深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

第五回 ノンライツRF友の会/新宿西口写真修錬会写真展①

写真展①
写真展②
写真展③
写真展④
写真展⑤
写真展⑥
今回の更新は、本日まで半蔵門のJCII日本カメラ博物館附設ギャラリーClub25で開催されていた、「第五回ノンライツRF友の会/新宿西写真修錬会写真展」から、工房主の出展した作品のご紹介いきます。

まず一枚目。タイトルは「命のリレー」
これは12月23日に那覇の着いてすぐ、バスに飛び乗って北谷町美浜まで出掛け、アメリカンヴィレッジでお孫さんをあやしていた、いかにも沖縄のご婦人という雰囲気を漂わせておられる方にお願いして一枚撮らせて戴いたカットです。
画面一杯から、苦節を生き抜いた妙齢のご婦人からこの地方では「童神(わらびがみ)」と呼ばれる幼い命への慈しみが漂ってくるカットではないかと思っています。
カメラはZeiss Ikon ZM フィルムはKodak Ektar100、レンズはCine-Sonnar50mmf1.5 開放撮影です。

そして二枚目。タイトルは「異国で繋がる若い命たち」
このカットは、サンセットビーチの浜辺まで歩いて行ったら、進駐軍の子息達と思われる子供達が堤防の上で、歓声を上げ、雑談に打ち興じていたので、声をかけ、全員集合で一枚撮らせてもらったカットです。
本国から遠く離れた極東の島国でも、子供達は友を求め集まり、そして元気に良く遊びます。
基地問題はネガティブな面のみ声高に語られることが多いですが、こういった沖縄の那覇以北であれば何処にでもあるような、草の根レベルの国際交流については、何ら取り上げられないのがいつも不思議でたまりません。
カメラはZeiss Ikon ZM フィルムはKodak Ektar100、レンズはCine-Sonnar50mmf1.5 開放撮影です。

それから三枚目。タイトルは「今を咲き誇るしなやかな命たち」
このカットは先にブログに先行アップした、浜辺で遊んでいた北谷の女子高生達の小姐達に声掛けて、浜辺で勢ぞろいして貰ってシャッター切ったカットのうち縦構図です。
こういったどこか牧歌的な雰囲気が、我々を沖縄に通わせる原動力となります。
カメラはZeiss Ikon ZM フィルムはKodak Ektar100、レンズはCine-Sonnar50mmf1.5 開放撮影です。

続いて四枚目。タイトルは「命有る星に生まれた二人」
このカットもブログで先行アップした渚で遊ぶ兄妹に声掛けて撮らせて貰ったカットのうち縦構図です。
海の中でシルエットになっている二人と、柔らかくたゆたうさざなみ、そして遥か彼方の雲の切れ間から差し込む陽光のコントラストが、会場を訪れて戴いた方々にも好評だったようで、小生の出展中で最高得点をマークしました。
カメラはLeica M8 レンズはBausch & Lomb Baltar 35mmf2.3 開放撮影です。

まだまだの五枚目。タイトルは「南国の真冬にいま煌く命たち」
これも、先にブログで先行アップしたモデルさん同様、北谷美浜のサンタガールさんにポインセチアのオブジェの前をお友達とさりげなく歩いているところを撮らせて貰ったカットです。
何か季節感が惑わされそうな南国の不可思議でけだるい雰囲気を漂わせているのではないでしょうか。
カメラはZeiss Ikon ZM フィルムはKodak Ektar100、レンズはCine-Sonnar50mmf1.5 開放撮影です。

最後の六枚目。タイトルは「弾まんとする若い命たち 」
このカットもサンセットビーチから北谷美浜のアメリカンヴィレッジに戻り、ちょうどスケートボードをしている少年達にレゲェおじさんのTシャツと同じような髪型をしているのが居たので、面白いから写真撮影に協力してね、と声掛けたら、OK!と答えるのみならず、後の2名のちょっととっぽい兄ちゃんも呼んで、一緒に入って記念撮影スタイルのカットになったものです。
カメラはLeica M8 レンズはBausch & Lomb Baltar 35mmf2.3 開放撮影です。

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/27(日) 20:59:24|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第五回 ノンライツRF友の会/新宿西口写真修錬会写真展② | ホーム | Even small zanthoxylum stimulates extremely ~Dallmeyer Dalmac2"f3.5~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/208-831f45f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる