深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

¿Puedo sacar una foto?~Spain photographic tour2016①~

さて今宵からのご紹介は、奉公先の会社での永年勤続褒賞旅行として、10月6日~15日まで滞在していたスペインアンダルシア地方の旅から三週に亘りハイライトをお送りいたします。
まず一週めの今回は、日本からの便でブリュッセル経由バルセロナに入り、翌日の朝、実質上の旅行スタート地であるペニスコラから、翌日、丸々一日がかりで列車で移動したコルドバまでのカットを紹介致します。
では、さっそく、行程に沿って街や人々の様子をレヴューして参りましょう。

Spain16_001-01.jpg
まず一枚目のカットですが、到着二日目の朝、やや遅めの10時過ぎの列車でバルセロナから南下したカステリョン・デ・ラ・プラナに移動し、そこの喜劇駅前ホテルにいったんに荷物を預けて、また電車に乗り、行程途上、通過したペニスコラという観光地最寄駅まで戻り、まずは徒歩で見られる範囲を見ようと思い、海岸方面に歩き、やっと市街地に入った辺りで人通りがあったので、これ幸いとシャッター切ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_002-01.jpg
二枚目のカットですが、同じくペニスコラの新市街地でともかく目の前に見える大きな聖堂みたいな建物を目指して歩こうと思い、歩きながらキョロキョロと被写体を探し、国旗みたいな旗を軒先に飾った、いかにも南欧風の色使いの建物の前を比較的、通行人が通り過ぎて行ったので、街の雰囲気を掴むべく、一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_003-01.jpg
三枚目のカットですが、ペニスコラの駅からは彼方に見えた大聖堂の下まで辿り着いたら、ちょうどシエスタの時間に掛かったのか、街行く人々もまばらな時間帯に掛かってしまったのですが、シエスタとは関係ない、スペインのアンダルシア地方の農夫夫妻の素朴ながら力強い銅像が午後の夕陽に輝いていたので、街並みを背景にモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_004-01.jpg
四枚目のカットですが、到着二日目のペニスコラでの歩け歩け運動も無事パスし、翌日は朝から約9時間掛け、カステリョン・デ・ラ・プラナ駅からコルドバまで内陸部を通った鉄道の旅で移動し、四日目、10月9日から11日の朝まではコルドバに滞在しましたが、そのコルドバ到着翌日の朝、さっそく街撮りに出かけた際の近くの裏通りの表情を一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_005-01.jpg
五枚目のカットですが、コルドバも地方とはいえ、それなりに大きな都市で、しかも世界的に有名な観光地でもあるため、常に人通りも多く、表通りの歩道上には地元住民、欧州からの観光客目当てのカフェがテラス席代わりにパラソルとテーブル、チェアを所狭しと並べ、通勤途上と思しきローカル小姐が今まさに着座せんとするところを捉えたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_006.jpg
六枚目のカットですが、コルドバ滞在中のベースキャンプたるホテルのフロントで教えられた遺跡群や世界遺産指定の旧市街に向かう道すがら、商店と中小オフィスが混在する商業エリアを通るのですが、その途上、大通りの両側に街路樹が植えられていて、その横断歩道を思い思いのファッションで通り過ぎて行く人々の姿がとても興味深く思えたので、車も少なかったことをこれ幸いにと路上から一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_007.jpg
七枚目のカットですが、やっと旧市街の入り口に来たら、物凄いR音巻き舌というか、口の中で下をブルブル震わせるラテン系の発音の早口でおしゃべりしていたローカル小姐が居たので、さっそく、イタリア語なまりのスペイン語で話し掛け、交渉成立、モデルさんになってもらうことになり、ぢゃ、シャッター切るからね♪というところで、何故か、通り掛かった関係ないカポーの兄ちゃんが自分のGF放っぽり出して飛び入り参加したもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_008.jpg
八枚目のカットですが、同じくコルドバの旧市街地のエリアを細い道、細い道、しかも極力、両側が古そうな建物がせり出している通りを選んで歩きながらシャッター切っていたのですが、それでもまだ南欧の遅い出勤時間とラップしていたのか、地元民各位の人通りが結構多かったので、通行人役として出演願い、教会裏で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_009.jpg
九枚目のカットですが、旧市街でも、それほど古い歴史的な建造物ではないにせよ、日本やアジア諸国とは違い、ともかく、街の景観に於ける調和がうるさく云われるヨーロッパでは外観の造りや色調も相当気を使って建てられており、狭い路地を歩いていると、光の射し込み方ではっとするような自然のライティング見せてくれることがあり、ここもその手始めのようなものだったので、一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_010.jpg
十枚目のカットですが、同じくコルドバの旧市街地エリア付近の裏通りのビルの谷間にテーブルやチェアを所狭しと並べたカフェの佇まいをローアングルから見上げる格好で撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_011.jpg
十一枚目のカットですが、写真撮りながら、色々と寄り道、回り道をして旧市街エリアの広場的なところに出たら、なかなか洒脱なファッションでスキンヘッドという、ロンドンの下町やミラノ辺りで出くわしたら、ちょっと引いちゃいそうな佇まいの若い父親が、眼つきも鋭く、辺りを睥睨しながら乳母車を押して歩いて来たのですが、声掛けて、写真撮らして貰うことに合意したら、途端にこんな優しそうなパパの顔に変身しましたとさ、という逆大魔神的な例であります。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_012.jpg
十二枚目のカットですが、同じくコルドバの旧市街で主に画になりそうな路地裏、裏通りを探しながら徘徊していたら、高校か大学でも在るのか、ジーンズにヨットパーカーみたいなファッションのいたいけな若者各位が盛んに通っている小路が有ったので、その途中に佇み、一個分隊が通り過ぎざまに一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_013.jpg
十三枚目のカットですが、同じくコルドバの旧市街には大小合わせ、結構な数の教会があり、その周囲にも路地裏、裏通りの類いが有って、そこを探訪せんと歩いていたら、遥か彼方から、カソリックの尼さん各位が話しながら歩いてきたので、カメラを構え、4~5mの距離まで近づいてきた辺りで、笑ってこっちを見ているのを確認出来たのでシャッター切ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_014.jpg
十四枚目のカットですが、マラガ到着後回ることになっている白い家の村三点セットではなくとも、地中海沿いの都市で、イスラームの文化が根柢にある都市では、モロッコやチュニスのような石やレンガで出来た家に漆喰等で白い外観を施す例は数多くあるらしく、ここコルドバも、長い間、後ウマイヤ王国だったかのイスラーム国家の首都だったため、通りからちょっと入るとこういう白い家の路地があり、嬉しくなってさっそく一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_015a.jpg
十五枚目のカットですが、これは、先の十四枚目の白い家の建ち並んだ路地の辺りを散策していたら、付近にそこそこの広がりで白を基調とした店舗或いは住宅などが立ち並ぶエリアだったので、程近い別の裏通りで通行人がやってくるのを待って一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_016.jpg
十六枚目のカットですが、コルドバ旧市街の表通りは、マラガやバルセロナに比べれば数十キロ内陸部とは言え、それでも地中海沿岸の都市群のひとつには違いないので、スカコンキーン♪とした色温度の高い、強めの陽射しはもれなく付いてきて、旧市街エリアのランドマークのひとつである旧王宮東の広場で佇んでいたら、陽光をバックに急に馬車がやって来たので、とっさに構え一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

Spain16_017.jpg
十七枚目のカットですが、旧市街エリア屈指の撮影スポットである旧ユダヤ人街の裏通りを歩きながら、人通りを待っていたら、ちょうど、左右の建物、道の奥行きもイイ案配の辺りで、地元住民と思しき小姐数名が慌ただしく通り過ぎようとしていたので、これ幸いにと一枚戴いたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeica Elmarit21mmf2.8での絞り優先AE、開放撮影です。

さて、次週はコルドバ二日目からマラガ一日目、白い家の村シリーズトップバッター?のロンダ行きます、乞うご期待!!

  1. 2016/10/23(日) 22:43:14|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<¿Puedo sacar una foto?~Spain photographic tour2016②~ | ホーム | A port town with great hospitality and friendship tointernational travelers~Pusan Tour'16 Sept.②~>>

コメント

11枚目でようやっと。

スペイン一日目ですね。
見ていると11枚目でようやっといつものCharley944さんの写真になったなあと思いました。
16枚目も良いですよね。
それまでの被写体との距離感がいつもより離れていたのはやはり初めての地だから、ということでしょうか。
M8とX-Pro2の二台体制で行ったからでしょうか、両者それぞれの良さをどう出すか、ということで悩んでいたようにも見えました。

いっそ、この画像データをライカジャパンと富士フィルムに持って行ったら喜ばれそうな気がします。
量産品+距離計連動レンズでスペイン撮ったらこうなりました、的なデータのオンパレードですし。
  1. 2016/11/14(月) 20:25:17 |
  2. URL |
  3. 出戻りフォトグラファー #aYDccP8M
  4. [ 編集]

Re:11枚目でようやっと。

出戻りフォトグラファーさん
有難うございます。
まぁ、人物だけ撮りに行ってるワケでもないし、21mmという広角は街の路地裏撮影メインの機材選択なので、かなり慣れない街での完熟走行モードは滲み出てますが、1~6枚目までこれらはこれらでアリでしょう。
本気モードというか、街のリズムに慣れたのは実質的には7枚目からで、小姐に声かけて、エ~嬉しいとか言ってカメラの前に立ってくれた横に通りすがりの兄ちゃんが飛び入りしたところで、もう台湾、韓国、香港と同様の海外スナップモードのスイッチは入ってましたよ(笑)
  1. 2016/11/14(月) 23:53:36 |
  2. URL |
  3. charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/496-620ff4d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる