深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

My tinny discovery of Spring~Koga Peach Flower Festival 2017~

さて今週のご紹介は、この季節になると毎年必ず出掛けている、恒例の「古河もも祭り」からのレポートになります。
今回は通常より一週間遅い4月1日(土)に愉快な仲間各位を誘って現地古河入りしたのですが、ずっと気温の低い日が続いていたため、梅の木は花もすっかり消え果てしまってはいましたが、桜はまだ概ね3分咲きといったところで、肝心の桃の花はと云えば、樹にもよりますが、中には、満開のまま、濃いピンクの花がセミドライフラワー化しつつあるものもあり、もうちょい早く来られればとの思いもありましたが、その一方、毎年、会場ではまだ見られなかった菜の花が満開状態で黄色い可憐な姿を見せてくれていたので、まぁこれはこれで良かったのかと思いました。
また、去年からは一新されましたが、前メンバー同様、ホスピタリティに富んだ今年度のミスもも娘各位の歓待ぶりも有り難いと感じました。
では、さっそく、当日の行程に沿って、逐次、実写結果を見て参りましょう。

Koga17_001p.jpg
まず一枚目のカットですが、古河行きのもうひとつの重大ミッションである、絶品の鰻料理を撮影前に堪能すべく、駅を後にした一行は、まず途上にある、桜が6分咲き弱程度の禅宗の名刹に今年も寄ろうということになり、その途中、煉瓦造りの見事な古い商家の佇まいを眺めながら色々と評していたら、中から親切なおぢさんが出て来て、良かったら、敷地の中へ入って見て、撮っていったらどうですか?とお誘いを受けたのですが、いや、せっかくですが、これから寺の桜など撮ってから、「たたみ屋」さんで美味しい鰻を戴いて、もも祭りに入るのでまた今度お願いしますとか言いながら、敷地への門扉付近で立ち話している時に煉瓦塀越しに立派な蔵造りの母屋の屋根を撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_002.jpg
二枚目のカットですが、鰻、川魚料理の名店「たたみ屋」さんへ行く道すがらの名刹の境内で庫裏と思しき建物の大きな破風の付いた玄関手前に、ややシーズンは過ぎたものの椿の花が見事に咲いてたので、至近距離で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_003.jpg
三枚目のカットですが、昨年同様、桜の樹は本堂の表より、裏手の墓地入り口付近の大きな古木の枝が見事なので、法事をやっていた本堂脇を通り抜け、墓地入り口までやって来て、比較的低めで至近距離撮影が出来そうな枝を探して、空を背景として、かなり難しい露出とコントラスト、そして発色のトレードオフの関係をトライアンドエラーの結果、やっと得心がいった一枚。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_004.jpg
四枚目のカットですが、寺を後にして、12時近くと云うのに、通行人、自転車の殆ど居ない通りを経て、再び自動車の交通量の多い目抜き通りに向かうこととしたのですが、その途上「マタタビ」だか「ムササビ」だか云う創作料理店みたいな店舗の駐車場の入り口に不可思議なガラス細工の百合の花のようなオブヂェが置かれていたので、至近距離で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_005.jpg
五枚目のカットですが、目抜き通りを進むこと、駅から1km弱、篆刻美術館を過ぎた辺りで北へ入る脇道へ曲がり、そろそろ目当ての「たたみ屋」さんの近くまで来た辺りで「土井家菩提寺」なるこれまた面白そうな古刹を発見し、土井利勝の銅像があったり、先ほどの禅寺には栄西禅師の像があったのに対し、浄土宗のこちらは法然上人の銅像があったりと話題の種は尽きなかったものの、そろそろ腹も減ってきたので、見事な鐘楼をバックに今を盛りと咲き誇る白い花を撮って早々に移動した時の一枚。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_006.jpg
六枚目のカットですが、程なくお店に着いて、無事、美味しい鰻にありつき、人心着いた一行は、また駅への帰途につき、駅から会場を結ぶシャトルバスに乗って、15分程度の距離の利根川堤防に程近い古河総合公園には14時過ぎに着いたのですが、ちょうど、メインステージでのアトラクションでいたいけな童子からもう還暦も無事通過というお年寄りまでもがパワフルに太鼓なんか叩いて派手なパフォーマンスなんか繰り広げていたので、ステージ前からその様子を一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_007.jpg
七枚目のカットですが、会場に入ってしまえば、もう5年は通っているので、何処に何が有って、誰が何処に居て何をやっているかはすっかりお見通しの勝手知ったる何とか状態ですから、迷うことなく、ミス桃むすめ各位の屯所である、もも祭り実行委員会テントの在るエリアに向かい、その反対側の低い丘陵状の南側斜面にも桃の樹の手前に菜の花が見事に咲き誇っていたので、至近距離で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_008.jpg
八枚目のカットですが、これを撮らずしてもも祭りの撮影は始まらない、ということで、永の無沙汰に対するご挨拶も兼ねてまずはモデルさんになって貰おうと、ピンク基調の和服姿の小姐をスキャンしたら、居ました居ました、観光客各位との記念撮影に大忙しで、時折小雨がパラついた天気具合いだったのにも関わらず大盛況で、それでも卒爾ながら、と声を掛けてモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_009.jpg
九枚目のカットですが、ミス桃むすめ各位は勤務形態上、二人一組で屯所前でビラを配ったり、記念撮影に応じたり、或いは別の機動部隊として徒歩ないし人力車で園内をパトロールしているようですが、屯所前担当の一人撮ったのにもう一人を撮らないというのは、平等の理念に反しますし、そもそも撮影チャンスをムダにすることは大変宜しくないので、迷うことなく声を掛けて同様にモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_010.jpg
十枚目のカットですが、会場入りして挨拶代わりのミス桃むすめ各位の記念撮影も無事終了し、次のシフトの二名に交代するまで屯所付近で時間を潰すのも何なので、会場南側、ちょうど細長く小高い丘陵の裏側中腹部に位置する移築古民家でも見物して写真でも撮りましょうやということで屯所を後にして古民家園まで来たら、係員のヲヂサンがレレレのヲヂサン宜しく、威勢よく、ガリ箒で庭を掃き、箒目を付けていたので、古民家もろとも一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_011.jpg
十一枚目のカットですが、有り難いことに入場料無料の古民家の中に入って、今の住宅には無い、色々と珍しいものを眺め、そして写真に収めていたのですが、特に目を惹かれたのが、今や絶滅危惧種であることが疑いようもない茅葺屋根の軒下の構造部である竹材結束部分の仕上げ具合いだったので、至近距離でその見事な仕事ぶりを一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_012.jpg
十二枚目のカットですが、古民家園を後にして、蘇州ともパリ郊外とも見まがうような不可思議な水辺の風景を散策し、またもも祭り会場へ戻ることとしたのですが、これも今回新たに発見したのですが、このプチ水郷地帯の治水には不可欠のターボポンプのお役御免になった実物がオブヂェとして展示されていて、朝鮮民主主義人民共和国的な軍服を着込んだ何処かの中年男が何物かに取り憑かれたかの如き表情を見せていたので、これ幸いにと一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_013.jpg
十三枚目のカットですが、園内南部を大きく一周するルートで再び、ミス桃むすめ各位の屯所であるもも祭り実行委員会テント前まで戻り、はたと気づいたのが、もも祭りにやって来たと云うのに、まだまともに桃の花を撮っていないということで、新たなもも娘各位がお取込み中だったこともあって、屯所向かい側の南側斜面上の桃の樹の枝のうち、背景がうるさくならなそうなところを見つけ、至近距離で一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはPrimoplan58mmf1.9での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_014.jpg
十四枚目のカットですが、やっと人だかりが一段落したようなので、一息ついた格好の、新手のミスもも娘各位にお声がけをして、二人並び、南側斜面に咲く桃の花をバックにモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはFukagawa Anastigmat8号機での開放による絞り優先撮影です。

KOga17_015.jpg
十五枚目のカットですが、本日は二組四名のミスもも娘各位の全員を撮り尽してしまったこともあり、また在園可能時間も30分を切ってしまったことから、せっかくもも祭りに来たこともあり、ももをメインモチーフとしたそれらしい写真も撮って帰らないともったいないので、屯所向かい側斜面上のクリーク上に迫り出した桃の枝を牧歌的な雰囲気で撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはFukagawa Anastigmat8号機での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_016.jpg
十六枚目のカットですが、クリーク越しの桃の樹々を撮っていたら、来ました来ました、メインランドの中国人ご一行サマが、ということで、さっそく、仲間内の記念撮影を終え、満足そうな顔で立ち去ろうとした小姐に中国語で声を掛け、モデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはFukagawa Anastigmat8号機での開放による絞り優先撮影です。

Koga17_017.jpg
十七枚目のカットですが、そろそろバスに乗る時間が迫って来たので、会場の北西側出口に在る、臨時バス停へ歩いて移動する途上、ちょうど良い群生密度と背景の桃の林が映り込む格好の撮影ポイントに遭遇したことから、ほぼ最短距離で黄色い花々が見事な菜の花畑の様子を一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはFukagawa Anastigmat8号機での開放による絞り優先撮影です。

今回の感想ですが、確定申告無事終了後のイベントでもあったので、開放感もこれあり、なかなか楽しいものとなったと思います。
実行委員会の皆さま、また来年もよろしくお願い致します。

さて、来週はこの週末に撮影旅行に出掛けた、これまた恒例の「甲府信玄公まつり2017」の二日間のレポートを二週に亘ってお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/04/09(日) 21:58:09|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<The greatest Samurai's parade in Kofu 2017① | ホーム | 知音之隣国~台湾拍照旅行2017.3②~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/518-9f088b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる