深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

大陸からのチャレンジャー~ASTAN50mmf3.5

astan01.jpg
astan02.jpg
今宵のご紹介は攻守入れ替わり、また新たなチャレンジャーの登場です。
このレンズは、レンズヘッド自体もかなり珍しいとされる、独Astro-Berlin社製のASTAN50mmf3.5を使った改造レンズで、出来は中の下といったところでしょうか。前回のチャレンジャーである、IVOTARの精巧さとは較べるべくもありません。

しかし、このレンズの価値は、ヘッド自体の希少性のみではなく、北京オリンピックの直前に恒例の電子湾夜釣りにて、何と、北京の業者?が出品していたものを落札したことにあるのです。

それはどういうことかというと、出品者がたまたま一個だけこの改造レンズを出品していたのなら、明らかに他国製を買って転売したのだろうと推察出来るのですが、このレンズ以外にもかなり多岐に亘るタイプの改造レンズを出品しており、また「製品」の解説もやたらマニアックだったので、はは~ん、コイツは北京在住の改造マニアだな・・・とピン!ときて、もし出来がダメだったら、希少なレンズヘッドだけ活かして、当工房にて再改造すりゃイイや☆というダメモトの軽い気持ちで落札しました。

この出品者は海外発送に慣れていなかったらしく、済まないが日本に入っている筈だから、DHLにコンタクト取って欲しいとか、有り得ないようなメールを送ってきて、何度もしつこいので、いい加減飽きれてコンタクト取ってみたら、確かに荷物は北京から届いているが、住所の都区以下がごっそり落ちていてデリバリ出来ずに困っている・・・との回答。

しゃぁないやっちゃと思いつつ、FAXで必要事項を記した紙を送付し、そこから待つこと4日、注文してから一ヶ月弱かかって手許に着いたのが、オリンピック閉会式後のことでした。

まぁ、そんなこんなで相当ズボラで杜撰な送り主(=製造者)の人物像が浮かんできたので、荷物を開梱して手に取った時は、安物のロシア製インダスター22か何かの鏡胴部品にさりげなく固定しているこのレンズを見た時、あ~ぁ、高い買物しちゃったかなぁ・・・と一瞬後悔にも似た疑念が頭をよぎりましたが、とにかく実写せにゃ判らんってことで、夜まで待って、仲間内の溜まり場である、新宿西口の南蛮茶店に出かけ、店内で他のレンズと共に実写テストを行いました。

で、下がその結果なのですが、3群4枚のエルマー型?にしては、相当ソフトな写りで、目立たないレベルのクモリが悪さをしているのかも知れません。ただ、室内で色々な距離を変えて撮った限りでは、傾斜カムの出来もまずまずらしく、全カット、開放からピントは来てました、立派なものです。

まぁ、こういうシャープでないレンズを好む人も多々居ますし、使い方によってはムーディと言えなくもない写真も撮れそうですから、マイクロニッコール教の信者である工房主は、まぁこんなもんかいね、で済んじゃいますが、北京の改造人間のマニアックさが垣間見られたことが何よりのレンズでした。

さて、この独中連合軍に対し、深川精密工房はどんな改造レンズを繰り出してくるのか・・・まぁ、予告編を兼ねてちょっと囀っちゃえば、正反対にシャープなレンズを持ってきてます。

to be continued.

テーマ:ライカ・マウント・レンズ - ジャンル:写真

  1. 2008/09/30(火) 23:40:24|
  2. 深川秘宝館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<パラレルワールドから来たレンズVol.2~Wollensak Velostigmat2"f2.8S | ホーム | ゼロの焦点21st~Switar2"f1.4改M~>>

コメント

趣のある描写ですね。astanの画像はあまり見る機会がないですね。
charleyさんとは最近妙に所有レンズに共通点があると感じているのですが、今回も奇遇ですが、ASTANも手元(といっても日本に)にあります。私のものはexaklausさんのHPに出てくる外観のRAU-OPTIKのものですが、もちろん防湿庫の肥やしのまま出番待ち(いつも後回しにされて腐っていると思います)の状態です。
  1. 2008/10/01(水) 00:41:17 |
  2. URL |
  3. kinoplasmat #lpavF/Xw
  4. [ 編集]

Kinoplasmatさん
コメント有難うございます。
確かにASTANというレンズは今回、この北京製改造レンズを買うまでは存在さえも知りませんでした。
Astro-Belrinと言えば、Pantacherくらいしか知らず、このレンズとて、とにかく手許にAstro-Belrinのレンズが一本もないから、とりあえず買っておこうという極めて不純な動機?で買った、というのが偽らざるところです。
しかし、このレンズヘッド、クリーニングに出せば、大化けするかも知れないので、結構楽しみにしています。
  1. 2008/10/01(水) 17:13:37 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

今回の目玉は、シャーリーさんの作業姿です!!ゴーグルが作業の危険度を語る様で、安全第一を願わずにいられません。 このお披露目を機会に、世界中の改造マニアと親善を計らえれば、と希望します。*** 今回のアストロベルリンは階調のでそうなタマで、エルマー?、テッサータイプの端正な補正が効いているような、クリーニング後のハイライト描写が楽しめそうな気がします。  
  1. 2008/10/05(日) 20:46:32 |
  2. URL |
  3. Treizieme Ordre #-
  4. [ 編集]

Treizieme Ordre さん
コメント有難うございます。
へへへ、実は某写真専門誌の12月号で当工房の特集記事出して戴けることになって、その中で旋盤と一緒に写っている写真が入用になって、何枚か撮った中でまぁまぁのがあったので、去年の年末大掃除のカッコよりちょいマシかいな♪ってことでこっちに差し替えたワケなんです。
なお、実際の加工時には、ゴーグルとマスクが必須です。指先の感覚が鈍るので、手袋の類いは一切しませんが。

実は、先月下旬に新宿西口で仲間と写真展やったんですが、結構、外国からのお客さんも多くて、写真を売ってくれの、改造レンズの情報がもっと欲しいのっていうリクエストがかなりあったので、このURLを何組かに渡しているので、結構な数の海外からのアクセスがある筈です。

で、レンズのクリーニングですが、今、頼みの浅草の駆け込み寺が二ヶ月待ちなんで、自分で開けちゃおうかどうしようか迷っています。
何せ、土地勘ないレンズなんで開けた途端に貝殻割れでお陀仏ってんぢゃ、泣いても泣ききれないですからね。
  1. 2008/10/05(日) 21:25:10 |
  2. URL |
  3. charley944 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/56-434beafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる