FC2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

An amazing existance among tremendous numbers of optics human beings have ever produced ~IBELUX40mmf0.85~

IBERUX40mmf085.jpg
さて、一日遅れとなった今回のアップは予告通り、久々の新レンズ導入、その驚愕の性能をレポートしたいと思います。
レンズ銘は「Handevision Ibelux40mmf0.85」、これまで市販された写真用レンズでは、ライカのノクチルクス50mmf0.95とそれに先駆け市販化されていたCanon50mmf0.95があり、概ね、"ハイスピードレンズ"と云えばf1.2クラスが一般的でしたから、このf0.85というチャレンジングな開放値は実に驚愕すべきものだったと考えます。
しかも、このレンズを送り出したプロジェクトが実に興味深く、アダプタでは確固たる地位を築きつつある、上海のKIPON社がドイツの光学設計専門機関IB/Eオプトに設計を依頼し、上海の光学機器製造工廠で製造したというのです。
発売は2014年、確か日本では世界の中古カメラ市の渋谷東急東横店での回で銀一さんが持ち込んでいたのが初お目見えだったと記憶していますが、最初の印象は、とにかく重い、そして中国製なのに22万円!?ということで、とても手を出そうという気持ちにはならず、これまで通り、f1.2の"ハイスピードレンズ"の蒐集に血道を上げてきたということです。
ところが、ふと或るきっかけで、このレンズのモデルチェンジが近いらしく、既存品はバーゲンセールになっていることを知り、密林に踏み入り、思わずポチっとな!してしまい、気づいていたら手元に来ていたという映画の中のラブストリリ-のひな型のひとつみたいな経緯で導入したのです。
構成は8群10枚で重さは1.2kg近くあるため、軽快なストリートスナップや、海外へ持ち出してどうこう、はとてもムリですが、それでも映画「バリーリンドン」のロウソクの灯での撮影を可能にしたという世界に10本しかない「アストロプラナー50mmf0.7」に次ぐ超弩級のハイスピードレンズを我が物としてスナップに使えるという昂揚感は何物にも代え難い思いました。
では、さっそく到着翌日の土曜日にX-Pro2に装着し、深大寺に出掛けて行った全コマ絞り開放AEでの試写結果を見て参りましょう。

IBELUX40_001.jpg
まず一枚目のカットですが、いつもは普通のレンズを持ち出しているので、それほど何を撮ろうか考えずに深大寺境内や門前町、そして神代植物公園附設水棲植物園辺りで適当にシャッター切っているのですが、今回は、はなから特別なレンズ、という意識が頭の中を支配しており、何でもかんでも手当たり次第とはいかず、逡巡しながら境内を徘徊していたら、聞き慣れた北京アクセント中国語が聞こえてきたので、観光で来たと云う中国人の母娘さんにお願いしてモデルさんになって貰ったもの。

IBELUX40_002.jpg
二枚目のカットですが、一枚目に手堅く人物ポートレを撮れたので、やっと平常心を取り戻し、近距離でのシャープさと背景のわさわさ感を見るのにちょうど良いところがあったのを思い出し、山門脇のシャープなエッジを四隅に持った笠をかぶる石灯篭を狙って背景の樹々の緑、そして木漏れ日を入れて撮ってみたもの。

IBELUX40_003.jpg
三枚目のカットですが、とんでもないレンズならとんでもない背景の大暴れ具合いであろうと予想していたら、二枚目の試写結果を背面LCD画面で確認したところ、全然まともな50mmf1.4クラスのレンズとさして相違ないノーマルな後ボケにやや拍子抜けしながらも、だいたいのコツが掴めてきたので、灯篭の至近距離にある芒の穂越しに門前通りの様子を撮ってみたもの。

IBELUX40_004.jpg
四枚目のカットですが、こうなるといつもの試写パターンで対応出来そうなので、重さがケタ外れに重いのをガマンし、山門の階段を軽快?に駆け下り、まずは深大寺窯の店先に飾ってある、瀬戸物の絵付け風鈴の群れの一番手前のものを最短距離で撮ったら、さて背景はどうなるのか、試しに一枚撮ってみたもの。

IBELUX40_005.jpg
五枚目のカットですが、ここまで来ると、完全にいつもの試写パターンに乗ることが出来てきて、続いては、深大寺窯のお隣り、浅草は仲見世の美人茶屋「あずま」さんと並ぶ深大寺の美人茶店「八起」さんの店頭で団子等の日本的伝統菓子・軽食の類を一心不乱に実演販売する小姐をモデルさんに一枚です。

IBELUX40_006.jpg
六枚目のカットですが、美人茶店「八起」さん店頭で小姐の撮影を行ったら、まさにおんぶにだっこの喩えではないですが、同じく「八起」さんの店舗奥の通りに面した柵の一部を切り欠いて設置してある自然石を組んで作った蹲に水が満々と湛えられている様子を最短距離で一枚撮ってみたもの。

IBELUX40_007.jpg
七枚目のカットですが、背面LCD画面で濡れた蹲の写りようを確認し、なかなか満足行く描写であることが判ってきて、重いのをガマンさえすれば、夕暮れや宵の口の据えもの斬り的な撮影にはこの上ない得物であるなぁとか感慨に耽っていたら、すぐ脇の日傘付の長腰掛けに犬連れの母娘が座り、犬と楽しく晩秋のカキ氷なんか堪能していたので、その様子を横から一枚戴いてみたもの。

IBELUX40_008.jpg
八枚目のカットですが、山門下を南北に細長い門前通りを今度は山門を挟んで反対側の時代がかった雰囲気の建物の蕎麦屋兼土産物屋が軒を並べる界隈にあって、ひときわ大きな水車が回っていて人目を惹く店舗の前まで歩いて来て、木陰の被写体で、果たして回転を止めるほどのシャッター速度が稼げるか否か試し、結果はとても満足行くことが判ったという一枚。

IBELUX40_009.jpg
九枚目のカットですが、大きな水車を軒先に据え付けた蕎麦屋と山門までの間には、結構な人出のある飲食物の店頭販売のお店が在って、いわゆる「おやき」と称する和風肉まんみたいな食品やら蕎麦饅頭、そして9月も最終週というのにソフトクリーム、アイス最中などという歯に沁みそうな恐ろしいおやつを売っているお店の店頭で、抹茶ソフトを頼んで、出来上がりを待っていた若いヲヤヂさんとその腕に抱かれた極小姐の様子を背後から一枚戴いてみたもの。

IBELUX40_010.jpg
十枚目のカットですが、至近距離の被写体のテクスチャと背景のボケの比較が確かめられる格好の場所が、山門真下の観光蕎麦屋「嶋田屋」さんの軒先に、それこそ狛犬の如く左右対で据え付けられた五百羅漢のうちの二体のうちの向かって左側の石像で、例年、石像の左側のプランターにコスモスなどがはみ出さんばかりに植えられていて、石像の背景のボケを彩ってくれるのですが、今年はそれがなく、やや寂しいものとなってしまった一枚。

IBELUX40_011.jpg
十一枚目のカットですが、深大寺門前町から徒歩3分程度にある神代植物公園附設水棲植物園の上に位置する、知る人ぞ知る四季通じての撮影スポット深大寺城址の入り口付近に設置された、まさに正真正銘の「深大寺蕎麦」畑で白い可憐な花が満開に近い状態だったので、至近距離で畑の様子を一枚撮ってみたもの。

IBELUX40_012.jpg
十二枚目のカットですが、深大寺城址と云えば、これまた知る人ぞ知る、なんちゃって「この木、何の木」が有りますが、登って来たアングルからだと、ちょうど蕎麦畑の仄かな白い花々の彼方に力強く枝葉を広げる「この木、何の木」の偉容が見える格好なので、その構図で一枚撮ってみたもの。

IBELUX40_013.jpg
十三枚目のカットですが、そして深大寺城址での試写とくれば、これはもう欠かせないマストアイテムとなっているのが、かつてのお城の本の丸の館跡の柱の位置を示す、てっぺんが丹念に磨き上げられ、黒光りする黒御影石群とそれらが置かれた芝生の緑の対比で、今回も手前の石のエッヂにピンを合わせて石の列を撮ってみたもの。

IBELUX40_015.jpg
十四枚目のカットですが、今回の深大寺行きの目的のひとつ、年一回の彼岸花こと曼殊沙華の可憐な花の姿を捉えることで、この驚異のレンズの性能を測り知ることだったのですが、幸いなことにピークは一週間程度過ぎてはいましたが、それでも、新調したレンズを持って訪問してくるのを心待ちにしていたかの如く、何本かの株は威勢良く赤い花を咲き誇っていたので、嬉しい気持ちで、心の中で花々の妖精に感謝しシャッターを切ったもの。

今回の感想ですが、うーん、とても素晴らしいものを買えたという思い以上に、こんな尖った、使い手を選ぶようなレンズを商品化してしまうという、まだ若い中国人社長の清々しい心意気に触れられたような気持ちに慣れて、とても嬉しくなりました。

さて、次回は、今朝帰って来たばかりのシンガポールハイライト、三週に亘ってお送り致します。
  1. 2017/10/09(月) 20:42:20|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<星港旅情'17~ Singapore Photographic Tour'17~① | ホーム | 美麗島旅情'17~Taiwan Photographic Tour'17②~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/540-10654a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる