深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

New year's exploretion in down town of Tokyo.

さて、今宵のご紹介は予告通り、川越ツアーの翌週、愉快なお仲間各位と大久保のレンズ再生名人の元を訪れた後、ちょいと撮影でも、ということで転戦先に選んだのが、国内外の観光客で溢れ返り、モデルさん探しにも苦労しない浅草周辺の下町エリアへと出掛けることになったため、その行程で撮ったものをお送り致します。
実は、今回の撮影には、もう一つ大事な目的があって、それは先の代々木エリアでの試写では殆どのカットで四隅と云わず、上下左右、中心以外の周辺が流れてしまったBiogon21mmf2.8G改FXのマウント装着部を少し加工して、確実に規定位置でレンズが固定出来るように改良したため、その効果を確認するとともに名誉挽回をしたかったからです。
では、さっそく当日の行程に沿って実写結果を逐次眺めて参りましょう。
カメラはFuji X-Pro2、レンズはContax G Biogon21mmf2.8 mod.FXによる絞り優先AEでの全コマ開放撮影です。

downtown17_001.jpg
まず一枚目のカットですが、大久保駅前でお気に入りのオマール海老スープのラーメンを食してから、最初に向かった先は東向島の玉ノ井いろは商店街なのですが、このメインストリートから一本南に入ったところにある、マンションの谷間となってしまった狭い土地にひっそりと建つ元ろうそく工場だったというトタン張りの小屋をバックに今を旬とばかりに咲き誇る椿の花々を撮ってみたもの。

downtown17_002.jpg
二枚目のカットですが、同じく玉ノ井いろは通り商店街沿いの景色ですが、ここは昨年、偶然発見したいわゆる青線遺構とおもわれる、置屋のような造りの古民家が商店街の一本南の通りに面して残っていたので、お仲間の超広角レンズを装備した大判カメラの試写も兼ねて訪問し、東南方向から全景を撮ってみたもの。

downtown17_003.jpg
三枚目のカットですが、玉ノ井いろは通りを後にして、東武電車に乗って次に向かった先が、徒歩でも移動できそうな距離ではありますが、スカイツリーを下から見上げられる格好のスポットである、スカイツリータウンのビル屋上、エレベータ乗り換え広場から、ほぼ真上にスカイツリーを見上げたもの。

downtown17_004.jpg
四枚目のカットですが、スカイツリータウンの踊り場的屋上広場はそこそこの広さがあるため、季節ごとに様々なイベントを行っおり、冬のシーズンは毎年恒例の即席アイスリンクが登場、今年もその周りをスケート靴を履いたままのお客がスタッフ?による見本演技を柵越しに眺めている後ろ姿を撮ってみたもの。

downtown17_005.jpg
五枚目のカットですが、同じくスカイツリータウン屋上のスケートリンク北側のベンチで靴やヘルメットといった滑走の準備をする人々やここで撮ったと思しきスマホンの動画をきゃぁきゃぁ云いながら肩を寄せ合って眺めているいたいけな小姐二人組の姿を捉えてみたもの。

downtown17_006.jpg
六枚目のカットですが、スカイツリー駅から再び東武線に乗って、浅草に移動、まずは雷門で21mmの威力をテスト、とばかり、雷門の真下にぶら下がる松下電器殿ご提供の真っ赤っかの巨大提灯の雄姿を捉えるべく、ひっきりなしに行き交う観光客の通行の妨げにならないようややオフセットした位置から見上げて撮ってみたもの。

downtown17_007-1.jpg
七枚目のカットですが、仲見世の一番最初の定点観測スポットである「美人茶屋あづま」さんの店頭にいたいけな着物(季節外れの浴衣?)姿の中国産のリアル小姐が居て、店員さんからお定まりのきび団子と甘酒のセットを買い求めようとしていたところを斜め後ろ方向から一枚戴いてみたもの。

downtown17_008.jpg
八枚目のカットですが、この前訪れた奥山の先、花やしき遊園地手前の、相当濃いめの飲み屋街である初音小路に回ってみようと云う話しになって、徒歩で移動して着いてみたら、可愛い先客さんが居て、このディープな飲み屋街の真ん中で、とんがりコーンだかのヂェスチャなどして交代ばんこに写真撮ってたので、卒爾ながらと声かけてモデルさんになって貰い、お仲間各位とプチ撮影会状態になった時のもの。

downtown17_009.jpg
九枚目のカットですが、せっかくこの花やしき遊園地の近くまで来たので、その裏手の混沌としたエリアが今はどうなっているのか眺めたいキブンになって、お仲間を誘い、昼なお眠気を催しそうなこの一帯で、その澱の如く、時代から取り残された一軒家を見つけたので記念に一枚撮ってみたもの。

downtown17_010.jpg
十枚目のカットですが、その花やしき遊園地裏の異界の象徴的な家屋の前で、この平和な日本国でいつも進駐軍払下げみたいな軍装を身に纏って、実際のところ、もう10年以上の付き合いですが、今一つその生態が良く分からない、謎の仲間の一人が、渋い顔して花やしき遊園地内の絶叫たなびく鉄塔の方向を撮っていたので、その姿を撮ってみたもの。

downtown17_011.jpg
十一枚目のカットですが、浅草寺エリアに足を踏み入れたからには、たとえ一人でも必ず綺麗どころに声をお掛けして、その優美なお姿を捉えて来なければならない、といったような不問律が仲間内には有るようなので、本堂西側のお御籤売り場でお互いに記念撮影をしようとしていた、いたいけな着物姿の国産小姐各位に、卒爾ながら!と声をお掛けし、一列に並んでモデルさんになって貰ったもの。

downtown17_012.jpg
十二枚目のカットですが、ここも近接が得意なレンズの場合、無限位置のオブヂェのボケを試す目的で撮影を行うのですが、本堂前面両脇に置かれた天水桶の奥山側のものの側面の朱文字にピンを合わせ、遥か彼方に見えるスカイツリーを背景に入れた構図で一枚撮ってみたもの。

downtown17_013.jpg
十三枚目のカットですが、健気な軍装男が本堂に何らかの願掛けでしょうか、熱心にもお参りにイッテキマスというので、もう一名の同行者の方と本堂下で待っていた時、重装備の防寒着姿の白人女性が俯き加減に立ち読書などしていたので、その冬らしい姿を一枚戴いてみたもの。

downtown17_014.jpg
十四枚目のカットですが、本堂南側、宝蔵門寄りのお御籤売り場で、これから間もなく始まる受験シーズンの運試しでしょうか、いたいけな女学生二名がそれぞれのお御籤を読み比べて喚声上げたり、肩を叩き合ったりして、結構な盛り上がりを見せていたので、傍からその様子を一枚戴いてみたもの。

downtown17_015.jpg
十五枚目のカットですが、我々一行が宝蔵門に差し掛かろうとした時、素晴らしく美形の小姐二名とすれ違おうとしていたので、これは撮るっきゃないよな!と一行のうち一名を除き合意形成し、声を掛け、本堂をバックに小姐達のスマホンでも撮って上げることを条件にモデルさんになって貰ったもの。

downtown17_016.jpg
十六枚目のカットですが、宝蔵門を出てすぐの仲見世のどんづまりにある人形焼屋さんの店頭付近に、修学旅行生でしょうか、人形焼自体が相当モノ珍しいらしく、買い求めるために列を為し、更に手渡されるまでにも好奇心に任せてガラス張りの焼き方さんの作業風景なんか覗き込んでいたので、今時珍しいものだと却って感心してその様子を一枚戴いてみたもの。

今回の感想ですが、Biogonの周辺の崩れが前回に比べれば、だいぶマシにはなりましたが、それでもオリヂナルのCXマウントのf4.5のものには今一歩届かなかったようです。
それでもAPS-Cの画角換算で32mmという焦点域はスナップではゴールデンゾーンですから、またちょくちょく使って上げたいと思いました。

さて次回は年明け早々の工房作品、ドイツ玉のシェイクダウンテストからお送りする予定です、乞うご期待!!
  1. 2017/01/29(日) 19:12:59|
  2. 街撮り写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Another guest from Wetzler Germany~Leidorf Lordon50mmf2.8mod.M uncoupled~ | ホーム | Happy new year in Kawagoe, historic city 2017>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/508-a1b67631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる