深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Ticket to paradise?~Iris Flower Festival in Itako ’14

さて、今週のご紹介は、夏祭りシーズン第一発目として、潮来あやめ祭り2014に「シネ用レンズを楽しむ」のブログオーナー、hiroさん、「Sundayphotographer」のブログオーナー、出戻りフォトグラファーさんと6月14日、15日と嬉し恥ずかしのお泊りツアーで出かけてきた結果をアップ致します。

機材は、1~3枚目、5枚目がX-Pro1+Classic Heliar75mmf1.8、4枚目がEOS50D+Big Mamiya45mmf2.8、6、8枚目がEOS50D+Planar85mmf1.4YC改EF、7枚目がX-Pro1+CanonL35mmf1.4、9、11~13枚目がX-Pro1+SummicromM50mmf2、10、14枚目がEOS50D+Big Mamiya45mmf2.8で全コマ開放での絞り優先AE撮影です。

Itako_001.jpg
まず一枚めのカットですが、金曜日に中野で仕入れたばかりのClassic Helia75mmf1.8のキレ味を試すべく、あやめ祭り会場とその対岸を結ぶ太鼓橋の頂上から、ザッパ船の舟着場の全景を撮ってみたもの。

Itako_002.jpg
二枚目のカットですが、13時過ぎに着いて、14時からの嫁入り船を狙っていたので、乗船までのあやめ園内の行進を狙い、中央通路の向こう正面に陣取っていたので、列の後ろから二番目を歩く主役が見えず、ちょうど、行列一行が曲がりかけたときに花嫁さんのご尊顔が見えたため、渾身の一発を撮ってみたもの。

Itako_003.jpg
三枚目のカットですが、花嫁さんの嫁入り船イベントも無事終わり、ぢゃ、なんか腹に入れるべぇ・・・というhiroさんからの発議に従い、近隣のファミレスで腹ごしらえをしてから、日暮れ前の一時間ばかし、会場風景を拾うべく園内を徘徊していたら、いたいけな童子が、何のおイタの罰なのか、足踏み揚水機動力の刑に処せられていたので、あまりの気の毒さに一枚撮ってみたもの。

Itako_004.jpg
四枚目のカットですが、お待ちかねの「ミスあやめ2014」の今回シフト7名+3名のうちの3名選抜組?です。さすが強者、皆さん相当撮られ馴れているとお見受け致しました。

Itako_005.jpg
五枚目のカットですが、あやめ祭りに来て、主役を撮らないのでは、ただの女好きの中年ヲヤヂのヨタ日記になってしまうので、このClassic Heliar75mmf1.8の新品時の高性能ぶりを検証すべく、ほぼ最短距離での可憐なあやめの花の単独撮影です。

Itako_006.jpg
六枚目のカットですが、一旦宿に戻り、大きな風呂でみんなで汗を流した後、日暮れのあやめ祭り会場の再び足を運び、宵の嫁入り船風景を撮ろうと、その前座的イベント、LED精霊流し?の中、リアル娘船頭さんが巧みに櫂を操る船の姿を大口径レンズの威力で捉えたもの。

Itako_007.jpg
七枚目のカットですが、EOSがCarlZeissと組むなら、ということで、X-Pro1に組ませた往年のスーパーレンズ、CanonL35mmf1.5であやめ祭り会場である前川あやめ園の宵の全景を捉えてみたもの。

Itako_008.jpg
八枚目のカットは、当日のメインイベント、宵の嫁入り船の運航風景です。なかなか暗い水路で大口径とは云え、苦労しましたが、ところどころに照らされるLEDトーチの気まぐれな灯りを頼りに85mmf1.4の威力を発揮したもの。

Itako_009.jpg
九枚目のカットですが、翌15日、予定より15分ばかり早く宿を出て、会場に向かったら、茨城空港PRのいたいけな小姐2名がテントの中で所在なさげに無聊を託っていたようなので、声を掛けて、表に出てもらい、お二方の可憐なお姿を撮影させて戴いたもの。

Itako_010.jpg
十枚目のカットですが、やはり会場の楽しげな雰囲気も撮ってアップしないとPRにならないため、あやめのお花畑越しに「潮来の伊太郎」像をめがけて一枚撮ってみたもの。しかし、最近の30絡みのローカル中小姐が「建物前の笠かぶった時代劇っぽい銅像前で集合ね♪」と云っていたのにはひっくり返りそうになりました(苦笑)

Itako_011.jpg
十一枚目のカットですが、昨日、帰りがけに笑顔で見送ってくれた特定小姐に挨拶しようと乗船場の建物を訪れた帰り、石碑の前で浴衣の兄妹を撮影していた親御さんが居たので、声を掛けて極小姐さんのお姿を色々注文付けて、あやめ畑の前にて撮らせて戴いたもの。撮った写真をご覧戴いた上で、メールで送って上げませうか?と申し出ましたが、メールやってないんで・・・とオモニからお断りを食ってしましました、トホホ。

Itako_012.jpg
十二枚目のカットですが、そろそろ集合時間が近いため、あやめ園らしいワンカットを、と思い、水路との柵越しに半身乗り出し、太鼓橋の手前で方向転換するザッパ船の操船風景を一枚戴いたもの。

Itako_013.jpg
十三枚目のカットですが、前日のClassic Helia75mmf1.8の性能と比較すべく、カミソリの異名を持つ?SummicronM50mmf2でのあやめ単独撮影を試してみたもの。

Itako_014.jpg
十四枚目のカットですが、よくよく考えてみれば、Big Mamiyaも花の近距離撮影試してなかったので、太鼓橋の陰が射すか射さないかという微妙な位置から、比較的萎れていない数輪を狙い、観光協会屯所を背景に一枚撮ってみたもの。

今回の感想としては、毎年訪問していますが、今年は飛躍的に訪問客が増えた印象を受け、知名度が上がったことに嬉しく思う反面、せっかくの穴場が穴場でなくなってしまうような複雑なキブンです。
しかし、人が増えても、このフレンドリーな運営が変らない限り、自分としては年間ローテに組み入れ、仲間を誘って、これからも毎年訪れたいと思いました。

さて、来週のアップは今回活躍したBig Mamiya45mmf2.8か、先般、週末の降雨でテスト撮影の出鼻をくじかれてしまった工房久々のライカMレンズSummicronM50mmf2のレポート行きます、乞うご期待!!
  1. 2014/06/15(日) 23:09:51|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Das Grosser des objektive der Mamiya~Mamiya Sekor C 45mmf2.8 mod.EF | ホーム | Rätsel der Geschichte japanischer Optik~Ofunar5cmf3.5mod.L39~>>

コメント

お疲れでしたー!

charley944さん
おつかれです。

潮来撮影行は色々と勉強になりました。

こうやって見返してみると、ヘリアー75㎜が良い感じに見えてきますね。
コストパフォーマンスを考えるとコシナのレンズも侮れないなあ。

マミヤレンズの四枚目は、カメラのバックモニターで見た時にはそうでもなかったですが、PCモニターで見ると色々映し出してますね。
マミヤレンズも恐るべし、というところでしょうか。

さてさて、Summicronもいい味出してて甲乙つけがたいところですが、Planarで撮影した6枚目が今回のベストショットかなと思います。

ともあれお疲れでした。
またお誘いくださいませ。
  1. 2014/06/15(日) 23:58:35 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #aYDccP8M
  4. [ 編集]

Re:お疲れでしたー!

出戻りフォトグラファー さん

二日間の行程、おつかれさまでした。

みんな、たった二日、時間的には合計で1.5日弱の撮影スケジュールだったのに、京の五条の橋の上に現れ出でた武蔵坊弁慶もかくやあらん、とばかりの道具立てでしたね、小生も両ボディ向けレンズ合計で7本もカバンに入ってたもんなぁ・・・4泊5日の海外だってこんなに持って行かないですよ(苦笑)

しかし、コシナのクラシックヘリア75mmf1.8は予想外の良い買い物だったと自分でも思っています。

来月の佐原でも、スターティングメンバー入り確実です。

宜しかったら、また来月の佐原もお泊りで行きませう。
  1. 2014/06/16(月) 00:09:23 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/381-14f1d49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる