FC2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

為什麼上海'17~Shanghai Photographic Tour'17②

さて、海外遠征による夏休みを挟み、二週間ぶりの今回のアップは予告通り、7月の三連休+1で遠征した上海の今からの後編をお送り致します。

まず、滞在三日目当日の簡単な行程をおさらいすると、上海駅前のホテル近くの地下鉄に乗って、まず、市内の復興水郷、つまり周荘とか西塘みたいな数百年から千年にも及ぶ連綿とした歴史の中で生き永らえてきた旧跡ではなく、いったん途切れてしまった水郷である「七宝」の街並みを観光目的でリノベした人工の老街なのですが、なかなかどうして賑わっていて撮りどころもそこそこあって、1時間近く滞在して撮りまくり、ついで、食事も兼ねて、香港系の飲茶レストランのある「新天地」まで地下鉄で移動し、地下鉄の駅から新天地のエリアまで移動がてら声もかけたりして撮影し、まずランチを戴いてから、鬼のように撮影に精勤し、ここでも1時間弱撮ってから、次なる目的地、当日の昼の撮影の最終予定である「豫園」まで歩きながら、半ばスラム化したような元租界の欧米風住宅街みたいなところも覗きながら撮って、「豫園」に入ってのちはここでも小一時間、陽が傾くまで撮って撮って撮りまくった、というのが当日の行程です。
では、さっそく行程に沿って、個々の実写結果を逐次見て参りましょう。

カメラはLEICA M8 レンズは1~6枚目までがRodenstock Heligon35mmf2.8、7~12枚目までがCanonL28mmf2.8、13~17枚目がSchneider Apo-Componon40mmf2.8改Mによる全コマ絞り開放での絞り優先AE撮影です。

Shanghai17_020.jpg
まず一枚目のカットですが、七宝の最寄り駅に着いてから、経験と勘で繁華街のある運河伝いの商業エリアに辿り着き、そこで、まずは水郷っぽいカットを撮らねばということで、目抜き通りに掛かっている、太鼓橋っぽい風情の石造りの橋のてっぺんから、わざと堰で水の流れを止めて、アオコを発生させることで水を緑にしたのではないかと勘繰りたくもなる毒々しい緑の水面を挟んだ両岸の煉瓦+漆喰造りの建物を撮ってみたもの。

Shanghai17_021.jpg
二枚目のカットですが、水辺の風景をまず撮っておいてから、前日の本ちゃん水郷の「西塘」でも撮りどころ満載だった、商業エリアである目抜き通りを徘徊しながら、要所要所で立ち止まってスナップを敢行することとし、休日と云うこともあって、無辜の民草各位がいかにも幸せそうな様子で行き交う細い通りの両側から店舗の軒先が迫り出した目抜き通りの佇まいを撮ってみたもの。

Shanghai17_022.jpg
三枚目のカットですが、後ろから優雅に刺繍なんか施した日傘をさした地元民と思しき、いたいけな小姐二名組がやってくるのが判っていたので、狭い目抜き通りのインターセプトポイントに立ち止まり、じっと息を凝らし到来を待ち、通り過ぎた瞬間にシャッター切ることで、景色の中に二人の後ろ姿を捉えてみたもの。

Shanghai17_023.jpg
四枚目のカットですが、さすがに広大なエリアに店舗兼住宅があまた立ち並ぶ、本ちゃん水郷の「西塘」とはその規模を比べるべくもなく、入り口からものの10分もまっすぐ歩けば、リノベエリアの端から端まで歩き通すことが出来ますが、実はそのエリアの周辺にもオールド上海の風情を色濃く残した街並みがそこここに残っており、むしろ、そっちのスナップの方が面白くなったので、いったん、入場無料のリノベエリアを出ることとし、外側に繋がる運河伝いに街並みを散策しながらその様子を撮ってみたもの。

Shanghai17_024.jpg
五枚目のカットですが、リノベの街並みと繋がる運河近くのメインストリートは観光客もそれなりに流れてくることから、そこそこ小奇麗に取り繕われてはいるのですが、それでも、側道や通りに面した店舗兼住宅の背後に聳え立つ手が入れられていないかの如き、イイ案配にやれた古い漆喰張りの建物がところどころ目に付き、まさに目指すのはこれだ!とばかり裏通りに一歩足を踏み入れれば、ハィビンゴ!とばかり文革時代の生き証人みたいな古いリアカーが置かれていたので、これ幸いにと一枚撮ってみたもの。

Shanghai17_025.jpg
六枚目のカットですが、リノベ老街東側に広がっている、手の入っていない路地裏を心行くまで堪能したあと、ランチタイムを考慮し、何よりも7月の上海のこの暑さでしたから、早々に七宝駅そばの巨大ショッピンセンター一階のドーナッツ屋でアイステーでも飲みたいキブンで再び駅への最短ルートでもある老街に戻り、先ほどの街のランドマークでもある石造りの橋の袂のあずまや内部でで涼んでいた現地人一家を撮らせて貰ったもの。

Shanghai17_026.jpg
七枚目のカットですが、七宝の駅からまた地下鉄に乗って、目指す新天地の駅に到着、駅構内にいるうちにレンズを交換し、地上に出て、撮りながら新天地の商業ゾーンを目指していたら、人工的なリノベ老街の合間に存在する、おそらく戦前の租界の中級クラスの外国人住宅街のなれの果ての如き、煉瓦造りの古風な長屋エリアを大通り沿いの側道の中に見つけたので、さっそく入り口から入り込んで一枚撮ってみたもの。

Shanghai17_027.jpg
八枚目のカットですが、撮りながら歩くくこと15分程度、やっと目的地の新天地商業ゾーンに到着し、休日ともあって、地元民各位並びに諸外国からの観光客各位でかなりの賑わいを見せており、朝飯前ならぬ、ランチ前の一仕事とばかり、さっそくマロニエの並木の傍らに佇み、同じようにスナップの傑作を狙い、大型の日本産一眼レフを虎視眈々と構える地元の若いカメラマンと競うように撮った一枚。

Shanghai17_028.jpg
九枚目のカットですが、新天地には香港の飲茶の名店「翡翠酒家」と台湾の小籠包の名店「鼎泰豊」が同一モールに入っていて、いつも悩まされるのですが、ここ上海では、世界の中華のランキングの小籠包部門で、「鼎泰豊」と双璧の「南翔饅頭店」の本店が徒歩20分圏内の豫園内に有るので、小籠包系はパスして、いつも香港で感動の味を楽しませてくれる「翡翠主家」で豪華な飲茶を頂き、しかるのち、商業モールから少し歩いたところで新天地商業ゾーン内部の佇まいを撮ってみたもの。

Shanghai17_029.jpg
十枚目のカットですが、新天地商業ゾーン内部には、日本のデパートや最新のショッピンセンターがそうであるように、至る処に小休止のためのスペース、木やプラのシートや籐のチェアのようなものが置かれており、この日も暑くて蒸しては居ましたが、日陰では結構涼しい風も吹き通っていたので、石造りの建物のの間の細い通路沿いのチェアは大人気で、爆睡する地元民と思しき男性たちの傍らを如何にも無関心とばかり、今風の小姐分隊が通り過ぎるその瞬間を狙い撃ちしたもの。

Shanghai17_030.jpg
十一枚目のカットですが、新天地商業ゾーンで食後30分も撮ったあと、次の目的地、豫園までは地下鉄であれば、それぞれ駅との徒歩を入れても15分もかからないですが、二つの人工撮影スポットの間には、戦前からの古い住宅地、開発から取り残されたような庶民の台所みたいな感じの市場通りみたいなエリアが有って、前回も思いがけず迷い込んだらイイ写真が撮れたので、今回も記憶を頼りに訪ねてみたら、カメラを提げた観光客がやってくるのが珍しいのか、祖母と遊んでいた極小姐がじっと見つめてきたので、広東訛りの中国語で、こんちは、写真撮ってもイイ、日本から来たんだ、とか声を掛けたら、祖母が満面の笑顔でどうぞ、どうぞと云うカンジで極小姐を促し、街頭スナップによる小さな国際交流となったもの。

Shanghai17_031.jpg
十二枚目のカットですが、記憶を頼りに東へ東へと歩いて行くと、やがて、豫園に繋がる上海老街(オールド上海)の通りに出て、浅草の仲見世周辺のハデな土産物屋街やバンコクのワットプラケオ周辺の土産物屋通りにも相通じるような、如何にもアジア的な赤を基調として、ところどころ、金色を散りばめたカンジの街並みを観光客に混じって地元民も徒歩や自転車、そして二人乗りのノーヘルスクーターで元気に通り過ぎていくので、その様子を立ち止まって撮ってみたもの。


Shanghai17_032.jpg
十三枚目のカットですが、やっと豫園のエリアに到着、南西のゲートから中にアプローチすることとし、そういや、去年は中に入る直前にとても美形の白人小姐二名にシャッター押すの頼まれて、その代わりにモデルさんになって貰ったっけかな、などと感傷に浸りながらレンズを交換し、まずは豫園内部の池の手前の広場で手を自撮り棒代わりに使い記念撮影をする香港人カポーのお姿を一枚戴いてみたもの。

Shanghai17_033.jpg
十四枚目のカットですが、前回訪問時、結構歩き回って、中のレイアウトはだいたい頭に入っていたので、まずは、池に浮か清時代の建築物のレプリカ越しに浦東地区のアジア一高い捩じりん棒みたいな超高層ビルの威容が見えるという不可思議な空間へ向かうこととし、ちょうどその途中で見かけた美形の欧米人小姐の記念撮影風景を横から一枚戴いてみたもの。

Shanghai17_034.jpg
十五枚目のカットですが、豫園中庭の雑踏で、おそらくはタイからの観光客と思しき若いカポーがご自慢の自撮り棒を駆使して四方八方に向けて記念撮影をしているところをそっと横から撮ろうとしたら気づかれてしまい、笑顔でイイ写真撮れた?とか聞かれ、ホレこんなカンジと見せたら、是非欲しいと頼まれ、ぢゃ後で送って上げるからと約束した一枚。

Shanghai17_035.jpg
十六枚目のカットですが、思わぬ国際交流にひやっとし、そしてニンマリした直後、豫園建物内部のハイテク土産物屋の入り口付近でスマホン二台持ちで、一心不乱にゲームしながら、おそらくはLINEとかいうSNSをも同時にこなすという恐るべき芸当をやってのけていたバイト店員の現地小姐の勇姿を傍らから一枚戴いてみたもの。

Shanghai17_036.jpg
十七枚目のカットですが、もう陽も傾いて来たので、いったん駅前の宿に戻り、シャワーを浴びてから、頼りになる相棒のスマホンGalaxyS7edgeだけ持って、外灘と浦東の夜景を撮るべく宵の口に再出撃しようと駅に向かって歩き出した時、
駅の手前の大きな交差点で、夕陽を浴びるコロニアルスタイルの古風な建築物を背景に佇むローカル小姐二名組を姿を通りざまに一枚戴いてみたもの。

今回の旅の感想ですが、前回の厳冬期の訪問に次いで夏の暑い盛りの訪問、いわば二回とも観光オフシーズン中のオフシーズンで日本からのゲストが殆ど居ない素顔の上海を、自分の足で歩き、思う存分、見て、撮ることが出来たのは、航空運賃、宿代が安かったことよりも大きなメリットではなかったかと思います。

さて次回はまたしても旅写真、8月のお盆直後に訪問したお隣は韓国釜山の旅から二週に亘ってお送り致します、乞うご期待!!
  1. 2017/08/26(土) 23:32:19|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Return to the great provincial port town~Pusan photographic Tour'17①~ | ホーム | 為什麼上海'17~Shanghai Photographic Tour'17①>>

コメント

多種のレンズを持っての海外撮影、ご苦労様でした。

久しぶりにアポ・コンポノン40㎜f2,8という珍しいレンズが登場していたので、投稿させて戴きました。

むかしフォコマートV35という、光源が乳白面という散光式引き伸ばし器がありましたが、このレンズがシュナイダーの40㎜f2,8という噂がありましたが、ほかに該当品がなさそうなので、真偽は不明ながら、そうなると今回のレンズが相当品になりそうです。(機会があれば現物で比較してみたいものです)
それはともかくとして、14枚目や17枚目の写真を見ると、やっぱり高細密でやわらかくてマルチコートは良いと見直してしまいました。
そこから古いレンズの描写を見ると、逆光気味の日陰部の描写にマルチコートの様な抜けの良さがあったら、と思ってしまいました。
とはいうものの、二つの古いレンズも広角ならではの背景描写が、以外にアポレンズと比較できる位に描写が良いのには驚かされます。

現代のAFを搭載してのアポ級レンズは、昔と比較がならないほど大型で、価格もマニュアル時代の限定版程度の高価格になって、なかなか手が出ないものです。同じく、ライカのレンズも出荷数量が少ないせいなのか、知らぬ間に殆どが非常に高価になってしまったものです。

それらのレンズが、いったいどの程度に古いタイプと違った性能が出ていて、どういった機能性と描写がユーザーに必要とされているのか…、こうした今回の新旧取り混ぜた描写を見ながら考えるのも楽しいものでした。
  1. 2017/08/31(木) 19:45:31 |
  2. URL |
  3. treizieme ordre #-
  4. [ 編集]

treizieme ordre さま
久々の詳細なる観察に裏付けされた正確無比なコメント、衷心より深謝申し上げます。
今回のアポ-Componon40mmf2.8の登場は、たまたま、渡航レンズの構成上、40mm域が欲しかったので、ミノルタのCL用、CLE用のものと、うちのコリメータかけて合焦時の線画チャートのスリット光のシャープさをマグニファイア経由確認したら、このレンズがダントツだったことと、実は先々月の浅草寺五重塔のチタン屋根のプレスリリース用の全景図もこのレンズで撮影しており、時事通信系を除くすべてのマスコミがこぞって採用してくれたこともあって、実力には絶対的な信頼性を置いていたという次第です。
ただ、今回、競演したCanonL28mmf2.8もRodagon35mmf2.8も川崎は八丁畷の協力工場で修理部長殿が仕事そっちのけでつきっきりで最高性能を引き出すべくファインチューンやってくれた個体なので、一緒に連れ出しても全くひけを取らなかったのでは、と思います。
いずれにせよ、まだこのApo-Copmponon40mmf2.8はフルサイズデヂは未テストなので、今度お会いした時にでもお試し頂きたいと思った次第。
  1. 2017/08/31(木) 22:37:28 |
  2. URL |
  3. Charley944 #yjwl.vYI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/535-dddcb4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる