深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

A phantasm of sharpness~Ross Resolux5cmf3.5改L39~

resolux1.jpg
resolux2.jpg
resolux3.jpg

今夜の趣向はまた、工房の作品、夏~秋にかけての新作レンズのお披露目です。
実は、このレンズは先のフォコターよりも前に完成していたのですが、小心者の小生は、ここで紹介してしまうと物の値段が高騰してしまう・・・という危惧を抱き、何やかんやでお茶を濁し、登場を遅らせていたというワケです。

しかし、このタイプのものを含め、既に2本、追加での手配が終わったので、満を持しての登場です。

このレンズ、何かに似ていると思いませんか・・・そう、だいぶ前に登場した、同じ英国製のRANK TAYLER HOBBSON製のCOOKE ENTAL2"f3.5鏡胴の長さこそ違え、佇まいはそっくりです。

端正かつ重厚な真鍮削り出しの鏡胴に入念な厚めのクロームメッキ仕上げ、そして、大英帝国のレンズここに在り!と強烈なアイデンティティを主張する精緻な刻印です。

性能さえ出てりゃ、アルマイトだろうが、エンプラだろうと関係ねぇ・・・と嘯く、昨今の引伸レンズ達に対する強烈なアンチテーゼにも思えてきます。

このレンズは英国のレンズつくりでは、RANK TAYLER HOBBSONに並ぶ老舗、1830年にロンドンに創業したROSS社が40年代後半に発売したと思われる引伸ばしレンズをL39マウントに改造したもので、構成は恐らく3群4枚、一枚目が貼り合わせの逆テッサータイプと思われます。

ところで、このResoluxという名前は、Resolution「解像力」+x「ex,並外れた」の造語です。
解像力だけなら、ELニッコール、Componon、そしてRodagonと並みいる強豪が存在するのに、大した自信です。

そこで、改造が完了してから、早速、半信半疑、深川の住まいから、道すがらシャッターを切りながら新宿へと向かいました。

最初のショットはたまにテスト撮影する、西口駅前の「思ひ出横丁」です。丁度、外国人ストリッパーを都内見物に連れ出した工藤ちゃんみたいなシチュエーション(探偵物語より)だったので、遠慮なくパチリと戴きました。

そして、二枚目のカット。これが実は凄い画像なのです。こういう肌の露わな女性は概して用心深いですから、いかな静かなベッサといえど、シャッター音が聞こえて、交差点で女性に絶叫されたら、会社員生活おしまいです(笑)
そこで、そこそこ離れて撮ったのですが、何せ水玉模様が解像力のテストには最適なんで、縦長の画面を3分の1程度にトリムした画像がこれです。
黒地に白の水玉が物凄くくっきりと捉えられ、また髪の毛のしなやかそうな風合いも良く捉えられていて、今見てもクラっときてしまいそうな一枚になりました。

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2008/09/09(火) 23:14:08|
  2. その他Lマウント改造レンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<海の彼方からの挑戦者~Cooke Ivotal 2"f1.4改M~ | ホーム | カラー時代の覇者、赤鉢巻のDNA~CANON NFD50mm f1.2L~>>

コメント

こんばんは。偶然ですね。私もつい先日ROSS Resoluxで撮影をしておりました。私のものもL39ですが、ヘリコイドももちろんなく、バックフォーカスもライカよりはかなり長かったので、トミーのアダプターとヘリコイドでEOS 5Dに装着してしまいました。従ってシルバーとブラックプラスチックの全く美しくない姿になってしまっておりますが、さすがcharley944のものはほとんど純正ライカとも見まがうほどで、さすがですねえ。
  1. 2008/09/10(水) 22:18:52 |
  2. URL |
  3. kinoplasmat #lpavF/Xw
  4. [ 編集]

こんばんは。
このレンズの世界初公開の画像をありがとうこざいます。
わたしも一目見て、このワンピースと美脚の描写に釘付けになりました。
これは信じられない美しさですね。
捕まって画像を消されなくて良かった…。
ただ、1枚目ではけっこうフレアっぽい雰囲気ですが、いかがですか。
わたしも Dallmeyer Enlarging Anastigmat 50mmF3.5 というのを持ってまして、これが開放ではうっすらとフレアが出ます。
補正の傾向が似ているのかと想像するのですが。

鏡胴とジュビ太のマッチングも成功していますね。
いや、深度が3.5なのでインダス太ですか。
刻印が真上に来て、しびれますね。
絞りは先端のリングですか。
ちょっとキノコ系のルックスです。
これができるのですから、絶叫された場合は、工房&物書きで十分に生計を立てれるんじゃないですか。
  1. 2008/09/10(水) 22:19:38 |
  2. URL |
  3. 中将姫光学 #sKWz4NQw
  4. [ 編集]

会社員生命、その他

 (たぶんこれならhitしないと思うのでネームを少し変更しました。)・・・失礼しました。本題に入ります。   写真撮影の際、自分が紹介された雑紙等をお守りにしたらいいと思います。私も、おばさんと逃げ場の無い車内でニラメッコ状態になったことがありました。参考に名刺を出せだとか,公表しないという念書だせだとか、スナップ写真はつらいものです。 今まで一度あるかどうかの、可愛い女学生のセルフタイマーがわりを夢見ながら黙黙と撮影に・・・・・・・・・・・(以下永遠に)。   それはともかく、ROSSのELレンズは焦点面のエッジがきいていて、あるいはbackライトがきいているのか妙な立体感が見受けられます。そこそこシャープであるような。 ボケは40年代ものとしては素直な崩れ具合で赤エルマーを思わせます。2-3年前、ROSSのコンセントリック・レンズでシャッター付き、買い損なった事があるので参考になる今回の物件でした。
  1. 2008/09/10(水) 22:38:38 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordre #-
  4. [ 編集]

kinoplasmatさん
コメント有難うございます。
さすがお目が高いですね、同じレンズに着目されていたとは。
このレンズはどう改造しようと、しょせん、独特の写りを楽しむものであって、小生の場合は、根がケチなんで、ボーグ買うより、家に無数に転がっている、ロシアレンズの残骸に加工した方が手っ取り早く安かったからです。
だいたい、そんな動機が多いんですよ。
  1. 2008/09/10(水) 23:55:56 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

中将姫光学さん
この被写体の女性の美しさにまず目がいくとはさすがお目が高い。
この日、こういう夏っぽいカッコしている女性を何人か撮りましたが、やはり、この女性が群を抜いて美しかったです。ご尊顔も拝見しましたが、瓜実顔の凄い美形で本職のモデルさんなのではないかと思ったくらいです。

まぁ、ホントは至近距離で気付かれても、こちとらフィルムなんで、ぢゃ、現像上がるまで、カノジョ、お茶する!?という具合に作戦変更するだけですから(苦笑)

さて、冗談はさておき、このレンズ、あまりコーティングがかかっていないようなんで、薄暗いところの輝度が高い点光源には若干弱いですが、実はフレアではなく、横丁全体が、焼鳥かなんか焼く煙で本当に煙っていて、それがフレアのように見えるんですね。
もしフレアっぽいレンズであれば、二枚目のモデルさんの水玉が膨らんだり、隣のおっちゃんの白いワイシャツが光ったりしますよね。

実に以って優秀な発掘品だったと思っています。
  1. 2008/09/11(木) 00:04:45 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

Treizieme Ordre さん
コメント有難うございます。
う~ん、なかなか修羅場をくぐっていらっしゃるようで。今後の参考にさせて戴きます。

自分の場合はご先祖様が忍者か、物の怪ぢゃなかったんかいな・・・と思うくらい人に気付かれずに撮れちゃって、実はスナップでのトラブルは、アメ横で一回、マグロ捌いてる店頭で何枚もシャッター切ってたら、おぃ、兄さん、買わないなら、どいたどいた!と厄介払いされたくらいで他は特段ありません。

そもそも、根が小心者なんで、気付かれたらヤバそうなシチュエーションではシャタ-切らないし、撮った後も、相手が気付いていたら目礼するか、或いは気付かれても、どうしても一枚欲しい場合は相手に断ってからシャッター切っています。

さて、ROSSのレンズはまだまだお買い得品が多いですね。
でも国内はダメだし、電子湾も高くなってきちゃったからどうかなってカンジです。
ネットで英国の個人経営みたいなカメラ屋さん探して、そこに問い合わせるとだいたい、中古扱っているところは、お払い箱いなったDallmeyerとか、ROSSの引伸レンズの在庫を1本や2本持っていることが往々にしてありますね。
今回もその手で二号機、三号機を調達しました。
是非、お試しを。
  1. 2008/09/11(木) 00:14:32 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

なかなか かちょええレンズです。
やはりレンズは格好から(笑)ですよ。
次回実物を見せてください。色のりも良いようです、実際の写真を見せてもらいたいですね。Web上ではこのレンズの性能が見れないのが残念。かえってトリムしていない映像のほうを見たい。
  1. 2008/09/11(木) 00:41:11 |
  2. URL |
  3. ジオグラフィック #JalddpaA
  4. [ 編集]

ジオグラフィックさん
おはようございます。
過分のお褒め戴きまして、有難うございます。
相当安い値段で、電子湾にて釣り上げましたが、重厚な作りと精緻な刻印で物としての出来は抜群ですし、写りも満足しています。

是非、次回、ご来臨戴いた時はお目に掛けたいと思います。

なお、来週以降、ドイツからのチャレンジャ、そしてそれを迎撃するために工房の技術力の粋を尽くして開発した新製品等々、カッコも性能も筆舌し難いモンスターレンズが釣瓶撃ちで出てくることになります。

何せ、月刊写真工業12月号に深川精密工房特集記事が掲載されることになりましたので、その予告編という意味合いもないわけではないもので・・・
  1. 2008/09/11(木) 10:13:42 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/53-0800ec3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる