深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

CEロッコール50mmf2.8改Sマウント

minolu01.jpg
あまりコレクション自慢ばかりやってると、「ふん、深川精密工房ってのは、ただの金満コレクターだったんかい!?」と揶揄されそうなので、そろそろ本業紹介。
このレンズも、現実的には100%有り得ない、夢のスワップの実現です。

ベースになったのが、国内ではまず見かけない、旧ミノルタ製の引伸し用レンズ、CEロッコール50mmf2.8です。

実は、国産は小学校時代の祖父の形見のキャノネットから始まり、高校でペンタME、会社入って暫くして道楽の血が疼きだした頃買ったのが、ニコンF、F2チタン、そしてF3P、F5、それからキャノンのF1Nを黒、茶合わせて5台とEFが一台ってなありさまで、オリンパス、ミノルタとはとんと縁がありませんでした。

しかし、この工房の操業開始後、ふと40mmのコダック製銘玉、シネエクター40mmT2が入手できたので、その直進ヘリコイドに代え、ライカマウント化すべく、ドナーを探していた時、クモリ有りという触れ込みで中野の某量販中古店で安く買い求めたCLE用ロッコールがモノは試しに撮ってみたら、恐ろしく良く写るんで、ミノルタ製レンズに興味持ったのです。

そして、何気なく電子湾を遊泳していたら、或る日、C.Eロッコールといういかにも良く写りそうな見慣れないレンズが・・・

説明文をよくよく読んでみると、引伸機用に作られたものらしく、ニコン、シュナイダ、そしてローデンなんかに較べると結構レアだということ。また光学系の状態もミント!とか書いてあったんで、米国人の誠意を信じ落札。

ついてみると、予想通り、なかなかの状態のレンズ。さて、コイツを何マウント化するかで悩みました。

いつものキャノンヘリコでLマウント化でも良かったのですが、もうCLE用のが有るんで、ここは一丁、絶対無いものにチャレンジと決めて、またSマウント化。

で、当工房にて精密加工の結果、産まれたのがこのニコンSマウントのC.Eロッコール。

肝心の写りの方はというと、さすがにシャープネス、淡い色の再現性といった限界的な性能ではそれぞれ、ELニッコール改造レンズ、ローデンシュトックの両レンズには一歩譲りますが、とにかく、ボケがきれい、また階調再現性とコントラストのバランスに優れ、新宿駅前で夕刻にテスト撮影した時など、慌しい街角の空気までも写し取っているかのようでした。

レンズ構成については、資料もなく分解もしていないんで、またいつものスリット経由の白色光を両面から当てての反射面からの推定ですが、おそらく、5群6枚の変形ガウス型ではないかと思います。

テーマ:ニコンSマウント - ジャンル:写真

  1. 2008/01/22(火) 23:57:31|
  2. Sマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Cine-Heligon50mmT2.0 | ホーム | 恩讐の彼方に~ハンザキャノンとデトローラ400~>>

コメント

知られざる名レンズが里帰りという感じでしょうか。
しかも、名家に嫁いで、いっそう光り輝いて。
コーティングが美しくて、それだけでもよい発色をしてくれそうな期待感があります。
ところで、"C.Eロッコール"の"C."はどういう意味なのでしょうか。
  1. 2008/01/26(土) 22:57:23 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #-
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
またまた、鋭いご質問、有難うございます。
実は、ミノルタ自体がカメラ部門消滅してしまい、引伸ばし用品類はさすがのソニーでも受け継がなかったようで、調べようがありません・・・
しかし、或る程度判っている事実で推定してみると、
 ①「コーティド」⇒前のEロッコールからコーティング
   はあるので、これではない。
 ②「コンパクト」⇒据置式の引伸機に付けるのにコ
   ンパクトさをアピールしても意味ない。
 ③「コピーイング」⇒文献、図版用の複写向けとし
  て使われたという話は全く聞いたことがない。
 ④「カラー」⇒おそらく、これが一番妥当性が高い

ということではないかと思います。
あてずっぽうで申し訳ありませんが・・・
  1. 2008/01/27(日) 01:27:48 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

ご回答、ありがとうございます。
くだらぬことを聞きおって、という感じでしょうが、真摯にお付き合いいただき感謝です。
カラー・エンラージング・レンズ。
わたしなぞは、引き伸ばしというとモノクロ世界を即座に連想してしまいますので、この名前だけで何か特殊なレンズだぞという主張に思われてしまいます。
謎の部分があるレンズは、来歴を想像するだけでも楽しいことですし、そんな話を聞かせていただけるのも貴重なことと思います。
  1. 2008/01/29(火) 00:15:31 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #-
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
たびたびコメント有難うございます。
なんと、このC.Eロッコールも後継機には、"X"がつくのですよ・・・どういう意味なんだか。
もうそうなると、X線でも収差無いのですかね(笑)
まぁ、冗談はさておき設計が新しい分、更に性能アップしている筈ですから、電子湾に回遊してくるのを手薬煉引いて待ち構えております。
  1. 2008/01/29(火) 00:20:30 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/14-05cf12a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる