深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Carl Zeiss QBM Distagon 35mmF1.4 HFT

Distagon35.jpg
さてと、今宵のご紹介は、一眼レフ系繋がりということで、当工房附設秘宝館の方から、Rollei SL35用のQBMマウントレンズ、Distagon35mmF1.4という超弩級レンズとなります。

このレンズは、Carl Zeiss社がRolleiSL35システム用に供給したものには違いありませんが、不思議なことに、"Carl Zelss"銘と”HFT”銘のいわゆるWネームになっています。

何故不思議かといえば、通常、CarlZeiss社製、もしくはそのライセンス品であれば、”T”、或いは”T*”の銘が朱色もしくはオレンジで刻印されるのですが、このレンズには、Rollei社が"独自に"開発したという高透過率のマルチコート”HFT”の刻印が誇らしげに刻んであります。 う~ん謎だ・・・

まぁ、そういった曰く因縁の話はさておき、このレンズの面白いところは、f1.4という明るさを誇るレトロフォキュタイプのレンズなので、とにかくデカイ。
同じような開放値であるキャノンのL35mmf1.5とか、ズミルクス35mmf1.4などレンジファインダ用レンズ達と較べれば、乗用車とマイクロバス程度の差はありますし、更には驚異的な開放値を誇るコシナレンダのノクトン35mmf1.2と較べてもまだ二回り以上は大きく、比較が適切ではないかも知れませんが、一眼用で言えば28-70mmf2.8クラスのズームよりもまだ若干大振りなくらいです。

そして、このレンズの最大の特徴、そして最もお間抜けなところは、絞り羽根の形です。
何と、3枚羽根の三角形絞りです。どうせ開放でしか使うつもりはないんで、絞りの羽根が光彩として写りこむカタチとか、バックのボケのカタチなど悩まなくともイイんですが、マジメに使う人にとっては、???の作り、なんでこんなリッパなレンズなのに、ヘンなトコで手を抜いちゃったの???と頭を抱えること必至だと思います。まぁ、究極の撮像レンズのひとつであるArriflex35用のキネクセノン50mmでも
4枚羽根なんてものがありますから、あまり気にしなくてもイイのかも知れません、気にするくらいなら、開放で撮れってことですか・・・はぃはぃ、そうしますってば(笑)

しかし、このコーティングが"HFT"だろうと、実際は"T*"であろうとその物凄いところは、このレンズをマクロ撮影した画像で、もうお気づきの方もおられるでしょうが、前玉が全然反射していないところです。決して、一枚少ない欠陥レンズを買ってしまったのではなく、角度にもよりますが、撮影用の強い蛍光管に対しても殆ど無反射に近い状態を示したのです。

前にもご紹介したQBM用のプラナー35mmも後玉は国産の最新鋭レンズのマルチコーティングと較べても全く遜色なく、角度によっては全く光が反射しなくて、あたかもガラスがないように見えることがあり、まさに今回も同様の現象が期せずして再現されてしまったワケです。

で、肝心の写りの方なんですが、実はこのレンズ、SL35というよりは寧ろこの頃嵌っているEOS1Dのアダプタ遊びにでも使おうと思って買ったものですが、マウントアダプタがまだ入手できていないんで、味見できてません。
しかし、コーティングの状態からして、前にテストした35mmf2.8のディスタゴンよりも良さげなんで期待出来そうです。
乞うご期待。

テーマ:ROLLEI - ジャンル:写真

  1. 2008/06/09(月) 00:19:04|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<深川ウルトロン50mmf2 | ホーム | EOSマウント Rodenstock Apo-Rodagon75mmF4>>

コメント

SL35用のQBMマウントレンズに
Distagon35mmF1.4があるなんて知りませんでした。Y/Cマウントのものと姿かたちがよく似ているような・・・。
  1. 2008/06/10(火) 17:40:51 |
  2. URL |
  3. ファジ~ #UXr/yv2Y
  4. [ 編集]

ファジィ~さん
こんばんは。コメント有難うございます。
当方は反対にヤシコンに同じスペックのレンズがあるのを知りませんでした(笑)

確かにこのレンズはドイツ製ですし、前玉のコーティングが家にあるT*レンズ、例えばDistagon18mmf4AEGなどとそっくりの、微かな濃緑色の極低反射のもので、HFT固有のどぎつい赤紫~オレンジ系とは全く違っていたので、"HFT"とは言いながら、実際はヤシコン向けに作っていたものと同じもののマウントと銘板を換えただけのものかも知れませんね。

でも、仮に中身が全く同じだとしたら、ヤシコンのマーケティングが日欧米の高級品クラスだったのであれば、このレンズみたいな3枚羽根の絞ると三角形になるような絞りを使ってたのでしょうかねぇ・・・
  1. 2008/06/10(火) 21:42:38 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

こんばんは。
これで前玉がついているのてすか。信じられません。
対称型レンズにフードが付いているように見えます。
全群同じコーティングにしたら、シースルーでミラー越しにファインダーの向こうが見えるなんてことにはならないでしょうか。

写りも気になりますね。
レトロフォキュは発色がイマイチなレンズが多いというイメージです(違っていたらスミマセン)。
ツァイスにあっては華麗でハイコントラストな描写になるのでしょうか。
あと、正三角形のゴーストも見てみたい…。
  1. 2008/06/10(火) 23:42:16 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

おお,オーソドックスなレンズを(爆)

QBMの高級レンズラインは,ドイツでカールツァイスが作っています.その際,HFTはオレンジに近い色です.ローライシンガポール製はディープレッドのRollei-HFTです.実はHFTはT*をローライが量産するためにツァイスと共同研究したもので、T*を目指したが,ある波長ではスペックダウンしたものと言われています.そしてツァイス本社製レンズは結局の所コーティングを含めてヤシコンとほぼ同じもの,とも言われています.しかし鏡胴の材質や仕上げなどには相違が見られます.
我々はおにぎり絞りと呼んでいますが(笑)プラナー1,4/85とこのディスタゴン1,4/35だけに見られ,最後のラバーリングデザインのバージョンまで改善されませんでした.
ヤシコンは最初から三角絞りではなく,多数枚で出発し,途中からさらに円形を目指しています.

おにぎりは別にして,私もこのレンズは結構好きです.使いこなしは難しいですけれど.
  1. 2008/06/11(水) 03:56:23 |
  2. URL |
  3. れんずまにあ #RGJnsXQk
  4. [ 編集]

れんずまにあさん
おはようございます。
詳細なるご解説有難うございます。
しかし、この相当妙ちくりんなレンズが"オーソドックス"とは、貴兄も相当いっちゃってますね(笑)
なるほど、やはり、HFTとは謳いながら、実際は、18mmディスタゴンのT*とまんま同じコーティングだったわけですね。
ところで、この絞りのカタチをして「オニギリ」とはワロタですね・・・。
そうなると、キネクセノンの50mmf2の菱形に絞られる4枚羽根はさしずめ「ニャンコの目」ってとこですか。
いずれにせよ、はよアダプタ買って、1Dで試してみま~す。
  1. 2008/06/11(水) 09:57:11 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
コメント有難うございます。
確かに言われてみれば、丁度R用バリオエルマーの28-70mmかなんかの奥目をフード越しに撮ったと言われても信じてしまいそうです。しかし、このレンズ、画像撮ったあとしげしげ見ても、ホントに無反射に近いくらいなんです。角度を変えてためつすがめつしてみても、光源がうっすらと濃緑のシルエットで映るくらい。
さすがに中玉は若干手抜きしているらしく、ご覧の通り、謎の反射像が映っていますが、最後部の玉のミラー側は前玉同様に無反射コーティングです。

写りに関しては、まだ一枚も撮っていないので、同じRolleiのディスタゴン35mmf2.8とヤシコン向け西独製ディスタゴン18mmF4という2本のレトロフォキュから推定せざるをえませんが、少なくとも、後者のレンズは、大久保の名人が1Dによる作例アルバムを開いた途端、唸り声を上げるような艶やかな写りだったですし、前者も仲間内では「ゲップが出そうな濃めの写り」と言われることから、同じツァイスの広角形であるビオゴンにも負けないハイコントラスト、高色飽和度のレンズと思われます。

ははは、三角形のゴーストですか・・・ムリですねぇ、だって開放でしか撮らない主義なんで、多角形でも真円でも、三角でも関係ないですから(笑)
  1. 2008/06/11(水) 10:22:01 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/38-9288d766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる