深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

究極の相棒~Nikkor 50mm F1.1with Nikon SP~

nikonSP.jpg
さてさて、しょぼい改造レンズのお後は、少々、更新をサボってたこともあり、お口直しの意味も込めての大サービス、工房附設深川秘宝館から、究極の高速レンズ、Nikkor50mmF1.1とこれまた国産RF機史上で最強の高信頼性、高耐久性を誇るNikonSPオリジナルブラックの登場です。

まず、レンズの方はといえば、1950年当時からの通産省主導の新種ガラスの業界共同開発の成果として、まず帝國光学がズノー5cmF1.1を1953年から発売し、これに遅れること1958年からニコンが満を持して発売したのが、このNikkor50mmF1.1なのです。
このレンズのSマウント仕様には、大きく分けて2タイプあり、前期型の内爪と後期型の外爪があります。
実は、外爪を1本、内爪を2本買ったことがあるのですが、3本の中では、この内爪が一番素直な写りをするので、気に入って手許に残しています。
開放では、フレアがかったソフトな極めて被写界深度の狭い独特な画風ですが、F5.6まで絞って撮るると、DRズミクロンもかくやあらんというばかりの高コントラスト、高解像度のレンズに早変わりします。
しかし、頭でっかちレンズであることには変わりないので、このカメラにつけて首から提げると、いつもお辞儀状態になってしまい、ちょいとカッコ悪い気もします。まぁ、M3にノクチ付けても同じようなもんですが。

続いてカメラの方は、泣く子も黙るNikon SPオリジナルブラックの報道用スペシャルです。このカメラは地元のカメラ屋でそこそこの値段で出ていて、ただ売り手から条件が付けられていて、改造しないでこのまま大切に使うこと、年に数回はフィルムを通してあげること、ということでした。

買って暫くしてファインダが曇ってきたので、ニコンに修理点検に出したところ、顔見知りのサービスマンの方が数箇所の特徴を上げ、これは一部部品が換えられてしまっているが、元々モードラ装着前提の報道用ですねと教えてくれたのです。道理で不可解な条件が付けられていたワケだ、と後で納得。

予備機か、或いは導入されてまもなくFが発売になって、お役御免になったのか、外観は当たり傷、大きな擦り傷もなく、角がほど良く剥けて真鍮の地金が出て、イイ風情を醸し出しています。

で、このカメラを使うのかって?勿論、約束通り、年に数回はこのレンズとか、Sマイクロニッコール、或いはオリンピアニッコールを嵌めて、築地や浅草で街撮りを愉しんでいるのです。

素晴らしい巻上げフィーリング、チタン幕シャッターの囁くような音、そしてM一族には及ばぬもののクリアで見易い、独創的な夫婦ファインダー、引退させるにはもったいない、街撮りの相棒なのです。

テーマ:ニコンSマウント - ジャンル:写真

  1. 2008/04/09(水) 23:21:27|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<Apo-Rodagon50mmf2.8改CX/Sマウント | ホーム | Staeble Katagon改L39>>

コメント

すごいのが出てきましたね。
白も黒もお持ちだったとは。
秘宝館というとエッチなものが並んでいるところのイメージですので、これは博物館という感じがします。
ファインダー枠の真鍮はできすぎていて、工房で製作されたものかと思ってしまいました。

やはりF1.1のニッコールはでかいですね。
ズノウF1.1がフィルター径54mmですから、ふた周りくらいの大きさに感じます。
描写もかなり違うのでしょうね。

刺激的なものを見せていただき感謝です。
でも、これだけ凄いと、影響されて欲しくなるということがさすがにないです。
危ない、危ない。
  1. 2008/04/11(金) 01:29:26 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #-
  4. [ 編集]

秘宝館のネーミング他

コメント有難うございます。
ははは、「秘宝館」というと熱海やら、加賀温泉郷あたりの温泉街のはずれにあり、偏屈なオヤジが色の褪せた法被かなんか着込んで、やる気なさそうに木戸銭取ってる、如何にも胡散臭いカンジのいかがわしい見世物小屋みたいなイメージですね(笑)

しかし、まさにそのイメージなのです。
キチンとした由緒の銘名ばかりでなく、意味不明で空前絶後の魔物も潜んでいて、何が出るか判らないという、ワクワク感と期待感が売り物の、まさに型破り製品を世に送り出す秘密工場である、精密工房附設のプライベート陳列場なのですね。

だいたい、工房の有った場所はお江戸でも有数の岡場所があった場所ですから、博物館、美術館などというしゃっちょこばった名前は野暮っていうもんですね(爆)

このSP、自分で言うのもなんですが、前に銀座で下げて歩いてて、ニコンハウスに入ったとたん、ヒゲ店長ドノがつかつか歩いてきて、「一番!、世界で一番、今まで見た中でイチバン!」とのお言葉を頂いたことがあります。

何を言われているのか、はじめは判らずにキョトンとしていると、こんなSPに逢ったのは初めてなので、普段はお客に声を掛けることはしないのが、興奮して声を掛けてしまった・・・ということでした。

見る者を興奮させる・・・まさに秘宝館の所蔵品の真骨頂ですね。

ところでNikkor50mmf1.1、ホントにでかいです。
昔、自分もZunow5cmf1.1Sマウント後期型プロトを一本持っていたのですが、並べてみたら、大人と子供くらいの大きさの違いがありましたね。
ちなみにもう一本の国産RF用大口径レンズである、フジノン50mmf1.2Lプロトもほぼズノーと同じ大きさで、やはり大人と子供の差くらいあります。

この大きさの違いは、ニコンが変形ガウスで、特に前群の一枚目以降の曲率を緩めるべく、枚数を増やしていることから、どうしても大型化せざるを得ず、ズノーとフジノンはゾナー系なのでコンパクトに纏まったと考えるべきなのでしょう。

しかし、この超弩級レンズも、工房が4個イチやって調整したキャノンL50mmf1.2の夜間撮影時の低フレア、高コントラストにはまだ敵いません。
  1. 2008/04/11(金) 20:36:01 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

なかなかカチョええですなぁー、黒のレンズには黒のカメラですねぇー。まだ秘宝館にはお宝がありそうですなぁー
つぎはピンポンのニコンマウントズノーですね。

私も珍品のレンズで1.5のレンズを手に入れました、
これもカチョ良いです。少し息切れ気味ですが••••
  1. 2008/04/11(金) 23:06:06 |
  2. URL |
  3. ジオグラフィック #JalddpaA
  4. [ 編集]

ジオグラフィックさん
コメント有難うございます。
う~ん、残念ながら、ピンポンもまっ平も、もうズノーは手許にはないのです。

余談ながら、先般、お昼お付き合いして頂いた時、どうやって、ズノーがCX、S、Lと作り分けていたのかというハナシが出ましたが、その理屈が判ってきました。要は光学エレメント系組立て後の検査で基準(=設計)焦点距離の51.6mmより長いもの、52mm超のものが、各レンズエレメントの焦点距離誤差の組合わせで出来るようなのですが、それを使って、Sのものに対し、同じ部品でスペーサリングを噛ますかしてフランジバックを調整して、CXに作り分けていたようです、オリジナルノクトンも、クックアモタルのアナスティグマットもたぶん同様なのでしょう。従って、近距離の誤差を度外視して、フランジバックのみ合わせれば、Sマウントも出来ないことはないのでしょう。

次の秘宝館コーナーでは、先般ご覧頂いたフジノン50mmf1.2プロトをゾルムス帰りの95万台高橋塗り黒M3か、今度やってくるM3ファーストバッチにでも付けて登場させてみましょうか。

ところで、貴兄の珍品でF1.5ってなんでしょう?もしかしたら、先般言われていた、ダルマのクセノン50mmf1.5でしょうか?
  1. 2008/04/12(土) 00:29:40 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

そうですか、私は日本の大口径レンズはフジノン、ヘキサノン以外は手を出していません。(ニコン85mmF1.5は別なんですが)
ふふふふっ違います、もっと凄い物です。
おフランスのレンズです.

  1. 2008/04/12(土) 04:18:57 |
  2. URL |
  3. ジオグラフィック #JalddpaA
  4. [ 編集]

ジオグラフィックさん
レス有難うございます。
え、おフランスのF1.5?って何なんでしょうか?
近日中に貴サイトででも拝見出来ますか。
なんか、ワクワクですね。
  1. 2008/04/12(土) 19:52:39 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは。
ふらりと立ち寄らせていただきましたが、瞠目のカメラとレンズを目の当たりにして体中に電気が走りました。
ボロのSP使いとしてご挨拶させていただきました。
http://fuzzyphoto.blog120.fc2.com/blog-entry-577.html
  1. 2008/04/18(金) 22:17:10 |
  2. URL |
  3. ファジー #-
  4. [ 編集]

ファジィさん
こんばんは。ようこそのお運びで。
実は、だいぶ前に貴サイトで公開されていました、ELニッコール50mmF2.8改Sマウントを拝見し、当工房でも製造を決意したのです。
今後とも、宜しくご贔屓にお願い致します。
  1. 2008/04/18(金) 23:44:02 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

銀枠フィルターは??

いつも楽しく拝見しております!ニコン好きの純正銀枠フィルター愛好者としては、ぜひ!ニコン純正の銀枠フィルターを装着して欲しいですね。62mm径は私も持っておりません!店頭では見た事もありませんし、ヤフオクではビックリ驚き価格になって全く手も足も出ませんでした。・・・ニッコール5cmf1.1!いいですね。私も欲しいなあ!(笑)
  1. 2008/04/20(日) 22:59:53 |
  2. URL |
  3. むらさき茄子! #kqgYIJQs
  4. [ 編集]

Re:銀枠フィルターは??

むらさき茄子さん
こんばんは。お久しぶりです。
その後、いかがですか、EL-Nikkor50mmF2.8のC/CXマウント改造チャレンジされましたか?
さて、銀枠ですが、持ってたことは持ってたのですが、見たことも無いような何か青いガラスが入ってたんで、よほど中身を入れ替えてUVかMCにしようかとも思いましたが、枠に記号が書いてあって、見る人が見たら滑稽な笑いものにしかならないんで、仕方なく、ケンコ-の黒厚手枠のものを使っています。
5cmf1.1、東京では相場が少し安くなってきましたね、そこそこのものが外爪でも30万円台半ば、昨日なんか、黄色い手榴弾で、バル有りですが外爪のまぁまぁ外装キレイなのが19.8万円で出てましたね♪
  1. 2008/04/20(日) 23:22:48 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/30-dfa464a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる