深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Rodagon50mmf2.8改Sマウント

rodagon.jpg
今晩のご紹介は、当工房の製品群の特徴のひとつである、Nikon Sマウント改造レンズのうち、ドイツが世界に誇る銘品、ローデンシュトックの引伸レンズであるRodagon50mmf2.8です。

このレンズは、一見、作りは如何にも今風で、若干チープな感もなきにしもあらずですが、しかし、この鏡胴はプラにあらず、軽合金製ですし、結構重量あって、手に取ると、細部の仕上げの良さも相俟って、奥底に秘められた性能の高さを予感させます。

先にご紹介した僚機のRogonar-S50mmf2.8と瓜二つの外観ですが、中身は全く別物で、あちらが、3群4枚の逆テッサー型なら、こちらはより高級路線を狙って、4群6枚の変型ガウス型です。

で、肝心の写りはどうなのか?ということですが、こちらも、やはり教科書的な、引伸しレンズはカメラに付けても、無限での解像力が劣る、とか解像度とコントラストは高いが、平面的な画になる、ボケが汚い、という前評判に対し、勿論、開放でも、無限から近距離まで合焦部はシャープで、しかもなだらかな前後ボケと浮かび上がるが如き立体感ある描写で、おそらく世界中のどの市販の50mmf2.8レンズより際立っており、やはり理論だけではなく、実写してみないとレンズの性能は判らない、という教訓を得ました。

しかし、このレンズとて、赤、青、黄補正のアポクロマートではなく、上には上があり、殆ど同一の外観で、控えめに"Rodagon"のレターの前に"Apo-"と表記したものが有ります。

国内ではあまり見掛けませんが、たまに電子湾で夜釣りしていると引っ掛かってくることがあり、これまでに50mmを2本と75mmを1本釣り上げました。

アポの75mmはRF用の距離計連動改造ではなく、EOSマウント仕立てにしましたが、フランジバックが合わず、最遠1.7mなどという街撮りには到底使えないものになってしまい、修正待ちですが、先に組んだ50mmの方は、明らかにこのレンズとは違いがはっきり判る、ウルトラシャープな写りで、Sマイクロニッコールもかくやあらんとばかりの性能に仕上がりました。こちらも追ってご紹介したいと思います。

テーマ:ニコンSマウント - ジャンル:写真

  1. 2008/03/20(木) 00:15:15|
  2. Sマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<TnackV3 with Tanar5cmf1.9 | ホーム | 鉄のカーテンの向こう側から来た小鬼達~Robot Star25 vollautomat>>

コメント

確かにプラスチックに見える、魅力的とは言い難い外観です。
デザイナーの方は引き伸ばしの機能面を追及しますが、まさかクラシックカメラに付けて使用することなんて想定していないでしょうから、致し方ないのでしょうが。
むしろ、そんな外観で、しかも性能も期待できないかもと承知のうえで、網上でゲットされて、それが最高の撮影用レンズだったと発見したことに、凄さと羨望を感じます。
さらにそこで満足と終わらせず、バリエーションをものにしていくというのが、とてつもない探究心です。
ローデンシュトックは、ヘリゴンとか一部ありますが、35mm用のレンズはほとんどないので興味深いですね。

あれっ、珍しくフィルターが付いている。何故でしょう。
  1. 2008/03/20(木) 19:41:51 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #-
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
コメント有難うございます。
そーですね、最初、電子湾で回遊しているこのレンズの兄弟、そうRogonar-SとRodagonを見た時、世界に冠たるドイツ製光学製品にしては、何と不恰好なんだと思いました。

しかし、先にゲットしていた、EL-NIKKOR、Cooke Entalという異能の先輩レンズ達が、コイツらなかなか出来るゼ!と心のうちで囁いたのです。

で、失敗してダメもと、まずはRogonar-Sから夜釣りで釣り上げ、EL-NIKKOR同様、Sマウント化していつもの開放での試写したら、コトバを失うような上がりになり、急遽、僚機のRodagonも釣り上げたという次第です。

ところで、フィルターですが、引伸用レンズは一部を除き、だいたい、前枠にネジが切ってあり、フィルターが使えるのですね。

他のレンズも付けているのですが、撮影時はカッコ悪いので外していて、今回は、面倒なんで嵌めたまま撮っちゃったてのが真相です。
  1. 2008/03/21(金) 00:39:52 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

ご回答ありがとうございます。
外観がイマイチでもびびっと来るものがあって、手にしてみたらしっかり金属の重みが感じられて、マウント化してみると予想を超える写りに大満足、という展開は精密工房を主宰者冥利ということでしょう。
世間一般の人には、ぜったいあり得ない世界なわけですから。

フィルターは、皆さん着けちゃダメと異口同音におっしゃりますが、やはりうっかりキズつけるのが怖いので、わたしはこっそり使用していました。
charley944さんも、基本的に使用しているということですと、やや心強くなります。
  1. 2008/03/22(土) 02:36:35 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #-
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
ありがとうごあいます。
たまにはどうしようもないクズレンズや、モノは素晴らしいのだけど、バックフォーカス等の物理的制約で改造できなかったようなレンズも釣り上げてしまうことが少なからずありますが、そういったミスも授業料と諦めてかかっています。

フィルターについては、付けられる場合は必ずつけるようにしています。
なんとならば、NCですら紫外線をカットし、ヌケが良くなりますし、ニコンのナノクリスタルやツアイスのT*XPといった実用域で無反射のコーティングが前玉に施されているならいざ知らず、最近のフィルターはどれもマルチコートで前玉との反射など気にならないくらいで、フードをつければ帳消しでお釣りがくるくらいの影響だと思いますので、全然気にせず、フィルター付けて撮っています。
それに未来永劫、そのレンズを使うワケでなし、いつの日にかは次の時代の誰かに引き継がねばならない資産なのですから、キズやコーティングムラなどを生じるリスクは極力排除すべきという哲学に基づくものでもあります。
  1. 2008/03/23(日) 00:08:47 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/26-1ec19fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる