深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Reunion with the spirit of Iris~Itako Iris festival '17~

さて、今週のアップは予告通り、恒例の潮来あやめ祭り2017からの厳選カットお送り致します。
今回は昨年より一週間程度遅く現地入りしたので、もしや花々は萎れてしまいシャープなレンズを使うのは紳士道に反してしまうかな・・・などと道中余計な心配などもしながら、臨時特急「あやめ」でJR東日本の潮来駅に降り立ったのが6月17日の10時40分過ぎ、11時から週末スペシャルイベントである「潮来嫁入船」がありますから、これを逃してしまっては、今回の主要ターゲットを落としてしまうことになり、ゴルゴ13ならスイス銀行口座経由、依頼主に返金の上、即引退となってしまうくらいの一大事なので、駅からは大慌てであやめ祭り会場の「前川あやめ園」に向かい、何とかいつものベストポジションを占拠することに成功し、今回、カバンに潜ませた飛び道具、M16アーマライトならぬ、最終型のYCプラナー85mmf1.4MMJを愛機X-Pro2に装着し、目の前を静々と通り過ぎて行く、花嫁行列を収め、しかるのち、舟に乗り出したところまで撮ってから、今回の二番目のミッションである「炭火焼 鰻 錦水」にて、豪華鰻重上を戴き、その後、先週にお送りした「長勝寺」に寄ってから会場に舞い戻り、14時から15時までのお茶タイムまで鬼のように撮りました・・・というのが今回のあらましです。
では、さっそく、当日の行程に沿って、実写結果を見て参りましょう。
カメラはX-Pro2、レンズは1~4枚目までがYCプラナー85mmf1.4AEG、5~13枚目までがCanon FL58mmf1.2改M非連動によるいずれも絞り開放による絞り優先AE撮影です。

itako17_001.jpg
まず一枚目のカットですが、花嫁行列は11時かっきりにいつも通り、前川あやめ園東側の土手上の通路から、空の長持を先頭に一歩ごとに立ち止まる、ちょうど小学校~高校のキャンプでの「遠き山に陽は落ちて」の音楽とともに入場する山の神の更新の如く、厳かにあやめ畑の真ん中の一本道を白金無垢の衣装に身を包んだ花嫁を主役に静々と進んで来たのでベストエリアに入ったのを皮切りに連写を浴びせたうちのベストショット。

itako17_002.jpg

二枚目のカットですが、同じく前川あやめ園のあやめ畑の真ん中の一本道を、周囲で見守る観客一同の拍手喝采を浴びながら静々と船着き場を目指して進んで行く花嫁一行の後ろ姿も、天気が絶好だったため、なかなか画になったので、追い縋るが如く何枚か撮ったうちのベストしショット。

itako17_003.jpg
三枚目のカットですが、花嫁一行が船着き場の建物に入るか入らないかという頃合いを見て、嫁入り舟が進む、前川の岸で柵に取り付く観客が薄めでかつ背景がうるさくないところを探しながら、次のミッションたる鰻屋への移動の利便も考え、前川の西岸に渡り、嫁入り舟の漕ぎ出しは「潮来花嫁さん」の唄が流れるので、これを合図として撮影準備に入り、視界に入ったところで、望遠の威力を活かし、まずは舟の全景を斜め前から捉えてみたもの。

itako17_004.jpg
四枚目のカットですが、暫く、前川西岸に陣取って撮影したら、やがて花嫁一行を乗せた手漕ぎ舟が目の前を通り過ぎようとしていたので、今度は舟の上の人物にスポットを当てて、また行列の時と同じように凛とした斜め後ろ姿を撮らんと、手前に差し掛かった辺りから連写を浴びせたうちのベストショット。

itako17_005.jpg
五枚目のカットですが、嫁入り舟を見送ってから、深追いはやめ、混雑が予想される「炭火焼 鰻 錦水」へダッシュし食事を終えてから、途中、30分程度、「長勝寺」で道草食って、再び会場に戻り、モデルさんを探してあやめ園内を徘徊していたら、あやめ畑の手入れをしている早乙女姿の小姐二名が居たので、先に声かけて15mmで撮ってから、しかるのち、レンズを58mmに交換し、語らい合ってるところを撮るつもりでしたが、奥側の小姐にはバレバレでこっち見て笑ってるカットになってしまったもの。

itako17_006.jpg
六枚目のカットですが、戻って来てから一回、15mmで撮らせて貰った、「あやめ娘」の小姐ご一行様ですが、せっかくレンズを交換したこともあり、再び、観光客各位からりリクエストにお答えして一緒に記念撮影なんかしている、日除け棚の下まで戻り、「すんませーん、レンズ換えたんで、もういっぺん撮らしてね」「ハィ何度でもお気の済むまでどうぞ」てなやりとりをファインダ覗きながら交わして撮ったもの。

itako17_007.jpg
七枚目のカットですが、本来であれば、武士道にもとる行いなのですが(笑)、有難うございました!と撮影に応じて戴いたお礼を述べて、その場を立ち去るか否かというシーンで、「あやめ娘」の小姐ご一行様はくるりと北側のあやめ畑の方に向き直り、なかなか風情のある後ろ姿を無防備に晒してくれちゃってたんで、遠慮なく一枚戴いてみたもの。

itako17_008.jpg
八~十二枚目までは、前川あやめ園内の南北のあやめ畑の中で、もう会期も残すところ10日間も切っており、9日に梅雨入りしたとはいえ、決して平年と比べても多いとは言えない降雨量、そして低気温でも健気に咲いて、その凛とした気高い姿を国内外からの観光客に見せていたあやめ達を至近距離で撮ってみたもの。

itako17_009.jpg

itako17_010.jpg

itako17_011.jpg

itako17_012.jpg

itako17_013.jpg

十三枚目のカットですが、ぢゃ、14時になったんで、佐原さ移動する前(めぇ)、ちょっくら茶でもすっぺかと、頭の中ではすっかり常陸弁モードになってしまい、前川あやめ園を出ようと東側土手上の出入り口にまさに向かおうとしたその時、土手の上のベンチで美味しそうにもろこしなんか食べてた米国からのゲストである小姐二名が目に付いたので頼み込んでモデルさんになって貰ったもの。

今回の感想ですが、やっぱり茨城も佐原も、この辺りはのどかで良いですね・・・実は工房主の老母もはるばる群馬から、この訪問の五日後にここ潮来と佐原を産まれて初めて訪問し、この街の雰囲気と地域の方々の穏やかな気性にすっかり魅了されたようでした。
また、CanonFL58mmf1.2は相変わらず、イイ仕事してくれますね、シビれます。

さて次回はまた都内近郊のプチ観光旅行に行きたいキブンなので、秘宝館から何か持ち出して撮ってきます、乞うご期待!!
  1. 2017/06/25(日) 22:48:14|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<藍青出於藍出了比艾①~NikkorH・C5cmf2 Black apature ring~ | ホーム | Underlying possibility of precision industry in Japan~Voigtlaender Super Wide Heliar 15mmf4.5asph.III~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/527-dfc18aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる