FC2ブログ

深川精密工房 [Fukagawa Genauigkeit Werke GmbH]

深川精密工房とは、一人のカメラマニアのおっさんの趣味が嵩じて、下町のマンション一室に工作機械を買い揃え、次々と改造レンズを作り出す秘密工場であります。 なお、現時点では原則として作品の外販、委託加工等は受付けておりません、あしからず。

Destruction of common sence~UW-Nikkor28mmf3.5mod.FX~

UW_Nikkor2835.jpg
さて、今宵のご紹介は、先々週の予告通り、今年の工房製レンズ第二弾、通説を裏切る驚異の実写結果をご紹介したいと考えます

まずは恒例の簡単なクランケさんというかレンズの氏素性のご紹介から参りたいと思います。
このレンズはかつて、日本光学(現Nikon)がフィルムカメラを作っていた太古の昔、フランスはスピロテクニーク社のカリプソという水中/全天候カメラを自社製レンズを用いたシステムカメラとしてラインアップに加えるべく、1963年から製造を開始したニコノスの広角レンズとして、1965年にと登場し、III型が1975年に発売になった翌年、マルチコート化されたものです。
構成は前面の度の弱い凹レンズ込みの5群6枚のため、これがない状態だと、4群5枚となります。
完全にバラしたワケではないので、正確かどうかは保証致しかねますが、おそらく前群が貼り合わせの凸/凹、絞りを挟んで、凹、凸、凸のように見えました。
これまでは前面の凹レンズのおかげで地上では近距離専用だとか、そもそも結像しないという風説流れ旅状態で、少なくとも5m以内のスナップから無限の街並みまで試写して例は無なかったと記憶しています。
当工房では、これをハウジングから摘出し、新たにXマウント化することで、最短30cm程度からそそれこそ月面まで精細に描写出来るよう再生したものです。
では、さっそく実写結果を見て参りましょう。
カメラは富士X-Pro2、全コマ開放により絞り優先AE撮影となります。

UWNIKKOR2835_001.jpg
まず一枚目のカットですが、今回のテストフィールドに選んだ築地で、遅めのランチの後、卸売市場本体が豊洲に越してしまった後も健気に都の台所として営業を続ける築地場外の小路にひとつ、店頭で強力なバーナーなど使って、網の上の貝類を一気に焼き上げて、観光客に提供している店が在ったので、焼き子の兄ちゃんに赤いヂャンパがステキ!とかおだて上げ、店先の様子を撮らせて貰ったもの。

UWNIKKOR2835_002.jpg
二枚目のカットですが、ここも狭い路地のような南北の小径に乾物屋、まぐろ小売業者、そして道具屋が林立しており、いつ来ても観光客でごった返しているのですが、その一角で、鋭い眼つきのブルゾンを着たスキンヘッドの店員さんが辺りを睥睨しながら包丁を研いでいるお店があって、いつもが外国人で賑わっているのですが、店頭で品定めしていたドイツ人のご老人のお姿を一枚撮らせて貰ったもの。

UWNIKKOR2835_003.jpg
三枚目のカットですが、狭い南北の小径と比較的広い東西の一本目の通りが交差する手前辺りに年がら年中、揚げ物の隣でアイスクリームを商うお店があるのですが、その店頭で、防寒完全武装に等しいいで立ちで、アイスを注文しようとしている、それこそエスキモーアイスの実写版みたいなシチュエーションの極小姐の様子を横から一枚撮らせて貰ったもの。

UWNIKKOR2835_004.jpg
四枚目のカットですが、東西を走る、鮮魚店の多い一本目の通りを西方向に歩き出したら、一番近くのお店で、中国人の小集団がどうやら買い出しモードに入っていたらしく、同行のいたいけな童子達は、無情の放置プレー、買い物に血道を上げる大人達に傍らのベィビィカーの守りみたいな役目を押し付けられ、憮然とした表情で店内を見渡す小々姐の後ろ姿を一枚撮ってみたもの。

UWNIKKOR2835_005.jpg
五枚目のカットですが、同じく、万国の観光客でごった返す場外市場の東西通路上では、大人達が狭い店内で、真剣勝負を挑む足手まといとばかり、童子道士で路上に放置されているケースが散見されたのですが、そこはそれ童子達もしたたかなもので、親からしっかりスマホンを預かって、いたいけな童子道士で輪になり、日本製アニメなんざを路上で夢中になって眺めるという対抗策に出ていたので、中国童子の和やかながらしたたかな様子を一枚撮ってみたもの。

UWNIKKOR2835_006.jpg
六枚目のカットですが、北から数えて一本目の東西通路を西の果てまで行ってしまったので、西側の旧卸売市場に面した公道上のアーケードを通り、もう一本南の東西通路に入ってみると、こちらは、ランチタイムを過ぎていた自分で、物販店は乾物屋くらいしかないので、人通りは閑散としており、逆に手前に人がくれば、画面奥手方面との空間描写の傾向が把握できるので、適当な通行人がやって来るのを待ち受けて一枚撮ってみたもの。

UWNIKKOR2835_007.jpg
七枚目のカットですが二本目の東西通路はあまり撮るものがないので、途中で引き返し、もういちど、西側の公道上のアーケードに戻り、ここでは浜焼きもあれば、卵焼きやら何やら、店頭での実演販売にそこそこ観光客が群がり、そこそこ画が撮れそうだったので、歩いていたら、日本人の美的感覚というか食習慣に照らせば、あまり旨そうには見えない、プラスチックのコップみたいな透明な容器に収められた海鮮丼みたいな食品があったので、至近距離の解像感を見るため、一枚撮らせて貰ったもの。

UWNIKKOR2835_008.jpg
八枚目のカットですが、場外市場西側の公道上のアーケードから一番南の東西通路に再び入って、な何か撮るものはないかと物色しながら歩いていたら、南になるほど、店舗密度が減ってくるのか、て店舗兼住宅みたいな建物があちこちに残っており、そのひとつの店先で午後の遅い陽射しを浴びた常緑樹の葉がイイ照り返しを見せていたので、古風な木のガラス戸を背景に至近距離で一枚撮ってみたもの。

UWNIKKOR2835_009.jpg
九枚目のカットですが、一番南の東西通路から今度は東側の晴海通りに出て、そこから勝鬨橋経由、月島・佃島方面に撮りながら歩こうと考えましたが、いちおう、もう一回、陽の高さが変わっているので、東西に開けた通りではイイ画が拾えるのでは、と思い、一本北上したところ、いたいけな韓国女子がとある商店の軒先で歓談に打ち興じていたので、その様子を傍らから一枚撮ってみたもの。

UWNIKKOR2835_010.jpg
十枚目のカットですが、入り口付近でなかなかイイ雰囲気の街角写真が撮れたのに気を良くして、べ別に時間に制約があるでなし、ヒマで街撮りやってるワケですから、再度、西方向、即ち旧卸売市場方面に歩くと、西側アーケード内の寿司屋だったか海鮮丼屋だったかの店頭に、ワシントン条約レッドリストの常連さん、黒マグロの幼魚の生首がそれこそプレデターの惨劇現場の如く、誇らしげに掲げられていたので、し至近距離のテストに丁度良かったので、渡りに船とばかり、有難く一枚撮らせて貰ったもの。

UWNIKKOR2835_011.jpg
十一枚目のカットですが、同じく西側アーケードの人の集まりそうなところを徘徊して、画を拾おうとしていたら、テリー伊藤氏の実家の同業者の玉子焼屋の店頭が、食べ歩き用の小分けを買い求めようと行列を作る人達で賑わっていいたので、それを嫌な顔ひとつせず、笑顔すら浮かべて捌いていた店員のオッパーの働きぶりを一枚撮らせて貰ったもの。

UWNIKKOR2835_012.jpg
十二枚目のカットですが、先ほど通った時は完全に見落としていたのですが、北から二本目の東西通路の西側に近い辺りで、店頭で蒸したて焼売をアテに日本酒の冷酒などを飲ませる、要は路上の角打ちみたいなコンセプトのお店が閉まった商店のシャッター前で商っていて、まさに女寅さんの如く、口上の旨い女将さんみたいなアジュモニの勧めるままに、いたいけな若い観光客が次々と冷酒とアツアツの焼売などを買い求めていたので、横からその様子を一枚戴いてみたもの。

UWNIKKOR2835_013.jpg
十三枚目のカットですが、その東西通路をまた東方面にゆっくり歩いて、何か面白げなものはないかと物色していたら、居ました居ました、また買い物ジャンキ-の大人達の哀れな犠牲者、いたいけな童子達が、片やベイビィカー上、片や路上で放置プレーを見舞われ、お互いに難儀な親を持ってしまったものだなぁ・・・とか身を乗り出し、幼い弟に語りかけていた中国人姉弟の様子を一枚戴いてみたもの。

UWNIKKOR2835_014.jpg
十四枚目のカットですが、そのいたいけな姉弟の遺棄現場の少し先、豪快に路上で浜焼きなんかをほ頬張るアジア系小姐二人組が居て、目が合ったので、これも何かの縁かと思い、歩み寄って初めはか韓国語で一枚撮っても宜しいか?と聞いたら、お互いに顔を見合わせて首を傾げ、このヲッチャンな何云うてんのやろ???というカンジで再び食べ始めたので、今度は北京語で話し掛けてみたら、エレベータの扉が開いたらいきなりゾンビに遭遇したかの如く驚かれ、次いで、オケーオケーということで、快諾して貰ったので、一枚撮ってみたもの。

UWNIKKOR2835_015.jpg
十五枚目のカットですが、築地場外で撮るのもそろそろ飽きてきて、陽が傾き出してきたので、佃島の船溜まりに通達する時間から逆算して歩き出したら、月島の商店街に着く頃には、陽加減もだいぶイイ案配になってきたので、歩行者天国で西側が開けた辺りに立って、無限で夕暮れ間際の商店街の様子を撮ってみたもの。

UWNIKKOR2835_016.jpg
十六枚目のカットですが、月島での撮影では必須の定点撮影スポットである、レトロ交番でも撮ろうかと思い、交番だけ撮るのも殺風景なので、対角線上の歩道上に立って誰か通りがかるのを待っていたら、撮るなら撮ってみろ、とい云わんばかりの豪胆な親子連れが自転車を推してやって来たので、有難く一枚戴いてみたもの。

UWNIKKOR2835_017.jpg
十七枚目のカットですが、月島の滅びゆく?商店街を通り抜け、陽がまだ有るうちに佃地区の船溜まりに着いたは良いのですが、何と護岸工事中のため、掘割の水は全て抜かれ、底の泥が顔を覗かせている状態で写真的にはあまり宜しくなかったので諦め、下町の中華の銘店「麗郷」の店頭に並べられている名物の甕出し紹興酒の甕の並ぶ有様を撮ってみたもの。

今回の感想ですが、そもそも改造出来る自信が有ったからこそ、ニコノス用のレンズを買い求めてみみたのですが、前に何本か改造したことがあるW-Nikkor35mmf2.5とは異なり、前面の凹レンズを外してしまうと、極度にバックフォーカスが短くなって、ライカマウント化は叶わず、やっとXマウントで使えるようになったのですが、いやはや、前評判とは異なり、凄まじくシャープでヌケが良い玉となり、これからも事ある毎に持ち出したいと思いました。

さて次回は、またしても新作続きで、これも今までの常識を覆す、ハラショーなレンズを加工し、横浜からCP+にかけて試写しましたので、結果をご紹介致したいと思います、乞うご期待!!
  1. 2019/03/03(日) 20:46:03|
  2. 旅写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<An amazing festival of photo and optical/electric devices at Yokohama, Japan '19. | ホーム | 一個在友邦國家釋放思緒的旅程~Taiwan Photographic Tour '19.Jan.~②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pwfukagawa.blog98.fc2.com/tb.php/598-205c3089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

charley944

Author:charley944
今を去ること60年前、古き佳き江戸情緒の残るこの深川の地に標準レンズのみを頑なに用い、独特のアングルにこだわった映画監督が住んでいました。その名は小津安二郎。奇しくも彼の終いの住まい近くに工房を構え、彼の愛してやまなかったArriflex35用標準レンズの改造から始まり、忘れかけられたレンズ達を改造し、再び活躍させます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる