深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

春の日本三大祭り?~古河桃祭り'14~

さて、今宵のご紹介は、香港・マカオから帰国したまさにその次の週末、有り余る体力にモノ言わせ乗り込んだ、恒例の古河桃祭り2014です。

古河は都心から1時間半弱で来られる割には、なかなか鄙びた牧歌的な街で、人々も大らかで、親切という印象を持っています。

そんな都会的田舎、古河の一大イベント、毎年、春の極短いシーズンのみ、古河公方館跡の公園で繰り広げられる桃祭り、今年はどんな出会いが有るのでしょうか?工房主の行動に沿って見て参りましょう。

カメラとレンズは11枚目を除き全てEOS50D+Leitz Vario-Elmar21-35mmf3.5-4ASPH、11枚目のみR-D1s+Fastax Raptar50mmf2、全コマ開放による絞り優先AE撮影です。

kogaL_001.jpg
まず一枚目のカットですが、駅からのシャトルバスを降り、会場に足を踏み入れると、目の前のステージの更に先の屋台広場で、いたいけな踊り子極小姐達が、いかせんみたいなものをオモニに買って貰うところを目ざとく見つけたので、ダッシュで近寄り、親御さんにお願いして一枚撮らせて貰ったもの。

KogaL_002.jpg
二枚目のカットですが、古河桃祭り名物の熱気球体験搭乗コーナー付近、それを羨ましげに眺める爺ちゃんと、いたいけなお孫さんの図です。

KogaL_003.jpg
三枚目のカットですが、これも毎年恒例という、人力車とミス桃娘の取り合わせ、たまたま会場に入ってすぐ、力車屯所に赴いたら、これから出ますので、追っかけるか、先回りして撮ればどーでしょう?と云う観光協会スタッフのノー天気なアドバイスを真に受け、かなりのハイペースで走る人力車を横を並走し、声掛けながら撮った一枚。

KogaL_004.jpg
四枚目のカットですが、この公方館跡の総合公園には、かなりの童子達向けの遊び場が設けてあり、そのひとつである、人力井戸の前で、水汲む小々姐達に声掛けたら、横のオモニ達から、ほら撮ってくれるってんだから、笑顔で水汲みなさいよ!とかハッパかけられて、気合い入る小々姐達のお姿を一枚撮ったもの

kogaL_005.jpg
五枚目のカットですが、人力井戸近くの人工小川で、お孫さんを冷たいせせらぎの中で歩かせながら手を引く、悠々自適風の爺サマの姿が目に留まったので、お孫さんと一緒のところを一枚撮らせてね♪とお願いして撮ったもの。

KogaL_006.jpg
六枚目のカットですが、藤の樹なんかも有る遊具エリアを色々眺めたり撮ったりしながら歩いていたら、藤の枝に捉って奇声を上げて手を振り、おらさ撮ってけろ!と全身のゼスチャでモデル志願してきた健気な童子を一枚撮ってみたもの。

kogaL_007.jpg
七枚目のカットですが、この公園内で一番の高所、富士を模したと思われる比較的大きな築山の斜面を元気良く雄叫び上げながら駆け下りてくる、いたいけな童子達の溌溂とした姿を捉えてみたもの。

KogaL_008.jpg
八枚目のカットですが、会場本部テントのすぐ横手で、大道芸のお兄さんがパフォーマンスなんかやってて、工房主がその口上に釣られてやって来た時にはすでに横に囚われ、ワケも判らないまま即席アシスタントにされていた哀れな極小姐と、したり顔の大道芸人の姿を撮ってみたもの。

KogaL_009.jpg
九枚目のカットですが、せっかくの梅祭りなのに、主役の写真が無いのもまた本末転倒主従逆転の極みと思い、公園の人工的農村風景をバックに可憐な桃の花を撮ってみたもの。

KogaL_010.jpg
十枚目のカットですが、そろそろ陽も傾いて来たので帰り支度しませうか、ということで、会場内広場の特設ステージ付近までやって来たら、どうやら、ベンチヲーマーにされてしまったと思しき極小姐2名が並んで、自分達の社中を羨ましげに観てる姿が愛くるしかったので後ろから一枚戴いたもの。

KogaL_011.jpg
十一枚目のカットですが、会場内で仲良さそうに肩車なんかして、楽しくお話しなんかしながらにこやかに歩いてくる若いお父さんとその極小姐のお姿が目に留まったので、卒爾ながら!と声掛けて、即席モデルさんになって貰ったもの。

KogaL_012.jpg
十二枚目のカットですが、何故か、また昨年のミス桃娘の方に会場でばったりと遭遇、去年も人力車を追っ掛けたけど、今年も全力疾走で追い縋りましたわ、とか話したら思い出してくれ、ハイ、ポーズ!ってことでまたしてもモデルさんになって貰った一枚。

今回の感想としては、やっぱり、古河の桃祭りは規模はそれほど大きくないし、イベントもそんなに目白押しってことでもないですが、みんな気持ち良く撮影に応じてくれて、スナップ愛好者冥利に尽きるイベントです・・・しかも会場入り前には安くて旨い鰻重定食も戴いたし・・・また来年もお邪魔しま~す♪

でも、なんかヘンだぞ、春の日本三大祭りって、古河入ってたかなぁ・・・ヤマザキ春のパン祭り、花王ヘアケア祭り、う~ん、なんか違和感が(爆)

とつまらん冗談はさておき、次回も出張イベント、これも恒例、甲府信玄公祭り2014からハイライト編をお送り致します。乞うご期待。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2014/04/13(日) 21:00:00|
  2. イベント写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<風凛花残~甲府信玄公祭り'14~ | ホーム | Return into Labyrinth~Macau tour2014 side B~>>

コメント

ありゃ、今回はデジ一がメインで。

これまた珍しい。
シャッター速度の関係でセレクトされました?

このイベント、Charley944さんが仰る通りノーマークっぽいですね。
しかも川越よりうまい鰻屋を見つけたとか。
次回はぜひ日程を合わせて行かねばと思いました。

11枚目のR-D1sの写真を見ると、まだR-D1シリーズも、レンズセレクトと光量さえ間違えなければまだ現役張れるなと思ったり。

今マップカメラでチェックしたら、中古のEOS6Dのボディと同じ値段なんですね。R-D1xGで。
恐るべし、オンリーワンの巻き上げ式電子レンジファインダー。

それにしてもデジ一使っても、いつものカットが出てくるって凄いなと思いますよ間合いの取り方抜群ですわね。
  1. 2014/04/18(金) 23:13:48 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #aYDccP8M
  4. [ 編集]

Re:ありゃ、今回はデジ一がメインで。

出戻りフォトグラファーさん
有難うございます。
いえいえ、50Dメインってこともなく、ただ、翌週の甲州ツアーで使う予定だったValio-Elmar21-35mmf3.5-4ASPHのシェイクダウンテストを徹底的にやりたかったのです。

前に浅草でVarioElmarの方もX-Pro1にKeponのアダプタ経由、繋げて撮ってみたことがあるのですが、やはり速写性という観点からはいまだOVFの独壇場ですから、一撃必殺、ダッシュで人力車に追い縋って、いたいけなミス桃娘を撮るには50Dとの組み合わせ以外には思いつかなかったということです。

来年はぜひ、キャラバン組んで行きましょう。旨い鰻もありますし、川越や佐原ほどではないにせよ、街中には古い風情有る家屋敷や蔵が点在していますから、桃祭りと組み合わせれば、一日楽しく遊べる筈です。
  1. 2014/04/19(土) 22:19:48 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/373-06f95036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる