深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

CMタイム~第五回 ノンライツRF友の会/新宿西口写真修錬会写真展のお報せ~

写真展ハガキ表
写真展ハガキ裏
拙サイトをご高覧の皆様、はぃここでCMタイムです。
今回、またしてもJCII 日本カメラ博物館さまのご厚意で、花のお江戸のど真ん中、千代田のお城のまん前という素晴らしくも勿体無い会場にて、来週火曜日から、翌週日曜一杯まで、工房主の所属する写真秘密結社「ノンライツRF友の会/新宿西口写真修錬会」の第五回写真展を挙行致します。

ま、写真展の告知自体は9名のお仲間でサイト持ってる方々はそのサイトで、そうでない人間もmixiやtwitter辺りで宣伝をしてくれているので、小生のサイトでは、自分が何を出そうかということを前宣伝したいと思います。

そもそも、会写真展の元からのコンセプトは、「個々のミニ写真展の集合体が会の写真展」そう、まさにショッピングセンターのフードコートのイメージなのです。

従って、人物もあれば、風景もあれば、マクロ撮影もあれば、水中写真もあり(あ、さすがにこれは無いか?・・・)
また機材もシネレンズから、100年超も経つクラシックレンズ、稀少国産レンズから最新デジまで何でもござれ。

では、工房主は今回は何を出すのか。

まずは、タイトル、「命どぅ宝」これで統一します。トータルで人物12点いきます。

尤も近接でポートレートともスナップとも判別出来ないようなカットばかりぢゃ、ロケ地の雰囲気が伝えられないので遠景に人物、という作品も何点か混ぜてあります。

タイトルの示す通り、今回の写真展もオール沖縄ロケ撮りおろしで臨みました。

12月のクリスマス挟みの4連休で会社休み、北谷町美浜、糸満、そして那覇と30組近くの老若男女、さまざまな国籍の方々に声を掛け撮らせて貰った貴重な作品の中から、テーマに合わせて厳選したものです。

本来であれば、東北の強豪であり盟友が全紙相当の大型作品をぶつけてくるのは予想出来ていたのですが、やはり、可能な限り、現地の方々の数々の笑顔をメッセージとして東京の皆さんに伝えたく、熟慮の結果、4PWのサイズで額もギリギリの大きさの太子判としました。

前にブログの記事でも書きましたが、今回の小生の写真展のテーマは「命の大切さ」です。

今を去ること66年前、かの南国の楽園の上、そして島周辺では「鉄の暴風雨」が吹き荒れ、20万人を超す尊い人命が失われました。

梅雨時のガマの中で太陽を再び見ることなく命を落とし、まだ人の手で掘り起こされることのない島の人々、シュガーロ-フで、飛び交う銃砲弾の下、日常の一部と化した死に対し、「こんなはずぢゃなかった・・・早く家へ帰りたい、一刻も早く平和な時間を取り戻したい」この思いだけで目の前の敵と命の取り合いをしていた日米双方の名も無き兵士達、そして、充分な医薬品も知識もないまま「地獄の中でも最も苛酷な地獄」に突き落とされ、約3ヶ月でかけがえのない命と有望な前途を散らされた年端もいかない数百名の乙女達・・・

そういった人々が一様に望んでいた「平和な今」の姿をジグソーのピースのように集めることによって、少しは供養になり、また命の大切さが希薄化しつつつある今を生きる人々にも少しはその尊さを訴えられるのではないか?と思った次第です。

何れにせよ、今回は、これまでが何の脈絡もなく、ただ"上がり"が良さげなカットだけ集めたテーマ性の稀薄な出展だったのに比べ、一連の作品はかなりメッセージ性の強いものに仕上がったのではないかと思っております。
また、これこそが太平洋戦争末期に三月二十日の大空襲で灰燼と帰した中島飛行機の街、太田で産まれ、同じく三月十日の大空襲で数十万の尊い命が失われた江戸深川に今は暮らす者のささやかな祈りでもあるのです。

もし、お時間の許す方は是非、ご高覧お願い致します。

最後に沖縄戦で尊い命を落とされた全ての方々の御霊のご冥福をお祈り申し上げます。

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/19(土) 11:33:09|
  2. CMタイム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Even small zanthoxylum stimulates extremely ~Dallmeyer Dalmac2"f3.5~ | ホーム | 徠卡vs康泰克斯 數碼照相机上的戦門(続編)>>

コメント

Ezumar of Samoca

深川精密工房さま
おはようございます。昨日、東横デパートでの
中古カメラショウで、待望のEzumarレンズの付いたSuper Samoca 35を仕入れました。貴台のお作品のような綺麗な写真を撮りたいと思います。
  1. 2011/06/04(土) 08:25:14 |
  2. URL |
  3. 神原武昌 #ahM1jg1k
  4. [ 編集]

本日は有難うございました

神原武昌様
コメント有難うございます。
また、今宵は遅くまでお付き合い戴き、重ねて御礼を申し上げます。
なかなか興味深い、産業、光学界の秘話などもお聞かせ戴き、大変参考になりました。一同を代表して御礼を申し上げます。
また今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
  1. 2011/06/05(日) 00:02:47 |
  2. URL |
  3. charely944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/206-31b0917c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる