FC2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

星港旅情'17~ Singapore Photographic Tour'17~①

さて、今週からマイル修行も兼ねてのシンガポール旅行からの三週に亘ってのハイライト、一回目をお送り致します。

まず恒例の行程のご紹介ですが、10/5のお昼前の羽田発の日航機でシンガポールはチャンギ国際空港に着いたのは現地時間の夕方17時前、そのまま空港から、MRTで以て魔界都市とも云われるゲイラン地区のど真ん中に位置する日本のビヂネスホテルより宿泊賃の安いローカルチェーンの宿に直行し、チェッキン後、荷物を置いて直ちにマーライオンに長の無沙汰の挨拶でもしようと出かけ、宿のフロントの女の子に念のため、最寄り駅を訊ねてみれば、何とマーライオンの対岸のベイマリーナホテル最寄りの駅を教えられ、そこからマーライオンを目指し、夜風に吹かれながら写真撮ってそぞろ歩きして、マーライオンパークに辿り着いて無事ご対面、それから、晩飯を食べることも考慮し、ホントは徒歩でも行けたのですが、夜で6年ぶりということも考慮し、地下鉄を乗り継ぎ、30分近くかけ、わずか1kmかそこらのチャイナタウンには22時前に到着し、写真を撮りながら、晩飯食べる場所を探し、屋台街みたいなところで、鴨のローストと焼き豚の合い掛け飯みたいなものと海老ワンタンを食べて16シンガポールドルもの大金を払い、なんかおかしいなぁ?とか思いながら、またMRT経由、宿の在るゲイラン地区へ戻ったというのが一日目の晩。
そして、翌10/6は少々早起きして、まずはこの国というか街と云うかの一番の繁華街、オーチャードロードで多国籍軍的なスナップを撮ろうと出かけ、そこで写真撮りながら、ブランチも摂ってしまおうと考え、初日の宿代現金前払いで手元の現金が少々心細くなったこともあって、現地紹介のサイトで見つけた両替商の集積地、ラッキィビル地下で両替商を回り、アホなことにレートを逆に計算していて、ダントツでレートの悪い入口付近のインド人経営の両替商で両替して、奥の一番レートの良い店と比べ、日本円で1万円に対し240円ほど損してしまったのをじくじく悩みながら、ラッキィビル奥のタイ人の小姐とアジョシがやってるタイ料理のお店で安くて旨い、パイナップルチャーハンとトムヤムグーンを戴き、やっと気持ちのテンション上げて、1時間かそこらオーチャード通りで、時折、通行人に声を掛けスナップを行い、しかるのち、MRT経由、リトルインディアに向かい日暮れまでスナップに勤しんだ、というのが今週の粗筋。
では、さっそく、二日の行程に沿って、実写結果を見て参りましょう。

Spore17_001.jpg
まず一枚目のカットですが、怪我の功名とは都合の良い日本語の言い回しは有るもので、お目当てのマーライオンの正反対の岸に出てしまったのですが、なかなかどうして、夜景が素晴らしく、ちょうど、上海でいえば、高層ビル群が浦東に集中しているため、旧市街の外灘から川越しに眺めた方がきれいなのと同様、ここでもラッフルズプレイスからクラークキーにかけてライトアップしたビル群が集中しているため、息を飲むような景色を眺められ、また当初降りた側もさすが金持ち国家の金持ち企業体の事業だけあって、マリーナベイ辺りには奇抜な建造物も多々あり、サンズ・マリーナベイホテルの南東にある、美術館だかの開く途中の蓮の花みたいな建物もブルーバイオレットにほんのりとライトアップされていたので、f1.2レンズの威力を活かして撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_002.jpg
二枚目のカットですが、見た目は結構距離があるようでしたが、夜景を眺めながら、時折、珍しいカメラとレンズを提げて上機嫌で歩いている東洋人を珍しく思うのか、声を掛けてくる、いかにもカメラ好きそうな白人観光客や裕福そうな上海か香港辺りの中国人観光客と立ち話などして、そぞろ歩きしていたらものの30分もしないうちに目的のマーライオンの足元というか、足がないので、ヒレ元に着き、その勇姿をラッフルズプレイス周囲のビル群を背景に桟橋上から撮ってみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_003.jpg
三枚目のカットですが、マーライオンへの長の無沙汰の挨拶を済まし、周囲の写真も満足行くまで撮ったので、次なる目的エリアである、チャイナタウンへ向かうべく、最寄りのMRT駅であるラッフルズプレイスに移動し、そこから一回乗り換えでくだんのチャイナタウン駅に着いたのですが、ガイドブックを熟読しての前回とは異なり、スマホンにWifi付けてますから、判らんかったら調べればイイや♪程度の出たとこ勝負のお気軽旅行につき、やはり、一番の目抜き通りの出口とは全然違うところに出ててしまい、仕方なく、人の流れに沿って歩いて行ったら、見覚えある街角に出て、その周囲のお店でキビキビ商品をパッケージングするちょんまげ小姐店員と、中国人観光客の嬉しげな表情の対比が面白かったので、背後からそっと一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_004.jpg
四枚目のカットですが、中華街とは云っても、米国以上の多民族国家シンガポールですから、アラブ人街の奥に大きなヒズー教の寺院と道教の廟が並んでいたりするのと同様、ここ中華街の奥にもかなり大きなヒンズー教の寺院とその関係施設が鎮座ましましている関係上、昼夜問わず、中華系の人間と負けず劣らず、インド人の老若男女を目にする機会が多く、ちょうど探し当てた屋台街の入り口付近で、インド人の小姐同士が、デザートでしょうか、プラカップに入ったフルーツを串刺しにしてアーンとやってるところを一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_005.jpg
五枚目のカットですが、屋台街でさぁて何を食べようかと迷うフリをしつつ、抜け目なく、面白そうなシーンをX-Pro2の静かなシャッターを活かしてちゃっちゃっと撮り歩いていたのですが、或る共用テーブルスペースで、白人の初老男性が、かなり巻き舌ながら流暢なドイツ語を操る、年齢的には少し上の中華系の男性と一杯ひっかけながら議論していた姿が面白かったので横から一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_006.jpg
六枚目のカットですが、ここシンガポールは基本的に物価がまんべんなく高いことで有名ではありますが、日本同様、アルコール類には政策的に高額な課税が課せられており、仕入れ値が元々高価なうえ、店によって販売価格が全然違う、というのがここシンガポールの商売ですから、ロシアからと思しきこのうら若き小姐はボーイフレンドに飲ませるビールを一セントでも安く買おうと、値札を見て回り、屋台街の一番外れにある、飲み物専門店で瓶保証料無用のローカル缶ビールを買い求めていたので、その健気なお姿を斜め後ろから一枚戴いてみたもの。
カメラはX-Pro2、レンズはCanonL50mmf1.2による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_007.jpg
七枚目のカットですが、翌6日は、今回のシンガポールの宿も朝飯無しなので、少し遅めに起きるようにして、11時半前くらいにオーチャード通りに着くようにして、冒頭説明した経緯で、両替、ランチを済ませ、天気も良い通りに出て、スナップしようと、鵜の目鷹の眼で獲物を探しましたが、牧歌的な台北や釜山と違い、行き交う人々も、なかなか撮らせてくれるか否かのオーラを見抜く勘を取り戻すのに時間がかかり、仕方なく青空に浮かぶ雲を背景に荘厳な教会の佇まいを一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_008.jpg
八枚目のカットですが、しかしながら、通りの歩道上で観光客の多いエリアを行きつ戻りつ、30分も声かけちゃ断られ、またそれでも声かけながら歩いていたら、横で見ていたスペインからの観光客という心優しい婚約者同志が、我らで良ければモデルになるぜ、その代わり、撮った画はメールかなんかで提供せいよ、と反対に声かけてきてくれたので、有難くお申し入れを受け、モデルさんになって貰ったもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_009.jpg
九枚めのカットですが、心優しいカポーによる支援のおかげで、すっかり復調し、折れそうな心もしゃんとしてきたので、気分を一新し、極めて現代的な通りに面した、19世紀以前の様式を色濃く残した住宅群が軒を並べるプラナカン建築通りに足を踏み入れ、まずはその全体的な佇まいを一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_010.jpg
十枚目のカットですが、そのプラナカン建築通りの入り口付近には、パリのシャンゼリゼとか、ミラノのドゥーモ周辺にある雰囲気の屋根付きオープンテラス的な長いカフェが有り、たまたま外を眺めながら、オモニとブランチを摂っていたフランス人の小姐と目が合ったら笑顔を見せてくれたので、これ幸いにと、お食事中ながら一枚撮らせて貰って宜しいか、と聞いたら、ノープロブレム、どうぞ、ということだったので、お言葉に甘えて一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_011.jpg
十一枚目のカットですが、同じくプラナカン建築通りのちょい入ったところの店舗兼住宅みたいなカンジの欧風建築の袂にて、お友達同士でモデル撮影ごっこみたいなことをしている上海からという小姐二名が居たので、日本から来たんだけど混ぜてよ、と声かけて、もう一名の小姐が望遠ズームで撮ってた横から撮らせて貰った一枚。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_012.jpg
十二枚目のカットですが、同じくプラナカン建築通りのちょっと入ったところから見た通りの全景で、カメラを構えて構図とか露出を考えていたら、後ろに人気を感じ振り返れば、タイ人の家族連れが写り込まないようにか気を使って立ったまま待っていてくれたので、マイペンライなカップと声をかけ、前に行けというゼスチャをしたら歩き出したので、後ろ姿モデル♪後ろ姿モデル♪と有難く一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_013.jpg
十三枚目のカットですが、プラナカン建築通りでそこそこ撮った後、またメインストリートであるオーチャード通りに戻り、次なる目的地であるリトルインディアへ移動すべく、MRTオーチャードロード駅へ向かって歩いて行ったら、日本の縁起物である紅白の水引をモチーフにしたがごとき、赤と銀、金のメタリックな玉を頂点が開いた円弧上に造形し組み合わせたオブジェが目に付き、その円弧の組み合わせた中心を通行人が通りがかった瞬間にシャッター切ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_014.jpg
十四枚目のカットですが、MRTオーチャードロード駅のまさに入口まで来た時、人待ち顔の幼い兄妹が目に留まり、妹の方と目が合ったら笑顔を見せてくれたので、兄の方にゆっくりした英語で日本から来たのだけど、写真撮らせて貰ってもイイかな?と声かけたら、笑顔でうんうん頷いてくれたので、異邦人に写真を撮って貰えることで、いかにも嬉しそうな笑顔に幼い妹と硬い表情の兄ちゃんのツーショットとなったもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_015.jpg
十五枚目のカットですが、MRTでほどなくリトルインディア駅に着き、ここでも、ガイドブックなんざ見てなかったので、またしても前回同様の目抜き通りへ一発アクセスとはいかず、あまり人気のない通りに面した出口から地上へ上がってしまったため、仕方なく持ち前の勘を発揮し、人通りの方向性を見極め、ずんずんと歩いて行ったら、まさに怪我の功名、前回は気づかなかった、結構、サイケな配色と構造のフードコート付きマーケットモールのような場所の中庭に偶然出て、お天気も宜しかったので、そこから眺めた青空も入れて一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_016.jpg
十六枚目のカットですが、マーケットモールの中庭を抜け、勘を頼りに丁度MRT駅の面する通りと並行する大きな通りに出てみたら、まさにビンゴ、前回同様、迷路のようなインド人街の入口に到達出来、6年ぶりの再訪に思わず嬉しくなってその近傍の様子を一枚撮ってみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

Spore17_017.jpg
十七枚目のカットですが、さっそく、インド人街へ足を踏み入れてみると、そこは6年前と相も変わらず、混沌と商魂が支配するカオスの世界で、そもそも店と通路の区分などなく、目に見える物体は店員とレジ以外全て売り物という風情で、あちこちで、英語、中国語、そしてウルドゥー語と思しきインド系言語で、売り子の呼び込みやら、値切りの交渉なんかやってるので、ただ眺めて通っているだけでも楽しくない筈もなく、その様子をぜひ残しておきたく、一心不乱に物色するインド人一家の至近距離で一枚戴いてみたもの。
カメラはLeica M8、レンズはRodenstock Heligon35mmf2.8による絞り開放、AE撮影となります。

さて次回は、滞在二日目の晩、クラークキーの賑やかな夕べの様子と翌滞在三日目のオーチャード通り、アラブ人街であるブギス駅周辺の様子についてお送り致します、乞うご期待。


  1. 2017/10/14(土) 20:00:00|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<星港旅情'17~ Singapore Photographic Tour'17~② | ホーム | An amazing existance among tremendous numbers of optics human beings have ever produced ~IBELUX40mmf0.85~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/541-f2442464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる