深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Return into Folmosa 2014 summer①

さて、今宵のご紹介は予告通り、7/18(金)から久々に飛んだ台湾は、北部、新北市に属する「金瓜石」地区での街撮りレポートをお送り致します。
カメラはX-Pro1、レンズは三代目Leitz Elmarit28mmf2.8、全コマ開放での絞り優先AE撮影です。
では、早速、当日の行程に沿って写真を追っていきましょう。

Jingusi_001.jpg
まず一枚目のカットですが、お馴染み金瓜石集落の全景です。
ちょうど、山肌に家々が張り付くような配置となっていて、ところどころに住む人もなく荒れ果てた廃屋の煉瓦造りの遺構が見えます。

Jingusi_002.jpg
二枚目のカットですが、尾根に位置する黄金博物館とは反対方向の旧集落方面に下りていくと、まず目に付くのがかつて金鉱で働いていた人々の暮らした住居遺跡ですが、その煉瓦の遺構を28mmの画一杯で撮ってみたもの。

Jingusi_003.jpg
三枚目のカットですが、煉瓦造りの遺構の横を通って、集落の下の公共駐車場へ降りていく細い道の脇に在る、これまた漆喰仕上げの大屋根住宅の遺構を画面目一杯で撮ってみたもの。

Jingusi_004.jpg
四枚目のカットですが、駐車場からまた集落の上のほうに別の道を辿って登っていくのがいつものルートですが、その途中、二股分岐路の真ん中に生えたガヂュマルの樹に寄生したサトイモ?みたいな新芽が初々しかったので、集落の家をバックに一枚撮ってみたもの。

Jingusi_005.jpg
五枚目のカットですが、集落に登る途中で見つけた廃屋の様子を撮ってみたもの。尤も、造り自体は戦前より前と思われますが、電気メーターやエアコン室外機のどんがらが壁面に放置されていたので、電化されてから暫くは住民が暮らしていたようです。

Jingusi_006.jpg
六枚目のカットですが、山あいの道を汗を拭き拭き登っていくと中腹くらいのところで視界が開ける箇所が幾つかあるのですが、そのひとつには、野生化したバラの花が咲いていたので、その生命力に経緯を表し、集落の家屋をバックに一枚撮ってみたもの。

Jingusi_007.jpg
七枚目のカットですが、集落の上の段まで階段を登りきり、そこを水平に歩きながら、被写体を捜していたら、この地方では一般的なのか、地味めなモルタルの壁面から浮き立つようなエメラルドグリーンに塗り分けられた木製の扉が半ば朽ちながらも、まだその鮮やかな色を残していたので、その対比の面白さに一枚撮ってみたもの。

Jingusi_008.jpg
八枚目のカットですが、集落では水道確保に苦心していたのか、所々にこのような汎用ステンレス製の貯水タンクがあり、その架台である煉瓦が上から滴る水滴で常に湿っているさまが妙に生活感に満ちていたので、青空を背景に無機質なステンレスのタンクと苔むしながら艶やかに湿った煉瓦の架台の様子を一枚撮ってみたもの。

Jingusi_009.jpg
九枚目のカットですが、同じく集落上段を水平に移動する道を徘徊しながら、すれ違う住人である老人達に挨拶しながら、ふと来た方向を振り返ってみれば、古めかしい集落の家屋とせり出した岩、そしてそこから生えるサトイモ?の新芽が妙に面白いコントラストだったので一枚撮ってみたもの。

Jingusi_010.jpg
十枚目のカットですが、水平に移動する道とは言え、多少のアップダウンは付きもので、舗装された緩い坂道の手摺代わりに谷側に設けられた古めかしい煉瓦造りの低い壁とその向こうの南国に不向きな黒いアスファルト/タール塗りの屋根の佇まいを一枚撮ってみたもの。

Jingusi_011.jpg
十一枚目のカットですが、緩い坂道を登り暫く水平な細い道を辿って集落を徘徊していると、二股の道に当たり、更に上に登る道と、少し下降する道の二つが目の前に現れたのですが、その上方向を眺めたアングルが画的には面白かったので一枚撮ってみたもの。

Jingusi_012.jpg
十二枚目のカットですが、先の分岐路をふだんは上昇志向のない小生が珍しく選び、歩いていくと、古めかしい煉瓦造りの長屋が高台に建てられており、一旦通り過ぎて振り返ると、金瓜石の高く険しい山を背景にあたかもマチュピチュ遺跡のような雰囲気にも感じられたので一枚撮ってみたもの。

Jingusi_013.jpg
十三枚目のカットですが、旧集落散策も終わりに近づき、黄金博物館に続く幹線道路の下よりやや手前の集落の民家の前を通りがかったら、その様子が妙に中華的な生活観に溢れていたので、一枚戴いたもの。

Jingusi_014.jpg
十四枚目のカットですが、今度は一旦、黄金博物館方面に上がり、その下にある、礼拝堂を中心とした集落を目指し、その途中で、中国人一家と出会い、記念撮影のシャッターなんか押して上げて、ハイさよなら、と別れ際にその街並みを背景に一枚戴いたもの。

Jingusi_015.jpg
十五枚目のカットですが、その、観光客相手のお店もあり、多少は観光地化している方の集落の狭い階段を下って行ったら、やはり観光客馴れしたと思しきローカルドッグが見送りだか客引き目的で出て来て、ニコニコ笑いながら見下ろしているようなカンジがして面白かったので一枚戴いたもの。

Jingusi_016.jpg
十六枚目のカットですが、これまた観光客向けの店舗の在るエリアを通り過ぎ、ここでも現地住民各位しか通らないであろう路地裏を徘徊していたら、まさに時代をカンジさせてくれるような古めかしい窓と南国の象徴である生い茂った植物の葉が、静と動のコントラストのようで面白かったので一枚撮ってみたもの。

今回の感想は、九份もイイですが、画的にはここ金瓜石地区のように殆ど俗化しておらず、戦前から高度成長期までの生活臭があちらこちら残るエリアの方がテクニックを求められ、それなりに腕に覚えある手合いには面白いんぢゃないか、と思いました。

さて、来週の更新は台湾ツアー後編、翌日、台湾国鉄と桃園客運のバスを乗り継いで初訪問した大渓での冒険の様子をお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2014/07/26(土) 22:43:13|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Return into Folmosa 2014 summer② | ホーム | ~第八回ノンライツRF友の会写真展@JCII_Club25 ア・カ・ル・イ写真生活~>>

コメント

てっきりシネレンズを持っていくのかと思ったら

王道のElmaritとは。
こういう場所って日本人はなかなか行かないでしょうから貴重な記録になりますね。

日本にもこういう光景ってあったはずなんですけど、ほとんど消えてしまいましたね。

台湾はいつまで残してくれるのか、気になるところですね。来週の後編も楽しみにしてます。
  1. 2014/07/31(木) 22:26:40 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #nOJiXcNY
  4. [ 編集]

Re:てっきりシネレンズを持っていくのかと思ったら

出戻りフォトグラファー さん

有難うございます。

28mm以下の広角がメインになりそうな時は、シネレンズの登板のチャンスは殆ど無いです。

何とならば、まず海外に持って行く時、広角サイドの玉は構造上、フィルターが付けられないので、汚れや雨の対応が出来ないのと、そもそも、手持ちの広角シネレンズは全て対称光学系なので、たとえAPS-Cでも周辺までの画質の均質性という観点ではどうしても設計が新しいディスタゴン派生のエルマリート系には敵わないからです。

因みにここ金瓜石って、もうちょい上の水南洞の精錬工場廃墟ともども、世界遺産への推挙の動きが日本、台湾で着々と動いているようです。

うちも創設者の一名がここの開発者だし、日鉱グループの海外部門でもあったことだし、政府は手が出せなくとも、民間ベースで出来る限りのことはやって上げたいと思います。

もちろん、観光開発と保存のバランスは厳格に考慮しての話しですが・・・
  1. 2014/08/02(土) 10:29:38 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

海外に出たいものですねェ・・・。

エルマリート28mmⅢが、ここまでクリアーになるとは驚きです。背景描写も素直で、次作のcooke32mmと比較すると歴然です。cookeは正統派のシネレンズで、劇場投影を考慮した背景描写なのかもしれませんが、個性の違いが際立つものです。
それにしても、ライツのさすがにトーンに強いⅢ型です。

最後の写真は、窓枠がコンクリ-ト切出しての窓枠はめ込みにも見えて、その他にも煉瓦を多用している「耐久仕様」というのも、この地域独特の風雨対策なのでしょうか、興味深いです。

14枚目のカット、女性の足筋肉質の様子から、このあたりに住んでいる人々の様子さえも伺わせる感があります。

ここまで高山ではありませんが、東京近郊では神奈川県の山手付近に似たような地形があって、建物が山の斜面に寄り添う地域もあって、比較すると面白いです。
建築物探索だったら・・・こう撮る・ああ撮ると、興味の尽きない、古典(?)から現代に到るモダン建造物群が豊富な面白い場所です。
  1. 2014/08/17(日) 18:10:09 |
  2. URL |
  3. treizieme ordre #-
  4. [ 編集]

Re:海外に出たいものですねェ・・・。

treizieme ordre さん
有難うございます。
海外で撮り直しの出来ない撮影行に出るとしたら、この十年以上も愛用しているElmarit28mmf2.8IIIは間違いなく当選します。
とにかく、モノクロ銀塩で撮っても、R-D1sで撮っても、M8で撮っても、X系列のミラーレスで撮っても、あたかも撮影者の意図を汲み取るが如く、ピントさえきちんと合わせてやれば、開放のままで、惚れ惚れするような画を捉えるのです。

テレセン性の安定しないビオゴン系と違い、このElmaritの第三世代以降はディスタゴンタイプの改良型ですから、デジとの相性も抜群に良いと思いました。

35mmをAngenieux35mmf2.5、28mmと21mmをElmaritで固めれば、デジタルでのスナップ旅行は千人の味方を得た思いです。

treizieme ordreさんも馴染のフィリッピンへ飛ぶ手前で途中下機?し、是非、ありのままの台湾を味わって戴きたいと思います。
  1. 2014/08/17(日) 19:16:11 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/388-ee5f3e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる