深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Red-Induster220 2"f3.5

induster.jpg
はたまた今宵のご紹介は、当工房の創設期に組み上げたインダスター22の寄せ集めレンズ、名づけて"赤インダスター220"です。
このレンズは一見すると、せいぜい1万円もしない、ロシア物の安物の沈胴レンズに見えますが、さにあらず、赤い距離指標が一般のものとの区別として、当工房で施した唯一の特徴です。

尤も、判る人間が見れば、前玉、中玉、そして後玉のコーティングも硝質も全然バラバラのものを無理繰り組み込んであるので、なんか相当ヘンなレンズだなぁ・・・これで写るんかいな!?と首を傾げてしまうような、相当アヤシイ個体です。

これは、当工房が工作機械を導入して本格的な改造を始める前に、各レンズの硝質、脈理、そして整形、研磨等加工の不具合を検査する練習台として、新宿西口で10個ばかり買い集めたインダスターとフェドのジャンクを全部、群単位の3つのユニットにバラシ、まず、キズものは外して、偏光フィルター検査、クロスパターン投影検査、そして、微細図柄の拡大目視検査を行い、優れていると思われたものを上位3番目まで選別し、それを一番、ヘリコイドの状態が良く、且つバレルに損傷がなく固定バヨネットに磨耗も無くしっかりしている鏡胴に嵌めこみ、3倍のマグニファイア付のピント基準機で見て写りを想定するのです。

単純に考えれば、一番イイもの同士を組めばベストのものが出来上がる筈ですが、レンズの場合は、必ずしもそうでなく、相性が有りますので、幾つかのユニットからの組み合わせで光学系を組み上げ、それを実写したもので判定するのが一番間違いないのです。

ところが、もとが横着なこの工房主は、キズ、コーティング異常等ないものでも総当り戦やったら、200や300通りになってしまい、とても手間に見合わないってことで、手を抜いて、よさげなユニット3位までの組み合わせで試したのです。

それでも、回転が効かない中、後玉は仕方ないとして、前玉は組んだ状態でクロスパターン投影、微細図柄の目視をやって回し、キブン的に一番、周辺まですっきり映った位置に調整しています。

その結果、おいおい実写結果はアップしますが、マイクロニッコールやアリレンズ達がやってくるまでは、ダントツシャープで色ヌケも良く、本家のテッサーやエルマーは勿論、普通のニッコールもゾナーもクックアモタルも、キャノンですら、まず敵わない高性能標準レンズに産まれ変わったのです。

レンズの歪曲や周辺の崩れが一発で判ってしまう、東京フォーラムの鉄骨の下からの仰角撮影でも全く破綻がないどころか、逆光では不可避な筈のフレアも実用上、全く無視出来るレベルまで抑え込み、さすが、世界最高のウラル産光学ガラスの本領発揮と思いました。

唯一の欠点は、やはりそのレンズ構成からくる構造上の限界で近距離合焦時のバックの遠景に非点収差が抑え切れずグルグルして、若干気持ち悪いボケになることくらいですか。

まぁ、よくよく考えれば、ジャンクを1本3千円で10本買って、多大な手間を掛けて組み直しやるなら、もうちょいお金出せば、写りには影響ないレベルキズ有りの沈胴ズミクロンが買えたのではないかとも思いましたが、果たしてどっちが良かったのか・・・

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2008/07/29(火) 00:05:46|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<パラレルワールドから来た迷玉~NKPF50mmF2H・C~ | ホーム | ノスタルジーへと運ぶUFO~De Oude Delft Minor 35mmf3.5~>>

コメント

泣けました。

 生真面目さに涙が出そうなくらい感動しました。そこにはかつて、そこ、ここ、時代に感じた日本の技術屋さんの心意気があふれていて、マスコミ・商業政策に踊らされているだけのアキバ族に秋風をおくる・・・ 技能の喜び・苦しみ・楽しみがあります。 
ところで、わたしのリクエストはSeagullのテーラーホブソン仕様です。(止揚もないですね) 
  1. 2008/07/29(火) 22:47:00 |
  2. URL |
  3. 13ordre #-
  4. [ 編集]

13ordreさん
いつもウィットに満ちたシニカルなコメント有難うございます。
そーなんですね、こういうのって、他愛もないことなんですが、なまじっかモノの性能を追求する原理原則を齧っちゃうと、ついつい、とことんまでやっちゃうんですね。まぁ、その人の性格にもよるでしょうが(笑)
ところで、Seagulのテーラーホブソン仕様ってどんなのでしょうか?確か海鴎ブランドは一眼のレンズ&ボディと二眼レフしかなかったような・・・
もしかしたら、鳳凰(Pohenix)ブランドの50mmf2.8のL39マウント、そう、例の安原氏が設計した玉のことでしょうか。
う~ん、そうなると、まずジャンクが手に入らないし、入ったとしても数個を買い求めるとしたら、ホンモノのクックアナスティグマット2"f2買った方が安上がりのような気も・・・(笑)

まぁ、次にはまた面白い改造レンズを隠しダマに持ってますんで、請うご期待。
  1. 2008/07/29(火) 23:08:38 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

これはチャーリーさんの真骨頂ですね。
作例を楽しみにしています。
ところで、レッドスケール部分は、チャーリーさんが塗り替えているのでしょうか。
おしゃれです。
また、Induster22を220にしているのが意味ありげです。
そのあたり、理由をお聞かせいただきたいです。
簡単すぎる書き込みで恐縮です。
  1. 2008/07/30(水) 02:38:16 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
おはようございます。
コメント有難うございます。

この赤インデックスは当工房で、赤のエナメル塗料をベースに幾つか鼻薬を混ぜて作り出した、"Aged朱色"を施しています。これは、ベースのメッキの色で風合いが変わってしまうので、こういう光沢クローム、梨地、ニッケルでは、鼻薬の配合変えて、鮮やかではないものの、艶やかなカンジが漂うよう気をつけて彩色しています。

で、ネーミングですが、これは単純に経済的な観点から、インダスター22を10本使って作り出した究極の一本ってことで、10倍して"220"と勝手に呼んでいるだけです。

なお、機械加工と傾斜カムの原理、基本的なエレメント間の力構成、配分の考え方等は深海(軟体)生物氏に菅原伝授手習鑑しますが、こういうエレメントの善し悪しや、組んだ時のベスト状態の検出だけは、もう身体能力や官能の次元のハナシなんで、なかなか難しいかも知れませんね。
  1. 2008/07/30(水) 09:41:20 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/46-c55cc679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる