、店番のオモニに声かけて、一枚撮らせて貰うよ、と宣言してその座っていたオモニもろとも撮ってしまおうとしたら、意図に感づいたのか、苦笑しながら柱の陰に隠れてしまったので、仕方なくとうがらしだけ撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはNokton50mmf1.2asph.での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_020.jpg
三枚目のカットですが、場外市場?のスパイスマーケットを南方向に2~3分もそぞろ歩きすれば、ドンスアン市場の北側の公道マーケットに行き当たるのですが、初日にロンビエン駅に切符買いに来た帰りに寄った時よりも少し早かったのか、或いは曜日の特性なのか判りませんが、この日はまだ、公道マーケットの花売り、野菜行商のオモニ、アヂュモニは愛車の自転車の荷台にてんこ盛りにした品物を少しでも売り捌こうと、外国人観光客でもこれは!と思う相手に果敢にセールス活動に出ていいたのですが、帰り道を急ぐ白人女性に小型のパイナポーを買って貰おうと腕を掴もうとしたら一瞥もくれられることなく通り過ぎていった様を横から一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはNokton50mmf1.2asph.での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_021.jpg
四枚目のカットですが、同じくドンスアン市場北側の公道マーケットに面した半常設店舗みたいな肉屋の店頭で枝肉から注文のカットを待っていた、如何にも気の良さそうな兄ちゃんに、カッケェねぇ、一枚撮らしてよ、とベトナム語と英語のチャンポンで話し掛けたら、かなり上機嫌で、愛車のスクータに乗ったままモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはNokton50mmf1.2asph.での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_022.jpg
五枚目のカットですが、ドンスアン市場東側の南北を走る道路を南方向、即ち旧市街36通り方面に向かって歩いていたら、朝通った中学校?の傍で歩道上の大衆食堂みたいなのが営業オープンしていて、如何にも女性上位のベトナムという雰囲気が辺りに漂っていたので、恐る恐る近寄って一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはNokton50mmf1.2asph.での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_023.jpg
六枚目のカットですが、同じくドンスアン市場東側の南北を走る道路を南方に走る道路が旧市街36通りエリアに入る手前辺りの雑貨屋というか、よろづ屋みたいなカンジの商店の手前で、店先で歓談に耽るアジュモニの奥で携帯でのメールかライン?に没頭する女主人みたいな風情のアジュモニが居たので、手前のテーブルのアジュモニに写真撮っても構わんだろうか?と聞いてみたら、オケーオケーと一同が笑顔で手サイン出すので、本人の意向に関係なく、一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはNokton50mmf1.2asph.での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_024.jpg
七枚目のカットですが、旧市街36通りの竹製品やら造花を扱うエリアを歩いて、ホアンキエム湖ほ方面を目指そうとしたら、路上に停めたスクーターの運転台に陣取り、ちょっとした用足しに離れたオモニのお留守番しながら気分は仮面ライダーみたいな極小姐の姿が目に留まったので、折よく戻ってきた若いオモニに声かけて、そのいたいけな極小姐の姿を一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはNokton50mmf1.2asph.での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_025.jpg
八枚目のカットですが、翌23日の朝、晩まで荷物を預かって貰うこととして、10時前に宿をチェックアウトし、まずはこれまで近くまでは何度も足を運んでいたのに、中へ入ったことがない、タンロン遺構を訪れるべく、まず南へと向かい、しかるのちひたすら西に向かって歩くルートを取ろうとししたら、宿のすぐ近くの商店兼食堂みたいなお店の前で、いたいけな茶筅頭の小坊主が珍しくもない日本人のヲッサンに興味深々と目線を向けてくるので、仕方なく、歩み寄って、傍らの親御さんに声かけて一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはLeitz Elmarit28mmf2.8での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_026.jpg
九枚目のカットですが、その商店のお隣の店先では、若い兄ちゃんが妙に老成したような穏やかなh表情で、竹筒のタバコ?みたいなものを吸い、煙をゆったりと吐き出していて、その様子を眺めていいたら、目が合って、笑顔を見せてくれたので、吸ってるとこ、一枚撮らして、と頼んだら、喜んで!
という雰囲気でオケー貰ったものの、タイミング合わず、煙を吐く手前でシャッター切ってしまったもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはLeitz Elmarit28mmf2.8での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_027.jpg
十枚目のカットですが、これも同じく宿の近くの道路歩道上の天秤担ぎのアガシの開いた即席露店で、朝飯を食べようと、出来るまでの間、とりとめもない四方山話に花を咲かせる若い兄ちゃんの楽しそうな表情を通りざまに振り返ってローアングルからおもむろに一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはLeitz Elmarit28mmf2.8での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_028.jpg
十一枚目のカットですが、南から西方向に曲がって大きな通りを暫く歩いていたら、ちょっと小奇麗なカンジの観光客然とした若い男女が楽しそうに路上の即席レストランで朝飯なんか食べてたので、声かけたら、やはりベトナム語が良く判らないらしく、では何処から来たの?と聞いたら、香港から、とのこことだったので、英語で改めてお願いして、モデルさんになって貰ったもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはLeitz Elmarit28mmf2.8での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_029.jpg
十二枚目のカットですが、宿の在るホアンキエム湖西岸から大聖堂迄のエリアから軍事博物館、タンロン遺跡、そしてホーチミン廟方面に向かう時、必ず横切ることになるベトナム国鉄の線路伝いに出来た観光スポット、ちょうど、ソウルからバスで2時間半程度の位置にある群山京岩洞線路村の現役みたいなところで、電車が一日何本も通らないので、その間は線路伝いのお店で観光客が思い思いにくつろいでいるので、その様子を一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはLeitz Elmarit28mmf2.8での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_030.jpg
十三枚目のカットですが、宿を出てから、道草し放題で、結局、小一時間近く掛かって、当日の第一目標、タンロン遺跡に無事到達し、入場料を払って中に入ると、広い芝生広場の奥に、重厚な石造りの建物群が鎮座ましまし、まずは中央の塔楼みたいな建物の上に登らなくてはと思い、急ぎ足で建物の下まで来て、石造りの城壁の立派さに感心して下から一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはLeitz Elmarit28mmf2.8での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_031.jpg
十四枚目のカットですが、塔楼の上、ちょうど屋上テラスみたいなところに登って何枚か撮っていたら、北側の広場みたいなところで、結構本格的にストロボ付きの日本製デヂカメの大きなヤツと三脚やらレフ板持った人間迄揃って、民族衣装であるアオザイをもっと過激にしたカンジのコスプレみたいなカッコの小姐を撮っていたので声かけ、後で送る約束して、メンバーに混ぜて貰い撮らせて貰ったもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはLeitz Elmarit28mmf2.8での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_032.jpg
十五枚目のカットですが、コスプレ撮影隊と別れてからタンロン遺跡の中をそぞろ歩きに散策していたら、たまたま行き当たった北側の門がかなりの時代物で、雰囲気はアンコールワットとか、ちょっと時代は下りますが、タイのスコタイ遺跡辺りに有ってもおかしくないような、造りと色使いの門を鬱蒼とした林の中で見つけて嬉しくなって一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはLeitz Elmarit28mmf2.8での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_033.jpg
十六枚目のカットですが、そろそろお昼ご飯を食べようとタンロン遺跡を後にしようとエントランスの在る建物に向かったら、来るときは11時半過ぎていて、入場刻限に掛かったらヤヴァィとか思って仔細に検分せず中に入場してしまったので、完全に見落としていたのですが、エントランス棟のな中にもなかなか興味深いジオラマみたいな施設が作られており、そこで時代がかったカンジの記念撮影など出来るようになっていて、フランス人女性が自転車なんかに跨ってご満悦の表情だったので、有難く一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはLeitz Elmarit28mmf2.8での絞り開放AE撮影となります。

Hanoi19_034.jpg
十七枚目のカットですが、タンロン遺跡を出て、すぐ横のレストランで望外のランチを戴き、しかるのち、またホアンキエム湖エリアに戻り、オペラハウス前にたむろしていたアオザイ小姐達を撮ったり、歴史博物館の展示品に感じ入ったりして、最後に宿に預けた荷物引き取りに行く前にせめて茶の一杯でも・・・と入ろうとしたカフェ前でセグウェイもどきの練習していた白人カポーが居たので声かけてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはLeica M(TIPO240)、レンズはVoiktlaender Ultron35mmf1.7での絞り開放AE撮影となります。

今回の感想ですが、超格安LCCであるヴェトヂエットエア航空で行き、ホアンキエム湖西岸のエコノミーホテルに投宿し、また夜行便で帰ってくるという超ケチケチ旅行だったにも関わらず、今回ご紹介した数倍の地元民、観光客各位の路上ポートレも撮影出来、旨いものも思う存分食べられ、まさに至福のひと時を過ごさせて頂き、また来年・・・どころか年内、秋にでも舞い戻りたくなってしまいました。

さて、次回はまたしても革新レストア技術を織り込んだ、工房新作レンズのお披露目行きたいと思います、乞うご期待!!

  1. 2019/04/07(日) 21:55:09|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Notification of personal photo exhibition!!

kitamura19_guide_Fine-2.jpg
Kitamura’19Guide表

さて、ご報告が後回しになってしまいましたが、オフラインで宣伝しまくっていた、拙写真展第三回個展を本日4/1から秋葉原はカメラのキタムラ中古買取りセンター様4階特設会場にて開催しております。
今回のお題は極東地区で撮影したストリートスナップをモノクロ変換し、4PW縦横計12枚でお披露目致します。
使用機材はLeicaがM8、M(TIPO240)、そしてX-Pro2にライツ、ノンライツの銘玉を駆使し、全コマ開放での撮影となります。
さすがに平日は奉公先の都合もあるため、会場貼り付きというワケにもいかないですが、水曜、金曜はだいたい18時過ぎから19時過ぎまでは会場であるキタムラさんの店内をうろつく不審者を演じておりますので、宜しかったら見物に来てみて下さい。
土日も4/6は甲府に出掛けてしまっていますが、4/7は夕刻、会場に寄ります。最終週の4/13、14は午後は会場に詰めていようかと思っております。
以上ご報告迄。
  1. 2019/04/01(月) 23:06:10|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる