深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Sun Sophia 5cmF2

sophia01a.jpg
さてさてお立会い、いよいよ、深川秘宝館から、人外魔境のレンズが彷徨い出て参りました。
当館で収蔵する「幻の」レンズのうち、レア度ではトップクラスの「Sun Sophia5cmF2」であります。相棒も同時期に発売されたレオタクスDIIIスペシアルです。

このレンズは戦後間もない時期に今は亡きサン光機が外貨獲得のための輸出向けに極少数作ったものとされており、1947年くらいの製品らしいのですが、何故かコーティングがされておりません。

レンズ構成は、どうやらズマールのデッドコピーらしく、4群6枚のオーソドックスな変型ガウス型とのことでした。

このレンズとの馴れ初めは、海外の某オークションで謎の沈胴レンズが出ていて、知名度が低く、相当のマニアも、どーせライカのパチモンやろ・・・ってなカンジでスルーしていたらしく、信じられないような安価で落札できました。

しかし、それもそのはず、説明文を良く読まなかったのが災いして、絞り羽根が一枚外れてさびさび、しかもそのサビがガウス型の【】の内側にびっしりこびりついてとても光を通せる状態ではなかったのです。

家にお迎えして速攻で修理に出し、一ヶ月強で修理完了した時、迎えに行きましたが、元々外装の金属部も前後玉も不思議とキレイな個体だったので、見違えるような美品に蘇りました。

で、嬉しくなって、その次の週末の土曜日、お天気も良かったので、お江戸深川から、小江戸川越まで電車に揺られて行って、他のシネ改等の超高性能レンズ達共々試写しましたが、驚異の結果・・・所蔵の国産5cmf2クラスでは、圧倒的性能の銀鏡胴Lキャノン5cmf1.8には及ばないものの、タナー5cmf1.9、トプコールS5cmf2クラスとは条件次第では開放からのシャープネス、発色の艶やかさ、画面全体の均質さでほぼスクラッチ、好みにもよりますが、フジノン50mmf2よりも精緻な写りと感じました。これがノンコートのレンズかとまさに首をかしげる性能でした。

因みに修理した方も言われていましたが、オリジナルのズマールを凌駕し、個人的には、ズミターの丸絞りの後期型と発色、画面の均質性ではスクラッチ、シャープネスではこちらに軍配、またCXゾナー5cmf2とでは、赤系統の発色の艶やかさを除く全項目で優位に立つと思いました。
特に全距離域で合焦部のシャープネスと後ボケのバランスが素晴らしく、まさにゾナーのおはこを奪ったカタチになったと思いました。
sun_sophia01.jpg
百聞は一見に如かず・・・
このSun Sophia5cmF2が復活してすぐの週末、よくテスト撮影にいく川越にこのレンズを持ち出して撮ったうちの一枚です。
撮影スポットは、有名な「駄菓子屋横丁」。ここでは、もう肖像権なんていうヤボなことはいいっこ無し・・・大人も子供も無邪気に笑い、そして駄菓子を頬張り、カメラを向ければよほどのことがない限り、笑顔が返ってくることが多い牧歌的観光地です。

その幾つもの笑顔からのお裾分けです。
革パッチブルゾンの兄ちゃんが、年配の女性から、おせんべい味見どぉ?ってなカンジで差し出され、はにかみながらも遠慮しがちにちょいと端を欠いて食べようってなとこですか。
50cmも前の婦人はもう前ボケになっているのに、兄ちゃんのブルゾンのテクスチャ、ファー、髪の毛の1本1本まで極めてシャープに繊細に写っています。
後ろはきれいに溶けるかの如きボケを示しています。
これが、約60年前のノーコートのレンズの開放での実力と信じられますか?

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2008/02/25(月) 23:27:52|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Cine-Planar 50mmT2改L39 | ホーム | Rodenstock Rodagon80mmf4改ニコンFマウント>>

コメント

いやいや、本当に良く写るレンズですね。
この時代のガウス型レンズの中では、世界中でもトップクラスの写りではないでしょうか。
フォカのオプラレックス等は相手にならず、本家ズマールよりも上という感じですね。
特にガウス型の欠点の、開放絞りでのフレアーが、ほとんど出ていませんね。
廉価版レンズと思いきや、やるなぁ~、サン光機!
  1. 2008/02/27(水) 07:43:20 |
  2. URL |
  3. がたぱしゃ #BaRPan0g
  4. [ 編集]

がたぱしゃさま
ようこそのお運びで。
ブログへのアップ、予告していたにも関わらず、遊びにかまけて、大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

そうですね・・・川越でのネガが上がってきた時、一緒にテストしたキネプラナー50mf2のものかと目を疑いました。それくらい、良い方に期待を裏切る描写性能だったんですね。

でも、この時代は、人力計算した設計図をもとに手作業でガラス研磨、そして組上げてたので、当り外れがあったのではないかと思います。そうだとすれば、この玉は一等賞の大当たりだったのかも・・・

それとも、数十本しか作られなかったような話もありましたから、出荷検査の際、調整しても一定性能が出なかった個体は間引きされてしまったのでしょうかねぇ・・・
  1. 2008/02/27(水) 11:36:47 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/22-2dafc787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる