深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Rainy but very fruitful trip for historical festival~Ishioka Great Shrine Festival2016~

さて、今回の更新は、旅行に出かけていたため、一日遅れとなりましたが、先々週末に常陸の国は石岡のお祭りに雨の中、撮影に行って来たので、その結果をアップ致します。

当日は朝からあいにくの雨で、天気予報が悪い方にはずれ、お昼過ぎになっても一向にやむ気配無かったので、途中雨宿りしながら、撮れるだけ撮り、15時頃には早々に見切りをつけ、同行者の方ともども、土浦まで後退し、駅前でお茶して解散、という流れになってしまいました。

しかし、これも、新規導入のX-Pro2の実戦テストで、前日のピーカンの誘導路でのイベントの翌日は雨天の中の撮影という、まさにうってつけの過酷な環境だったので、ダメ出しと環境適応力のテストには大変参考になったと思っています。

では、当日の行動に沿って、実写結果を見て参りましょう。

機材はX-Pro2にレンズがシグマεズーム28-70mmf3.5-4.5Fでの絞り優先AE、全コマ開放撮影となります。

Ishioka16_001.jpg
まず一枚目のカットですが、同行の方と駅で集合し、まずは祭り撮影の基本中の基本である、祭神へのお参りということで、撮影中の無事と必殺ショットを祈願してのお参りに駅から徒歩10分強のところに鎮座まします常陸国総社にお参りし、雨宿りがてら、本殿北側の土蔵というか石蔵の下で一休みしながら境内を眺めていたら、凛々しい巫女さんが歩いてきたので、さっそくの御利益?とばかりに一枚戴いたもの。

Ishioka16_002.jpg
二枚目のカットですが、境内で雨も小休止したようなので、山車や神輿運行前のお祓い受けに集まってきた演者達の写真でも適宜撮ろうということになり、同行者の方と散開して、モデルさんを探し回ったのですが、茨城、殊ここ石岡のいたいけな小姐はなかなか積極的で、「一枚撮らして!」と頼んだら、周りの友達にも声かけて、「悩殺ポーズするから覚悟しとき!」とか神社境内にも関わらず結構大胆な発言ののち、一枚撮らして貰ったもの。

Ishioka16_003.jpg
三枚目のカットですが、いたいけな小姐三人組と話しながら撮っていたら、後ろからも声が掛かり「おぃ、兄さん、こっちも頼むぜ、美男美女揃ってるしさ、撮って宣伝してくれよ!!」とかビールでも飲んで滑舌と血行が良くなったヲヂサンから撮影を要求され、それでは、とお言葉に甘え一枚撮らして貰ったもの。

Ishioka16_004.jpg
四枚目のカットですが、本殿横のお祓い待ちの幌獅子屋台の前で、佐原の祭り小姐もかくやあらんばかりのきりっとした髪型、祭り半纏を着こなした姐さんが居たので、お願いして、獅子頭をバックに粋でいなせな後ろ姿を一枚撮らせて貰ったもの。

Ishioka16_005.jpg
五枚目のカットですが、先ほどの"悩殺"三人衆を含むいたいけな小姐演者各位が自分たちの地区の幌獅子屋台の獅子頭前で女子会的雰囲気の記念撮影を始めたので、町会の人の横に立って一枚撮らせて貰ったもの。

Ishioka16_006.jpg
六枚めのカットですが先ほどの幌獅子前での集合写真的な撮影を終わった小姐各位が、得意の自撮りを始めたので、なんか楽しそうだねぇ、おぢさんも混ぜてよ♪とか言葉巧みに近づき、熱心に腕を伸ばし、参加者全員の自然な表情を腐心して撮ろうとしている必死の姿を前方からラクして一枚戴いたもの。

Ishioka16_007.jpg
七枚目のカットですが、先ほどの"悩殺"三人衆の首領的小姐が、首の疑似接吻痕跡みたいなステッカーを亀爺、亀婆に見咎められ、興味本位の尋問されながら撮影されるという気の毒なシーンに遭遇したので、苦痛を少しでも緩和するため、適当な言葉の煙幕を張りながら、そのやや恥じらいを含んだ様子を一枚戴いてみたもの。

Ishioka16_008.jpg
八枚目のカットですが、境内での撮影もそろそろマンネリ化してきたので、同行者の方と諮って、駅方面に移動しながら、遭遇した山車、屋台の類いを撮って、途中で昼飯にしませう、ということで、参道から出て、メインストリートに続く市道のような辺りでまた雨脚が早まって来たので、アパート的な集合住宅の軒下で雨宿りさせて貰っているさなかに山車が演舞などしながら巡って来たので、そのアパートの軒下から一枚撮ってみたもの。

Ishioka16_009.jpg
九枚目のカットですが、同じ沿道のアパートの軒下から通行人を見ていたら、かなり美形の白人姉妹がこれまた上手に浴衣を着こなし、日本人小姐もかくやあらんばかりの美しい姿勢で傘を差しながら下駄をカランコロンカランコロンと鳴らしながら歩いて来たので、狙い定めて、何故かカメラ目線の妹さんも一緒に一枚戴いたもの。

Ishioka16_010.jpg
十枚目のカットですが、駅から伸びるメインストリートまでやって来て、そろそろランチ場所を探さにゃなりませんなぁ、ということで、同行者の方と話し歩きながらも、視覚と嗅覚はほぼ100%飲食店探査モードに入っていて、メインストリート北側の側道の100m程度先に「手打ち蕎麦」の幟が見え、そこへ速足で向かう途上、店舗兼住宅前で演舞する獅子舞が居たので景気づけに一枚戴いたもの。

Ishioka16_011.jpg
十一枚目のカットですが、なかなか結構なお味の鴨汁つけ蕎麦などを頂き、身も心も温まって、また撮影再開、メインストリート上をパレードする山車や幌獅子屋台を眺めながら、ここぞというシーンを待っていたのですが、一台の幌獅子屋台が、ちょうど目の前で、雨にも関わらず、かなり激しい動きの演舞を始めたので、ここぞとばかりにその勇姿を一枚撮ってみたもの。

Ishioka16_012.jpg
十二枚目のカットですが、先ほどの幌獅子屋台が目の前で一通りの演舞を終え、また大通りを移動すべく動き出し、次にやって来た屋台でも、雨具に身を固め、傍らをいそいそと付き添い歩く、いたいけな小姐達が居たので、その様子を一枚戴いてみたもの。

Ishioka16_013.jpg
十三枚目のカットですが、駅前の広場までやって来たら、神輿、山車、幌獅子屋台の類いが八時だょ、全員集合!状態で集結していたので、その近傍で面白い画を撮ろうと徘徊していたら、白装束に身を固めた若い夫婦者の演者が、その娘さんであろう、いたいけな極小姐を抱き上げ、満面の笑顔を見せていたので、すかさず通りざまに一閃浴びせたもの。

Ishioka16_014.jpg
十四枚目のカットですが、同じく駅前広場付近でlこちらは、神輿を担ぎに来たのか、お神酒に溺れに来たのか判らないような、真っ白い祭り装束に身を固めた髭爺が出来上がったかの如くクダをまきながら、神輿の周辺で同じ地区の若いモンとじゃれていたので、その楽し気な様子を背後から一枚戴いてみたもの。

Ishioka16_015.jpg
十五枚目のカットですが、駅前まで来ても、雨は一向に収まりそうにないので、土浦へ移動しようということになって、まさに駅へのエレベータ乗り場までやって来た時、先行していた同行者の方が、そっといたいけな小姐軍団にカメラを向けたら、「わー、カメラ向けてる、うちら撮って貰えるんだァ♪」とか大はしゃぎでポーズなどつけていたのですが、あいにく、そういうリアクションに慣れていないのか、同行者の方は、特段、反応するそぶりも見せず、清々粛々とカメラを向けるのみだったので、大慌てでダッシュし、お世辞含め、声かけて一枚撮らせて貰ったもの。

今回の感想ですが、先般の成田祇園以来、久々の雨の中でのお祭り撮影で、確かに途中、レンズは曇るは足場は悪いは、と撮影条件的にはかなり不遇でしたが、その分、いつもより、演者達との心の間合いはより近づいたカンジで、たまにはこういうお祭り撮影も悪くはないのでは、と思った次第。

さて、次回の更新は、先週末の釜山ツアーから二週間に亘り、今最も注目されている、ニューウェーヴの観光スポット等からのレポートをお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2016/09/26(月) 22:34:35|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<A port town with great hospitality and friendship tointernational travelers~Pusan Tour'16 Sept.①~ | ホーム | Thanks for hearty welcome of many Tomodachi in Yokota!!~Yokota Airforce Base Friendship day'16~>>

コメント

7枚目も良いけれど

15枚目が良いかも、と思いました。
今回雨天とのことでしたが、傘さしながらだとMFって使いにくくなるのですよね。

それでこういうのを撮るのは流石ですわ。

たまには私もX-Pro2を持ち出さないとなあ。
  1. 2016/11/14(月) 20:43:54 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #aYDccP8M
  4. [ 編集]

Re:7枚目も良いけれど

出戻りフォトグラファー さん
有難うございます。
まぁ、傘さしていても、巻上げというかシャッターチャーヂが自動化されていますから、いったんピント合わせれば、後は結構、何とでもなるものですよねぇ。
しかし、例の土浦の"人間バーベQ”サイゼリアでふとΣレンズ見たら、結露で真っ白けに曇っていたのを見て肝が潰れそうになりましたわ(笑)
  1. 2016/11/15(火) 00:11:24 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/493-12c91ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる