深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

深川CE Rokkor-X

ce-rokkor-X.jpg
さてお立会い、今晩はまた工房の夏の新作レンズのご紹介。
何のレンズかというと、前にご紹介した、CE-Rokkor同様、ミノルタが世に送り出した引伸機用のレンズの傑作なのです。
このレンズは、国内では滅多に出ることがないため、知る人ぞ知る、電子湾夜釣りの名物となっています。

しかも、ただでさえ見かけることが少ないこのレンズを、CLE用のバリエーションに紛れ込ませるべく、MかL39マウントならまだしも、へそ曲がりエンジニアが鎮座まします、この深川の工房では、CX/Sマウント化してしまったのです。

実はこのレンズ、組み上げてから、まだ正規のフィルムによる試写は終わっていないのですが、関連団体の新宿西口写真修錬会のミーティングの際、たまたま持っていた、StoMアダプタ経由、RD-1Sでタングステンライト下で近距離の被写体を写してみましたが、シャープネス、アウトフォーカスのボケ具合い、そしてカラーバランス、ガラス製品の質感、全てにおいて高い水準の結果を残しており、早いとこ、1本撮ってみたいと言う衝動を掻き立ててくれます。

話しは前後しますが、デザイン的には、安物の一眼レフ用レンズみたいですし、しょぼいアンバー系コートにも見えますが、そこはそれ、凝り性のミノルタ設計陣が、EL-Nikkor、Compononを仮想敵と置いて開発し、ニコンもこの性能に驚き、まだまだ需要はあったガウス+オルソメター折衷型の旧El-Nikkor50mmf2.8をお払箱とし、新規にWガウス型の設計とし、El-Nikkor50mmf2.8Nを送り出すこととなったというのです。

個人的には、この前の"X"なしのものを撮影に使っても、やはりEl-Nikkorでは解像力こそ上回るものの、コントラスト、発色バランス、ボケの美しさで今一歩及ばず、Compononでは全く勝負にさえならないと思いました。

強いてライバルを上げるとすれば、おそらく世界最高性能の引伸しレンズを製造し続けていると思われるローデンシュトックの送り出す無敵のロダゴン、もしくはアポロダゴンくらいではないでしょうか。

先週末に某浅草の有名カメラ修理職人の方とお酒を飲んで懇話する機会に恵まれましたが、引伸しレンズは投射ランプの強い熱に晒されるので、貼り合わせ面などに通常の銀塩撮影用とは違った設計上の制約が求められるということを伺いました。

そういった意味では、紫外線硬化樹脂なども適宜使いながら、過酷な使用環境に耐えながら、均質な投影像を送り出すようヘビィーデューティ設計された引伸しレンズを改造して撮影に用いるというのは、とても贅沢で、意外性という点からは夢の有る遊びだなぁと思いました。

テーマ:ニコンSマウント - ジャンル:写真

  1. 2008/07/01(火) 23:08:39|
  2. Sマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<恍惚の中に潜む尖鋭~CANON35mmf1.5~ | ホーム | 甦ったノスタルジー~Classic Heliar 50mmF2 mit Zeiss Ikon>>

コメント

先日教えていただいたレンズが早くも登場ですね。
これが釣り上げたばかりのレンズでしたら、到着後、即改造完了という感じですが、コンタックスマウントでそんな早業ができるのでしたら、すばらしいことです。

確かにコンタックスの銀ピカボディにはフィットしていないかもしれませんが、逆にコンタックスの方がリプロダクツのデジカメのようにも見えてきて、これはこれで面白くもあるように感じます。

一見地味スペックで外観もパッとしないが、実はすばらしい性能を秘めているレンズを使うということは、不細工だが性格の好い女の子と結婚して結果的に幸せになるのと一緒で、人生の教訓でもあるのだなと、チャーリーさんの達観にまたしても驚かされることになりました。
  1. 2008/07/02(水) 20:59:40 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
早速のコメント有難うございます。

着いてから、なんやかんやで2週間近くほっといて、公私共にヒマになってから改造しようと思い、速攻で加工、調整も含め2時間ちょいという工期で上がりました。
勿論、切削面への工房特製ニッケル・コバルト合金化メッキ施工も怠り無くやってます。

このレンズは、先に改造した"X"なしと全く同じ外寸なんで、要領判ってますから、マウント周りの部品は腐るほどあるし、量産して小遣いでも稼ごうかと思ったくらいです(笑)

それにしても、このボディとレンズ、不似合いでしたね・・・ホントは、S/CXtoMマウントアダプ経由、ベッサR3Aに付けて意外性狙おうと思ってたんでしたが、焦ってて忘れ、手許のCXマウントのものにテキトーにくっつけたというのが真相です。

ところで、今週土曜は19時からM同心、aquiraxさん他愉快な仲間達と例の新宿西口の茶店で落ち合い、佐原の写真他を相互鑑賞の上、懇談する予定です。
宜しかったらJoinご検討下さいね。
  1. 2008/07/02(水) 22:03:10 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/07/03(木) 20:24:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

charley944さん、ご返事ありがとうございます。
2時間で完了ですか。
大量生産可能ですね。
しかし、肝心のレンズの入手が簡単ではなさそうですが…。

土曜日の件、時間のやりくりできました。
よろしければ参加させてください。
  1. 2008/07/03(木) 23:25:47 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

レス有難うございます。
なーに、レンズヘッドの方は、旋盤をまだ調達しておらず見習いの域から出ていない伍長改メM同心どのに夜を徹して、電子湾の監視をさせ、出たらすぐ落とさせるようにすれば済むことです(爆)

それに引伸しレンズは異様にフランジバックが長く、見た目と強度の点で断念したフォコタを除けば、50mm表示のものは全て2~3時間でS/CXマウント改造が出来ますから、何でも釣ったモノは美味しく料理出来る、料理上手の船長が居る遊漁船みたいなもんです(笑)

それから、土曜日の件、お返事有難うございます。
中将姫光学さんは気付かないうちにaquiraxさんを顧問とする新宿西口写真修錬会の準構成員に組み込まれていますから、杯を交わした上、寸暇を惜しみイベント出席を重ねて、早く金バッヂになって下さいね。
では、お会い出来ることを一同心待ちに致しております
  1. 2008/07/04(金) 00:07:32 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

charley944 さん、心温まるご返事、ありがとうございます。
では、このレンズが出現しても、共食いにならないよう自重いたします。
高性能の魚群探知機のようで、心強いですね。
バンバン釣り上げて、その場で沖干しにして味わってください。

わたしも準構成員だったとは!
血の杯ですね。了解しました。
実はいま、尿酸値が10ポイント近くに達していて、飲酒を硬く禁じられております。
ウーロン茶の参加も許されますでしょうか?
金バッヂとは? 議員さんのバッヂのことですか??
それともキムバッヂのことでしょうか???
何卒、お手柔らかにお願いいたします。
  1. 2008/07/04(金) 22:46:12 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

ありがとうございます。
な~に、ごく普通の南蛮茶店ですから、ハブ酒とか、ドブロクとかそんなものしかありませんですよ、アルコールは(爆)
よって、小生も専ら、お茶の呑みながら、熱く語ります(笑)

もし、CE-Rokkor-Xにゴキョウミるのでしたら、一言、M同心に「釣り上げておくれ!」と心からのメッセージを送ればイイのです。

そうすれば、それがしの次に心から敬愛申し上げる中将姫光学さんの願いとあらば、シャブ撃っても夜通し、電網索敵やって、個別撃破して、ピチピチした産直の改造レンズをご自宅までお届けするハズです。まさに「遠くの船橋より、近くの溝の口、ご利用は計画的に・・・」です(爆)

準構成員の身分にもしご不満とあらば、檀家、もしくは氏子ということでいかがでしょう、勿論、当面、お布施、初穂料は頂戴しませんし(笑)

では、明日お待ち申し上げております。
  1. 2008/07/04(金) 23:10:55 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/07/06(日) 10:38:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/41-06067bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる