深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

~Reincarnation of Gearman Treasure~ Exakta Xenon 50mm f2 mod. L39~

exacta_xenon2.jpg
xenon01_20090727001001.jpg
xenon02.jpg
xenon03a.jpg
xenon04.jpg
【撮影データ】カメラ:R-D1S ISO400 露出補整+1/3 全コマ開放 絞り優先AE ロケ地;門前仲町~新宿
さてまた月日はあっと言う間に巡り来て、日曜深夜になってしまいました。
もうこの時間では日付変更線を超えていますから、正確には月曜未明にホームワークやってるようなものです。

先週、先々週と工房附設秘宝館からの出展が続いたので、さては、工房も改造ネタが尽きたか、或いは遊びにうつつを抜かし、週末の勤行たるレンズ加工をさぼり始めたのか・・・などと要らぬ心配をされる方も居られると思います。

そこで、今週はまたきちっと工房作品のご紹介。

今回のご紹介は、Exakta Xenon 50mmf2のL39改造版です。

とかしらっと書いてしまうと、エクザクタファン各位から、「エクザクタのレンズをわざわざL39なんかに改造するなよ・・・一眼のレンズはアダプタ噛ましても一眼で使えよ」などときっつぃお叱りを受けてしまいそうですが、実はこのレンズ、電子湾で瀕死の状態で彷徨っていたものを、一発指値で釣り上げ、まず傷だらけだった前、後玉を大久保の名工のもとで施術を受け、宝玉の如き輝きを取り戻しました。

さて、ここからが工房の腕の魅せどころです。
このレンズ、エクザクタマウントとは言え、バヨネットは磨耗し、またひん曲がっていて、どんなボディも合いそうに有りませんでした。

そこで、L39<エクザクタのフランジバック長の関係を活かし、工房でふんだんに所蔵するL39マウントスリーブを履かせ、また距離計連動ブロック、カムを削り出して結合することにしたのです。

その加工の結果は今ごらんの通り、戦中~戦後間もない時期に生まれたと思しき、この端正な変型Wガウスの銘玉は、あたかもそれ自体がメーカーオリジナルレンズの如き容貌で再度、命を吹き込まれたのです。

では、その写りの実力やいかに・・・作例を見ていきましょう。

まず一枚目。これは門仲駅近くの永代通り沿いにいつも趣味のイイ大型バイクを数台露駐しているところがあるのですが、今回は、いかにも写真撮ってくれよと言わんばかりの前後ずらし駐車スタイル。
ピンは道路に近い方の車体の機関部に置いたのですが、前ボケはフワっと膨らむが如くボケ、後ボケは樹木に若干のグルグルが認められますが、なかなかどうして決まった一枚になったと思います。

そして二枚目。お買物がてら立ち寄った新宿ハンズの側には、こんな都心の一等地にも関わらず、レディミックスコンクリートの集配所があります。
で、ふと目を凝らすと、かのイチロー氏がビールサーバを押し、その蛇口?の筒先に、お、ちょうど、レミコン車のミキサーのコンクリ受けの巨大なカップがあたかもジョッキの如く口を開けているではないですか♪
この偶然の産物のナイス構図に思わずシャッターを切った一枚。
カップ部の上のエッジにピンを置いていますので、赤も鮮やかな「KYB」のデカールは少し滲んでいます。

続いて三枚目。お買物も無事済んだら、腹時計が鳴り始めたので、アルタ方面に歩いていたら、おもろいカッコの小姐がお登りサンご用達と思しきガラガラバッグを引き、傘さして苦労しぃしぃ歩いていたので、小走りに接近して浴びせた一太刀ならぬワンショット。
このカットはレンズの特徴を良く表していると思います。
小姐がさしている傘は濃い色なので水玉模様も含め、素晴らしい解像度で捉えていますが、画面内のモチーフ、特にオフフォーカス部の明るい色のものについては、かなり盛大にフレアが出ています。

最後の四枚目。小姐に会ってから伊勢丹裏辺りを暫く歩いていると、付近の住民らしい買物帰りの親子に出会いました。
子供は歩くのが疲れたか、歩行者ガードのU字パイプに座ろうとしますが、母親は早く家に帰りたいのと、頭でっかちの子供のこと、バランスを失い、アスファルトの路面に後頭部から叩きつけられ、一足早い西瓜割り大会になったら大変!とばかり、なんのかんの言ってダダこねる子供の腕を引いて歩こうとするのですが、なかなか上手く行かないようです。
その様子が面白くてつい一枚戴きました。
ここでもフレアは結構目立ちますが、それでも、衣服の布地、頭髪などのデティールの再現性から見れば、かなり高解像度のレンズであることは疑いようもないのでしょう。

今回の撮影結果からすると、デジ相手では、比較的光沢度の高い後玉最終面での反射がCCD前面の光学系とのリバンド反射でフレアっぽくなってしまったことも考えられるので、今度はしっかり銀塩フィルムで撮影したいな、と思った次第。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2009/07/27(月) 00:54:46|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<Challenger in Past Age ~Fujinon5cmf2L~ | ホーム | 混血の貴公子~Cooke Amotal Anastigmat 2"f2~>>

コメント

きれいなクロームですね。この輝きには結構弱いんです。仕上げもすばらしく仰るとおり純正とも思える見事さですね。
近くにピンをあわせるとバックのボケの流れが結構面白く出ていますが、少し後ピンとも思えるくらいボディの斜め部分の深度がありますね。
  1. 2009/07/28(火) 20:06:46 |
  2. URL |
  3. kinoplasmat #lpavF/Xw
  4. [ 編集]

(いつ雨が降ってもよい、晴れのある蒸し暑い日々です。)

おもうに、この時代の製造でf2クラスがある程度の色ノリがあるというのには、やはり驚きをかくせません。
日本では、カンノンカメラのテッサータイプレンズが御茶ノ水あたりで磨かれたような逸話や、海外進出を真面目に模索する以前の、国内の好事家消費をまかなう程度段階の時代だったのでは・・・。

こってりとした描写が、日本の最近の亞熱帯性気候のけだるさとマッチしているようで新たな表現意図を呼び覚まします。

ミキサー車のボリューム感にクラクラさせられたり、傘をさした女性のケッタイなコスチュームにクターとしたり・・・。一見見落としそうな景色が白昼夢のように再現する、そんな突っ込みから展開する既視感をさらに追求出来そうな描写。
バイクの背景のボケや、子をあやす女性の服の柄も、なかなか個性的で貴重な材料となっています。
  1. 2009/07/28(火) 22:29:33 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordor #-
  4. [ 編集]

kinoplasmat さん
有難うございます。
このやややり過ぎちゃったかな・・・程度のメタリック感を持った鏡胴の仕上げに感じ入って戴いたとは光栄なことです。

写りはと申せば、同じXenonの50mmf2でも、例のArriflex用のCine-Xenonの空気を剥ぎ取ったかの如きクリアですっきりした写りと較べると、まだまだ空気感みたいな気だるいフレアが垣間見られ、同じメーカーの同系列のレンズとは思えませんね。

しかし、どういうワケか、このレンズに限らず、Xenonと名のつくレンズで50mmf2クラスのものは、Arri用であれ、QBMであれ、ライカ純正マウントのものであれ、他の構成、例えば同じオーピック派生のズミクロンや、プラナーよりも被写界深度が心持ち深く見えるような気がします・・・
  1. 2009/07/28(火) 22:50:58 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

Treizieme Ordor さん
有難うございます。
とても偶然な出来事なのですが、実はこのレンズと前に登場したCooke Amotalはそれほど時代が違わないのですね、片や戦前~戦中、片や戦中から戦後間もなく頃の企画・設計だと思います。

しかし、貴兄の言われる如く、精密工業先進国の独・英のレンズと比して、日本ではまだやっとテッサー型のレンズがやっとという時代で、こんなことからも彼我の工業力・技術力の差を思い知らされてしまう次第です。

ハナシは変わって、このレンズの描写、面白いですよね、一見、フレアッぽくてコントラストがそれほど高くなく、眠いかと思えば、実は細部は物凄く緻密に描写してみたり、合焦部とオフフォーカスの境界を妙な描き分けして独特の距離感、立体感を紡ぎ出したり・・・
外観だけでなく、描写でも楽しめる、一粒で二度美味しいレンズってとこかも知れません。
  1. 2009/07/28(火) 23:01:04 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは。
タイトルのとおり、こういうレンズを掘り起こして再生して世に出すというのは、トレジャーハンターの趣ですね。
周辺の後ボケがけっこう暴れるようですが、前後ボケのきれいな端正な描写はさすがクセノンです。
色再現性は分かりませんが、赤青が派手にならず、落ち着いた表現は好ましいのではないでしょうか。

イチローの写真もおもしろいですが、やはりなんと言っても傘の女性の写真が秀逸です。
3種類の色違いチェックはなかなか目にするチャンスのない被写体で、後ろ姿でこんなに魅せる女性はそうはいないでしょうし、それを見逃さずにタイミングばっちりに捉えるのはさすが、下町スナップ達人のなせる技です。
  1. 2009/07/30(木) 22:45:12 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
有難うございます。
そーですね、この銘玉の復活は大久保の名人がメカ的には不調で後玉など中央部がすれて擦りガラス寸前のものを深川の手による再生を信じ、エレメント再生を引き受けて戴いたことによるところが大きいと思っています。

今回の復活には、モノ自体との出会いもさることながら、人と人との繋がり、お互いの腕を信じあうといった心の交流も不可欠なのだと思った次第。
  1. 2009/07/30(木) 23:53:24 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは。
これまた素晴らしい再生ですね!
写りはメリハリがあり、適度に収差が見えて使っても楽しそうです。
外観の仕上げも見事で、僕にはオリジナルの部分と自作改造された部分の違いが分りません...。
ローレットのピッチなどすべて同じに見えますし、レンズブロックを丸ごと包んだ改造なんでしょうか...?
改造が見事過ぎて当り前に見えてしまうところが、もったいなく感じてしまうくらい...。(笑
こうなってくると、改造前後の違いが見たくなりますね...
もしも、この再生を僕がこなしたとしたら、まずは自慢しまくるでしょうね~。
  1. 2009/08/01(土) 18:09:54 |
  2. URL |
  3. andoodesign #WSWGH/LU
  4. [ 編集]

andoodesign さん
有難うございます。
そうですね、この玉、比較的クセの少ない"クセノン"の中では収差バリバリのクセモンで、嵌まる人には嵌まってしまいそうな写りかも知れませんね。

また、今回はオリジナルと見紛う外観ってのも念頭に置いてパッケ-ジングを考えましたが、前週ご紹介した総アルミ製のアモタルと並べようものなら、こっちの方が押し出し感が強いので、ことによると、向こうが改造、こっちがオリジナルと見間違う方が居てもおかしくはないかと思います。

実はこのレンズは実証機という意味合いもあって、その到達点とは、エクザクタでは比較的入手性が良く、L39になろうものなら、日本の平均的リーマンの月収並みプライスタグの付いている、フランス製のあのレンズをL/M化することなのです。

まだ電子湾でイイ個体が釣れていないので着手はしていませんが・・・
  1. 2009/08/02(日) 00:21:56 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/111-4c97d225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる