深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

個展写真 2016 Dec.

さて、いよいよ、今年最後の本ブログ更新となりました。
今回のアップは予告通り、遠く離れても目指すは同じ美の追求、それを写真というひとつの登り口から高みを目指そうとしている同志への、変わらぬ友情の証として、都内某所で30日まで開催されている拙個展の作品12点を一挙にアップ致します。
お題は会社の永年勤続褒賞で貰ったスペイン旅行で出会った地元の人々の惜しみない笑顔と彼らとの交歓で、コルドバ、マラガで10月の中旬に撮影したものです。
ではさっそく、追って作品を見て参りましょう。
_DSF1725-01.jpg
まず一枚目のカットですが、到着三日目の9時間に及ぶ鉄道の長旅を経てやっと到着したコルドバ滞在一日目の午前、愛機2台に必殺レンズを装着してコルドバの旧市街の城壁界隈を「闘牛士の唄」など鼻歌で歌いながら歩いていたら、城壁の下に座っていたタバコ工場に勤めるという女工さん達が口笛吹いたり、ウインクしたりして手招きしてくれたので、日本からバルセロナ経由鉄道で来たんだと話したら、アタシ達の写真撮って!ということだったので、この若くて美しい21世紀のカルメン達を闘牛士エスカミリオ宜しくウインクして一枚戴いたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8初代による絞り開放AE撮影です。 

_DSF1760-01.jpg
二枚目のカットですが、カルメン達に別れを告げ、ひたすら旧市街の中を進み、大きな河の近くの城塞まで来て、河を挟んだ橋の向こう側の塔まで行ってみようと思い、石造りの荘厳な橋を渡りかけて暫くしたら、いたいけな極小姐が走ってきてぶつかりがてら、左脚に取りすがって立ち上がったところ、そのオモニとやはり健気な幼い姉が走り寄ってきて、苦笑して謝りながら、怪我は無かったの的なことを聞いていたので、これも何かの縁なので、日本から来たんだけど、記念に写真撮らせてね、と声かけたら、即OK、三人揃って、旧城塞をバックにモデルさんになってくれたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8初代による絞り開放AE撮影です。 

_DSF1779-01.jpg
三枚目のカットですが、母娘に協力の礼を云って別れ、橋を渡り切ったところに聳え立つ、魔法使いがお姫様を閉じ込めておくのに専ら使いそうな石造りの頑丈な塔の根元で、親子三人、娘である小姐のアイポンで腕を伸ばし切って三名一緒に記念撮影をしようとしていたのですが、傍目に見ても全然上手く行っていないようだったので、卒爾ながら、と声かけて、シャッター押して上げたら相当喜んでくれたので、じゃその代わりに娘さんをモデルとして供出してくれい!と要求したもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8初代による絞り開放AE撮影です。 

_DSF1861-01.jpg
四枚目のカットですが、城塞近傍でのなかなかの戦果に満足し、旧ユダヤ人街を撮ってから、ローカル名物のランチにでもしようと思い、城塞裏の旧市街の道を歩いていたら、やたら視線を飛ばしながら、ヒラリヒラリと軽快に歩く、如何にもスパニッシュキャリアガール、という雰囲気を漂わせた小姐が向こうからやって来たので、これも声かけたら、あらま日本から? シーズンオフにようこそ☆てなカンジで即決、街頭モデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはLeitz Elmarit21mmf2.8初代による絞り開放AE撮影です。 

_DSF2021-01.jpg
五枚目のカットですが、食事してから夕方までちょいと休もうと思い、駅前のホテルに引っ込んで、シエスタ宜しく一時間半ばかりも午眠し、陽もだいぶ西に傾きかけた19時前に得物をM8に持ち替えて、晩飯前の腹ごなしとばかり、再度、旧市街に出撃、駅前から続く公園通りから旧市街に入った辺りでバレーの練習から戻って来たと云う、婆ちゃんと孫娘に遭遇したので声かけてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

_DSF2025-01.jpg
六枚目のカットですが、いつかは日本に行きたいというまだ幼いものの、美しさが光る将来のプリマドンナとその保護者の婆ちゃんに礼を述べ、旧市街の城壁方向に進んで行ったら、特徴的な顔立ちの三人連れに出会ったので、婆ちゃんに声かけて、お孫さん二人とともに古い街並みをバックにモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

_DSF2037-01.jpg
七枚目のカットですが、旧市街のランドマークのひとつ、城壁遺構の南側、午前中にタバコ工場の女工さん達と出会った辺りより若干南側の壁の切れ目から旧市街へ入ろうと通り掛かったら、「ハィ! ハポネ?」とか声かけてくる少年達が居たので、その通りだけどどうしたの?と聞いてみたら、イイカメラ下げてるんで、オレ達を記念に撮ってよ、ということだったので、一列に並んで貰い、ハイポーズ!とやったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011207-01.jpg
八枚目のカットですが、旧市街の宵の口の様子を一時間強に渡り存分に撮影し、そろそろおなかも空いてきたので、公園の中にある、ちょっと小粋なフードコートみたいなところで、到着した晩にたまたま寄ったバレンシア料理のコーナーが値段もリーズナブルだし、小姐もカンジイイし、何よりも料理が旨いので、そこを目指して気もそぞろに歩いていたら、道の向こうから、如何にも撮って頂戴オーラを発しているロコガール二名がやって来たので声かけて新市街との境界辺りで一枚撮らせて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011191-01.jpg
九枚目のカットですが、コルドバに二泊の後、今回の旅のメインステージであるマラガまで電車で一時間強かけて移動し、到着したその日の夕方の市内の宵の口の様子を日本最強のハイスピードスナップレンズの威力で以て切り取ろうと、M8一台身に着け、旧市街に入ってすぐ、イカした兄ちゃん、姐ちゃんと遭遇したので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。
この中国人3世の兄ちゃん、英国人2世の姐ちゃんのカット、とても傑出した出来に思えたので今回の写真展のコンセプトを表す案内DMの図柄にも使ったくらいです。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011220-01.jpg
十枚目のカットですが、ちょっと見はおっかなげながら、実に気のイイ、兄ちゃん、姐ちゃんに心から協力の礼を述べ、また旧市街を徘徊していたら、とあるカフェの横に佇む、遠い目をした爺さんと、実にやんちゃそうな目がクリクリした女の赤ん坊のコンビが居たので、声かけてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011234-01.jpg
十一枚目のカットですが、旧市街の中心部、すっかり陽も落ちて、これからバールやリストランテなどの営業が本格化する時分に、だいぶ客が入って来て、慌ただしくウェイターが仄暗い客席の中を飛び回るカフェの出入り口横に佇み、一心不乱にスマホンでメールなんかしながら、何かしらぶつぶつ言ってるんで、妙に日本の若いもんを思い出し、その様子を賑やかなカフェの店内を背景に1枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放AE撮影です。

L1011445-01.jpg
十二枚目のカットですが、出発当日の午前、フライトは15時台で市内から30分もあれば簡単に着けるマラガの空港へ移動する前に時間を12時半まで、と決めて、カメラはM8一台に絞り、旧市街地を徹底的に歩き回り、それこそ3分に一回はシャッター切ってるくらいのピッチでとにかく目に付くものを撮りまくり、カフェで優雅なブランチを撮ろうとしていた親子の息子さんと目が合ったのをイイことに挨拶がてらモデルさんになって貰ったもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放AE撮影です。

今回の感想ですが、初の個展、だいぶ仕事が忙しい時期と準備期間が重なってしまったのですが、やって良かった、ホント、誰がではなく、ギャラリーの壁一面に飾られた自分のまだ新鮮な記憶と改めて向かい合うことで、かなり難度は高いですが、それが故、達成出来た満足度もこれまでになく高い独り旅への感慨がこみ上げてきたのです。

今年も拙ブログご愛顧、有難うございました。

新年は愉快な仲間たちとの撮り初めを1/7に行いますので、1/8を初アップと致します。

では、どちらさまも佳きお年をお迎え下さい。
  1. 2016/12/26(月) 23:25:10|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<I don't know why but it's Shanghai 2016① | ホーム | Snap around the downtown of Tokyo'16.Dec.>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/12/29(木) 14:08:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re: 涙と雨の祝福を

TAROさま

あけましておめでとうございます。
過分のお褒め有難うございます。
また拙写真展へわざわざご足労頂きまして、重ねて御礼を申し上げます。
実は、小生、カメラやレンズのみならず、焼き物、刀剣、結構、いろんな方面に趣味があり、そのせいでまだ何も極められてはいないのですが、それでも、判ることは、どれも道具として形を授けられ、この世に生み出されたものは、その本来の機能を発揮してこそ、存在価値が有る、という信念なのです。
従って、たとえば茶道具では時代を経て高価なものはもはや稀少芸術品としてのみ存在を許され、実際の茶会などで茶人達に愛でられ、その喉を潤すという本来の役割を喪失ししてしまっています。
確かにあまりに貴重なものはその形を出来る限り後世に残す、という目的を正とすれば、そういったもはや眺めるだけの存在としてしまうこともまたひとつの正義ですが、しかし、本来の工業製品であるべきレンズ、カメラはそういったものとは一線を画されるべきと思います。
尤もこれには異説もあって、小生のことを敬遠したがる層の最も主要な論点なのですが、経年変化を極力排して、工場からベストの状態で送り出された性能で以て、目の前の人物、風景を写し、そして残すべきなのであって、骨董品が骨董たる”時代”をリセットするところから、作品造りを共に行う戦友となる、という方針なのです。
幸いなことに小生の撮影スタイルや思いを100%理解してその思いを叶えるレンズレストアをリーズナブルなコストで請け負ってくれる業者さんも複数います。
そして、国内のお祭りでも海外の街角でも、声かけて笑顔を貰って写真を撮る・・・これも或る意味、だれでも目滅滅法声かけて数撃ちゃ当たるということでもなく、この人たちの今の時間を共時的に伝え、通時的に残したいという思いで声を掛け、そして、その思いを汲み取ってくれた人たちとの無数の共同作業の結果だと思っています。
また、機会があれば、語らい合いましょう、そして、仲間内のイベントは常にオープンですから、一緒に撮りに行きましょう、
では、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

深川精密工房主 大澤
  1. 2017/01/03(火) 20:36:12 |
  2. URL |
  3. charley944 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/504-fba412c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる