深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

~凡庸を纏った鬼才~CANON50mmf1.8Tuned by K factory

canon50mmVIL.jpg
さてさて、今宵は友誼サイトにて、当レンズの作例を一歩先に公開して頂いたので、後追いながら、こちらでも、旅先での作例付きでご紹介・・・決してネタが尽きて、フツーのレンズを引っ張り出してきた、或いは、急遽、安物のジャンクを買ってきて、記事にでっち上げたというワケではありません(笑)

このレンズのバリエーション、即ち、Sマウントについては、Ser.IIとSer.IIIのパーツミックスで拵えたSマウント2号機と銀鏡胴の複数パーツミックスで拵えた1号機をご紹介しましたが、今回のものは、見た目が余りにもノーマル然としていて、な~んだ、つまんねぇなぁ・・・と飛ばしてしまいそうです。

しかしながら、このレンズは見た目はそこらで安値で叩き売られているCANON50mmF1.8SerIIのm表示直進ヘリコイドモデルですが、中身は全くといってイイ別物で、まず、ヘリコのメカ、フォーカスリングは手持ちの中で最もしっかりして外観のキレイなものを選び抜き、更に前玉、2群、そして後玉も磨き傷やカビ跡等の欠陥が全くないものを選って、中玉のみ、言っちゃなんですが、磨き跡もぎじぎじで、バルもきちゃってるの充てて組み直して、川崎市堤根に有る、当工房の友好工場のひとつに、中玉の交換と全体の調整をお願いして出来上がった、これもハイブリッドレンズなのです。

その工場はさすがキャノンの最古参の指定業者だけあって、このレンズの再生&チューニングは素晴らしい結果となりました。

帰ってきたレンズを見て、まず中のキレイさにびっくり、そして、ヘリコ回転の程好い重さ、スム-ズさも目を見張るよう・・・工房で今後キャノンレンズを改造をする際のお手本とさせてもらうこととしました。

で、肝心の写りですが、なかなかテスト撮影をする機会が訪れなかったのですが、今回、沖縄にGWを利用して撮影旅行に行くことになったので、コイツも戦力の中核としてカバンに忍ばせました。
今思うと、このキャノン50mmf1.8とミノルタロッコール40mmf2が数本のレンズの中でもかなりイイ仕事していたのではないかと思います。

開放から合焦部は恐ろしくシャープに、そしてボケはなだらかに・・・と言いたいところですが、友諠サイトでの記事を見て、丹念に探してみたら、何と5m程度の被写体に合焦すると、無限の手前のものが同心円状の渦巻き現象が見られました。

しかしながら、このぐるぐる渦巻きとて、このシャープでカラーバランスや立体的描写に優れた優秀なレンズの評価を貶めるものではなく、寧ろ、味わいの一つとして楽しむこととしました。

ELニッコール改50mmf2.8が見せたような、シャープさが故のバックの2線ボケよりは、このレンズが時折見せるぐるぐるボケの方が愛嬌が有って愉しいと思いますが皆さんはいかがでしょう。

okinawa02.jpg
okinawa03.jpg
上の写真は、沖縄本島中部に有る琉球村にて、木陰で寸暇を楽しむ従業員のおばぁ達をスナップしたもので、背景が若干、同心円状にぐるぐるいっちゃっています。
下の写真は、同じく琉球村で屋根の上のシーサーをハイビスカスの垣根越しに激写?してみたものです。このように前ボケは結構素直で絵になると思います。
勿論、どちらの作例もf1.8の開放でフィルムはセンチュリア100EX24、カメラはBESSAR3A、シャッターはオートとしています。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2008/05/26(月) 22:44:26|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<EOSマウント Rodenstock Apo-Rodagon75mmF4 | ホーム | 写真工業掲載記念~Nikon Sマウント版キャノン50mmf1.8 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/36-82058206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる