深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

I don't know why but it's Shanghai 2016②

さて、お待たせ致しました。
今週のアップは前回からの続きで、昨年12月の22~25日まで滞在した上海ツアーの三日目、市内准海中路を散策しながら撮影したカットとなります。
先週述べた通り、スタートは市内中心部西寄りの交通大学駅ですから、最終目的地の外灘までは、上海市内の中心部、しかも目抜き通りを東西に延々と徒歩で歩き抜いたことになります。
しかしながら、当日は、天気もすこぶる良い上、このシーズンの中国大陸にしては例外的な温かさで、ほぼ東京都同じくらい、下に薄手のカーディガンを羽織れば、ジャケットだけで快適に行動出来たのが有り難かったです。
では、当日朝からの行動に沿って、逐次、実写結果を見て参りましょう。

Shanghai16_018f.jpg
まず一枚目のカットですが、交通大学駅から出て、東に向かって歩いて行くと、ここ准海中路伝いがかつてのフランス租界で、今も在外公館も多くある、ちょうど、東京の青山通りと山手通りを足して割ったようなエリアであることから、欧州風の建物や店構えの商店も多く、白人観光客が白い息を吐きながら足早に通り過ぎて行く様は、あたかもヨーロッパの何処かの都市に佇んでいるかの如き錯覚を覚えたので、一旦立ち止まり辺りを一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはVoigtlaender Ultron28mmf2.8による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_019.jpg
二枚目のカットですが、同じく上海中心部を東西に走る准海中路上のショッピングエリアで、おそらくはクリスマスセールか何かの催事で、落穂拾いを目論でいると思しき、険しい表情で店舗に入らんとする白人小姐の横顔を路上から、傍観者視線で戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_020.jpg
三枚目のカットですが、准海中路伝いには、撮影スポットでもある観光スポットがそこここに点在しており、まず一発目の著名観光スポットである「新天地」に立ち寄り、レストアされたという石造りの租界的な建造物の間の通路を嬉々として今風のファッションに身を固め歩いてくるいたいけな小姐二人組が至近距離まで寄るのを待ってシャッター切ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_021.jpg
四枚目のカットですが、ここ「新天地」は上海市内に点在する人気スポットの中でも、最も新しい部類に属することもあり、古くからの豫園とか、上海老街などと比べると、訪れる人々も、何処となくファッショナブルで、まさに代官山辺りの洒脱なショッピングエリアを散策する人種と似通っていて、そんなオシャレな若い夫婦者が、自撮り棒で記念撮影なんかするアンマッチ感が面白く、斜め前から一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_022.jpg
五枚目のカットですが、ランチも戴いたので、そろそろ「新天地」から次の撮影エリアへ移動しようかと出口方面に向かって歩いていたら、ベトナムからの観光客という子連れの若い夫婦者に首から下げているM8とSummaritを目ざとく見つけられ、話掛けられたのですが、要は、自分達のアイポンで記念撮影して欲しいということで、ライカ下げてる人間なら、アイポン7+渡しても、ダッシュで持ち逃げされないだろうと値踏みしてのことと聞いて、苦笑しながら記念撮影を行い、こちらもモデルさんをお願いしたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_023.jpg
六枚目のカットですが、「新天地」を後にして、中心部に近づくにつれ、小綺麗な新しい建物ばかりになってきた准海中路から進路を変え、一ブロック南の幹線道を東に向かうことにして、急ぐ旅でなし、「豫園」に行く前に「上海老街」を通るという大まかなコースだけ決めておいて、あとは、その通りを歩きながら、面白そうな横道があれば、入り込んだりして、とにかく街の生き様を撮ろうと心掛け、南北を貫く大通りに出たのをきっかけとして更に一本南の生活感の濃いローカル商店街に足を踏み入れ、その半ば辺りで周囲を撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_024.jpg
七枚目のカットですが、生活感濃い地元民しか居なそうな商店街を後にして、更に浦東地区の超高層タワーをランドマークとして東方向に大き目の通りを歩いていたら、やはり、旧租界に縁がありそうなゲート付の路地が有ったので、恐る恐る足を踏み入れ、中ほどに暫し佇んで、居住者と思しき親子がやって来たのを見計らってシャッター切ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_025F.jpg
八枚目のカットですが、これも東に向かう准海南路より2本かそこら南の通りの裏道で、元は倉庫街だったような、店舗兼住宅が立ち並ぶ、おそらく観光客など年に数人くらいしか迷い込んで来ないようなエリアに足を踏み入れ、そこを東方向に歩きながら、辺りのうらぶれた様子を「裏上海」の記録として残すべく、一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_026.jpg
九枚目のカットですが、ところどころ、大きな道との交差点に突き当たったタイミングで中国語と英語の地図を確認し、無事、「上海老街」に到達、そしてそこと地繋がりの「豫園」に足を運び、中を散策していたら、清朝時代と思しき池に浮かぶ楼閣の彼方に、最新の建造物である浦東の超高層ビルが顔を覗かせるという非現実的な場所があり、池の柵の前に佇み、疲れ果てて眠ってしまった我が子を人混みの外へ連れ出そうとしていた若い父親の姿を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_027.jpg
十枚目のカットですが、これも「豫園」の同じ池の畔で、こちらは好奇心に爛々と目を輝かせる、未来志向の極々小姐の頼もしさに思わず感極まって目を閉じ頬ずりをして、愛おしさを伝えようとする、すぐ真横の若い父親の姿を一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_028.jpg
十一枚目のカットですが、「豫園」の中庭というか、四方を物販店に囲まれた少し広めの広場みたいなところで、ドローンの実演販売をやっており、なかなかの美形の極小姐がアヂュモニと一緒に見物していたので、如何にも理工系大学生のバイト然とした店員の兄ちゃんが、イイところを見せようと、コントローラーのスマホンを駆使して、極小姐の目の前を暫しホバリングしてから、一気に天空へロケットダッシュして行ったのを見る・・・ところだったのが、このおませな極小姐、必死に操作している店員の様子の方が面白かったのか、その様子を見届けてから悠然と顔を上げていったところを一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_029.jpg
十二枚目のカットですが、そろそろ腰を下して、優雅なテータイムと決め込み、スィーツなどを愉しみたいキブンになって来たので、前の晩に蘇州からの帰りに寄った日系デパである大丸新世界百貨店二階のイタリアンカフェ経由、最終目的地の外灘へ出ようと思い、「豫園」から南京東路へ抜ける道の途中のちょっとした路上マーケットみたいなところで、日本のあんず飴を更に発展させたようなフルーツ封入型の飴菓子の串が売られていたので、店主に声かけて一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_030.jpg
十三枚目のカットですが、同じ路上マーケットの外れ、南京東路へ繋がる南北の道との交差点付近の店舗前で姉と云っても、疑われないような若いオモニが「ママ、ママ」と手を引かれるいたいけな極々小姐とその父親と一緒に仲睦まじく階段を上り、店舗に入って行こうとしていたので、即座に一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_031.jpg
十四枚目のカットですが、南京東路へ繋がる南北の道の途中に、朝歩いた准海中路で見られるような、ちょっとパリの下町のエスプリが漂うカンジのセンスの良い店舗兼アパートの前のマロニエの道を颯爽とスクータ二人乗りの兄ちゃん、姉ちゃんがやって来たので、ここぞとばかりに一枚戴いたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_032.jpg
十五枚目のカットですが、南京東路上の大丸新世界百貨店二階のイタリアンカフェで気に入ったスウィーツがこの日は無かったので、日本ならグランデサイズはゆうにありそうなLサイズのストレートテーだけ飲んで温まり、お腹がタポタポした状態で再び南京東路に出て、浦東地区の高層ビル群を一望に出来る外灘へ向かい、真っ先に目に付いた、娘を放って置いてスマホンに打ち興じる若いヲヤヂの姿を外灘南部の岸の風景をバックに一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはLeica Summarit50mmf1.5による絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_033F.jpg
十六枚目のカットですが、外灘の河岸遊歩道をゆったりと散策するフリをしながら、その実、かなり気合い入れて被写体を物色していて、そこで目に留まった、やたら大きな目をキラキラと輝かせた、「少女時代」のヴィジュアル担当のイム・ユナ似の美女と一緒に自撮り棒で記念撮影する上海風味のヤサ男の姿を一枚戴きました。
カメラはX-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Nokton35mf1.4SCによる絞り優先AEでの開放撮影です。

Shanghai16_034F.jpg
十七枚目のカットですが、やはり人出で賑わっている外灘の河岸遊歩道に同郷の仲間と休日の楽しいひとときを過ごすためでしょうか、おそらくインドネシア人と思しきいたいけな小姐数名が居て、そのうち一名、遊歩道の陸側に設けられたベンチに腰掛けた小姐にも浦東の高層建築群を背景として記念撮影に加わるよう説得しに来たらしく、自撮り棒を鼻先で振り回されても笑顔でいなし、別の友に異口同音で勧誘されても、拙者遠慮でござるよ、ってカンジのやりとりしていたので、油断に乗じ、真横から一枚戴いたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはVoigtlaender C-Nokton35mf1.4SCによる絞り優先AEでの開放撮影です。

今回の感想ですが、10数年ぶりの上海訪問ですが、やはり想像以上に街は発展し、大通りに高級店が軒を並べる様や、或いは浦東地区の東京も及びもつかない高層建築群の偉容などは、もはや失われた20年に打ちひしがれ、自信喪失した東京、そして大阪など日本の大都市を軒並み凌駕するような有様でした。
また、古いヨーロッパの香りがそこここに漂う街並みを、欧米人が闊歩する姿はまさにこの都市が過去と未来、そして西洋と東洋を繋ぐ、時空の交差点にようにも思えました。
その一方、地下鉄等公共交通機関での乗車時の割り込み、路上での信号無視の常態化は、まだまだこの国は物質的には豊かになっても、精神的な成熟にはまだ時間が必要で、日本でも電車の割り込みや信号無視などルール違反が大手を振って、政府もマスコミも一丸となって、国民のマナー向上を訴え始めた昭和50年代頃を思い出させてくれました。
それでも、この都市のダイナミックさ、懐の深さには心惹かれるものが大いにあり、これからも機会あるごとに訪れてみたいと思いました。

さて、次週は遅ればせながら、愉快なお仲間達と訪れた川越ツアー2017の様子をお送りいたします、乞うご期待!!
  1. 2017/01/15(日) 19:06:07|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Happy new year in Kawagoe, historic city 2017 | ホーム | I don't know why but it's Shanghai 2016①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/506-8a55c7be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる