深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

A return of secred gem~Cooke Speedpanchro40mmf2~

speedpanchro40.jpg
kinetal40_1.jpg
kinetal40_03.jpg
kinetal40_04.jpg
kinetal40_05.jpg
kinetal40_06.jpg
【撮影データ】カメラ:R-D1s 絞り優先AE ISO200 露出補整 #4以外 +/-0、#4 -1_2/3、 ロケ地 生口島
さてさて、一週間、シルバーウィークとやらでふらっと旅など出てしまい、更新をサボってしまい、事情を知らなかった方にはご心配をおかけしたのではないかと小心者の工房主は気に病んでの更新です。

今回は5連休のうち、4日間を使い、瀬戸内濃度の一番濃い地帯?尾道、鞆の浦、倉敷を訪問して参りました。

そして、旅のお供は新作のシネレンズ3本+既存1本です。

そのお供のうち、仲間内のレヴューで結構ウケが良かったSpeedpanchro40mmf2の作例のご紹介です。

各所でそれぞれのレンズをデジ、フィルムで試しましたが、今回は、生口島という、尾道から高速艇で40分ほどの緑豊かな、沖縄とはまた別種の島時間の緩やかな流れに身を置いて撮ったものをご覧戴きたいと思います。


まずはその前にいつもの、機材の能書きを少々。

このCooke Speedpanchroというレンズは、ここではかなり一般的になってしまった、ドイツのArnold &Richter社(Arri.社)の出す、映画撮影用カメラ、Arriflex35シリーズの交換レンズのひとつで、何故かドイツのカメラなのに大英帝国が世界に誇る、Rank Tayler Hobbson社が供給するシネレンズです。

そもそも、このArriflexは、Carlzeiss社のレンズ付きで1930年代初頭にスタートしたものが、初めは報道用の動画撮影、そして劇場用とバリエーション、生産数が増えるに従って、様々なレンズメーカーが交換レンズを供給するようになりました。

工房主が知る限りでも、Carlzeiss、Schneider、AstroBerlin、Rodenstock、Kilfit、そしてフランスではKinoptik、Angeniuex、Somberthiot、米国ではKodak、Bosch&Lomb、Wollensak、英国ではこのRTH社、日本からもニコン、キャノン、コーワ、フジノンが供給していました。
ワンオフのものを含めたら、 もっとあるのかも知れません。

肝心のこの個体は、おそらく1960年代後半から70年代初頭までに作られたものではないかと思います。映画用レンズは基本的にスタジオの備品であると同時にとても高価な産業機械であったので、民生用と違い、メンテナンスの都度、当時の最新の仕様で取り込めるものは取り込んで修理することが良く行われたらしく、比較的古い鏡銅の中にかなり新しいマルチコートのエレメントがさりげなく嵌めこんであったりしますので、鏡胴形式やナンバーで製造年代を特定するのはかなり難しいのです。

とはいうものの、このレンズが電子湾で釣り上げられて、家に届いた時、描写性能を大きく左右する中玉には、絞りの羽から飛んだと思しきオイルスポットや曇りが見受けられ、試写するまでもなく、初期性能は望むべくもないだろうと推測されましたので、川崎の或る時は駆け込み寺、或る時は緊急病棟であるKファクトリーに持ち込んだのです。

先方でも、そもそもこのレンズは整備マニュアルも基準MTFもないので、ベストでの分解整備ということでお引き受け戴きましたが、2ヶ月弱ほど経って、引き取りに伺い、完成品を手渡された時、もう大丈夫との確信を持ちました。

そして、ここから先は工房の腕の見せ所、キレイに直して戴いたエレメントは勿論、鏡胴にも削ったり、接着剤で何かくっつけたりすることなく、メカニカルなパーツ装着だけで、回転ヘリコイドの直進化、そして、マウント変換&フランジバック調整、そして傾斜カム装着による距離計完全連動化を実現しました。
ですから、数箇所のビスを外すだけで、全くオリジナルのArriflex用のレンズに早変わりできます。

と、能書きは長くなりましたが、作例の説明行きます。

まず一枚目。
これは、尾道の駅前埠頭から、高速艇に乗って、瀬戸の島々を縫って生口島の瀬戸田の港に上陸した際、桟橋の隅で錆にまみれながら地道に役目を果たしている鉄鋼製品を目にしたので、思わず敬意を込めて一枚シャッターを切ったものです。
もう説明が要らないくらい鮮明に質感、重量感をあますことなく捉えているのではないかと思います。
バックの純白の船体の滲み具合もデジにしては上出来だと思います。

そして二枚目。
瀬戸田の港から観光スポットが集まっている、島内部へ商店街経由、徒歩で移動します。
生口島は周囲が34キロも有るという、かなり大きな島で、平野もあれば、山も有り、言われなければ、海に浮かぶ島に居るとはとても思えないような不思議な場所です。
その商店街で、海産物が並ぶお土産屋さんの店先で楽しく、幸せそうに肩車なんかしてゆ~らりと散策する親子連れを後ろからいきなり一枚戴き。
3~4mの距離で撮った筈ですが、かなり被写界深度が狭く、1mも先を歩くお母さんはもうボケてしまっています。
それにしても赤、黄、緑という信号機の化身みたいなお父さんのコスチューム、瀬戸内の陽光に輝いてましたよ。
バックのボケはかなり暴れ加減です。

それから三枚目。
まずは目的地その一、「耕三寺」という、はっきり言って、宗教施設なのか、昭和的なテーマパークなのか良くワケが判らない観光名所に入場料1200円也をお支払いして入ってきました。
ここでは東照宮の陽明門とか、どっかの寺の五重塔とか、等寸で、オーナー独自の宗教観、趣味を適度にブレンドしてコピーしたものを敷地の至るところにところ狭しと手当たり次第に建立し、東武ワールドスクエアとか、深圳世界乃窓などの画期的先駆けとしての存在感を十分に発揮してくれていたりして、二度目の訪問であっても、その健在ぶりに嬉しくなってしまいます。
で、その入口付近に値が張りそうな唐金製の彫刻入り灯篭がイイ案配に錆びて緑青吹いていたんで、質感捉えられるかのテストで一枚撮った次第。
その結果としては、ここでも一枚目の鉄錆同様、緑青の質感、彫刻の繊細な文様等シャープにクリアに捉え、その反面、また新型インフルエンザの熱に浮かされた悪夢のように歪む後ボケとの対比が面白いな、と思った次第。

続いて四枚目。
この俗悪的な宗教テーマパークにも見所があり、それは、「未来心の丘」という小高い丘の頂上一体をイタリアだかギリシャから持ってき白い大理石で敷き詰め、その上に当時の新進気鋭の彫刻家の作品を展示するという極めて野心的で文化的な香りのする展示ゾーンなのです。
そこで、いかにもモデルになりたいという自発的被写体オーラを発する黒尽くめのコスチュームの小姐二人組が大理石のオブジェを色々使って、モデルごっこ・・・当然、混ぜてもらい、一枚戴きました。
でも、お礼に一枚進呈なんて野暮なことはしません。
このカットでは惜しいかな、デジでは踏ん張りきれず、大理石からの陽光の反射で完全にテクスチャは飛んでしまいましたが、黒尽くめの小姐2が却って強調される結果になって、これはこれで面白い結果になったのではないでしょうか。

最後の五枚目。
ゆったりと島時間を楽しんだとは言え、元がせっかちな深川の人間のすること、やはり日暮れまでに尾道に戻り、日暮れの港町風情をばっちり撮って、旨い地魚のフレンチを賞味したいとか、不純な?思いで港に向かう足取りは勢い早くなってしまいます。
しかし、その粗忽者の前を歩く心豊かな島の人々は、歩くスピード、影の長さで以って、「島時間、島時間」と焦る心を鎮めてくれたのではないかと思いました。

今回の撮影旅行が実質的シェイクダウンテストとなりましたが、予想以上に素晴らしい成果を発揮し、予備役に転向したR-D1sともども期待に応えてくれたと思いました。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2009/09/27(日) 21:05:41|
  2. Cooke Speed Pancro 40mm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<Silver Week 特選~シネレンズで鞆の浦を撮る~ | ホーム | A message from Meister in Okubo~Summar5cmf2 mod. by Y.labo.~>>

コメント

お久しぶりの更新に安心しました。
もう、既に定評があるRTHのレンズという事ですが、今回は可也硬い描写が気になりました。
点検時に工房主の好みの味付けに成ったような、そんな気さえします。
最後のコマ逆光や錨の接写、白壁と女性のコマでは気に成らないですが、遠距離の2線ボケが、じつはソフトな状態を犠牲にした補正(修正?)結果の様な気にもなりました。修理前の描写とは、どんなものでしょうね。
とはいえ、その後発表されたキネタールに比べ、わたしの手元に現在あるスピード・パンクロ35mmでも、割合と硬質な傾向がありますし、結構報道部門的な使用状況では情緒描写に難癖付けられる場合が多々あると思えば、実際は納得できる描写傾向かもしれません。
いずれにせよ、個性のあるレンズ群に負けない家主の個性と供に、充分インパクトのあるレンズ群がRTHの持ち味だと確信する次第です。
  1. 2009/09/27(日) 21:57:00 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordor #-
  4. [ 編集]

Treizieme Ordor さん
早速のコメント有難うございます。
やはり、毎週更新しているブログを更新していないと、小心者の小生は何か後ろめたいとまでは言わないものの、すっきりしないものがありました。

さて、この描写ですが、このシャープさは、手持ちのArriレンズ群の中では何に類似しているかといえば、そう、剃刀の異名を持つ、Cine-Xenon伍号機に近いのです。
しかも、あのレンズも近距離から無限までの解像度とコントラストを極限まで上げたため、近距離での結増に対する後ボケが2線以上の結構凄い崩れ方をします。
プラナーの壱号機も同様の傾向にあります。

思うに、或る年代までのアリ用レンズは、とにかく大画面のスクリーンでピントが合っているところをどこまでもシャープに見せることに注力していて、誰も注目しない後ボケなど、設計時には気にも留めなかった。
しかし、70年以降、35mmのスティル写真の領域で後ボケについても美醜を問われるようになってきたので、より高度な設計技術と惜しげも無い新種ガラスの投入で両立するようになったのではないかと。

その証左として、同じスピードパンクロ40mmのSer.IIの鏡胴にSer.IVのものと思われるマルチコート非球面のエレメントが嵌まっているものは、シャープさがここまで強調されてはいないですが、しっかり、被写界の情報は取り込み、オフフォーカスもなだらかなボケで表現しています。
これはPlanarの壱号機と弐号機でも同じ傾向でした。
  1. 2009/09/27(日) 22:59:09 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

4枚目の写真を見ていると
いかにもデジタルって感じがしますね。

透き通っていて
色も濁りが無くて
ウェブにアップするにはデジタルが
一番良いと私も思います。

ウェブ上だと
解像度の良さなんかは
シャープネスを強調すれば良いので
実際の画質を云々はなかなか評価できないですよね~~~

自分の日記でさえ
ポジをルーペで見るのと
ウェブにアップするのとでは
全然違います。

そんな事を思いつつ
ウェブ上で、どこまでレンズの性能を
相手に伝えるか・・・・

これから
この問題に
真面目に取り組もうかなぁ~~~~とか思ってはいるのですが
飽きっぽい私は
かわいい女の子しか撮りたくないなぁ・・・・
とか
ダメダメ路線を歩いております・・・笑
  1. 2009/09/28(月) 20:34:13 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

山形さん
ありがとうございます。
実は、ここでアップしている画像は、言うまでもなく、リサイズだけしていて、カメラの吐き出したJPEGそのものの画なのです。

但し、カメラの中での彩度、コントラスト、シャープネスは好みにいじってありますから、結局はどんなレンズを使っても、或る程度は似たような傾向になってしまい、正確な味を伝えていないのではないかと思います。

尤も、銀塩フィルムの方でも、近頃、ネットブロガーの間で白い粉の如く、じわじわと蔓延しつつある、コダックエクター100はデジタルより、デジタル臭く写ることがままありますね。
  1. 2009/09/28(月) 21:29:14 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは。
マメに撮影旅行をされているのを妬みつつ拝見しています。笑
アリフレックス用のレンズ規格がどのようなものなのか全く知識はありませんが、「数箇所のビスを外すだけで、全くオリジナルのArriflex用のレンズに早変わり...」との技術は容易にその技術の高さを感じ取ることが出来ます。
(改造レンズは幾つか体験していますので...)

そして、このレンズも素晴らしい描写ですね!
F2と聞くとズミクロンを思い浮かべるボキャブラリーの無い僕ですが、合焦部分はそのズミクロンにも負けない精細感ですね。
相反して背景のボケとの格差がなんとも劇的で目をひきます。
このメリハリは個人的にはとても好みなので、5枚のお写真はどれも興味深い部分がありました。
いつか、charley944さんの手による改造レンズを体験してみたいです。
  1. 2009/09/30(水) 23:36:18 |
  2. URL |
  3. andoodesign #WSWGH/LU
  4. [ 編集]

andoodesignさん
有難うございます。
月刊写真工業6月号を読まれたか否か分かりませんが、そこでの「深川精密工房特集」で、小生はこう書いています。「レンズのオリジナリティを尊重した最小限の改造で、可逆性の或る改造」と。

従って、今回もそのセオリーに従って、マウント変換とフランジバック調整の役目を担うスリーブと、距離計連動の為の傾斜カムを全てビス留めで信頼性有る機械強度で作り上げたわけです。

勿論、外観などお構いなく、機能性優先で改造してしまう方法もありますが、当工房としては、かつて一時代を築いたArriflexのレンズ他に敬意を表し、ミニマム改造で使えるように頭を働かせています。

実は2~3週間の間で、Arriのレンズを纏めて3本改造しました。

中には原形を留めない改造もありますが、そのままでは何の働きも出来なくなってしまった超高性能レンズに失われた鏡胴を再び与え、活躍出来る様にしたことで、オリジナリティを喪失させた罪悪感は帳消しになっていると思います。

おそらく近日中にご紹介出来ると思いますのでどうかお楽しみに。

それから、もし当工房のレンズ作品に御興味あって、お使いになってみたいということでしたら、是非、mixiの方の「ノンライツRF友の会」の板覗いて見て下さい。
だいたい、月一回はミニ撮影会みたいなイベントやっていますので、そこへご参加戴ければ、お味見をして戴くことが出来ます。

で、お気に召すようでしたら、現業部門の「中原水産加工場」に改造のご用命を戴ければ宜しいわけですから。
  1. 2009/10/01(木) 23:23:35 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/120-714a3e2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる