深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Unexpeced rebirth from junk box~Perfex Velostigmat50mmf2.8 mod.L39~

Perfex50mm.jpg
Perfex_01.jpg
perfex_01a.jpg
Perfex_02.jpg
perfex_03.jpg
perfex_04.jpg
perfex_05.jpg
【撮影データ】カメラ:R-D1s ISO200 絞り優先AE 露出+1/3、ロケ地;西郷山公園~代官山
さて、今宵のご紹介は予告通り、工房製改造レンズです。

しかし、改造レンズと言い切ってしまうのには、ちょっとためらいが・・・

というのも、この漆黒で小粋な米国製レンズ、買って来て、マウント付けてハイ出来上がり!とはならず、先日、大久保の名人に蘇生をお願いしたニッケルショートエルマー5cmf3.5を新宿西口の某チェーン店で発掘したのと同じ日、帰りがてら寄った西口の中古カメラマーケットにて、ジャンク棚に「絞り破損、撮影不能」といった趣旨のタグが付けられ、その割には結構強気の値段が付いているのを、これまでのレストアによる自信で以て、あっさりと買い込んで家に持ち帰り、絞りユニットの修理とレンズクリーニング、内面反射対策をするタイミングを見計らって、防湿庫の未改造レンズ在庫の中で暫し眠りに就いていたのです。

そして、Canonのウルトラレアレンズの再生が上手くいき、時間と自信が出来た、先週日曜の撮影会の前日、一気呵成にレンズヘッドの修理、マウント付加を行って、実写可能としたのです。

実写行く前に、このレンズの氏素性を簡単におさらいしましょう。

この3群3枚のトリプレットは、米国のバルナックコピーのひとつである、Perfex55というレンジファインダーカメラの標準レンズとして、1940年くらいに登場し、47年には製造中止となります。

カメラ自体はかなり凝った作りで、シャッター速度など1250分の1までありますし、基線長も長いファインダーは少なくともバルナックコピーの一群の中では、それなりの評価を受けてしかり、というレベルのものでした。

ところが・・・アメリカ人は全く理解不能な人種で、とにかく、作りの凝った精密機械然とした製品より、むしろどちらかと云えば、無骨で頑丈一点張りの製品を好む性癖があるのです。

おかげで、Argusみたいな金属製"写るンです"は大いに売れ、Perfex55も、Clarusも、バルナックコピーでの銘機中の銘機Detrola400も皆んな販売不振、枕を並べて討ち死にです。

では、そんな理解不能な人種が当時の最新テクノロジーを駆使して拵えた、f2.8のトリプレットの写り、実写例をみて参りましょう。


まず一枚目。

先週の日曜日は中目黒駅で待ち合わせ、気の合う仲間で撮るでなし、語り合うでなし、それこそ烏合の衆と化して、ランチスポットを探し、青葉経由、代官山方面へと徘徊して行ったのですが、結局、お目当てのモンスンカフェは不埒なことに結婚式で貸切とかいうことでシャットアウト、仕方なく、また目黒川沿いまで戻ろうかと西郷山公園目がけ歩いていたら、メンバーの1人が「ここのカフェ、割合、イイんぢゃね?」と建設的な意見を発したので、元より面倒臭がり屋の多い一行のこと、文句も出よう筈もなく、公園入口のカフェでランチとなった次第です。

工房主は特製ドライカレーなんぞを戴き、食後のお茶なんぞしていたら、店先のアイスクリンのオブジェにいたいけな小々々姐がふらふらというかよちよち歩いて来て、しきりにこっちへ目線なんぞ飛ばし、ポーズみたいなことをつけていたので、よしよしと重い腰を上げ、一枚撮ったのがこのカット。

後を追って来た比較的若いオモニと目が合ったので、「一枚戴きました」と延べ一礼したら、ニッコリ笑い「XXXちゃん、撮って貰ったんだって、良かったわね」と年端もいかない子供に言い含めてました。

ピンは子供の顔の輪郭で合わせていますが、それほどカリカリではなく程好いシャープネスとハイライト部の僅かなフレアがえも云われぬ雰囲気を醸し出しているのでは、と思いました。

そして二枚目。

また、仲間と語らい合いながら、優雅に公園のほとりでの午後のティータイムなぞ楽しんでいたら、新手の"敵"の登場です。

これだからこそ、街撮りは一瞬たりとも気が抜けないのです。

子連れ狼宜しく、父子2人連れで入って来た父親は、大五郎、もとい、ブルーのTシャツの童子を入口付近のテーブルに置き去りにして、トイレか何かへすたこら出掛けてしまいました。

そこで、父、元公儀介錯人水鴎流免許皆伝、拝一刀の血をひく大五郎は、鋭い目線で店内を睥睨しつつ、唯一の得物である、ペットボトルを握り締め、裏柳生の襲来に備えます。

そんな妄想に囚われつつ、このいたいけな童子の姿をぱぱっと撮ったのがこのカット。裏柳生の手裏剣には備えていても、居合い斬りスナッパーの一撃にはひとたまりもなかったようです。

ここでも、童子の輪郭でピンを合わせていますが、必要かつ充分なシャープネス、ほぼ逆光にも関わらず、童子の顔の陰影のグラデーションが表情もろとも良く描かれているのではないかと思いました。

ただ、背景の樹木は、う~ん・・・ちょっと渦巻になりかけているのが、残念無念です。

それから三枚目。

そろそろ次の予定の世界の中古カメラ市へ出かけねばならないので、西郷山公園界隈でちゃちゃと撮って行こうよ、ということになり、一同は重い腰を上げ、緩い丘陵を登り、被写体を探していました。

すると、へへへ、居ました居ました。何たる僥倖、メルヘンの象徴たるシャボン玉を操る親子と、放心状態で体育座りの女子高生がR-D1sの50mmフレームに収まる位置関係に居る!

これは一もニも無く、撮らない手はありません。シャボン玉が盛大に上がった刹那、反射的にシャッター切ってました。

しかし、画面をよ~く見てみれば、遥か下の方のベンチのもう一名の女子高生がこっちを携帯のカメラで撮っています。う~ん、ポジションを交替して欲しかったなぁ・・・

ここでは、ピンは童子の麦藁帽子の縁に合わせていますが、後方に飛んだシャボン玉も前方の女子高生の姿も充分、被写界深度に入っています。

やはり、画面下部の前部オフフォーカスの芝生はかなり流れています。

続いて四枚目。

向きを180度反対方向に向き返り、遊具の置かれている木陰を眺めれば、都会的ないでたちに帽子もおしゃれな親子連れ+αが一心不乱に遊んで、若いヲヤヂさんが、童子達に人生訓のようなものを垂れているのか、かなり決まったポーズで遊具に歩み寄っていたので、その瞬間を戴きました。

ここでは、ヲヤヂさんの左肩の稜線にピンを合わせていますが、輪郭が浮かび上がり、なかなか立体感の有るカットになったのではないでしょうか。しかし、周辺、特に向かって左の前後のアウトフォーカスは崩れが見えます。

まだまだの五枚目。

一行は代官山の駅前に着き、これから東急電車で渋谷に向かうこととなりました。

駅へ向かう緩いスロープの手前に面白いオブジェを発見したので、道の反対からであれば、R-D1sの50mmフレームでもギリギリ全景が収まるので、一枚撮ってみました。

ピーカンの陽光を浴びているので、ハイライトは飛びテクスチャはいまひとつ掴みづらいですが、それでも、根っこに座っている男女の描写はこのレンズの性能を良く表しているのではないでしょうか。

ただ、ここでも、周辺のアウトフォーカス部は流れています。

最後の六枚目。

代官山駅に登る緩いスロープの途上に、小粋な洋品店があり、その店頭には、おしゃれなマネキンというか、人型ディスプレィがあり、目の粗いリネンの帽子をかぶっていたので、そのテクスチャと、背景のボケがどのように写るか面白いと思ったので一枚撮ってみたもの。

ここでは、帽子の網目も充分なシャープネスで描写していますし、背景のボケも極めてナチュラルで、好感が持てるのではないかと思いました。

不思議なことに、このカットでは周辺の結像の甘さは認められません。

今回の感想としては、やはり米国恐るべし・・・シチュエーションによっては、周辺の流れとか、破廉恥なぐるぐるが生じてしまいますが、それでも70年前の設計、製造のf2.8のトリプレットでこの描写であれば、充分過ぎるくらいでしょう。

さて、来週は、工房附設秘宝館からのご紹介を予定しています。乞う御期待。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2012/06/10(日) 23:37:39|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<Das Geist der alteingesessenen unfortunate~Rollei Distagon35mmf2.8~ | ホーム | L'esprit combatif de son second fils~FOCA UNIVERSEL R~>>

コメント

3枚目のシャボン玉の立体感が。

良いですね。
ようやくいつもの色合いに戻ったなあと思うのですよ。
それにしてもこのレンズ、「本気になったアメリカは尋常じゃない」を地で行くできばえですね。

それを直すCharley944さんもすごいのですが。

あとは1枚目の子供の表情と鼻水の立体感が半端ないですわ。
今もアメリカのカメラ産業がそれなりだったら、どんな製品が出たのか気になりますねえ。
まあ、良いものを作る前にバカな株主に潰されて終わりそうな気もしますが。
  1. 2012/06/12(火) 22:06:29 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #liuN1Pm2
  4. [ 編集]

1940年代でf2,8というと、たぶんなかなかありませんね。独逸のラジオナーがf3,5で上手くやっていたのと違って、せっかく2,8と奢ったのに残念ですね。暗めで安いバリエーションなんてあったらなんて、余計な詮索もしてしまいます。
あるいは目測式だとか・・・。

エクトラなんてトンデモ商品も消滅してしまった事ですし、戦勝とはいっても戦後直後の米国も、設計者と営業と消費者との齟齬の大きい異様な社会が渦巻いていたのでしょうか。(英国や仏蘭西の2、8クラスも、社会状況をも含み気になります。)
  1. 2012/06/12(火) 22:46:56 |
  2. URL |
  3. treizieme ordre #-
  4. [ 編集]

Re:3枚目のシャボン玉の立体感が。

出戻りフォトグラファー さん
有難うございます。

そうですね、お馴染みDetrola400のVelostigmat2"f3.5とか、Elmar代替品?のVelostigmat50mmf3.5とか、Wollensak製の優秀なテッサー型、トリプレット型は枚挙にいとまがありませんし、大口径単玉に至っては、核開発の支援機器用に用いられたOscillo_Raptar51.6mmf1.5やFastax_Raptar51.6mmf2など、通好みの超高性能レンズがありますので、ロシアレンズ同様に侮れない勢力なのかも知れませんね。

本件、I運営委員殿にもご意見を伺ってみたところ、NY州Rochesterという光学産業集約地域で、しかも、当時は写真機も立派な光学兵器だったから、こんな簡単な構造のレンズとて当時の最先端のテクノロジィが投入されてしかり・・・といった旨のご意見を戴きました。

では、今のアメリカの光学産業が壊滅して見る影もないか、といえばそうでもなく、スパイ衛星の地上の10cm以内のものも識別可能なレンズも、宇宙の果てを撮影し得るパロマ天文台の巨大反射望遠鏡の基幹パーツも全てMade in USAだと聞いています。

ただ、日本と違い、民生用と軍官公需向けとの技術の隔絶が大き過ぎるだけなのではないでしょうか。

Kodakを日本のFuji辺りが買収して、お互いの持てる光学技術、撮像素子開発技術、そして画像処理技術を駆使したら、天下のCarl Zeissもメぢゃないと思うんですがね。
  1. 2012/06/12(火) 23:18:18 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

treizieme ordre さん
有難うございます。

実は、Perfexシリーズ用には、f3.5も当然あります。
ただ、不思議なことにf2.8はトリプレット型なのに、設計が古い?f3.5モデルはテッサー型のようです。

このPerfexしかり、Detrola400しかり、エクトラしかり、カードンしかり、機種単体では優れたコンセプトや性能を奢っていても、米国民の趣味嗜好に合わず、頓死してしまう、という現象はカメラだけではなく、クルマも宇宙ロケットや最先端のジェットエンジンを作れる技術を持った国が、いまだに原始的なOHVエンジンに足回りも板バネサスペンションなのです。

或る意味、ここまで工場労働者と農民からなる大衆層の文化が力を持って、貴族的趣味?の精密機器や工芸品的工業製品を冷遇するのは米国固有の不可思議な文化構造なのかも知れませんよ。
  1. 2012/06/12(火) 23:27:25 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

5枚目の暗部の赤いT シャツの画像は程良い発色でアメリカ製のレンズをほうふつさせますね。
又この甘さ加減も深川さんらしからぬ表現ではないでしょうか?
  1. 2012/06/23(土) 15:10:51 |
  2. URL |
  3. hiro #xPR/ZykM
  4. [ 編集]

hiroさん
有難うございます。
まぁ、発色の好みはともかくとして、甘さは後玉のコーティングが若干劣化していたので、フィルムよりも反射率の大きいCCD前面との内面反射が甘さの原因であるフレアを生み出したのかも知れませんね。
  1. 2012/06/23(土) 23:24:51 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

オーレンサック

たしかにこのレンズメーカはロチエスターにあり軍用アイモにもレンズ供給していました、
私の若き頃はアイモと一緒に輸入され沢山このメーカーのレンズは存在していました。

シネマスコープが映画館のニュースに採用されるとアイモのマウント改造変更しないと重いシネマスコープレンズが付けられないのでこのレンズはジャンク箱に放り込まれて消え去りました。
  1. 2012/07/10(火) 13:13:30 |
  2. URL |
  3. hiro #xPR/ZykM
  4. [ 編集]

Re:オーレンサック

hiroさん
有難うございます。


おやおや、ヂャンク箱経由、雲散霧消ってのはなんとも勿体無いオハナシですね。

でも、ヲーレンザックのレンズってピンからキリなのですよね。
概して大中判やってる方々は、"大甘玉"といい、135とか、120判の50mm以下の玉を使う人は、程好いシャープネスと色ノリ、とか。

確かに、手許を見渡しても、Velostigmat銘のものとRaptar銘のものは全然描写が違いますからねぇ・・・

ところで、このレンズの故郷、ロチェスターってのは、コダックの本社しかり、ヲーレンザックしかり、隠れた光学都市の様子を呈してましたね。

さしずめ、米国のウェツラーかイエナと云ったカンジですか・・・
  1. 2012/07/10(火) 23:33:33 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/275-d76969d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる