深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

I'll be back~Apo Rodagon50mmf2.8改L~

apo-rodagon.jpg
apo-ro01.jpg
apo-ro02.jpg
apo-ro03.jpg
apo-ro04.jpg
apo-ro05.jpg
【撮影データ】カメラ:R-D1S、ISO Auto 絞り開放 AE、 ロケ地 :八景島シーパラダイス~川崎市民ミュージアム
さて、梅雨の中休み、雨に降りこめられていると、たまには太陽が恋しくなって、何処かに出かけたくんのが人情というもの、今回は先月末に実機化に成功した、Apo-Rodagon50mmf2.8改L他をお供に、"安近短"リゾ-トの代表選手、八景島シーパラダイスと、川崎市等々力緑地に在る川崎市民ミュージアムでの撮影行です。

まず、前にもSマウントの装いで登場し、ご覧戴いたこのレンズのおさらいを致しましょう。

このApo-Rodagon50mmf2.8は知る人ぞ知る、Rodenstock社が引伸機用にリリースしているレンズのうち、カラーでの焼付投影向けに提供されている"赤"、"青"、"黄"の三波長色収差補整型の高級レンズのことです。

このレンズのはそれほど凝った仕様なのに、一見プラっぽい鏡胴と、同じ引伸機用レンズのシリーズのうち、一番安い、"Rogonar"とも区別が殆どなく、ただ、唯一の自己主張は銘板ではなく絞りインデックスの裏側に極控えめに"Apo Rodagon"とのみ白抜き文字でプリントされています。

では、前置きはこれくらいにして、早速、作例行ってみます。

まず、一枚目。これは、八景島シーパラダイスの売り物、イルカの曲芸ショーのハイライト、イルカの一斉ジャンプです。
かなり逆光に近い条件で、水中から上がってくるイルカを待ち構え、とっさにシャッターを切ったうちの一枚ですが、何とか、滞空中の姿を捉えることに成功しました。
ここでは、イルカの肌のなめらかな質感、水しぶきの冷たさまでが感じられるショットになったのではないかと思います。

そして二枚目。魚介類のショーに目を奪われていると、時間の経つのもすっかり忘れ、12時も30分も過ぎてしまい、腹時計がベルを鳴らし続けるので、早々に会場を後にし、同行の"愉快な仲間達"と、園内のレストランに向かいました。
すると、初夏の陽光に煌く、メタリックなイルカ風船がフェニックスの木々をバックに緩やかに風に身を躍らせているではないですか。
そこで、この光と色の乱舞の一瞬を捉えるべく、レリーズ。
今回もかなり空が大きく写り込む逆光に近い条件になりましたが、色とりどりのメタリックイルカ風船も周りの人物も、背景のフェニックス、建物もイイ感じで捉えられています。

続いて三枚目。望外の充実バイキングランチの後、もうひとつのお勧めスポット、イルカの館に向かいます。
ここでは、水槽が建物内部の壁・天井を覆い、また「奥の院」には白イルカ様の鎮座もとい遊弋ましますシリンダー状の巨大水槽が在るのです。
そこでいたいけなバンドウイルカに心癒されようとする、大人のカップルの後ろ姿を一枚戴いたものです。
ここでは、かなり光線状態が悪く、水の揺らぎに合わせて、刻々と光の色、明るさが変わる中、かなりナチュラルな見たままのイメージで水槽の中の主ともどもカップルの姿を捉えられたと思います。

それから四枚目。当日は、お仲間の一人が、川崎市民ミュージアムにて、写真展に出展しているので、表敬&見物に向かいました。
怪我の功名というか、武蔵小杉駅から乗ったタクシーの運転手さんが研修中で、道に慣れておらず、目的のミュージアムではなく、アリーナ棟の前で降ろされたため、森の中を歩いて、ミュージアムまで向かいました。
その途中で、木々の木漏れ日に鈍く輝く、金属製のオブジェを発見し、このレンズの底力を試すべく、シャッターを切ったものです。
曇天下のしかも森の中であったにも関わらず、メタリックなシリンダの輝きも、赤とこげ茶で塗装されたキューブの部分も、一切の誇張なく、ただただ忠実にその姿を捉えられています。

最後の五枚目。森の小道を抜け、ミュージアムのエントランスが見えてくると、その前に、元日本鋼管の京浜製鉄所で活躍し、今は引退しオブジェとして高度成長期の名残を伝える、「トーマス転炉」の勇姿が目に留まります。
小生も会社生活の始まりがその対岸の工場の製鋼工場で転炉とは大の仲良し?だったので、思わず何枚もシャッターを切ってしまいました。
その中で、転炉のパーツがあたかも、「天空の城ラピュタ」の機械兵を想起させるイメージで写っているものが有ったのでこの場でご紹介した次第。

今回の感想としては、こんな性能のイイレンズが今だに捨て値で叩き売られているとは、ホントに信じ難いことで、こういう発見が出来るからこそ、自分で加工を行う労苦も報われるのだなぁと、いうことでした。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2009/06/28(日) 21:44:39|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<Fatal Weapon from down town~ Makro Switar 50mm f1.8 mod. M mount~ | ホーム | 赤鉢巻のDNAよ永遠なれ~Canon N-FD85mmf1.2L~>>

コメント

早速の写真アップご苦労様です。
撮影会の雰囲気が解って
ありがたいですよ~~~

写真は、1枚目と3枚目が
レンズの性能が素人目でもよく判ります。

私のほうと言えば、
山形の気温が31度を超えていたので
熱くてバテていました・・・

夏は苦手なんですよ~~~(^_^;)
  1. 2009/06/28(日) 23:02:46 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

際立っているところで・・・。イルカの水しぶきとか、転炉の重量感だとか、硬質な再現にたけたレンズの個性に引かれる管理人さんの気持ちが判ってきそうですねー。
  1. 2009/06/29(月) 01:08:58 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordor #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
土曜日は前日にわたってお世話になりました。

一目見て、非常に驚きました。
昨年お借りしたSマウントのアポ・ロダゴンと色味がまったく違うからです。
Sがあれだけ濃厚だったのに、Lはずいぶんとすっきりしています。
この濃厚さが最大の特徴と思っていたので、考え方をリセットしないといけません。
しかし、繊細な描写やけた外れの解像度は変わらないものと見えます。

イルカの1枚目が、わたしも秀逸だと思いました。
水しぶきがスターダストのようですね。
レンズの実力か、撮影者の技術か、観光写真がレンズを知らしめる好作例に転じています。
5枚目ののカットも、構図が見事ですし、黒い金属をどう見せるかベストの露出で表現されています。
逆に4枚目は、もっとアートに写るかと思いましたが、オブジェが汚かったのと赤がくすんでいたため、忠実ではあるのでしょうが、浮き上がるような描写を期待する向きには少し残念に感じることでしょう。
  1. 2009/06/29(月) 21:00:00 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

山形さん
有難うございます。
夏が苦手だって言ったって、8月には、「ペーターケルンと愉快な仲間由紀江ショー」が新宿高島屋で控えてるんですよ!!
そんなことじゃ、物欲が夏バテに負けちゃうぢゃないですかwワラ
  1. 2009/06/29(月) 22:33:44 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

Treizieme Ordor さん
有難うございます。
まさに、小生のレンズの好みを看破され、一言で言い表されていますね・・・
そう、まさにクリア&ソリッドなのです。

そういった意味では今回のレンズは物凄くコストパフォーマンス良いですね。
まだまだ安いですから、是非、ひとつはお買い求めになられてお試しあれ♪
  1. 2009/06/29(月) 22:36:20 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
有難うございます。
確かに今回の個体は彩度が低めですね。

思うにローデンの引伸しレンズは同じシリーズ内でも、こと発色に関しては個体差が有り、ApoでないRodagonもRogonar-Sも、それぞれ最低2本ずつは改造しましたが、シュナイダのレンズと見まがうくらい地味めな発色から、えっツァイスではないの?てな派手な発色をするものもありました。

それが、製造年代、ロットによるものか、或いは、熱を持つ環境下で使われる性質の商品だけに経年変化によるものなのか、詳しくは判りません。

ただ、当たり前のことですが、レンズの価値が発色の鮮やかさだけにあろう筈もなく、発色のバランス、忠実さ、結像の繊細さ、画面全体の均質さ・・・これらを開放からいかに高いレベルで見せてくれるかにあると個人的には思っています。

そういった意味では、奇しくも看破された通り、発色傾向の全く違うレンズでも、引伸レンズのレゾンテートルたる、解像感、クリアさ、画面全体に亘る画質の均質さはしっかり担保されていて、それがこのレンズ達がタダ者ではないと自己主張しているのです。
  1. 2009/06/29(月) 23:09:12 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/107-4bd3d80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる