深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Challenger in Past Age ~Fujinon5cmf2L~

fujinon50mmf2.jpg
fujinon01_20090802210150.jpg
fujinon02_20090802210158.jpg
fujinon03_20090802210213.jpg
fujinon04.jpg
fujinon05.jpg
【撮影データ】カメラ;R-D1S 絞り優先AE +1/3 ISO400 全コマ開放 ロケ地 丸の内~銀座
夏真っ盛り、この週末、海へ山へと繰り出された方も多いかもしれません。

ところが工房主人は、先般の撮影ツアーで傷めた腰が本調子でないのと、何よりも、午後のひと時、某ネット証券会社の人気アナリスト達が、マクロ世界経済の話から、株価の動向に関するオハナシをみっちり聞かせてくれるということだったので、行楽には出掛けず、土曜日は午前中、修理依頼品の分解点検なんかやって、お昼ご飯も抜きで日経ホールへ。

16時半になってイベントがお開きになると、聴衆は一斉にホールから退散、思い思いの方向へ散って行きました。

工房主は、たまたま、ホールに入る前に"メトロリンク丸の内"というタダバスが走っているのを目の当りにしてましたから、これ幸いとばかりにこのバスに飛び乗り、カバンに潜ませたR-D1sを点検します。

目的地は、丸の内、そう来週末に引っ越す、勤務先の新本社界隈がなかなかイイ感じだったので、金曜に下見して、週末、写真撮りに来る目論見だったのです。

今回のパートナーは、Fujinon5cmf2、しかも最後期型の新種ガラスをふんだんに使った、アンバーコートのメートル距離表示のモデルです。

余談ながら、昨日、浅草の某有名修理店に寄ったら、そこの常連でフジノン通の方がたまたま来ていて、このインフストップのノブの付いているモデルはなかなか希少だとか・・・

確かに今まで3回ほど買った中でこの個体の写りは飛び抜けており、今まで買ってはすぐ手放した共通の理由である、シャープでない、ハイライトがフレアっぽくなる、後ボケが見苦しいを全て一掃し、工房所有のレンズで激戦区である50mmf2クラスの中では、3タイプのズミクロンをも凌駕し、国産ではトプコールS5cmf2と双璧のシャープさ、クリアさ、コントラストの高さ、画面全体の均質性を誇り、後ボケではゾナータイプのニッコールf2のお株を奪い、シネ用を除いては、まさに最強の呼び名も高い宝玉です。

このレンズのことを少しおさらいしておくと、まず、構成は4群6枚のオーソドックスな変型Wガウス型です。
産まれは1958年に国産レンジファインダー機の老舗、レオタックスT2用として市場にリリースされたとのことで、奇しくも、附設秘宝館では最強のライバル、トプコールS5cmf2の絞り黒帯モデルと同じ産まれ年ということになります。

しかも、国産最強の呼び名も高い、関西製の宿縁のライバルもこの年の5月に産まれています。

こうなると、1958年はやはり国産のRF機用レンズの大当たり年だったと考えるより他はありません。
1953年のM3ショック以降、国産各社の血の滲むような努力が花開いた大輪の花たちだったのかも知れません。
時代はこの後、急速に一眼レフの世の中に移っていきます。

さて、前置きはこのくらいにして、作例を見ていきましょう。

まず一枚目。
これはタダバスを降りてすぐ、丸の内仲通りには、なかなか素敵なオブジェが路傍に配置されているのですが、ちょうどイイ案配に新型のBMWのRVタイプのやつも路駐していて、光加減も宜しい・・・
で、そこで創作意欲がムラムラ、今、絶賛公開中の"トランスフォーマー"のイメージで一枚撮ってみたもの。
左フェンダーの峰にピンをおきましたが、エナメルの如き、艶やかな塗膜の質感と前後のボケの心地良さが十分判るカットになったのではないかと思った次第。

続いて二枚目。
丸の内から少し歩くと、もう有楽町との境に位置する東京フォーラムの偉容を嫌が応にも目にすることになります。
建物自体には今だ色々な観点から賛否両論ありますが、少なくとも、都心で都民の憩いの場としては、あの金喰い虫の都庁ツインタワーよりは遥かに有益だとは思いますが、そのガラス張りの建物の回廊接続部分の写り込みを一枚撮影。
ガラスの質感、ガラス越しに見える逆竜骨のシルエット、余すことなく、このレンズは建物がそこかしこに隠し持つ、美の本能を暴き出します。

そして三枚目。
フォーラムを過ぎ、銀座へ抜ける際、いつもの撮影スポットであるガード下の作為的レトロ食堂の近傍で何カットか撮ったうちの一枚。
ここは、露出が大変難しく、AEで撮るより、むしろマニュアルで勘に任せてシャッター速度を思い切り遅めにセットした方が成功するケースが多いようです。
R-D1sの今回の采配はまぁまぁ及第点ってとこでしょうか。
ガードの向こうの眩いばかりの光の届かない、店頭のテーブル、椅子のシルエットも驚くほど忠実に写し撮っています。

それから四枚目。
銀座4丁目の交差点まで来て、信号が青に変わるのを待っていたら、突然背の高い車が横に着き、ふと振り返ると、なかなかお目にかからない、二階オープンエアのダブルデッカーバス・・・
たまたま写真を撮るにはベストポジションに立っていたので、ソニービルの看板を背景にハイ・チーズ。
ここでも、合焦部の金具、車体の赤塗装は極めてシャープ且つクリアに色も誇張せず忠実に描写し、バックの看板は、上品にぼかしてくれています。

最後の五枚目。
三越方面に向かって晴海通りを歩いていくと、路上カメラマンには公然の撮影スポットなのですが、和光の別館の歩道際にキューピッドと小便小僧を足して割ったような青銅製のオブジェが顔を覗かせています。
ここで、スナイパー宜しく、イイ背景の通行人が来るまで暫し気配を消し待ちうけ・・・ちょうど、一分も経たないうちに女の子連れの母親が通り、知らっとシャッター切ってお暇しようかと思ったら、なかなか敵もさるもの、当方の押し込められた殺気のようなものを感じてか、通りざまにカメラ目線、いやはや、気付かれていたとは・・・でもボケてかろうじて性別しか判明しませんねぇ。

さて、今回も久々にこのレンズをお供に連れ出し、街撮りを楽しみましたが、前々回のアモタル同様、買って直後は、レンズの良し悪しなど、さほど判らず、ただ偶然性の有る面白い写真が撮れたかどうかしか関心が無かったのですが、今こうして色々な観点から街撮りやってみると、実に素晴らしいレンズであることが改めて認識出来た次第。

この余勢を駆って、是非、ディフェンディングチャンピオンに挑み、国産最強の座を得させてあげたいとも思った次第。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2009/08/02(日) 22:11:33|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<魔鬼煎餅~Cooke Kinetal25mmf2 mod.M~ | ホーム | ~Reincarnation of Gearman Treasure~ Exakta Xenon 50mm f2 mod. L39~>>

コメント

最後の写真、いいですよ~~~

彫像が、こちらを覗いているのと
後ろの少女がこちらを覗いている

Cさんは、目線をもらってがっかりしているようですが
この場合は、振り向いてくれた方が
ドラマ性がある気がしますよ~~~~~

ちなみに
この天使がカッパに見えたのは内緒です・・笑
  1. 2009/08/02(日) 22:21:38 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

山形さん
早速のコメント有難うございます。
ほほぉ・・・三枚目がお気に召しましたか・・・

何せ開放でしか撮らないもんだから、こういう瞬間はまさに二者択一なんですよね・・・後ろの通行人を狙ってピンを置いておくか、或いは、オフフォーカスで、良さげなボケ素材が通ったらシャッター切るか・・・

ま、目線貰って文句言うのも何ですが、かなり通行人に気取られないよう、息を殺してこのオブジェの先の交通標識のポールの陰で潜んでいたんですが、気付かれちゃったのがちょい惜しいってことなんです。
この時の場所がら、通行人は皆、無関心で上品に着飾って、すたこら通り過ぎるってイメージで作画しようと狙ってたんで・・・(汗)

ほほぅ、カッパですか・・・お江戸にはさすが、カッパは回転寿司とか、田原町の辺りにしか居ないですが、レンズ加工出来る水母なら居ますよ、6日にでも上京されてゆっくりご鑑賞下さい。
  1. 2009/08/02(日) 22:47:29 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは。
このレンズの完璧な状態での作例を堪能でき感謝です。
しかし、状態こそ違えど、見まごうことなきこのレンズ独特の描写だと確認できたようにも思います。

わたしが好きなのは、繊細なシャープネスとしっとりしたボケの両立しているところです。
線が細く細やかなので解像感が高いのに、ボケはウェットで情緒的です。
酒場の電気は滲んでいそうでぎりぎり踏ん張っている感があるのに、BMWのクロームパーツはあっさりと滲んでしまっています。
ハイライトのボケはまるで意図を持って滲んだり踏んばったりしているかのようです。
傾向としては、わたしの所有する難ありフジノンと同じようですので、ぜひとも調整して同グレードまで持っていきたいと考えています。

あえてひとつ難癖をつければ、わたしも最後の写真が良いと思いますが、白い壁を反映してか普段よりアンダー目になっているのが気になりました。
それを除けば、かっぱらしいウェットな感じのボケを活かした、チャーリーさんらしいスナップの傑作と思います。
  1. 2009/08/03(月) 19:53:38 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
有難うございます。
このレンズ、満を持しての堂々登場と言いたいとこですが、実はさにあらず、貴サイトでの紹介を受け、お、そんなレンズもあったな、まだ紹介してなかったっけ・・・ぢゃ、土曜日に丸の内~銀座辺りで試写してみっぺ♪
で、えがったら載っけりゃえがっぺ♪
てなことで、極めてカルいキモチで緩く試写して、浅草への移動途中の地下鉄の中でビュワーを見て、あたかも松田優作の霊が降りてきたかの如く、おぉぉぉ、何ぢゃコレ!!!と小さく絶叫し、家に戻ってからすぐさま掲載作例を選んだ次第です。

ところで、最後の掲載画像が比較的評判イイみたいですが、ネタを明かすと、実はこのカット、赤瀬川某、赤城某等々、結構有名な街撮りフォトグラファーが作品を出しており、違いは背景の通行人だけ・・・というお手軽な撮影スポットなんであります。
従って、かなり慎重に”決め手"である通行人の人相風体、表情まで選ぶワケなのです。
  1. 2009/08/03(月) 23:14:35 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

レポート、ご苦労様です。

証券マンから中国への注視をさとされるご時世。その辺りはひょっとしたら中将さんが詳しいような・・・、どのようなものでしょうか。

仲道り界隈。築昭和30年代Sビルヂングの地下三階に常駐していた頃は、同僚への応援で煤けた格好で後ろめたそうに地上をうろうろしていたものです。たまさか今後界隈で出会っても、それはわたしではありません・・・(裏方の人生)。

冗談は置いといて、なにやら全体、気合が入っているような写真です。1,2,4は築地 仁みたいです。

3の写真は、よく見ると看板が凄い。
『ミルクホール』ってなに出してるの?
『有楽町診療所』は完璧に「昭和」です。
『ホッピー・満腹・トロテキ・・・』、こんな看板の店もいずれは・・・。

(KC庁裏方仕事の帰り、同僚のおっさんがロト6の話しをながら、「おれは仲間と(ここいらで)トロにビールだ。」と、作為の無いまま立ち寄ったという話も、もう十年近く古いおはなしです。)

やはり5枚目、タイミングがいいですね。沢山写されているにも関わらず、女の子に見られているようなこの構図はとても面白いです。


フジのレンズは、相変わらずつかみ所がありません。シリーズ・ラインアップが不安定なのもありますが、現役であるにも関わらずです。近年の製品も含めて見るにつけ、ひょっとしたら極度に玄人向きなのかなと、思ったりもしました。






  1. 2009/08/03(月) 23:31:08 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordor #-
  4. [ 編集]

Treizieme Ordor さん
過分のお褒め有難うございます。
今回のレンズはシネではないとは言え、それに近い性能を持つ玉ですから、あわよくば写真展用の作品作りを・・・という焦りが滲んでしまったのかも知れません、いやはやまだまだ修行が足りない(汗)

それにしても、奈良時代のやんごとなきお方にご縁が有るかのような某サイトでも述べたように同じ焦点距離、F値でも製造年、いやロットが違うと全く別物の如き写りを見せるこの会社のレンズは、果たして銘玉なのか、それとも工業製品失格の迷玉なのか・・・誰も結論付けられないまま今に至るのでしょうね。
  1. 2009/08/04(火) 22:16:49 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/112-caa62127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる