深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

我的沖縄 Full Throttle '09 Winter

sp40_01.jpg
sp40_02.jpg
sp40_03.jpg
sp40_05.jpg
sp40_07.jpg
sp40_08.jpg
【撮影データ】カメラ:R-D1s、絞り優先AE、ISO200、露出補整+1/3、レンズ:Sppedpanchro40mmf2改M、 全コマ開放
ハイサイ、さてまた日曜晩がやって参りました。
今日は、秘密結社"新宿西口写真修錬会"の面々と都下西部の某お蕎麦で有名な古刹の近傍で、紅葉なんかを追いかけてましたが、そのレポートはまた後日ということで、もう一週、沖縄編にお付き合い戴きます(となんか、某中華系ブログ的書き出しになってしまいましたが・・・)

今回の旅は沖縄へ行くと言っても、那覇よりは寧ろ、急遽立ち回り先に浮上した「渡名喜島」がメインなので、そこでの滞在記をメインに2週間引っ張ってきましたが、今回はもう二つイベントが有ったのです(と期待を持たせます。。。)

まず、一点目は今までスケジュール上というか、交通機関を探すのが面倒で、名前は知っていたが立ち寄ったことがなかった「北谷アメリカンヴィレッジ」へ訪問したこと、そして、二点目は馴染みの壺屋通りの焼物業者さん達の年に一回の焼き物祭りが国際通り沿い、モノレール牧志駅すぐ下の小学校構内で行われていたので、それを見物したことです。

今回は構成上、またスピードパンクロ40mmf2にバトンを戻します。

では、早速、作例を見て行きましょう。

まず一枚目。
島での二日目の朝、旅立ちの時です。
宿の朝飯は、7時から7時半の間に食べ、チェックアウトは9時かっきりなので、早めにメシを戴き、カメラ両手にチェックアウト前の寸暇を惜しみ、集落内の撮影に勤しみます。
そこで、雨上がりのハイビスカスが別れを惜しむかの如く、大輪の花を咲かせていたので、至近距離で一枚戴いたものです。

続いて二枚目。
親切な宿のオーナー、スタッフ各位に暫しの別れを告げ、再訪を約し、民宿を出て、フェリー乗り場の待合室に向かいます。
一日目とは打って変わって、二日目は憎らしいくらいのピーカンです。
露出補整を曇天向けにしていたら、見事、港でのカットは露出オーバーとなってしまいました。
その中で、ターミナルで、記念写真のシャッターを押して上げたご縁で会話を交わすようになった関西からの小姐二人組をまず見送りがてら、フェリーをバックに一枚戴きました。
かなり盛大に飛んでますが、沖縄の強い日差しの雰囲気を味わって戴くため、あえて修正せずアップしたものです。
え、仲良くなったなら、真正面からピースとかしているカットは無いのか?って・・・
勿論、ドアップでお二方の笑顔を撮ったものはあります。しかし、それは来年の写真展の隠し弾ということで・・・

それから三枚目。
帰りの船は好天と凪のため、あっけなく那覇に着き、12時過ぎには泊ターミナルから降り立ったので、一旦、ベースキャンプとしている那覇バスターミナル横のホテルに戻り、スタッフの小姐達に愛嬌振りまきながら、部屋に荷物置いて、またカメラ持って出かけます。
といっても那覇市内ではなく、今まで中北部エリアへの観光バスで横を通るけれども、一度も訪問したことのない、北谷町アメリカンヴィレッジを訪問すべく、バスターミナルから28番路線のバスで一路、北谷町を目指します。
最寄りの「軍病院前」バス停で降り、目の前に見えているド派手な観覧車を目印に歩いていきました。
そこは、沖縄のテーマパーク、或いは大規模ショッピングモールというよりは、多分に関西のテイストがプンプンするカンジのエリアで、この画像のビル屋上の観覧車も、大阪市内で1~2箇所見かけたカンジがしました。

そして四枚目。
ここのエリアの売り物は、アメリカ風のレストランやショップだけでなく、日の入りが見えるという、「サンセットビーチ」と言う比較的水も砂浜もキレイなビーチもあります。
時節柄、さすがに水着の小姐達は不在でしたが、それでも本土から見れば、春先から夏にかけてと見紛うばかりの格好で波打ち際で遊ぶ小姐達がおわしましたので、一枚戴いた次第です・・・あれ、この水辺で輪郭光らせたカットどっかで見たことが有るなぁ・・・と思われた方、気のせいです、どうかお忘れ下さい(笑)

まだまだの五枚目。
その日は北谷から日暮れ前に戻って、ちょいと一休みしてから、いつもの牧志公設市場エリア内の食堂でアグー豚ステーキコースなんか戴いて、爆睡、翌朝、ホテルチェックアウト後、フライトまでは半日以上有るので、馴染みのフロントの姑娘さんに荷物を預かって貰い、市内へ撮影に。
着いた当日から気になっていた、「壺屋やちむん通り陶器祭り」だったか言うイベントを冷やかす目的でモノレールに乗って牧志駅まで。
真下に在る小学校の校門まで来ると、放送には違いないものの、三線の陽気な歌舞音曲が辺り一面に鳴り響き、ホンマいここが教育の場なんやろか???と首を傾げてしまうくらい、イベント濃度が高くなっている。
しかも、焼き物だけでなく、父兄やPTAが手作りという沖縄カレー???や沖縄そばなんかも売っており、もう完全に田舎の夏祭りのノリです。
その入口である小学校校門入ってすぐのテント横で、赤いシャツとカサブランカの主人公みたいな帽子もダンディなおじぃが焼き物手作り教室みたいなのをやっていたんで、「東京からのそこそこ有名なアマチュア写真家です」と精一杯の見栄を張って自己紹介し、撮らせて戴いた数枚のうち一枚です。

最後の六枚目。
会場を一巡りしてみると、色々と面白い、或いは心惹かれるものがそこここにあります。
特に、一番、入口から遠いテントに若い陶芸家達の競作だかの作品即売コーナーがあったのですが、その入口を護るシーサーのユニークなこと・・・
そう、エイサーのコスチュームを纏って、来客に睨みを効かせているのです。
ここでも、テントの代表者の女性陶芸家に東京のアマチュア写真家である旨説明し、シーサーを撮らせて貰おうとしている時、いたいけな小々姐が、「わぁ、面白い☆」とか言って接近してきたので、シーサーもろとも捉えたという次第。

いやぁ、また行きたいです・・・冬の沖縄もサイコーです♪

さて、来週は一体、何をご紹介しようかな・・・新作レンズもずいぶんと溜まったことですし。
乞うご期待。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2009/12/06(日) 00:07:17|
  2. Arri改造レンズ群
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<夢幻的遡及焦点広角鏡玉~Angenieux Retrofocus35mmf2.5 mod.M~ | ホーム | 我的沖縄 Evolution ! '09 Winter >>

コメント

このSpeedpanchroの作例で1と4,5は確かにすばらしくシャープな描写で、発色もナチュラルで鮮やかですね。
白飛びしたのは外しときますが。
なんだか、RD-1sが違うカメラになったようです。
  1. 2009/12/07(月) 00:07:47 |
  2. URL |
  3. netdandy #B7IDXB7Q
  4. [ 編集]

netdandyさん
有難うございます。今日はお疲れさまでした。
確かに前々からお話ししたようにファインダーの縦ズレ修理とCCDのごみとりに出して、帰って以降、何か発色が心持ちハデになり、ダイナミックレンジも広くなったような気がしてなりません。

これは邪推ですが、開発者の枝常氏とは名刺交換し、何度かブースでも彼本人、或いは直属の部下の方と話をしていますし、今年のPIEでも、エプソンブースでスタッフにM8買った話はしていますから、ことによると、R-D1xの開発時期に、新しい画像処理エンジンの開発段階で限りなくコダックの往時のエクタクローム64あたりに近いテイストを出すプログラムの開発に成功し、それを極限られたサンプル数のR-D1sにそっと搭載してオーナーに返還し、異変に気付いたオーナーがクレームでも付けてくるのを待ち構えているのではないかと思ってしまいます。
  1. 2009/12/07(月) 00:17:57 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんにちは。

スピード・パンクロの、コントラスト・色押し出しの強い様子に、ドキュメンタリー風の映像を期待してしまうのか、どうしてもこういったモノクロ適性の良さそうな描写に「白黒ハッキリした画面」、かつてあったニコン報道風なソレを期待してしまいます。

たとえば、ハイビスカスにはこの地域ならではの象徴的な画像、白い砂浜には島の年月といったイロズキ、アメリカ村には今日の置かれている状況といった具合にです。

新生シーサーに戯れる少女の無邪気さこそが、これから将来に向けての沖縄の期待へと繋がり、ここでフエード・アウトしてゆく画面と思えば、わたしの期待しているものは、カット割りされる映画の画面そのものになるのかもしれませんね。



  1. 2009/12/07(月) 17:51:40 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordor #-
  4. [ 編集]

こなばんは。今回はオンタイムということで。
わたしは、逆に白飛びしたのが、凄みを感じますし、写真としても気に入っています。
4枚目ですが、どうせ携帯か何か見ているだけなのかも知れませんが、何かの記念の品に思いを込めて、今まさに海に流さんとしている場面に見えます。
その意味では左側の女の子がかなり邪魔ですが。
それが、こんな背景が飛んでいる中でしっかり描写されているのが素晴らしいと思います。
また美しいボケも絶妙で、このくらいのボケを計算した位置から、彼女を捉えたのだと思わせます。

さすがに焼き物の人たちとは気が合うみたいですね。
ろくろと旋盤の違いはありますが、同じような作業をしたもの同士のなせる技ですね。
  1. 2009/12/07(月) 21:58:05 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

Treizieme Ordor さん
有難うございます、そして昨日はお疲れさまでした。

さすがですね、小生のアップした各画像の根底に秘められた隠喩というか記号論を看破されるとは。

確かに一枚目のハイビスカスは、旅人である小生への島からの心尽くしの餞を象徴していますし、二枚目の白い船腹とリゾ-ト気分の姑娘2名の姿はまさに旅立ちのカリカチュアであり、三枚目のグリーンハウス越しの観覧車ハブのコカコーラロゴは、戦後沖縄を経済、精神面から蚕食してきた米国文化の具現に他なりません。

そして、四枚目の白い砂浜に立ち尽くす姑娘達の後姿は、美しい自然に身を置きながら、経済発展か、自然との共生かと進むべき方向を長らく逡巡する沖縄の迷いそのものの姿なのでしょう。

また、五枚目の老陶芸家の画は内地ではお荷物扱いされ、政治面でも冷遇されつつある老人達が沖縄ではまだまだ第一線で活躍し、若者達に知恵と元気を分け与え続けるという寸劇そのものですし、最後のニューシーサーに恐る恐る手を伸ばす美小々姐の姿は、未だに自然出生率が上昇傾向にあり、若い力が好奇心を鍵として飛躍の扉を開こうとしている今の沖縄の姿を象徴するのでは、と思ってアップした次第です。
  1. 2009/12/07(月) 22:06:58 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
有難うございます。いやぁ、昨日は残念でした。
せっかく、深川の新作3連発だったのに・・・
特にKinoplasmatさん、香港老花會某氏、そして、Gato女史所有の古い2"f1.9のレンズ・・・と言ったら、もうお分かりですよね、それが土曜日の夜10時に再び生を受け、翌日曜日の某古刹前の茶店で居合わせた面々の前で"神器"ぶりを発揮したのですが・・・

それはそうと、今回は曇り続きで油断してしまったのか、結構、露出オーバーのカットが多くて苦労しましたが、銀塩の方はさすがエクターマジック、全然へっちゃらでしたねぇ・・・

因みに砂浜の姑娘2名のうち、遠目ではありましたが、右側はK川K子似の激美女、左側はT童Y美か、森三中のM上T子そっくりのおもしろ系でした。
  1. 2009/12/07(月) 22:17:02 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

>古い2"f1.9のレンズ・・・・・

プリモプランですね♪・・・・・・・(冗談w)


個人的には
4枚目の右側の女の子のアップというか
正面からの写真が見たいのですが・・・・・・・


出し惜しみしちゃダメですよ~~~笑


追伸
最後のシーサーは
ろくろじゃ作れないんじゃないかと・・・・・笑
しかし
あの腕から手にかけての造作が
妙にリアルすぎて気味が悪い像です・・・(^_^;)
  1. 2009/12/07(月) 22:27:19 |
  2. URL |
  3. 山形 #-
  4. [ 編集]

山形さん
有難うございます。
今、ざっと撮影したSDカード、フォトCDを念のためチェックしましたが、やはり右の姑娘の正面もアップも無かったんですねぇ・・・では何故、誰それみたいだったかと言えるのか???

答えは簡単、小生が遅いランチ摂りに入った、「カプリチョーザ」にくだんの姑娘二人組が既に陣取っていて、ばっちし目線が絡み合ったからです(笑)

ついでに最後のカットのシャッター切った後の成り行きのついてお教えしましょう・・・

シ-サーの手がにゅっと伸びて、いたいけな小々姐のお尻を撫でると、小々姐は驚くどころか、怒り心頭に達し、シーサー横の棍棒をすかさず奪い取って、頭から一撃食らわして、左右もろとも粉々にしてしまい、そうとうは知らない両親がこのお子チャマのご乱行に痛く恐縮して、数十万円を弁償して八方丸く収まったわけです・・・んなワケないか(笑)
  1. 2009/12/07(月) 23:04:16 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

横から割り込み失礼いたします。

山形さん指摘のプリモプラン・・・、これはシネマ用レンズのことでは・・・?

それは、じつは大正時代あたりに復活したペッツバール・タイプの色抜けの良さとシャープさ・・・。映像のオリジナルへの接近具合が、目を見張らせました。
実は撤去されていたという絞りもちゃんと復活しているというのには、かの『映像大魔神』もこれには舌を巻いたのではないかと推測されます。

また、それとは別の、今回お披露目の新作〈新種レンズ〉の描写は非常に面白く、中原工房さんへの製作方法標準化のご伝達、宜しくお願いいたします。(中原さんには帰宅途中、それとなくお話はいたしました。)

  1. 2009/12/08(火) 19:29:29 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordor #-
  4. [ 編集]

Treizieme Ordor さん
再び有難うございました。
そのレンズとは・・・ダルメ(ピィィィ~!)ということで年末か新年の特集の目玉として温存しときます。

しかし、へへへ、今回のフルレストアで、絞りを造り込む技術を開発したので、絞りがあろうとなかろうと、自分で付けちゃえばイイんで、プロジェクター用であろうと、ラインセンサー用であろうと、コピー機の玉であろうと、基本的には、何でも使えるようになったワケです。

それはそうと、例の深川エクストラアナスティグマットはなかなかセッティングが難しいです。
教書的にエレメント位置をいじってみても予想通りにはならないし、M8なども駆使して、中原水産加工場での量産体制に入る前にもうちょい、仕様を詰めてみます、。
  1. 2009/12/09(水) 22:14:35 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/12/11(金) 12:08:17 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/132-bc64058c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる