深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

LEICA I型改DII深川スペシャル

DII.jpg
まずはじめに、このライカDIIは、別に当工房でI型からIIに換装したわけではありません。
1931年産まれで、後に産みの親であるエルンスト・ライツ社自身の手によって、当時の最新型のDIIに換装されたものと思われます。
この端正な漆黒の衣装を纏った貴婦人との出会いは、今でもはっきり覚えています。

新宿西口の某中古カメラ店ジャンク棚の隅で国産コピー機程度の安値を付けられ、ひっそりと新しい主を待っていた・・・それはもう酷い有様で、革は脱皮直前のザリガニの如く今にもごっそり抜け落ちそうで、黒のエナメルも手垢だらけだった。

しかし、何か気にかかるものがあって、普段は全くバルナック型、ましてやブラックボディのライカなどにはキョウミなどない小生が手に取ってよく見ると、へこみも、大きなキズも、ましてや、酷使の跡も見られず、ましてや、ファインダ、巻き上げ、シャッターなどは、手許のOH帰りのREIDといい勝負くらいでした。

そこで、ココロの整理がついて、この老貴婦人を連れ帰ることとしたのですが、安物の合皮を着せるのは何か畏れ多い気がして、ハンズで最上級の本トカゲ革を買って帰り、当工房で型紙を作成の上、張り直しをし、またエナメルはイオン交換水とマイクロファイバー布で拭い、ご覧のような美しい姿を取り戻したというわけです。

また、この全回転エルマーと言われるニッケルメッキの沈胴レンズの写りも大変素晴らしく、逆光にならない限り、低光量でもバランス良く発色し、開放から合焦部はほど良くシャープ、ボケはキレイに溶けるようなカンジで、絶好調のボディと相俟って、このコンビを深川界隈を提げてスナップなどすると、とても幸せなキモチにさせてくれます。

テーマ:バルナック型ライカ - ジャンル:写真

  1. 2008/01/12(土) 00:31:17|
  2. ドレスアップカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Rodenstock Rogonar-S 50mmf2.8改 Nikon Sマウント | ホーム | Cooke Ental 2"f3.5改L39>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/10-a14b1600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる