深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Nachleuchten der deutschen~Planar85mmf1.4~

planar85.jpg
planar85_01.jpg
planar85_02.jpg
planar85_03.jpg
planar85_4.jpg
planar85_05.jpg
【撮影データ】カメラ:Canon EOS1DsMkII ISO400 絞り優先AE 全コマ開放
さて、心ならずも政権交代の足音が間近に迫って来つつあり、この雨も、経済復興に最善の努力を尽くしながら、国民に決別を告げられた自民党の涙雨のようにも思えてきます。

とまぁ、政治的なハナシはこのくらいにして、今回の更新は、一目一目瞭然、京セラ製CONTAXシリーズ中の銘玉の誉れも高いPlanar85mmf1.4のご紹介です。

え、なんでこんなありふれたお手頃レンズが秘宝なの?とか、おぃおぃ、なんでいつものSTとかS2ぢゃなくて、馬鹿でかいEOS1ケタボディについてんのよ!?

疑問はごもっとも・・・順に謎解きしていきましょう。

まず、初めはボディありきです。現有のEOS1D(初代)でのアダプタ遊びに味をしめ、YC、R、M42とアダプタを揃え、EOS純正のEFレンズは動作確認用の1万円程度のヂャンクすれすれの標準域ズームしか持っていないのに、アダプタを介し、前述のマウントの美味しそうなレンズのみつまみ食いすることにしました。

Vario-Sonnar28-85、Vario-Elmar35-70、Valio-Elmar28-70、Distagon18mm、28mm、35mm、そして、どうしても欲しかったのが、この85mmf1.4のPlanarと60mmのMakro-Planarだったのです。

かくして、1DのAPS-H(1.3乗数)では満足しきれず、EOS1桁シリーズでは銀塩、デジを問わず、歴代の中でも最優秀機の呼び名も高いこの1DsMKIIを導入せんと、日夜精進していたのですが、或る中古カメラ屋さんに極めて程度の良い個体が有ったので、値段も下がらない昨今、冬のボウナス一括で買えない???と聞いたところ7月も上旬だったので、答えは当然No!、すごすごと引き返そうとする背中にその売り場責任者から、「待って!」の一声・・・

何かと踵を返せば、要はこのお店の19周年記念だか何かで、頭金、金利無しの19回払い限定で、この個体が買えますよ♪という、有難いような有り難くないような、恐るべきセールストークだったのでした。

で、魔がさしたと言えば、魔がさしたらしく、次に意識がはっきりした時には、既にローン申込書に必要事項を記入し終わっており、お持ち帰りが確定していたのでした。
予備のバッテリをオマケに戴き、結構トクした気分でした。

そして、その翌週、また止せば良いのに、ツアイスの望遠系がどうしても欲しくなり、ネットで在庫状況、相場などあれやこれや調べ、結局のところ、掘り出し物に当る確率の極めて高い、中央線沿線某駅北口の"ペコちゃん"カメラを訪問。

すると、顔馴染みの店員さんがいつものようにニコニコ顔で接客してくれたんで、「そこのヤシコンの85mmf1.4全部見せてよ」とあろうことか、5本全てショーウィンドから取り出してもらい、斜め上から反射光を見たり、顔がくっつかんばかりに前玉の表面見たり、挙句の果ては福沢諭吉先生の肖像画の線刻を拡大してみたり、端から見れば狂気の沙汰とも思えるようなチェックをして選び出したのが、今回の一本。

面白いのが、日本製、ドイツ製それぞれ、製造時期、或いはロットによって、コーティングの種類、硝材が全然別物のように見え、そのベテランの店員さんにもご意見を求めたところ、これが一番ヌケが良さそうですねぇ・・・とのことで、見解一致、かくして一番安い個体が手許にやってきたワケです。

ってことで、レンズにはうるさい、工房主人が選りに選った個体なので、秘宝認定という次第。

とまぁ、前置きは長くなりましたが、早速作例いってみます。今回は全編とも、去る7月中旬に秘密結社「新宿西口写真修錬会」メンバー各位と川越ロケした時のものです。

まず一枚目。
これは、いつもの撮影スポット、川越三大名所?に挙げられる「駄菓子屋横丁」での1コマで、若い父親が幼い女の子にせがまれるまま、駄菓子の棚に手を伸ばした瞬間を捉えたものです。
このレンズの特徴が良く出ているカットで、女の子の髪、二の腕の柔らかな感触は極めて忠実に描写していますが、父親の方は、もうアウトフォーカスとなってしまっています。バックのボケも変なクセがなくて好感持てると思います。

続いて二枚目。
同じく駄菓子屋横丁で、90度視線を変えると、今度はテンガロンハットもどきの帽子をかぶり、駄菓子を買って貰って幸福の絶頂に居るかの如き歓喜の表情の愛娘を「写るンです」で必死に撮影しようとする母親が居ました。それぞれの表情の対比が面白いので一枚戴き。こういう時、50mm以下だと、相手に気配を察知されてしまうので、ここでも85mmの威力発揮です。
ここでも、合焦部のキレとバックの美しいボケの対比がうまく生かせているのではないかと思います。
それにしても、白い被写体だらけのカットでフレアが全く出ないのは、T*コーティングの真価発揮です。

そして三枚目。
駄菓子屋横丁を後にして、第二の撮影スポット、「刻の鐘」の鐘楼近傍に移動しました。
只ならぬ気配を察知して振り返ると、柔和な笑顔を浮かべたマッチョマンの車夫さんが、いかにもNHKドラマ見てきました♪って感アリアリの小母さま各位を乗せ、こちらに進んでくるではありませんか。
早速、EOSを構え、一発で仕留めたのがこのカット。何せ、スクリーンをスプリットマイクロに換装しているので、昼ならFD系のメイン機とほぼ同様にマニュアルフォーカス出来る強みがあるのです。
ちょうど、被写体とバックのクリアランス、そして光線状態が絶妙だったため、クリアでシャープな合焦部となだらかなアウトフォーカス部のボケが相俟って、あたかも立体写真のように見えるのではないかと思います。

それから四枚目。
川越といえば、小江戸、小江戸といえばクラシックですから、着物を着こなした粋でいなせか、しとやかな小姐の一人か二人はゲッチュしなければ、せっかく高い電車賃払って、武州まで来た甲斐がありません。
その思いというか、執念が天に通じたか、アイデアルモデル3人衆の登場です。
しかも、蔵作りで一番レトロ濃度の高いところへいっぺんに3人です。
一瞬、観光協会の回し者か、或いはTV埼玉の手の者か・・・とか邪推しましたが、次の瞬間、無意識に迎撃の動作に入っていて、見事捉えたのがこの一枚。なかなか風情の有るカットになったのでは。

最後の五枚目。
最終目的地の喜多院まで移動する途中、何故か面白い建築が色々建っている通りに迷い込み、そこでの一枚。
洋館をバックにヘンなカンカン帽のおぢ様が仄かに写り込んでいますが、これは顔を出すことを許されていない、秘密結社のメンバーだからこのような登場となったのでした。
と、冗談はさておき、後ボケも美しいですが、前ボケもこのようになだらかで美しいという作例でした。

ただ、この万能とも思えるEOS1DsMkII+ツアイスの組み合わせ、唯一にして致命的な欠点がありまして、それは、異様に重い装備になってしまうということ。

ボディにバッテリセットして約1.6kg、そして重いMFのYCとRマウントレンズ3本とサブ機のZeiss Ikonも持ったら、ショルダーバッグは5kg以上になって、日が沈む頃には腰痛が再発し、まっすぐ立って歩くこともままならず、痛々しい姿を仲間内に晒してしまったのでした。

テーマ:CONTAX - ジャンル:写真

  1. 2009/08/30(日) 23:16:05|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<異能のオーパーツ~Fujinon-E5cmf3.5改S~ | ホーム | 【夏休み協賛企画I】~魔玉と過ごした夏休み(後i編)~>>

コメント

ぺこちゃんカメラ!

私も通販ではとってもお世話になってます。
今年の初め、ぺこちゃんカメラの通販で、初めての1/8000の付いたカメラを購入しましました!
今頃?ニコンF4!それもお安い7350円!(笑)
最近出番の無いAis85/1.4・135/2・58/1.2などが日中に開放で使えて、
これが20年前のカメラ!その素晴らしさに驚きました!!
でもフィルム2本で飽きちゃいました。(笑)
やっぱり・・・
露出計の付いてない!
金属製の!
古~~い!
黒~~い!
そんなカメラが、楽しく撮影出来るようですね。
ぺこちゃんカメラ!最高!!(笑)
  1. 2009/08/30(日) 23:45:25 |
  2. URL |
  3. むらさき茄子! #kqgYIJQs
  4. [ 編集]

以前持っていました。とってもよく写りましたが、同じf1.2と比べるとこちらの方がちょっとアクが強い感じが当時したのを覚えています。。今回のものはcharleyさん厳選ですから、抜けが良いですね。人力車の遠近感が85mmらしくて好きです。
  1. 2009/08/31(月) 01:40:28 |
  2. URL |
  3. kinoplasmat #lpavF/Xw
  4. [ 編集]

Planar 85mmF1.4は開放と二絞り程絞ったのでは描写ががらっと変わって、絞ると繊細な描写になりますが、開放ではちょっと暴れた感じになりますね。

一枚目の女性などはF2.8くらいで撮ったら綺麗だったのではと思います。
それに気の所為かピントが甘くなってしまったようです。赤ん坊の髪にあわせたんでしょうか?
それともお母さんの目?
間違っていたら失礼。
  1. 2009/08/31(月) 01:48:32 |
  2. URL |
  3. netdandy #B7IDXB7Q
  4. [ 編集]

むらさき茄子さん
有難うございます。
こんなところにも「ぺこちゃんカメラ」のファンが居られたのですね・・・じーん(涙)

あそこの良いところは、お金が有る時でも無い時でも、それなりに楽しませてくれるとこです。

先般もヂャンク館ぢゃなく本館2階で、「中玉薄曇り有」と称し、外観AB、前玉、後玉エレメントに殆どキズ無しのSニッコール5cmf2黒を樋口一葉先生お一方と漱石様2名でお釣り来る金額で出てましたし・・・
勿論、買って帰って、"ルミエール液"で洗浄したら、新品同様になっちゃいました。
へへへ、そんなこんなで安く買ったSマウントの標準が数え切れないくらい工房には有るんです(汗)
  1. 2009/08/31(月) 22:20:42 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

kinoplasmatさん
有難うございます。
えぇぇぇ・・・あの高価な85mmf1.2をお持ちだったのですか!?
限定生産というだけあって、個体自体もあまり見掛けませんし、作例は皆無に等しいのでは?
その個性派?の大口径より、こちらの玉の方がアクが強いとは・・・

実は、今回はデジでテストしましたが、かの銘玉の雄、Canon N-FD 85mmf1.2Lとコダックのエクターフィルムで以って対決させてみたいと思っています。
昼のシーンなら、こちらに軍配、黄昏から人工光の支配する時刻になれば、研削非球面の威力を発揮し、キャノンがリードするのではないかと、アタマの中では勝手に空想してますが(笑)
  1. 2009/08/31(月) 22:27:10 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

netdandy さん
有難うございます。
しかし、せっかくのコメントながら、ちょい明後日の方角向いちゃってますね(汗)

まず一枚目の作例でしたら、説明にあるように「父親」であって女性ではありません。
しかも、ピンは幼子の柔らかな二の腕、しなやかな産毛を捉えたかったので、赤子の肩口でスプリットイメ-ジ合わせています。

絞ればよりシャープでコントラスト上がるのは、デジでのテストなので判りきったことでしたが、むしろここでは若い父親ではなく腕の中の幼子が主題なので、説明に有るとおり、意図的に父親はアウトフォーカスとしたのです。

幼子に着目すれば、これが85mmf1.4の3m程度の距離での開放撮影かと目を疑うくらいシャープに捉えていますよ。
  1. 2009/08/31(月) 22:34:07 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは。
天気のせいもあるとは思いますが、ずいぶんと冷たい印象の発色と感じたのが全体の第一印象です。
赤や暖色系が映えないと書くと言い過ぎでしょうが、
夏向きのレンズという気もします。
しかし、ボケは最高です。
前後とも大きく崩れているところは当たり前ですが、4枚目の向かってくる女性や掛け軸のディスプレイなんかは好きなボケ方です。

しかし、写真としては混雑の中でタイミングよく狙い通りのカットをおさめた1、2枚目や、フレーミングとポーズがびたりと決まった3枚目などさすがと思います。
あと、4枚目の女性のサンダルの残り方が絶妙で、すごく意味深に見えます。
  1. 2009/09/01(火) 22:14:46 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #zO1Ff7GE
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
ありがとうございます。
そうですね、言われて見れば、暖色系の発色が鈍いというか、彩度全体が抑え目という印象は否めないですね。
しかし、ここのところ、モンスター級のレンズの作例ばかりアップしてきたので、普通の市販品のレンズの発色に物足りなくなってしまったという仮説も成り立つのではないですか?(笑)

今回は自分で申し上げるのもなんですが、フレーミングにはかなり自信ありました。
何故ならば、等倍でこそあれ、フレームがかなり緩いR-D1sでも、多少はマシであれ、プロ用一眼には被写界の厳密さでは一歩も二歩も譲らざるを得ない、M8でもなく、EOSの最高機種を使ったのですから・・・まさにメカの性能による作画力底上げとでも白状すべきでしょう(爆)
  1. 2009/09/01(火) 23:15:36 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

アラ、お母さんじゃなくてお父さんだったんですね、失礼。

やっぱり、赤ん坊の髪にピント合わせてたわけですね。
お父さんの顔が滲んでしまったのが気になりました。
赤ん坊は後ろ向きなので、視線が顔のあるほうに行ってしまいます。
  1. 2009/09/02(水) 01:35:42 |
  2. URL |
  3. netdandy #B7IDXB7Q
  4. [ 編集]

やはり露出度が低かったから
某氏のうけが・・・・・ゲホゲホ・・・・w

私も説明文を読まない方なので
1枚目をお母さんだと思ってしまいました・・・・(^_^;)

私の好みとしては
スッキリした人力車の写真です。

浴衣の写真が
浅草の某売り子さんみたいだったら最高だったんですが・・・笑

このレンズは昔借りて使ったことがありますが
少し絞るとシャープだった印象がありました。
でも
個人的にはCannonの方が好きでしたよ~~~


  1. 2009/09/02(水) 22:51:31 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
やっとたどり着きました。

わたしもこのレンズ、二度購入しました。現在あるのはAEタイプですが、中将姫さんが指摘するように今回の作例は、モダンで冷たいような色合いだと思います。canonで捉えられると、ヤシコンとまた違う感じがして興味深いものです。
わたしはむしろ、ドロンとした感じで濃い目の色合いが好きだったので古いのに入れ替えました。
アメリカ帰りで金欠友人から85mmf1,2を買わされた事がありましたが、クセの強いAEタイプの格安f1,4に引かれ、交換したという経緯もあります。

色合いは違うものの再現性は似ていて(同じタイプですからね!)、今回の写真でもわかる様な厚みがあるボケ味でいつか『作品』をモノにしてやる・・・とおもいながら、寂しくガラスを覗き込むような日々を送っています。
  1. 2009/09/03(木) 22:03:48 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordor #-
  4. [ 編集]

netdandyさん
昨日は遅くまでお疲れさまでした。
ま、写真展向けに目をちば真一状態でシネシネやってると、たまには気を抜いた写真も撮りたくなるってことですよ・・・
で、兄ちゃんオヤジには興味ないんで、幼子の柔らかい肌と毛髪の再現性を試したかったワケです。
これは撮影意図まで問われる"作品"ぢゃなくて、あくまでレンズの味見の"作例"ですから(笑)
  1. 2009/09/04(金) 21:14:33 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

山形さん
有難うございます。
先月はくらげセンセも大目に見てくれましたが、今月はカンベンしてくれないですよ・・・そうICS最終回ですから、しかも有楽町ですから(笑)

しかし、話戻って、左右にそれぞれ、このヤシコンの85mmf1.4とN-FD85mmf1.2L嵌めたステレオカメラ作ったらどんな写りになるか、なんかキョウミ湧きません???
  1. 2009/09/04(金) 21:17:47 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

Treizieme Ordor さん
有難うございます。
また、色々なレンズ遍歴を辿っているのですねぇ・・・まるで某出羽の国の御仁の告白を聞いているようなキブンになってしまいました。

ま、今回の写真展はもう、「シネレンズ」、及びオマケのスペシャルレンズでそのスペシャルレンズがダルの超6も頭脳1.1もお呼びでない!?ってことなので、極フツーのこんなレンズはいくら良く撮れてても、補欠でもベンチには入れないでしょうねぇ・・・

ホントはテーマはもっとゆるく、85年以前に発売された機材とか決めた写真展やれれば、皆さんが蛇蝎の如く憎むコンパデジとか、AF/AE/ズームの一眼みたいな簡単に撮れるが、「写真」というものの有難味が無い機器達とは無縁に「味」を語れる写真展になると思うんですがね・・・

やっぱ、ウケとか、話題性なんか度外視し、仲間ウケだけでもイイから、機材ぢゃなくて、ホントに古くてイイもので表現にも自由度持った写真展やりたいですよねぇ・・・
  1. 2009/09/04(金) 21:27:57 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

いやぁ~~~

私は中古カメラから足を洗って
M9でも買って
時代の最先端ブログでも開設しようかなぁ~~~~

とかいう夢は・・・・・・・

実は全然なくて

最近は、国産の70から80年代カメラとか
レンズメーカーのレンズにはまろうかなぁ~~~
とか思ってます・・・・笑

第一弾は、早速修理に行ってしまって
今月末じゃないとお披露目できません・・・・笑

くらげさんのほうは
横須賀基地のネイビーに預けておけば
おとなしくなるのでしょう・・・・笑

9月は4連休を何日休めるかが
上京できるかのカギになっております・・・・(^_^;)

あっ、
でも、写真展ようの写真も
いいかげんプリントしないとダメですね・・・・・(^_^;)
  1. 2009/09/04(金) 21:51:23 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

山形さん
再び有難うございます。
噂では、M9はフルサイズでライカブランドにしては格安の80万円台以下で出るんではないかという、希望的且つ楽観的な憶測も出ておりまして、そうなると、リセルバリュも考えるとEOSとかNikonのフラッグシップ機買うより遥かにオトクな気がしないではありませんね。

でも、APS-HサイズはAPS-Hサイズのイイところがあって、UV/IRの問題さえ解決してくれれば、センサーサイズが大きくなってもM8.2相場の倍まで出す気はしませんねぇ・・・

ってことで、M8もしくはM8.2が安くなったら白黒一台ずつお買い求めになられて、70~80年代製のレンズ専業メーカー製品に嵌まりませう・・・キノプティーク、アストロベロリン、アンジェニー、ランクテーラーホブソン、シュナイダ、ローデンシュトック・・・イイものが一杯ありまっせ☆
  1. 2009/09/05(土) 00:35:13 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/116-37f9ae4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる