深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Western Japan Tour '17 vol.1

さて、一週スキップしての今週のアップは予告通り、会社の久々の関西出張に引っ掛けての関西撮り倒れツアーからお送り致します。
現地に赴いたのは今を遡ること7/7の午後、そう七夕と花金のWネームに出張を入れるなんて!?とか見栄もあり、会社では多少騒いではみたのですが、よくよく考えてみれば、撮影にはこんな又とない機会はまずなく、さもありなん、出張先の支社でも、会議終了後「ほな、心ゆくまで関西撮って帰っておくれやす♪」ということで、はなから魂胆を見抜かれた出張のお膳立てだったということです(笑)
それで、肝心の行程ですが、金曜の夕刻、まず中之島の大阪東洋陶磁美術館を振り出しに、新世界、先斗町と巡って、宿舎の近江八幡には10時半も回った頃チェッキンし、翌土曜日は朝から近江八幡市内の八幡堀周辺を撮ってから、お昼を「たねや日牟礼舎」で頂き、しかるのち、午後遅くに長浜入りして日暮れまで撮って、また電車に乗って近江八幡の宿まで戻り、翌日曜日は降雨の可能性高かったため、9時台の電車で米原経由、お江戸に戻ったという次第。
前編は夕暮れの大阪から京都は先斗町の夜の風景までをお送り致します。

Kansai17_001.jpg
まず一枚目のカットですが、淀屋橋から御堂筋線に乗り、動物園前で下車、何度か辿った道のりを記憶を頼りに辿って、よく日本紹介のCMなどででてくる「づぼらや」の巨大フグの看板と通天閣を一画面に収められる地点を目指して狭い商店街を歩いていた途上に、そのえもいわれぬ昭和の香りに惹かれるものがあって、振り返りざまに撮ってみた一枚。
カメラはX-Pro2、レンズはZM Distagon25mmf2.8による絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_002.jpg
二枚目のカットですが、狭い商店街のアーケードを抜け、やっとお天道様の下に出て、まず目に留まったのが、アヤシゲな南海の孤島の魔神の子供の木彫り像みたいなテイストの「ビリケン」で、これが妙に夕陽を浴びて木目も生々しく照り返していたので、横の呼び込みの小姐共々一枚に収めようと声かけたら、あーどうぞご自由に撮ってって下さいとか笑いながら奥へ引っ込んぢゃったので仕方なく、像のみ撮らせて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはZM Distagon25mmf2.8による絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_003.jpg
三枚目のカットですが、木彫りのビリケンをご神体とするお店を後にして、やっと通天閣が望める多少広めの通りに出て構図を考えて立ち尽くしていたら、おもむろに物凄い巻き舌の英語で話し掛けた白人の小姐がいて、要は、アンタは良さげなカメラを提げて、上手そうだから、アタイの記念撮影して頂戴!ということで、2~3週間前の浅草寺の時の如く、やれ全身入れろだの、バストアップで振り返ったところだの「づぼらや」の呼び込み担当の小姐店員も一緒に入るように撮ってくれ、だの相当注文付けられ、彼女らにi-phoneで撮って上げ、そのお礼にやっとモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはZM Distagon25mmf2.8による絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_004.jpg
四枚目のカットですが、注文の多い料理店ならぬ注文の多い白人女性観光客が立ち去ったあとは、いたいけなマレーシアからの小姐二名がもじもじとこちらを見ていて、しかるのち、おずおずと歩み寄って来て、アタイらも上手に撮って!ということで、今度は通天閣のみならず、交差点のほぼ全周で背景を変えて、小姐のi-Phoneで以て10数ショット撮って上げたお礼に二人揃ってモデルさんになって貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはZM Distagon25mmf2.8による絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_005.jpg
五枚目のカットですが、「づぼらや」の巨大フグ看板の手前に通天閣へ続く道と並行する裏通りがあり、そこがえもいわれぬ佳き雰囲気を醸し出していたので、ついつい釣られて、撮りながら入り込んで行ったら、ちょうど、表の道路と交差する道との交差点で夕陽をバックにいたいけなシモテーと思しきカポーが漫才のノリよろしく、ボケと突っ込みしながら夕陽に向かって歩いていったので、その後姿にいたく感動し、一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはZM Distagon25mmf2.8による絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_006.jpg
六枚目のカットですが、新世界の南北を走る主要な道路を北方向に暫く歩いたら、程なく、大阪きってのランドマーク、関西の名所にも関わらず、何故か関西系の雄、松下でも、シャープでもなく、関東というか南東北系企業の代表格である、日立製作所の宣伝が大々的に掲げられている、通天閣の真下近くまで辿り着いたので、その手前の海賊船みたいなオブヂェが印象的なシーフードのお店の下から見上げる格好で撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはZM Distagon25mmf2.8による絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_007.jpg
七枚目のカットですが、そろそろ、新世界も撮り尽した感があったので、次なる目的地の京都は先斗町へ移動すべく、駅方面へ戻る道すがら、今度は、真っ白々のあたかもギリシャ彫刻の如きテイストで造形されたビリケン像があったので、その横顔越しに新世界のハデな街並みでも写そうかなと思った矢先、なかなか今風のいたいけな小姐二名が通りがかったので、急遽そちらにピンを合わせたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはZM Distagon25mmf2.8による絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_008.jpg
八枚目のカットですが、やっと先ほどの「づぼらや」の巨大フグの看板の掲げられた交差点付近まで戻って来たら、先ほどは交差点の真ん中付近でしか撮っていなかったので、あまり気にも留めていなかったのですが、逆方向からフグ看板越しに大阪風なんでも居酒屋のド派手な店構えを入れると、これはこれで面白いカットになるな、と思い、「づぼらや」の女給さんが熱心に観光客のグループ相手に営業掛け始めたのを潮時に一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはZM Distagon25mmf2.8による絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_009.jpg
九枚目のカットですが、次なる目的地、京都は先斗町へ移動するためには、まずはJRの大阪駅に出た方が良いかなと思い、元来た「動物園前」駅をそのままパスし、「新今宮」駅まで歩いて行く途上、いかにも「新世界」でござい、という風情の建物と、まだ陽が高いうちから、血中アルコール濃度は酒気帯び以上でおます♪みたいなエキストラ役のヲヂサマがやってきたので、これを潮時としてさっさと一枚戴いたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはZM Distagon25mmf2.8による絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_010.jpg
十枚目のカットですが、結局、先斗町にはJRで行くと京都駅で地下鉄に乗り換え、そこからまた歩く距離が半端ないので、阪急京都線で行くこととし、大阪駅経由、阪急梅田駅から河原町に着いた時には、陽もとっぷりと暮れ、人工光のカクテルライト下を行き交う世界各国からの老若男女を目にしたら、一瞬、日本の千年都市に来ているのか、はたまた、もう上海に来てしまったのか、或いはGW中の香港に引き戻されてしまったのかと錯覚を覚え、正気に戻った次の瞬間、目についた白人カポーに横顔を一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanon N-FD50mmf1.2Lによる絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_011.jpg
十一枚目のカットですが、河原町駅から東にすぐの四条大橋を渡り、程なく目的地の先斗町の通りに入りましたが、ここも、先ほどの河原町の歩道上と全く相違なく、世界各国からのゲスト各位に占拠された状態で、寧ろ、倭人グループは少数民族に転落しているありさま・・・それでもその存在感を少数精鋭で発揮せんと、この時間にはもう一次会が撥ねたのか、十分にアルコールが回った若い男女が通りで、大げさなヂェスチャも交え楽しそうな雰囲気を十分発揮していたので、では遠慮なくとばかり、通りざまに一閃浴びせたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanon N-FD50mmf1.2Lによる絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_012.jpg
十二枚目のカットですが、人混みでごった返す先斗町の細い通りでも、やはり白人の観光客は街並みからして目立ちますので、この手の夜景撮りには格好のターゲットで、歩きながら撮っていた工房主のほかにも、明るいレンズを付けたデヂ一眼構えた、おそらくは中国人の若い観光客も他国からの観光客の姿を捉えんと通りの傍で構えていましたが、ちょうど、前方にイタリア人のファミリーが数組、小々姐世代も交え、食事を兼ねた散策でもしていたのでしょうか、目に付いたので、これ幸いにと一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanon N-FD50mmf1.2Lによる絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_013.jpg
十三枚目のカットですが、先のカットのイタリア人ファミリーは、かなりの頻度で、これは!と思ったお店の店先のメヌーというか店のコンセプト紹介も兼ねた書き物みたいなのを丹念にチェックしながら、歩いていて、なかなかその様子が珍しかったので、少々離れたところから一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanon N-FD50mmf1.2Lによる絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_014.jpg
十四枚目のカットですが、メインストリートに相当する南北の鴨川沿いの通りと交差する裏通りというか、路地には、表通りの雑踏とはうらはらに人気が全くなく、京都の祇園エリア本来の夜の静謐を讃えたところもたまにはあるので、それを見つけた時、思わず嬉しさに足を止めて一枚撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanon N-FD50mmf1.2Lによる絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_015.jpg
十五枚目のカットですが、先斗町のメインストリートは、一見さんお断りを基本理念とする祇園地区のお茶屋街とは異なり、お値段はそこそこ吹っ掛けていますが、店先にメニューを掲げて、初めての観光客でも懐に余裕さえあれば、安心して飲み食いして先斗町で飲食を遂げたという思いで作りも出来るのですが、何せ、多言語対応とはいかないらしく、やはり日本通を気取って、いたいけなGF連れで来た白人男性もメヌーを前に悪戦苦闘し、結局、何料理屋かくらいしか判らなかったらしく、イチかバチかで入ってみるか、同行者と相談しているところを一枚戴いてみたもの。

Kansai17_016.jpg
十六枚目のカットですが、先ほどの路地とはまた別の人気の無い路地で、何とか移り気な遠方からの観光客の注意を喚起せんと、趣向を凝らしているなかで、なかなか洒脱なステンドグラスのオブヂェをぶら下げていた飲み屋街が在ったので、中ほどまで入り込んで、そのオブヂェを撮影させて貰ったもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanon N-FD50mmf1.2Lによる絞り開放、AE撮影です。

Kansai17_017.jpg
十七枚目のカットですが、先斗町での撮影も正直、キリがないので、9時を回った辺りでほどほどに切り上げ、少し離れていますが、乗り換えなしでJR京都駅へ直通する地下鉄四条駅まで歩いて行って、そこから京都駅まで移動、駅の構内のバカ高い和風パスタ屋で遅めのデナーを戴いてかた、湖西線に乗って、近江八幡に移動する途上、ホームでとても後ろ姿の美しい白人小姐を観かけたので、斜め後ろに忍び寄り、一枚戴いてみたもの。

さて次回は、関西撮影ツアー後編の琵琶湖東海岸の旅お送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/07/23(日) 22:30:22|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Western Japan Tour '17 vol.2 | ホーム | 藍青出於藍出了比艾②~NikkorH・C5cmf2 Silver apature ring~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/531-5cb14342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる