深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Alte prestazioni concesse ordinariamente~Canon L35mmf2~

canon35mm_f2.jpg
canon35_01.jpg
canon35_02.jpg
canon35_03.jpg
canon35_04.jpg
canon35_05.jpg
【撮影データ】カメラ:R-D1s 絞り優先AE ISO 200 露出 +1/3 全コマ開放 ロケ地:丸ノ内2丁目
さて、今宵のご紹介は予告通り、国内光学機器メーカーの一方の雄、キャノンが1962年に発売したライカスクリューマウントの35mmf2です。
このレンズの相棒のカメラは、キャノンが大衆向けに舵を切り始めたP(ポピュレール)と、一眼レフ時代になってから発売された最後の本格的RF機7の頃です。

標準レンズの大口径化の煽りを受け、準広角レンズでも、ハイスピード化の流れは始まっており、まず、富士写真フィルムが35mmf2を1954年、次いで帝国光学が1955年頃、ズノー35mmf1.7、更にニコンがS用の35mmf1.8を、キャノンも35mmf2.8を1956年にリリースしました。これらは何れも50mmクラス大口径化時に開発された新種ガラスを惜しげもなく投入して開発されたということで、キャノンを除き、中古のお値段もかなりのものです。

これに対して今回のキャノンの35mmf2は、新種ガラスを用いたf1.8からのコストダウン版という位置付けで開放値こそ、F2となりましたが、高価な硝材を使わずに設計し直してもなお、開放から充分なコントラストがあり、且つシャープで四隅まで均質な画質を提供してくれます。

尤も、このレンズ自体は何の変哲もない地味な外観ではありますが、中身は先代のf1.8同様の4群7枚の変型Wガウスで50mmf1.8で開花した伊藤設計理論が応用されているらしく、絞り直後の凹レンズがなんと3枚貼り合わせとなっているのです。

因みに、高価な新種ガラスを使えば簡単に高性能レンズは出来る、その誘惑に駆られず設計でカバーするのが腕の見せ所、といった趣旨のことを、キャノンが擁した稀代の天才レンズ設計者 伊藤 宏氏はいつも後進の光学エンジニアに話していたようです。

ズミクロンの35mmf2の登場が1958年ですから、1954年のM3登場でこてんぱんにやられた日本メーカーは少なくとも、ライカマウントレンズでは一矢どころか、二矢、いやそれどころではなく、大口径レンズの矢ぶすまで応酬したようで、個人的にはなんとも痛快です。

とまぁ、前置きは長くなりましたが、早速作例いってみます。


まず一枚目。
ズマロンで家の近所の富岡八幡宮でのスナップを終え、東西線、千代田線を乗り継ぎ、勤務先のビルに向かいます。
まず、仲通りで被写体を物色します。
すると、有りました、有りました、イイものが。
そう一階部分にヨーロピアンテイスト溢れたテナントを揃え、欧州のビジネス街の商店街風に街並みを演出しているのですが、格好の役者が佇んでいました。
そうイタリアの陽気なリトルギャング、フィアット500のガンメタが駐まっていたのです。
早速、アングルを決め、写り込みを確認してシャッター切ったのがこの一枚。
一階の店舗部分のオシャレな佇まいと高層ビルの谷間の空がガラス毎に写り込んでいて、不思議な一枚になりました。
後ボケは渦巻いているカンジで大変なことになっています。

そして二枚目。
会社の裏のビルの一階、歩道に面した小粋なカフェです。
いつもは会社員と、買物に来た裕福そうな人々とで溢れかえり活気あるテーブルセットも休日の午後は人っ子一人
おらず閑散としています。
そんな珍しいひと時を残すつもりで一枚頂いたのがこのカット。
曇天で全体的に発色は抑え目ですが、舶来レンズや国産でも新種ガラスを使ったものとは異なり、赤が目で見たのと同じくらいのバランスで画面には収まっています。
何故か、ここでは、後ボケはおとなしめのイイ案配です。

続いて三枚目。
路上はほどほどにして、ビルの管理会社である三菱地所がいつも在勤者、そして美術館等への来訪者の目を楽しませようと腐心している三菱一号館の中庭に入ってみます。
すると、バラのタワーがありました。
匂いも芳しいです。
こういう素晴らしい舞台仕掛けがあると、人は自然と乙な気分になるもので、いたいけな若い男女がそこはかとなく、イイ雰囲気で楽しく語らい合っていました。
そこで、心を鬼にして、彼らを前ボケの人柱として、バラのタワーを描写することとしました。
この画面サイズではあまり説得力を持ちませんが、バラの一個一個、かなりシャープに捉えられており、後ボケも前ボケも丁度イイ案配にバランスしています。
きっと、レンズの企画時点での想定用途が観光地での記念撮影とかで、こんな距離感で最も性能が発揮されるように設計されたのではないか、とか勘繰ってもみたくなりました。

まだまだの四枚目。
今度は道を渡って、三菱一号館の全景を入れた写真を撮ってみることとしました。
ただ撮るのでは、携帯写真と同じになってしまいますから、少し捻って、木陰から、通りがかった外車を入れた作画とすることにしました。
思いついてから約20秒、期待していたロールスロイスとか、ベントレーとか、マイバッハとかアストンマーチンとかそういった荘厳なブルヂョアクラスのクルマよりもっと画的には面白い、ランドローバーが停まりました。
しかも色は黒。白っぽく光る乾いた煉瓦の建物とは絶妙のコントラストでした。そこで即採用。
ここでも、黒いローバーはシャープにコントラストも充分に捉えられていますが、背景の三菱一号館もなかなか端正なボケ具合いで捉えられています。

最後の五枚目。
用を済まし、また交差点を渡り、二重橋の駅への入口が有る丸ノ内マイプラザへ向かいます。
すると、またイイ被写体が歩いていました。
まさに三菱地所の受け売りではないですが、「丸ノ内ルネッサンス」を象徴するような通行人のカップルです。
丸ノ内地区のオフィスビルへの店舗併設までは、休日と言えば殺風景で、たまに休日出勤のリーマンくらいしか通らなかった、かつての都心のゴーストタウンに青山とか、元麻布辺りを闊歩していそうな人種が進出してきたのです。
このカットはそういったオフィス街の再生を表す一枚になったのではないかと思います、宣伝したところで、締り屋の地所さんが何かくれるとも思えませんが・・・

彼らと同スピードで歩きながらシャッターを切ったので、周囲は若干流れて、躍動感の出たカットになったのではないかと思います。

さて、来週は、今日、某散策会の方々と大都会の魔窟、大久保を徘徊して撮ったカットからご紹介致します。
乞うご期待。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2010/09/26(日) 22:00:00|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<冥府魔道?を行く~大久保散策会レポート~ | ホーム | The most beautiful half-breed born between USA and USSR~BALTAR25mmf2.3mod.M~>>

コメント

4枚目と5枚目が好きですね。

いわゆるジャパニーズレンズって感じでこれはこれで好きですね。

それにしても
>因みに、高価な新種ガラスを使えば簡単に高性能レンズは出来る、その誘惑に駆られず設計でカバーするのが腕の見せ所、といった趣旨のことを、キャノンが擁した稀代の天才レンズ設計者 伊藤 宏氏はいつも後進の光学エンジニアに話していたようです。

これ、今のキヤノンのエンジニアの方々は御存じなのでしょうか。
一部ではキヤノンは光学エンジニアの育成が急務って噂もあるようですが・・・。
  1. 2010/09/26(日) 23:32:54 |
  2. URL |
  3. 無芸大食 #liuN1Pm2
  4. [ 編集]

こんばんは

(ついさっきまで、『Kビルジング』という昭和30年代に建てられた建物・地下5階にて月一回の会合がありました。S研究所の設備・管理建物もこの「仲通り界隈」では残すもあと数棟となり、その集まりも細々としたものです。かつてあった多くの管理施設、そのうちのひとつだった旧丸ビルがアメリカインチ規格のねじを使っていたというハナシも、話題の端緒にも上がる事ももう無いでしょう・・・。)



キャノンPや35mmf2が登場したのも、丸の内初代・外国ふう建造物が、四角ばったせいぜい八階程度のモダンな鉄筋コンクリートになり、そののち先の昭和30年代全くの日本オリジナル設計・様式に引き継がれようとする頃、日本経済も大いに賑わっていた頃です。

こんなに小さい鏡胴に、f2という大口径レンズが付いています。当時の雑誌でも、開放から画像流れの無い・点光源ボケも均一な良好レンズと評価されています。
わたしも多くの方々がそうであった様に、キャノンPと50mmf1,8+このレンズ、それにライツミノルタCLで距離計連動・レンズ交換式カメラへと入門しました。しかしながら、わたしの全ては時代を逸したセコハンでした。

しかしながら、それはライカシステムを買えない当時の私には出来すぎた組み合わせで、とりわけキャノンPの等倍ファインダーには35mmフレームまで在った様な気がしました(あまり記憶がありません)。


現代の丸の内界隈には洒落なお店が多く店舗を構え、あの都庁が有楽町辺りにあった事さえ幻覚・幻想の様な気さえする移り変わりを遂げています。今回の撮影写真も、サッパリとした軽快な色彩がキャノンレンズの持ち味として画面を彩っている感があります。

重くて重厚というのではなく、軽やかなその重量と大きさと共に、掲載写真5枚目の若い二人連れと『同じスピードで歩きながら』・・・。

・・・カメラマン氏には、これからも《界隈》をこのレンズと共に、優しく見守っていってほしいものです。
  1. 2010/09/27(月) 21:42:40 |
  2. URL |
  3. treizieme ordre #-
  4. [ 編集]

無芸大食さん
有難うございます。
今のキャノンの若手設計者も当然、伊藤師のお言葉を知っている筈なのですが、要は技術主導の会社ではなく、マーケッティングありきなのです。

たとえ、新種ガラスを使わず、8割のコストで製造出来るよう設計したとしても、それは評価されず、10割のコストであっても、「新種ガラス採用で高性能を実現!!」と差別化の材料に使える方が、コスト以上に高く売れるし、他社との技術優位性みたいなものが喧伝出来るので、遥かに販売戦略上は有効なワケですから評価されるワケです。

アサヒソノラマか何かでの萩谷さん司会の座談会では、脇本善治さんも、伊藤宏さんも、新種ガラスのへの過度の依存に対する批判は異口同音に述べていたことなのですが・・・
  1. 2010/09/27(月) 23:55:25 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

treizieme ordre さん
有難うございます。
小生の場合、写真デビューが実はキャノネットQL17の最後期型、そうGIII17になる前のモデルだったので、このキャノンの写りには妙なノスタルジィを感じてしまうのです。
しかも、ノスタルジィだけではなく、高校の写真部に入り、一眼レフに乗換えようと考えましたが、ニコン、キャノンは余りにも高校生には、システムカメラとしては高額過ぎたので、仕方なく、益子で作っていた、OM-1より小さなボディの絞り優先AEしかなく、それどころか、シャッター速度さえマニュアル設定出来ない中途半端?カメラを買ってしまい、33歳までずっと使い続けてきたワケです。

しかし、やはりキャノンのRFのレンズの淡い発色と適度なキレ、そして歪みのない被写界・・・今でも惹かれるものがあります。

実は、かのトプコールS50mmf2でもこの界隈を撮りましたし、スピィードパンクロ40mmでも試しましたが、やはり、鮮やかな発色、目で見たより更にハイコントラストで輪郭の立った描写は、このルネサンスを標榜する街並みには合わなかったようでした。
  1. 2010/09/28(火) 00:06:36 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/179-6d16f1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる