深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

甦ったノスタルジー~Classic Heliar 50mmF2 mit Zeiss Ikon

heliar01.jpg
heliar02.jpg
heliar04.jpg
heliar03.jpg
あいや、今宵のご紹介はまた深川精密工房附設秘宝館から、長年、主人の憧れのコンビネーションで先般のICS直前になって、やっとタグを組んだ信州製のカメラとレンズです。

ボディの方はいわずと知れたツァイスイコンシナとも称される、ツァイスイコンRFです。
このボディは国産にしてはかなり高めの価格設定で、ライカと較べるまでもなく、ツァイスブランドのカメラとしては安め?というかなり際どいゾーンを狙ったマーケットとなっています。

まぁ、ベッサR3Aのグレーを愛用しているし、これもこれでコストパフォーマンスは驚異的にイイし、AEで補整無しでシネレンズ使っても素晴らしい結果を出してくれるので、それほど、ツァイスイコンを急いで買おうとは思っていなかったのですが、或る日、中野の某量販店から信州製のSマウントゾナー復刻版が入ったぞなーもしという連絡を忘れた頃に受けて、しぶしぶ引き取りに行ったのですが、そこで、ショーケースの中に鎮座まします、黒のオリジナルフード付き、使用痕殆ど無し、保障期間残有りのクラシックヘリア50mmf2黒を見てしまったのです。

こうなったら、親の仇と出物は出会ったら討ち取れ!の家訓に従い、買って帰るしかありません、合わせて15万円強のお買物です・・・しかし、どちらも限定品だ、出会ったら討ち取れ!だ、と半ば強引の克己心を奮い起こし、カード払いで払っちゃったワケです。

Sゾナーは工房でSマウントレンズは次々作ってるし、古いニッコールの方が写りが好きなんで、気が変わるまで眠ってて貰うことにして、クラシックヘリアには、早速働いて貰うことに。

買った翌週、早速、このレンズをベッサR3Aグレーに付けて、沈同ズミとともに街撮りテストに連れ出しました。行く先はいつもの浅草、深川から大江戸線に乗って蔵前で降りると何かいつもと違う街の佇まい。

そう偶然にも、年に一度の三社祭の日だったんですねぇ。
そこで、深川から来ました♪ ヨロシコとか、独り言っぽく聞こえよがしに言いながら、ほぼ乱写状態、
闖入したお祭りの雰囲気をお裾ワケして貰ったという次第です。

そして、上がってきたのが、今回の画、色ヌケはいいし、コントラストも高すぎず、隅々まで均質で端正な写りでも開放での柔らかさが画面に溢れているし、同時にテストした、開放からカリカリのズミクロンとは正反対の写りになったようにカンジました。

このレンズは、いわずと知れた3群5枚、そうトリプレットの前後を貼り合わせにした古典的な構成ながら、今までF2.8止まりだった開放値を新種の高屈折ガラスを効果的に利用することにより、F2にまで拡張したという意欲的な製品なのです。

しかも、相当コストが掛かっているらしく、記念版のベッサR3Mとセットで発売になり、ボディは通常販売品に格上げされたのですが、幾らファンが泣いても避けんでも、セットの2000本だかで打ち止め、どうあっても再生産する気がなさそうです。

で、ボディの方は、レンズを手に入れ、しかも写りがかなり魅力的だったので、昔、中古カメラ市のコシナブースでわざとフォクトレンダーブランドのレンズをツァイスブランドのボディにくっつけたら、沈胴の古めかしいレンズデザインと直線を基調としたクラシックなデザインのボディとが妙にマッチしてしまい、いつかはバラバラに買って、自分だけのオリジナルコーディネェィトやっちゃるばい、と妙な闘志を燃やしていたので、思い立ったが吉日とばかりに今回のICS期間中にこれもまた最安値の中野のお店まで行って買ってきちゃったってわけです。

このカメラの美徳は、ファインダが手持ちのRFの中では屈指の見え方ですし、巻上げ感、シャッタ音といったメカのフィーリングに関しても良く練られていると思いますし、ホント、買って良かったと思っています。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2008/06/23(月) 22:48:06|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<深川CE Rokkor-X | ホーム | 深川ウルトロン50mmf2>>

コメント

さすがに格好いいですね。
でも、真似したくてもできません。
レンズがなかなか入手できそうもないですよね。
それにしても、いろいろな理由をつけて、レンズもボディも手にされるチャーリーさんの財政事情が心配になってきました。
仕舞いには、ブログアップのために買われたりとかなんてことのなきよう。

1枚目の中央のボケ方が面白いですね。
発色の地味さなど、全体に古いレンズのような描写のような感じもいたします。
点光源の形態などにレンズの限界ラインが現れているかのようですが、トリプレット・タイプでF2ということを考慮すると驚異的ですね。
このタイプ最速ですか。
  1. 2008/06/25(水) 20:12:30 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

ありがとうございます。
当方の財政事情まで気にかけて頂いて(笑)
でも大丈夫です。
>仕舞いには、ブログアップのために買われたりとか
>なんてことのなきよう。
ははは、ブログ云々以前に欲しいと思って、買えるお金があれば買っちゃいますし、写真機材と工作機械以外には、思ったよりお金使いませんから(爆)

それにしても、張り合わせしてあるとは言え、球面収差、非点収差補整には限界があるトリプレットタイプの特徴をこんな小さな作例で看破されるとはさすがです。
例えば、アリのスピードパンクロなどでは点光源はキレイに元の形のままボケますし、キノプティークなどもっと派手に崩れます。

コシナが喧伝するとおり、元がトリプレットでF2というのは世界最高F値でしょう、これよりもっと進化している筈のヘクトールでさえ、50mmではF2.5ですから。

ただ、ゾナーもトリプレットの発展系と見られなくもないですから、そうなると、MS-OPTの50mmf1.3が世界最速のトリプレット?になるのではないでしょうか・・・
  1. 2008/06/25(水) 23:21:58 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/40-6544bbd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる