深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

A port town with great hospitality and friendship tointernational travelers~Pusan Tour'16 Sept.②~

さて今宵のアップは、やむにやまれぬ事情で一週間空いてしまいましたが、9月の下旬に出掛けた釜山ツアー三日目、正確にはもはやソウルの方が近い「群山」という地方都市に残る、植民地時代のレールの回りを取り巻いたレトロな環境を売り物とする、西海岸のニューウェイブ観光地「群山線路村」からのレポートをお送り致します。

ここ群山市は全羅北道に位置しますので、釜山よりはむしろ同じ西海岸エリアのソウルの方が近いのですが、今回、釜山をベースキャンプとしていたので、朝9時半釜山駅発のKTXソウル行に乗り、11時過ぎに大田駅着、そこから何とか市内バス停の乗り場を探し出し、市内バスに乗って、市中心から離れた総合バスターミナルまで移動し、その時点で一時間に一本の群山行きバスが11時半に出てしまったので、むしろこれをランチタイムと捉え、バスターミナルとも大型ショッピンセンターとも思える建物にあるキャフェテリアで、韓国風饅頭こと丸形蒸餃子の定食と長尺海苔巻き定食計6300ウォン(約580円)を頂き、しかるのち、12時半発のバスで1.5時間かけて群山バスターミナルに辿り着いた次第。

で、肝心の京岩洞線路村はバスターミナリから看板など出ていよう筈もなく、出発前にネットで見た地図の記憶を頼りにそれらしき方向に歩き、10分ほどで発見し、そこから2時間半近く廃線の線路上を行きつ戻りつし、みっちりとスナップしたというのが当日の顛末。

ではさっそく、当日の行動に沿って実写結果を見て参りましょう。
機材はカメラX-Pro2、レンズはVoiktlaender Ultron28mmf2.0での絞り開放AE撮影です。

Gunsan16_001.jpg
まず一枚目のカットですが、バスターミナルから程近い駐車場の中に残ったレール敷設の痕跡を頼りに東に歩いて行ったら、やっと廃線の線路実物が残されており、それに耳をつけて汽車の到来を予想していた、いたいけな童子の堅そうな金属製のオブヂェがあったため、これ幸いにと一枚戴いてみたもの。

Gunsan16_002.jpg
二枚目のカットですが、こんな閑散とした簡易公園みたいなところが、ソウルからの半日観光地として、今や釜山の甘川洞文化村と人気を二分するとも云われているポップでシュールでノスタルヂックなエリアのはずがないと考え、ただひたすら記憶を頼りに東へと歩いて行ったら、やっとそれらしき、かつての線路脇住戸の跡が目に入って来たので、一枚戴いてみたもの。

Gunsan16_003.jpg
三枚目のカットですが、ただひたすら、廃線となった線路の脇に、古めかしい造りながらも妙にペイントが生新しいカンジの店舗兼住宅のような建造物というか構築物のようなものが果てしなく続いているので、このエリアとしては珍しく閑散としたその様子を一枚戴いてみたもの。

Gunsan16_004.jpg
四枚目のカットですが、線路伝いに、速足で歩きながら、モデルさんになってくれる人というか、少なくとも甘川洞文化村には及ばずとも、それなりに人を入れて撮らないと、退屈した写真ばかりになってしまうので、後から、黄色い喚声を上げながら追い越して行った、いたいけなアガシお二人様の後ろ姿を借景として辺りの様子を一枚戴いてみたもの。

Gunsan16_005.jpg
五枚目のカットですが、この廃線の線路伝いに歩くこと約30分ほどでやっといたいけな韓国人カポーの行き交うエリアに到達したらしく、皆一様に仲睦まじく、手など繋ぎながら線路の間の枕木を踏みながら歩いたり、或いはどちらかが線路上を平行棒代わりに歩いてみたりとしていたのですが、白のトップスと白のソックスがなかなか清潔そうな雰囲気を醸し出しているカポーが笑顔で「アニョンハセヨ~」とか挨拶して通り過ぎて行ったので、挨拶を返すや否や、振り向きざまに一閃浴びせたもの。

Gunsan16_006.jpg
六枚目のカットですが、居ました、居ました、甘川洞文化村にもたむろしていた、日本の古い中高生の制服をレンタルしてこの近傍を散策したり、記念撮影していたカポー、グループのうち、特にノリが良いアガシ集団が目についたので、声かけて、撮影仲間に入れて貰ったもの。 

Gunsan16_007.jpg
七枚目のカットですが、どうみても宮崎某監督作品から無断借用して来たような、線路脇の店舗兼住宅の壁画の前で、なかなか良いノリとリズムで制服撮影ごっこみたいなことをやってたアガシグループが居たので、声かけて個人撮影会に持ち込んだもの。

Gunsan16_008.jpg
八枚目のカットですが、造りは古めかしいですが、中間色のツートンカラーに塗り分けられた屋外階段の色合いとその手前に置かれたプランターの造形がえも云われぬキッチュな雰囲気を醸し出していたので、ここは人通りが捉えた頃合いを見計らって一枚戴いてみたもの。

Gunsan16_009.jpg
九枚目のカットですが、貸衣装屋の兄ちゃんと思しきカメラマンに注文付けられ、傍からみればかなりオーバー演出気味のポーズをセリフ付きで熱演していた、いたいけな若いカポーとその愉快な仲間達が居たので、その仕切ってると思しき友人に声かけて、カメラマンの兄ちゃんの真横で一枚撮らせて貰ったもの。

Gunsan16_010.jpg
十枚目のカットですが、ここ線路村で一番流行っていると思しき、土産物屋兼カフェ兼貸衣装屋の店舗斜め手前から、目の前を通り過ぎて行った若いグループ各位を借景とし、その辺り一帯の様子を一枚戴いてみたもの。

Gunsan16_011.jpg
十一枚目のカットですが、ここも線路村上の簡易カフェというかお休み処的なキャラクターの店舗で、ソフトクリームやらフレッシュヂュースなどを商っており、確か、散策で小腹の空いたカポーや育ち盛りのいたいけな童子達のため、たこ焼き状のスナックも売っていた店先を一枚撮ってみたもの。

Gunsan16_012.jpg
十二枚目のカットですが、線路村内の比較的人通りの多い商店街みたいなところをモデルさん求めて、行きつ戻りつしていたら、どうも視線を感じるので、そちらに目をやれば、ちょっと年齢はいっちゃってますが、なかなか美形のアガシが日本のセーラー服夏服なんか着込んで、目が合った途端、カフェの席から手のひらをひらひら左右に振って、如何にもあたし達撮って!というゼスチャだったので声掛けてモデルさんになって貰ったもの。

Gunsan16_013.jpg
十三枚目のカットですが、ここ群山線路村はまだ日本国内のガイドブックにも載っておらず、トリップアドバイザー辺りにも、アクセス方法を詳細に記した訪問記みたいなのはなかった筈なのですが、結構な数の中国、ないし台湾からのカポーが目に付き、これから黒竜江省の田舎町の結婚式の二次会行きますよ♪みたいないで立ちのカポーが手を繋いで追い越していったので、国際親善のため、後ろ姿を一枚戴いてみたもの。

Gunsan16_014.jpg
十四枚目のカットですが、だいたい観光地で声掛け撮影みたいなのをネチネチやっていると、ほぼ必ずと云って良いほど出て来るのが、「スマホンでシャッター押して♪」系のカポーや小集団で、カメラを二台下げ、モデルさんを探して徘徊していたら、先ほどの「飾らない窓の少女」達との会話を聞いていたのか、アタシ達も撮って、と自分達のスマホンを差し出して来たので、モデルさんもお願いしたもの。

Gunsan16_015.jpg
十五枚目のカットですが、往復運動より、流行りの商店が立ち並ぶ線路村上の繁華街付近で獲物を待つ方が効率的だと云うことに気付き、待っていたところ、ほどなく、お揃いのピンストライプのスーツっぽいペアルックで、20代後半の背の高いかっけぇカポーが来たので、通り過ぎざまに一閃浴びせたもの。

Gunsan16_016.jpg
十六枚目のカットですが、現実問題としたら、大変なことになりそうですが、若夫婦が幼子を抱いて中学生の制服をお揃いで着込み幸せそうに歩いてきたので、声掛けて、どうして日本の制服着て散歩するのが韓国で流行っているの?と英語で問うてみれば、フレッシュでクールだと思わない?と聞き返されたので、そんなものかなぁと思いつつ記念撮影させて貰ったもの。

Gunsan16_017.jpg
十七枚目のカットですが、同じく線路村の”繁華街”付近では、ここで借りたもの、或いは持ち込みを含め、結構な数のコスプレ系の男女、ないし女x2のカポーが頻繁に通り、カメラを構えた人間の前で、結構渋めに決めて通り過ぎて行く秀逸スポットがあったので、そこで待ち構えていたら、結構イケてる仮想男女カポーが目線くれながら歩き去って行ったのでこれ幸いにと一枚戴いたもの。

今回の釜山ツアー通しての感想ですが、うーん、韓国ってホント反日国家なの?対日感情悪いの!?という疑問でした。
そもそも、入社してすぐ同期の友人とソウルに旅行し、たまたまGWは国の独立に関わる祝日が有ったり、5/1は防空訓練の行われる日だったりしましたが、それでも現地の大学生ほか若者は日本の同世代の人間と交流したい、という欲求の方が勝っていたと記していますし、今もそう変わっていないと思えました。実際、今回の釜山ツアーでは声掛けて断られたのは一回もなかったですし、前回の釜山も、その前の旧正月のソウルも同様でした。まぁ、個人的には実際に居心地良ければ、マスとしての記号はどうでも良いことですが。

さて、次回以降は10/7~15までの南蛮大冒険記を三週連続でやっちゃいましょうかね、乞うご期待。
  1. 2016/10/05(水) 22:48:47|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<¿Puedo sacar una foto?~Spain photographic tour2016①~ | ホーム | A port town with great hospitality and friendship tointernational travelers~Pusan Tour'16 Sept.①~>>

コメント

線路際という状況が面白いです。

廃線跡は日本では活用が少なくて、思うところ桜木町の貨物線や歩行用の林道位ですが、こうしてあえて線路を残して整備済みというのが、なんらかの歴史やいわくを残す意思がありそうな気がしました。

海外ではアメリカニューヨークにも最初期の高架鉄道軌道を残してコミュ二ティの場所があったり、比国ではまだ列車が走る軌道の際を住民が居住する例がありますが、もともとの居住場所を分断されたり、政策の厳しさを逃れて専従居住権を振りかざしたり、不法占拠を線路際に陣取るというのは、そういえば世界中に在りそうな事だと思いました。

都会や世間の喧騒から離れ、ほのぼのとした文化がこうした線路際に展開されている様で、先進国に追いつけ追い越せの韓国の別の一面を見た様で、とても面白かったです。
  1. 2016/10/22(土) 18:35:25 |
  2. URL |
  3. treizieme ordre #-
  4. [ 編集]

treizieme ordre さん
有難うございます。
実はハノイでも似たような風景がありまして、そこは一日数回列車が通るので、線路脇の住民は列車にぶつからないように線路周囲の物品を片付けなければなりません。
尤も、香港の路面電車の折り返し点である北角の市場でも似たような風景はあり、ただ、ここの面白いところは、親日国家と云われる台湾が日本統治時代の遺物を大切にレストア、保存し、前向きに観光資産として活用しているのと同様、世間では反日、或いは日本統治時代そのものをリセットしたがっているとさえ言われるここ韓国で、このように日本が敷設した線路を大事に保全し、そこをニューウェイブの観光地として売り出していて、更にそこを訪れる若者たちに日本の高度成長期までの男女学生服や自衛隊の古い制服を着て闊歩するのが流行っている、ということなのです。
近くの国なので、ぜひ、一回は訪問されて、先の「甘川洞文化村」同様ご自分の目で検分されることを強くお勧め致します。
  1. 2016/10/24(月) 23:24:06 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

ウルトロンがクールですな。

スペイン旅行の写真を見た後でこちらを見ると、X-Pro2についてはアジア圏の空気感で最適化していたのかなと思いたくなるような色合いに見えました。

線路際をこういう風に整備しているからなのか、観光客の雰囲気も良いですね。
学生服が人気とは知りませんでしたが、まあ何が流行るかわかりませんわね。

6枚目と16枚目が良い感じです。
特に16枚目は下に説明なかったら「学生結婚かいな」と勘違いするところでしたよ。
  1. 2016/11/14(月) 20:32:28 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #aYDccP8M
  4. [ 編集]

Re:ウルトロンがクールですな。

出戻りフォトグラファー さん
有難うございます。
そうですね、概ね韓国、台湾行くときはスターティングメンバーに入っていますし、Elmarit21mmf2.8と負けず劣らずの戦果を挙げてくれてますから、X系列との相性もバツグンに良いのかも知れませんね。
ただ、ヨーロッパの高緯度地区の重々しい石造りの建築様式に囲まれた路地裏などでは、やはり、近似スペックのElmarit28mmf2.8には一歩譲らざるを得ないと思ったのもまた事実です。
  1. 2016/11/14(月) 23:58:47 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/495-db932c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる