深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Staeble Katagon改L39

katagon.jpg
今宵のご紹介は、ドイツの渋めどころ、Staeble Katagon50mmf2.8改L39です。
このレンズはディープなクラカメマニアなら一度は食指を動かされるスーパーパクセッテII向けに1954年にドイツのシュテーブル社が送り出した普及版標準レンズです。

このレンズというか、カメラのシステムが非常にヘソ曲がりで、マウントのネジ規格はL39そのものなのに、レンズシャッターのためもあり、フランジバックがライカに比べ1cm以上長く、そのまま、ライカのマウントにねじ込んでも、おぉぉぉ!だめだ全然結像しない、こりゃ壊れてる!となってしまいます。
そこで、当工房ではフランジバックを合わせるため、両ネジ間のジュラルミンのスペーサを噛ませたワケです。
しかし、現時点の仕様では、距離計連動にはしていません。加工自体は簡単な方に属するのですが、何せ後玉が相当前の方に出てしまい、一方、元々狭いレンズ側L39マウントの内側に実質32mm以下の内径でしかも無限時には7.5mmもレンズ側にせり出る距離計連動カムを付けたら、確実に光路に干渉し、像がけられるのが判っているからです。

ところで、そもそもこのスーパーパクセッテというカメラは、偉大なる?ライカの陰に隠れてクロウト好みの渋めのカメラですが、レンズ交換が出来、しかもライカ同様、さまざまな一流~三流までのメーカーがレンズ供給していたので、いわば、B級グルメみたいな楽しみが出来るものだと思っています。

このレンズはおそらく3群4枚のいわゆるテッサータイプに分類されるものと思われますが、何せ、二流半のメーカーが気楽に?拵えただけあって、周辺は緩いし、解像感も、色のヌケもイマイチですが、そこはそれ、シネレンズとか、マイクロニッコールとか、アポクロマートの引伸ばしレンズみたいな、画面全体が緻密な解像度とシャープな描画に満ち溢れた緊張感の塊みたいな写真だけ撮るレンズばかりぢゃ、肩も凝っちゃいますから、たまにはこういうひょうきんな外観のダメダメお気軽レンズも面白いかな?と許せるキブンになったワケです・・・
典型的A型人間である工房の主も少しは成長したか・・・

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2008/03/30(日) 23:32:45|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<究極の相棒~Nikkor 50mm F1.1with Nikon SP~ | ホーム | 魔法の都からやって来た蒼い瞳のお人形~Opema Openar45mmf2>>

コメント

今までで、いちばんらしくないレンズの登場と言う感じですか。
写真を見た瞬間、このレンズはもしや隠れた傑作レンズだったのかと心の動揺が走りましたが、文章を読んで安心しました。
こういうレンズでも、しつかりスペーサーでフランジバックを調整してあげるあたりも、(合)深川精密工房のポリシーなのですね。
カメラは、たいへん可愛らしいものですし(Iの方です)、Staebleなんてメーカーパクセッテ以外で聞かないですが、シリアル番号を見ると隠れたドイツの人気メーカーだったのかなと想像もしてしまいます。

遅れましたが、土曜日はありがとうございました。
メンバーの皆さん、いずれも個性的ですが、いい方ばかりで、楽しい時間が過ごせました。
これに懲りず、また声をかけていただけると嬉しいです。
  1. 2008/03/31(月) 01:43:16 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #-
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
コメント有難うございます。
へへへ、そーなんですね、全然、工房らしくないですね。今までのテーマはとにかくSマイクロニッコールの背中を見て、捻り鉢巻で以って、レンズばらして、旋盤回して、とにかくシャープで色抜けの良いレンズを手に入れることだけだったのですが、いつの間にか似たような傾向にレンズだけで在庫が揃っちゃったんで、美味しいものばかり食べてると飽きて、たまにはファーストフードとか、スナックみたいなものも食べたくなるのと同じなんですね。
しかも、テッサータイプだとすると、ロシアレンズのフェドやゾルキなんかよりも写りが眠いので、まさにカッコだけの脱力系レンズとでも言うべきでしょう。

ところで、先週土曜日の件、初対面ながら、愉しい一日を過ごさせて戴き、また、いつもと違うテーマで写真を撮ることも出来、仲間ともども感謝しています。
次回は、何と佐原の旅人宿で花札持参の写真&グルメ合宿やろうかという驚愕の計画も見え隠れしてますので、菖蒲の咲く頃、じぃサンこと、画家伍長ドノからでも召集令状が行くと思いますので、ご用心、ご用心。
  1. 2008/03/31(月) 12:22:43 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

お久しぶりにおじゃま致します。パクセッテ レンズシャッターカメラに凝っていた時に1台買いましたがすぐに故障して今は使えない状態です。 今年は東方面の出張も多いのでオフに参加できるかもしれません。
Staebleのレンズ。ライカスクリュウマウント(フランジバックにあった)レンズは存在しますレンズにLと書いてあるレンズは全て連動とピントもきっちり合うんですよ。(お知りになっていたらごめんなさい)かなりレアものなので、まず市場で見る事は少ないです、安いのが凄い利点なんです。ボケレンズではないけど。
  1. 2008/04/04(金) 21:10:24 |
  2. URL |
  3. ジオグラフィック #JalddpaA
  4. [ 編集]

ジオグラフィックさん
お久しぶりです。
コメント有難うございます。
シュテーブルL39マウントですね、リネアゴン35mmのL39っていうのをかめらのKむらで前に見つけたのですが、写りはどうでしょう???ってnetdandyさんに伺ったら、6万円後半も出して買うほどぢゃねんでねぇの?ってことで諦めちゃった経緯があります。
今思うと、買っときゃ良かったと思う気持ちもやや残っておりますね・・・

そうそう、今度、是非、ミニ撮影会込みのオフ会やりませう♪ 中将姫光学さんには深川精密工房製のレンズのお味見して戴きましたが、貴兄、T-REXさん、れんずまにあさんがたには、まだ試して頂いてないですからねぇ。
いっそ、東西メンバーで、大挙して川越か、佐原あたりに乗り込んじゃって、美食とクラカメ撮影三昧なんてどーでしょうね。
  1. 2008/04/04(金) 22:46:45 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

6万ですか、高いですね。私は1諭吉程度で手に入れています。1~3諭吉程度で探せばありますが、価格からみて良い方だと思いました。(癖玉ではないけど)35mmチョロという名称でした。
50mmや90mmなどもあります。
今年は月曜日に仙台などもあり前の日に入る可能性があるので、それなら東京で遊んで行くことも可能なので、どこかで日程の調整をいたしましょう。
Tさんは無理かな。
  1. 2008/04/06(日) 20:04:45 |
  2. URL |
  3. ジオグラフィック #JalddpaA
  4. [ 編集]

ジオグラフィックさん
有難うございます。
ホント、本人は適価だと思っても、カモられてることって良くありますから、珍品だからといって、ブラックバスみたいに擬餌に食いつかないで、電子湾とか、広く友人関係に情報を求めることが大事ですね。(実は昨晩、破滅的大物を衝動買いしちゃいましたけど・・・)
今年の上京日程、了解致しました。
実は、今日も仲良し関東勢はオフ会で横須賀の進駐軍基地へ行って撮り捲った帰りの晩メシ喰いながら、今度は関西からのゲストも交えて、弊社のクラブハウスで格安超豪華懐石か泥亀コースが良いねぇ・・・・なんてハナシをしていたとこです。
楽しみにお待ちしてます。
それから関東勢有志でGW後半に近江八幡、長浜合宿のハナシもありますよ。
  1. 2008/04/06(日) 23:24:07 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/29-f38926fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる