深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Return of an ordinary bussinessman from Hades ~Canon L50mmf1.4~

canon50mmf14.jpg
canon50_01.jpg
canon50_02.jpg
canon50_03.jpg
canon50_04.jpg
【撮影データ】カメラ:CanonVIL関東Special、フィルム:スーパーセンチュリア100、全コマ開放、ロケ地浅草

ちょっと、そこの「な~んだ、今回はキャノンか、全然フツーぢゃね」とか言って、このサイト閉じようとした兄さん、待っておくんなさい・・・

この超キレイで極フツーに見えるCanonL50mmf1.4は、全然、そこらで売ってるのと違うんです。

聞くも涙、語るも涙の物語の始まり始まり・・・

このレンズは、今を去ること半月前、工房主が、レンズ改造用のパーツでも、と新宿西口をサルベェイジしている時、某店の"お買い得品コーナー"に「中玉曇り、カビ?」パーツ用返品不可とか何とか書かれていて、前玉も銘板もローレットも後玉もとてもキレイで絞り羽根に油染みさえない状態なのに、何と相場の5分の1程度のお値段が付けられ、他のニッコール、ズマールともども、お店による「死亡宣告」付きで、捨て値で叩き売られていたのでした。

こんなにキレイなレンズを部品取り用にするのは、正直、相当心が痛みましたが、値段が値段だし、ヘリコイドとマウントなら、また別の命を与えられるのであるから、このレンズのためでもあるぢゃぁないか・・・と無理矢理、自分自身を納得させ、他の2本ともども、買い求めて、工房に持ち帰ったのでした。

その晩、工房の慣習として、部品取りのレンズはヘリコイド&マウントパーツと光学系を外し、状態をチェックするのですが、念の為、分解前に中玉の状態を5000°Kの透過光で検査してみると、同社製50mmf1.8とか、50mmf1.2にありがちな、風化による白濁ではなく、ただ単に絞りのオイルか何かが、長いこと横向きに転がされたためか中玉の凹面に扇状に滲んでいるだけのように見えました。

そこで、その予想が正しいか否か、検証のため、早速、後玉、中玉を外し、無水アルコールとエーテルの混合液、通称"ルミエールB液"を浸したティッシュで優しく拭いてみたら、な、何と嘘のようにキレイになってしまったのです。

しかし、キャノンレンズの罪深いところは、一旦キレイになっても、またそこが次第に白濁を始め、拭けば拭くほど酷くなるという無限地獄の始まりで、それが、気温、湿度にもよりますが、一週間前後から症状が出てくることがあるのです。

ただ、拭いた面を拡大鏡検査しても、紫外光蛍光検査しても、清掃した直後では何の異常も見られなかったので、急遽、蘇生させることに方針変更し、前玉、二群も外し埃を飛ばし、ヘリコイドも分解し、古いグリースをCRCと歯ブラシで落とし、工房特性のテフロン基のグリースに入れ替え、無限の調整を行いました。

かくして、色気の無い外観に1959年当時としてはずば抜けた描写性能を誇った4群6枚のライカマウントレンズは再び生を受けたわけです。

こうなると、他の部品取り用レンズ2本の「死亡宣告」も疑ってかかる必要があります。

そこで、ニッコールも、ズマールも全て光学エレメントの分解清掃、ヘリコイドの分解清掃、グリース入れ替えを行った結果、どちらも撮影には支障がないどころか、市販の中古と同等以上の性能を持つであろう個体に甦ったのであります。

これを夜中ずっとやっていたんで、翌日、眠かったこと、眠かったこと。

そして、この望外の蘇生を受けたCanonL50mmf1.4はシェイクダウンテストとして、翌週の「ノンライツRF友の会」、「新宿西口写真修錬会」の撮影会の銀塩装備として組み込まれました。

さて、早速、作例見ていきましょう。

まず一枚目。これは、仲間内で「裏浅草」と呼ばれる、観光ルートから外れた、古い住宅、店舗が点在する地区で木枠サッシもシックな個人商店を撮影しようと構図を決めていたら、自転車の小姐がたまたま通りがかったので、反射的にシャッタ-を切った一枚です。
現像が上がるまで気がつきませんでしたが、この小姐、しっかりカメラ目線してました。
合焦部のキレと前ボケ部分のフレアっぽい滲みがイイ味出しているのではないでしょうか。

続いて二枚目。その裏浅草では、地元民、或いは浅草通の年配者を対象としたらしい、古い作りの料理屋がところどころに見られます。
特にこのお店は通りがかるたび撮らせて貰うのですが、古い木造家屋に敷地一杯、木々が鬱蒼と生い茂り、この江戸時代の大番屋みたいな障子の入り口なども相俟って、江戸風情をふんだんに見せています。
ここでは、日陰になっていますが、古い大口径レンズ共通の傾向として、低EV下では、コントラストが上がり、更にしゃきっと写るようになります。

そして3枚目。待乳山の聖天様にお参りがてら撮影を終え、これから、一杯やる前に某有名カメラ修理店を強襲したのは、ズミクロン90mmの項で告白した通りですが、このレンズでも、下町きっての美形、浅草仲見世通りの誇る「沢尻メイサ」嬢の働き様を撮影しています。
さすがにここでは、店先をハロゲンランプの強い光源で照らしまくっていますので、古いモノコートの大口径レンズには厳しい光線条件となってしまい、少しでも光沢や反射率の高いオブジェには容赦なくフレアが出てしまっています。ただ、これはこれで、年中お祭りみたいな雰囲気を売り物とする仲見世のカットとしてはあながち外れとも言えないのではないかと個人的には思いましたが。

最後の四枚目。「沢尻メイサ」嬢が獅子奮迅の活躍で1本100円のきび団子を売りさばく店頭には、その功徳に与かろうと、老若男女がたむろし、美女から買い求めた団子の串を頬張る姿があちこち見られます。そうなると、プロアマ問わず格好の撮影スポットと化しますから、カメラを構えた人間がうようよ集まります。
その中で、この小姐軍団は、我ら「ノンライツRF友の会」、「新宿西口写真修錬会」の目を血走らせ見慣れないカメラを構えた異形の人々の群れにも臆せず、ちらりと一瞥をくれただけで、時折見せるカメラ目線だけで、「撮れるもんなら、撮って見なさいよ、どうせ減るもんじゃないし」的な太っ腹の無料モデルを務めてくれたのでした・・・感謝。

さぁ、次週は工房久々のクリーンヒット作品を引っ提げて、代官山~中目黒編の始まりです。
どうぞお楽しみに。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2009/06/07(日) 20:44:17|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<Super high performance lens "Componon-s50mmf2.8" Kinoptik wannabe | ホーム | 山椒は小粒でもぴりりと辛い~Fujinar-E50mmf4.5改L39~>>

コメント

キャノンの50mmはf1.2しか持っていませんが、
1.4、優しくていいですね~

ちなみに僕の玉も中玉曇りが凄く、一回拭いたきりですが
うっすら、ではなく結構はっきり曇りっぱなしです。

なので1.2はcharleyさんのようなシャープ玉を拝見して驚きました。この1.4の沢尻様のカットのボケもやらかくぽへっとしててよいですね!
  1. 2009/06/08(月) 10:50:23 |
  2. URL |
  3. sumimomu #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
前回の知られざる高性能レンズの掘り起こしに続いて、ダメージレンズの再生は、名執刀医振りを伝えていて、工房のもうひとつの存在意義を示していると思います。
軽々しく扱われがちなキヤノンのレンズですが、性能から客観的に見れば、文化財的な位置付けをしても大仰なことではありませんので。

4枚を並べてみると、どちらかというと地味なものの描写に実力を発揮するレンズのようですね。
3,4枚目のこのレンズ独特といえそうなほんわりしたボケも美しいです。
先日、ゾナータイプの50/1.5を入手しましたので、違いを見比べてみたいです。

沢尻さんの目は言いようもなくすばらしいですね。
次回は、だんご購入して、あの目で痺れさせてもらいます。
  1. 2009/06/08(月) 12:29:01 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

次回は、クリーンヒットって事は

「沢尻メイサ」嬢を超えた
美人さんが登場するんですね♪・・・・・・マテw

某人気ブロガーさんを超える日も近いですね♪w
  1. 2009/06/08(月) 20:06:44 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

sumimomu さん
初コメント有難うございます

先般はどうもお疲れさまでした。
朝から晩まで"濃い"集団と行動を共にされて、さぞや疲労困憊ってカンジではなかったのではないでしょうか、ホントのところは(笑)
ましてや、いつぞやの川越と較べれば、こちらはホーム、活動がよりアクティブになり、慣れない方には難行苦行の釣瓶打ちではなかったかと、心中お察し申し上げます(爆)

さて、今回の写真ですが、テスト撮影にしては大胆にも初めからフィルムでやってしまったが為に、現像から上がるまではハラハラドキドキで、現像&CDR焼から上がってきて、自宅PCのモニタで確認し、今までのお気に入りだったL50mmf1.8のシャープさはそのまま、更にズミルクスのふくよかさをも加えたような写りにシビれ、安物レンズとの罵詈雑言にも臆せず、この場で発表した次第です。

この感動に共感して戴けたのでしたら、何にもまして僥倖であったと考えます。
  1. 2009/06/08(月) 21:28:49 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
有難うございます。
ホント、このレンズ、外観で損して、大量に販売されたがため、希少価値が期待されず、しかもf1.8やf1.2ほどではないにせよ中玉が曇る持病を持っているものもあり、イイトコ無しの可哀想な玉だと思います。
昔、クラシックRF駆け出しの頃、キレイな個体を2回ほど買ったことが有ったのですが、結局2本とも、何かの拍子で手許に現金が必要になった時、一枚も撮ることなく叩き売ってしまい、実は写したのが今回が初めてだったのです。

たぶん、キレイな個体が20,000円以上したら、まずお金出してまで買わなかっただろうし、今回の出会いには、偶然を超えた何かの宿縁のようなものまで感じてしまいました。

それはそうと、確かにズマリット型のスマートな銀鏡胴のゾナータイプの50mmf1.4と、この如何にも地味で日本のサラリーマンの感性で作りました、でも性能は見掛けよりずっとイイんですよぉ・・・の対決は、芸術家対エリートサラリーマンの対決みたいで、かなり面白いものになるのではないかと思います。
ただ、そちらの玉は買ったままでは、コンディッションに差がついてしまうので、多摩川原青空工房改め、中原水産にて軽OHくらいは受けておいた方がイイのではないかとも思いますが・・・

それはそうと、沢尻メイサ嬢の怪しい目線は世界中の殿方のハートをぐぃっと鷲づかみにする何かを発しているみたいです(笑)

一番ヤヴァそうなみちのく一人旅の旦那は、8月一杯、たこ部屋入りだそうですが(爆)
  1. 2009/06/08(月) 21:39:04 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

山形さん
有難うございます。
>美人さんが登場するんですね♪・
どーして、いつも、そっち系に引っ張って行こうとするんですかね(汗)
いえいえ、被写体ぢゃなく、レンズの写りそのものです、撮り方です、そして今までにない斬新な構図です。
それでも小姐入りがお望みであれば、企画を急遽差し替え、更新前日の土曜日にどっか行って撮ってきましょうか?
しかし「沢尻」嬢を越す上玉の別嬪さんは滅多に居やしませんぜ(苦笑)
  1. 2009/06/08(月) 21:46:03 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

貴重な体験談も文章になると解かりやすいので、最近はこういったレンズもカニメのような工具で分解してみょうかなと、おもっています。
この50.1,4は、二十年ちかく昔、原宿の中古屋でわたしもcanon7ごと購入しました。canonでOHしましたが解像力の方はあまりぱっとしないようで、でもトーンはよく出て優しい写りでした。
キャノンのレンズは巷では人気ありませんが、設計者と時代ごとの区分けで見れば特長が解かり易くなるので、安い今のうちにそろえておけばあんしんです。(フジ35mmf2と同キャノンと撮り比べた30年近く前、迷わずキャノンにしました・・・。当時は同じくらいの値段です。)
気軽にふらりと街中に溶け込めるようで、見直したいと思います。

一枚目と二枚目の写真がシンプル向きなレンズと合っていて、大手をふって街中に溶け込む気分がいいです。
ご婦人連は、たしかこのレンズ、ヘリコイドが意外と気帳面なつくりだったので、ピント合わせる間にきずかれてしまう心配で不安です。でも、かえってアップで撮ると、背景ボケも意外と個性のある描写(とくにf4くらい)だったから、気が乗ってきたら挑戦したいものです。
分解も考えて品物を選ぶのには格好の製品だと思いました。
  1. 2009/06/08(月) 22:18:53 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordor #-
  4. [ 編集]

Treizieme Ordor さん
貴重なご経験談も交えてのコメント有難うございます。
確かにこれから、レンズ交換の出来る、しかも、必ずしも距離計連動を必要としないライブビュー/EVF形式のデジカメが出回るようになれば、タダ同然で店頭に転がるキャノンのライカマウントレンズも払底してしまうことは目に見えています。先般の中古カメラ市でも”赤鉢巻"が絶滅危惧種であったように・・・

ましてや、日本以上にキャノン製品のステータスの高い中国辺りのマニアが注目し出したら、「昔はタダみたいに安かったんだけどね・・・」などと昭和40年以前生まれのぢぢぃ達の思い出話の中だけに生きるレンズにもなりかねません(笑)

是非、キャノンのLマウント、安いうちに買っときましょう。
改造、改善に関してはアドバイスを惜しみませんので。
当工房も傘下の中原水産(多摩川原青空工房改め)も。
  1. 2009/06/08(月) 22:30:51 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

まず、レンズ画像のその透明感に圧倒されます。とてもオールドレンズなどとは言えないクリアさですが、そことなく温かみも感じられ、charleyさんの汗まで映し出しているようです。canonのこのあたりのレンズは数が多いのか、曇って実力が出ていないせいか、不当な評価をされて販売されているケースが本当に多いですね。せめて鏡胴がオールメタルで輝いていたら、もっともっと良い値段がついていたのに、なんて考えてしまいます。今回の作品はやはり抜けのよさが光りますね。ボケは前ボケが柔らかめで、後ろがカリっとしているようですので、すこし補正がきつめなのでしょうか?
先日Y崎さんに初めてお邪魔したら、charleyさんのお話が出て、技術を誉めておられました。当然ですね。
  1. 2009/06/09(火) 04:34:26 |
  2. URL |
  3. kinoplasmat #lpavF/Xw
  4. [ 編集]

kinoplasmat さん
過分のお褒めのコメント有り難く存じます。

グローバルに好事家の耳目を集めるレンズの殿堂の主であらせられる貴兄に評価して戴いたとなると、この冥途から帰って来た往年の実用レンズもこれからの第二の「人生」にも張りあいが出ようというものです(汗)

過補正気味ですか・・・確かに鋭いところをついておられますね。
この現象は、同じく50mmf1.2にも、50mmf1.8にも程度の差こそあれ見られますので、当時の「伊藤セオリー」のDNAの痕跡なのかも知れませんね。

それから、貴兄が訪問された丁度翌日、たまたま、うちの丁稚?と一緒にY崎光学を訪問しましたが、Y崎さんも貴兄の訪問がかなり嬉しかったようで、相当上機嫌で対応して戴きました。

次回の帰国時は是非、関係者で集まって、歓談させて戴きたいと願っております。
  1. 2009/06/09(火) 12:47:17 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

そんなこともあるんですね~。
ですが、投げ売りされているようなレンズ達を再生させることは並の人間じゃ出来ませんよ...
元値を考えたら、まさに値千金ですね!
キラキラ目を輝かせて徹夜するcharley944さん、幸せそうです。
  1. 2009/06/10(水) 00:07:13 |
  2. URL |
  3. andoodesign #WSWGH/LU
  4. [ 編集]

andoodesign さん
有難うございます。
小生は特別な人間でも何でもありません。生き返る可能性の有るレンズの再生であれば、経験と粘りさえあれば、恐らく、ここをご覧になっている方々のうち過半数の方は出来るかもしれません。

でも、ただひとつの違いと言えば、死屍累々の言葉通り、かなりの数をバラし、功名心が勝っていた頃は生き返るかもしれないレンズからパーツを取り外し、やがて手順を感覚として覚える過程で、生き返るレンズかどうかがようやく判るようになったというだけです。

要は経験とモノを惜しむ心の為せる技なのでしょう。
  1. 2009/06/10(水) 22:05:10 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/103-0a90a42e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる