深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Mio amato stagione calda Folmosa~Taipei Tour'16Jul③~

さて、今宵のご紹介は、台湾ツアー2016夏からの滞在三日目、初訪問の台南エリアからのレポートとなります。
まずここ台南ですが、云わずと知れた台湾西海岸の古都、規模で云えば、台北、高雄、台中に次ぐ第四の都市となります。
もちろん、北回帰線の南に位置しますから、気候分類では亜熱帯に属します。
歴史的には、明の遺臣、鄭成功が1655年、清への反攻を期して、その拠点としてオランダ東インド会社の拠点を攻め落とし、自らの砦を築いたことが街の始まりのようなことが説明されていました。
ここではあまり政治とか宗教とかその国、地域の個別事情に踏み込んだことを書くのを佳しとはしませんが、個人的に感じたのは、清に対抗し、明の遺臣鄭成功がここ台湾に軍事・行政エリアを設けたというのは、大東亜戦争後、蒋介石が、国共内戦に敗れ、共産党への捲土重来を期して台湾に転地後、国民党政権施政を敷いたのとだぶって仕方ないのです。
しかも、巡る因果は糸車・・・と思ったのが、蒋介石の師である孫文が清国を打倒するための中国同盟会を立ち上げたのが、日本の帝都東京池袋、そして鄭成功は日本人女性との混血児です。
余談ながら、工房主がお江戸に出て来て、大学時代の四年間、初めて暮らしの拠点を持ったのも奇しくも池袋の地です。
こんなところから、台湾と日本は見えない細長い糸で時空を超えて結ばれているのかなぁと思った次第。
また、ここ台南は古来美食の街と街として有名で、台北でも、台南料理は、大東亜戦争後、中国本土からやってきた広東料理、四川料理、上海料理等の流れをくむ名店が高級層を担うのに対し、どちらかと云えば庶民の美食という立ち位置で、広く愛されていると思いました。
さて、余計な前置きが長くなってしまいましたが、台南での行程を簡単にご説明しますと、まず朝10時台の台湾高速鉄道で高鉄台南駅まで1時間少々で移動し、そこから、また在来線に乗り継ぎ、市街地の真ん中にある台鉄台南駅に移動、更にそこから、市内路線バスで最も歴史的に古い老街を擁するという安平エリアまで約1時間かけて移動しました。
安平には、鄭成功がオランダの砦を奪い、拠点を構えたというゼーランディアの跡が史跡公園になっており、またその周辺の運河沿い周辺には味わい深い路地があまたある、とのことだったので足を運んでみたという次第です。
で、路地での接近戦であれば、妖刀村正ならぬ、X-Pro1の嵌めたら、ファインダー覗くたびにシャッターを切りたくなる、魔玉Elmarit21mmf2.8初代を装備し、全カット開放の絞り優先AEで撮り歩いたものです。
ではさっそく、当日の行動を振り返ってみましょう。

Tainan16_001-1.jpg
まず一枚目のカットですが、市内をぐるぐるに巡った挙句、やっとたどり着いたバスから、コンビニ前の「安平老街」の停留所で降り、まずは人通りの多い、城郭北側の縁日みたいな賑わいを見せる通りを散策しながら撮ろうと思い、足を踏み入れてすぐ、ローアングルで封切りに一枚撮ってみたもの。

Tainan16_002-1.jpg
二枚目のカットですが、おそらく近所の高校生だと思うのですが、手作りの菓子だかなんかを道行く人に売りながら、何かの義援金か何かを集めていたらしいのですが、そこはそれ、亜熱帯のいたいけな女子高生達のすること為すことですから、だいぶ緩いカンジのお勤め風景で、こっそり人垣の陰からカメラを向けてみれば、オクターブ高いカンジのセールストークも一時中断、ニッコリ笑ってしっかりカメラ目線、ということでした。

Tainan16_003-1.jpg
三枚目のカットですが、砦跡の史跡公園の周囲は休日ともなると、一大縁日エリア状態ですから、夜市ではおなじみの射的、スマートボールの類いもあちこちで店開き、いたいけな童子中心に結構な繁盛ぶりで、子供向けの射的みたいな器具使って、日本の白いネコのキャラクタ商品を景品として取れるアトラクションでは結構熱くなっていた極小姐が居たので、そおっと気配を消して近寄り、その様子をこっそりしっかり収めようとしたら、傍らのオモニにはすっかりバレバレで微笑するご尊顔がしっかり写ってましたというもの。

Tainan16_004-1.jpg
四枚目のカットですが、また同じ通りを運河に設けられたヨットハーバー方面に向かって歩きながら、物販やらゲーム系の露店、屋台の類いから、台湾風の屋台フードの店の幟が増えて来たので、ここらで、アイレベルで辺りの景色でも撮っておくっぺかとちょいと立ち止まって、夏らしいカッコの小姐小集団が歩いて来た頃合いを見計らってシャッタ-切ったもの。

Tainan16_005-1.jpg
五枚目のカットですが、同じ通りの行程で、台湾に限らず、中華圏の夏の路上の風物詩、漢方系フレーバーの清涼飲料水系屋台の前で、いたいけな極小姐をベビーバギーに乗せたまま井戸端会議ならぬ、屋台前談義に花咲かすヤンママ連が目に付いたので、北京語で声かけて一枚撮らせて貰ったもの。

Tainan16_006-1.jpg
六枚目のカットですが、バス停から運河のヨットハーバーまでは地図によれば1kmもなく、通りを素通りしては面白くも何ともなく、路地裏探訪がそもそものメインデッシュみたいなもんですから、辺りをキョロキョロしながら歩き回って、少しでも面白げな雰囲気の漂う側道があれば、果敢に入り込んで行くのが旅に共通するルールみたいなもんですから、今回も左手の鬱蒼と木々の生い茂る間の道に分け入っていく前にその通りの入り口付近を撮ってみたもの。

Tainan16_007-1.jpg
七枚目のカットですが、メインストリートを左に折れ、探訪してみた側道のほぼ行き当たり付近の廟前に置かれていた、中国文化上の伝説の動物等をモチーフとした金色の荘厳な飾りつけも目に鮮やかな、巨大な焼香炉の威容を夏の青空をバックに撮ってみたもの。

Tainan16_008-1.jpg
八枚目のカットですが、側道の奥から伸びる、別の路地みたいなところを通り、また元来たメインストリートに戻る途上、ちょっとした広場みたいなところがあって、そこにはちょっとサイケデリックなボディペイントを施された裸のマネキン人形一体がいつ走り出すのか判らない、黒塗りの輪タクの客席にこの世の終わりまで鎮座ましますようなオブヂェが置かれていたので、これ幸いにと一枚撮ってみたもの、

Tainan16_009-1.jpg
九枚目のカットですが、メインストリートに戻る途中の古い住宅地の生活道路の様相を呈した路地には台湾や香港、そしてマカオなどではもはやお約束とも云える、煉瓦の壁と石畳の路面、そしてちょっと風雪に晒され、ヤレたカンジのスクーターが如何にも撮ってください、と云わんばかりに揃えられていたので、ぢゃ、ご厚意に甘えて、となカンジで一枚戴いたもの。

Tainan16_010-1.jpg
十枚目のカットですが、途中寄り道しながら、夏はまず海の見える場所だわな、とか勝手に独りごちて老街の奥に広がる安平運河に設けられたヨットハーバーの浮桟橋を、そこそこ揺れるため、愛機ごと海水浴したりしないよう細心の注意で恐る恐るすり足気味に進み、21mmx1.5倍の画角でマストのてっぺんまでがちょうど収まる距離まで歩み寄り、涼やかなその真っ白い船体を収めてみたもの。

Tainan16_011-1.jpg
十一枚目のカットですが、かなり理想的な恰好のヨットを夏空をバックに撮れたという満足感もあり、かなり上機嫌でヨットハーバーそばの裏道探検へと邁進し、メインストリートの喧騒も気にならない奥地まで来たところで、この辺りの雰囲気にバッチシ合った地名表示板を打った壁を発見し、喜び勇んで撮ってみたもの。

Tainan16_012-1.jpg
十二枚目のカットですが、同じくヨットハーバーからゼーランディア史跡方面を目指しながら路地裏探検していると、台中近くの鹿港や桃園市の大渓、或いは高雄の南のリゾート旗津港辺りの路地から持ってきたかの如き、重厚な煉瓦造りの建造物の窓には何故か、夏の海や空を思い起こさせるが如き、淡いエメラルドグリーンに塗り分けられた金物や窓枠が嵌められており、日本の同時期の重苦しいカンジの建造物とはまた違った洒脱な雰囲気を感じ、一枚撮ってみたもの。

Tainan16_013-1.jpg
十三枚目のカットですが、ヨットハーバーから続いた細い路地はかなり大きな廟前の広場へと繋っていて、そこでも周辺同様、縁日というか、昼の日中から夜市みたいなお祭り騒ぎやってて、地元の住民コミュニテーが主催しているのでしょうか、商業臭の一切しない家族参加イベントみたいなコーナーがあり、そこではプラ製の人工魚介をおもちゃのリールと竿で釣り上げるゲームみたいなのが設けられ、かなり熱中していたいたいけな童子が居たので、傍らのオモニに声かけて親子モデルさんになって貰ったもの。

Tainan16_014-1.jpg
十四枚目のカットですが、同じく廟前広場のテント下でお孫さんと涼みに出て来ていたらしい爺様の姿が目に付いたので、ここでも北京語で声かけて、いかにも洗濯が行き届いて清潔そうな身なりの爺さまとお孫さん一緒にモデルさんになって貰ったもの。

Tainan16_015-1.jpg
十五枚目のカットですが、史跡公園の入り口付近まで来た時、何らかのイベントの合間に、お利口さんなことに一人でお買い物に来たのか、アンナと雪の女王のステージ衣装みたいなプリントされた恰好の小々姐が、台南ローカルスウィーツの屋台の前で、万国共通の小姐のどうしましょうポーズで品定めしている様子が面白かったので、背後に音もなく忍び寄り、一枚戴いたもの。

Tainan16_016-1.jpg
十六枚目のカットですが、ゼーランディア史跡公園に入場料支払って入場し、中を散策しながら色々と目に付く面白ろげなものを撮り歩いていたのですが、見慣れないカメラを提げた、妙に色の生っちろい中年ヲヤヂがキョロキョロしながらしゃがみ込んだり、背伸びした上に腕を伸ばしてカメラを構えたり、相当目立つパフォーマンスしているのが気になったのか、フィリッピンかインドネシア辺りから来たと思しき、いたいけな若いカポーの小姐の方が行く先々で好奇の視線を向けて来たので、それならば、と大砲越しにお二人の幸せそうな様子を一枚戴いたもの。

Tainan16_017-1.jpg
十七枚目のカットですが、史跡を一通り巡り、周辺も散策してから遅いランチにしようと思って、史跡の西側に位置する徳陽記行とかいう、かつての英国の貿易会社だった建物が午後遅くの西に傾き出した南国の太陽を背になかなか荘厳な雰囲気を醸し出していたので、中に入ろうかと思いきや、中に入ったら、建物全景や周辺が撮れなくなっちゃうわ、と思い直し、とりもあえず正面から一枚戴いたもの。

さて、次回は一転して国内は上州太田世良田の秘祭、「世良田祇園祭り2016」からレポート致します、乞うご期待。
  1. 2016/08/07(日) 19:59:33|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Traditional but friendly festival in a local town~Serada Gion Festival'16~ | ホーム | Mio amato stagione calda Folmosa~Taipei Tour'16Jul.②~>>

コメント

魅惑の台南エリア

迫力に圧倒されてますよ。

何ですかこのダイナミックな街の迫力は。
しかも行きかう人もカメラに収まることを良しとしている感じだし。

M9とウルトロン28㎜、バルター50㎜持って撮りに行きたいですわ。

来年あたりかみさんに行かないかと相談しないと。
  1. 2016/08/11(木) 17:45:13 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #aYDccP8M
  4. [ 編集]

Re:魅惑の台南エリア

出戻りフォトグラファーさん
有り難うございます。
そうですね、本文にも書いたように、ここ台南は、台湾の歴史の起点であると同時に東西の文明の交差点でもあり、そんな想像を越えた、時空に大きな根っこを持つ街だからこその雰囲気を少しでも感じ取って戴けたら幸いです。
或る意味、ここ台湾は、心情的には、沖縄よりもまだ日本に近いのかも知れないですし、快適で思い出に残る家族旅行をお望みならばうってつけだと思います。
  1. 2016/08/13(土) 23:19:02 |
  2. URL |
  3. Charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/487-342e101d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる