深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Mio amato stagione calda Folmosa~Taipei Tour'16Jul.①~

さて、今宵のご紹介は先週末7/15~18まで、台湾へ三泊四日の撮影旅行に出て撮って来た中から、二週に分けてご紹介するうちの、第一週目をお送り致します。
まず簡単に旅程をご説明致しますと、7/15の金曜日の13時発(実際は30分の遅発)の便で15:40過ぎに台湾桃園国際機場に入り、そこで、何と入国手続きに1時間以上も要し、市内へのバスも切符を買ったり、便待ち時間等で何のかんので1時間を要しますので、当日は、夕暮れの淡水も故宮博物館も全部諦め、着いて早々の常宿にチェックインし、台北駅で早めの夕食を取って、松山駅前の夜市を撮影することとし、翌日は、早めに起き、午後に出掛ける予定の淡水の肩慣らしも兼ね、台北市中心部から程近い、レトロ商店街である迪化街界隈をスナップして、いったん台北駅で昼飯を済ませ、淡水線のMRTに乗って午後に終点の淡水に移動し、ほぼ日暮れまで撮って、小籠包の名店「京鼎楼」で豪華デナーを食べて宿に戻り、到着三日目はまた少々早起きし、台湾新幹線こと、台湾高速鉄道に乗って、高鉄台南駅まで移動、そこから電車で台鉄台南駅まで移動し、更にバスに乗り換え、目的地の遺跡+老街の在るエリアへ移動したという次第。なお、四日目は15時30分デパーチャでしたが、何せ桃園空港までは高速道路経由でしかも、LCCもどきの信頼ならない航空会社ですから、いつものようにギリギリまで撮ってしかるのち、MRTで松山空港へ入るなどという芸当は通じなかったので、前日の台南からの戻りが予想以上に遅くなったこともあって、最終日の街撮りは断念した次第。
では、今回は松山駅前夜市から、翌日の迪化街周辺でのスナップまで見て参りましょう。

Taiwan16sp_001L-1.jpg
まず一枚目のカットですが、松山駅から地上に出て、夜市の方向を目指して歩くと目に入るのが、仏教とも道教ともつかない、金色に飾り立てられた巨大な屋根を持つ寺院が煌々とライトアップされている様子ですが、その手前の歩道上で、大陸からの観光客か、夜市帰りですっかり人気に当てられ、ややお疲れモードだったのが印象的だったので、すれ違いざまに一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_002L-1.jpg
二枚目のカットですが、その夜市へ入ってすぐの台湾特産果実だかのスゥィーツを商うお店の看板の傍らで、両親に促されるままに品定めをしている、いたいけなローカル小々姐の横顔がカクテルライトに照らされ、かなり心惹かれる美しさだったので通りざまに一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_003L-1.jpg
三枚目のカットですが、夜市には、食べ物、飲み物系だけでなく、金魚すくいから、アヤシゲな占いの類い、そしていたいけな小姐、アガシの類いがアイゴ~x2とか泣いて喜びそうな、キッチュなオシャレ小物系なども取り揃えてますが、ちょうどそういった、韓国はソウルの明洞辺りから引っ越してきたみたいなピアス、イヤリング、或いはペンダントヘッド、アンクレットなどの屋台の前で、真剣に品定めしている小姐二名のお姿が目に付いたので、傍らからちょいと失礼とばかり一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_004L-1.jpg
四枚目のカットですが、日本の縁日の屋台通りにもよくある、数字合わせのクジみたいなアトラクションに男友達共々、果敢にチャレンヂし、商品を虎視眈々と狙う、男勝り系のローカル美少女の采配ぶりを人垣の合間から一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_005L-1.jpg
五枚目のカットですが、夜市の通りの中ほど、如何にも台湾固有の南方系美人という趣きのトランヂスタグラマーの小姐が、そのボーィフレンドと思しきオッパーと、確か鉄板+粉物系の屋台の前に佇み、頼んだ品物が出てくるまで、楽しそうに語らい合い、見つめ合うその様子がいかにも南国の夜のロマンスという風情だったので、斜め後ろからその幸せそうなお姿を一枚お裾分け頂いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_006L-1.jpg
六枚目のカットですが、夜市のこれも中ほどで、やはり色の浅黒い南方系美小姐が清潔なカンジの白いTシャツを着こんで、たぶん、ローカルフルーツの生ヂュースかかき氷を商っていたのですが、人通りは結構あるのに、なかなか客が寄り付かないらしく、虚ろな目つきで往来を眺めていたので、通り過ぎざまにそのアンニュイなご様子を一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_007L-1.jpg
七枚目のカットですが、これは夜市の通りの真ん中を過ぎた辺りで、ローカルフルーツ入りの紅茶系飲料を商っていた、小姐だったのですが、ここ台北にしては珍しく色白の、そのまま日本人OLのバイト、といっても通じてしまうくらい、日本人(特に男性の・・・)審美基準からすれば、極めて高得点を付けられそうなカンジだったので、これも前を通り過ぎ屋台の横の開いている箇所から、小姐が顔を上げた一瞬を狙って必殺の一閃を浴びせたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_008L-1.jpg
八枚目のカットですが、ここ松山駅前の夜市は真ん中にも屋台・露店の類いが出ているため、凡そ二車線構造になっているので、夜市の端まで一旦歩き、元来た道の裏側を通って、また松山駅の方向に歩き出して暫くしたら、あどけない筈の極小姐が傍らのオモニよろしく、かなり悩んでいる表情で、特売品のアクセサリー小物みたいなものを品定めしていて、その様子が面白かったので、傍らから一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_009x-1.jpg
九枚目のカットですが、翌朝、常宿で無料の朝食を有り難く頂き、宿の女将にお世辞のひとつも述べてからまず向かったのは、前々から行こうと思ってはみたものの、どうせ市内中心部だから、時間余った時にはいつでも行ける、と行かずじまいだった迪化街で、最寄りの駅である「大橋頭」駅から歩いて、迪化街へ抜ける側道に広がっていたマーケットの様子を、レンズのシェイクダウンも兼ね、まず撮ってみたもの。
カメラはX-Pro1、レンズはUncertified42mmf3.5改L39非連動、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_010x-1.jpg
十枚目のカットですが、台湾に限らず、アジアの市場では、だいたい、お店のマスコット代わりの意味もあるのか、いたいけな童子が店番をする親、或いは爺、婆の傍らにちょこんと控えていることがままありますが、ここでも、ピンクの可愛らしいTシャツを着たいたいけな極小姐が婆ちゃんに髪を編み上げて貰ってゴキゲンそうだったので、声かけて、写真撮らしてと頼んだら、「好是、好是!」ということで二人揃って幸せそうなモデルさんになってくれたもの。
カメラはX-Pro1、レンズはUncertified42mmf3.5改L39非連動、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_011x-1.jpg
十一枚目のカットですが、市場みたいな通りを抜け、大きな通りに出て、小学校みたいな大きな敷地の建物の傍らの歩道を歩いていたら、門から、ニコニコと笑って、いたいけなお孫さんと思しき極小姐と手を繋いだ初老の男性が出て来たので、これまた中国語で話し掛けてモデルさんになって貰うことには成功したのですが、「これ娘ね、ボクはグランファザーぢゃないので、ブログに出してもイイけど間違わないでね」とかしっかり流暢な英語でクギを刺されてしまった、やや恥かしめのカット。
カメラはX-Pro1、レンズはUncertified42mmf3.5改L39非連動、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_012x-1.jpg
十二枚目のカットですが、迪化街周辺には、それこそ、旧日本統治時代から残っていると思しき時代がかった建造物がかなり健全な状態で残っているどころか、活用されており、ちょうど、交差点に建つ、大正時代くらいの建築様式の医院を目の前に信号を待つ、現代の台湾人親子の姿が対照的で面白かったので、背後から一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro1、レンズはUncertified42mmf3.5改L39非連動、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_013x-1.jpg
十三枚目のカットですが、大きな道を西方向に折れて歩いていたら、柔道着を来た、愛くるしい童子達が出て来て、ちょうど、いたいけな柔道美小姐が迎えに来たオモニのスクーターに向かって歩き出したので、あいや!暫し待たれい、拙者、日本から参ったので、柔道着が良く似合ってクールにつき、一枚撮らして頂戴、と英語、中国語チャンポンで周囲の父兄の失笑も買いつつ、ほら、イェィ!とやって笑って上げなよ、という極めて協力的な雰囲気の中、極上の笑顔を一枚戴いたもの。
カメラはX-Pro1、レンズはUncertified42mmf3.5改L39非連動、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_014x-1.jpg
十四枚目のカットですが、迪化街近くの大きな通りからまた路地を見つけたので、そこを進んで行くと、かなりうらぶれたカンジの極小商店街みたいなところの入り口にピッカピカに磨き上げられた真っ赤な新品のスクーターがさりげなく停められていたので、その対比が面白く、一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro1、レンズはUncertified42mmf3.5改L39非連動、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_015x-1.jpg
十五枚目のカットですが、そのうらぶれた商店街のような路地を抜けると、またビルの谷間みたいな裏通りだったのですが、ところが通りの寂れ具合いには不似合いとも思えるような関帝廟か何かの寺院っぽい施設があり、その横の壁には満艦飾とも云えるようなカラフルな提灯がぶら下がっていたので、一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro1、レンズはUncertified42mmf3.5改L39非連動、絞り優先AEでの開放撮影です。

Taiwan16sp_016x-1.jpg
十六枚目のカットですが、そろそろ昼飯摂って、MRTで淡水に向かうのにちょうど良い時刻になってきたので、今回も結局、迪化街の入り口まで来て、離脱ということになってしまったのですが、それでも街区の入り口には、日本の統治時代に精緻な都市計画に基づいて建てられたと思しき、端正なタイル張りの建造物がその往年の威容を放ってましたから、街の中の探訪はまた次回への宿題として、入り口付近の写真だけ撮って、涙の退却としたもの。
カメラはX-Pro1、レンズはUncertified42mmf3.5改L39非連動、絞り優先AEでの開放撮影です。

さて次回は午後の淡水から到着三日目に丸々一日かけて探訪してきた、初訪問地、台南での遺跡と老街の様子をお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2016/07/24(日) 20:49:39|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Mio amato stagione calda Folmosa~Taipei Tour'16Jul.②~ | ホーム | Rainy but very hearty festival!~Narita Gion Festival2016~>>

コメント

いつも通りの夜景と鮮やかな昼景。

charley944さん

お疲れです。
街の力が感じられるのは、やはり台湾の地力が高いからなんですかね。
M8での夜景は結構厳しそうな気がしましたけど、うまく切り撮ってますね。
色合いが黄色方向に引っ張られているのはカメラの特性上仕方ないのかな?

それにしても昼間のX-Pro1と42㎜レンズの相性が良すぎて、晴天化での原色ブーストが良い感じにかかっているのが素晴らしいです。
台湾ってこういう色合いなんですよね。
  1. 2016/08/11(木) 17:52:35 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #aYDccP8M
  4. [ 編集]

Re:いつも通りの夜景と鮮やかな昼景。

出戻りフォトグラファーさん
有り難うございます。
そうなんですよ、やはり、ライカレンズの修理実績数が世界トップクラスのみならず、きちんと修理畤のMTFデータを保管し、それを初期性能と経年劣化、現状とをデータを元に因数分解し、修理畤の味付けに活かせる業者さんの手にかかったCanonL50mmf1.2だからこそ、街のエネルギーに対して撮り手の情熱が一歩も譲らず拮抗しうるパワーを与えてくれるのではないかと思います。
なお、謎の準広角レンズは、今度、街撮りの際、貸し出し致しますから、自ら感じちゃってみて下さい。
  1. 2016/08/13(土) 23:49:27 |
  2. URL |
  3. Charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/485-1b4272c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる