深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

A great canon of classic lenses we've experienced~Tessar5cmf2.8~

tessar5cm.jpg
tessar02.jpg
tessar02a.jpg
tessar03.jpg
tessar04a.jpg
tessar05.jpg
【撮影データ】カメラ:Contax IIa フィルム:Super Centuria100 全コマ 開放、ロケ地:麻布十番界隈
さて、5月も最後の週末というのに気温は下がり気味、4月の中旬くらいの冷え込みとか・・・
それでも、当工房はいつも通り更新いきます。

先週が工房作品のひとつKern Switar50mmf1.8改L39をご紹介しましたから、順序でいけば、今日は秘宝館からの登場となります。

色々と出したいものが有るのですが、正直、どれが出たか、どれがまだだったか、全然整理がついていなくて、未登場のものはまだ10本やそこら有ったと記憶はしているのですが、厳密な台帳管理しているワケでなく、また、いざ載せようと思ったら、作例がCD-R焼いてなかったりして思うに任せず、次はZeissのお気に入りを登場させようと、レンズ装着図だけは撮っておいたのですが、今日、帰省から戻り、必死にネガ収納棚を発掘作業したのに、出て来ません。
そこで、同じZeissから代打の登場です。

というワケで今回のご紹介は古典レンズの聖典、Tessar5cmf2.8ニッケル+クローム銘板のモデルです。

このレンズは、言わずと知れた独 CarlZeiss社製品で、最後群が凹凸貼り合わせになった3群4枚構成です。
コーティングはなく、ニッケル鏡胴+銘板のみクローム仕上げで刻印も美しく、狂乱的に価格高騰した"毒キノコ"ファミリーにも相通ずる容貌のこのレンズは1932年にリリースされ、戦前のみ製造・販売されました。

では、早速作例行ってみます。
今回は、帰省帰りで新たに撮ってくる時間無かったので、数年前の麻布十番祭りで撮影したものからのご紹介です。

まず一枚目。
大江戸線の麻布十番駅から地上に上がると、商店街は車両通行止めとなっており、ところ狭しと屋台が建ち並び、道路は人、人、人でごった返していました。

そんな中、ふと行列の先頭に目を凝らしてみれば、ジョー山中(古い!)みたいな、イカシたカッコの兄さんが、飲物とおつまみなんかを有償頒布しているではないですか。
陽の当たり具合が良かったので、一枚戴き。
さすが、ノーコートの古いレンズなんで、コントラストは低め、解像度もシネレンズのそれを見慣れた目からすれば、かなり低めですが、なかなか味わいはあるバランス取れた描写にはなっています。

そして二枚目。
商店街の奥に向かい暫く歩いて行くと、くじ引きの屋台やら、鉄板焼系の屋台が煙上げたりとなかなか縁日っぽい雰囲気でイイカンジです。
そこを真っ昼間から、ビールなんか片手に持って、ディスカッションなんかしながら歩いてきた外国人男性2名、お祭りってことで容赦なく一枚戴きました。
ちょっとアンダー目にはなりましたが、画面中央やや左上寄りの白熱灯にご注目。
ノーコートの70年以上前のレンズにも関わらず、ヘンなフレアとかゴーストが発生せず、キレイに点光源として写り込んでいました。

それから三枚目。
外国人2名を激写してすぐ近くに、縁日、お祭りの類いには切っても切れないイベント、金魚掬いがありました。
その屋台の前で、浴衣のちょんまげ小々姐が、獲物を高く掲げ、保護者たる母親をはじめ、一家眷属一族郎党に対し、自らの特殊技能を誇示しているかの如き有様が面白かったので、一枚戴きました。

ここでもアンダー気味ですが、妙にヌケが良く、シネレンズとはまた違った臨場感の有る面白い描写になったのではないかと思います。

まだまだの四枚目。
通りを一巡すると、人々が集う広場がありました。
なんでも、「赤い靴履いてた女の子」が住んでいたのがこのあたりのようで、暫くして、横浜の港から、ひい爺さんに手を取られ、黄泉の旅への道行きとなったということです。
その曰く因縁めいた広場に何やら怪しげなオブジェが・・・
そう作り物の唇が宙に浮いたカタチで据付けられ、寄付金を受けると、陰に隠れたDJみたいなオサーンが何か気の利いたセリフを述べ、それに合わせて、この作り物の唇がパクパク動いて、あたかも民衆に語りかけてくるが如く見える、という設定なのでした。
ここでも、唇に向かって何やら突っ込みを入れる地元のワルガキどもの後姿を激写しましたが、解像度はそれほど高くないにも関わらず、タクトップから覗く焼けた腕や肩から、人肌のえもいわれぬ質感表現をしています。

最後の五枚目。
ワルガキ達の写真を数カット撮ったあと、現場を立ち去ろうと踵を返したところ、夕陽を浴びながら、子供を抱えてその場を立ち去ろうとする若い父親が目に留まりました。
そこで一枚戴き。
ちょうど、シャッター切った瞬間、酒に酔った赤シャツのおっさんが画面に入り込みましたが、前ボケが程好い加減で、あまり煩くならなかったのが、かえって面白い画面構成になったと思います。
赤子の髪の毛が、シネレンズ改や引伸レンズ改の玉であれば、一本一本解像するのが普通になってしまっていますが、このカットを見る限りで、そこまで圧倒的な解像度はなくとも、スナップでは十分に作品作りは出来るのでは・・・というのが今回、昔の写真を見返した感想です。

さて、次回は工房からどんなスーパー改造レンズが出るか、或いは面白実力レンズが出るか、乞うご期待。

テーマ:CX mounted lens - ジャンル:写真

  1. 2010/05/30(日) 20:57:22|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Die Objektive mit Strom und Drang~Astro-Berlin Pantachar50mmf2.3 mod.CX~ | ホーム | An essence of accuracy of C.H. ~Kerm Switar 50mm f1.8 mod. L39~>>

コメント

スナップの王道レンズ。

こんばんは

わたしも年式こそ違え、色再現に色気があるので気に入って所有しているレンズです。
もともとテッサータイプは、神経質さの無いおおらかな写りが好みですが、解像力の点から66判を多く愛用していました。
大きなカメラでは苦手な、35判での街中写真。とっさのスナップでピントを外すよりも、全体に深度を持つ暗めの方が良い結果をもたらす事が多いものです。
まあ、小型携帯のカメラは、デジタルの時代では意外と中抜けするAFや、ピント操作や焦点版の問題で、スナップから足を洗って仕舞うという事も推測されます。
たまに「人間の顔」を見たい時なんか、このクラスをひっかけて、街中に溶け込んで居たいものですね。
  1. 2010/05/31(月) 21:41:28 |
  2. URL |
  3. trezieme ordre   #-
  4. [ 編集]

trezieme ordre さん
有難うございます。
確かにスナップの王道レンズという称号は言い得て妙、かも知れません。

今回の一連のカットでも 一目瞭然であるように、後ボケが云々などというひねくれた鑑賞法が通じないくらい開放から被写界深度が深く、ホンマ、f2.8のレンズかいな!?と思ったくらいです。

一緒にテストした、逆テッサー型の雄、ローデンのロゴナーSは、より派手な発色ときつめの輪郭で見る人の目を奪いましたが、このレンズは解像度をギンギンに上げない代わり、被写界深度も深く取って、オフフォーカス部でもコントラスト低下による発色の甘さが出ないような味付けになっているのでしょうか、ド・アンダーの2枚目、3枚目を除けば、概して暖色系でまったりとしたツァイス一族の発色傾向ではないかと思いました。

それにしても、D2Hとか、1DsMkIIに巨大なズームを付けて被写体を狙ったら、露骨に警戒されるところですが、このContaxIIaにTessar5cmf2.8Niという組み合わせは、全然、緊張感を生じさせず、まさに撮影という行為を自然に被写体とのコミュニケーションのひとつにまで融和させてしまう、不思議な"道具力"を持っているのではないかと思います。
  1. 2010/05/31(月) 22:49:07 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは

コドジやkinkonや中姫よって来たら、かなり酔ってしまった様で、このスナップの興味深い点が見えて来ました。

三枚目の子供の妙なポーズですが、コーヒー豆のようなパンを売っている店員も余所見しているのか向こうのアンちゃんと商談中か?細かいほかの人物も不安定で説明し難い・混乱したような情景を写しだしています。
次も、狂乱的な密集に見える中、向こう側から撮影しているジーパンに穴の開いている人物が、こちらの写し絵にも見え、東南アジア風の女性が中部の募金に協力しているという奇妙な構図だったり、こういった画像って、言葉を超えて、画像独自の世界観を作ってしまいます。
その次にも、外人見たいな子供がそれ風の長髪でちょこんと写っていたり・・・。

なにやら古く『デザイン』誌上・新倉孝雄氏の正統派スナップを思い起こしました。
実際、最近、正統派スナップが少なくなりましたからね・・・。僕の学生時代は、アメリカのゲリー・ウィノグランドなんか神様のようでしたけれど。
  1. 2010/06/03(木) 02:56:55 |
  2. URL |
  3. trezieme ordre #-
  4. [ 編集]

trezieme ordre さん
有難うございます。
ICSだら何だらでレス遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

いつもながら、撮った本人ですら気が付かなかった画面の中の隠されていた記号を読み解く貴兄の能力には、いつもながら、ただただ驚き敬服するばかりです。何せ、本人は撮ったら撮りっぱなしで、画面ぱっと見た時の大まかな上がりしか見てないので(笑)

まるで、ダヴィンチ・コードのあの教授みたいですね。
  1. 2010/06/06(日) 12:54:26 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/159-bd4fbec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる