深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

A lost psssion found by an old rival~Auto RokkorーPF 58mm f1.4 mod. EF~

Rokkor_PF58mm.jpg
さて、今宵のご紹介は、諸般の事情により予定を少々変更し、工房作品から、比較的大物の登場です。
モノはRokkor-PF58mmf1.4、中古では比較的良く見かけることから、値段もお手頃で、ガラスも外装もキレイで前後純正キャップ付きの個体でも1万円まではまずしません。

生まれは1960年代半ば、SR-1やSR-7の時代の主力レンズだったようで、ガラスを贅沢に使い、鏡胴もオール金属製の無垢削り出しに黒染めたずっしりしたパッケージング。そして何よりもセールスポイントだったのが、このカットではあまり目立ちませんが、自社熔解の光学ガラスに淡緑の反射光を持つ"Acromatic Coat"という擬似マルチコートを施した5群6枚のオリジナリティ溢れる光学系でした。

しかし、これだけの意欲作がこの平成の御世になぜ1万円以下の大バーゲン価格で叩き売られ、また誰も手に取らなかったのか・・・それは43.5mmという、現行のデジ一眼では最短フランジバックを持つ、EOSシリーズよりも更に0。5mm短いフランジバックのため、アダプタの用意されている一部のミラーレスでしか使えなかったからです。

そこで、工房では、その0.5mmの壁を破るべく、色々と試行錯誤を重ねた結果、遂にEFマウント化に成功し、フルサイズEOSはバックフォーカスの干渉のためムリですが、APS-C機では無限までキレイに出る個体が仕上がったのです。

では、早速、実写結果を見て参りましょう。ロケ地は先般の甲府「信玄公まつり」です。
カメラは昭和の御世に鎬を削ったライバル、キャノン製のこれまた往年の銘機EOS20Dの絞り優先AEでの開放撮影です。

Rokkor50mm_001_20130609222629.jpg
一枚目のカットですが、信玄公祭り初日にランチを戴いてから城郭公演内の露店通りで得物を探していたときに遭遇した留学生2人組です。

ちょいと前ピン加減ではありますが、それでも、近距離での大口径レンズ特有のまろやかな質感描写で、なかなか雰囲気の有るカットになったのではないかと思いました。

ただ、背景は口径食も混ざったかなり煩めの映り加減で、このくらいの距離で人物撮る時は、背景を計算しなければならないなぁ、と改めて実感しました。

Rokkor50mm_002_20130609222630.jpg
二枚目のカットは同じく信玄公祭りの土曜日に並行して行われていた「国文祭り」とかいう、要は都道府県持ち回りの国体ならぬ国主催の文化祭みたいな催し物で、いたいけな小姐が健気にも太鼓を渾身の力で叩いていたにも関わらず、観客はまばら・・・てな状況だったので、これ幸いとばかりに最前列に躍り出て、撮っては歓声を上げ、撮っては拍手をするという、カメラマンなのか、サクラなのか良く判らない立ち居地で撮ったものです。

しかし、この距離、この光線状態で、往年の銘レンズはかつてのライバルの子孫の力を借りて、底力を発揮したように思えました。

肌の肌目細やかさ、装束の布地の質感、更には背景の社中の動き・・・何処かの名門光学機器メーカーのレンズが「その場の空気まで写す」とかいうキャッチフレーズで高性能さを誇っていましたが、この画を見たら、国産のオールドレンズだって、互角の戦いをするぢゃぁないか、と思い嬉しくなりました。

Rokkor50mm_002a.jpg
三枚目のカットは翌日午後からの稚児行列ならぬ、「子供武者行列」のうちの薙刀少女のスーパーマン発見の図?です。
武者行列とは云いながら、ちゃんと腰元みたいな装束の「NST(薙刀少女隊)48」が威勢を誇って行進しているのはさすが観光サービスに長けた甲府観光協会のやることです、抜け目ありません、関心しました。

これだけ良く写るレンズだと、まがい物の薙刀の全然金属っぽくない刃が丸見えで、何故か笑わせてくれます。

しかし、背景を選べない街中での撮影につき、背景がかなり煩くなってしまったのは致し方ないことでしょう。

Rokkor50mm_003_20130609222634.jpg
四枚目のカットは、前の組からふん詰まり状態で路上でいたいけな童子達が束の間の行軍小休止、楽しそうに歓談に打ち興じていたところを、保護者の方もろとも声掛けて、勢揃いで一枚撮らせて貰ったもの。

このカットもまぁ、良く写っているっちゃ、写っているのですが、やはり背景の選択に自由が皆無の街中撮影では極めて都市的なバックに浮かぶ侍装束って構図も仕方ないのかも知れません。それがイヤなら、ノクチルックスの50mmf0.95をつけたM-Eでも新調するしかなさそうです(苦笑)

Rokkor50mm_004_20130609222627.jpg
五枚目のカットは「子供武者行列」が終わってから、前日に気に入ったカットの撮れた、駅北口の特設ステージに向かったところ、創作よさこいダンス系の催しをステージ上でやってたので、武者行列に合わせて歩いていて疲れたこともあり、これまた閑散としている客席の最前列に陣取って、サクラ系カメラマンやりながら撮ったものです。

こういうお揃い衣装のステージ写真というには、止まっていても動いていても、なかなか見どころのあるカットは撮りずらいものですが、このミニ霊幻道士みたいな黒装束の極小姐がステージに殴り込み掛けてくれたおかげでそれなりに見られる画になったのではないでしょうか。

Rokkor50mm_005_20130609222657.jpg
六枚目のカットは同じくステージ最前列で熱心によさこいを注視していた幼い姉妹の横顔、を後ろの席のオモニに断った上で一枚戴いたものです。

ピンは画面奥の極小姐のおでこの生え際に合わせていますが、いやはや、これもまたライバル、キャノンのFL58mmf1.2に負けず劣らずの凄まじい近距離描写です。シャープでありながら全然カリカリしておらず、必要な情報を余さず伝える、如何にも実直な日本人の企画・設計したレンズだと思いました。

Rokkor50mm_006_20130609222655.jpg
七枚目のカットはまさに作例と云うべきもので、駅北口の木製オブヂェ、確か「緑の竜神」とか云うテーマのオブヂェを背景に手前の樹木の葉に合わせてシャッター切ったものです。

このカットでは、背景の木のオブヂェはイヤなグルグルも四隅の流れもなく、キレイにボケており、また、デジタルだとかなり彩度が上がりがちな葉の緑も、赤みがかった材木の樹皮の色もまさに目で見たままです。

観光地などで多少距離あるシーンなどでは威力を発揮すると思います。

この焦点距離、奇しくもライバル、キャノンのFL58mmf1.2と同じです。従って、今後、50mmクラスの大口径を持ち出すシチュエーションでは、まさに熾烈なセンター争いとなりそうです。

しかし、皮肉なのは、隠れた銘玉FL58mmf1.2が自社カメラではなく富士フィルムのデジタルカメラの力を借り、その力を発揮し、もう一方のミノルタも自社製、或いはその流れを汲むソニー製のボディではなく、キャノン製のデジタルで以て往年の威力を発揮しているということです。

さて、来週は、来週こそは秘宝館いきます、そのためにICSで必殺兵器を買い込んだのです。乞うご期待!!

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/09(日) 23:36:55|
  2. EOSマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<A messenger from golden age ~Fujinon55mmf1.8~ | ホーム | Noctilux eater born in ancient Japan~Canon FL58mmf1.2mod.M uncoupled~>>

コメント

退色したフイルムのような微妙な色合いで驚いています。撮影日のお天気具合でしょうか・・・。
ワタシもせっかく何本か所有しているロッコールなのに、現在はボデーがないという情けない状態で、自分では確認しようもありません。

・・・とおもって部屋を見渡したら、さいきん誰かさんの影響で、お手頃価格の一眼レフ用マニュアルレンズが急激に増えていました。
  1. 2013/06/12(水) 01:55:44 |
  2. URL |
  3. treizieme ordre #-
  4. [ 編集]

treizieme ordre さん
有難うございます。
まさに山あいの盆地の空模様の為せる技です。
このカットを撮ったのは、確か降雨の1時間前以内で、宵の口から台風並の大雨になりました。

ロッコールを何本かお持ちでしたら、某中野のぺこちゃんカメラでデスカバリーホト製の格安SR⇒NEXや、SR⇒Xが出ていますから、もはやご臨終間際のNEX5は処分され、X-Pro1で以て堪能されるのはいかがでしょうか。

なお、部屋中にお手頃レンズが氾濫したのは、東北の美少女カメラマン兼猟奇写真家改め、修学旅行随伴写真館ヲヤヂになってしまった?某氏の影響かも知れませんぞ(笑)
  1. 2013/06/13(木) 23:25:12 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

これ7Dにつけて撮影したらどうなるのだろう?

最近国産MFレンズの作例が増えて、手ごろな値段のレンズを探す身としては興味をそそられるのでいけません。
手持ちの7Dにつけて撮影したら、20Dとはまた違った写りになるのか気になるところです。
こういうのを見てしまうと、中古系のサイトを見ていても自然とAFレンズではなく、国産MFレンズに目が行ってしまいますね。
今度OM系のレンズをNEX-7につけて試してみようかなあ。
  1. 2013/06/26(水) 21:44:31 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #aYDccP8M
  4. [ 編集]

Re:これ7Dにつけて撮影したらどうなるのだろう?

おつかれさまです。
7Dは持っていませんが、7Dより新しく撮像素子も処理エンジンも強力な50Dでも撮ってみましたが、マッチングという点では20Dの方が好ましく見えました。
要は20Dの方が、R-D1sとかM8に近いテイストの画造りが出来るのです。

同じようなミニマムAPS-Cの撮像素子で、50Dは20Dに比べ、ひとつのシリコンフォトダイオードの受光面積が半分しかないですし、裏面照射CMOSでも使わない限り、セルのグリッドによる干渉は等比級数的に大きくなるでしょうから、レンズの透過周波数特性とのマッチングの問題もあるのではないかと思います。
  1. 2013/06/27(木) 23:50:40 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/326-c7da89ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる