深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

~ラテンの醒めた英知~ISO Standard

ISO.jpg
さてさて、前回のアポロダゴンがあまりウケが宜しくなかったようなので、たまには目先を変えて、ディープでコアなマニアしか関心なさそうな助っ人が工房附設秘宝館から登場。

このカメラは、イタリアのIndustria Scientifica Otticaが1953年に発売したレンジファインダーカメラで、この有名な兄弟にHensoldt Reporterってのがあります。

同じカッコで名前だけ違う兄弟がISOとHensoldtで発売され、そのドイツ向けがHensoldt Reporterという名で、イタリア国内向けがISO Reporterというワケです。

レポーターという名称とスタンダードという名称の機種の差は、要は底面にトリガ巻上げの機構があるかないかの違いであって、たぶん、付いている方が連写性能良いんで、報道用にイーゾってことで、そういう名前になったんでしょう。

でも、お値段安いし、そういう面倒な機構は要らないんで、当方には、スタンダードで十分なのです。

付いているレンズはIriar5cmf2.8で、これは3群4枚なのですが、絞り羽根が前玉直後にあるので、テッサータイプと言わず、エルマータイプというべきなのでしょう。

このレンズの写りは、テッサーにありがちなシャープさが勝るカンジは少なく、寧ろ、コッテリとしながらもバランス取れた色ノリやなだらかな後ボケ、浮かび上がるが如き立体感で、ゾナーの兄弟みたいに感じました。まさに恐れイリヤーの鬼子母神ってとこですか。

で、このカメラの面白いところは、ピント合わせの方法。

何と、コンタックスや、ニコンSシリーズと同じく、向かって左側の歯車を指の腹で回して、ギア機構経由、ボディ内部のヘリコイドを回すのですね。

ファインダは視度調節式だし、ブライトフレームこそないものの、バルナックよりは遥かに見易く
二重像もコントラスト高くくっきりしているので、開放で街撮りやっても、結構速写も効いて面白い写真が撮れます。

何よりも、そこそこのクラカメマニアでもここまで知っている御仁は少ないようで、これを提げ街を歩いていると、だいたい、何ていうカメラですか、とか、おっ、ヘンゾリポータですか?とか声を掛けられることも少なくなく、撮って愉しく、所有して愉しい銘機だと思っています。

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真

  1. 2008/04/21(月) 00:03:05|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<Arri_Kinoptik5cmF2改L39 | ホーム | Apo-Rodagon50mmf2.8改CX/Sマウント>>

コメント

このカメラかっこいいですよね.私は50mm2本付きF2.9とF1.9付きのリポータの方を持っていますしかも箱付きなんです。イギリスではウィットネスイタリアへはこのイソとガンマとヤヌアがかっこいいです。
でもイソは結構好きなカメラですねぇー昔から欲しくて私もこの2、3年で手に入れたんですよ
イソはビルクス、ルクス、リポータ(レポータ)とこのスタンダードがありますね作られた年代は違いますが
  1. 2008/04/25(金) 22:56:05 |
  2. URL |
  3. ジオグラフィック #JalddpaA
  4. [ 編集]

ジオグラフィックさん
コメント有難うございます。お待ち申し上げておりました(笑)
そーですね、このカメラ、貴族趣味というか、何か、他のノンライツとは異なった高貴でしかも知的なオーラが漂っていて、とても、写真を撮るだけの道具とは思えません。

イタものはこのほかにもう一台、トリクサ5cmf3.5付のWegaIIa箱入持ってますけど、どちらも細部にこだわったデザインがイイですね~。

そもそも、このISOは今から2年ほど前のICS@松屋に行く途中、銀座の牛鍋古照相机店にあったWitnessが安かったので買うつもりだったのが、顔見知りの店員に「レンズがオリジナルでないから、良く来るお客さんには薦めていない・・・」の一言で翻意し、失意で会場に乗り込んで、もう一台のWitness持ってた新宿奥地古照相机店で、本命の軍艦ベコが気に食わず、代わりに見せて貰ったこれが一目で気に入ったという因縁があり、小生の中でも、Witnessに肩を並べる美形カメラなのです。
  1. 2008/04/25(金) 23:25:14 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

Witnessが引き合いに出されていますが、同程度に珍しいカメラなのでしょうか。
まさか国内で所有されているのが、ジオグラフィックさんとチャーリーさんだけだったら怖いです。
わたしは日本人には珍しくイタリア嫌いで、ISOが磯のように思えますし、ギアカバーのところは150にも見えるしで、さほど魅力感じません(と強がります)。

話が変わりますが、今日は、写真展でたいへんお世話になりました。
さすがにレンジファインダーの名手が、シネ用名玉で撮るとすばらしい作品が生まれるのだと感心しました。
それに繊細なクセノン、ウェットなスピード・パンクロ、どちらも最高でした。
改めて御礼申し上げます。
  1. 2008/04/28(月) 00:42:46 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

中将姫さん I.S.O. Reporterで1000台未満 Henso Reporterで500台未満、このスタンダードで700未満ですから ウイットネスは400台で、少し多い程度です。
ライカの生産台数から考えると凄く珍しく.この台数からしてなかなか拝めない台数です。
イタリア嫌いとはお珍しいですね。カメラは結構面白い物がおおいです。チープな物から凄く良い作りまで。ノンライツでは本体の数はかなり多いですが個体は非常に珍しい物が多いです。
  1. 2008/04/28(月) 22:45:50 |
  2. URL |
  3. ジオグラフィック #JalddpaA
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
コメント有難うございます。
このISO/Hensolt兄弟はジオさんと小生のほか、何人かはお持ちの方が居られますね、従って、お値段からしても、まぁ、レア入門編ってとこですか。
しかし、このISOといい、WegaIIaといい、ホント、人によって、好き嫌いが別れますね。
因みににホントのノンライツRFの激レア品ならば、MelconIIとか、Detrola400とか、紅旗20とか、もっと珍しいものはまだまだ有りますから・・・

そして、写真展へのご来臨、どうも有難うございました。皆、あの、中将姫光学の主が来られる!ということで、前日の写真工業社の市川編集長並みに楽しみにお待ち申し上げていたという次第です。
これを機に私どもともご厚誼のほどを。

ジオグラフィックさん
解説有難うございます。
うーん、台数のオーダー感としてはおんなじようなもんだったんですね、ISO/HENSOLT兄弟もたまに売りに出ているのを見かけますが、本当に欲しい、Witnessはマイスタージンガーの居た町のお店の広告以外では、とんと見かけなくなりましたね。
一方、同じく400台程度しかない筈のKE-7Aが銀座教会上の黄色い手榴弾で何台も転がっているのは何故なんでしょうね(笑)
  1. 2008/04/28(月) 23:21:35 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

KE-7Eは偽物が多いですよ。よく見てると何だこれもかよと思ってしまいます。ライカの偽物は相当あります。
買う時は気をつけてください。
でも私は、このカメラ(イソ)が入門とはおもえないんです。(笑)現在は結構見るようになったんですが、
どちらかというとカードン(500台)エクトラ(2000台)とかフォカユニバーサル(1万台)ガンマ(700台)(ガンマは特殊かなぁ)とかになると思う。私がライカをやり始めた時はイソやウィットネスなんか全く見なかったですよ。
私は、イソよりもウィットネスをよく見るんですよ。
こないだも綺麗なダロン付き箱入りの綺麗なウィットネスを拝みました。
  1. 2008/04/28(月) 23:54:15 |
  2. URL |
  3. ジオグラフィック #JalddpaA
  4. [ 編集]

ジオグラフィックさん
有難うございます。
な~るほどねぇ、まぁ、貴兄が挙げられた機種からすれば、ISOは希少且つ貴重なアイテムですねぇ。
KE-7Aは、やっぱ、かなりの数がニセモンだと思いましたが、そうなんですね。この前なんか、アフタープレィティドとかいうワケとかワカンナイKE-7Aの軍艦部みたいなものだけが10万円で売られてましたから、銀座の黄色い手榴弾では・・・
まぁ、段付ファストバッチM3買っちゃったんで、もうM型は当分打ち止めですから、欲しがることもないと思いますが。
それにしても、ダロン付のWitnessなんて、見ただけで目玉が破裂しちゃいそうでコワイものがありますねぇ。
  1. 2008/04/29(火) 00:21:49 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

えおふたりのハイレベルな会話に、しろうとが首を突っ込んでしまい恐縮です。
400台とか700台とか、完全なコレクターズアイテムですね。
この数だと、どんな販売方法がとられたのでしょう。
限定販売のような形態をとってもいいくらいですが、ヨーロッパの主要カメラ店には何台かずつディストリビュートされたという感じでしょうか。
そういうものが、めぐり巡って日本にやってきて、自分の手許にあればロマンを感じますね。

わたしのイタリアモノは、Ogmarという90mmF4のレンズです。
Oficine Galileo Milanoと地名が入っているのが気に入っていますが、Iriarはどこで作られたのでしょう。
Dallmeyer LondonとかKinoptik Parisとかメジャーな都市が多い中で、Kreuznach、Ulm、Jena、Wetzlar…、ドイツには知られざる町の名前が入っているものが多いですね。
こういうのが好きです。

お会いした皆さんは、心優しく熱いハートの持ち主と感じました。
また、いろいろとお話をお聞かせいただきたいです。
ありがとうございました。
  1. 2008/04/29(火) 04:02:37 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

中将姫さん 数の少ないカメラのほとんどが限定販売でなくて、売れなかったので(高額すぎて)数が無いんです。それがコレクターアイテム化しています。
コレクターアイテムカメラが日本が一番数が多いのではないかと思われます。今それを海外のバイヤーが買いにきているようです。
Ogmarは珍しいレンズですねぇ。私は持ってないのですが良いレンズと知人からは聞いております。
イタリアカメラはローマ、ミラノやジェノバなどメジャーな年で作られています。ISOはミラノですね。
charley944さん
続々と逸品が集まっていますね。また見せてください。
  1. 2008/04/29(火) 09:54:03 |
  2. URL |
  3. ジオグラフィック #JalddpaA
  4. [ 編集]

ジオグラフィックさん、返事がたいへん遅れてしまいましたが再びのご教示、ありがとうございます。
そういえば、むかし韓国のカメラ屋さんでライカを見ていたら、日本から仕入れていると教えてもらいました。
今は中国とかなんでしょうね。
Ogmarはわたしの唯一のイタリアです。
よいレンズと思いますが、エルマーとの違いすら分かっていませんので、今後比較などしたいと考えています。
南欧では、イタリア嫌いスペイン好きなもので、スペインのレンズを探していますが見つかりません。

ジオさん、チャーリーさんのコレクションの今後の登場をわたしも楽しみにしています。
  1. 2008/05/10(土) 21:28:04 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/32-575accee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる